このような次期に不謹慎かもしれませんが・・・

毎日のように福島原発のニュースが流れていますが、そもそも燃料棒とは何℃くらいまで発熱するのでしょうか?

また使用済み燃料棒をプールに入れて冷却しているとのことですが、ではどのくらいの期間使用して、どのくらいの期間の冷却が必要になるのでしょうか?

申し訳ありませんがよろしくおねがいいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

>そもそも燃料棒とは何℃くらいまで発熱するのでしょうか?



燃料棒を包んでいる被膜管の材料であるジルコニウム合金の融点は約1800℃です。
この被膜管が熱で破損するような状況になっているということから、最低でも1800℃くらいにはなるはずです。

>どのくらいの期間の冷却が必要になるのでしょうか?

崩壊熱が完全に無くなるまで冷却するとしたら30年くらいかかります。
簡易的な冷却装置でどうにかなるレベルまでの冷却だと、数ヶ月~数年程度かな。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

1800℃!?

TVニュースや新聞を見ていても、取りあえず冷やさなきゃという感じの報道しかなかったもので、気になったしまって・・・

最後は地中にいれて処理とは知ってはいたのですが、やはり数年にはびっくりでした。
現在は原子力に頼らなければいけないのかもしれませんが、永遠に必要なものではないことに改めて気がつきます。

このような時節にお答え下さいましてありがとうございました。

福島原発や、被災された方々の復興を心よりお見舞い申し上げます。

お礼日時:2011/04/26 11:27

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報