ジメジメする梅雨のお悩み、一挙解決! >>

自転車はママチャリです。
歩道を走行していると横一列に歩く人たちが結構います(特に日曜など)
そういう時だけは車道で走りたいのですが、
どういうタイミングで車道に入ればよろしいですか?
普通に走行しているときに車道に出るのは危ないですか?
また、路駐している車が邪魔で後ろからも車が迫ってきているときなど
どうやって進むべきでしょうか?
ママチャリなので速度は10~22kmだと思ってください。

自転車乗りの諸先輩のご意見、アドバイスお待ちしています。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

見通しの良い交差点や建物の出入り口になっている所(歩道の段差が低くなっている所)から車道に出る。


路駐は早めに車道中央に出る意思を後続車に示して(後ろを振り返って確認し、車の切れ目で手信号を出して)車道中央側に出て路駐と1m位の間隔を空けて通過する。
車内に人が居ないか確認しながらパスすると良いです。
突然ドアを開けるだけでなくウインカーなしや酷いのはハザード出したまま発進する路駐が少なくありません。
ヤバイと思ったら無理せず停止した方が良いです。
    • good
    • 0

必ず一時停止して、車の切れ目を見て出てます。


路駐の車が邪魔なときも、いったん止まります。
どっちが悪いのと言う前に、事故に遭ったら痛い目見るのは自分なので、まず防衛してます。
止まっている時間が勿体無い?ようにも思いますが、慣れれば気にならなくなります。
むしろ、何も見ずに?出る危険のほうが無駄が多い?です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

皆さんありがとうございました

お礼日時:2011/04/20 21:26

>普通に走行しているときに車道に出るのは危ないですか?



出方によってはめちゃくちゃ危ないです。
車道を走る車両、特にバイクは歩道寄りを走る事が多いのですが、街路樹や植え込みやポスト等で先の方の歩道が良く見えないことがあります。質問のような状況でいきなり歩道に出て来た自転車にひやっとすることが度々あります。もちろんそういう状況でもよけきれるように気を付けてはいますが、状況によって常にとは行きません。ちょうど右折車両が止まっていてよけるスペースが無いかもしれないし、他のことに気を取られているドライバーだっているかもしれません。

>路駐している車が邪魔で後ろからも車が迫ってきているときなどどうやって進むべきでしょうか?

本来なら車の方が回避すべきところですが、安全をとるなら停止して後ろから来る車をやり過ごす。
またはなるべく早い段階から右に出る意思表示をし、何度か後方確認した上で駐車車両をよける。
私なら歩道に入るか、停止して車をやり過ごします。


事故になれば責任の比率は自転車に有利ですが、自身の安全を第一に考えるなら、車道に出るときは歩道寄りぎりぎりで走る車やバイクがいるかもしれないということを忘れずに、確認してから出るようにするべきです。

世の中には非道な運転手もいます。そんな人の責任で痛い目にあったり命を絶たれるのは理不尽です。交通ルールは結局最後は責任を取ってくれません。
自分の身は自分で守るしかありません。
    • good
    • 0

自転車は”自転車専用レーン”>”車道”>”歩道”(自動車専用道路はNG)の順で走行するものです。


自転車専用レーンなんてほとんど見かけませんから基本は車道を走らなければいけないのです。
歩道は、自転車専用レーンが無く、車道が危険なときに仕方なしに走るものです。

現状の道路事情では、自転車・車・バイク全ての運転手の理解が乏しく車道を走るのはとても危険です。
命の危険がある正しい車道よりも、煩わしい歩行者のいる歩道を走るほうがいいと思いますよ。
路駐車の脇通過ですが、後ろから迫ってきていない場合は路註の車から1mくらい間を空けて走りましょう。
奴らは自転車は居ないものとして行動しますから、平気でドアを開けてきやがります。危険です。
後ろから車が着てるときにドア開けられると死にます。
なので、後ろから車が来ているときは止まるか徐行するか歩道に逃げましょう。
そこそこ交通量のある道に余裕がある道路で路註車を見かけないことは無いと思います。
なので、そういう道以外では最初から歩道を走っていた方が自転車運転者にとっては安全です。

しかし!、歩道は基本的に歩行者のためのものなので自転車は遠慮して走ってください。
自転車vs歩行者の事故で歩行者が致命傷・障害を負う事が意外とあります。
莫大な慰謝料を請求されますが、自転車に保険を掛けてる人などほとんど居ないので人生終わります。

「自転車を手軽で簡単な乗り物と思わないこと」
歩道を走るにしても、車道を走るにしても交通法規を正しく守るととても面倒な乗り物です。
そもそも通れる場所はかなり制限があります。(道路の右側を走ると逆送です。太い道路では2段階右折が必要です。)
こまごまとした停車は必要ですし、そのたびに漕ぎ始めるのには大変エネルギーを消耗します。

個人的には車道で交通法規無視して走ってきた自転車と交通法規守って走ってた車が事故たら、自転車の運転手なんて死んでしまっても自業自得だと思います。逆に車側が自転車運転手の遺族に慰謝料請求してもいいくらいだと思いますが、日本の法律は不思議ですね。大抵逆になります。
    • good
    • 0

通常自転車は歩道を走ってはいけないのでは?。

特別に、歩道を走って良い、標識があるところ以外、通常は車道を走るものです。普通に歩道にソって走っていれば、車が、よけるべきことだと思います。堂々と走ればよいのでは。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q信号のない横断歩道を通る歩行者、青信号を見て車道に入る車 どちらが優先?

二車線の車道の「右側」の歩道を歩いていると、2mちょっとの短い横断歩道がありました。横断歩道に信号はありません。
それを渡ろうとすると、右手から車が「こっちが優先でしょ」みたいな感じで横断歩道を横切りました。「危ないなぁ」と周囲を再確認すると、車が車道に入る方向(歩行者から見ると車道の対岸)に信号があり、青になっていました。つまり車からすれば「青でしょ、歩行者は止まってよ」ということです。

横断歩道に信号がない場合は車道の信号に従うべきといった質問、回答もありましたが、このように広めの車道の「右側」を歩いている歩行者にとって、車道の信号って結構離れていますし方向も左ななめです。ましてや対岸についている信号(側道から入ってくる車用の信号)までとても目に入りません。

そこで質問なんですが、
こういったケースの場合、優先権は車と歩行者のどちらにあるのでしょうか。
仮に車の場合、左ななめの離れた信号まで見るのは無理があるのではないでしょうか。


*譲り合いが大事、ケガしたら大変といった類の回答は、質問の趣旨と異なりますのでご容赦ください。

二車線の車道の「右側」の歩道を歩いていると、2mちょっとの短い横断歩道がありました。横断歩道に信号はありません。
それを渡ろうとすると、右手から車が「こっちが優先でしょ」みたいな感じで横断歩道を横切りました。「危ないなぁ」と周囲を再確認すると、車が車道に入る方向(歩行者から見ると車道の対岸)に信号があり、青になっていました。つまり車からすれば「青でしょ、歩行者は止まってよ」ということです。

横断歩道に信号がない場合は車道の信号に従うべきといった質問、回答もありましたが、こ...続きを読む

Aベストアンサー

信号の有無にかかわらず、歩行者優先が原則のようです。
「歩行者は動く赤信号」「歩行者を見たら赤信号と思え」などといわれるのはその原則をさしているのだと思います。

運転免許更新手続きのときに配布された「交通教本」には、下記のように書かれています。

--------------
第2部 交通の方法に関する教則
第3章 自転車の運転の方法
3 歩行者の保護など
3-2 歩行者が横断しているときなど
(1) 横断歩道のない交差点やその近くを歩行者が横断しているときは、その進行を妨げてはいけません。
(2) 横断歩道や自転車横断帯に近づいたときは、横断する人や自転車がいないことが明らかな場合のほかは、その手前で停止できるように速度を落として進まなければなりません。また、歩行者や自転車が横断しているときや横断しようとしているときは、横断歩道や自転車横断帯の手前(停止線があるときはその手前)で一時停止をして歩行者や自転車に道をゆずrなければなりません。
(3) 横断歩道や自転車横断帯やその手前で止まっている車があるときは、そのそばを通って前方に出る前に一時停止をしなければなりません。
(4) 横断歩道や自転車横断帯とその手前から30m以内の場所では、ほかの車を追い越したり、追い抜いたりしてはいけません。
--------------

法令の条文

「道路交通法」
 第六節の二 横断歩行者等の保護のための通行方法

(横断歩道等における歩行者等の優先)
第三十八条  車両等は、横断歩道又は自転車横断帯(以下この条において「横断歩道等」という。)に接近する場合には、当該横断歩道等を通過する際に当該横断歩道等によりその進路の前方を横断しようとする歩行者又は自転車(以下この条において「歩行者等」という。)がないことが明らかな場合を除き、当該横断歩道等の直前(道路標識等による停止線が設けられているときは、その停止線の直前。以下この項において同じ。)で停止することができるような速度で進行しなければならない。この場合において、横断歩道等によりその進路の前方を横断し、又は横断しようとする歩行者等があるときは、当該横断歩道等の直前で一時停止し、かつ、その通行を妨げないようにしなければならない。
2  車両等は、横断歩道等(当該車両等が通過する際に信号機の表示する信号又は警察官等の手信号等により当該横断歩道等による歩行者等の横断が禁止されているものを除く。次項において同じ。)又はその手前の直前で停止している車両等がある場合において、当該停止している車両等の側方を通過してその前方に出ようとするときは、その前方に出る前に一時停止しなければならない。
3  車両等は、横断歩道等及びその手前の側端から前に三十メートル以内の道路の部分においては、第三十条第三号の規定に該当する場合のほか、その前方を進行している他の車両等(軽車両を除く。)の側方を通過してその前方に出てはならない。
   (罰則 第百十九条第一項第二号、同条第二項)

(横断歩道のない交差点における歩行者の優先)
第三十八条の二  車両等は、交差点又はその直近で横断歩道の設けられていない場所において歩行者が道路を横断しているときは、その歩行者の通行を妨げてはならない。
   (罰則 第百十九条第一項第二号の二)


もちろん、歩行者はいつでもどこでも自由に(優先的に)横断できるわけではありません。

 第二章 歩行者の通行方法

(横断の方法)
第十二条  歩行者は、道路を横断しようとするときは、横断歩道がある場所の附近においては、その横断歩道によつて道路を横断しなければならない。
2  歩行者は、交差点において道路標識等により斜めに道路を横断することができることとされている場合を除き、斜めに道路を横断してはならない。

(横断の禁止の場所)
第十三条  歩行者は、車両等の直前又は直後で道路を横断してはならない。ただし、横断歩道によつて道路を横断するとき、又は信号機の表示する信号若しくは警察官等の手信号等に従つて道路を横断するときは、この限りでない。
2  歩行者は、道路標識等によりその横断が禁止されている道路の部分においては、道路を横断してはならない。

信号の有無にかかわらず、歩行者優先が原則のようです。
「歩行者は動く赤信号」「歩行者を見たら赤信号と思え」などといわれるのはその原則をさしているのだと思います。

運転免許更新手続きのときに配布された「交通教本」には、下記のように書かれています。

--------------
第2部 交通の方法に関する教則
第3章 自転車の運転の方法
3 歩行者の保護など
3-2 歩行者が横断しているときなど
(1) 横断歩道のない交差点やその近くを歩行者が横断しているときは、その進行を妨げてはいけ...続きを読む

Q自転車で車道の左側を走行中、併設されている歩道で舗装工事が行われていま

自転車で車道の左側を走行中、併設されている歩道で舗装工事が行われていました。

その際に歩行者の迂回路として車道の左端がポールで遮られて、仮設の歩道として確保されていました。

自転車の原則は車道の左側を走行との事ですが、その場合は、仮設の歩道を徐行、仮設の歩道のさらに車道側を走行、のどちらが正しいのでしょうか?

昨日の事ですが、上記のような状況に遭遇し、後方確認をしてから仮設の歩道のさらに車道側を走行しようとしたところ、警備員に強引に停められて仮設の歩道を徐行しました。

原付(軽車両)なら絶対ありえないような…と考え、私は少し不満を感じたので警備員にどちらが正しいのか質問してみました。

しかし本人も詳しくはわかっていない様子で、とにかくこちらの指示に従ってくれ、とにかく困る、事故があったらこちらの責任になる?の一点張りでした。

ちなみに歩道に自転車通行可の標識はありませんでした。

それではよろしくお願いします。

Aベストアンサー

法規的には質問者さんが正しくて、車道側を走るべきだと思います。

ただし、仮設歩道のために車道部分が狭くなっているので、車道の通行料や自動車の走行速度によっては危険度が高くなっている可能性がありますね。そのため危険回避ということで、警備員が仮設歩道を通行するように導いたのかもしれません。

とにかく安全第一ですから。

なお、警察官が指示したのであれば従わなければなりませんが、民間の警備員は間違うこともあるので、必ずしも指示に従わなければならないということはないようです。
警備員が誤った指示を出して、それに従って通行したところ事故になってしまったが、警備員の責任にはならずに自己責任になったということを聞いたことがあります。

Q車道・歩道を走るのに適した自転車について

自転車は基本車道走行ですが危険なときは歩道を走れるそうです。
ロードバイクだと車道はいいですが歩道はガタガタです。
マウンテンバイクだと歩道はいいですが車道を走るとき重く遅いです。
車道と歩道を走るのに適してているのはクロスバイクでしょうか?

Aベストアンサー

走行スタイルで変わると思うんですね。

歩道主体になりそうならば、いわゆる実用車というのが使いやすい(最近はクロスと見分けがつかなくなってますね(汗))です。
ハンドルが少し上がり気味のもののほうが、段差などで上手押さえやすいので。
あとはMTBとかも良いと思います。

車道主体なら迷わずクロスですね。
技術が上がればロードでも大丈夫だとは思うのですが。
問題は、あの細いタイヤですね。

Q交差点、こんな時は? 歩道分離式の交差点。横断歩道も片側のみ。 車用信号機が青のため、交差点を右折し

交差点、こんな時は?
歩道分離式の交差点。横断歩道も片側のみ。
車用信号機が青のため、交差点を右折しようとしたところ、歩道信号機は赤で横断歩道もない所を自転車が横断しようとしてました。どちらも一旦停止し、歩行者は車道には出ていなかったので歩行者の安全を確認し、車は走っていきました。
このような場合、歩行者ではなく自転車なので横断してよいのでしょうか?
これで事故になった場合、歩行者に過失はないのでしょうか?

Aベストアンサー

自転車は車両です。よって車両の信号に従わなければならない。

Q自転車の「車道」走行

ネットの情報のみで判断していたため多少混乱しています。
正しい認識で自転車を走らせたいのでお教えください。

車道と歩道。
路側帯とは車道外側線の左側に存在し、その路側帯の外側に歩道が存在するかどうかで路側帯の車道と歩道の扱いが変化する。

つまり歩道が存在しているのならその車道外側線より外側、歩道までの部分は「車道」になり、自転車は軽車両(低速車)ですのでその車道の左側に沿って左側走行しなければならず、もし対向してくる自転車を含めた車両が走行していた場合その車両は逆走車となる。
郊外など車道外側線よりも外側に歩道が存在しない場合、車道外側線よりも外側は「歩道」となり自転車は車道外側線よりも内側の車道部分を走らなければならない。

歩道は特に許可された場合のみ自転車は「歩行者の安全を確保した上で走行することができる」。
歩道上は車道ではないので「逆走」の定義が存在しない。

この認識は正しいでしょうか?
もし違う部分がありましたらご教授願えると幸せです。

Aベストアンサー

>歩道が存在しているのならその車道外側線より外側、歩道までの部分は「車道」になり、

その部分に関する定義はありません。
つまり車道であると断言できない部分です。

>自転車は軽車両(低速車)ですのでその車道の左側に沿って左側走行しなければならず、

そういう法律はありません。
自転車と自動車やオートバイを区別して走行場所を分ける法律すらありませんから、道交法に従えば、自動車と同じ場所を同じように走ることになります。

ただし、車両通行帯のない道路の場合は、道路の左側端に寄つて走行するとなっています。
車両通行帯とは、車両が道路の通行るよう道路標識によって定められた部分ですから、一車線の道路であっても、車道があるならこれに該当しますから自動車と同じように走行することになります。
車両通行帯のない道路においては、道路の左端よりでありまする。

>車道外側線よりも外側に歩道が存在しない場合、車道外側線よりも外側は「歩道」となり

歩道ではなく路側帯です。
路側帯は歩行者の邪魔にならなければ自転車も走行可能ですよ。

>歩道は特に許可された場合のみ自転車は「歩行者の安全を確保した上で走行することができる」

違います、歩行者の邪魔にならない範囲内での徐行のみできます。
歩行者の邪魔になる場合はその場で停車することが義務です。
徐行は時速五キロ未満。つまり、歩行者とほぼ同じ速度までです。

>歩道上は車道ではないので「逆走」の定義が存在しない。

そうなります。
あと、基本的に、自転車レーンも正確には普通自転車走行指定部分という名称で、歩道の一部の、歩道を自転車が徐行する時に通行することを指定された部分で、歩道の一部ですから当然徐行が義務です。
ただし自転車レーンに関しては、歩行者がいなければ安全な速度で通行できるとなっていますから、自転車レーンなら「歩行者の安全を確保した上で走行することができる」と言えるのではないかと、、、

--------------
第1章 総 則
(定義)
第2条
7.車両通行帯 
車両が道路の定められた部分を通行すべきことが道路標示により示されている場合における当該道路標示により示されている道路の部分をいう。

--
第3章 車両及び路面電車の交通方法
第1節 通 則
(通行区分)
第17条 車両は、歩道又は路側帯(以下この条において「歩道等」という。)と車道の区別のある道路においては、車道を通行しなければならない。

(軽車両の路側帯通行)
第17条の2 軽車両は、前条第1項の規定にかかわらず、著しく歩行者の通行を妨げることとなる場合を除き、路側帯を通行することができる。
2 前項の場合において、軽車両は、歩行者の通行を妨げないような速度と方法で進行しなければならない。

(左側寄り通行等)
第18条 車両は、車両通行帯の設けられた道路を通行する場合を除き、<略> 軽車両にあつては道路の左側端に寄つて、それぞれ当該道路を通行しなければならない。
ただし、追越しをするとき、<略> 又は道路の状況その他の事情によりやむを得ないときは、この限りでない。
http://www.houko.com/00/01/S35/105.HTM#s3.1

>歩道が存在しているのならその車道外側線より外側、歩道までの部分は「車道」になり、

その部分に関する定義はありません。
つまり車道であると断言できない部分です。

>自転車は軽車両(低速車)ですのでその車道の左側に沿って左側走行しなければならず、

そういう法律はありません。
自転車と自動車やオートバイを区別して走行場所を分ける法律すらありませんから、道交法に従えば、自動車と同じ場所を同じように走ることになります。

ただし、車両通行帯のない道路の場合は、道路の左側端に寄つて走行する...続きを読む

Q自転車は車道走らないと道路交通違反ってやっぱりおかしいとおもいます。 もし車道走ってて自転車がいきな

自転車は車道走らないと道路交通違反ってやっぱりおかしいとおもいます。
もし車道走ってて自転車がいきなり転けたりしてその転けた自転車を轢いたりしたら車が悪くなるんですよね?
避けようとして急ブレーキ踏んで後続車が追突そしてハンドルを切り対向車にもぶつかって大惨事がおきるとおもいます。
たかが自転車一台避けるためにこの惨事がおきた場合も悪いのは車ですよね?
やっぱり自転車は歩道を渡るべきです。
自転車は車の仲間でもレベルが違いと思います。
自転車なんて避けようと思えば避けるけど車は技術がいります。
自転車は通行人すぐ避けれるけど車は避けれません。
でも避けれるひとはどんな道でも華麗に避けれますよね?
自転車は歩道走った方が安全です。

Aベストアンサー

自転車は車両なので、車道を走ります。
馬、牛、馬車、大八車、リアカー、自転車は車両です。
自動車が増えて、自転車の交通事故が増えたので、特例で、歩道を走っても良くなったのです。
あくまでも、走っても良い。という扱いです。

後続車が追突って、車間距離不足ですね。前方で何があっても、速やかに停止できる車間距離と速度で走らなければいけません。
法廷速度や指示速度以内で、安全な速度で走らなければなりません。

Q自転車って今思ったけど 歩道走る 歩行者にぶつかる人がいる 車道走る ドライブ中とか邪魔になる 自転

自転車って今思ったけど
歩道走る 歩行者にぶつかる人がいる
車道走る ドライブ中とか邪魔になる

自転車って乗り物なかで一番迷惑車両じゃないですか?

Aベストアンサー

自転車が悪いのじゃないですよ。

歩行者、自転車、車、なんでも頭が悪い人が増えたのよ。

歩きスマホしてるやつが、自転車に乗れば、車に乗れば・・・。

周りに気を使い安全を意識してる人は、歩いても自転車に乗っても車に乗っても迷惑じゃないと思いますよ。

Q歩道車道を行ったり来たりできて、とにかく速く漕ぐのが軽い自転車がほしい

歩道車道を行ったり来たりできて、とにかく速く漕ぐのが軽い自転車がほしいです。
予算は10万以内。

ロードレーサーでは歩道は気楽に走れなそうなので、ルイガノLGS-RSR2がいいと思ったんですが、これはロードよりのクロスですか?

エスケープR3を持っていますが(これははっきりいって速くない)これより圧倒的に速く走れますでしょうか?

また歩道とかも走れる段差に比較的に強いロードレーサーがあれば、教えてください。

Aベストアンサー

基本的にロードは段差のあるところを前提にしていないのでそんなに強くないです。
歩道をスピード出して走るのは非常に危険なので止めましょう。全てを兼ね備えた道具はありません
車道を走るならロードでいいでしょう。ルイガノLGS-RSR2はフラットバーロードなのでそこそこ速いです。エスケープR3と比べればルイガノの方が性能はよさそうです。スピードに関しては乗り手のトレーニング次第でどうにでもなります

Qなぜ車道は左側通行なのに歩道は右側通行なのでしょう

なぜ車道は左側通行なのに歩道は右側通行なのでしょう?

歩道から車道の対向車車線が見える側が車道の近付くを歩いた方が安全では?

なぜ後ろ側から迫ってくる車道に近付い方を歩かないといけないのか?車が突っ込んできたら見えずに死にますよね。歩道が左側通行なら対向車の暴走が見えて逃げる時間があるのにおかしくないですか?

Aベストアンサー

今後の回答のため、この質問を分かりやすくさせてください。

歩道上で人がすれ違う時に、人は右側通行の原則に
のっとり、右を歩きます。
でもそれだと、車道側を歩くことになり、すなわち後ろから
車が来ます。
これでは、おかしくないですか?

私の考えでは、そもそも人は、右の原則を守っていれば
人の流れは、一方通行になりますから、歩道上ですれ違う
ことがなくなります。
確かに何の罰則もないですから、歩道を逆送する歩行者
は、います。
でも人間そこまでバカでないですから、正規に右側を歩いている
方が、左によけます。
それか、逆送歩行者が左を守ろうとするので、正規に歩いている
人は、左によけるしかなくなります。

で、結論は
それでも逆走する人は、左を歩けばよい、なぜなら罰則がないのだから
ってか、人対人には、右側通行の原則がないので、
そこまで考えなくて考えなくて良い。
そんなルールがあったら渋谷の交差点は、違反者続出です。

Q自転車は歩道ですか?車道ですか?

つかぬ事を伺いますが、自転車が走るべき場所は歩道でしょうか?それとも車道でしょうか?
どうぞご教示ください。

Aベストアンサー

自転車は軽車両に分類されるため原則的には車道を走ることになってます。
(例外:歩道に自転車通行可と記した標識がある場合)


人気Q&Aランキング

おすすめ情報