1977年時(小学生6年時)のスーパーカーブームのときにスーパーカーショーで撮ったランボルギーニ・カウンタックLP400Sの写真を見ていたところ、ドアミラーが左側だけ付いていて、右側は付いていないことに気づきました。

こういうカウンタックは珍しいと思うのですが、この個体は特殊な仕様だったのでしょうか。

お詳しいかた教えてください。

因みに、フェラーリ・テスタロッサも初期型は左側しかミラーがついていなかったのを思い出しました。

「右ドアミラーなしのカウンタックLP400」の質問画像

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

こんにちは。


73年~84年まで輸入車ディーラーでアメ車・ドイツ車・イタリア車・イギリス車などの整備を担当していました。(ランボやフェラーリまでは扱いませんでしたが)
詳しい法律までは調べていませんが、当時の外車(アメ車もヨーロッパ車も)、標準ではミラーは運転席側しか付いてこなかったですね、当時のアメリカやヨーロッパでは運転席側のミラーしか要求されていなかったはずです。
日本国内の法律では左右のミラーが必要でしたので(それも可倒式が)、PDIのときに日本の法律に合うよう助手席側ミラーを追加したり、可倒式でないものは可倒式にしたり日本製のものに左右とも取り替えたりしておりました。
ですので、画像のカウンタックはまだ国内の法律に合わせる前の状態(PDI前)のときのものだと思います。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。当時、実際に整備を担当されていたとのこと、とても参考になりました。

お礼日時:2011/04/25 13:14

 


左にミラーの無いのもあるし、法律が厳格でないのかも。
ミニクーパも片側だけです
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1% …
 
「右ドアミラーなしのカウンタックLP400」の回答画像3
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。なるほど、参考になりました。

お礼日時:2011/04/25 13:13

車両運送法の中で


規格が有って
それで有る一定の要件を備えていると、車検に通ってしまい、車検に通った場合のは、たとえ片側のサイドミラーが無くても一般道を走れます
勿論現在の車両運送法では通らないでしょうが、以前に通っていた場合には、適用されません
ですから30年前に片方のミラーが無くて車検に通っていた場合には、そのまま走らなければならなく、
両方付ける場合には、変更届を出さなければなりません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。なるほど、参考になりました。

お礼日時:2011/04/25 13:13

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【車の個人輸入】 アメリカから→日本へ

アメリカから一台車を日本へ持って帰ろうと考えています。

車種:TOYOTA COROLLA
年式:2004
エンジン:1.8L 4シリンダー

金額と手順の一から教えてください。あと、いい輸送業者等を教えていただければ助かります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

個人で手続きしようと考えているのですか?
出来ないことはないと思いますが、多分、時間を食われるばかりでしょう。

日本までの船便でしたら、日本までの貨物を取り扱っている運送業者ならどこでも運んでくれますよ。希望の国際港湾まで引き取りにいけます。(西海岸からなら、日米の通関費用込みだと3000ドルはかかるでしょう。探せば、もっと安いところがあるかもしれませんけど・・・。)

ただ、そこから自走は出来ませんので、キャリアカーで運ぶしかないので、これが別業者ですね。距離にもよりますが、指定場所まで運んでもらうと15万円程度かかります。これも安いところを探せば、安くなるかもしれません。

問題はここからですね。
アメリカと日本の、公道を走らせるための基準(FMVSSと保安基準)のなかで、相互乗り入れ(非関税障壁にならないように取り決めがある)と異なるところを日本の基準に合わせて改造しなければなりません。熱害警報関係は追加取り付け必要なくなりましたが、排ガス低減装置に関しては、並行輸入車の同一排出低減装置の特例を覗き、一品料理的処理になるので、これが40万円程度かかることになり、その他灯火器周りの改造も必要となるので、これが程度にもよりますが30万円程度かかるでしょう。USAの車両は、リヤコンビランプが後退灯を除いてすべて赤となっている(同一色のほうがコストが安くなるため)車両が多いので、制御系の改造とコンビランプ一式交換となることが多いようですよ。
そして、予備車検を通すか、登録地での新規検査・登録となるわけで、やっとナンバーが取得でき、晴れて公道走行が可能となるのです。ここは法定費用と業者の手数料なので、通常の車検費用と大差はないでしょう。(登録月別の自動車税プラス10万円程度)

いじょう、ざっとですが、130万円はかかることになります。まぁ、一貫してすべてをやってくれる業者を探せば多少は安くなるでしょうが、すべて人間の手にかかることばかりの単品処理なので、大差はないと思います。同一依頼内容の客がたくさんいれば手数料もシェアされますが、それも期待できないでしょう。

私は、以前、新車が2万5千ドル程度(250円/ドルの時代)の逆輸入車を購入しましたが、最初のオーナーは日本での登録に150万円かかったと聞いています。もっとも、この当時は熱害警報関係の追加も必要でしたが・・・。
その後、一度海外に運び日本に再度持って帰り登録しなおしましたが、太平洋を渡すだけで3千ドル以上かかりましたからね。そこから再度保安基準適合作業が必要だったら持って帰るなんてことはしなかったでしょう。私の場合は抹消登録済みだったので、そのまま歯医者の復活をさせる通常の車検だけでナンバーは取れましたが、質問者さんの場合は、保安基準適合のための改造費用が相当かかるでしょうから、No.1の回答者の方のおっしゃるように、USA組み立てのカローラでは現実的ではないような気がします。排ガス低減装置については、制御系がECUのプログラムは当然として、日本使用とは随分異なっていたと思います。
中身は部品(最近は不良品率抜群のメキシコ製も混じりだしている・・・)も含めアメ車ですので、日本製の日本車よりもかなりの確率で壊れます。故障時の部品調達も大変だと思いますが・・・。アメリカでアメ車に乗る分には全く問題ない心配ですが、日本となると事情が違いますから、よく検討しましょう。

参考までに、USAからの輸出代行業者の広告があったので、これをつけておきます。HPの左下に記載があります。なお、私は、こことは何の関係もありません。

参考URL:http://www.autobankla.com/

個人で手続きしようと考えているのですか?
出来ないことはないと思いますが、多分、時間を食われるばかりでしょう。

日本までの船便でしたら、日本までの貨物を取り扱っている運送業者ならどこでも運んでくれますよ。希望の国際港湾まで引き取りにいけます。(西海岸からなら、日米の通関費用込みだと3000ドルはかかるでしょう。探せば、もっと安いところがあるかもしれませんけど・・・。)

ただ、そこから自走は出来ませんので、キャリアカーで運ぶしかないので、これが別業者ですね。距離にもより...続きを読む

Qアメリカ車のサイドミラー

アメリカ製もしくはアメリカに輸出している車の右側のサイドミラーのミラー部分によく英語で文章が刻印されているのを見かけるのですが、
あれはなんという意味の文章が刻印されているのでしょうか。
また、なぜアメリカ仕様の車にだけ刻印されているのでしょうか。
ふと、車屋でトヨタ車の逆輸入車やアメ車を見て疑問に思いました。

Aベストアンサー

 内容的には「鏡に映っているので実際とは距離などが違う場合がありますのでご注意ください」と書いてあります。

 何でも訴訟しちゃうアメリカだからこそ、ミラーが見難くなっていても注意書きが書いてあるんですよねー(^^;

Qティプトロニックとは何でしょうか?

一口にATといっても、トルコンATやCVTなどいくつかの仕組みがありますよね。最近いわゆる、スポーツATとか2ペダルMTというのに興味があり、いろいろと調べているのですが、「ティプトロニック」の仕組みがよくわからないのです。DSGと同様のメカニズムなのでしょうか?ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご教示ください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

ティプトロニックはZF製のトルコンATの商品名です。
ポルシェとアウディ(A8のみ?)が採用していたはずです。

VWグループのDSGやBMWのSMGなどと違って2ペタルMTではありません。

Qタイヤがすぐ茶色くなってしまいます

新しいタイヤでも、半年もすると茶色っぽくなって汚くなってしまいます。
他の車を見るとそんなタイヤはあまり見ないので、たぶん自分のメンテの仕方が悪いのだと思いますが、どうしてこんなに茶色くなってしまうのでしょうか?

タイヤには保護のために時々アーマオールを塗るのですが、これがいけないのでしょうか。
アーマオールは昔からタイヤをはじめゴム・樹脂メンテの基本アイテムとさせていますが、茶色くなった部分をよく見ると、どうも塗った形に筋になっているようにも見えます。

ただ、車はいつも雨や日光の当たらない室内型の立体駐車場に止めており、せいぜい週末に乗る程度、年間3千キロぐらいしか走りません。
アーマオールで塗れた部分が汚れを吸い寄せているのかとも思いますが、それぐらいの走行距離なのでそんなに汚れるとも思えません。(都市部なので未舗装のところを走るようなこともありません)

この茶色い原因はなんなのでしょうか?
また、タイヤのメンテについてアドバイス等ありましたらお願いします。

Aベストアンサー

元Sディーラー勤務、現役整備士です。タイヤが茶色くなるのはタイヤの成分と汚れが混ざった物なので特に不具合が出る訳ではなく、気にしなければ別にそのままでのいいのですが、気になる様でしたら落とせなくはありません。私の場合は仕事で使用している床洗剤(結構強力で業務用エンジンクリーナーと同じ洗浄力があり、尚且つエンジンクリーナーの半額以下)を使用していますが、一般の方で一番近い製品は「マジックリン」です。作業は家庭でも出来ますが出来れば高圧洗車機のある「コイン洗車場」の方が都合が良いでしょう。まず、洗剤は原液では強過ぎるので、2~3倍に水で薄めてスプレーでタイヤに吹き付けます。すると見る間に茶色い「煮汁」が出て来ますので、洗車ブラシでよく擦ります。その後水でよく流し(出来れば高圧洗車機で)、乾いて来ると汚れの落ち具合が判りますから落ち切れていない時は同じ作業を繰り返します。完全に落ちたら業務用と同じ「水性タイヤワックス」を満遍なく振ります。水性タイヤワックスはこれ見よがしに「不自然な真っ黒」にしませんが皮膜が薄いので、乾いたら繰り返し(タイヤが古いとゴムが吸ってしまう為回数が増える)振ってやるとそれはもう、綺麗な「真っ黒タイヤ」になります。あまり真っ黒が好きでなければこの状態から高圧洗車機でタイヤワックスを飛ばせば店に並んでいる「新品タイヤ」風の色つやになりなかなかイイです。水性タイヤワックスはカー用品販売店で入手出来ると思いますが、もし見つからない場合は洗車機の有るガソリンスタンドでお願いして小分けしてもらってもイイでしょう。高くても1L2000円位です。私今までこの方法で国産タイヤからミシュラン、ピレリ、更にはハンコックに至るまで中古タイヤの仕上げをして来ましたが不具合は一度も有りません。但し洗剤に強力な物を使いますので、実行するかどうかは自己責任でご判断の上お願いします。尚、タイヤにアーマオールは止めた方がいいです。タイヤとの相性(ミシュランとか)によってはサイドに細かい亀裂が入る事があります(私のバイクのタイヤで実証済み)。

元Sディーラー勤務、現役整備士です。タイヤが茶色くなるのはタイヤの成分と汚れが混ざった物なので特に不具合が出る訳ではなく、気にしなければ別にそのままでのいいのですが、気になる様でしたら落とせなくはありません。私の場合は仕事で使用している床洗剤(結構強力で業務用エンジンクリーナーと同じ洗浄力があり、尚且つエンジンクリーナーの半額以下)を使用していますが、一般の方で一番近い製品は「マジックリン」です。作業は家庭でも出来ますが出来れば高圧洗車機のある「コイン洗車場」の方が都合が...続きを読む

Qアメ車の旧車はシートベルトをしなくていいの?

アメ車の旧車はシートベルトを着用しなくていいのですか?

アメ車の旧車でシートベルトをしている人を見たことがありません
1.
警察に駐車違反を注意されていたアメ車の複数の運転手、立ち去る際にシートベルトをしないで立ち去りましたが警察は切符も切らず、注意することすらしていませんでした。
2.
警察の車両の前をシートベルトをしないで堂々と走ってる車を見かけます
カブやシロバイ、パトカーはこういった人たちを切符を切ることや注意をすることすらしません。

コンパーチブルなどは構造的に無理なのかな?なんとも思えたりもしますがそれだけには限りません、こういったアメ車の旧車はシートベルトをしなくてもいいような決まりなどがあるのでしょうか?
もしくは日本車の場合でもシートベルトを目的として取り締まってるとき意外は切符を切られることは滅多にないのでしょうか?

Aベストアンサー

日本車でも外車でも同じだと思いますがその車が運輸省(旧名称)に型式認定を受けて国内で乗れるように成りますから、その時点で着いていない車両だと無くても違反に成りません。

今の車だとハザードなども点いていますがS44~45年くらいだったと思いますがそれ以前の車には元々付いていませんでしたから無くても何ら関係なく車検も通ります。

それはオープンであろうがクローズドで有ろうが関係ないです、認可時について居たか、もしくは無かったのかそれが基本に成っています。

たとえば最近の例ではバイクが常時点灯に成っていますが是も規制以前の物はスイッチが付いています、又規制後の物はスイッチを取り付けただけで車検もNGに成ります(違反にも成ると聞いていますが切符を切られたのは聞いたことがないですが)

おそらくはこれと同じ理由かと思います、従って来年から取り締まりが有りそうなリヤのシートベルトも元々無い場合は(認可時に)装着義務も有りません。

Q電圧が14Vあれば充電している?

電圧計を付けて様子をみているのですが(バッテリー直ではない 配線先に取付け 電圧値はテスターと一致で確認済み)、昼間のアイドリングで14V程度。
走行時14.2-3Vになっています。

夜間 ライトを点けてのの走行でも14.1-2V程度で0.1V下がるかどうかくらいです。

充電電流を診ているわけではないですが、この状態だと夜間走行時も充電していると考えてよいのでしょうか?

それとも電圧はあるが、実際の電気(電流)はバッテリー側には流れていないかもしれないのでしょうか?(要は充電はしていない可能性がある、もしくは まず充電していない?)

バッテリーは100AHの普通のMFバッテリーです(比重などは診れません)

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

No2です。お礼ありがとうございます。

>電圧が14V程度以上あればバッテリーを充電していると考えてよいのですね?

 結構です。バッテリーに充分充電しています。


>オルタの発生電圧は正常(14V以上)でも実際の電流は使用機器側に回って消費されて、バッテリーの充電電流に回らない、ことはないのでしょうか?

 ありません。使用機器の供給電力を充分まかない、かつバッテリー充電電流が保持できる電圧が14Vです。

 バッテリーの状態や電気負荷の大小にともないバッテリー電圧は変動しますが、オルターネーターには必ず 『レギュレーター(発電電圧を制御する装置)』 が内蔵又は付属 (10cm角くらいの黒色か黄色の部品) しています。これにより多数の使用機器に必要な電力を供給し、かつバッテリーにも充電させるために必要な電圧の14Vに自動的に調整しています。さらに電装品やバッテリーを過電圧から保護する働きもしています。

なお、バッテリーが極度に劣化すれば電圧が適正でも満足な充電はできませんがこれはバッテリーの問題です。また、渋滞などでのバッテリー上がりは使用機器の消費電力が大きいのにエンジンの回転数が低くいアイドリングが続いて発電機の発電電力が不足したためです。いかにレギュレーターとオルターネーターが頑張っても14Vは無理です (12Vほどにしか上がりません)。車の電気も『計画停電』や『節電』が必要です。

No2です。お礼ありがとうございます。

>電圧が14V程度以上あればバッテリーを充電していると考えてよいのですね?

 結構です。バッテリーに充分充電しています。


>オルタの発生電圧は正常(14V以上)でも実際の電流は使用機器側に回って消費されて、バッテリーの充電電流に回らない、ことはないのでしょうか?

 ありません。使用機器の供給電力を充分まかない、かつバッテリー充電電流が保持できる電圧が14Vです。

 バッテリーの状態や電気負荷の大小にともないバッテリー電圧は変動しますが...続きを読む

Q純正シートを家庭用チェアーに改造したい。

乗用車の純正シート(座席)が余っています。
とても綺麗ですし、その辺の家具屋さんで売っている椅子より高品質に感じます。
実際家庭用に同じモノを作ったとすると相当な価格になるでしょう。
しかし、売却した場合、二束三文という現実も分かっています。
折角良いシートがあるのに、処分するのはもったいないので、有効に使いたいと考えます。
仕事場の休憩用の椅子に改良したいのですが、
そのままでは高さが足りません。(事務椅子程度の高さが欲しいです。)
何か良い方法はありませんか?
また、そのような理由で、純正シートを家庭用チェアーに変更できる変換キットみたいなものはありますか?
費用的に5000円以上かかるのであれば、素直に新品の家庭用チェアーが買えるので、
数千円程度で出来るようなものでなくては、意味ありませんし・・。

シートレールの下半分を外せば水平になるので台座のようなモノがあれば、
それにボルトやビスで固定すれば可能なように思います。
(簡単な溶接なら出来ますので、固定用ステー程度なら取り付けれると思います。)
角材を買ってきて、台座を組み立てるのが一番なんでしょうか。
台座代わりになる案や、台座の設計画像などあれば教えて下さい。
宜しくお願いします。

乗用車の純正シート(座席)が余っています。
とても綺麗ですし、その辺の家具屋さんで売っている椅子より高品質に感じます。
実際家庭用に同じモノを作ったとすると相当な価格になるでしょう。
しかし、売却した場合、二束三文という現実も分かっています。
折角良いシートがあるのに、処分するのはもったいないので、有効に使いたいと考えます。
仕事場の休憩用の椅子に改良したいのですが、
そのままでは高さが足りません。(事務椅子程度の高さが欲しいです。)
何か良い方法はありませんか?
また、そのよう...続きを読む

Aベストアンサー

前に、車やで、そういう、椅子脚用スタンド見たことありますけど、非売品ですとか、いわれた。

しかたないので、カプチーノの椅子を2脚持っていたので、2×4の材木で、ロの字を2組造り。

ボルトの位置を確認して、穴を開けてください。ネジの深さ+40ミリ程度のボトルで、止まりますよ。

ただし、前から見て、工型が、二組で、垂直につくれない、場合は、斜めの棒をいれるか、ロとロの

間に、横棒を一本いれておくと、大丈夫でしょう。

うちは、カプチーノ椅子を、部屋椅子に作り変えました。シートカバーは自動車用のが使えます。

Qインナーサイレンサーってエンジンに負荷がかかってよろしくないと聞きますが、実際にブローした方いらっしゃいますか?

タイトルの通りなんですが、インナーサイレンサーをつけるとエンジンに負荷がかかって回転をあげるとよくないと聞きますが、実際にタービンまたはエンジンブローしたやそういった経験を周りがした方いらっしゃいましたら、教えていただけますでしょうか?乗っているのはNAなのでタービンブローの心配はないのですが・・・ もちろん、インナーサイレンサーの絞り具合や構造によっても負荷の具合は変わると思うので一概には言えませんが、その時の状況(ブローしたときの回転数など)も教えていただけるとありがたいです。よろしくお願いいたします

Aベストアンサー

そもそも排気圧がインナーサイレンサーを付けた事により上がり、エンジンに負荷がかかるといった意味が不明です
インナーサイレンサーという限りは、後付のスポーツマフラーで口径が大きい物だと思いますが、たとえインナーサイレンサーを付けてもノーマルより音は大きいはずです
つまりノーマルマフラーより排気圧が高い事は無いと思います

さてもしも動いているエンジンの排気管、マフラーをふさいだらどうなるでしょう?排気ガスが抜けないので燃焼ガスがそのまま残るので自然にエンジンが止まります、その原理を利用したのがディーゼルの排気ブレーキです、もちろんエンジンに影響はありません

以上を考慮するとエンジンの負荷は全くありません、マフラーの抜けという排気干渉の度合いはあるかもしれませんが一般公道レベルでは問題無いでしょう

しかしながらマフラーに負荷はかかると思います
ノーマルと比べ軽く、素材も鉄やステン等の薄い素材を使っていますから、溶接部分やプレス部分には負荷はかかるでしょう
インナーサイレンサーも取り付け部分が緩んでいたり、腐食するとミサイルのごとく飛んで行きますから点検が必要ですね

そもそも排気圧がインナーサイレンサーを付けた事により上がり、エンジンに負荷がかかるといった意味が不明です
インナーサイレンサーという限りは、後付のスポーツマフラーで口径が大きい物だと思いますが、たとえインナーサイレンサーを付けてもノーマルより音は大きいはずです
つまりノーマルマフラーより排気圧が高い事は無いと思います

さてもしも動いているエンジンの排気管、マフラーをふさいだらどうなるでしょう?排気ガスが抜けないので燃焼ガスがそのまま残るので自然にエンジンが止まります、そ...続きを読む

Q古い車に5W-40のオイルは大丈夫?

平成5年式の軽四輪(箱型ワゴン)に乗っています。(9万km走行)
ディーラーでオイル交換を頼むと、最近では5W-40の純正オイル(部分合成油)を入れられます。
今までは10W-30だったのが、5W-40にして問題がないのかと担当者に聞くと、
何ら問題ありませんよ。かえって燃費は良くなります。と言われました。
実際、5W-40に2回交換して、6000kmは走りましたが、
燃費の差はそんなに感じませんが、音がうるさくなったり(もともとうるさいから)、オイル漏れが生じたりということはありません。(まあまあ快適と思います。というか、あまり違いがわからない?)

しかし、知人からは、14年前の車に5W-粘度のオイルを入れると、良くない。と言われました。
その理由を聞くと知人の方が説得力があるので、気になって仕方がありません。
理由:(1)エンジンの設計自体が、5W粘度を想定していない。
(2)9万kmも走っている軽四に、低粘度オイルの使用はエンジン摩耗を促進する。
(3)旧車に粘度の柔らかいオイルを入れるとエンジン音がうるさくなる。
(4)夏場で焼き付きを起こす可能性が高い。
(5)オイル漏れを起こしやすい=エンジンを痛める。

確かに、当時のエンジンオイル(指定オイル)は10W-30で、5Wと言う粘度自体が存在しませんでした。
しかし、○-○バックスで交換しようとのぞいても、軽四輪用(3L)のオイルは5W-40がほとんどで、
格安品(安すぎて不安!)に10W-30が見られる程度です。
平成5年当時の車両に入れるオイルを、
5W-40のオイルと、10W-30のオイルとで比較した場合、、
実際、どちらを入れるのが、車にとって正しい選択なのでしょうか?
今の車は気に入っていますので、快適に末永く乗ろうと思っていますので・・・
次のオイル交換の時期も近づいてきており、どちらにしようか決めかねている次第です。

平成5年式の軽四輪(箱型ワゴン)に乗っています。(9万km走行)
ディーラーでオイル交換を頼むと、最近では5W-40の純正オイル(部分合成油)を入れられます。
今までは10W-30だったのが、5W-40にして問題がないのかと担当者に聞くと、
何ら問題ありませんよ。かえって燃費は良くなります。と言われました。
実際、5W-40に2回交換して、6000kmは走りましたが、
燃費の差はそんなに感じませんが、音がうるさくなったり(もともとうるさいから)、オイル漏れが生じたりということ...続きを読む

Aベストアンサー

オイルの粘度表示 5W-40 という意味ですが5Wというのは低温時の粘度表示で40というのが高温時の粘度表示です。
10Wより5Wの方が低温時に軟らかいので始動直後などの抵抗が減りエンジンが冷えている間の燃費が若干良くなります。
高温時というのはエンジンが温まった状態ということですから普通走行しているときに40番のほうが粘度が高いということになります。
その為抵抗によって燃費は落ちます。
ただ長年使用したエンジンでは各部が磨り減って新車時よりすき間が大きくなっているところがあります。
こういった部分を高粘度でカバーしてピストンの密封性を良くしたりすることでパワー燃費が若干回復することがあります。

逆に粘度が極端に低いオイルは使えません。
最近の省燃費車のように0W-20のような高温時20番のオイルは燃費もよくなりパワーも出ますがエンジンが20番に対応していないとオイルシールなどからオイル漏れしてしまうそうです。

QフェアレディZ 初代S30を買いたい!

今年高校一年になったものです。
私は高校3年生の4月に18歳になります。そしたら車の免許を取りたいと思っています。

私は普段F1やWRCを見たりします。車は好きですが、そこまで詳しくは分かりません。まぁグランツーリスモやっているぐらいです。
詳しいスペックやホイールがどうやらマフラーがどうやらなんてことは
分かりません。(でもこれから雑誌や実用書で勉強します)

そんな私は良く若い人が軽車両を買っていますが、(ダイハツのMOVEとか)それよりも自分の好きな車を買いたいと思うのです。
そこでZのS30を買いたいと思っています。現行の33は予算が・・・
それにフォルムなんかはS30が滅茶苦茶カッコイイと思いますし。

でもやっぱ2、30年昔の車両です。
購入する際の諸注意などありましたら教えて欲しい思います。
例えば故障しないようチューンするべきだとか、S30特有のトラブル、
予算、改造(修繕)すべきこと、燃費やらといった、またオススメのショップなど
皆さまの暖かいアドバイスが頂ければ嬉しいです。

よろしく御願いします。

今年高校一年になったものです。
私は高校3年生の4月に18歳になります。そしたら車の免許を取りたいと思っています。

私は普段F1やWRCを見たりします。車は好きですが、そこまで詳しくは分かりません。まぁグランツーリスモやっているぐらいです。
詳しいスペックやホイールがどうやらマフラーがどうやらなんてことは
分かりません。(でもこれから雑誌や実用書で勉強します)

そんな私は良く若い人が軽車両を買っていますが、(ダイハツのMOVEとか)それよりも自分の好きな車を買いたいと思うのです。
...続きを読む

Aベストアンサー

 免許取立てで、湾岸を300km/hオーバーで走るかぁ!?とゆぅ様な冗談はおいといて。

>購入する際の諸注意などありましたら教えて欲しい思います。
>予算、改造(修繕)すべきこと、燃費やらといった・・・

 自分も太古車に乗ってますが・・・これほど古いと、具体的な諸注意など問題ではありません。
 あくまでも『まずはクルマを買い、その後時間をかけて問題箇所を抽出・修復する』スタンス(覚悟と言い換えてもよいかも)が必要です。

>例えば故障しないようチューン

 そんなチューンがあったら教えてほしいぐらいです。
 どんなチューンも、確実に車両の寿命を縮めます。ツインターボのL28が何千kmも走れるはずはありませんし、そもそも車体に補強など入っていたら(しかもその補強が何年も前に追加されたモノだったら)サイコーにヤバい。(ロールバーを入れるだけでもヤバいぐらいです。何故車体の補強がヤバいか?は今後勉強しましょうネ。)

 また、これほど古いと予算などあって無い様なモノです。
 田舎で納屋に放置されたいた、『とりあえず自走出来る』程度のモノならタダでも入手出来そうですが、一方S30は既にレストア対象車となっており、フルレストア済みなら\400万でも買えないでしょう。(そして、例えフルレストア済みでも金属疲労は確実に進行しています。新車以上の見た目に仕上がっていても、新車当時と同じ様に走らせるのは不可能です。)

・・・というワケで、S30購入はかなり無謀だという点は他の御回答者の皆様と同意見ですが、しかし自分は『買うな』とは言いません。
 最初は誰でも初心者、欲しいなら買えばよいだけです。恐らく最初の1台目は『ドブにカネを捨てる』様なことになるでしょうが、その1台が色々なことを教えてくれるのも確かです。
 そして、もし最初の1台目で折れなければ、次の2台目はこんなところで無謀な質問をしなくても、自身で判断して確実なモノを購入出来る様になるでしょう。

 免許取立てで、湾岸を300km/hオーバーで走るかぁ!?とゆぅ様な冗談はおいといて。

>購入する際の諸注意などありましたら教えて欲しい思います。
>予算、改造(修繕)すべきこと、燃費やらといった・・・

 自分も太古車に乗ってますが・・・これほど古いと、具体的な諸注意など問題ではありません。
 あくまでも『まずはクルマを買い、その後時間をかけて問題箇所を抽出・修復する』スタンス(覚悟と言い換えてもよいかも)が必要です。

>例えば故障しないようチューン

 そんなチューンがあっ...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報