広島在住です。義父がなくなり、お舎利さまを分骨していただいています。今は、お骨と一緒に仏壇の横に置いてあります。17年前になくなった義母のお舎利様はうちの納骨堂にお骨と一緒に入れてありますが、親族がよく「京都に連れて行ってあげればいいのに。○○(義母の実家)に納めればいいよ」と言っていました。友人からは、「ものすごい広さでちゃんと区分されていて番号のところにいくのに迷子になるくらいよ」と聞いています。
そこで、質問ですが、義父は京都に納めるところを持っていないようです。HPで調べたら5万円くらい払ってみんな一緒のところに入れることはできるみたいですが、ごちゃごちゃになってしまうみたいです。この際ですので、うちの区画を持ちたいと思うのですが、どれくらい費用がかかるのか、どのようにしたらいいのか、教えて欲しいのです。今、お世話になっているお寺は「本願寺会館」というところです。
本願寺には区分を持っていないと聞いていますが、その意味さえわかりません。
要は、お釈迦様の傍にいつもいて幸せな気持ちになるということでしょうから、みんな一緒のところに入れてもいいとは思うのですが「こだわり」です。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

西本願寺(正確には「浄土真宗本願寺派 本願寺」)の廟所は、「大谷本廟」です。


場所は、京都駅を基準にすると、本願寺が西側に在り、大谷本廟は東側で、清水寺の右隣に在ります。

大谷本廟にお骨を納める場合、3通りあります。

その1 祖壇納骨
    宗祖親鸞聖人や歴代ご門主のご遺骨が収められている大谷本廟に、自分のお骨も納めて欲
   しいという人や身内のお骨を納めたいというご遺族が、納骨をします。
    その多く方は、別に、ご縁のあるお寺や墓苑にお墓が在りますので、分骨をして納めます。
 
    祖壇納骨をすると、以後、大谷本廟にお参りをしたときは、読経をしてもらえます。
    なお、ご遺骨は、祖壇納骨所(明著堂)に納められ、個人個人の法名が参拝者に見えるよ
   う明記されているというようなことはありません。皆んなお浄土で一緒ということです。
    区画のようなものも、もちろんありません。
    お義父様が「京都に納めるところを持っていないようです」とのことですが、当然のこと
   なのです。
    
    一般に「本山に納骨をする」というのはこのことをいいます。
    あなたが、HPで調べた「5万円から」というのもこのことです。

    参考までに他の二つについても簡単に説明します。

その2 無量寿堂納骨
    大谷本廟内に在る納骨堂(無量寿堂)に納めるものです。
    ざっくばらんにいうと、ロッカー形式のもので、寺院や団体が何区画かを確保しており、
     ア寺院名義、 イ団体名義、 ウ個人名義
    のものがあります。 
    
    お寺や、公共・民間の墓苑に墓地を持たない方の利用が多いようです。
    なお、納骨の際は、容器(骨壷)が定められています。
    
    また、1区画の冥加金は100万円くらいでしょうか?、手元に資料が無いので正確には
   分かりません。

その3 墓地納骨
    大谷本廟の後方に広大な墓所が在り、通常のというのも変な言い方ですが、墓石の墓所です。

 以上が、「本願寺(浄土真宗本願寺派の本山)に納骨する」ということの概略です。
 詳しいことは、大谷本廟にお尋ね下さい。
    
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大谷本廟無量寿堂納骨する際の所属時へのお布施について

大谷本廟無量寿堂に両親の分骨を納骨してきました。
所属寺院で納骨届けを書いてもらい、専用容器を受け取り、所属寺院の所有枠を指定され、その際私の気持ちとしては納骨届けを書いて頂いたお礼、いわゆる「文書料」くらいの気持ちでお布施を5千円×二人分として1万円包みました。
納骨に対するお布施としては、納骨届けに「懇志」を書き込むようになっており、大谷本廟での受付でお渡しすれば良いものと思っておりました。
納骨の際には永代経も上げてもらうこととして、納骨へのお布施10万円、永代経へのお布施5万円(大谷本廟HPでは永代経懇志は3万円以上となっていたので)のつもりで15万円を「懇志」の欄に記入し記入し、両親の分合わせて30万円納めさせて頂きました。
すると受付では、多額の懇志を頂いたと言うことで永代経は家族のみで別途案内するとのことで、実際そのようにされましたし、懇志へのお礼と言うことで記念品的なものも渡されました。
大谷本廟HPでは、30万円以上の永代経懇志を進納した人に対してそのように扱う旨記述があります。
私としては、永代経はそのように扱って頂かなくても他の人と合同での読経でいいと思っていましたが、何となく受付で言われるままの流れに沿って永代経、納骨を済ませてしまいましたが、後になって考えてみると、所属寺院の枠を使って納骨しているのに、所属寺院に対するお布施があれで良かったのかと気になってしかたありません。
所属寺院に対するお布施の考え方について、適切なアドバイスがいただけたらと思います。
出来れば僧職にある方からのアドバイスがいただければ幸いです。

大谷本廟無量寿堂に両親の分骨を納骨してきました。
所属寺院で納骨届けを書いてもらい、専用容器を受け取り、所属寺院の所有枠を指定され、その際私の気持ちとしては納骨届けを書いて頂いたお礼、いわゆる「文書料」くらいの気持ちでお布施を5千円×二人分として1万円包みました。
納骨に対するお布施としては、納骨届けに「懇志」を書き込むようになっており、大谷本廟での受付でお渡しすれば良いものと思っておりました。
納骨の際には永代経も上げてもらうこととして、納骨へのお布施10万円、永代経へのお布...続きを読む

Aベストアンサー

あなたが
資産もあり、想いがあるならば
相応のお布施をすればよいでしょう。

Q西本願寺に納骨したいのですが、お寺が東本願寺です

うちは西本願寺です。
しかし、20年以上前に父が他界した際、葬儀屋の斡旋もあり
家の近所ということとお経が同じだからという理由で
ずっと東本願寺のお寺さんにおまいりに来てもらっていました。

しかし、最近、母が他界し、西本願寺に納骨に行こうとすると
西本願寺所属のお寺さんの証明がいると言われました。
父の時はそんな証明は必要なかったのですが・・・

どうしても納骨したいのですが、どうしたら納骨できますか?
20年以上おつきあいしてきたお寺さんを変えるしかありませんか?
いまさら、お寺さんに怒られるのも嫌なんですけど。

Aベストアンサー

こんにちは

 本願寺の本山に納骨する場合は お寺さんの証明や紹介が必要です。
 たぶん、お父様の時は 東山区五条にある大谷本廟に納骨されていませんか?
 そこは本願寺がしていますが証明も紹介もいりません
 詳しくはHPを見ていただければわかると思います

 そこに納骨されて 今のお寺様とは従来通りのお付き合いができると思います。

                                 参考まで 

参考URL:http://otani-hombyo.hongwanji.or.jp/index.html

Q大谷本廟への納骨にかかる費用はいくら?

故人の満中陰法要も終わり、年内に納骨をしなくてはならないのですが、

分骨という形で一部(のどの骨?)は大谷本廟へ、

その他の骨は田舎の墓へ納めたいのです。

ところで大谷本廟へ納骨するときに最低限必要な費用はいくらくらいかかるのでしょうか、

また、大谷本廟への「永代供養」にはどのくらいの費用がかかるのでしょうか、

サイトを色々調べましたが、その費用の金額がよくわかりません。

何方かお詳しい方がおられましたら、是非教えていただきたいのですが。

よろしくお願いいたします。

宗派は浄土真宗東本願寺大谷派でございます。

Aベストアンサー

坊さん@本願寺派です。

ご質問には「大谷本廟」とございますが、「大谷本廟」は、(宗)浄土真宗本願寺派(本山・通称「西本願寺」)の施設で通称「西大谷」という廟所です。
ところが、ご質問の最後に、
>宗派は浄土真宗東本願寺大谷派でございます。
とあります。このような宗派名は浄土真宗の各教団には存在しません。
もし、(宗)真宗大谷派(本山・真宗本廟=元京都東本願寺)でしたら、分骨の廟所は「大谷祖廟」となります。
どちらも検索で出ると存じますが、
費用は、「大谷本廟」の祖壇納骨の場合、納骨のみで2万円~。永代経扱いで5万円~となっています。
寺院区画への分骨は、各寺院ごとに異なりますし専用容器も必要ですから、手次の所属寺にお尋ねください。
いずれにしても所属寺院に納骨(分骨)申込書があります。
直接でも受付は可能ですが、法名、所属寺寺院番号の確認、分骨証明書(分骨埋葬許可証)など必要書類がありますので窓口で確認してください。

Q本願寺からお舎利さんをお墓へ移す

多分、考え方からするとおかしいのだとは思いますが、20年前に母が亡くなり、本願寺の母の檀家の門徒の区画に分骨しました。このたび、父がなくなりましたが、お寺が違い、本願寺に区画を持っていません。みんなが入れるところに納めることもできるかもしれませんが、同じ本願寺でも父と母が別々のところというのが気になります。(本当は、お釈迦様のそばですからどちらもいいのでしょうが)
そこで、本願寺から母のお舎利様を出して、父と一緒にお墓にもどすことは非常識でしょうか?
本願寺のその区画にいけば母のお舎利さまはわかるように置いてあるのでしょうか?
非常識を承知で教えて下さい。お坊様のお説教で、母と父を同じお墓に(お舎利さまも)入れたいという気持ちはおかしいのは頭ではわかります。せっかくお釈迦様のところに置いてあるお舎利様を取り出すのはよくないことでしょうか?

Aベストアンサー

4月はじめころ、あなたの質問に回答をしたcowcです。
久し振りにアクセスをしたら、あなたの質問が眼にとまりました。

お母様は、「本願寺の母の檀家の門徒の区画に分骨しました。」とのことですから、おそらく「無量寿堂」に納骨されたものと思います。

そうだとすれば、お母様のご遺骨は、安置場所も明確であり、他の方と区別されていて特定できるので、大谷本廟から移して、お父様と同じお墓に埋葬することは可能です。

その場合、まず現在お母様の入っていらっしゃる納骨堂を借り受けているお寺さんに相談して下さい。
そして、お寺さんから大谷本廟に話をしてもらうこととするか、あなたがお寺さんの了解のもとに直接大谷本廟に話しをするか、お寺さんの意向を確かめて、いずれかの方法でお骨を返してもらう手続きを採ることとなります。

もし、お母様がお亡くなりになった当時、分骨したご遺骨を「祖壇納骨」されていたとしたら、前回の回答で申し上げたとおり、特定することができませんし、納骨の際に、お返しできないことを伝えられていますので、念のため申し添えます。

「参考までに」(お時間があれば、お読み下さい。)
1 「本当は、お釈迦様のそばですからどちらもいいのでしょうが」
  
  おっしゃるとおりです。
  ただ、本願寺の大谷本廟は、浄土真宗の開祖「親鸞聖人」のご遺骨が埋葬されていて、釈尊の舎利は祀られていません。
  親鸞聖人のみ教えを戴いて聖人を慕う門信徒が、聖人と同じ場所に埋葬されたいと願って、納骨をするのです。


2 「せっかくお釈迦様(親鸞聖人)のところに置いてあるお舎利様を取り出すのはよくないことでしょうか?」

  そのようなことはありません。ご両親のご遺骨を同じ墓に安置したいと思うのは、遺族として、子として当然の感情です。
  
  親鸞聖人は、「自分が死んだら阿弥陀様の本願力(これを他力といいます)で直ちにお浄土に生まれさせてもらうから、遺体は、加茂川の魚に食わせてくれ」とおっしゃいました。
  しかし、末娘の覚信尼様やお弟子さんたちさえ、そのようなことはとてもできず、聖人を荼毘にふしてご遺骨を埋葬しました。これが本願寺、大谷本廟の始まりです。

  なお、仏教を開かれた釈尊の国、インドでは、昔も現在もお墓そのものがありません。
  釈尊の説かれた教えには、墓や遺骨に関するものはありません。
  墓や遺骨の取扱いは、国や地域の慣習や仏教が入ってくる以前の宗教的儀式の名残りなのです。
  
  したがって、ご遺骨を動かすことについては、浄土真宗の教義上では問題ありません。
  大事なことは、大切な人、愛する人を亡くしたことを仏縁として、仏(釈尊)や親鸞聖人のみ教えを聞き開き(お聴聞し)、生きている今を大切にして、心安らかな日常を送ることなのです。   

  

4月はじめころ、あなたの質問に回答をしたcowcです。
久し振りにアクセスをしたら、あなたの質問が眼にとまりました。

お母様は、「本願寺の母の檀家の門徒の区画に分骨しました。」とのことですから、おそらく「無量寿堂」に納骨されたものと思います。

そうだとすれば、お母様のご遺骨は、安置場所も明確であり、他の方と区別されていて特定できるので、大谷本廟から移して、お父様と同じお墓に埋葬することは可能です。

その場合、まず現在お母様の入っていらっしゃる納骨堂を借り受けているお寺さんに...続きを読む

Q大谷本廟納骨時の昼食

大谷本廟に納骨へ、15名で行きます。西本願寺バスを止めて大谷本廟へ行こうと思っていますが、そのあと昼食をしたいと思っているのですが、よいところはありませんか?
年配の方もいらっしゃいますし、バスで移動も大変だと思いますので、大谷本廟か西本願寺の近くが良いのではと思っています。
大型バスの駐車場があれば、そのほかの場所でもよいとは思いますが・・・

Aベストアンサー

西本願寺には観光バス駐車場もあり、食事処もあります。
例)http://www.barikan-kyoto.net/shosaih.php?id=157

Q正信偈について教えて下さい(浄土真宗西本願寺派)

浄土真宗西本願寺派です。

正信偈を覚えようとCDを借りてきたのですが、
2種類の発音の仕方があり、どちらを覚えて
普段の勤行に使えばいいのか変わりません。

1つは、節にそれほど関係なく、4行目毎の最後3文字分を
音を下げて読みます。王佛所(お↓ぶつ↓しょー↓)とか
大弘誓(だい↓ぐー↓ぜい↓)といった感じで、
また「上」の印のある箇所で声が高くなりません。

もう一つは、節通りに読み、「上」ではきちんと声が高くなるものです。

 前者のほうでは、正信偈最後の「唯可信斯。高僧説」の「斯」を
「しー」とあっさり読むのに対し、後者では節通り「しーしー~しー。。。」と
長く発声します。

 違いと、どちらを覚えればいいのか教えてください。

Aベストアンサー

> 浄土真宗西本願寺派です。
最初に揚げ足取りのようで申し訳ありませんが、教団の名称としては、「浄土真宗本願寺派」(本山:通称・西本願寺)=略して「お西」ともといいます。
「本願寺派」といい「西本願寺派」とはいいません。「浄土真宗西本願寺派」という宗派名は包括宗教法人として存在しません。念のため。
さて、ご質問の正信偈ですが読誦方として何通りかありますが、通常CD等に収録するのは「草譜」と「行譜」です。
ご質問の前者が「草譜」で、後者が「行譜」です。
日常勤行では「草譜」を用います。
最初の「歸命无量壽如來」から途中で区切れる「至安養界證妙果」までは4行目毎にドレミで言いますと、
「レ・レ・レ・レ・ド・ド・↓ラ」と下がります。
帰命無量寿如来からは「壱越(ハ調のレ)」
善導独明仏正意からは「双調(ハ調のソ)」
初重念仏は「壱越(ハ調のレ)」
二重念仏は「平調(ハ調のミ)」
三重念仏は「黄鐘(ハ調のラ)」
回向(願以・・)は「平調(ハ調のミ)」の音程です。

まず、門徒さんが暗記して覚えるのは「草譜」です。草譜(そうふ) は日常の朝夕の勤行として用います。
「行譜」は日常よりも丁寧な法要時に用います。行譜(ぎょうふ) が宗祖親鸞聖人と四祖(覚如・蓮如・顕如・先師)のご命日の晨朝、または報恩講などの法要に用います。ご家庭では亡き方の月命日や祥月命日の朝のお勤めで用いればよいでしょう。
更にm本山専用でしかも年1回なのが「真譜」(しんぷ)です。本山の御正忌報恩講の1月16日の晨朝に御影堂で唱えられます。(CDにはありません。)

頑張ってね。
amida3@本願寺派の坊さんでした(^。^)

> 浄土真宗西本願寺派です。
最初に揚げ足取りのようで申し訳ありませんが、教団の名称としては、「浄土真宗本願寺派」(本山:通称・西本願寺)=略して「お西」ともといいます。
「本願寺派」といい「西本願寺派」とはいいません。「浄土真宗西本願寺派」という宗派名は包括宗教法人として存在しません。念のため。
さて、ご質問の正信偈ですが読誦方として何通りかありますが、通常CD等に収録するのは「草譜」と「行譜」です。
ご質問の前者が「草譜」で、後者が「行譜」です。
日常勤行では「草譜」を用...続きを読む

Q京都半日旅行(新幹線13:43着)で...車折神社+大谷本廟→17:30に阪急桂駅待ち合わせに好都合の行き方は?

京都市内観光で車折神社と清水寺の麓にある大谷本廟に行き、17:30に阪急桂駅で友だちと待ち合わせをするプランで好都合の行き方と交通手段(なるべく安く)を教えて頂きたいと思います。

どうぞよろしくお願い致します。

ちなみに6/23(水)です。

Aベストアンサー

 もっといい方法があるかもしれませんがアドバイスします。(安くという条件に合わないかもしれませんがお許しください。)

 まず、京都駅から100号系統、206号系統で清水寺方面へ向かって下さい。京都駅から五条坂までバスで約15分です。(道路が混み合うともっとかかります。)

 そこから四条大宮へ(五条坂、清水道からバスに乗るなら207号系統が便利、祇園まで(から)なら他系統でも可。)四条大宮で11号系統に乗換、車折神社前で降ります。(四条大宮まで行かずに四条河原町で乗り換えても可です。でも、祇園から四条西洞院のバス停までをどれだけの時間で抜けられるかが問題で、どちらにしても所要時間が読みにくいので時間に余裕がある場合に使ってください。)

 祇園(八坂神社)から四条通りを歩いて鴨川を渡ったところにある阪急河原町駅(バスの場合は四条河原町で下車)へ行って(八坂神社から約800メートル、それほど距離は感じません。)阪急に乗り阪急大宮へ、そこからすぐの四条大宮駅から嵐電(らんでん=京福電車)に乗って車折へ行く手もあります。料金は多少高くなりますが時間が読めるので、こちらのほうがよいかもしれません。車折駅から車折神社はすぐ(目の前)です。

 阪急河原町から大宮まで約4分、150円です。
 京福電車四条大宮から車折まで約16分、200円です。京福電車は1乗車200円です。)

 阪急に乗るときは停車駅に注意してください。大宮を通過する列車があります。
 京福電車は平日10時~16時の時間帯は10分間隔で運転しています。(四条大宮発毎時10分、20分、30分、40分、50分)

 車折神社から阪急嵐山へは徒歩でもよいのですが、阪急嵐山駅まで2キロほど歩くことになります。ちなみに、嵐電(らんでん=京福電車)で車折から嵐山まで4分です。嵐山駅からは渡月橋をわたって阪急嵐山駅まで歩いていってください。(約1キロ)阪急嵐山からは阪急電車で桂まで乗り換え無しで行けます。(阪急嵐山から桂は7分、180円。)

 たくさん歩くのが嫌でしたら、バス、嵐電を使って嵐山方面へ向かうか、四条大宮へ戻って阪急大宮から桂へ向かいましょう。

 阪急桂駅に17時30分までに着くためには、阪急嵐山駅を17時23分以前の電車に乗らないと間に合いません。(17時23分の電車に乗って桂に着くのは17時30分、その前の17時15分の電車に乗っていくと桂に到着するのは17時23分。)

 阪急大宮駅から桂に17時30分までに着くには17時23分が最終です。(17時23分発の電車(普通電車)で桂に着くのは17時30分です。その前は17時17分の快速急行です。桂には17時23分に着きます。)

 現地で時間(時刻)を確かめながら最適な方法を選んでください。それぞれの電車の発着時刻はそれぞれの電鉄会社(阪急、京福)のHPをご覧下さい。

 もっといい方法があるかもしれませんがアドバイスします。(安くという条件に合わないかもしれませんがお許しください。)

 まず、京都駅から100号系統、206号系統で清水寺方面へ向かって下さい。京都駅から五条坂までバスで約15分です。(道路が混み合うともっとかかります。)

 そこから四条大宮へ(五条坂、清水道からバスに乗るなら207号系統が便利、祇園まで(から)なら他系統でも可。)四条大宮で11号系統に乗換、車折神社前で降ります。(四条大宮まで行かずに四条河原町で乗り換...続きを読む

Q浄土真宗西本願寺派、納骨について

去年、父親が亡くなりました。
骨壷が2つあり、
1つはお墓に納骨したのですが、
もう1つは本山(?)に納骨すると母親が言ってました。
しかし、その母親が脳梗塞で倒れ、重度の障害が残り、
現在は意志の疎通ができない状態なので、
その件についてどうして良いのかわかりません。

母親が言ってたことが正しいのかどうかもわからないのですが、
本山に納骨するというのは、
西本願寺に持っていくということでしょうか?
もしそうであれば、
納骨までの手順やどれぐらい費用がかかるのかなど、
ご存知の方がいらっしゃいましたら教えていただきたいのですが。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

本山に納骨とは,大谷本廟に納骨することです。
西本願寺や大谷本廟のホームページを参照していただければ,手順はおわかりになると思いますが,費用については存じません。
それから蛇足ながら,「浄土真宗西本願寺派」という宗派はございません。お西さんを本山とする宗派は「浄土真宗本願寺派」です。

参考URL:http://www.hongwanji.or.jp/honbyou/index.htm

Q大谷本廟への納骨

この度、京都大谷本廟に分骨に行くことになりました。
その際、葬儀をしていただいたお寺さんが西大谷さんへの紹介状を書いて下さるのですが、
紹介状を頂く際にお礼もしくはお布施として、どれ位の金額をお渡しすればよろしいのでしょうか?
一般的な金額をご存知の方がいらっしゃいましたら、教えて頂きたく、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんばんは。

私は東系ですが、浄土真宗の住職をさせていただく者です。

紹介状は寺の住職としての当然の務めですのでお礼は基本的には要りません。
また、紹介状はなくても納骨はできるかと思います。
もし、気持ち的にお礼を差し上げたいということであれば、御本尊様への「御供え」としてお渡しになられたら如何でしょうか。
お気持ちからのお供えですので、金額はご自由でかまいません。

Q京都の西本願寺の永代経について教えてください

少し前に父が亡くなり、先日地元のお寺で四十九日法要も済ませました。6月に京都に行く用事がありせっかくなのでお寺から頂いたご案内に載っていた「総永代経」か「別修永代経」をしていただこうかと思っておりますが どう違うのかがまったくわからず困っております。また お布施等諸経費もわかりません。西本願寺のHPも見ましたが
わからず悩んでいます。詳しい方がおられましたら是非とも教えて頂きたいのですが・・よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

費用に関してのみの概略です。
一覧表は寺にあります。ネット上で公開する内容ではないので正確にはお答えできません。(変更もありますし扱いが異なることもあり書ききれません)
所属寺でお聞きください。
永代経の懇志は3万円以上から1000万円以上まで12種類に分かれています。
【総永代経】は、懇志金3万円以上(4種)~ 
懇志20万円以上(1種)まではに分かれています。・・・1種では院号(折紙)+式章3号がついいてきます。
【別修永代経】は30万円以上(5種)・・・院号(表装)+式章+お斎3名+記念品 ~40万円以上(4種),50万円以上(3種),100万円以上(2種),
200万円以上(1種)・・・導師代楽入+院号(藤表装)+式章+感謝状+お斎20名+記念品+祥月案内
に分かれ、さらに特1種~特3種がその上にあります。
特3種 300万円以上・・・御焼香御教諭導師代楽入+御染筆院号(藤表装)+式章+感謝状+お斎30名+記念品
特2種 500万円以上・・・略します
特1種 1000万円以上・・・御焼香御教諭導師代楽入+御染筆院号(金襴表装)+式章+感謝状+お斎30名+記念品

費用に関してのみの概略です。
一覧表は寺にあります。ネット上で公開する内容ではないので正確にはお答えできません。(変更もありますし扱いが異なることもあり書ききれません)
所属寺でお聞きください。
永代経の懇志は3万円以上から1000万円以上まで12種類に分かれています。
【総永代経】は、懇志金3万円以上(4種)~ 
懇志20万円以上(1種)まではに分かれています。・・・1種では院号(折紙)+式章3号がついいてきます。
【別修永代経】は30万円以上(5種)・・・院号(表装)+式章+お...続きを読む


人気Q&Aランキング