こんなことお伺いすべきではないのかもしれませんが、前から少々疑問に思う点がありましたので、他で恥をかかないために、少々質問させていただきます。
まず、(1)お通夜に出かけた場合、告別式には参列しなくてもいいものでしょうか? (2)それから両方に参列させていただいた場合で、お通夜に香典を持って行った場合、告別式にもまた香典を持って行くべきなのでしょうか? (3)お通夜に行って、告別式にも参列させていただいた場合、芳名帳には2回とも名前を書いた方がいいのでしょうか? 故人や喪主とのおつきあいによって当然変わるものでしょうが、一般論としてどのように思われますか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

あくまでも、私の考えですが、わりと最近喪主をした経験もありますので、


書かせていただきますね。
まず、両方に行くべきかどうかということですが、
濃い血縁関係なら、迷うことなく 両方出席されるでしょうが、
それほどでもない親戚や、友人の家族や、ご近所の葬儀の場合であれば、
どちらかで いいのではないでしょうか。
うちの場合も、どちらも平日でしたので、仕事を終えてからでも出かけられるお通夜のほうに
来て下さった方も多かったです。
両方に来て下さった方は、ご香典は どちらかの日に頂きました。
ただ、これは 地方にもよるのでしょうが、
この辺では、お通夜の日に 「夜伽見舞い」と言う形で お寿司やお饅頭を
持参することが多かったのが、最近はその代わりにお金にされる方もあるので、
封じ袋の書き方は違うけれども、両日お金を持参する形になっている場合もあります。
しかし、それほど深い関係でなければ、どちらかにご香典を持参するだけで良いようです。
芳名帳は、うちの場合は お通夜、告別式、両方来て下さった方は
両方に書いてくださっていました。
その方が、あとでお礼を申し上げるのにも 助かりました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

おつらいことを思い起こして書いていただき、恐縮いたします。今後恥をかかずに済みそうです。ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/12 15:38

1)お付き合い程度の弔問でしたらどちらか一方で十分です。


2)お通夜でお香典を持参すれば、告別式では不要です。
3)両方とも記帳するのが一般的だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

長い間の迷いが消えスッキリした気分です。ありがとうございました。

お礼日時:2003/09/12 15:34

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q赤伝票や仕入帳など帳簿の書き方などが分かりやすく、書いてある本を探して

赤伝票や仕入帳など帳簿の書き方などが分かりやすく、書いてある本を探しています。

こんにちは、僕は26歳男子です。

入金・出勤伝票などの伝票や仕入帳・総勘定元帳などの帳簿の書き方などを分かりやすく書いてある本を探しています。

教えてください、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

一人で学べる簿記入門

西東社 定価1000円

簿記の基礎がわかりやすく解説してあり
練習問題もあって役立ちました。

Qお通夜と告別式の両方に参列するときのお香典について

みなさんこんばんは。
お通夜と告別式の両方に参列するときにお香典は
どうしたらよいのでしょうか?
お通夜でお香典を渡したのですが、告別式でも
持っていくものでしょうか?
どなたかご経験のある方ご回答お願いします。

Aベストアンサー

通夜でお香典を渡した場合は、告別式でも持っていくことは少ないです。
通夜・告別式の両方に出席予定の場合、私は念のため、通夜で持っていきます。告別式で持っていく予定にしていて、事情で急に告別式に出席できなくなった場合、自分が気まずいので。

ただ、私は普段そうしているので、義母が他界し、夫の実家がある地域で通夜・告別式をやった時、通夜と告別式と両方に「お金を包んだ物」を皆さん持参なさった時、驚きました。
そういう地域もあるようです。

Q小論文〈400字〉の書き方が掲載されている本

小論文〈400字〉の書き方が掲載されている本、教えて下さい。
(学部は農学部です)

1問題提起
2反論を踏まえた意見
3例を出しながら論を深める
4結論
という方法で書いていたのですが、400字では収まりません。
誰かいい方法ご伝授下さい。

Aベストアンサー

本ではないですが…
質問者さんが大学生であれば、以下のサイトをご覧になってみて下さい。
http://www.shouronbun.com/index.html
概ね、参考になります。

大学の授業の最終目的は「研究し、論文を書く素養を身に付けさせること」ですから、学術論文を意識した小論文を書く必要があります。
学術論文には、明確な書き方が存在するわけでは無いです。
著者の好みや、ジャーナル毎の雰囲気があります。
だから、概ねです。

Q【至急】友人死去。通夜、告別式両方出席?その場合の香典は?

30代の男性です。
学生時代からの友人が亡くなりました。
1年に一度くらい会う程度の付き合いで、少々お世話になりました。
告別式は、通常、どの程度の間柄が参列するのでしょうか?
通夜、告別式と参列した場合、お香典は2度お渡しするのでしょうか?
また1万円ほどを包もうと思っていますが、適当ですか?
ご回答をいただければ幸です。
よろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>告別式は、通常、どの程度の間柄が…

通夜や葬儀は法事と違って、お参りするのにに制限はありません。
風の便りに聞いただけで誰でもがお参りに来ます。
ただ、葬儀・告別式の場合、小さな会場ですと親族・親戚、会社関係など近い人以外は、会場の外からのお参りになります。
会場入り口に焼香台がおかれ、立ったまま焼香します。
大きな会場でしたら、いすや座布団があるところまで入ってかまいません。

>通夜、告別式と参列した場合、お香典は2度お渡し…

香典は 1度でけっこうです。両方行くなら通夜にお出しします。
また、その程度のご関係なら、通夜か葬儀どちらかだけのお参りでよいでしょう。

>1万円ほどを包もうと思っていますが、適当ですか…

冠婚葬祭は、地域性や個々人の考え方、経済力に左右される部分が多々あり、これが正解というものはありません。
あくまでも参考意見ですが、私ならその関係では 5千円しか包みません。

Q目録カードの書き方がよく分かる本

図書館司書の勉強をしているのですが、目録カードの書き方がよく分かりません。
大学で使っているテキストは、説明文と演習問題(回答無し)だけで、記入例がほとんど載っていないので、分かりづらいです。
実際の記入例がたくさん載っている本を教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。大学で資料組織法を教えています。
確かに,記入例の多い本はあまり見かけなくなりましたね。

昔は,日本図書館協会が自ら,標題紙や奥付のコピーとカードの実例が抱負に載った本を出したりしていたのですが。
(NCR87に従って書誌事項を書いておきます。)

日本目録規則1965年版実例集 : 岩淵泰郎編さん
東京 : 日本図書館協会, 1971
179p ; 27cm
¥2000
(標目指示は省略)

大学図書館などではもしかしたら所蔵しているかも知れません(NACSIS Webcatでみたら所蔵館数117と出ました)。
ただし,NCRの1965年版は基本記入方式ですので,現在の目録規則とは根本的な発想が違いますし,ISBD区切り記号も使われていません。
勤務予定の図書館(おめでとうございます)が,今日でも1965年版に従っているというのなら別ですが,そうでなければ,初心者は下手に見てしまうと混乱するかも知れません。

おそらく,いま学習中の目録規則は,1987年版改訂2版ですよね? だとすると,少なくとも1987年版改訂版に準拠したテキストを見るのがよいでしょう。
(改訂版と改訂2版との大きな違いは,第9章・電子資料の扱いですので,図書などに関してはほぼ同じと考えてかまいません。)

その条件を満たす本で,記入例が多いものをいくつか挙げてみましょう。

いわゆる司書課程に準拠したテキストシリーズのなかでは,

資料組織演習 : 吉田憲一編
東京 : 日本図書館協会, 1998
(JLA図書館情報学テキストシリーズ : 10)
ISBN4-8204-9725-1 : ¥1800

が比較的説明が丁寧です。しかし,標題紙や奥付のコピーは演習問題としてはたくさん出てくるのですが,解説文のところにはあまり出てきませんね。

それ以外では,

資料組織法 / 志保田務,高鷲忠美著. - 第4版 
東京 : 第一法規, 2000
ISBN4-474-00603-8 : ¥2524

があります。
この本は,説明の文章についてはいささか簡潔すぎて自学自習にはあまり向かず(教室で先生が説明を補う,という使い方をするのにちょうど良い),また時には専門的だったり妙に細かいこともありますが,別冊の目録実例集が便利です。
これには,目録の実例が実際の図書の標題紙や奥付などと共に掲載されており,これがなかなか便利で現場の人に愛好者が多いようです。
(ただ,それぞれの実例について,「なぜこういう書き方をするのか」という説明はありません。)

また,

和書目録法入門 : 柴田正美編
東京 :  日本図書館協会, 1995
(図書館員選書 ; 8)
ISBN4-8204-9427-9 : 1900円

は,B6判とコンパクトな大きさながら,実際の標題紙や奥付もかなり載っており,シリーズ名の通り,現場の図書館員向けの実践的な内容が詰まっています。

これをさらに発展させ,実例を豊富にして説明も詳しくしたのが,

目録作成の技法 : 植田喜久次著
東京 : 日本図書館協会, 1992
ISBN4-8204-9209-8 : ¥2524

です。これはおすすめです!
実際に目録をとる作業をやっていて,これは悩むだろうなあ,というような例がたくさん載っており,それに対して,答えをポンと載せるだけでなく,そんなときに「どういうふうに考えて記述するか」という根拠が丁寧に説明されています。
巻末の練習問題も,すべてに回答と説明がついています。

なお,
>J-BISCは個人で買って手元に置ける値段ですか?
置けるものなら置きたいなあ。(笑)

1948-68年版が241,500円。(48年版,49年版…と分かれているわけではなく,48-68年版で一つの商品です。)
1969-83年版が378,000円。
1984-91年版が241,500円。
カレント版(1992年以降のデータを収録)はリース制で,年間契約147,000円。契約すると,年6回,新しいデータを収めたCD-ROMが届き,古いものは返します。
発売は日本図書館協会です。

なお,このほかに「J-BISC 教材版」というものもあります。
これは,J-BISCのデータのうち,1994~96年の3年分をそっくりそのまま収録したものです。
お値段は31,500円と,本物に比べるとかなり安いですが,それでも個人で買うには…
また,目録規則は「日本目録規則 新版予備版」(1977年)に準拠しているので,ISBD区切り記号は使われていません。
現在のJ-BISCでは,原則として「1987年版改訂版」を使用していますが,完全にその通りではありません。
国会図書館には「日本目録規則 1987年版 改訂版」適用細則,という独自のルールがあるのです。
たとえば,図書に関してはこちら。
http://www.ndl.go.jp/jp/library/data/ncr1.html

この規定をじっくり読んでいると,NCRの規定では曖昧だったり,判断に困るような事柄について,ルールを補充してあったり,注が付いていたりして,「さすがは日本中の本の目録をとっている国会図書館ならではだ」と感心させられたりします。多少専門的かも知れませんが,なかなか参考になりますので,一度ご覧下さい。

説明が長くなってしまいました。
No.3の回答者の方もおっしゃっているように,「なぜこう書くのか」と考えることが大事です。
そのためには,NCRを手元に置いて,規則本文をきちんと読んで考えるようにしましょう。
また,わからなければ,どんどん先生に(ただし目録規則に詳しそうな人に。先生によって得手不得手もありますので…)聞いてみて下さい。
勉強がんばって下さいね。

参考URL:http://www.ndl.go.jp/jp/library/data/ncr1.html

こんにちは。大学で資料組織法を教えています。
確かに,記入例の多い本はあまり見かけなくなりましたね。

昔は,日本図書館協会が自ら,標題紙や奥付のコピーとカードの実例が抱負に載った本を出したりしていたのですが。
(NCR87に従って書誌事項を書いておきます。)

日本目録規則1965年版実例集 : 岩淵泰郎編さん
東京 : 日本図書館協会, 1971
179p ; 27cm
¥2000
(標目指示は省略)

大学図書館などではもしかしたら所蔵しているかも知れません(NACSIS Webcatでみたら所蔵館数11...続きを読む

Qお通夜、告別式に参列できないとき

友人のお父様が亡くなられましたが、お通夜、告別式とも参列することはいずれも難しい状況です。
お香典等はどのようにするのが適切でしょうか?
また、弔電は必要でしょうか?
お通夜が明日なので、早めの回答をお願いします!

お通夜は明日、告別式は明後日です。
お通夜は子どもの預かり先の問題、告別式は仕事の都合で参列が難しい、というのが理由です。
お香典は現金書留で手紙を添えようと思っています。
子ども、仕事を理由に欠席とさせていただいてもよいのでしょうか?
友人との関係等、詳細は以下の通りです。

・故人(友人のお父様)にお会いしたことはありません。
・その友人とは他の友人を含めたところでしか会うことはありません。
・幼稚園からの同級生で、付き合い自体は長いです。
 (30代前半なので知り合ってから20年以上)
・訃報は昨夜、参列する別の友人からメールが届き、知りました。
・お通夜等は地元の教会で。在住県内だが、電車利用で約2時間の距離です。

Aベストアンサー

・お知らせをしてくれた友人にお香典を預ける形にする
・現金書留
・後日訪問

いずれでも問題ないかと思います。

ほかの回答者さんも言われている通り、
理由は特に誰に話さずとも大丈夫です。

また、後日訪問の場合はお金ではなく、お線香やお花でもよいかと思います。

弔電は不要です。
故人の勤務先やご親戚くらいしか弔電は出さないかと思います。

Q文章の書き方の本を探しています。

文章の書き方についてお聞きします。
国家試験用に、文章の作法のようなものを読みたいです。
私が読みたいのは、一文は短くしろ、短くする場合、どうすれば
いいか、とか、そういう基本的なことをしっかりとできるだけ
正確に書いている書籍を探しています。

こういう本は、あるのでしょうか?

ご存じでしたら、どうかよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

お礼をありがとうございました。

こんな感じのタイトルの本がよいと思います。

http://www.amazon.co.jp/dp/4902156008/

http://www.amazon.co.jp/dp/483780084X/


私自身は、会社の教育資料として配られた単行本で勉強しました。
(諸般の事情により、書籍名は、ここに書けませんが)

Qお通夜・告別式への参列について

はじめて質問させて頂きます。
当方、男性です。
10年ほど前に勤めていた会社でのことで未だに悩むことがあります。
皆様のご意見が聞ければと思い、投稿致しました。
乱文で失礼致します・・・。


当時、不慮の事故で同僚が亡くなるという不幸がありました。
私より年上の方で、仕事上お付き合いのある方でした。


このことは上司が全員がいる時に知らされましたが、
その後、葬儀について一切話しがありませんでした。

会社も混乱していたとは思いますが、こういうことは何かしらかの連絡があるものを思っていました。
・お香典は連名か、個人か
・家族葬を希望されてないのであれば、日時などの知らせがあるはず

お祝いごとではないので、こちらからどうするべきか上司に聞きにいくのもおかしいと考えました。
詳細が明かされない = 参列は上司が代表でされる と捉えてしまったのです。


後日にはなりますが、私を含め参列していなかったのは何名かいたと知りました。
私は参列すべき人間でしたし、故人とお別れしたかったというのが本音です。
なぜそのようなことになったかと言いますと、参列を希望した方のみ日時などを知らせているようでした。
(上司に言いに行く?などで意志を示した方)
(噂を聞いて、参列の旨を伝えた方)
これには唖然としましたし、現在過去にもこのようなことは初めてです。
まずは参列する・しないに関わらず、会社の方針もありますから
会社側から連絡 → 参列の返事をする →当日会社の同僚達と参列

というものだと思っていたのですが、これは普通なのでしょうか?


ここでは苦い経験をしましたので、行きたいならその意志を示す!と現在の会社では行動するつもりでしたが、ちゃんと社内連絡ありますしね。
やはり前職場がおかしかったのか、私が深読みしすぎてしまったのか・・・。


厳しいご意見でもかまいません。
どうぞお聞かせ下さい。

はじめて質問させて頂きます。
当方、男性です。
10年ほど前に勤めていた会社でのことで未だに悩むことがあります。
皆様のご意見が聞ければと思い、投稿致しました。
乱文で失礼致します・・・。


当時、不慮の事故で同僚が亡くなるという不幸がありました。
私より年上の方で、仕事上お付き合いのある方でした。


このことは上司が全員がいる時に知らされましたが、
その後、葬儀について一切話しがありませんでした。

会社も混乱していたとは思いますが、こういうことは何かしらかの連絡があるものを思っ...続きを読む

Aベストアンサー

会社によって方針は違いますから、以前の会社の方針が可笑しいとは
一概には言えません。
現在の会社では従業員全員に報告があるようですが、もしかしたら以
前の会社では、慶事があった時は誰までが参列をすると取り決めがあ
ったのかも知れません。そう言う会社って意外と多いんですよ。

家族葬で営むから、出来れば会社の方の参列は遠慮して欲しいと遺族
から申し出があったり、全て希望する者を参列させると遺族の方々に
多彩な迷惑を掛けるからと必要最小限で参列をさせている会社もあり
ます。貴方は自ら参列を希望されてませんから、やはり会社が独自で
選んだ人だけを参列させたのだろうと思います。
どうして聞きに行くのが可笑しいのでしょう。同僚と別れをしに行く
のに、どうして遠慮されるのでしょうか。
会社としては希望を名乗り出ない限りは参列を希望しないと考えます
ので、どうしても参列したいなら名乗り出るべきだったと思います。

Qレセプトの書き方について、よい本をご存知でしたら教えてください。

いつもお世話になっております。

掲題の通り、レセプトの書き方について、よい本をご存知でしたら教えていただけませんでしょうか?
点数の計算などは、医科点数表の解釈と睨みあって、だいたいのことはわかるのですが、基本的な書き方が全くわかりません。
(診療実日数に往診は含むのかとか、特記事項欄には何を記載するのか、等)
特に労災、自賠責になると完全にお手上げ状態です。

医療事務の教室に通うことも念頭に置いていますが、時間がないこともあり、とりあえず独学で勉強できることはしておきたいのです。

Aベストアンサー

厚生労働省データベースシステム
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/

通知検索→本文検索で
「診療報酬請求書等の記載要領等について」で検索すると、表題の通知(昭和五一年八月七日)(保険発第八二号)が出てきます。
健保のレセプトはこの通知に従って作成します。

社会保険研究所 http://www.shaho.co.jp/shaho/
『レセプト作成テキストブック(医科) 平成19年4月版 』定価 3,360円
『新明細書の記載要領 平成18年4月版』定価 2,310円

医学通信社 http://www.igakutushin.co.jp/
『労災・自賠責請求マニュアル 2006~07年版』価格2,600円(税込2,730円)

労災情報センターRIC
http://www.rousai-ric.or.jp/

以上ご参考までに

開業医とその家族および従業員向けに、地元の医師会、保険医協会が主催する初心者のための医療事務講習会があります。もし該当するなら聞いてみられると良いです。教えてもらったほうが簡単ですよ。

厚生労働省データベースシステム
http://wwwhourei.mhlw.go.jp/hourei/

通知検索→本文検索で
「診療報酬請求書等の記載要領等について」で検索すると、表題の通知(昭和五一年八月七日)(保険発第八二号)が出てきます。
健保のレセプトはこの通知に従って作成します。

社会保険研究所 http://www.shaho.co.jp/shaho/
『レセプト作成テキストブック(医科) 平成19年4月版 』定価 3,360円
『新明細書の記載要領 平成18年4月版』定価 2,310円

医学通信社 http://www.igakutushin.co.jp/
『労災・自...続きを読む

Q著名な方の葬儀・告別式について(参列とお香典)

よろしくお願いします。

先日、知人が亡くなったという知らせを受けました。
知人、と言ってしまいましたがそれほどに親しいという間柄ではありません。以前に働いていたところで知り合い、なにかとご相談させていただいたりアドバイスなどをいただいた程度です。
その程度のお付き合いでしたので数ヶ月前にそこを辞めてからはお会いすることはありませんでした。

そんなときに訃報を聞き、せめて最後のお別れをとは思ったのですが、
その方は業界では高名な方なので葬儀・告別式も大規模なものなのです。
まだ学生の身なので、葬儀などに参列した経験自体がほとんどなく、どうしたらいいものかと悩んでいます。

この程度のお付き合いのものが参列するのは失礼に当たるのでしょうか?
それならば一人で、静かにご冥福をお祈りしたいと思っています。
また、参列する場合、お香典はどうしたらいいのでしょう。

基本的なことばかりをお聞きしてお恥ずかしい限りです。
どうぞご教授ください。

Aベストアンサー

> 以前に働いていたところで知り合い、なにかとご相談させていただいたりアドバイスなどをいただいた方

> せめて最後のお別れをとは思った

お世話になったと思ってみえた方が亡くなられたのですよね。
それならば、葬儀・告別式に出向かれて差し障りはありませんよ。
ご焼香の際に、「その節はお世話になりました。どうぞ安らかにお眠りください。」と心の中でつぶやいてお参りされればよいと思います。
もし、ご親族の方とお話しする機会があれば、「以前○○さんには大変お世話になりまして、せめてお別れをと思い参上いたしました。」と申し上げられてはいかがでしょう。

> 業界では高名な方なので葬儀・告別式も大規模なものなのです

いろいろな方が大勢みえそうですね。
きっとpunktchen さんより親しくない、お付き合い程度の方も沢山いらっしゃることと思います。

学生さんであれば、お香典(宗教を確認してくださいね。ご香典は仏式の場合です)は、持って行かれなくてもよいかと思います。
どうしても持って行きたい-ということならば3000円でよいと思います。
お香典を持っていかなくても、記帳はされるべきだと思いますよ。

> 以前に働いていたところで知り合い、なにかとご相談させていただいたりアドバイスなどをいただいた方

> せめて最後のお別れをとは思った

お世話になったと思ってみえた方が亡くなられたのですよね。
それならば、葬儀・告別式に出向かれて差し障りはありませんよ。
ご焼香の際に、「その節はお世話になりました。どうぞ安らかにお眠りください。」と心の中でつぶやいてお参りされればよいと思います。
もし、ご親族の方とお話しする機会があれば、「以前○○さんには大変お世話になりまして、せめてお別...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報