トランスの突入電流と発電機の関係ですが、
トランスの突入電流があるので、発電機の容量をトランスの1.5倍~2倍必要と言われました。
それは、電圧が確立してからトランスに電源が入るからであって、
トランスと発電機を直結(コンタクターなし)にした場合は、
突入電流も少なくなると思うのですが、どうなのでしょうか?
もしくは、発電機は、まわらないのでしょうか?

詳しい方教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

トランスへの突入電流というものはありますが、2次側を開放していれば、1次側にも電流は流れませんので、理論的には電圧のみが掛かる事になります。


実際高圧の受電操作時でも、2次側を開放した状態でトランスを受電さます。
この方法だと突入電流を抑える事が出来るので、安全上にも保安上にも良い為、この方法を取っています。
こういったことからも、2次側を開放する方法なら、1.5倍ほどの容量も必要としないのではないのではないでしょうか。
勿論、過負荷を見越した余裕の安全率は見た方が良いと思います。

それから、直結はやめた方が良いと思います。
負荷の分を含んだ状態で始動する事になるので、始動機に負担がかかり、始動できない事も考えられます。
    • good
    • 0

>発電機の容量をトランスの1.5倍~2倍必要


常識的に考えてこの議論は何かおかしいと思われませんか?
このように負荷容量とは無関係に、トランス容量よりも大きい発電機の容量選定はなされてい無い筈です。

トランスの二次側が開放状態でも電圧の投入位相、変圧器の残留磁束の関係で、最初の1サイクルの間突入電流が発生する事は十分ありえます。

電圧が正/負のhalf cycleの間に、トランスの磁束は、-max==>+max/+max==>-max と普通変化しています。

しかし最初のサイクルの間、電圧が+0==>+max==>0と変化する時、最初の磁束が0であった場合、電圧が+maxになった時点で磁束はほぼ飽和し、その後は過大な励磁電流が流れる事になります。言ってみれば電圧が+maxから0に戻る間、トランスは空芯コイルと同じような状態になり過大電流が流れる事になる訳です。
その為に発電機の出力電圧波形が多少歪むかもしれません。

しかしトランスの二次側から見た場合、何れにしろ電圧0の状態から任意の位相で電圧が加わり、立ち上がって行く訳ですから、最初のサイクルの電圧の途中で電圧波形が乱れたとしてもそれで問題となる負荷などは無いはずです。

発電機とトランスの間には、保守やトランス故障時の対策のために断路器や遮断器等が普通設置される筈であり、直結する事は大容量発電機等特殊な場合以外では余り無いのではと思われます。
    • good
    • 0

 限流装置を使うのはどうでしょう。

むかし、CVCF装置用の分電盤に
限流機能付きNFBと言うのがありましたね。
 電源を入れるとき、NFBの中で抵抗経由で負荷に電源供給し、
インラッシュ電流を抑えます。所定の時間後に抵抗の両端を自動的に
短絡させ通常のNFBと同じく電源を供給します。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

QFFXIで使っているキャラクターがスムーズに動かない原因は何ですか?

FFXIで使っているキャラクターがスムーズに動かなくて困ってます。調べてみるとグラフィックカード(私のやつは SiS Mirage 3 Graphicsというやつです)に原因があるらしいのですが、変えたほうがいいのか他に原因があるのか教えてください。

Aベストアンサー

http://www.fmworld.net/biz/fmv/product/hard/vdt0704/d3240/
こちらの機種ですね。
ビジネスタイプのようです。
次からご質問されるときは、こういう情報をご提示されると解決が早いかと。

仕様を見るとPCIスロットがありますので、
一応ビデオカードの増設は可能なようです。
しかしながらPCIだと最高でもRADEON X1300かGeForce 6200なので、
厳しいかもしれません。
ということで一番現実的なのが買い替えでしょうか。

Qトランスの励磁突入電流について

3φ200Vの系統で線路長が長い為電圧降下の影響を考え、低圧タイトランスで400Vに一度昇圧し、負荷端で200Vに減圧するようにしました。その結果、低圧タイトランス1次側のブレーカを入れたとたん 3000A もの電流が一瞬流れブレーカ(250AT)がトリップしてしまいます(毎回トリップする訳ではない)。これってトランスの励磁突入電流の影響でしょうか?このような場合、どのように対処したら良いでしょうか?ちなみにトランスの仕様は
1次/2次:200/400V
容量:200KVA
定格電流:550/275A
%インピーダンス:3.5%
製造年月日:1988年
です。何かお分かりの方、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

突入電流でトリップしているのだと思います。突入電流は一般的に7倍・10倍等といわれています。今回の3000Aは、若干低いような気がします。突入電流抑制タイプの変圧器・後付けの抑制装置があると聞いたことがありますので調べてみてください。又なぜ250ATなのでしょうか?定格電流は550Aでは?本来600ATのブレーカーでは?、とりあえず400ATのフルトリップに上げてみてはいかがでしょか、変圧器の2次側に負荷を接続していたほうが突入電流を抑制すると言う人もいます。

Qスキャナが動かないのはメモリ不足が原因でしょうか?

こんにちは。
ノートパソコンで、スキャナを使用とすると
「メモリ不足です」とエラーメッセージが出たり、
ナビゲーションソフトが立ち上がっても、
スキャンの指示を出すと、「スキャナとの接続に問題が…」といった
エラーメッセージが出てスキャンができません。

プリンタ・スキャナの複合機ですが、印刷は問題なくできます。
デバイスマネージャーを見てもスキャナは認識できているようです。
これは、パソコンのメモリ不足が原因なのでしょうか?
また、プリンタが使えても、スキャナが使えないことは
ありえるのでしょうか?
メモリが1GしかないのにVistaにしたのが問題なのでしょうか?
教えてください。

パソコンのスペックは
Windows Vista Home Premium
東芝 Qosmio F30
Intel cectrino Duo CPU 1.66GHz
メモリ(RAM)は 1G
32ビットオペレーティングシステム

プリンタ・スキャナ複合機は
Canon MP470

です。
ちなみに他のノート(XP)で試してみたら
問題なくスキャンできました。

こんにちは。
ノートパソコンで、スキャナを使用とすると
「メモリ不足です」とエラーメッセージが出たり、
ナビゲーションソフトが立ち上がっても、
スキャンの指示を出すと、「スキャナとの接続に問題が…」といった
エラーメッセージが出てスキャンができません。

プリンタ・スキャナの複合機ですが、印刷は問題なくできます。
デバイスマネージャーを見てもスキャナは認識できているようです。
これは、パソコンのメモリ不足が原因なのでしょうか?
また、プリンタが使えても、スキャナが使えないこ...続きを読む

Aベストアンサー

ノートPCでVista Home Premiumの場合1GBでは少ないでしょうね。
そちらのPCはグッラフィックボード搭載型ではなくチップセットのグラフィック機能を使っているはずですからグラフィック用の専用メモリーはありません。
1GBのメインメモリーを横取りのように64MBとか128MBとかを占有します。
従ってシステムは搭載メモリー1GBをフルに使えません。ノートPCの場合、グラフィックボードを搭載したデスクトップPCより余分にメモリーを搭載する必要があります。
現在メモリーの価格は低迷状態です。できれば2GBにアップしたほうがいいでしょう。
それとプリンターのドライバーバージョンを調べてみてください。
MP470のVista用のドライバーバージョンは現在Ver.1.00aのようです。
一度MP470のドライバーの再インストールもしてみてください。

Qトランスの突入電流について

トランスの突入電流の大きさは、
電源側のインピーダンスによって
変わってきますか?
教えてください。

Aベストアンサー

充電電流なので、特に電源側のインピーダンスで変化するという事は、無いと思います。

変圧器コイルの素材は電線のみなので、開閉器投入直後は短絡状態と同じなので、突入電流が流れますが、コイル磁界が安定してくると、磁界と電流が打ち消し合うので、一定の容量を持った電源となります。
その為、変圧器のインピーダンスは関係しますが、電源側はほぼ関係してこないと言ってよいのではないでしょうか。

Qブースト計が動かない原因を教えて下さい!

ブーコン(VVC)を取り付けるにあたり、ブースト計も同じ位置に割り込ませるつもりですが、ブースト計が作動しません。

場所はターボチャージャーから→アクチュエータとVSVに分岐(三又)していて、その分岐点からVSVに通じる配管です。

VSVに通じる配管には圧はかからないんですか?(ブースト計は動きませんか?)

ターボチャージャーから分岐点、または分岐点から→アクチュエータ間につなげればブースト計は作動するのでしょうか?
(vvcもつけるのでできれば一緒に割り込ませたいです)

Aベストアンサー

(ノーマルソレノイドがある場合)
一般的にノーマルソレノイドの変わりに仕事をさせるのが
ブーコンです。

ですので基本的にはノーマルソレノイドは外してしまいます。

タービン → ブーコン → アクチュエーター → タービン →

と言う図式になります。

ただ、好みで

タービン → ブーコン → ノーマルソレノイド → アクチュエーター → タービン →

と言う付け方も出来ます。

最近の車種ですと
ノーマルソレノイドが殺されると制御モードが変わってしまう車種もあるようですから
何かしら擬似的に作動させておく必要に迫られる事も有るかも?
(お恥ずかしいですが、個人的によく知りません…)
知れませんが

過給を制御する = 空燃比実走現車セッティング必須

ですから
あとの事はVープロ等、セッティングを行う側で制御するのが一般的です。

Q非常用発電機と予備発電機の違いについて

建物等のバックアップ電源として発電機を設置している
場合に、「非常用発電機」と呼ぶ場合と、「予備用
発電機」と呼ばれる場合があると思います。

この「非常用」と「予備用」には何か明確な区別が
あるのでしょうか?

消防法や建築基準法で明記されているのかとも思い
ましたが、見つけられなかったもので・・・

ご存知の方がいらっしゃいましたら教えてください。

Aベストアンサー

非常用電源とは消防法で規定している消防用設備(屋内消火栓、自火報、スプリンクラー、他)用の電源
予備電源とは建築基準法で規定している設備(排煙、非常照明、他)用の電源

非常用発電機とは上記の非常用電源及び予備電源を供給する設備です。
所轄消防署への設置届出が必要です。(非常用発電機でなくても届出要)
予備用発電機とはよくわかりませんが、コージェネなどで定期点検時でも無停電で点検するために複数台で設置します。その予備機?を言っているのではないかと思います。

QJavaScriptが動かない原因

javascript は、ほとんど分からない初心者なのですが、
ものすごい単純な事で詰まっています。

<html>
<head>
<title></title>
<script type="text/javascript" language=JavaScript>
<!--
function alt() {
alert("NG");
}
//-->
</script>
</head>

<body>
<input type="radio" name="test" value="1" onclick="alt()">テスト1<br>
<input type="radio" name="test" value="2" onclick="alert('OK')">テスト2<br>
</body>
</html>

このソースで、テスト1のイベントが発生しません。
IEもfirefoxも、ダメでした。
何が悪いのか・・・・
くだらない質問ですみません。宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

関数名を変えてください。
私も知りませんでしたが、「alt」ではIE8、Firefox14、Safari5どれも動きませんね…。

※javascriptに限らず、関数や変数名に単純な英単語などを使うと予約語に引っかかることがあるので、「単語_単語」などの形式で名前を付ける癖を付けておくと安全です。

Q発電機の選定で困っております。 この度仕事で、家庭用エアコンを発電機を使って使用したいです。

発電機の選定で困っております。



この度仕事で、家庭用エアコンを発電機を使って使用したいです。

発電機の容量のをどれにすれば良いか教えて欲しいです。

何kwの発電機が必要か教えて欲しいです。

エアコンのスペック
・単相100V
・暖房能力 4.2KW(0.7kw〜4.7kw)
・冷房能力 3.6KW(0.7kw〜3.8kw)
・消費電力 暖房 1210w (170〜1275w)
・消費電力 冷房 1200w(155〜1230w)

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ここに有用な情報があります。ご確認下さい。
http://www.honda.co.jp/generator/choice/#step3
起動時エアコンは通常消費電力の2倍近くの電力を消費しますのでそれも考慮したほうが良いです。

Qなぜ自ら発光する星は動かないか?

恒星、惑星などの性質から、「自ら発光する星」は「動かない星」、「自ら発光しない星」は「動く星」と考えるのは正しいでしょうか。(動かない、というのは、ほとんど相対的に動かないことだと理解しています)

正しいとすれば、その理由が知りたいです。

なぜ発光する星は動かない(動かない星は発光する)のでしょうか。
同様に、なぜ発光しない星は動く(動く星は発光しない)のでしょうか。

Aベストアンサー

必ずしもそうではなくて、
たとえば、「連星」というのがあります。
二つの恒星(光る星)が近くに存在していて、
おたがいに回っているのです。
このように、光る星でも動くことがあります。

ただし、一般的には、質問のような傾向があります。
理由はなぜかというと、つまり
「光る星は重い」
「光らない星は軽い」
からです。

「光る星は重い」というより、
「重い星が光るようになる」
とも言えます。
宇宙で一番多い元素は水素ですが、
軽い星は重力が足りなくて、水素を引きつけておくことができません。
土星や木犀ぐらいの大きさになって、水素を引きつけられます。
さらに重くなると、水素の圧縮によって、核融合反応が起きます。
重い星は恒星(光る星)になり、
軽い星は光らないままです。

重い星と軽い星が近くに存在する場合、
軽い星の方が、重い星の周りを回ります。
たとえば、地球と太陽では、地球が太陽の周りを回ることになります。
(本当は太陽の方もわずかに回っているのだけど、
ほんのわずかなので見てもよくわかりません)

ただし、ブラックホールとか中性子星は重いけれど、光りません。
また、太陽も、銀河系の中を回っています。
いろいろ例外はあります。

必ずしもそうではなくて、
たとえば、「連星」というのがあります。
二つの恒星(光る星)が近くに存在していて、
おたがいに回っているのです。
このように、光る星でも動くことがあります。

ただし、一般的には、質問のような傾向があります。
理由はなぜかというと、つまり
「光る星は重い」
「光らない星は軽い」
からです。

「光る星は重い」というより、
「重い星が光るようになる」
とも言えます。
宇宙で一番多い元素は水素ですが、
軽い星は重力が足りなくて、水素を引きつけておくこと...続きを読む

Q同期発電機の負荷電流

今、仕事で同期発電機(原動機はガスエンジン)を立ち上げています。
同期発電機は立ち上げても、端子電圧が6600V発生しているにもかかわらず、すぐには負荷をとらずに、徐々に負荷をとり始めます。なぜそうなるのか、分かる方いらっしゃいますか?? 発電機の内部では、物理的にどのような現象が起きて電流を制限しているのか??分かる方いれば教えてください。

Aベストアンサー

同期発電機は、一般的なモーター(誘導電動機)と違って、流れている電流の大きさによって、回転速度が変化することはありません。

ご質問のように、内燃機関に接続されている発電機は、少しずつ負荷を増加させていかないと、内燃機関に負荷がかかりすぎて、安定した回転速度にならず、周波数を変動させる原因になります。

ですが、動力が水車などの場合は、数秒で最高出力まで増加させることが可能です。

では、実際にどのように制御されているかを説明します。

同期発電機の負荷(出力)は、固定子に巻かれたコイルの磁束と、回転子のポール(電磁石の磁極)との角度差によって出力が異なります。
固定子磁束に対して、回転子磁束の角度が進んでいる場合、発電し、遅れている場合、電動機になっています。つまり、接続されている原動機の出力が高くなり、回転子を回転させる力が大きくなり、固定子の磁束に比べて回転子のポールが少し進んだ角度を持って回転しているとき、発電し、その角度が大きくなるほど、つまり原動機の出力が大きくなるほど負荷が増えます。

同期機として回転するには、この角度にはある一定の範囲があり、この角度を超えた場合は、脱調と言って、同期機は運転できなくなります。

同期発電機であれ、誘導発電機であれ、接続されている原動機の出力によって、発電機の負荷が決定されるのであり、発電機の界磁や、他の発電機の制御によって負荷を増減しているわけではありません。

界磁電流を増減すると、発電機の出力電圧は変化しますが、電圧が高くなっても、発電機の入力(回転力)が変化しない限り、出力は変化しません。界磁を変化させて、最終的に変化するのは、発電機の力率です。
もっとも、力率は低下した分、発電機出力は若干低下する場合があります。

同期発電機の場合、原動機によって、同期速度になった発電機は、同期検定回路により、系統に並列されます。このとき、原動機は、最高出力の数%の出力になっています。
ここから、燃料を徐々に増加させ(内燃機関の場合)、水量を増加させ(水力の場合)、または、蒸気圧や蒸気量を増加させ(火力、原子力の場合)発電機出力を増加させています。

なお、自動車の場合でも、4速や5速のままで、アクセルを急に踏み込んでも、自動車の速度は急上昇しません。同じように、燃料を急上昇させても、それが直ちに発電機の出力にならない場合も当然あります。
これは、発電機と原動機の特性によるもので、特に制御しなくても、このようになる場合があるかもしれません。(が、負荷調整用の発電機として運転できませんが)

同期発電機は、一般的なモーター(誘導電動機)と違って、流れている電流の大きさによって、回転速度が変化することはありません。

ご質問のように、内燃機関に接続されている発電機は、少しずつ負荷を増加させていかないと、内燃機関に負荷がかかりすぎて、安定した回転速度にならず、周波数を変動させる原因になります。

ですが、動力が水車などの場合は、数秒で最高出力まで増加させることが可能です。

では、実際にどのように制御されているかを説明します。

同期発電機の負荷(出力)は、固定子に巻...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング