先日1年間放置した軽トラの復活方法を教えていただきました。
プラグ穴からCRCを吹き込んだら、あっさりかかってしまいました。
しばらく黒煙吐いてましたが、やがておさまり一件落着。

ガソリン車についてはこの方法でかかることがわかったのですが、
ディーゼル車の場合はどうすればいいんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

シリンダーの油膜切れなんて、心配する必要はありません。

セルモーター程度の回転数では焼き付く事などありませんから。
で、始動法ですが、まず、バッテリーは完全に充電されたものを使用すること。そして、油膜切れが心配なら(気分的なものですが)噴射ノズルに繋がる配管を緩めたまま10秒ほどクランキングすればOKです。
キーをオンにしてしばらく待ってから(少なくともメーターパネルに付いているグローインジケータが消灯するまで)アクセルを一杯に踏み込んでセルモーターを廻します。エンジンがかかりかけてもそのまま回転が安定するまでセルモーターを廻し続けます。
エンジンがかかるようになれば後はオイルを交換(エンジンオイルは劣化している可能性が高いので)すれば良いでしょう。

一週間エンジンをかけなかった車も一年間そのまま放置した車も油膜が切れているという事に関しては同じです。
エンジンの中にオイルさえ入っていれば全く心配する必要はありません。

ディーゼルなら燃料が変質する事も少ないので、始動がしにくい冬季の始動法(つまり、上記の方法)で行えばかかるはずです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ディーゼル車は1年放置してもバッテリーが生きていたらかけられるんですね。
参考になりました。
回答どうもありがとうございました。

お礼日時:2003/10/11 20:43

う~む、プラグ穴が無いですからねぇ。


やはり一番怖いのが油膜切れによる焼き付きですから、何らかの方法でシリンダー内にオイルを入れてやら無いと、ちょっとイヤですね。
まあ、軽油自体がガソリンに比べて油分が多いのでそこまで気を使わなくても大丈夫かも・・・。

始動については、セルさえ回ればガソリン車より簡単に掛かると思います。
たしか燃料の劣化もガソリンに比べると少ないので、何もしなくても、結構簡単に掛かってしまうはずです(農機なんて1年に1度しか使わないのはざらですしね)。
ターボ車でなければ、案外平気かもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

軽油で潤滑してるのを忘れてました(^^;)
参考になりました。
回答どうもありがとうございます。

お礼日時:2003/10/11 20:45

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qガスディーゼルエンジンて

ガスディーゼルエンジンてディーゼルエンジンとどこが
違うのですか?
ディーゼルエンジンに点火装置がついているとどこかで
聞いたような。見たような

Aベストアンサー

ディーゼルエンジンの点火法には、ネバリの出る圧縮点火と、ガソリンエンジンの様なプラグ点火のオットータイブが有ります。
ガスディーゼルエンジンは何のガスを使用するものかが分かりませんが、もしかしたらジメチルエーテル関係でしょうか、これはEco燃料で注目されててぼつぼつ世に出て来ても良い頃です。他にも色々な燃料が有り用途に応じて点火法は決まると思います。

Qディーゼル黒煙減少の添加剤

黒煙減少のための添加剤が各社販売されていますが一番効果の有るものは何でしょうか?
私はKUREのスモークアウトと言う商品を使っていますが、即効性がなく3本ぐらい続けて目に見えた効果がある状態です。
即効性のある商品もありましたら教えて下さい。

Aベストアンサー

修理屋さんは車検に行く前に日産部版の物を入れています。

Qディーゼルエンジンの今後

数年前にディーゼルエンジンの規制がされましたが、業界の方達は「今後ディーゼルエンジンは未来が開けている、将来性十分だ。」と言いますがどの点がそうなのでしょうか?
また海運事業の好調により船に搭載するディーゼルエンジンの会社(ダイハツディーゼル)が業績を上げているらしいようですが、船のエンジンでご存知のことがあればぜひお教え下さいませ。

Aベストアンサー

同じコトを書き込むのは何回目かな?

ディーゼルエンジンの将来は、ガソリンエンジンより開けているかも知れません。
もともと、ガソリンより効率の良いエンジンですから、特性にあったセッティングさえ出来れば動力源としても優れている面が多いでしょう(効率面に目を付けたル・マンにおけるAudiの成果は知ってますよね)。

多分、日本のディーゼル規制のせいで、ディーゼルを過去のモノと勘違いされているのでしょうが、ディーゼルエンジンから高濃度の亜硫酸ガスが排出されているのは、日本で流通する経由が硫黄分の多い中東原油由来であることが主要な要素であり、ヨーロッパで主流の硫黄分の少ない北海原油由来の軽油では亜硫酸ガス排出量が少ないのです。
日本でも原油精製の際に脱硫装置を通せば北海原油並みに硫黄分の少ない軽油の供給が可能ですが、設備投資を嫌った業界の圧力で政治・行政が動かなかった結果、「ディーゼルは汚い」との一方的な評価が定着したのです。

また、エンジンの制御技術の進化によって、ガソリンエンジンに劣らない動力性能を持たせることも可能になったのです。

硫黄分の少ない軽油を使うなどの条件を満たすことが出来れば、排ガスの成分や炭酸ガス濃度などトータルでのディーゼルエンジンの環境負荷はガソリンエンジンよりも低いことは厳然たる事実です。

船舶用のエンジンは、パワーボートなど一部の用途以外、比較的低回転域(大型船舶は数百回転のレベル)で安定して回っていれば良いので、ディーゼルエンジンの得意とするところ(と言うより、低速トルクの不足するガソリンじゃ効率が悪すぎる)です。ガスタービンは高速で回転していますが、ギアボックスで減速しますし、何よりも安定した一定回転向きのエンジンですからね。

同じコトを書き込むのは何回目かな?

ディーゼルエンジンの将来は、ガソリンエンジンより開けているかも知れません。
もともと、ガソリンより効率の良いエンジンですから、特性にあったセッティングさえ出来れば動力源としても優れている面が多いでしょう(効率面に目を付けたル・マンにおけるAudiの成果は知ってますよね)。

多分、日本のディーゼル規制のせいで、ディーゼルを過去のモノと勘違いされているのでしょうが、ディーゼルエンジンから高濃度の亜硫酸ガスが排出されているのは、日本で流通する...続きを読む

Qディーゼル自動車の黒煙を少なくするには?

お世話になります。

私の兄が普通自動車(ディーゼル車)に乗っているそうです。
車検で黒煙が引っかかるらしいので
どうしたら黒煙が少なくなるのか教えてほしいそうです。


(1)噴射ノズルの交換は素人でも出来ますか?

(2)黒煙除去装置(DPF)は、おいくらくらいですか?
どこかに売っていますか?
素人が装備できますか?

(3)その他、
黒煙の原因や、少なくする方法など
いろいろな情報を頂けるととても嬉しいです。

兄は素人とはいうものの、車に結構詳しいようで
自分で車検を行っているそうです。

ご回答よろしくお願い致しますm(__)m

Aベストアンサー

>(1)噴射ノズルの交換は素人でも出来ますか?

出来る人には出来ますが出来ない人には出来ません。
その人のレベルによる話で、あった事もない人では判断は出来ないですよ。
黒煙が発生する理由は、燃料噴射ポンプの方が結構あります。
ただ、燃料噴射ポンプの多くは専門メーカー以外分解不可となって居ます。


>(2)黒煙除去装置(DPF)は、おいくらくらいですか?
>どこかに売っていますか?
>素人が装備できますか?

大体100万位でしょうか。
ただ、乗用車用などはありません。トラック用しかありません。
トランクはDPFだけで埋まるでしょう。
車の改造になりますので、そのご、排ガス検査を受けるのに30~50万位掛かります。
装着に関しても装着すればOKではありません。
溶接などもらくらくこなすよな人でなければそもそも無理で、その後の検査は数千万もする様な設備が必要になります。それも自分で用意してと言うのなら出来ると言う事も言えるかもしれませんが、設備を入れて認証を取ってといくら掛かるか判りませんが。。。


>兄は素人とはいうものの、車に結構詳しいようで
>自分で車検を行っているそうです。

それであれば貴方が質問しても無意味な部分が多くなりますよ。
本人が質問するのであればまだ、要点が判るでしょうが、要点が判らないん人が漠然と質問すると上の様な回答になってしまいます。

数千万掛けてDIYでやるか?
まあ、DIYの定義自体、楽しんでやる物ですので、出せるお金があればかなりの所までは出来るとなります。

ただ、現実問題から言えば、ディーラーで整備してもらってください。
そうすれば、新車の時までは行かなくても、ある程度良くなりますよ。
と言う事になります。

>(1)噴射ノズルの交換は素人でも出来ますか?

出来る人には出来ますが出来ない人には出来ません。
その人のレベルによる話で、あった事もない人では判断は出来ないですよ。
黒煙が発生する理由は、燃料噴射ポンプの方が結構あります。
ただ、燃料噴射ポンプの多くは専門メーカー以外分解不可となって居ます。


>(2)黒煙除去装置(DPF)は、おいくらくらいですか?
>どこかに売っていますか?
>素人が装備できますか?

大体100万位でしょうか。
ただ、乗用車用などはありません。トラック用しかありませ...続きを読む

Qディーゼルエンジンはなぜ高い

ディーゼルエンジンとガソリンエンジンの車を比べるとディーゼルエンジンの車の方が圧倒的に高い のですが、なぜでしょうか?

Aベストアンサー

ディーゼルエンジンがガソリンエンジンと仕組みが異なります。
ガソリンエンジンより圧縮比が高いので、

(1)エンジンブロックを頑丈に作らないといけない ⇒コスト上昇
(2)高圧縮のエンジンであるため、始動する際は高出力なスターターモーターが必要 ⇒コスト上昇
(3)ガソリンエンジンより精密な燃料噴射装置が必要 ⇒コスト上昇
(4)同排気量の場合、自然吸気だとガソリンエンジンより出力が低く、また熱効率的にも過給機を付けた方が都合が良いから必然的にターボチャージャーの採用が増える ⇒コスト上昇
(5)ガソリンエンジンのようなスロットルバルブが無いから、ブレーキアシストのための負圧が発生しないため、別に負圧を発生させる装置が必要になる ⇒コスト上昇
(6)ガソリンエンジンよりも振動面で不利なため、防振対策が必要になることがある ⇒コスト上昇
(7)浮遊粒子状物質やNOx対策のため、その除去装置が必要になることがある ⇒コスト上昇



一番の原因はターボの装着ではないでしょうか
ディーゼルはターボを付けないと燃費的にも出力的にも不利なのです。
付ければ燃費も出力も向上する、だからつけざるを得ない。

ディーゼルエンジンがガソリンエンジンと仕組みが異なります。
ガソリンエンジンより圧縮比が高いので、

(1)エンジンブロックを頑丈に作らないといけない ⇒コスト上昇
(2)高圧縮のエンジンであるため、始動する際は高出力なスターターモーターが必要 ⇒コスト上昇
(3)ガソリンエンジンより精密な燃料噴射装置が必要 ⇒コスト上昇
(4)同排気量の場合、自然吸気だとガソリンエンジンより出力が低く、また熱効率的にも過給機を付けた方が都合が良いから必然的にターボチャージャーの採用が増える ⇒コスト上昇
(5)...続きを読む

Qディーゼル車はバッテリー上がってもエンジンかかる?

ガソリン車はバッテリー(電気)がないと、エンジンがかからなくて、ディーゼル車は電気がなくてもエンジンはかかると聞いたのですがほんとでしょうか?
だとするとどういう仕組みの違いでしょうか?
エンジンがかかって、走行はできるのでしょうか?

Aベストアンサー

バッテリーが上がったらまず、セルが回りません。

ディーゼルはエンジン始動のとき、点火用のコイルに通電させ発熱させてから、燃料を爆発させ、一度エンジンがかかってからは爆発の余熱でコイルの発熱状態が維持されるので、電気が必要なのはエンジン始動のときだけです。
(もしかしたら、押しがけすればエンジンかかるかも^^;)

走行中にバッテリーが上がってもエンジンを切らない限り動くと思いますが、エンジンを切って翌日とかはダメでしょう。

ディーゼル車にのった事無いので間違っているかもしれませんが、原理は間違えていないはずです。

余談。
バイクだと、キックペダルが付いていればバッテリーが無くてもエンジンはかかります。

Qコモンレールディーゼルエンジンは高寿命?

ガソリンエンジンとディーゼルエンジンとでは
ディーゼルエンジンの方が高寿命といいますが

最近出てきたコモンレール方式ディーゼルはどのくらい高寿命といえますか?

ディーゼル>コモンレールディーゼル>ガソリンエンジン

この式の解釈で合ってますか?

Aベストアンサー

コモンレールのディーゼルエンジンなどは燃料を高圧噴射させるために特殊な燃料ポンプを使用したり、高圧に耐えれるパイプ、インジェクターなどに替わっています。
この高圧が問題で、高圧ゆえにホースやパイプに負担がかかりやすく、また出たばかりの技術ゆえ寿命が怪しいところがあります。
なので「ディーゼル>コモンレールディーゼル>ガソリンエンジン」も
正しい解釈とも言えます。
しかしながらきちんと決められた時期に決められたメンテナンスをしていれば「ディーゼル=コモンレールディーゼル>ガソリンエンジン」も
正しい解釈とも言えます。
参考にしてください。

Q愛知県でBDF(バイオディーゼル燃料)を使用し中古のディーゼル車に乗ることは可能か?

バイオディーゼルの燃料を廃油から精製し製造することに興味を持ちはじめた者です。
深い知識はありません。
最近はマツダの新排ガス規制に適応したディーゼル車が人気のようですが、この車にBDF燃料を入れて走らせたいと考えました。
その前に中古でディーゼル車を購入し使用したいと思ったのですが、東京都などからスタートした排ガス規制などでディーゼル車は登録ができないと聞きました。
これをBDF専用車にしたら排ガス規制などの諸条件はクリアして登録、利用はできるのでしょうか。
具体的にはエスティマエミーダ、ルシーダのディーゼルを購入しBDF専用車として愛知県で登録したいのですが可能でしょうか。

Aベストアンサー

こんにちは。

愛知県は自動車NOx・PM法による指定地域なので規制開始前のディーゼル乗用車も排出する
NOxとPMの量が規制値以下で無いと乗れません。
規制値等は以下のURLをご参照下さい。
http://www.env.go.jp/air/car/pamph/index.html

規制値はBDF燃料を使うからと言っても優遇措置は無いようですのでお乗りになりたい車の
排出量をデーラー等で聞いて下さい。
超えているなら何か後付けして規制値をクリアしないと乗れません。

トラックでは後付けのPMフィルター等が売られていてそれらを着けて検査を受ければ許可が
でるそうですが、結構大きな物らしく乗用車に後付けは困難だとこの規制が始まる当時に
聞きました。

後、新車を買う場合もデーラーにBDF燃料を使って問題ないか、補償も効くのか確認
された方が良いと思います、高い買い物なので。

Qディーゼルエンジン?

よく目にしますが、ディーゼルエンジンって何ですか?
ディーゼル=軽油?を燃料としたエンジンという事ですか?
ガソリンエンジンに比べての優劣はどんな点にあるんでしょうか。
自分が思うに、軽油はガソリンより割安なので経済的であるという事、レギュラーガソリン車より省燃費になるのかな?という事ぐらいです。
ディーゼルエンジン車はこれから確実に普及してガソリンエンジン車は淘汰されていくのでしょうか?
既に発売されてるディーゼルエンジン乗用車はあるんでしょうか?
今後、車に使用される材料?の値上げに伴い、車両価格も現在に比べ割高になるのかなと思いますが、仮に同じ車でディーゼルエンジン車とガソリンエンジン車とがあった場合、車両価格はどちらが高くなるんでしょうか。

Aベストアンサー

>ディーゼルエンジンって何ですか?
エンジン内部で、燃料を点火爆発させるのに、高圧縮による発熱で自然発火させる形式のエンジンです。 (ちなみに、ガソリンエンジンは点火プラグの火花で着火させています)

>ディーゼル=軽油?を燃料としたエンジンという事ですか?
はい、それでOKです。(厳密には違うモノも有りますが、車の場合はその通りです)

>ガソリンエンジンに比べての優劣はどんな点にあるんでしょうか。
大型のバスやトラックは、私の見る限り全てディーゼルエンジンです。
理論的に効率が良く経済的ですが、大きく重くなる傾向があります。

>ディーゼルエンジン車はこれから確実に普及してガソリンエンジン車は淘汰されていくのでしょうか?
一長一短が有りますので、何ともいえません。
大型トラックではガソリンエンジンは淘汰されましたが、軽自動車や原付のエンジンは100%ガソリンです。
経済性を重要視するタクシーは、どちらでもないガス燃料です。 燃料自体がクリーンなので、排気ガスも一番クリーンです。

>既に発売されてるディーゼルエンジン乗用車はあるんでしょうか?
以前は、カローラでも何でも、ほとんど全ての乗用車にディーゼルエンジンがラインナップに有りましたが・・・最近は無くなっているのかな?
海外ではディーゼルに人気があるので、海外で販売されているモデルには今でも必ずディーゼルエンジン車があるかと。 

ホンダのクリーンディーゼルシステムはアメリカの新基準TierII Bin5をクリアし、72年のマスキー法をクリアしたCVCCエンジンに並ぶ快挙として話題になりアコードに搭載されてましたが・・・日本では販売されていないのかな・・・。 

>同じ車でディーゼルエンジン車とガソリンエンジン車とがあった場合、車両価格はどちらが高くなるんでしょうか。
ディーゼルの方が高いです。 先々10万キロ走ったとして燃費が安くなる分を考慮しても高いくらいで、20万キロくらい走るとガソリン車とトントンと言った感じの価格差でしょうか。

>ディーゼルエンジンって何ですか?
エンジン内部で、燃料を点火爆発させるのに、高圧縮による発熱で自然発火させる形式のエンジンです。 (ちなみに、ガソリンエンジンは点火プラグの火花で着火させています)

>ディーゼル=軽油?を燃料としたエンジンという事ですか?
はい、それでOKです。(厳密には違うモノも有りますが、車の場合はその通りです)

>ガソリンエンジンに比べての優劣はどんな点にあるんでしょうか。
大型のバスやトラックは、私の見る限り全てディーゼルエンジンです。
理論...続きを読む

Q【自動車・ディーゼル車】ディーゼル車は天ぷらを揚げた後の油をろ過したものを入れても走るそうですがそれ

【自動車・ディーゼル車】ディーゼル車は天ぷらを揚げた後の油をろ過したものを入れても走るそうですがそれはなぜですか?

なぜ天ぷら油でもディーゼル車は走るのでしょうか?

一方のガソリン車はなぜ天ぷら油じゃ走らないのでしょう?

廃油で走るディーゼル車は何も改造しなくても天ぷら油の廃油を入れても走るのでしょうか?

何か改造が必要なのでしょうか?

Aベストアンサー

実際には、サラダ油そのモノでは使えません
チョットだけなら走れても、燃料系を傷めます

その為にバイオディーゼル油にするために、
当然不純物を取り除くための濾過もしますが、その他にも化学処理を行います

>一方のガソリン車はなぜ天ぷら油じゃ走らないのでしょう?
ガソリンは水の様にサラサラとしてますし、揮発性も高く引火しやすい
ディーゼル油(軽油)は、ガソリンよりも粘性があり、揮発性も比較的低い

同じ油でもその性質は随分違う

それぞれの燃料の特性に適したエンジン構造になっているので、異なる燃料を使う事は出来ません

>ディーゼル車は何も改造しなくても天ぷら油の廃油を入れても走るのでしょうか
サラダ油を加工する場合に、ガソリンと同じレベルにするのは困難だが、ディーゼル油と同じレベルにするのは比較的容易なので、ディーゼル油として精製しているのです

エンジンを加工しなくても良いように、油の方を加工しているのです


人気Q&Aランキング

おすすめ情報