先日の発表では事故から約1ヶ月で63万テラベクレルの放射能の放射性物質が空気中に放出されたとのことですが、私には全く理解できません!

このレベルは線量にすると約140億シーベルトになると解説されていましたが、これまでテレビで散々放映されていた図で"即死レベル"とされる7シーベルト(700万シーベルト)の実に20億倍です!
しかもその殆どが15,16日に放出されたとのことなので半減期を考えずに計算すれば、時間当たりにして約3億シーベルトになります!
これが本当に"空中に"放出されたとしたら現場の作業員は全員即死してるのじゃないでしょうか?
しかし、実際は即死事故など聞かれませんし、先日もロボットが建屋に入って調べても数十"ミリ"シーベルト"しか"なかった(ここでは敢えてこう表現しました)と発表されています。これまで色々出てきた線量の数字をみても、一番大きくても"1000ミリ"シーベルト(の汚染水)くらいなもので、この"3億倍"の線量の話などどこにも出てきません!

ではあの時放出されたという3億シーベルトの放射性物質はどこに消えたのでしょうか?
消えたのではなく、実はそんなレベルの放射性物質の放射はなかった?つまり、あれはウソの発表だった???
そもそも"放出"とはいったいどこからどこに放出された話なのでしょうか?
格納容器内のことだという答えでは"空気中に放出"したということには当たらない訳だし、現実に周辺の放射線量はこれ程莫大な数字を示してはいないし、この件、話が全く辻褄が合いません!
これにはいったいどんなカラクリがあるのでしょうか?
そしてこの辺りのことをテレビなどではどうして誰も突っ込まないのでしょうか?
どこそこが何"マイクロ"ベクレルあったとか騒いでるのに、何十万"テラ"ベクレルが放出されたと淡々と話していて誰も何の疑問も挟まない。致死レベルの20億倍だと聞いても誰も驚かない..
これってどうなのでしょうか?

チェルノブイリでは、核分裂進行中の原子炉そのもが吹っ飛んだ事故のようなので、それならその位
のレベルの線量があったしても理解はできますが、福島の場合は核分裂は停止しており、しかも、格納容器の破壊もなく、ましてや圧力容器は健全だという訳ですから、チェルノブイリに匹敵するような放射線レベルの放出があったというのは全く理解できない話です。いったいどういう計算をしたのでしょうか?

そもそも燃料が露出して溶融してる状態での圧力容器内の線量はどのくらいなのでしょうか?
まさか、あの水素爆発の時に放出され四方に飛び散って薄まった結果、周辺で数十ミリシーベルトとが検出されたなんて、そんなバカな話はないですよね。
とにかく納得がいきません。解説を戴ければ有り難いと思います。よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

貴方の仰る通りです。


政府も東電も国民に発表できない事実を、パニックを避ける為に一杯隠しています。それに原子力発電所政策や東電の不利益になることもこの期に及んでもこの様です。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

そうですね。そういう事は十分考えられる気がします。

私の質問についての補足説明を、No.2のdaijyou_buさんの項に集約して
書かせて戴きましたので、そちらも併せてご覧ください。

補足日時:2011/04/25 04:30
    • good
    • 0

うーむ。


7シーベルトで即死というのは、それを1人の人間が吸い込んだ場合の話ですよ?
何億シーベルト相当の放射性物質が出ても、それをあなた1人が吸い込める訳ではない。どう頑張ったって無理ですよ。

>どこそこが何"マイクロ"ベクレルあったとか騒いでるのに、何十万"テラ"ベクレルが放出されたと淡々と話していて誰も何の疑問も挟まない。
>全く辻褄が合いません!

何十万テラは地球全体レベルの話。それを部分で割ると、1人の人間が関与できるレベルでは何マイクロのレベルになる。我々の健康に影響するのはその値であり、だからそちらが問題にされています。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

一人の人が吸い込む云々の件ですが、これは、「致死量のとか、63万TBq相当の
放射性物質を一人の人が吸い込んだ場合のこと」と読み替えれば理解できますね。
シーベルトで言われるとちょっと違うと思いますが。被曝量ですから…。

質問の補足説明は、No.2のdaijyou_buさんの項に集約させて戴きました。
大変恐れ入りますが、再度そちらをご覧くださいますようお願い致します。

補足日時:2011/04/25 04:23
    • good
    • 0

>「1000ミリシーベルト超の放射線が検出された」



これにもカラクリが・・・・
どんな放射線によるものかが不明なのです。
どんな検出器で測定したモノなのか?
ガイガー・ミュラー?シンチレーション管?

アルファー、ベーター、ガンマー線のどれによるものか分かりません。
つまりベクレルが発表されていないんですね。

これでは何が漏れたのか全然分かりません。
    • good
    • 0

#5です。

訂正です。

× 格納容器
○ 圧力容器

圧力容器と格納容器を書き間違えました。圧力容器の底は抜けても、格納容器の底は抜けていないようです。
    • good
    • 0

福島第一原発では、30名を超える死傷者が出ています。

ん?死傷者?そうです、実は2名亡くなっているのです。
ところが恐ろしいことにこの亡くなった方が放射線を浴びすぎて亡くなったのか、それともどっか高いところから落ちたり爆発の影響で何かの下敷きになったりして亡くなったのか、一切報道はありません。

>これにはいったいどんなカラクリがあるのでしょうか?

いろんなカラクリがあります。爆発の直後、「1000ミリシーベルト超の放射線が検出された」って報道がありましたね。計測器は1000ミリシーベルトまでしか測れないので、愉快なほどに針が吹っ切れたということです。もしかしたら2000ミリシーベルトかもしれないし、100000ミリシーベルトかもしれない。計測する術がないので分かりません。
で、なにが恐ろしいって、これに関するWebの新聞記事が私の知る限り全部削除されていることです。新聞のHPを見ると、多くの新聞社で原発事故の過去記事がアーカイブされているので主要な記事が閲覧できます。でも、この「1000ミリシーベルト超」の記事はほとんど消されているのです。私の記憶じゃ、新聞の一面記事だったはずですがね。

>格納容器の破壊もなく

「大本営発表」ではそうなっていますが、海外の報道では「壊れている前提」になっています。反原発の立場の方ですが、アメリカの議員は議会か公聴会で「我々が手に入れた情報では2号機の燃料は格納容器を突き破っているようだ」と発言しています。議会か公聴会での発言ですから一応「公式発言」になりますね。
2号機の地下のたまり水から1000ミリシーベルト超の「計測不能のたまり水」が出ているのですから、その可能性は否定できないとなりますわね。

>先日もロボットが建屋に入って調べても

そもそもなぜロボット君に白羽の矢が立てられたのでしょうかね。計測器は持てるんだから、そんだけしか出ていないなら計測器を手に人が入ってもいいんじゃないかと思いますけどね。
「専門家が考えるに極めて危険」だからロボット君に白羽の矢が立ったと考えるのが一般的かと。

米軍が無人偵察機を飛ばして撮影し、日本政府に画像を渡したのに大本営は「いやちょっとあれは・・・」とかゴニョゴニョいって発表しないし、現場に計測不能の放射線が出たけど放水活動で数値減少。
1号機と3号機(もちろん2号機にも)には炉外の燃料プールに「使用済み燃料」がありました。水素爆発が起きて現場には計測不能なほどの放射線量。フツーに考えりゃ使用済み燃料が爆発で吹っ飛んだと考えるべきかと。それに一切触れずに「本体が残っているから無問題」と断言するテレビに出る「専門家」。
そういえば、NHKの朝の番組に「専門家」が出てきて「この程度の放射線物質は雨が降れば流されてしまうんですよ」といったらイノッチ(井ノ原快彦さん)が「土壌に染み込みませんか?」としごくまっとうな質問をして「専門家」は黙りこみ、スタジオは気まずい空気になって女性アナウンサーが慌てて話題を変えたんだそうです。やるねイノッチ。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

大変に興味深いご意見です。確かにそういう見方もできる気がしますね。
気が付きませんでした。

なお、私の質問の意味、補足説明を、No.2のdaijyou_buさんの項に集約
させて戴きました。再度そちらをご覧戴ければと思います。

補足日時:2011/04/25 04:16
    • good
    • 0

地表に降り注いだ、放射性降下物の量から逆算しています。

つまり、地面、地上にあります。

現場の作業員は、放射線は浴びても、放射性物質に対しては、防護マスクにより防いでいますので、何テレベクレルの放射性物質であろうとも、即死はしません。

未だに、土壌の汚染マップの発表がなされていませんが、かなり広範囲に渡って、放射性物質が撒き散らされており、東京でも、汚染地区とまではならないでしょうが、ボーダーラインとなる量の2割程には、すでに達しています。(文部省のHPで、公開されている一日毎の放射性降下物の量を積算すれば分かります。)

こういう状態ですので、農産物が「全品検査」を受けていない以上、流通している農産物であっても、安全性が保証されているとは言えません。放射性物質は、風で飛ぶ物ですから、同じ畑でさえも、濃度の濃淡があります。現状の検査は、生産者側に立ったものであり、汚染地域の農産物を流通させるための検査でしかありません。

放射能安全神話、農産物安全神話、がまかり通っている状況です。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

なお私の質問の意味、補足説明をNo.2のdaijyou_buさんの項に集約させて
戴きましたので、そちらを参照くださいますようお願い致します。

補足日時:2011/04/25 04:08
    • good
    • 0

↓63万テラべクレルの計算が正しいかどうかの話ではありません。

 すみません。
    • good
    • 0

事故発生時点から、発表時点までの積算でしょう?(濃度でなくて絶対値)


大部分は、海上の大気に放出され、世界を回っています。

一部は、爆発時の煙・煤塵とともに陸地の特定のエリアに降っています。
おそらく、放射能レベルの高いところです。

しかし、測定地点が点なので地上の汚染の状況は鮮明ではありません。
今後は、汚染マップの作成も必要かと思われます。

レベル7が適切なら、それなりの対処の仕方を国民に知らせないと大変なことにならないのだろうか?
雨に濡れても平気なのか?

国民へ指導はレベル5のままなのに、いろいろな基準値が底上げされています。
どうも、矛盾しますね。

原発が安全と主張する構図と、現在の放射能レベルは安全というのは、経済的な構造に由来していますね。

近隣では、学校の屋外活動が1日1時間までと、尋常ではありません。
天気予報のときに、放射線レベルの発表と、雨に濡れないようになどの注意を喚起すべきかと思われます。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

核物質から出た放射性物質というのは空気中の塵などに付着して空中に拡散して漂い、風に流される
などして自然に無くなってしまうということなのでしょうか?
建屋内に充満していていれば建屋の壁などに付着しているのではないのでしょうか。

発表ではほとんどが15、16日に放出されたということで、元々"建屋内のどこか"に、あるいは
建屋内に充満していた放射性物質が水素爆発によって一気に放出されたとするなら、空中放出と共に
相当量の放射性物質が付着した建屋の破損瓦礫なども付近に散乱したのではないでしょうか。

それで総放出量が630ペタベクレルだというのだから(簡単のため1基に集約。複数基でもオーダー
には影響しない)、仮にそのわずかに1%が建屋内に付着して残っていたとしても約6Pベクレル
(=6 X 10^15)というとてつもない放射能レベルになります。
その総放射線量は(ヨウ素131として)約132MSvという莫大な値になり、更にその1万分の1が付近に
散乱していたとしても、そこから放射される線量は13.2KSv程になるので、人が瞬時でも被曝すれば
危ないことになると思うのです。

しかし、発表されたロボットによる建屋内の測定線量は僅か数十mSv"しか"ないと云うし、建屋周辺
でもその位のレベルしかないようなので、「何か変だな、人が死ぬレベルじゃないの?」、「もしか
したらそんなに放出されてないんじゃ?」などと思った訳です。
だから質問タイトルで「どこに消えた?」と表現したのです。私の質問の真意はこういう事なのです。

それとも、建屋瓦礫の放射性物質は爆風によって飛散し空中に拡散して自然に除染されて無くなって
しまったということでしょうか。あるいはかけた水で洗い流されてしまったということなのでしょうか。

私のこの見方はどこかに間違いがあるのかと思いますが、そこを指摘して教えて戴ければありがたいと
思います。

補足日時:2011/04/25 03:54
    • good
    • 0

>これまでテレビで散々放映されていた図で"即死レベル"とされる7シーベルト(700万シーベルト)の実に20億倍です!



7Svで即死レベルって、そんな情報をドコで?即死レベルは100Svです。
7Svは数年以内の完全致死量です。これだけ浴びると100%数年以内に死亡するという意味です。

>チェルノブイリに匹敵するような放射線レベルの放出があった
チョリノプイリの10分の1の量しか有りません。レベル7以上の設定がないので7となっているだけです。
依然何方かが仰っていましたが、もしあるとすればチェリノブイリはレベル9だ・・・と私もそう思います。一緒にすんな!と言いたいところです。


結論的には放出された総量であって、最初から順次半減期を迎えていっていますので今でもその量が残っているわけではありません。

この理解不足は質問者さんのせいではなく、マスコミが大げさに言うのが原因でしょうね。
だから風評被害なんてのも出てくる。

唯一の原爆による被爆国と自負するなら国は学校で放射線に関する勉強をさせるべきだと私は思います。

この回答への補足

回答ありがとうございます。

7Svを即死レベルとしたのは解説を聞いて早合点し不適切な表現をてしまいました。まずは訂正させて
いただきます。ご指摘ありがとうございました。

それから、"チェルノブイリに匹敵するような"としたのは、オーダー(ケタ)の問題であって日々耳に
しているμBqやmBqに比べれば10分の1でもなんでも同じレベルの範囲だという意味です。
また、レベル7とか9とかは今ここでは対象とする議論ではありません。

順次半減期を迎えて減っているというお話ですが、まだ高々35日程(質問時)なので放射性ヨウ素131
がメインと考えてもせいぜい1/16位にしかなっていません。
極めて短時間の半減期をもつ放射性物質が中心的に放出されたとは考えられず、半減期によってオーダー
が劇的に下がっている状況ではないと考えます。

*質問の補足説明は、No.2のdaijyou_buさんの項に集約させて戴きました。大変恐れ入りますが、
そちらをご覧くださいますようお願い致します。

補足日時:2011/04/25 03:42
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング