ミスチルの大名曲の数々が配信決定!! 31日間無料!!【PR】

物体を静かに落とした時、地面を基準としたら、落とす直前の運動エネルギーは0,位置エネルギーは最大になり、物体が地面に着いた時、運動エネルギーは最大,位置エネルギーは0になると思います。
では、物体が地面に着いた後のエネルギーはどうなるのでしょうか?
運動エネルギーは速さの2乗に比例しているみたいなので、速さが0になると運動エネルギーも0になるはずです。
しかし、力学的エネルギー保存の法則から運動エネルギーが0になったら位置エネルギーは最大になると思うので、再び運動エネルギーは0,位置エネルギーは最大になるのでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

物体が地面に着いたとき、 跳ね返り係数 0≦e≦1 で跳ね返ると思います。


e=0 のとき、完全非弾性衝突で物体の跳ね返り速度は 0 になります。
e=1 のとき、完全弾性衝突で、物体ははじめに落とした高さまで跳ね返ります。

e=1 の場合のみ、物体は同じ高さまで跳ね返ります。
地面に着いた瞬間、初速度が反対方向に同じ大きさになるので、運動エネルギーは変わりません。
この場合、永遠に同じ高さまで跳ね返りを繰り返すでしょう。
すなわち、力学的エネルギーは保存します。

0≦e<1 の場合は、地面との接触で、摩擦が発生し、跳ね返りの初速度は、摩擦力による熱エネルギーなどに変換されて小さくなります。
この場合、何度も、跳ね返りを繰り返し、最終的には速度は 0 になります。
そのたびに、摩擦による熱エネルギーなどに変換されます。

結局は、一番初めに持っていた位置エネルギーは摩擦力による熱エネルギーなどに変換されて、運動エネルギーは 0 になります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

なるほど、跳ね返り係数が1以外の時は力学的エネルギーが他のエネルギーに変換されるのですね。
回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/16 01:08

地面に着いてから後の物体の状態がどういうものであるかによって変わります。



>速さが0になると運動エネルギーも0になるはずです。

地面に着いた時に「速度が0になる」ということはどういうことを想定していますか。
そのまま止まってしまうということでしょうか。一時的に0になった後、跳ね返るということでしょうか。
どちらも日常では経験しているはずです。
止まってしまえば「運動エネルギー=0」です。位置エネルギーも0です。

エネルギー保存則と力学エネルギー保存則とは意味が異なります。
力学的エネルギー以外のエネルギーへの移り変わりがある時は力学的エネルギーは保存しません。
力学的エネルギー以外へのエネルギーの移動が禁止されていればどうなるでしょう。
同じ速さで跳ね返るということが起こるはずだということになります。
どういう条件を整えればそういうことが起こるのかは別の問題です。
往復運動をしている振り子の運動は衝突でエネルギーを失わないように工夫されたものです。位置エネルギー⇔運動エネルギーの入れ変わりが何回も起こる現象です。バネの振動も同じような運動です。

ボールを地面に落とせば跳ね返ります。
でも大抵は元の高さよりもかなり低ところまでしか上がりません。
地面との衝突で力学的エネルギーがいくらか失われています。でも一度に0になるわけではありません。
失われた部分のエネルギーはボールが飛ぶこと以外に関係するエネルギーに移っています。
ボールの変形、地面の変形、接触時の摩擦等に使われています。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

衝突したら力学的エネルギーが奪われるのですね。
回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/16 01:01

地面にぶつかった時点で物体に垂直抗力という外力が働くので、エネルギー保存則はなりたちません。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、地面と接触した時に別の力も働くのですか。気付きませんでした。
回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/15 16:17

もちろん地面に着いた後も物体の運動エネルギー最大なので、物体ははね返ることになります。


はね返った後は物体を落下させた高さまで跳ね上がって、位置エネルギーが最大、運動エネルギーが0になったあと、また落下します。これのくり返しです。

物体の落下と跳ね上がりの間、一瞬だけ物体の速度が0になる瞬間がありますが、このときエネルギーは地面と物体の間の(弾性)位置エネルギーとして蓄えられてると考えていいと思います。これはばねによってたくわえられる位置エネルギーと同じようなものです。
つまり、地面にぶつかる瞬間は運動エネルギーも重力による位置エネルギーも0ですが、その弾性位置エネルギーによってエネルギーが蓄えられているということです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>もちろん地面に着いた後も物体の運動エネルギー最大なので、物体ははね返ることになります。

あ、そうか。地面に当たったら物体は跳ね返るのか。
跳ね返る事まで考えてませんでした。

>物体の落下と跳ね上がりの間、一瞬だけ物体の速度が0になる瞬間がありますが、
>このときエネルギーは地面と物体の間の(弾性)位置エネルギーとして蓄えられてると考えていいと思います。

なるほど、跳ね返る瞬間で運動エネルギーが0になった時は、重力ではなく弾性の位置エネルギーにエネルギーが蓄えられるのですね。

回答有難うございました。

お礼日時:2011/04/15 16:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q位置エネルギーの実験の方法を教えてください

中学三年生で、エネルギーについての勉強をしているのですが、
今度、位置エネルギーの規則性を見つけるために、実験をします。
実験の方法は自由たちの班で考えるよう言われました。
それには条件があって、
・表を作れるような、結果を出せる実験=グラフに表せるもの
・他の物体に仕事をさせる実験
このふたつです。
下のURLの例題2のような、ありふれたものはよくないと言われました。
http://www.max.hi-ho.ne.jp/lylle/energy3.html
がんばって考えても、調べても、見つけられませんでした。
普通 理科室にあるようなものとか、一般の人でも買えるようなもので、
この実験のやり方を教えてください。

Aベストアンサー

 水を入れた水槽に、いろいろな高さから物体を落として、発生する波の大きさを測定する。
というのは、どうでしょうか。

Q重りが落下した際の最大荷重(衝撃)値は?

基礎的な問題であったらすみません。
たとえば、10kgの重りが100cmの高さから落下したときの最大荷重は何kgになっているのでしょうか?
言い換えれば、10kgの重りを100cm落下した瞬間に停止させた際、上から何kgの力で引っ張れば止まりますか?
(現実的には無理でしょうが、瞬間的にできるとして)

お解り方いらっしゃいましたら、お願いいたします。

Aベストアンサー

「衝撃荷重」という表現は工学分野での便宜的な量です。どれくらいの力が必要かが曖昧なのでおおよそのありそうな値で言っています。その力を重さで表現しています。意味は貴方の書いておられる「何kgの力で止まるか」と同じです。
瞬間的に止めるとしたら必要な力は無限大です。これは現実的ではありません。
重力の加速度の値を9.8m/s2として計算すると1m落下するのに0.45秒かかります。これを0.045秒で止めるとしたら加速度は10倍になります。0.0045秒で止めるとしたら加速度は100倍になります。加速度と質量をかけた値が力です。重力の加速度の10倍ということは重力の10倍の力が必要だということになります。
ペットボトルに水を入れて細い糸でぶら下げて下さい。糸の端を固定します。ペットボトルを少し持ち上げて落とします。糸が切れると思います。
登山用のロープは伸びることで墜落の衝撃を吸収しています。伸びると止まるまでの時間が長くなりますので加速度が小さくなり力が小さくなります。これを伸びの少ない工事用のロープのようなものでやると大きな力が必要ですので骨折したり、内蔵破裂になったりします。墜落は止まったが人は死んだということになります。

「衝撃荷重」という表現は工学分野での便宜的な量です。どれくらいの力が必要かが曖昧なのでおおよそのありそうな値で言っています。その力を重さで表現しています。意味は貴方の書いておられる「何kgの力で止まるか」と同じです。
瞬間的に止めるとしたら必要な力は無限大です。これは現実的ではありません。
重力の加速度の値を9.8m/s2として計算すると1m落下するのに0.45秒かかります。これを0.045秒で止めるとしたら加速度は10倍になります。0.0045秒で止めるとしたら加速度は1...続きを読む


人気Q&Aランキング