とある都内の工業高校生です笑

三年の卒業課題の自由研究で発電機を作ることになったのですが、
まず三つの調べなければならないことがあり
1 発電機の容量
2 発電機の原理
3 発電機の回路
です。

僕たちの班は馬鹿ばっかりなのでなにもすることができず困り果てています。
なんとか先生を納得させるようなものを作りたいのですが手助けを願えないでしょうか?

ちなみに予算は二万円です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

マブチモーターの適当な大きさ(1000円ぐらい、以下Aと呼ぶ)を買ってきて


回転軸を強制的に回してモーターとしての入力端子に電圧計、
電流計、豆電球等をつなぎます。電圧計は回路に並列に、
電流計は直列に入れることは知っていますね。
モーターは界磁が永久磁石のものがよいでしょう。
回転軸を強制的に回すメカニズムは考えてください。
もっとも簡単にはもう一つモーター(Bと呼ぶ)を買ってきて
AとBを滑車活写または歯車でつなぎ、Bに電流を流して
回転させます。

1 発電機の容量:電流×電圧
2 発電機の原理 : 本やネットで調べる。
3 発電機の回路 :上で述べた仕組みを適宜、絵にすればよろしい。
    • good
    • 0

まず、発電機の運転(廻す)動力をどうするかです。


身近な発電機に自転車の発電機がありますが、一般的には前輪タイヤの動力で発電機を廻して発電させてます。
これが、エンジン発電機になれば、エンジンの動力で発電機を廻して発電することに変わります。
火力発電や原子力発電は、熱エネルギーで水を沸騰させて蒸気圧を生み出し、その蒸気圧でタービンを廻してタービンの回転動力で発電機を廻す原理に変わります。
ですから、動力の大きさで廻せる発電機の大きさが違って来ます。
1、発電機の容量
動力の大きさ次第です。
2、発電機の原理
フレミングの右手の法則を復習してください。
3、発電機の回路
発電機の回路は重要ではありません。
発電機が廻れば発電します。
従って、発電機を廻す機械的動力のほうが重要です。

もし、自転車の発電機が手に入るなら、発電機を分解してください。
発電機の原理が良く分かるはずです。
または、自動車解体工場を探して自動車に付いてるオルタネーター(交流発電機)を格安で譲ってもらい分解してみてください。
「百聞は一見に如かず」です。
私は、小学5年生の時に自転車の発電機を分解して発電機の原理が理解出来ました。
参考までに、予算が限られるようなので、中古自転車を利用して自転車の人力動力で自動車のオルタネーターを廻す「人力発電機」が手軽だと思います。
自動車のオルタネーターなら数100Wの発電が期待出来ます。
    • good
    • 0

中学の教科書を読み直してください。


まずはそこからです。
    • good
    • 0

「発電機」というのは「何らかのエネルギーを電気エネルギーに変換するもの」だよね.



そもそも「どのような形態のエネルギーを電気エネルギーに変換する」つもりですか?
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q電圧と周波数の関係を教えて下さい。

電圧と周波数の関係を教えて下さい。
電圧と周波数の間に方程式はありますか?

Aベストアンサー

家庭の電源であるAC100V 50Hzの場合は、電圧と周波数の瞬時値の関係は
次の様な関係式で表すことができます。

e=Em×sin(ωt)

e[V]:瞬時の電圧の大きさ
Em[V]:最大値

ω:角速度[rad/s]
t:時間[s=秒]
f:周波数[Hz]

E[V]:実効値(=AC100V)
としますと
Em[V]=√2×E
の関係もあります。

e=√2×E×sin(ωt)
e=√2×100[V]×sin(ωt)

と表すことができます。

更に
ω=2×π×f
の関係がありますので

e=√2×100[V]×sin(2×π×f×t)

となります。

fは50Hzまたは60Hzの定数で、tが刻々と変化する変数となります。
即ち、交流電圧は時間の経過と共に電圧の大きさが変化します。
変化の度合いはサイン波となります。
サインウェーブのグラフ線が[式:e]の値となります。

電圧波形の図を貼り付けました。合わせて参考にして下さい。

Q自由研究&自由工作

中3なんですけど手っ取り早く簡単にできるのないですかね?

Aベストアンサー

うちの娘と同じこと言ってるな。アハハ

もうあんまり時間ないからあせってるよね。

うちは自由研究として駒大苫小牧高校がいかにして全国一になったのかその課題と取り組みをネットや新聞で調べて模造紙数枚にまとめあげました。

今ならけっこう記事がたくさんあるから簡単みたいでしたよ。

ひとつのテーマに絞って研究するといいと思います。
自分なりの考えも沿える事がコツですね。

がんばれ!

Qトランジスタのトランジション周波数と電圧増幅率の周波数特性の関係につい

トランジスタのトランジション周波数と電圧増幅率の周波数特性の関係について質問させていただきます。

たとえば トランジション周波数80MHz hfe=100 のトランジスタ場合、hfeの周波数特性は図1のように(カットオフ周波数が800KHz)なるかと思います。自分は電圧増幅率にかかわらず(電圧増幅率が5倍でも10倍でも)、図2のようにこのラインに乗ってくるものだと考えているのですが、この考えでいいのでしょうか?

なぜ、このように思っているかというと、一石エミッタ接地回路において電圧増幅率が5倍でも10倍でもベース電流は常にhfe倍されているので、電圧増幅率にかかわらずこのラインに乗ってくるものだと思っているからです。

いろいろHPをみていると、”fTが80MHzの場合、8MHzまでは10倍のゲインがとれる”というようなことが書かれていたりするのですが(図3)、なんとなくすっきりしません。

どなたか、わかりやすく説明していただけないでしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

あまり自信はないですが、同じトランジスタ回路で、電圧利得が100倍から10倍になっているということは、負帰還回路の帰還量が10倍ということですよね?
ということは、広域の遮断周波数は10倍されるので、図3のようになると思います。

Q小型風力発電用発電機評価について

小型風力発電システムを作ろうと思っています。
現在考察中なのが、発電機です。
風力発電システムを設計する上で、発電機の特性は非常に重要なポイントであると
考えます。
質問は、発電機の特性をどのように変化させると、このようになるという指標です。既製品ではトルク特性、定格など示されているのですが、理想的な特性を持つ発電機はありません。メーカーに作ってもらう前に理論的な裏ずけを確認したいのです。発注する際、パラメータが必要になってきます。具体的には、回転数、トルク、磁束、発生電力等です。例えば、回転数ートルク曲線のピーク値を回転数の高いところに持っていきたい場合にどのパラメータを変化させると良いのかなどです。発電機の特性と一口に言ってもいろいろあると思いますが、変数とアウトプットの関係を明らかにしたいのです。
困っています。どんなことでもかまいません。助言、回答をよろしくお願いします。
また、発電機に関するわかりやすい書物、ホームページなどございましたら、教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

何回読んでも、どうも質問の意味がわかりません。
でも、どんなことでも...と書いてあるのでヨタ話です。

自然エネルギーネタはわりと好きで、
水力(or風力)発電とか、水撃ポンプをかじってます。
そもそも発電機が高いです。
そこで、発電機に特性を求めるのではなく、
発電機の持っている特性を生かすようにしたらどうでしょう。
たとえば、自動車についている発電機(オルタネータ)は、
中古車から取り外すことで、ただみたいな値段で手に入ります。
この発電機の特性を利用した発電を考えれば、
コスト削減になると思いますが、いかがでしょうか。
研究資金が豊富な場面においては、
こんな意見は何の役にも立ちませんが...。

Q直列共振回路の実験にて共振周波数の概略値を調べる際の電圧計の動きについて

まず、タイトルが長くて申し訳ありません。

質問なのですが、タイトル通りで、直列共振回路の実験にて共振周波数の概略値を調べる際、10kHz~50kHzの間で調べました。
その時の電圧計の動きは、徐々に電圧が下がっていき、ある点からまた電圧が上がっていく。という動きでした。
このメーターは何故このような動きをしたのでしょうか?

この動きをグラフに描くと谷ができます。

しかし通常共振曲線というのは共振周波数を頂点とした山のグラフができるのではないのでしょうか?それが谷になるというのがよくわからなくてこうやって質問させて頂きました。

駄文申し訳ございません。

Aベストアンサー

1.LC直列共振回路にある周波数ω、振幅Iの電流を流すことを考える。
2.そのとき、LやCにはどんな電圧が現われるか、位相も含めて考える。
3.LC共振回路の両端電圧はどうなっているかを考える。
4.ωが変化したときに、Lの電圧,Cの電圧,全体の電圧がどう変化するか考える。
と、共振回路の挙動がつかめるかと思います。
(最初に直列共振回路のインピーダンスZを計算して、これがωとともにどう変化するか、電流Iを流したときに電圧が周波数によってどう変化するか、を見てもよいかと思います。)

Q自由レポートという課題

タイトルの通り、内容も量も全て自由というレポートの課題が出されました。

社会科学方法論という授業で、専門科目ですが基礎的な講義です。

毎回、社会学者を1人ずつ取り上げ、各々の研究について説明を受けるような形です。

今回は、その授業で自由レポートが出ました。

何についてレポートをまとめたら良いか全く検討がつきません。。

私自身経済学部で、乗り入れて社会学部科目を履修しており、まったく検討がつきません。

社会学とか社会科学とは、非常に広い分野だし、講義で出た人物についてまとめるにも、講義内容以上のことは知識がなさそうだし。。

こんなとき、どうしたらいいですかね??

どなたか、お力添えを、どうかよろしくお願いします。

Aベストアンサー

講義で出た人物について掘り下げるのが一番ベタな気が・・・

例えばM・ウェーバーの「プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神」でも読んで自分なりの感想と見解を述べるとか。
できれば授業内容にそった形で。

特に気に入られたいと言う訳でないなら字数は2000字程度でいいと思います。

Q周波数及び電圧変換について教えて下さい。

前々から欲しかったヴィンテージのターンテーブルをebayで見つけ内容をも確認せずすぐさまクリックしてしまいました。ところが周波数50hzー電圧240v!私の地域は60hzなのです、そこでネットで検索してみると周波数変換器があると知りいろいろ調べてみたのですがよく分かりません、cse,とか…機種はdeccaの50年代初期かと思われるターンテーブルです。このターンテーブルとカートリッジで音を聞いてみたいのです、周波数、電圧変換装置どうゆう機種がいいのか教えて下さい、接続法も全く分かりません、分かっているのはこのターンテーブルで音楽を聴いてみたい…周波数、電圧も一つでできる装置はないでしょうか?どんな方法があるのか具体的に教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

http://www.denshi-trade.co.jp/ct/index.php?main_page=product_info&cPath=103_127_568&products_id=4342
昇圧と周波数変換をやってくれるようです。
ターンテーブルだから消費電力は多くないですよね。

Q文化人類学を研究課題にしようと思っているのですが・・・

今、死に対する恐怖など、死に関することについて興味を持っています。また、日本人だけでなく、外国人の死に対する思いにも関心があります。そこで、研究課題ゼミを文化人類学にしようと思っているのですが、そういうことって文化人類学の類に入るのでしょうか?

詳しい方いらっしゃいましたら回答どうぞよろしくお願いいたします、

Aベストアンサー

No1です。
私は文化人類学を専攻していました。
卒論のテーマは死とは関係のないものでしたが…(^^;
私が在籍していた大学の教授も、私が選んだテーマとは全く関係ないものを専門としていらっしゃいましたが、一緒にこうしたらどうか、ああしたらどうかと考えてくださったし、自分から質問に行けるような、やる気のある生徒を歓迎しておられました。
ですから、教授が専門としていないことをテーマに選んだからと言って、一人でやらなければならないと言うことにはなりません(自発的に動くことは必要ですが…)。
まずは興味のある本を読んで、他の学者さんたちが貴方の選ぼうとしているテーマに対してどんな考えを持っておられるか、どのような意見があるのかなどを知っておくと良いです。
場合によってはフィールドワークも必要になるかもしれませんし、色々な知識を身につけておいて損はないと思いますよ。

>詳しい研究の内容などが知りたいのですが・・・
これは私の行った研究の内容を知りたいと言う意味でしょうか?ジャンルが違うので参考にはならないと思うのですが…。
上記のようなもので参考になれば幸いなのですが。

No1です。
私は文化人類学を専攻していました。
卒論のテーマは死とは関係のないものでしたが…(^^;
私が在籍していた大学の教授も、私が選んだテーマとは全く関係ないものを専門としていらっしゃいましたが、一緒にこうしたらどうか、ああしたらどうかと考えてくださったし、自分から質問に行けるような、やる気のある生徒を歓迎しておられました。
ですから、教授が専門としていないことをテーマに選んだからと言って、一人でやらなければならないと言うことにはなりません(自発的に動くことは必要ですが…)...続きを読む

Q電圧と周波数を同時に変換は可能?

電化製品の電圧と周波数を同時に変換する手立てはありますか?
技術的に可能なことなのでしょうか?
素朴な疑問ですが、お願いします。

Aベストアンサー

冷蔵庫、エアコン、照明器具などなどの「インバーター」と思いますが、構造的に同時か連動かは別問題で多くの家電製品はインバーター時代です。
インバーターまたはコンバーターとは電力の変換装置をさしています。
工業用の大電力はモーターを使って発電機を駆動する装置が使うケースが多いです。

Q内心の自由、表現の自由、精神の自由

こんにちは。今回、内心の自由と、表現の自由という各テーマで論文を書きたいと思います。
 
 内心の自由と表現の自由について調べてみたところ、精神の自由という言葉が多く出てきました。そこで質問なのですが、精神の自由と、内心の自由、表現の自由の各自由権の関係を教えてください。例えば、どの自由権の範囲にどの自由権が入るなど・・・。

 言葉足らずで、本当に申しわけありません。

 もしよければ、各自由権に関してよく挙げられる事例なども教えていただけたらと思います。事例に関して、詳しいことは調べますので、事例の名前だけでも教えていただければと思います。

 この権利はこれからも生きていくうえで大変重要な権利であると思っておりますので、ここでしっかり理解したいと思います。よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

日本国憲法を質問の前提と解しますが、まずは、憲法学の体系書を読むことからはじめるとよいと思います。
公務員試験から司法試験受験生まで幅広く読まれている
芦部 信喜【著】『新版 憲法』(岩波書店)がお勧めです。個別的な論点で若干説明不足もありますが、網羅的ですし、簡潔にまとまっていて憲法学の体系を理解しやすいと思います。また、大学や公立図書館にも必ずある一冊とおもいます。

さて、老婆心から申し上げると、論文のテーマが漠然としているようですので、更に論点を絞ることをお勧めします。「精神的自由」について原理的に考察をはじめると大論文になってしまうでしょうし。

質問に対するアドバイスに入りたいと思いますが、
日本の憲法学では、精神的自由の中に(1)思想・良心の自由(2)信教の自由(3)学問の自由(4)表現の自由が入ることは学説上異論の無いところだと思います。
(1)思想・良心の自由については内面的な精神の自由です。問題となるのが、謝罪広告の強制、沈黙の自由の侵害(内心の表白の強制)、兵役拒否(良心の自由から・徴兵制とかかわります。)
(2)信教の自由については、内面的な精神的自由と表現行為という外面的な精神的自由の二つの面を持ち併せています。たとえば、信仰する自由、信仰を変える自由、信仰を強制されない自由等は、思想良心の自由と重複します。
宗教的行為(宗教活動、宣伝など)や宗教上の結社の自由は、表現行為の一部であり、外面的な精神的自由といえます。信教の自由の限界が問われた重要な事件が『オウム真理事件』がありました。
(3)学問の自由は、大学の自治と深く係わり合いがあるのですが、これも真理探究の場である大学での研究成果の発表という外面的な精神的自由である、表現行為となります。まだ、多くの論点がありますが、割愛。
(4)表現の自由は、「人の内心における精神作用を、方法の如何を問わず、外部に公表する精神活動の自由」(佐藤幸治『憲法第3版』)と解されています。内心の自由と深い関係にあります。詳細な論点については、割愛。

 内心の自由、精神的自由に関する事例は数を上げると限りないですが、主要な事例をまとめたジュリスト別冊「憲法判例百選」(有斐閣)からピックアップして調べてみるのがよいとおもいます。

 手前味噌となってしまいますが、私自身は米国憲法の研究をしていますので、お勧めの事件を一つ。
それは、エホバの証人の信者である生徒が米国国旗(星条旗)への敬譲を強制されない自由を主張した事件です。
「バーネット事件」といわれています。
West virginia B'd of Education v. Barnette,319 U.S. 624
この事件は、第二次世界大戦中の米国で起きた事件ですが、国威発揚で星条旗が用いられた米国で、エホバの証人の思想・良心・信教の自由を保護した事例です。方や日本はあらゆる思想を弾圧していた時代と同時期にリベラルな判決が米国では出ているのです。
 この事件は、最近では、国旗・国歌法の通過によって注目を浴びています。今でも色あせない高い理念をともなった米国連邦最高裁の判決です。
 こういう事件の判決をみると、今の日本は?米国は?などと思索をめぐらすことになり、興味が尽きません。

 それでは、論文、がんばってください。

日本国憲法を質問の前提と解しますが、まずは、憲法学の体系書を読むことからはじめるとよいと思います。
公務員試験から司法試験受験生まで幅広く読まれている
芦部 信喜【著】『新版 憲法』(岩波書店)がお勧めです。個別的な論点で若干説明不足もありますが、網羅的ですし、簡潔にまとまっていて憲法学の体系を理解しやすいと思います。また、大学や公立図書館にも必ずある一冊とおもいます。

さて、老婆心から申し上げると、論文のテーマが漠然としているようですので、更に論点を絞ることをお勧めします...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報