一昔前の新聞の縮刷版を見ると「江川中3日。また通用せず。」の記事が載っていた。

確かに・・当時は「中3~4日」が普通だった。さらには先発投手は「完投」を求められた。

でも最近はどうだろう・・。「中6日」が主流。

シーズン終盤に先発投手が「中5日」で先発。解説者は「中5日だと球にキレがありませんね・・。」
すごく疑問・・。

なんでこんなことになってしまったのでしょう・・・?

メジャーでは「中4日」が主流。「だってメジャーは分業制だよ。」って・・?

日本も「分業制」ですよね?

なんで誰も疑問に思わないのでしょう?

自分に言わせれば「会社員の昼休みが2時間になって給料は3倍。」になったのと同じ感じがする・・。

「野球の国際試合に備えて『統一球』もいいけど・・。だったら『登板間隔』も見習ったら・・』と思います。

1) なぜ日本は「中6日』?

2) なぜ全球団の監督が疑問に感じない?

答えていただけるとありがたいです・・。

A 回答 (3件)

昔の中3~4日というのでは、選手寿命が短くなってしまうと思います。

しかも江川がいた頃…つまりは20年とか30年前のことですよね?当時の野手はレベルの高い選手が少なく、下位打線はある程度楽ができたと思います。今は、チームにもよりますが下位でも決して侮れない選手が増えました。

メジャーとの大きな違いは球数だと思います。
一般的にメジャーは100球を目途に先発を下しているようですが、100球というのは単に数字の切りがいいというだけで、あまり根拠がないように思います。
しかも外国人投手というのは地肩が強くあまり下半身を使わない選手が多いので、100球で区切るというのも多少は理に適っているかもしれませんが、アマチュア時代から走り込みなどで下半身を強くして、キャンプでも投げ込みをする日本の投手の場合、100球くらいから尻上がりに調子を上げる選手も少なくありません。レッドソックスの松坂なども、日本にいた頃はそんな感じで、メジャーでイマイチ活躍できない理由の一つかも?と思っています。
なので、日本でも一応分業制はありますが、必ずしも100球前後で下すということが定着しておらず、エース級であれば120~140球くらい投げることは珍しくないため、中4日では体力の回復が難しいのでは?と思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をいただきありがとうございます。

すばらしい。疑問に感じていたことが「スー」っと晴れた感じがします。

自分は中4日で。100球で。とメジャー式がベストに近いと感じていたので・・。

すごくわかりやすい回答。ありがとうございました。

お礼日時:2011/04/20 00:14

>1) なぜ日本は「中6日』?


本当は中5日でもいいのですが(交流戦などでは試合日程の関係で中5日も普通のようなので)、週に6試合で月曜日に移動日となると、5人の先発で回すと誰かしらが火曜日に投げて日曜日に投げるということになって中4日になってしまいます。
従って、6人で回すので結果としては中6日になるのだと思います。(GWや連休などで9連戦などでは、中5日で回してます。)

>2) なぜ全球団の監督が疑問に感じない?
古田がヤクルトの監督のときに、5人回しをやりましたが結果はあの通りです。
まあ、6人目の先発の試合を多少犠牲にするほうが、中継ぎを一人余計に入れるよりもいいということでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

回答をいただく都度に「ああ。確かに・・。」と思います。

以前に比べ「登板間隔」が開き疑問に感じることが多く。疑問に思っていたのですごく参考になりましたし「目から鱗」です。

回答ありがとうございました。

すごく感謝です。

お礼日時:2011/04/20 22:53

あなたがおっしゃる


「会社員の昼休みが2時間になって給料は3倍。」
は、一試合の登板イニングではなく、シーズンを通したイニング数や投球数で判断すべきだと思いますよ。
メジャーは中4日と言っても、一試合で100球前後(6回程度)しか投げません。
対して日本の投手は一試合で150球程度(7~9回)投げることも珍しいことではありません。
そう考えれば、年間を通したイニング数には、それほどの差はないと思いますよ。

そう考えれば、中4日も中6日も投手の『労働時間』的には同様で、働き方の違いと言えるでしょうね。
ただ、100球を越えると10球投げる毎に故障の確率が5%高くなる(数字はウル覚えですが)などという統計もあるそうで、メジャーはそういうセイバーメトリクスという考え方が主流になっているだけだと思いますよ。

日本人投手は、完投にこだわる傾向があるようです。
ですから、一試合の投球数が150球を越えることもざらで、それだけ投げさせれば中6日くらいおかなくては、肩への負担が大きいということでしょうね。
そして、多くの監督がその考え方を正しいと考えているのでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答をいただきありがとうございます。

確かにですね。シーズンを通してのイニンング数で比較するべきですね。

一昔前の日本の投手は肩を酷使していたわけですね。相当・・。

わかりやすい回答をありがとうございました。

お礼日時:2011/04/20 10:44

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語学習用にCDに間隔(トラックレコード?)を入れたい。

英語学習用にCDに間隔(トラックレコード?)を入れたいと考えています。
フリーソフトか何かで出来る方法ありますか?

Aベストアンサー

CDそのものには不可能だと思います。
PCの方に一度落として、音声ファイル分割ソフトはあるでしょうから、好きなところで分割して、それを焼けばいいだけど。
ポーズが何秒会ったら自動に分割できる機能があるかは知らんが。

Q先発投手の登板間隔

最近ローテーション投手は登板間隔が中6日というのが標準(一部球団や投手によっては違いますが)で、中4日はもちろん中5日でも登板間隔が短いというような扱いですが、今から15~20年前は中4日が標準で中5日だと「休養十分」といわれていたような気がします。
トレーニングやアフターケア、設備などなどいろんな面で昔より今のほうが恵まれていると思うし、選手の体力や技術なども進歩しているであろうはずなのに、なぜ現在の方が登板間隔が長いのでしょうか?ただ単に日程の都合上、中6日で6人ローテで回した方が調整しやすいからなのでしょうか?

Aベストアンサー

やはり長期計画の問題なのではないでしょうか。
昔はそれこそ連投も多々ありましたが、そんなことの出来るピッチャーも数えるほどだと思います。
大抵のピッチャーは短期間の選手人生になっていたように思います。
それよりかは体調がベストの状態を長期保つ方が良いのは歴然としています。
研究が進んで、休んだ方が良いと言う結果も出ているのでしょうね。
また、連投をしていたという事はそのピッチャー以外に良い投手が居なかったと推測できます。
なので#1さんが仰るように、良い投手が増えてきたため、わざわざ登板間隔を狭める必要も無いのでしょう。
まぁペナント終盤に最多勝等のタイトルのために登板間隔を狭める時はありますけどね。

また、以前村田兆治投手が「サンデー兆治」と呼ばれていました。
これは毎週日曜に登板して、何勝もしていたからそう呼ばれていました。
この中6日は村田投手が肘を手術して復帰後だったため体を酷使しないためです。
これは確か20年程前の話なので、その頃から中6日が広まってきた可能性もあります。
この結果村田投手の人気も再燃し、日曜日にはお客さんも多かったようです。
なので中6日によってジンクス的なものや、そう言ったファンサービスをしやすいなどと言った理由もあるかもしれません。

という訳で色々理由があると思いますが、一番の理由は体を酷使しないためだと思います。
高校野球において毎日投球練習を何百球もしたり、大会で連投したりと体の酷使が問題になってます。
そういった点で週350球以上投げないようにとか、連投を極力避けろとかよく言われます。
高校野球の大会の日程に関しても見直しをしてはどうかと私は思います。

乱文で申し訳ありませんが、参考になれば幸いです。

やはり長期計画の問題なのではないでしょうか。
昔はそれこそ連投も多々ありましたが、そんなことの出来るピッチャーも数えるほどだと思います。
大抵のピッチャーは短期間の選手人生になっていたように思います。
それよりかは体調がベストの状態を長期保つ方が良いのは歴然としています。
研究が進んで、休んだ方が良いと言う結果も出ているのでしょうね。
また、連投をしていたという事はそのピッチャー以外に良い投手が居なかったと推測できます。
なので#1さんが仰るように、良い投手が増えてきたため...続きを読む

Q間隔を空けて休む

英語では以下のような表現はどのように言えばよいでしょうか?
「間隔を空けて休みを複数日とる」
(間隔は固定されてなく2日になる場合もあれば3日、6日になる場合もあります。)

また英語には「間隔を空けて休む」を直訳した表現はそもそもあるのでしょうか?

Aベストアンサー

 「間隔をあけて休みを取る」という意味で、
「take holidays at intervals.」 あたりでどうでしょうか。

 「英語には[間隔を空けて休む]を直訳した表現はそもそもあるのでしょうか?」という意味がいまいちわかりにくいのですが、英語圏の人々も間隔をあけて休暇を取ることは大いにあり得ることですから、「間隔を空けて休む」にぴったりの英語表現があるはずだと思います。(特別な言い回しがあるとは思いませんが)

Q中日ドラゴンズの河原投手と清水投手が昨年登板した時の曲(清水投手は今年

中日ドラゴンズの河原投手と清水投手が昨年登板した時の曲(清水投手は今年のオープン戦でも使っていました)をご存知の方、教えて下さい。

Aベストアンサー

 こちらに選手のテーマ曲等が記載されていますので、参考までに。

 昨年度のテーマ曲 http://dragons.jp/teamdata/themesong2009.html
 
 本年度のテーマ曲 http://dragons.jp/teamdata/themesong.html

Q文字間隔について

お世話になってます。
MS-wordなのですが、英語で文字を打っていくと文字間隔がばらばらになります。
単語の途中で改行せずに、文字間隔の整った文はどのようにしたら良いのでしょうか。
教えて下さい。

Aベストアンサー

> 単語の途中で改行せずに、文字間隔の整った文はどのようにしたら良いのでしょうか。

う~ん、結構「欲張り」な質問ですねぇ。

文字間隔がそろわない原因としては、主に
1. 一行に入れられる文字数が少ない。
2. 長い単語がある。
の二つが考えられます。

この二つの項目についてできる限り改善を試みてみてください。
それでも満足できないなら、素直にハイフネーションするのがいいと思います。

Q高校野球甲子園を見ると、先発投手、中継ぎ投手、押さえ、がいず連投で肩を壊す人が多いけど、なぜですか?

高校野球甲子園を見ると、先発投手、中継ぎ投手、押さえ、がいず連投で肩を壊す人が多いけど、なぜですか?

Aベストアンサー

とは言え、
ここ最近は、エース一人で全部投げきるよりも
複数の投手を準備して、投球過多にならないように指導者も配慮している

昨年夏の大会でも、作新や北海はエース一本勝負だったが、それ以外のチームは分担を図ってはいた
でも、どんなにいいチームでもエース級が二枚揃うのは困難で、二人目はどうしても格落ちする
なので、二枚目が使えるのは序盤戦や点差の付いた試合などに限られる

一発勝負に挑むので、どうしたってエースに頼らざるを得ない

QWordの文字間隔

英語で文章を入力していると、文字数により勝手に文字と文字の間隔が異常に開いたり普通になったりします。
この機能をオフにするには、どうすればよいでしょうか。
ご存知の方いらっしゃいましたら教えてください。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

日本語の場合は大丈夫なのでしょうか??
日本語の場合は、

1.ファイル→ページ設定で「文字数と行数を指定する」にチェックを入れる
2.書式→フォント→文字幅と間隔で「カーニングを行う…」のチェックを外す

で直るんですが…英語だと違うのかな??(^^ゞ
見当違いならごめんなさい。

Q先発投手が5回まで投げると勝利投手の権利が得られる件について

よく「勝利投手の権利が得られる5回」ということを聞きますが、中継ぎなら1死で勝利投手になる場合があっても、先発投手はリードを奪っても5回まで投げないと勝利投手の権利を得られないのでしょうか?それなら以下の場合は誰が勝利投手になるのでしょうか?

ケース1:先発のA投手が4回2死まで投げて10-0とリード。B投手が1アウトをとるも9失点(自責点9)で10-9に迫られる。残りの4イニングをC投手が投げ無失点で10-9で試合終了。

ケース2:先発のD投手が1回を投げて1失点。E投手が4回までの3イニングを無失点で抑える間に味方が逆転し10-1。5回の1イニングのみF投手が投げ、5失点で10-6。残りの4イニングをG投手が2失点で10-8で試合終了。

Aベストアンサー

 実は5回を投げなくても勝利投手になれるケースはあります

 条件は、最低5回の投球が必要だとする規則は、実は6回以上の試合に適用されるルールです
野球規則 10・19(b)

 上には該当しない

また、野球規則 10・19(g)
 にも例外規定がありますが

 今回は該当しません

 したがって通常の常識
 先発投手は5回を投げきることが条件となるので

したがって

 ケース1の時は

 2人以上の投手が救援してどちらも勝つために効果的な投球であった場合は
        ア)投球回数
        イ)投球内容   を検討する。

により 長く投げた方がつために効果的であるので 

 4イニングをC投手と勝利投手となる



ケース2は
 先発には権利がない
 相手に得点が多い 6イニングを超えている
 5回を投げてない ので駄目
 3つも 駄目駄目駄目 で三重×
 
 E投手が4回までの3イニングを無失点で抑える間に味方が逆転し10-1
 逆転したので この時点で勝投手の権利を得る

 で残りのイニングを比較すると

 同点または逆転された時は、その時から新たに試合が始まったものとする。(それ以前に登板した投手は、何ら関係なくなる)

 1イニングのみF投手が投げ、5失点で10-6
 で
 イニング数が少ないので・・・

 この時点でE投手が権利がある

 その後に残りの4イニングをC投手が投げ無失点で10-9で試合終了。

 で同イニングですが・・

  自己の登板中にリードを奪った場合には、それが最後まで維持されたときに、その投手は「勝利投手」となる。

 ですのでE投手です



 
 
 

  
 
 
 



 

 

 実は5回を投げなくても勝利投手になれるケースはあります

 条件は、最低5回の投球が必要だとする規則は、実は6回以上の試合に適用されるルールです
野球規則 10・19(b)

 上には該当しない

また、野球規則 10・19(g)
 にも例外規定がありますが

 今回は該当しません

 したがって通常の常識
 先発投手は5回を投げきることが条件となるので

したがって

 ケース1の時は

 2人以上の投手が救援してどちらも勝つために効果的な投球であった場合は
        ア)投...続きを読む

Q勝手に知らない英語のHPが開いていきます

昨日、英語のHPにアクセスして以来、ずっと続いています。
一定の間隔でブラウザ(IE)を起動させ英語の広告のHPやカジノのHPを開いていきます。さらに、Cドライブのプログラムファイルのフォルダに勝手にソフトをインストールしています。
スパイウェア除去、レジストリクリーニング、ウイルスチェックを行いましたが改善されません、対策か何かありませんでしょうか?

Aベストアンサー

スパイウェア除去、レジストリクリーニング、ウイルスチェックを行いましたが改善されません、

上記を行ったんですよね。
改めて、以下のページを参照してみては・・・。
スパイウェアが入っているのが原因のようです。
spy-botなどで駆除可能かと思います。

http://higaitaisaku.web.infoseek.co.jp/spybot2.html
http://www.dream-seed.com/server/spybot.html

以前の回答に近い物を記載しておきます。
下記を参照して見て下さい。

ぇと。
アイコンを右クリックしてメニューは出ますか?
出たらプロパティをひらいて、
ショートカットでしたらリンク先が表示されるはずです。
インターネットショートカットだったらわかりませんが、
パソコン内にファイルが作られていたら
そこに、パソコン内のリンク先が表示されるはずなので
マイコンピュータを開いて、
リンク先のファイルを削除してみては如何でしょうか??

それでも、改善されない場合、自分ならOSの再インストールHDDをフォーマット後改めてOSをインストールして直します。
多少、時間は掛かりますが、その後は二度と出てこないでしょうから、ノイローゼになる事もありませんし。

スパイウェア除去、レジストリクリーニング、ウイルスチェックを行いましたが改善されません、

上記を行ったんですよね。
改めて、以下のページを参照してみては・・・。
スパイウェアが入っているのが原因のようです。
spy-botなどで駆除可能かと思います。

http://higaitaisaku.web.infoseek.co.jp/spybot2.html
http://www.dream-seed.com/server/spybot.html

以前の回答に近い物を記載しておきます。
下記を参照して見て下さい。

ぇと。
アイコンを右クリックしてメニューは出ますか?
出...続きを読む

Q先発投手は5回投げなければ勝利投手の権利がないのは何故?(コールドの例外を除く)

 5回というのが試合が成立する回だからというのは分かります。しかし、2番手以下の投手なら、5回終了時までに次の投手に交代していても、勝利投手になることがあります。極端なことを言えば、先発投手が打者一人にだけ投げ、次の投手に交代すれば、その二番手投手は回数にかかわらず勝利投手になり得る状況であれば1勝稼げるわけですね。なんか変な気がします。何故、先発投手だけ回数の規定があるのでしょうか。

 消化試合なら、最多勝がかかった投手を勝たせるために、わざと5回までに先発投手を交代させることもありますね。

 ところで、オールスター、オープン戦、WBCなどは、このルールが適用されていませんが、特別ルールということなのでしょうか。

 

Aベストアンサー

「試合の成立」が影響しているのではないでしょうか?
1回や3回投球して、勝利投手の権利を与えてしまうと、
何かの理由で試合を中止しないといけなくなった時に、
勝利投手の権利を没収してしまうことになります。
もちろん、5回までに何人もの投手をつぎ込んでいる場合は、
既にその中に勝利投手の権利を持つ選手が含まれる場合が
ありますが、ゲームが成立していない時点では
それも確定ではありませんので。


人気Q&Aランキング