24歳 女性です。5月の連休に涸沢カールまで会社の同好会でいきます。登山靴はどのようなものを用意すればよいのでしょうか。同好会の人に質問したところ、6万円ほどする登山靴を紹介されましたが、それだけの登山靴が必要でしょうか。モンベルなどには1.5~2万円ほどの登山靴がありますが、それではダメなのでしょうか。ちなみに私は登山の経験がありません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

 6万円クラスの登山靴までは必要ありません。

涸沢まででそれ以上の上には行かない、というのが前提ですが。

 6万円もするような登山靴は、厳寒地に対応するための保温材やアイゼンを装着するための高剛性なシャンクやアッパー、またソールの強度を確保するために高価格になっているもので、GWの涸沢にはそれらは全て特に必要ではありません。

 大半の行程が雪上歩行にはなるので、防水性がしっかりした靴は必要です。一般的にはゴアテックスを使った靴ということになるでしょう。ゴアテックス以外の防水透湿性素材もあるのですが。
 また本格的なアイゼンは不要ですが雪上歩行に不慣れな人は軽アイゼンくらいはあった方が良いですから、それなりにソールが堅い靴の方が良いでしょう。またある程度カットが深い靴の方が歩行が安定すると思います。

 ということになると、ご質問のとおりのモンベルの2万円弱のトレッキングシューズ、すなわちツオロミーブーツやテナヤブーツあたりがちょうど良いと思います。夏用と兼ねることができるので、むしろこのクラスを薦めたいところです。
 6万円の靴を買っても冬山にしか使えないですから。夏山にはソールが堅すぎて使いづらいです。

 各社2万円前後から3万円くらいまでのトレッキングシューズは売れ筋なので、選び甲斐がありますよ。
 どのメーカーのどの靴、という勧め方はしません。どんな良い靴でも足に合わなければどうにもならないので、靴ばかりは店で片っ端から試し履きして選ぶしかないです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。同好会のメンバーは皆、登山経験が豊富な方ばかりなので、高価な登山靴を紹介してくれたのでしょうけれど、今後どのくらい登山靴を履くか分からないので6万円はイタイなと思っていました。ショップに行っていくつかの靴を履き比べてみます。

お礼日時:2011/04/27 00:40

GWの涸沢カール。

。基本、冬山装備で臨むところです。
20000円程度のトレッキングシューズでもいけなくは
ないのでしょうけど。
http://plaza.rakuten.co.jp/whiteline/diary/20060 …
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q女性の方へ。初めての山小屋泊!必要なものは?

教えて!goo より、こちらへ移りました。
こちらでは初めての質問です。よろしくお願いします。m(__)m

今度初めて山小屋に泊まることになりました。
女性のみなさん、何を持っていってますか?

体力的にも荷物はなるべく少なくしたいのですが
最低限の基礎化粧品や着替えなど結構重くなってしまって。
特にパジャマなどはどうされているんでしょう?
山登りの格好のまま寝るの?着替えるとしたらどこで?

また、Tシャツってそのまま1枚で着ていますか?
それとも下着(キャミなど)つけていますか?

初めてのことで楽しみな半面、いろいろ不安です…
女性の方からの山小屋話をお聞きしたいです。
アバウトな質問で申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。
 

Aベストアンサー

男ですが、女房と山をやっているもので。以下コメントまでに。
登る山と泊まる小屋次第でいろいろありますが。’登山’の基礎知識として
 ・山では水が貴重なので、顔も洗いません。よって、私の山の会の女性では、化粧品を持ち歩く人はいません。リップクリームと日焼け止め程度です。ウェットティッシュすら、余裕のあるときのみ持ちます。
 ・そのくせ、生理用品を忘れて困った会員も、けっこう居ます。
 ・軽量化のため、余計な着替え・寝間着は非携行です。そして濡れていない限り、着替えないで寝ます。着替えは降雨防寒・汗濡れ対策に機能性下着(ユニクロの冬用長袖 )を1セットのみを携行します。寒いときは予備下着・雨具まで着込んで寝袋・布団に入ることもあります。
 ・肌着に綿は忌避です。汗が乾きにくく冷えるためです。大抵スポーツブラ+ユニクロ機能性Tシャツ+長袖ポロシャツ(+雨具)。薄手で乾きのよいものを重ね着します。
 ・布団の清潔さが気になる人は、シュラフシーツ(薄布一枚の寝袋:2-3千円?)を持参することもあります。
 ・山小屋は、混むと男女でも相部屋雑魚寝です。緊急対策として宿泊を断れないため。
 ・恥ずかしい話ですが。雑魚寝を良いことに女性の布団に手を伸ばす不埒な輩も居ます。寝るときは女性で固まる等、自己防衛してください。
 まぁ初めてでご不安であれば、余力の限り荷物を持ち込むのも、一つの経験です。楽しんでください。

男ですが、女房と山をやっているもので。以下コメントまでに。
登る山と泊まる小屋次第でいろいろありますが。’登山’の基礎知識として
 ・山では水が貴重なので、顔も洗いません。よって、私の山の会の女性では、化粧品を持ち歩く人はいません。リップクリームと日焼け止め程度です。ウェットティッシュすら、余裕のあるときのみ持ちます。
 ・そのくせ、生理用品を忘れて困った会員も、けっこう居ます。
 ・軽量化のため、余計な着替え・寝間着は非携行です。そして濡れていない限り、着替えないで寝ます...続きを読む

Q涸沢ヒュッテでの宿泊

今年の7月の3連休を利用して、知人たち3人と涸沢に行こうと計画しておりますが、涸沢ヒュッテの混み具合はどんな感じなのでしょうか?
山小屋への宿泊経験は、富士登山で宿泊した経験はあります。
(その時は、結構混んでいた感じはしました)
ネットで調べると、1畳に3・4人入るときもあるとの事ですが、
連休でもあるので、そんな感じになるのでしょうか?
混んでいれば、テントのほうが快適なのでしょうか?
登山経験は、富士登山(ここ10年ぐらい毎年登っております)ぐらいしかありません。

また、現在このようなプランで考えていますが、問題ないでしょうか?
1日目:上高地 → 徳沢 宿泊(徳沢) 
2日目:徳沢 → 涸沢 宿泊(涸沢)
3日目:涸沢 → 上高地 

Aベストアンサー

涸沢の混雑というと秋の紅葉シーズンはそれこそ
トイレに行ったら寝場所がなくなっていたので、
人と人の間にのしかかってスペースを作ったことがあります。
いわゆるオイルサーディン状態ってやつですね。

7月の3連休の涸沢であればそこまでではないと思います。
隣の人の臭い足をかぐような寝方はないとは思いますが、
その辺は保証の限りではありません。
薄手のシュラフシーツくらいをもっていけばかなりましです。


もちろん混んでいればテントのほうが快適は快適です。
ただ、2泊3日程度であれば、睡眠時間帯の快適さと
移動時間のテントと食料の重量を運ぶ不快さをはかりにかけることになりますから、
山小屋宿泊をお勧めします。ビパークと思えば腹も立ちません。

コースタイム的には
・上高地-横尾が平坦な3時間ほどの歩き、
・横尾-涸沢がやっと山登りらしい山道の登りで3時間程度です。
・涸沢-穂高岳山荘のザイテングラードの登りが2時間ですから、
そこそこ歩ける人ならば、一気に穂高岳山荘までいけてしまいます。
富士登山に毎年いける人ならば、涸沢までは何の問題もありません。

涸沢から上は、岩場がでてきますが、ルートは整備されており、
よほど高所恐怖症の人でない限りは問題なく通過できます。

どちらが出発地点かがわかりませんが、夜行移動で上高地に早朝到着で
涸沢まで1日7時間程度でゆっくり歩き、午後からは涸沢カール内を
散策というのが一般的なところだと思います。

そのパターンでいけば、2日目は奥穂高岳、もしくは北穂高岳に
登頂して、それぞれすぐ横の小屋に宿泊し、3日目に一気に
上高地まで降りることもできます。

奥穂→岳沢、奥穂⇔北穂は穂高の岩稜の核心部ともいえる
ルートですので、いきなり単独ではきついかもしれませんが、
次回の山行の動機つけとして、ちょっとでも覗いてみるというのも
面白いと思います。

慣れれば、2日目に北穂→奥穂 3日目奥穂→前穂→上高地という
ルートも穂高らしさを味わえるコースです。

涸沢の混雑というと秋の紅葉シーズンはそれこそ
トイレに行ったら寝場所がなくなっていたので、
人と人の間にのしかかってスペースを作ったことがあります。
いわゆるオイルサーディン状態ってやつですね。

7月の3連休の涸沢であればそこまでではないと思います。
隣の人の臭い足をかぐような寝方はないとは思いますが、
その辺は保証の限りではありません。
薄手のシュラフシーツくらいをもっていけばかなりましです。


もちろん混んでいればテントのほうが快適は快適です。
ただ、2泊3日程度...続きを読む

Q登山ザックの外付け荷物について

ザックにシュラフマット等を外付けされている方を良く見ますが、その状態で雨が降ってきた場合の対処方法を教えてください。
外付けしている物が濡れても困らない物や、濡れないように防水のスタッフバックに入れていたとしても、ザックカバーが使用できず中の荷物が濡れてしまうと思うのですが、どのように対処されているのでしょうか?
私は対処方法がわからず、全ての荷物を無理やり押し込んでおります。外付けすればパッキングに余裕ができてありがたいのですが。

また、マグカップをザックに吊り下げている方も良く見ますが、コーヒーなどを作って飲む場合でしたら、他の器具や材料をザックから出すので、マグカップだけ外にある必要はないと思いますし、水場で水を飲むためだとすると、腰ベルト辺りにあれば、すぐ手にとって飲む事が出来ますが、ほとんどの方がされているザックの後部に吊り下げている場合は、ザックを下さなければ手に取る事が出来ず、ザックの出しやすい場所に収納してるのと使い勝手は変わらず、あえて不衛生な外に吊り下げる必要が無いように思えます。
ザック後部にマグカップを吊り下げる目的を教えてください。

ザックにシュラフマット等を外付けされている方を良く見ますが、その状態で雨が降ってきた場合の対処方法を教えてください。
外付けしている物が濡れても困らない物や、濡れないように防水のスタッフバックに入れていたとしても、ザックカバーが使用できず中の荷物が濡れてしまうと思うのですが、どのように対処されているのでしょうか?
私は対処方法がわからず、全ての荷物を無理やり押し込んでおります。外付けすればパッキングに余裕ができてありがたいのですが。

また、マグカップをザックに吊り下げている...続きを読む

Aベストアンサー

荷物はザックに入れるのが基本です。
そうしなければ、質問者さんのおっしゃる様に、
急な雨の時には濡れて困ることになります。
ただ、シュラフマットが銀色の断熱マットを指すのであれば、
おそらくは濡れても拭けばすぐに乾くという考えの元に
外付けされているのだと思います。
ザック自体に防水加工が施されていれば、ザックカバーがなくても
多少の雨ではザックの中まで水浸しになることはありません。
中の携行品もビニール袋に小分けして収納していれば、
ほぼ困ることにはならないでしょう。

今のザックは横に出っ張らないように
体の幅に合わせた縦長軽量タイプがほとんどです。
しかし、かつては横長のキスリングが主流でした。
帆布製でしっかりしていましたが、
その分重量もあって担ぐのには体力が要りました。
このキスリングは横長であるがために上部の面積が広く、
主にテントやポールなどを外付けで載せたものです。
キスリングはきれいに詰めれば上部はほぼ平らになり、
そこにテントを載せても縦方向にはさほどかさばりません。
この状態ですと雨の場合にはポンチョが被れたのです。
ポンチョは自分+背荷物をカバーできるので重宝します。

ところが、今の縦長ザックでは上部が高くなってしまうので
この便利な雨具であるポンチョが使えません。
被ったところで襟足から一旦生地が上方に上がり、
ザックを超えるようにして下方に垂れ下がります。
つまり、ザックが上に飛び出ている分ポンチョの後方は短くなり、
下半身の後ろが雨に濡れ易くなるのですね。
これを避けるにはカッパの下+ポンチョの組み合わせがいいかもしれません。

さて、マグカップやシェラカップをザックにぶら下げる。
たしかに不衛生ですし、カチャカチャと音がうるさい場合もあります。
水場で水を飲む場合はそこで休憩することが多いでしょう。
この時にザックは下に下ろすことが多いと思います。
下ろしたついでにぶら下げてあるカップをはずす。
つまり、一連の動作の中でカップを手に取れるので便利♪となるのかも
しれませんが、見た目の格好よさというのが本音であることが多いです。

因みに、私は質問者さんと同じような考え方で、
カップは手作りの袋に入れてザックの取り出しやすい場所に入れています。
キスリングを使う時はサイドの大きなポケットの一番上に入れていますね。

以上、ご参考になれば幸いです。

荷物はザックに入れるのが基本です。
そうしなければ、質問者さんのおっしゃる様に、
急な雨の時には濡れて困ることになります。
ただ、シュラフマットが銀色の断熱マットを指すのであれば、
おそらくは濡れても拭けばすぐに乾くという考えの元に
外付けされているのだと思います。
ザック自体に防水加工が施されていれば、ザックカバーがなくても
多少の雨ではザックの中まで水浸しになることはありません。
中の携行品もビニール袋に小分けして収納していれば、
ほぼ困ることにはならないでしょう。

今のザック...続きを読む

Qゴアテックスのレインウエアは本当に快適なのか?

ゴアテックスのレインウエアを着用し、先日、雨の木曽駒ヶ岳周辺から濃ヶ池方面をぐるりと6時間ほど歩きました。はじめての本格的な雨に当たってしまい(風は強くなく、小雨と強い雨が交互に降った状況)、さっそく購入したばかりのゴアテックス・プロシェルのレインを着たのですが、主に袖の内側からワキにかけて、ザックを背負っている肩から背中が外側から見てもわかるくらいびっしょり濡れ、ウエア内もぺったりと気持ちが悪い状態でした。下には速乾性の山用Tシャツを着ていたにもかかわらずヒンヤリ。もし、強風だったら低体温症に・・・?と思うと、一般的に言われるゴアテックスの効果も何だか半信半疑です。汗がうまく発散されないのか、雨に濡れてしまったのか、それすらよく解らないくらい状況。ただ、レインジャケットのポケットに入れてチャックをしっかり閉めていたカメラやハンカチが濡れていたことを考えると、雨を防いでいないのか?とも思ってしまいました。ゴアテックスと言っても、メーカーによってかなり差があるのでしょうか?ちなみに、私が購入したのは、ロウアルパインのゴアテックス・プロシェルのレイン(上着だけ)で定価が2万2000円ほどのものを新宿の山用品店のバーゲンで12000円という破格で買ったものです。(下は手持ちのゴアでないものを使用)それとも、ゴアといってもだいたいこんなものなのでしょうか?ゴアテックスを着用した体験などを教えていただけると幸いです。

ゴアテックスのレインウエアを着用し、先日、雨の木曽駒ヶ岳周辺から濃ヶ池方面をぐるりと6時間ほど歩きました。はじめての本格的な雨に当たってしまい(風は強くなく、小雨と強い雨が交互に降った状況)、さっそく購入したばかりのゴアテックス・プロシェルのレインを着たのですが、主に袖の内側からワキにかけて、ザックを背負っている肩から背中が外側から見てもわかるくらいびっしょり濡れ、ウエア内もぺったりと気持ちが悪い状態でした。下には速乾性の山用Tシャツを着ていたにもかかわらずヒンヤリ。もし、...続きを読む

Aベストアンサー

 No.9のJagar39です。ちょっと補足を。

 別にロウアルパインが「ちゃんとしたメーカーではない」というわけではありません。私にとってはブランドイメージはそれほど高くはありませんが。
 他にはアゾロなんかも、登山靴専業メーカーの頃は非常にイメージは高かったのですが(学生時代、アゾロの登山靴が欲しかったけど高くて買えなかった)、アパレルに手を出して結局量販店ブランドになってしまいましたね。

 このあたりのブランドは、ゴアテックスを使っているというだけで生地や縫製などに独自の技術を持っているわけではないので、特に購入意欲をそそられるモノはないのですが、バーゲン等で安ければ買っても良いとは思います。
 (ちなみに個人的にはノースフェイスも特にブランドイメージが高いわけではありません)

 また、ゴアテックスを使っている以上は、ゴアテックス社のストームテストをパスしているわけで、「単なる上着」というモノはあり得ません。レインウエアか冬山用のシェルかはともかく、防水性を備えた「ハードシェル」として販売されている製品のはずです。
 ちなみに海外のメーカーではレインウエアと冬山用ハードシェルを特にカテゴライズせずに売っている例もあります。

 レインウエアは常時着ているウエアではないため、「軽量化」はかなり重要なファクターになります。
 冬山用ハードシェルだと常時着ているのが前提ですから、軽量化より耐摩耗性や伸縮性、ポケットやフードの使い勝手の方が重要になります。
 メーカーの方で明確にカテゴライズしていなければ雰囲気で判断して買うしかないのですが、「冬山用のハードシェル」であれば定価が2万2000円ということはあり得ません。どんなに安くても3万円台からですし、7万円を越える製品も珍しくありません。
 定価が2万2000円なら、間違いなく「レインウエア」です。

 また、最近ではレインウエアも上下別売が主流です。モンベルも上下で1万円台の安価なモデル以外はほとんどが上下別売になっていますし、海外メーカーは昔から上下別売が主流です。

 No.9の補足をもう少しまとめると、「浸水して濡れた」のか「蒸れて汗で濡れた」のかは、なかなか明確に判別できません。
 ですから、質問者さんの場合、浸水したのではなく汗で濡れていた可能性もあります。
 ポケットに関しては、ポケットの生地はメッシュ地でしょうか。それとも表と同じゴアテックス生地?
 前者であれば汗で濡れた可能性がありますし(背中はまず間違いなく汗でしょう)、後者であればウエア内部の方が湿度が高かったので「ウエア内からポケット内への透湿」が起きた可能性があります。

 No.9のJagar39です。ちょっと補足を。

 別にロウアルパインが「ちゃんとしたメーカーではない」というわけではありません。私にとってはブランドイメージはそれほど高くはありませんが。
 他にはアゾロなんかも、登山靴専業メーカーの頃は非常にイメージは高かったのですが(学生時代、アゾロの登山靴が欲しかったけど高くて買えなかった)、アパレルに手を出して結局量販店ブランドになってしまいましたね。

 このあたりのブランドは、ゴアテックスを使っているというだけで生地や縫製などに独自の技術を...続きを読む

Q涸沢と蝶ヶ岳どちらがいいですか?

9月中旬に上高地からの登山を考えています。涸沢までにするか、蝶ヶ岳にしたほうがいいか・・コースタイムよりも休憩入れて上りで90分くらいプラス下りは もっと遅くて上りと同じ位の時間が掛かります。朝6.30位に上高地から歩くのでしたら、どちらが良いでしょうか?景色とか山小屋など お勧めを教えて下さい。

Aベストアンサー

どちらかというなら蝶ヶ岳をお勧めします

上高地から徳沢まで約1時間半緩やかな広い道ですが
徳沢から先は完全な登山道となります

長塀山までは樹林帯の中の急登で少し荒れたところもありますが
岩場はないので危険度はさほど高くないと思います

山頂からは迫力ある穂高連峰の眺めが素晴らしく達成感も味わえる
のではないかと思います

徳沢から山頂までは3時間はみたほうが良いと思います
上高地からだと休憩時間も入れて5時間位でしょうか
山頂付近に蝶ヶ岳ヒュッテがあります

涸沢までは横尾まで3時間そこから山道を3時間橋を渡ってから登りがきつく
なりますが全体的に安全な道です

他の方も書いてますがこの時期は涸沢はすごい人の数でこんな山奥まで来たのに・・・
などと思うかも知れません

涸沢には2件の山小屋があります 私は涸沢ヒュッテに泊まったことがありますが
1枚の布団に3人寝なければならずほとんど寝れませんでした
それほど涸沢は混みます

ただし涸沢の紅葉は素晴らしいので紅葉を見るためだけでも行く価値はあると思います


人気Q&Aランキング

おすすめ情報