少し軽いアイアンシャフトを模索している者です。
いろいろと試打してもっとも心地よくというか、良いショットをイメージできる感覚を持ったのはNSPRO850の「R」でした。
ショップのサイエンスアイでドライバーのヘッドスピードを測ると、大体44~48メートル位です。(←私はそもそもこれを信頼していません)
そのデータからすると普通シャフトフレックスは「S」か「X」・・・というのが普通だそうです。
私のヘッドスピードだと、やわらかい(R)シャフトは「暴れる」のだそうです。
知人からそう言われるので、少し躊躇してしまいますが、どうなのでしょうか。

因みにドライバーのシャフトは試行錯誤した結果、テーラーメイドのUS仕様のRで、これは正解でした。
ギア選びもゴルフの奥深い楽しみのひとつだと思いますが、アイアンのシャフト、私の場合NSPROのRで如何でしょうか?
見識ある皆様のご意見をいただきたく存じます。
よろしくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんばんは。


>>私はそもそもこれを信頼していません
賢明です。実際よりも2m/sくらい速めに出るものが多いようです。

常識のウソという言葉がありますが、ゴルフにおける最大の常識のウソは、「シャフトフレックスはヘッドスピードで決める」というものではないでしょうか。
実はシャフトフレックスはいかにシャフトを撓らせる技術とパワーがあるかというモノサシで決めるべきものです。これは切り返しからリリースの間で決まるものですから、インパクト付近のクラブスピードを測ってもあまり意味はないようです(参考程度)。
事実、ミズノなどはフレックスアナライザーという機械をシャフトに取り付けた上でボールを打ってもらい、プレーヤーに合ったシャフト硬度や調子、重量など決定してお客に勧めます。これは切り返し時点でのシャフトの撓り量を測る機械らしく、事実これに現れる数字はヘッドスピードと必ずしも比例しません。

ヘッドスピードのさして速くないプロでもX硬度を使う人が多いのは、アマチュアに比べてシャフトを撓らせる技術があるからですし、プロの中でもスイングタイプや切り返しの早さの違いで使う硬度は変わってくるものなのです。
ジャンボ尾崎はXXの硬度のものを使っていますが、ジャンボよりヘッドスピードが3位速い尾崎建夫は同じ種類のシャフトを使いながら硬度はXだそうですし、15年ほど前にプレジデンツカップにジャンボが出場した際に、練習場で尾崎のドライバーを打ってみた同じインターナショナルチームの飛ばし屋(たしかアーニー・エルス)がそのハードさに驚いたという話もあります。

この話とは逆に技術もパワーもあるのに敢えて軟らかいシャフトを使うプロもいます。
シニア入りしてからの中嶋常幸選手は、グラファイトデザインのM-75のSフレックスを長年愛用していました。このシャフトはG社のなかでも軟らかい部類で、私が打った感想は「M-75のXはPT-7のSより楽」といった感じです。ですから中嶋選手はかなり軟らかいものを使っていることになります。
もちろんメーカーによってもシャフト硬度の測り方や表示方法はまちまちです。

前置きが長くなりましたが。

>>アイアンのシャフト 「フィーリング」か「データ」か

フィーリングと結果(飛距離と方向性のバランス)で判断するべきだとおもいます。

テーラーメイドのUS仕様は日本使用よりも硬めのはずですから、NSPRO1050ならR、950の場合ならSでも大丈夫だと思いますが、ボールの高さを出したいのであれば柔らか目の選択もよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答有難うございました。
練習場で試打した結果、フィーリングを信じることにしました。
心地よく振れ、高い球が打てます。
ロフトも立っているので1番手以上違いますが、徐々に慣れて行こうと思います。

お礼日時:2011/04/26 23:50

クラブはシャフトだけでできているわけではないので、まずはクラブスペックで考える必要があります。



極端にいえば、5Iで37インチでバランスがC5で組んだRシャフトのアイアンと38インチでバランスをD5で組んだSシャフトのアイアンでいえば、間違いなく後者の方が柔らかく感じます。
(長いシャフトに思いヘッドをつければ、より多くしなるのは当然です。)

その上で、軽いシャフトにすることの目的がなんであるかが重要になります。
一般的には柔らかいクラブの方がヘッドは走りやすいけど暴れやすいという傾向があると思います。
また、仮にDGからNS950で同じバランスを出すには、同じヘッド重量の場合に0.5インチ前後長く組む必要があります。
逆にいえば、同じ長さで組むとNS950でも1~2ポイントバランスが軽くなります。
NS850はよくわかりませんが、更にバランスが軽くなるのではと推定します。
また、個人的な感覚では軽量のシャフトの方が同じ堅さのシャフトの場合にはよりシャープな感覚になります。

これらを総合すると、あくまでも推定ですが、
長さを変えずに組むのであれば、NS850ならRでいいのではと思いますし、同じバランスになるまでシャフトを伸ばすなら、Sシャフトでもいいのではないかと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答有難うございました。
バランスはD1.5で統一しています。
ぴったりのシャフトに出会えたと思います。

お礼日時:2011/04/26 23:57

データはあっても


それが適用される基準がまだまだ曖昧です
また、どんなにデータの数値が良くても
振ってみるとしっくりこない事が往々にしてあります

データはあくまでも参考値
最後の決め手は自分のフィーリングです
他人の感覚と自分の感覚は違います
他人の言葉に振り回されずに
自分の感覚に自信を持ってください

参考まで
なお、クラブの勉強のために
http://www.golfclubsuuchi.com
がお役に立つでしょう
    • good
    • 0
この回答へのお礼

丁寧なご回答有難うございました。
練習場で試打した結果、フィーリングを信じることにしました。
ご紹介いただいたHP、大変勉強になります。
ゴルフの楽しみがまたひとつ増えました。
有難うございました。

お礼日時:2011/04/26 23:54

専門家では 無いので 一般論と経験上の話として



 まず ヘッドスピードから 考えたシャフトの硬さは ご友人の言われるのが
 一般論として語られる セオリーになります。

 さして USA仕様のドライバーですが 表記Rでも
 日本仕様の R より 硬いと言うのも 一般的に言われている事です。

 で この SとかRの表記は 一定の基準が有る訳で無い
 これも 一般論として言われる事で

 それを 数値で 表した指標の ひとつが振動数となりますが
 この数値で 硬い・柔らかい と言うのは 無謀と言う事も語られます。

 何故かと言えば  良く シャフトで中調子とか 手元調子とか 先調子とか
 聞かれると思いますが この たわむポイントにより
 感じる柔らかさも違ってきますから 比較が難しい訳です。

 そして そんなシャフトの性能を 統一して実際に使った感覚に近い数値を出したい
 そんな 基準として出てきたのが 
 インターナショナルフレックスコード
 http://www.miyazakigolfshafts.jp/technology.html 

 まだ 採用しているメーカーは少ないですが・・・

 また 一般的に どうしても アベレージゴルファーは 見栄かな・・で
 硬めのフレックスを選択する傾向に有り メーカーサイドもそんな要望に沿って
 フレックス表示をしている部分も有ると聞きます。

 そうした 傾向の中で Rは賢い選択とは 言えますが・・

 軽い シャフトの方が手先でも振りやすいので 試打ち程度だと
 本当に合う・合わないは 判断が難しい部分も有ります。

 USA仕様のドライバーとの事ですので(重量が有ると予想)とアイアンのミスマッチで
 その内 ドライバーが不調になる可能性が 感がえられます。

 重量のホローの考え方は ドライバーが一番軽くて PWが一番重い 
 A/Sはまた 考え方が 若干違う部分もありますので・・考慮しない。
 アイアンは 7gピッチが良いとされています。
 まあ・・・ 実際そんなに 綺麗に重さのピッチが揃ったアイアンは市販だは見た事無いですが・・。

 と・・・ まあ 拘れば まだ色々出てきてしまいます。
 そして スペック地獄に 嵌る事になるやも知れません。

 また、スイングを拝見してないし ヘッドスピードだけの 数値で判断は出来ませんが
 想像では シャフトが ある程度しなった方がタイミング取り易いスイングではと思われますので
 自分の 感性を信じて 選択すれば良いと言うのが 個人的な結論で有りアドバイスになります。

 ただ ドライバーとアイアンの重量の部分で少し気になりますので
 可能なら 重量を 一度計測してみて下さい。
 一般的な 重量フォローは 検索すれば沢山ヒットします。

 そうした中で 少し重い  NS950なら クラブは選びたい放題だし

  マニアックには 島田シャフトも有ります。 
  http://www.shimadagolf.com/product/index.html
  しかし このシャフトは 標準設定しているメーカーが殆ど無い

 となると 最後に辿り着くのは ミズノのカスタムフィッテングが良いとなります。

 そして 最後に このような ブログを紹介しておきます。

 http://blog.goo.ne.jp/mastersgolf

 専門家の方の ブログですし
 その中の フィッテングの項目を読んで頂くと より理解できるか 悩むかだと思いますが(笑)

 最後に クラブは 振れる範囲で 重い物が良いと 言われますが
 この言葉にしても 1回だけの スイングではなく 
 18H回った時に 同じ様に振れる重さと言うのが 正解で
 普段 練習もしなければ 運動もしない人は やはり 軽めの選択の方が
 個人的には 楽しくラウンドできると思います。

 ラウンド後半で ドライバー・アイアンがぶれだすようなら 重すぎ
 尻上がりに 調子が良くなる様なら 適正な重さと判断します。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご丁寧なご回答、有難うございました。
ご指摘のとおり後半ブレるのは重さのせいかもしれませんね。
ライフルからNS850ですから随分軽くなりますが、体のケアも考える年齢ですので、
少しずつ移行していこうと思います。

お礼日時:2011/04/26 23:53

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアイアンのバランスダウン

先日X-14プロ(#5I 38inc CWR 415g D3.3)を購入し使い始めたのですが、今まで使用していたホンマ(#5I 37.5inc ハガネスチール 420g D1.0) とバランスがかなり違うためスイングのタイミングが合わず悩んでいます。そこでシャフトをカットしてバランスを変えるか、インナータイプのものにするかで迷っています。重量を増やすのを避けたいのもありカットが良いのかなとも思うのですが、シャフト性能が変わってしまっても困るし。クラブをリメイクするのは初めてなので良きアドバイスをお願いします。

Aベストアンサー

私の個人的な考えですので、nankinさんに当てはまるかどうかわかりませんが、

(1) シャフトカットについて
シャフトをバット(グリップ)側から少しカットしてもシャフト性能は変わらないと思います。ただしカットするとライ角が合わなくなってくる可能性があると思います。カットして自分に会わなかった場合、元に戻すことは非常に困難なため、シャフトカットは最終手段にしてはどうでしょうか?

(2) バランスダウンの方法はいろいろありますが、グリップ側に鉛を貼り調整するのが一番簡単です。これで合ったバランスが見つかったなら、参考URLのようなバランスダウンテープでグリップを交換する。またはグリップに貼ったぶんだけ今より重いグリップに交換する。などの方法により綺麗にリメイクできます。ただし、クラブ全体の重量は重くなってしまいます。

(3) これは裏技です。同じD3.3のバランスでも太いグリップ径であれば体感的にバランスが軽く感じられることがあります。そこで、60→58へグリップの太さを変える。またはグリップを交換するときグリップ挿入長を短くして、グリップを太くする。のような方法があります。

参考URL:http://www.geotechgolf.com/catalog/main.asp?number=LG332&cate=it

私の個人的な考えですので、nankinさんに当てはまるかどうかわかりませんが、

(1) シャフトカットについて
シャフトをバット(グリップ)側から少しカットしてもシャフト性能は変わらないと思います。ただしカットするとライ角が合わなくなってくる可能性があると思います。カットして自分に会わなかった場合、元に戻すことは非常に困難なため、シャフトカットは最終手段にしてはどうでしょうか?

(2) バランスダウンの方法はいろいろありますが、グリップ側に鉛を貼り調整するのが一番簡単です。これで...続きを読む

Qアイアンのヘッドはスチールシャフトでもカーボンシャフトでも同じですか?

アイアンのヘッドはスチールシャフトでもカーボンシャフトでも同じですか?

よくアイアンは同じアイアンでもシャフトがスチールとカーボンで発売されますよね?
そこでお聞きしたいのですが、ヘッドは全く同じものが付いているのでしょうか?

それともカーボンはスチールより軽いヘッドが付いているのでしょうか?

よろしくお願します。

Aベストアンサー

こんばんわ。
早速ですが、一般的にはスチールシャフト用のアイアンヘッドの方が軽くなっていいるはずです。(同モデルの場合) シャフト重量が重いスチールシャフトの方がヘッドが軽くないと、組み上げた時のバランスが重くなり過ぎてしまいます。以前は現在の様に軽量スチールシャフトがなかったので、スチールシャフト用のヘッドの方が軽くなっていました。
現在はカーボンシャフトと軽量スチールの両方をラインナップに入れる事を最初から想定しているはずですので、同重量ヘッドでも組み上げる時点で重量調整(ネック内部のシャフトの先端に調整用のウェイトをつけるなど)をしていると思います。同じモデルで重量の違うヘッドを作るのは、生産効率が悪いので効率重視の現在では、同じ重量にして(同一ヘッドで)対応している方が多いかもしれません。
また同重量のヘッドでも、カーボンシャフト仕様の方が通常はスチール仕様よりも半インチ程度シャフトの長さが長くなっているので、この長さの差で適正バランスを出している場合もあります。(適正バランスはシャフトによって変わります。一般的にはスチールシャフト仕様の方が重めになります)
golf90さんは、アイアンのリシャフトを検討されているのでしょうか。リシャフトの際にはヘッド重量(メーカーに確認できると思います)とリシャフトするシャフト、希望バランス、長さ等をクラフトマンに伝えると、可能、不可能の回答をしてくれると思います。
解り難くて申し訳ありませんが、参考になればと思います。

こんばんわ。
早速ですが、一般的にはスチールシャフト用のアイアンヘッドの方が軽くなっていいるはずです。(同モデルの場合) シャフト重量が重いスチールシャフトの方がヘッドが軽くないと、組み上げた時のバランスが重くなり過ぎてしまいます。以前は現在の様に軽量スチールシャフトがなかったので、スチールシャフト用のヘッドの方が軽くなっていました。
現在はカーボンシャフトと軽量スチールの両方をラインナップに入れる事を最初から想定しているはずですので、同重量ヘッドでも組み上げる時点で重量調...続きを読む

Q「X-18 アイアン プロシリーズ」のバランスがD0の理由

http://www.callawaygolf.jp/product/club/xseries.html

X-18 アイアン
X-18 プロシリーズ アイアン

2つのの大きな違いはネックの違いですよね。

スペックを見比べていて気づいたのですが、
バランスがスチールシャフトで「X-18 アイアン」がD2
なのにプロシリーズの方はD0となっています。

どうしてプロシリーズの方が、D0なのでしょうか?
何か逆じゃないのかって思ったんですが。

ご存知の方おられましたら教えてください。

今のところつかまりすぎない
プロシリーズの方を検討しているのですが、
使っているドライバーとユーティリティのバランスがD1なので
アイアンがD0となると問題ないか心配です。

Xツアーアイアンも検討中ですが、こちらはバランスD1ですね。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

X-18とX-18PROはヘッド重量は大差ありませんがサイズ自体が違います。
X-18のほうが大きい(長い)ので同じシャフトで計るとやや大きめな値が出ます。

X-18PROの標準シャフトが日本では体格に合わせたのかN.S.PRO-950でD0ですが
アメリカではダイナミックゴールドでD2です。日本でもカスタムシャフトで設定できました。
私もX-18PRO使ってましたが球も上がりやすく飛距離も出る良いクラブでしたよ

またスイングバランスが1違っても重量的に問題なければ大丈夫だと思います。

Qゼクシオ2014アイアンでカーボンシャフトとスチールシャフト7番では何方が飛ぶのですか

ゼクシオ2014アイアンでカーボンシャフトとスチールシャフト7番では何方が飛ぶのですか

Aベストアンサー

同じ商品、同じ番手でシャフトだけ違うなら、
ほぼ間違いなくカーボンの方が飛びます。

ただし、飛距離のブレや左右のブレに対する安定感はスチールの方が有利です。

Qアイアンのバランス選択について教えてください。

初めて質問させていただきます。 宜しくお願いいたします。
現在使用中のアイアン(シャフトがNS950GH)が軽く感じられるようになり、打点が安定しなくなったので、少し重めのDGシャフトのアイアンに買換えようと考えております。
現在購入予定のアイアンのカタログを見たところ、スイングバランスをD1からD3の範囲で調整が可能な様です。
そこで、現在使っている他のクラブとの相性で購入するアイアンのバランスを決めたいのですが、どのようなバランス設定にするのが良いかアドバイスをお願いいたします。
購入を検討しているクラブ
 MIZUNO MP69 5I~PW (DG S200)
現在使用中のクラブ
 ドライバー    バランス D1 (46インチ Sシャフト  296g)
 ウェッジ 52度 バランス D2 (DG S200 474g) 
       58度 バランス D3 (DG S200 476g) 
以上、宜しくお願いいたします。 

Aベストアンサー

一般的に言われている スイングバランスは 14インチ法で測定します。

 この 14インチ法は どんな根拠に基づく物かと言えば
 明確な 回答が 無いのが現状です。

 この辺は 検索すれば 色々出てきますし 
 明確な 物が 無いだけに 何が正しいと言う事も有りません。

 そんな中で 一応 物理学の 根拠としては
 スイングバランスは 慣性モーメント 近似値に成るようです。

 テレビでも 有名な 大槻教授の サイトを見てください。

 で 1の 方が 言われている

  グリップ下に 10グラム鉛は

  スイングバランスは 2ポイント程軽くなりますので
  回答としては 間違えで  

  グリップエンドから 14インチの所に 鉛を巻けば
  測定上 スイングバランスは 変化せずに クラブの重量が増えます。

  で 質問の内容から 気になる所は

  今まで NS950を 使って それに合うような 重さのドライバーを使っている様ですが

  アイアンを DGに 替えると  ドライバーの 総重量の 軽さが
  気になるかも知れません。

  ミズノのアイアンの購入を 考えているようですので カスタムオーダーが可能ですし
  NSから DGへの切り替えより

  モーダスや 1150や DGのXP も  シャフトの検討範囲に入れて下さい。

  ついでに 書けば スイングバランスて 1cm シャフトをカットすると
  計測値では4ポイント程度変化します。

  更にヘッドの重さを 感じる様にするには 
  シャフトを ワンフレックス柔らかくしても 感じる事は出来ます。

  以上 色々 書きましたが  D1とD2の 違いを 敏感に感じ取れる
  技量を 持った人は アベレージクラスでは 皆無です。
  だから 1ポイント程度は それ程 気にしなくても良いが

  DGと NSでは 5番で 重量が 20グラム程度違い
  撓り方を 随分違うので

  どの シャフトが 自分は 気持ちよく 振れるか
  この 基準で 色々な シャフトを 打った方が良いですよ。

  更に 言えば アイアンのヘッドは メーカーが違っても 大体同じ重さ 
  それに 挿す シャフトは その ヘッドの重さを 基準に
  重量配分 されているので スイングバランスと言う 基準で言えば
  違っても プラス マイナス 1ポイント程度の範囲に 収まります。

  数値に 拘れば 色々迷いが多くなります。
  
  だから 色々な シャフトを 試して
  自分が気持ちよく 振れる シャフトを選ぶ

  適正な ライカクを 測定して貰う

  以上 2点を 押さえておけば
  ある程度 自分に 合う クラブが出来上がります。

  調整しなくても 組み上がりは D1程度で 完成します。

  で 最後に スイングバランスを 統一するなら
  D1程度に すれば良いかなあと思います。

  で スイングバランス替えたいなら

  標準の グリップの重さが 50グラムとして
  45グラム程度の グリップに 交換すれば D2になるし
  ヘッドに 鉛を貼っても良いし
  そのままで グリップとシャフトの境目のシャフト側に4g程度鉛を貼れば
  D0程度の スイングバランスのクラブに成ります。 


   

一般的に言われている スイングバランスは 14インチ法で測定します。

 この 14インチ法は どんな根拠に基づく物かと言えば
 明確な 回答が 無いのが現状です。

 この辺は 検索すれば 色々出てきますし 
 明確な 物が 無いだけに 何が正しいと言う事も有りません。

 そんな中で 一応 物理学の 根拠としては
 スイングバランスは 慣性モーメント 近似値に成るようです。

 テレビでも 有名な 大槻教授の サイトを見てください。

 で 1の 方が 言われている

  グリップ下に 1...続きを読む

Qアイアンのシャフト比較

スリクソンI-201を中古で購入予定なんですが、
ライフル6.5とDG-S400の2種類ありまして、どちらを買おうか迷っています。

そこで、「どちらのシャフトも打った事ある」という方おられましたら、特性とか長、短所など教えて頂ければ幸いです。

中古ショップで試打しても狭すぎて球筋もわからないので、宜しくお願いします。

ゴルフ暦15年 平均スコア85前後 HS48m 

Aベストアンサー

同一ヘッドでは打ち比べたことがないので多少違うかもしれませんが。
まず、自分のデーターですが、ゴルフ暦12年・平均スコアは最近ゴルフをしていませんのでベストスコアでフロントからプライベートで69・通常時のHS47m/s~49m/sといったところです。
自分はゴルフを始めた当初からダイナミックゴールドを使用していますので多少偏見もあります(断言しておきます!)

DG-S400=元調子です。切り返しで強く引きおろす感覚か腕力のある人向けです。上からしっかり叩いてもシャフトが負けません。球の高さをコントロールしやすいと思います。非力な人やタメが作れない人には不向きです。グリップの中でカクッとしなる感じがします。重いです。シャフトを振って行く人向き。

ライフル6.5=中調子です。カーボンシャフトのような感じがします。あまりタメを作らずにしなやかに打っていく人向けだと思います。上から叩きに行くとシャフトが負けて球がバラケます。打ち出し角が高く出易いです。シャフトが全体的にしなる感じがします。D.G-S400に比べるとやや軟らかく感じます。若干球質が軽くなるように思います。やや軽いです。ヘッドを振りに行く人向き。

大体、自分の感覚ではこのような認識です。

同一ヘッドでは打ち比べたことがないので多少違うかもしれませんが。
まず、自分のデーターですが、ゴルフ暦12年・平均スコアは最近ゴルフをしていませんのでベストスコアでフロントからプライベートで69・通常時のHS47m/s~49m/sといったところです。
自分はゴルフを始めた当初からダイナミックゴールドを使用していますので多少偏見もあります(断言しておきます!)

DG-S400=元調子です。切り返しで強く引きおろす感覚か腕力のある人向けです。上からしっかり叩いてもシャフトが負けません。球の高さを...続きを読む

Q■バランス■アイアンのグリップ下巻きテープの巻き数でどれだけ変わる?

■バランス■アイアンのグリップ下巻きテープの巻き数でどれだけ変わる?

アイアンはシャフトがDGです。
純正グリップ(ミズノネームのツアーベルベット)→ → →ツアーベルベットBL有りでテープ二回巻きに変更したらバランスがD1.5からD0に変わりました。幅広両面テープで全面貼りだそうですが、そんなに変わるものでしょうか?
最初のD1.5と言う数値は私の前の所有者の計った数値なのですが、何かちょっと怪しく思っております。

また、ツアーベルベット60サイズから58サイズへと変更した場合はどれだけ変わるでしょうか?
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

ゴルフプライド社はカタログにグリップの重量重量公差が±3.5gであることを掲載しております。
実際私もグリップ交換の際、簡易なデジタルはかりでですが個体重量を確認します。
経験上、ツアーベルベット60サイズBL有で49~53gくらいの物が存在していたように記憶してます。


元のバランスをキープしたい場合は切り取った後のグリップの重量を計っておき下巻きの増減も考慮の上、新しく装着するグリップの重量も1本ずつ計って選別しておく必要があります。


ということで元々付いていたグリップがツアーベルベットの中でも軽い固体の物で交換されたグリップが重いもの且つ下巻きを増やされているなら1.5ポイントくらいの差が出ても何の不思議もありません。


60サイズと58サイズはカタログ上は肉厚になる58サイズの方が重くなっておりますが、その差以上に重量公差が大きいので、一概に60から58に変更したので重くなるとは言い切れません。

■ゴルフプライド グリプカタログ ※参照P13
http://www.fawick.co.jp/item/pdf/gp10_catalog.pdf



ということで、本件でもしショップや工房にクレームをつようものなら逆に恥をかくおそれがありまのでご注意を!
おそらく普通のショップでしたら鴨下のバランサーを使っていると思いますが、簡単に計れる反面、数値自体正確な物ではありません。(1ポイントくらいの狂いは当たり前くらいに認識しておいた方が良いです。)

■鴨下 スイングバランサー
http://item.rakuten.co.jp/teeolive/rssbb/


ちなみに正確な数値を知りたいのであればオモリを動かして計測するタイプか業務用でも高価なデジタルタイプのバランサーが必要です。


ただそんな簡易なバランサーでも、前とと同じにするとか、数ポイント増減することの目安にはなりますので、バランスを気にされるなら、グリップ交換前後に"同じ(同一)バランサー"で計っておくことが大事なんですよ!


それとバランスを計る場合は総重量も併せて計っておきましょう。交換直後はグリップ交換液が乾いていないので1gくらい重くなることはありますが、重量とバランスは密接に関係しておりますので、知っていた方が良いですよ。


スイングバランスはあくまで"目安"程度です。例えばドライバーとアイアンをピッタリ同じに合わせる必要はありません。アイアンセットは大凡1ポイント誤差程度に合わせておればOKです。バランス以上に長さや重さの方がクラブにとっては重要なスペックです。バランスを調整しようとするあまりに重量差がフローしなくなるのであればバランスはある程度無視して重量のフローを優先させてください。

■ ゴルフクラブ数値.com 『バランス』
http://www.golfclubsuuchi.com/0220_balance.html


ちなみにアイアンセットを全体的にヘッドを効かせたいのであればバックフェースに鉛を貼ってバランスを調整するのが一般的です。バランスはそのままに重量を増やしたい場合、大凡半量の鉛をバックフェースに、もう半量をグリップ直下シャフトに貼ります。

ゴルフプライド社はカタログにグリップの重量重量公差が±3.5gであることを掲載しております。
実際私もグリップ交換の際、簡易なデジタルはかりでですが個体重量を確認します。
経験上、ツアーベルベット60サイズBL有で49~53gくらいの物が存在していたように記憶してます。


元のバランスをキープしたい場合は切り取った後のグリップの重量を計っておき下巻きの増減も考慮の上、新しく装着するグリップの重量も1本ずつ計って選別しておく必要があります。


ということで元々付いていたグリップがツアーベルベ...続きを読む

Qアイアンシャフトについて

アイアンシャフトについて
アイアンシャフトについて

HS47~50(MAX52) スコア100 歴1年 29歳 175cm 72キロ ガッチリ体型
パターが大の苦手初心者です。現在のクラブは、
DR Xドライブ901(純正シャフト)S 45インチ 316g。
3w Xドライブ701(純正シャフト)S 42、5インチ 336g。
UT XーUT 21度 (ツアーADUT85)S 39、75インチ 377g。
IR Xブレイド703(NS950)S 37、75インチ 404g。(5~P)
WG Xウェッジ101LB52・8 (DMG)S200 35インチ 470g
   Xウェッジ101HB58・12 (DMG)S200 35インチ 475g です。

最近アイアンが軽く(頼りない)感じられリシャフトをしようか迷っています。候補は、NS1050かDMGを考えていますが、どちらが良いでしょう?
試打の感じは、どちらも問題無く甲乙つけがたい感想でした。
DMGに変更は、おそらく重量Dr-IR=110gオーバーとなり
ウッド・UTとの重量バランスが気になります。
ウッド・UTシャフトは、絶好調故、替える気はありません。
又、NS1050は、950と違い少ししっかりしていました。1150でも良いのではと感じたくらいです。仮に、1050でしたらSorX?バランス硬さ的にどちらがいいんでしょうか?
又、アイアンスイングは、ダウンブローでは無く 払い打ちのアッパーな感じと思います。
ミスの傾向は、アイアンは、極度の引っ掛け、ウッド・UTは、力むと引っ掛けです。
ナイスショットは、ストレート~フェード系です。
試打しましたが決めかねています。豊富な知識をお持ちの皆さま、ご教授・アドバイス願います

アイアンシャフトについて
アイアンシャフトについて

HS47~50(MAX52) スコア100 歴1年 29歳 175cm 72キロ ガッチリ体型
パターが大の苦手初心者です。現在のクラブは、
DR Xドライブ901(純正シャフト)S 45インチ 316g。
3w Xドライブ701(純正シャフト)S 42、5インチ 336g。
UT XーUT 21度 (ツアーADUT85)S 39、75インチ 377g。
IR Xブレイド703(NS950)S 37、75インチ 404g。(5~P...続きを読む

Aベストアンサー

プロ並みの素晴らしいクラブセッティングですね。ゴルフに対する本気度がかなり高い方なのではと思います。
体系やヘッドスピードから判断するとアイアンが頼りなく感じるのもなんとなくうなずけます。
私はヘッドスピードHS45ぐらいですが、XブレードCBにDMG200Sを長年愛用してます。最初はかなりハードに感じましたが、正しいスイングが出来ないと、使いこなせないと思います。私はこのクラブをとことん使う事により上達しました。又、重量は使う人の体力によるものと思いますがシャフトを判断する上で大事なのは調子ではないかと思います。
NS950は先中調子ですが、DMGは手元調子となります。先調子になる程ボールのつかまりは良くなりますのでヘッドスピードがあり軽く感じるなら引っかけののミスが出やすくなります。DMGの場合は手元がしなりダウンブローでターフを取る打ち方が出来ると思います。あなたのスイングレベルを見ているプロの方がいるなら今のレベルに合わせて判断されているものと思いますので、リシャフトするかはよく相談さてお決めになると良いでしょう。
以上ご参考まで

Qドライバーとアイアンのダウンスイングについて

お世話になります。ドライバーとアイアンのスイングですが、アイアンは、アップライトでドライバーはフラットな軌道だけで、打つイメージは同じと考え実行していました。しかしドライバーが調子よくないので、イメージを変えました。アイアンのダウンスイングは、鋭角に下ろし、インパクトから右手を伸ばすようなイメージ。ドライバーは、テニスのバックハンドみたいに左手甲をボールにぶつけるイメージ。これで良くなってきています。このようなイメージというか意識というか間違ってないでしょうか?

Aベストアンサー

そうですね、意識・イメージとしては間違ってないと思います。

ボクの仲良しのレッスンプロは元々テニスの実業団プレイヤーだったそうで、よくテニスに例えてレッスンしています。

特に経験者の方には、テークバックからインパクトに掛けては右手のフォアハンドのイメージで、
インパクト以降はバックハンドのイメージの話をしていますね。
経験者の方であれば、バックハンドのパワーの出し方というか、手先ではなく腰を優先した動きが
イメージにぴったりのようで飛距離アップにも繋がるとのことです。

またテニス経験者はフットワークでボールを運ぶことに慣れており、逆にミスの原因は
静止しているボールに対してすべてフォアハンドで打ってしまうことにあるとも口にしてます。
貴殿の鋭角に降ろし…がそれに当たると思われ、ドライバーとの傾斜角の違いから、表現的にも
イメージ的にも間違ってはいないと思いますが、できることなら同じ意識のほうが良いとは思います。

ジュニアのレッスンでラケットを持ってトスしたボールを打っている姿をご覧になられたことはないでしょうか?
面をミドルアイアン程度に保ち、胸と腕・手首を固定してフットワーク&ボディーターンにて
ボレーのような感じで行うレッスンなのですが、これがアプローチショットに辺り、
すべてのショットがその延長線上にあるイメージとなります。

これに先程記載しました、インパクトまで伸びないフォアハンドと足を踏み込み
腰の回転で腕を振るバックハンドのイメージでフォローを出していくことを組み合わせて
みられたら…一体化に繋がらないでしょうか?
(文字だからどこまで伝わるか不安ですが)

また、左手の甲をクラブフェイスの面イメージをされることも何ら問題ありませんが、
できれば甲でボールを拾うイメージの方が軸が利いたスイングになると思います。
(実際は番手により自然とグリップに変化が出る場合がありますので、少々アバウトな感覚が大切です)

…とテニス未経験者のボクの言葉がどこまで伝わるか解りませんが^^;

何か参考になれば…

そうですね、意識・イメージとしては間違ってないと思います。

ボクの仲良しのレッスンプロは元々テニスの実業団プレイヤーだったそうで、よくテニスに例えてレッスンしています。

特に経験者の方には、テークバックからインパクトに掛けては右手のフォアハンドのイメージで、
インパクト以降はバックハンドのイメージの話をしていますね。
経験者の方であれば、バックハンドのパワーの出し方というか、手先ではなく腰を優先した動きが
イメージにぴったりのようで飛距離アップにも繋がるとのことです。
...続きを読む

Qアイアンのシャフト選び

アイアンのシャフト選びについてです。
カーボン、超軽量スチール、軽量スチールが候補に上がっていますが
どうやって選ぶとよいでしょうか?
やはり上達を考えてハードスペックなものを選んだほうが良いでしょうか?
ヘッドスピードは35前後、練習頻度は週3回程度ではどうでしょうか?
初心者のため、試打では違いがわかりません。

Aベストアンサー

身体能力によります
詳しくは、ゴルフショップで色々な測定をしてもらい
お勧めをいくつか選んでもらい
最後はご自身でしっかり打てる感じのものを選ぶ事
そのためにも時間があれば試打をさせてもらうことです
打つ回数が多くなればなるほど理解が深まります
(最初はわからなくても)

ヘッドスピードはスイングが出来上がるにつれて
どんどん上がりますので
2-3年先を考えてお店の方と相談してください

アドバイスまで


人気Q&Aランキング

おすすめ情報