皆さんの家の近くには、川が流れていますか?
どこから流れてきているか、興味がありませんか?
どこに流れていくのか、興味がありませんか?

川は海に流れているとは必ずしも限りませんね。
どこかの川と一緒になって名前が変わって、そこで終わることもあります。
大河も、最初は1滴の水から始まっているかも知れません。
岩の割れ目からの湧き水かも知れません。

さて、皆さんだったら、「川の始まり」「川の終わり」・・・
行けるとしたら、どっちに行ってみたいですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (13件中1~10件)

こんばんは!



僕は渓流釣りが好きなので「源流」です。

地理も大好きで、日本を代表する大河が
実は自分の住む所のすぐ裏山から流れ出て
いることを知った時など「小さな発見」が出来たようで
嬉しい気分になってしまいます。

2回だけあります
この川の「始まり」は、一体どうなっているんだろう?
と、釣り抜きで「冒険」をしたことが・・

一つは、岩の割れ目からちょろちょろと流れ出ていた所でした
もう一つは、小さな泉のようになっていた所で、
そこから懇々と水が湧き出ていました。

どちらもとても神秘的であり幻想的であり
また、感動的でした。

また機会があったら、訪れてみたいと思います

行ってみたいなぁ・・
と思っているところがあります
日本を代表する川である
「黒部川」の源流です

あの深く険しい渓谷からは
想像も付かない、とても牧歌的な所だそうです
岩魚の宝庫だとも聞きましたし・・

ああ・・行きたいなぁ・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

黒部の源流ですか!
ここは人の行く手を阻む秘境ですね・・・
黒部ダムに行くのさえ結構大変なので、その先は本格的な登山の装備が必要な気がします。
人に荒らされていないので岩魚もすごいのがいそうですね。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/17 11:18

>おいしいのでしょうか・・・



シーバス=スズキ です。

シーバスといったほうがカッコいいので。(洗)あ、間違った。(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

あ、スズキのことでしたか!
・・・とはいっても、いまだかつて食べたことはないんですね。
シ-バスの方が洋風料理ができそうなイメージですね。
シーバスのままでいきましょう・・・

再び、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/17 18:08

私は源流ですね。


もう大好きなんですよ。
川の源流探し。
一級河川から2級河川あたりまで。
近くの川は殆ど行きましたね。
河口から自転車やバイクに乗って源流まで。
そうしていると、川って生きているのだなと大いに感じる次第です。
そしてその流れに沿って人々の生活もある。
ホロホロとそんなことを考えながらポタリングしていると、癒される時間です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

へぇー、そうですか!
面白そうですね。
仰るように川と共に人々の生活がありますね。
下流域はやっぱり汚れていることが多いですが、それだけ人間のいろんな部分を吸収するからだと思います。
川の流れは人の一生のようでもあります。源流は初々しく清々しい、河口はどっしりゆっくり・・・

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/17 14:22

 んー、私は源流の方ですね。



子供の頃、登山中に岩清水を見つけると
何故か妙にわくわくした事を思い出します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私の家は比較的山に近いので、遠足などはよく川に沿った林道を歩いて山に登ることが多かったです。
とても源流までは行けませんが、途中から山道に入ると「水源林」という立て看板があって、これが源なのかと思ったものです。
岩清水を見つけると、必ず飲んでしまいますね!

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/17 14:17

幼稚園の頃、祖父に連れられ焚き木採りに行った時、山の中腹から泉がチョロチョロと湧いている。



その水を飲みながら「○○川の源流だよ」と祖父が言う。

その○○川はその当時住んでいた家の前を流れる川の名前。

その地方ではそこそこの川なんだけど、どこへ出かけるにしてもその川を渡らなければならない。

そんな身近な川の源流が祖父の持ち山の中腹から流れてきていることを知らされて感動した記憶がある。

父親に地図を買ってもらって、何度も川を遡ってそれを確認していた。

いつの間にか地図少年になっていた。

やはり「源流」です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、いい話ですね!
私も小さい頃に田舎に預けられていたことがありましたが、近くにそこそこ流れが速い川があって山の亀裂から湧き出ているような川でした。
向かいがうちの持ち物の山で、その畑に行く度にその光景を眺めたものです。
大人になって行ってみるとその川はチョロチョロした小川になっていて、簡単に渡れるようで・・・
子供の頃の記憶とは大違い、山の亀裂も確認できず、ちょっと寂しいようなあっけに取られた感じでした。
田舎の川というと、そういう光景を思い出します。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/17 14:14

そうですね~。

川の終わりに行きたいかなと思います。
川の終わりは旅の終わり。
はじめは小さな湧水だったのが、
途中で雨に降り込まれたり、
仲間と合流したり、
小石を投げ込まれたり、
たくさんの橋の下を通って、
ようやくここまで辿り着いたんだね。
川の旅路に思いを馳せます。
お疲れ様でした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど、他の皆さんは源流がいいという意見が多かったですが、河口もそういう考えができますね。
旅の終わり・・・大海に注いだらそこから新たな旅路ですね。
鮭を思い浮かべます。大海から川を遡上して卵を産んで、稚魚がまた海に行って戻ってくるような・・・
河口は出口ですが、そういう魚にとっては道しるべなのかも知れませんね。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/17 14:08

川の始まりですね。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

何事も始まりと終わりがあって、始まりが肝心ですね!
でも、川の場合は始まりがきれいでも終わりがきれいとは限りませんね。
四万十のようにどこまでも清らかであって欲しいです。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/17 14:03

もう歳なので過去形ですが、その昔の探検隊で目指したのは、まずは源流でしたね。


近くの小川、ちょっと離れた大き目の川、よく山奥に分け入って探したものです。(ヒグマが出る・ウルシでかぶれるなんぞものともせず・・でした)
面白かったですよ、途中で小さな滝を発見したり、泉を見つけたり、源流の湧き水を飲んだり、山葡萄・木苺や山椒魚・ザリガニも採れました。行くたびに何か新しい発見があったものです。
今でも当時のヒミツの場所(今も上記の山葡萄や山椒魚がいます)数箇所にはたま~に行ってます。孫でも出来れば是非教えてあげたいですよ。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

いいですね!
河口よりも神秘的で何かの発見があって、癒される感じもします。
確かに熊に出会うこともあるかも知れませんが、熊は自然のバロメータらしいですね。
熊がいるということは自然が豊かな証拠だそうです。
出会いたくないですが、源流はそういうことも学ばせてくれます。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/17 11:40

カヤックを持っているのでのんびり河口を目指したいです。



河口はゴールではなく、また新たなスタートとも言えるので。

リアルで言えば、昨年一度も上げていないシーバスを狙って河口の汽水域に行きたいです。(笑)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

カヤック、いいですね!
そういうのがあったら、東京の主要河川を河口から行けるところまで遡ってみたいです。
ブラックバスは聞いたことがありますが、シーバスというのもいるんですね。
おいしいのでしょうか・・・

回答を頂き、ありがとうござました。

お礼日時:2011/04/17 11:36

http://www.kimurass.co.jp/yusui.htm
私の居住地近くには「渡良瀬遊水池」があり「巴波川」「谷田川」「思川」が渡良瀬川に流れ込み、その渡良瀬川が「利根川」に合流してますので河口は身近に見られますので「源流」が見たいですが、源流は1つではないことが多いですし道路がない事が多いです。
そして、幾つもの名もない源流が合流して1つの名の付いた川になることは体験的に存じてます。
私は、蕎麦の食べ歩きが好きで栃木県の山奥に良く出掛けますが、そこは源流に近い所が多いです。
夏になると都市部ではお目にかかることが少なくなった「トンボ」が信じられないぐらいたくさん飛び交ってます。
また、湧水が出てる場所では天然水を汲みに訪れる人も見掛けます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

>幾つもの名もない源流が合流して1つの名の付いた川になることは
そういうこともありますね、気付いたらいつのまにか小川になっていたような・・・
河口域はどんどん変わっていって生活廃水などが流れ込みますが、せめて源流域はそのままの姿を残したいものですね。

回答を頂き、ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/17 11:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q何故天井川の残骸が各地に残っていないのですか?

天井川の川岸を散歩していてふと疑問に思いました。
長い年月で川が天井川になるのは理解できます。
でもいつかは川の堤防が決壊して今まで川でなかった所が川になるはずです。
ならば天井川の残骸(堤防状の細長い池?)が各地に有るはずですが、そんなものはありません。
何故ですか?

Aベストアンサー

今まで川でなかったところが川になってしまう場合は少なからずあります。
天井川ではありませんが、蛇行した河川が洪水で流路が変わってしまい、
屈曲した流路跡が残ります(三日月湖)。

質問者様はこのイメージがあり、堤防上の細長い池状のものが残るのではと思われたのでしょう。
しかし、天井川が理解できるのであれば、天井川が人工的に作られたものであるのはご承知ですね。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1323353873

人工的に河川の流路を固定したのですから、決壊した後も流路は元に戻されます。
これが天井川の残骸が残らない一因です。

別の原因として、地下水位があります。
天井川が出来る場所は、堆積力が旺盛な扇央部であり地下水位が低く、
川の流れが途切れれば、水は溜まらず池にはなりません。
このような地形は多く、唐沢・軽井沢・水無瀬などの地名として残っています。

またご指摘のとおり、天井川は洪水が起きやすい地形です。
このため河川改修が進められ、天井川の流路自体が消滅してしまっている事例もあります。
参考URL資料の5頁目に昔の天井川と、それをくぐる県道の写真が載っていますが、
現在この天井川は存在しません。

参考URL:http://www.sakura.cc.tsukuba.ac.jp/~chicho/nenpo/027/05.pdf

今まで川でなかったところが川になってしまう場合は少なからずあります。
天井川ではありませんが、蛇行した河川が洪水で流路が変わってしまい、
屈曲した流路跡が残ります(三日月湖)。

質問者様はこのイメージがあり、堤防上の細長い池状のものが残るのではと思われたのでしょう。
しかし、天井川が理解できるのであれば、天井川が人工的に作られたものであるのはご承知ですね。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1323353873

人工的に河川の流路を固定したのですから、決壊した後も...続きを読む

Q「芸能人の政治家化」vs「政治家の芸能人化」・・感覚としてどっちが嫌?

「芸能人の政治家化」vs「政治家の芸能人化」・・感覚としてどっちが嫌?

「芸能人の政治家化」・・
芸能人だったのに政治家になった人、あえて名前は言いませんが沢山いますね。
漫才師、アナウンサー、歌手、格闘家、スポーツ選手も入れていいでしょう。

「政治家の芸能人化」・・
政治家ですが、バラエティー番組の常連のような人がいますね。
いつも決まった人が出ています。

さて、「芸能人の政治家化」vs「政治家の芸能人化」だとしたら、皆さんの感覚として嫌なのはどっちですか?

Aベストアンサー

「芸能人の政治家化」

職業に貴賎は無しですし、生まれついての政治家もどうかな?と思う部分はあります。
また、芸能界である程度まで昇りつめた方であれば、識者との交友も広く、なにかで問題意識を持った結果として自らの影響力を活かして国をよくしようと考えるのは、むしろ、いいことのように感じます。

ワイドショーのゲスト席という安全圏から「政治家はなにやってんだ!!」と無責任に批判するだけの方より私は好みますね。

「政治家の芸能人化」

国政を身近に。等の目的からズレて無い場合はいいのですが、面白いことを言おうとしたり、難しいことを言ってみようとして「失言」に直結することもあるので、あまり気軽に出るべきではないと感じます。

Q多摩川や相模川など、多摩(奥多摩)や神奈川で、河川敷に駐車できる場所を

多摩川や相模川など、多摩(奥多摩)や神奈川で、河川敷に駐車できる場所を教えてください。
子供と一緒に魚とりや昆虫採集などしたいと考えています。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

神奈川の相模三川公園
河川敷につくられた河川公園、駐車場もあります
http://www.kanagawa-park.or.jp/sansensite/index.html

Q「地上1千メートルの家」vs「地下1千メートルの家」・・・住むとしたらどっち?

地上1千メートルのところにある家
地下1千メートルのところにある家

どちらも、エレベータで行きます。
住むとしたら、皆さんはどちらを選びますか?

Aベストアンサー

「太陽光線を何らかの方法で同等に得ることが出来る」
「何らかの方法で同等な通風を得ることが出来る」
という前提条件があれば、地震で揺れず、温度変化が少ない地下の方が
安心・快適ですね。上記2点が外れてしまうと、地下は辛いですが。

Q祖父の土地を買う事になりました。取得税について

この度、祖父の土地を買う事になりました。取得税について教えてください。
祖父の家を改修する費用500万を立て替える代わりに、土地をくれる話になりました。
固定資産税評価額は約2000万の土地ですが、実際土地を買う金額は500万です。
私が後で支払う不動産取得税はいくらくらいでしょうか?

Aベストアンサー

 取得税は大したことはないかもしれませんが、贈与税がすごいですよ。2000万円のものを(割安で)500万円で買うので、1500万円贈与を受けたことになります。

 単純に贈与税率を当てはめて計算すると、470万円の贈与税を支払うことになります。親類等から土地を市価より大幅に安く買おうとすると、後で結構大変ですよ。

Q家の目の前に幅2㍍の川が流れています。 水量は少なく毎秒5~10㍑というとこです。 これからは水力発

家の目の前に幅2㍍の川が流れています。
水量は少なく毎秒5~10㍑というとこです。
これからは水力発電が見直されるとは聞いていますが調べても難しいです。

詳しい方アドバイスお願いします。

Aベストアンサー

水力発電は、落差を利用してタービンを回して発電して居ます。
水車の様にゆっくりと力も無い物では、発電出来たとしてもごくわずかな電力しか望めません。
太陽光の様に多くのパネルを設置して、それらをまとめられれば良いのですが、川での発電ではせき止める事によって流れが止まってしまい、連続しての発電も望めません。
時間をかけて充電するスマホ程度の電力ならともかく、残念ながら家庭用の電力としての実用すら無理でしょう。

実用としては、昔ながらのイモの皮むきなどへの利用が現実だと思われます。

Q笛吹川の名前の由来について教えてください

山梨県に、笛吹市があるそうですが、笛吹市は、市内を流れる笛吹川から名前をとったそうで。
ところで、笛吹川なんておしゃれな名前、なぜ付いたのでしょうか。滝などがあったから?

Aベストアンサー

権三郎という笛吹の少年の伝説があるようです。
http://www.5ksjy5.net/kawa.html

次に、あまりロマンのない説を一つ。
笛吹(ふえふき)は、不破(フワ)+泓(フケ)の転化と考えられます。

不破(フワ)とは、氾濫河道のことで、洪水時には冠水する土地のことです。
笛吹川の中流域は暴れ川で、明治40年ころまでは、現在の石和温泉街を西へ流れ、
現在の平等川の河道が旧笛吹川でした。

泓(フケ)とは、湿地や沼地など、主に後背湿地のことを表しており、
他に深(フカ)や吹・蕗・富貴(フキ)なども類似地名です。
笛吹川下流域は、ヨシやススキが繁茂する低湿地帯となっています。
韮崎付近から広大な扇状地を広げている釜無川とは対照的な地形を成しています。

以上の通り「笛吹川」とは、流域の自然状態を表した地名ですね。

Q皆さんは日本のどの地域にこの国の"源流"を感じますか?

皆さんは日本のどの地域にこの国の源流を感じますか?

1. 京都
2. 奈良
3. 伊勢
4. その他の地域

その理由とお住まいの地域を添えて教えて下さい。お願いします。

Aベストアンサー

 雲南です。

 稲作、豆腐、鶏の飼育など、100年前の日本の生活文化の基底部の発祥の地が雲南です。

 また、常に母性遺伝すると言われているミトコンドリアDNAが、女優の天海祐希と雲南の僻地の女性と一致した、という報告があります。
 数十代前か数百代前に、共通の母親を持っていたことが、証明されたわけです。

  ☆  ☆  ☆

 もちろん、京都奈良伊勢にも、過去の記憶はあるでしょうが、そういうものは源流ではありません。
 祭祀を執り行なった、権力の上層部の文化の、名残でしかありません。

Q「川のほとり」について教えてください。

川のほとりとはどのあたりを指すのでしょうか?
教えてください(><)。

Aベストアンサー

文学的に言えば

  「 美少女が 切なそうに 佇んでいる 」

     のが、ぴったりくる 川岸でしょうか。

Q皆さんの老後、「都会」vs「田舎」だったらどっちに住みたい?

皆さんの老後、「都会」vs「田舎」だったらどっちに住みたい?

老いも若きも平等にやってくる老後の生活・・・

さてそうなった時に、“終の棲家”(ついのすみか)として住むとしたら、都会がいいですか?それとも田舎がいいですか?
都会は医療が充実していて買い物も便利そう、田舎は自然が豊かで人との触れ合いも優しそう・・・
そう考えると、迷いますね。

さて、総合的にみてどっちがいいですか?

老いも若きも回答してみてください。

Aベストアンサー

二者から選択でしたら都会でしょう。(田舎の中心都市在住です)
私事ですが、つい先週、高齢の母親が突然、脳梗塞を起こしました。3時間以内に処置が必要とのことで専門の大病院に救急搬送・緊急入院で処置し、なんとか後遺症なしで2日前に退院したばかりです。
こういうことがあるとやはり都会は便利(安心)だと、つくずく思ったものです。処置が遅れたら(救急搬送に時間がかかってしまったら)確実に後遺症が残ったことでしょう。
ただ、当地でも中心部は集合住宅化が進んでおり、「隣りは何をする人ぞ」の状態が増えており、都会に居ながらの「孤独死」も確実に増加していますので、何らかの隣人つきあいもできる田舎的な関係を残しておくことも必要だとは思いますね。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報