プロが教えるわが家の防犯対策術!

スペインでのマリア様信仰が厚いのは何故でしょうか。
マリア様信仰はキリスト教がゲルマン民族に布教する際に地母神と重ねやすいために利用された、と何かの本で読んだのですが、そうであればゲルマン民族であるドイツのほうがマリア信仰が厚くなるのではないでしょうか。
またスペインはイスラム民族に支配された時期があり、もともとイスラム教を信じていた人たちに改宗させるには、“一神教”父なる神イエスのみのほうが受け入れやすかったのではないかと考えました。
どなたかご存知の方、教えていただけると嬉しいです。

A 回答 (3件)

>マリア様信仰はキリスト教がゲルマン民族に布教する際に地母神と重ねやすいために利用された



誰ですか?
こんなデタラメを言うのは。
キリスト教におけるマリア信仰は、キリスト教初期のローマ帝国内に始まります。
ギリシャ・ローマ神話、エジプトの女神、などが元になっています。
ゲルマン人の地域への布教時は、アリウス派が初めに布教しました。
アリウス派では、マリア信仰は存在しませんので、ゲルマン人への布教のために利用したというのは誤りです。
(アリウス派においては、キリストは人間ですから、聖母という考え方はありません。)
当初カトリックは、ゲルマン人への布教に熱心ではなかったため、アリウス派がゲルマン人への布教を積極的に行います。

スペインで、マリア信仰がさかんになるのは、グアダルーペ信仰の拡大によります。
グアダルーペは、スペインのエストゥレマドーラ地方のグアダルーペ村の名前で、そこでは、褐色のマリアを信仰の対象としていました。
褐色のマリアは、中世にもたくさんあり、元は、ローマ帝国内で流行したエジプトのイシス信仰によるものとされています。

スペインの王となったカトリック両王が、グラナダ攻撃の途中でグアダルーペ村のマリア像に、戦勝を祈願したところ、褐色のマリアがスペインの勝利を預言し、その結果どうりにグラナダが陥落し、全スペインが統一されたことに始まります。
そのため、スペイン国内で、マリア信仰が、拡大します。
それを、イエズス会が、メキシコでの布教に利用します。
スペインがアスティカを制圧すると、イエズス会は、アスティカの女神コアトリクエの神殿に教会を建て、コアトリクエとマリアを同一視させるようになります。
コアトリクエは、アスティカの主神ウイツィロポチトリの母親でしたので、キリストを生んだマリアと一体化させたのです。
さらにそこで使われたグアダルーペは、メキシコの人達と同じ褐色の肌でしたから、メキシコ人がより一体化させやすくなっていました。
そのため、メキシコでは、褐色のマリア信仰、グアダルーペ信仰が極めてさかんになり、イエズス会は、褐色のマリア信仰を、他のアメリカ地域でも、積極的に広げるようになります。
そのため、新大陸において、マリア信仰は、急激に拡大し、それが、スペインへフィードバックされ、スペインから他のカトリック圏へと波及することになります。
現在メキシコ市のグアダルーペ寺院は、アメリカ大陸最大の巡礼者を集めています。

特にイエズス会が、新大陸におけるカトリックの勢力拡大という実績により、カトリック内で最も勢力を得ると、イエズス会によるマリア信仰も、カトリック内で圧倒的主流になってゆきました。

ルターによるマリア信仰の否定は、聖書への回帰という面のほかに、カトリックの勢力拡大の否定という面もありました。

>「ドルイド教」とは、霊魂崇拝の原始信仰で、聖なるものは自然の中に宿るとされていました。
ドルイド教とは、キリスト教とケルト人、特にアイルランドのケルト人の土着の精霊信仰が合わさってできたものを言い、キリスト教化される前のケルト人とは関係ありません。
聖パトリックが、アイルランドで布教した際に、用いられた手法で、スペインとは関係ありません。
ただし、イエズス会が、パトリックの手法を真似て、アスティカでの布教をした可能性はあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しい回答ありがとうございます。
参考にさせていただき、また調べてみます。

お礼日時:2011/05/18 00:07

http://ir.bliss.chubu.ac.jp/cgi-bin/retrieve/sr_ …

マリア信仰は、キリスト教世界では普通のことだった

1492年 レコンキスタ終了
16世紀 プロテスタントによるマリア信仰(≒偶像崇拝)否定
19世紀 カソリックにおけるマリア信仰の高揚

1 マリア信仰におけるドイツの特性
要は、ルターがマリア信仰を一生懸命否定したわけで、その否定の本拠地がドイツ

2 マリア信仰におけるスペインの特性
現状のマリア信仰は、19世紀になってからの傾向であり、15世紀以前とは基本的には関係ない。

3 イスラムにおけるマリア信仰
マリアじゃないけど
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A1% …

ファーティマを特別視する、シーア派はいるものです。

改宗の場合、似たような宗教への改宗もあれば、似てない宗教への改宗もあります。

イエスは神ではない、最後にして最大の預言者がムハンマドであるというのがイスラームの宗教教義です。それまで 歴史上の多くの預言者の中の一人だった イエスを 急に 神だ!というのは 無理が強いと思う
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございました。

お礼日時:2011/05/18 00:08

推測なので、参考程度にお考え下さい。



聖母マリア信仰の起源は、特に「ケルト人」達の地域信仰として根付いていた「地母神信仰」と深い関係があります。

「ガリアの地」(今のフランスを中心とする地域)がキリスト教化されるのは4世紀です。

それ以前は、この地には「ケルト人」が住んでいて、彼等は土着信仰とも言われる「ドルイド教」を信仰していました。

「ドルイド教」とは、霊魂崇拝の原始信仰で、聖なるものは自然の中に宿るとされていました。

古くから人々は、大地の中から生き物(特に穀物)が絶える事なく生まれ、且つ消えていく事をみて、この命あるものを生み出し且つ飲み込んでいく大地の力と、女性の持つ子供を産み育てる神秘的な力とを同じものとして崇めてきました。

その具象化が「地母神」と総称される女神達です。

その後、キリスト教が現れ、大地母神が聖母マリアに結びついて、聖母マリア信仰となったと考えるのが、最も一般的な説となっています。

そして、スペイン民族の先祖として定義されているのは、紀元前900年頃、ヨーロッパ中部(つまり今のフランスです)から侵入してきた「ケルト民族」とアフリカから侵入してきた「イベロ人」との出会いによって生まれた「セルティベロ人」とされています。

となれば、「セルティベロ人」にも「ドルイド教」の影響が残っている事が予想され、その為にスペインでも、大地母神が聖母マリアに結びついて、聖母マリア信仰になったのではないでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答いただきありがとうございました。

お礼日時:2011/05/18 00:08

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qキリスト教カトリックは一神教なのに マリア信仰の存在は何故?

キリスト教カトリックの最大の会派は、今でもイエズス会とありました。

イエスのみの一神教で、多神教を信望する者は異端とし迫害するくらいの唯一神。であるならば、聖母マリアはどんな位置付けなのでしょうか?。
またゼウス・マリアと江戸時代の仙台のキリシタン信者は弾圧の際にも「マリア」を最大の保護者として祈った。

唯一神であるならば、イエス様だけを祈ると推察されます。

クリスチャンの方には申し訳ありませんが、江戸時代の背景も含ませて、マリアの位置付けを知りたいのです。
しろうとだと緩やかな多神教に思えてなりません。

Aベストアンサー

No.6です。

私の前の回答は、やや言葉足らずでした。

私はクリスチャンではないので、現代のキリスト論を語るつもりはありません。

ただ、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教が唱える一神教というのは、それぞれの教義が確立した当初は「万能なる神」のみを信仰とするべきで、他の対象を信仰することは、信仰対象のズレをもたらしかねず、認められないものでした。(神を見立てた肖像画・彫刻も、神ではなく、その絵や彫像そのものが信仰対象となる恐れがあるとされ、認められなかったのです。)

それが、言葉の通じにくい他民族や教育を十分受けていない人たちへの普及のために分かりやすく、既存のものとオーバーラップさせる必要があったために、絵や彫像への信仰を認めたり、土着の母性信仰とオーバーラップさせるためにマリア信仰を黙認したり、という教義の解釈を現実に沿って微妙に変えてきました。

・・・という時代の経過と共に信仰対象が拡大され、現代の解釈とは大分違うものでした。

そのため、「マリアの位置付けを知りたいのです。
しろうとだと緩やかな多神教に思えてなりません。」という質問に対して、本来一神教であったキリスト教が、そうでない人々に教えを広めるために、多神教も母性信仰も取り込めるような柔軟な教義解釈に変わったんですよ、という点をお伝えしたかったとご理解ください。

No.6です。

私の前の回答は、やや言葉足らずでした。

私はクリスチャンではないので、現代のキリスト論を語るつもりはありません。

ただ、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教が唱える一神教というのは、それぞれの教義が確立した当初は「万能なる神」のみを信仰とするべきで、他の対象を信仰することは、信仰対象のズレをもたらしかねず、認められないものでした。(神を見立てた肖像画・彫刻も、神ではなく、その絵や彫像そのものが信仰対象となる恐れがあるとされ、認められなかったのです。)

それ...続きを読む

Qプロテスタントでのマリア崇拝は?

●キリスト教にはカトリックとプロテスタントがあり、カトリックはマリアも崇拝しているようですが、プロテスタントではマリアを崇拝してはいけないのですか。(マリアが描かれている絵画は結構多いと思いますが)

●またプロテスタントでは、十字架にキリストの像を入れないのですか。

わかる方がおられたら教えてください。

Aベストアンサー

>カトリックはマリアも崇拝しているようですが

これは誤りです。
カトリックでも聖母マリアを崇拝する事は禁止されています。
トリエントの公会議にて、
「神には崇拝を、三位一体(キリストの事)には礼拝を、聖人には崇敬を聖母マリアには超崇敬を行う」と規定しています。
つまり、聖母マリアは、特別な敬意の対象であって、崇拝の対象ではないのです。
カトリックでは、聖母マリアを敬意の対象として祈るのにたいし、プロテスタントの多くは、神への崇拝をカトリックよりも重視するために、質問者のような誤解を生じるのです。

聖母マリアを全く崇敬の対象としないのは、ネストリウス派(アッシリア教会)です。
ほとんど対象としてみない教派には、単性派教会(コプト教、アルメニア教会、エチオピア教会、ヤコブ派教会)があります。

>十字架にキリストの像を入れないのですか。

信仰の対象としてのキリスト像は、カトリック・プロテスタント共に禁止です。
キリスト教において、十字架は、信仰の対象ではなく、神のいる方向を示す目印にしかすぎません。
神は、世界に普遍的に存在していますが、キリストが十字架に掛けられて神の下に行かれたため、キリストの昇天した十字架を神の下へ通じる道であるとして、十字架の方向に向かって神に拝むのです。
十字架は、神のいる方向を単に示すだけのものですから、そこにキリストの像が有るほうが良いのか、必要ないのかは、各教会や司祭などの考え方によります。
礼拝・信仰の対象外のアクセサリーとしてならば、ほとんどの教会で問題にならないはずです。

ただし、十字架の方向に向かって拝む、ましてそこにキリストの像が有る場合、外からは、あたかも偶像崇拝に見えてしまう事は否定できません。

>カトリックはマリアも崇拝しているようですが

これは誤りです。
カトリックでも聖母マリアを崇拝する事は禁止されています。
トリエントの公会議にて、
「神には崇拝を、三位一体(キリストの事)には礼拝を、聖人には崇敬を聖母マリアには超崇敬を行う」と規定しています。
つまり、聖母マリアは、特別な敬意の対象であって、崇拝の対象ではないのです。
カトリックでは、聖母マリアを敬意の対象として祈るのにたいし、プロテスタントの多くは、神への崇拝をカトリックよりも重視するために、質問者のよ...続きを読む


人気Q&Aランキング