人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

2週間ほど前、抜歯のあとに入れ歯、ブリッジ、インプラントのどれにするかを迷っているという質問に対して、歯科医はブリッジをしないという回答がありましたが、本当なのでしょうか。
実は私も最近抜歯をして(右下6番)、入れ歯、接着ブリッジ、インプラントのどれにしようか迷っています。
普通のブリッジは歯を削る量が半端でなさそうなので、あまり気乗りがしません。
歯科医がブリッジをしないなら、ブリッジは問題をかかえているのでしょうか。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

歯科医がブリッジをしないというのは根拠がありませんw


それぞれ一長一短ですし、治療を受ける人の体調、経済的環境、時間的状況に依るでしょうから。

ブリッジは勝負が早いです。
削って、型どりをして、次回か次々回には完成です。
おまけに保険適応なので安くつきます。
ただし両側の歯を削るというデメリットはあります。
両側の歯がもともと差し歯だとか、金属が入ってるのであれば、それをやり直してブリッジに利用するだけで済むのですが…

インプラントは削らなくて済みますし、自分の歯のように使え、上部構造も自費のきれいな義歯が入るので、再び歯が生えたかのような状態になります。
ブリッジや入れ歯は抜けた歯のところの顎骨が長期にわたって吸収していきますが、インプラントは悪くならない限り、骨吸収がほとんどありません。
もちろん手術の必要がありますので、他の二つより、それなりに高いリスクはあります。
手術やその後の経過がうまくいかなければ、痛い思いをしただけで終わってしまうこともあります。
また手術直後から使えるわけではなく、インプラントが骨に定着するまで経過観察が必要ですし、手術してから使えるようになるまで約半年~1年くらいはかかります。
あと自由診療なので価格は病院によって異なりますし、高価です。

着脱可能な入れ歯は削る量はほとんどありません。
保険適応なので安価に作れます。
上記二つは普通の歯のように歯ブラシできますが、これはコンタクトレンズのようにいちいち外して手入れする必要があります。
若い人がこれを選択することはほとんどないかと思います。
また、バネで両側の歯にひっかける必要があるので、チラリとバネが見えてしまう可能性もあります。
もっとも、歯科業界の人以外は他人の口元をマジマジみることなど無いでしょうが・・・
    • good
    • 44
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。根拠はないのですか。
あちこちの情報を見ると、ブリッジの評判はあまり良くないのでそのせいだと思ってました。
ブリッジは両側の歯を大きく削るので、その歯が虫歯になり数年しか持たないということも聞きました。
もっとも、私の知り合いは25年前にブリッジにして今も使えていると言ってますが。
私も今後を考えると、そろそろ決めなくてはならないのですが、
ブリッジは両側の歯を3/4ほど削ると言われて「ブリッジはないな」と思っています。
(接着ブリッジというのがあることを聞き、多少心が動いています)
あとは入れ歯ですが、実は反対側の歯(左下6番)は入れ歯になっており、
左右両側が入れ歯だと硬いものは噛めないのかと考えて、躊躇しています。
ただし、両側の歯に与えるダメージは少なく、その後もブリッジやインプラントもできるので、
心理的な抵抗はほとんどありません。とりあえず、入れ歯にして様子を見ようとも思ってます。
年も還暦を超えているので、バネが見えるのは気にしません。
インプラントは魅力がありますが、値段の差が大きく、5~6箇所のクリニックの話を聞きましたが、
骨に穴を開ける恐怖心が抜けません。うまく行かない例もあるようですし。

お礼日時:2011/05/30 14:36

歯科医の中には、歯を削ることを嫌がる先生もいらっしゃいます。

ブリッジ以外の選択肢は入れ歯かインプラントになり、それぞれメリット、デメリットがあります。それらの説明をしっかりと受けた上で選択されることをお勧めします。
    • good
    • 5

専門家紹介

日本で最初のホワイトニングサロンを銀座にオープンさせて以来、講演活動などを通して国内のホワイトニングを牽引しています。常に新しい技術を習得することを心がけており、年2回アメリカの審美学会に出席、日本人の歯を白くすることに貢献しています。
http://profile.ne.jp/pf/dr-tsubaki/

詳しくはこちら

専門家

ブリッジを勧めない歯医者さんも増えてきていると思います。



理由はデメリットが大きいことでしょう。まず、健康な歯を削らなければならないことで、後に削った歯も抜いた歯の分の負担を受け、結局、その歯も抜くことになる場合が多いようです。

私も第2臼歯の治療中に薄く削った結果、食事中に割れてしまい、抜かなければならない状態になり、抜くのはいつでも出来るとの考えから、何軒か歯医者を巡って、結局、4軒目の先生が割れた臼歯を一度抜き接着剤で貼り付け、管を被せ何とか持たせています。この先生の治療は手間も掛かりますし、そのような方法があるとは思いも付きませんでした。

もし、その歯を抜くにしても、私にはブリッジの選択肢はありませんでした。若くて健康であれば、インプラントそうでなければ入れ歯だと思いますよ。

但し、面倒見のいい歯医者さんを選れぶことが大前提です。
    • good
    • 31
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
私も健康な歯を大きく削ることには非常な抵抗があります。
削ることが怖いこともありますが、一本の歯を救うのに2本を犠牲にするのが納得できないのです。
そのため、反対側は噛みにくいことや手入れが面倒なことを甘受して入れ歯にしています。
将来はインプラントも考えています。(費用は割り切ってあとは決断だけです)
ただし、今回の抜歯した歯は歯茎が細っているので、インプラントには追加施術が必要と言われました。
また、他の回答者様に書いたようにインプラントの成功率は上がってはいるものの、
少数とは言え、うまくいかない例もあるようで頭の痛いところです。

話は違いますが、回答者様の第2臼歯の処置は内容は良くわかりませんが驚きです。
歯を救うためには何軒も歯科医を回る努力が必要なのですね。

お礼日時:2011/06/01 20:16

こんにちは。

歯科医から見れば,インプラントが(もっとも美味しい・・・)

今は,ソフトな入れ歯もありますよ。当然,金具もありません。もちろん保険適用外ですが。
年齢的な面から,インプラントは如何かと思います(合う合わないがあって,合わなかった場合には大きな穴が残ります)。すでに入れ歯があるのであれば,左右の入れ歯をソフトで入れるのが良いように思います。年齢から見て,ブリッジでも良いのではないかなぁ。自費にすれば,白い歯にできますよ。
    • good
    • 31
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。
インプラントは前の回答者様のお礼の中に書いたように、今一歩踏ん切りがつきません。
インプラントを入れた知り合いに聞くと好評のようですが、一方では問題があるケースもあるようで悩んでいます。

>今は,ソフトな入れ歯もありますよ。
これはスマイルデンチャーのことでしょうか。
かかりつけの歯医者に相談しましたが、あまり強くは勧められませんでした。

確かに、年齢を考えると耐用年数などをそれほど重視する必要はないかも知れませんね。
価格は安い方がいいですが、使用感と安全性を重視したいです。
保険適用はあまり気にしてません。

お礼日時:2011/05/30 20:48

保険医の場合ブリッジを勧めましたね。


保険治療ではそれしかないのでしょう。

私は一本のために左右を犠牲にしたくなかったのでインプラントにしました。
    • good
    • 20
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
やはり、一本のために両側を犠牲にするのは嫌ですよね。
ブリッジにするのは、考えます。
インプラントは歯茎が細っているので、面倒らしいです。

お礼日時:2011/05/30 07:50

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q銀歯のブリッジは嫌、でもお金が無い

私はとても歯が悪いです。
3本の歯の真ん中の歯を抜いてしまって無い箇所があります。
何箇所かブリッジを入れないといけませんが、
前歯の近くにはどうしても銀歯は嫌なんです。
しかし保険がつかえる歯でブリッジだと銀歯しか無いと言われて困っています。
奥歯なら銀でもいいのですが・・・
普通に笑って銀が見えてしまうのは、ちょっと・・・

でもセラミックを入れるとすると1本8万で私の場合1箇所治すのに24万かかります。
なんと2箇所もあるので48万!そんなお金は無いんです。
保険が利いて白い歯でブリッジって出来ないんですか?
差し歯は白い歯で保険が使える歯があるのに・・・
本当にブリッジで保険が使えて白い歯は無いのでしょうか?

またそのような治療を行なっている歯医者さんがあれば教えて欲しいです。
千葉市内や近辺なら通えますので是非教えてください。

本当によろしくお願いします。

Aベストアンサー

保険のルールで、ブリッジの支台となる歯は犬歯から犬歯まで(3番から3番まで)は白い歯、それより奥の歯(4番から8番まで)は銀歯と決められております。単独の歯なら犬歯のすぐ奥ともう一つ奥まで(4番と5番)は白い歯でできることになっています。

ですから、全部をかぶせる場合は全て銀歯になってしまいます。

ひとつだけ方法があるとしたら、ブリッジの支台となる歯の全てを削らずに、唇側(頬側)を残しておける場合があります。その支台の状態や噛み合わせの状態によって可能か不可能か、担当の先生にお聞きになってはいかがでしょうか? 「5分の4CKブリッジ」と一般的には呼んでいますが・・・。

■3本ブリッジで24万円というのは妥当な額だと思います・
■歯の数え方、、、3番とか5番とかはわかりますか?下のURLでいうと犬歯が3番、第一大臼歯が6番ということになります。

参考URL:http://www.dental-saga.or.jp/happy/okosama/hasiki-zu.html

Q抜歯したところには必ず歯を入れなければなりませんか?

先日歯医者さんに行って左上6番の虫歯を削ってもらったところ、
歯が中で割れてしまっているので抜歯するしかないと言われました。

抜歯後5番と7番の歯を削って銀色のブリッジをかけることになると言われたのですが、
5番が銀色になってしまうと笑ったときにとても目立ちそうで悩んでいます。

先生は銀色のブリッジ以外に方法を提示して下さりませんでした。
自分で少し調べてみたところ、保険外でセラミックのブリッジが出来ることがわかりましたが、
なんせ値が張るので当分は出来そうにありません。

私としては、笑ったときに銀歯がキラリ…となるくらいなら
多少不便でも一本だけ義歯にするか、歯が一本ないままにしておいたほうが良いくらいなのですが、
上顎6番が欠損したままだとかみ合わせにかなり不調がでるものでしょうか?
また抜歯後に歯を入れないでいると、そこに向かって周りの歯が傾いてくると聞いたことがあるのですが本当でしょうか。

抜歯後に歯を入れずにそのままにしている方もいらっしゃるようですが、
私の場合はそうもいかないのでしょうか。
どんな場合だと歯を入れずそのままにしても平気なんですか?
それとも平気じゃないのでしょうか。

歯医者通いを避けてきたことを本当に後悔しています…。

先日歯医者さんに行って左上6番の虫歯を削ってもらったところ、
歯が中で割れてしまっているので抜歯するしかないと言われました。

抜歯後5番と7番の歯を削って銀色のブリッジをかけることになると言われたのですが、
5番が銀色になってしまうと笑ったときにとても目立ちそうで悩んでいます。

先生は銀色のブリッジ以外に方法を提示して下さりませんでした。
自分で少し調べてみたところ、保険外でセラミックのブリッジが出来ることがわかりましたが、
なんせ値が張るので当分は出来そうにありませ...続きを読む

Aベストアンサー

左上6を抜歯したとの事ですが、確かに銀歯が見えてしまうのは嫌なものですね。

しかし、基本的に抜いたところをそのままというのは良くないと思います。

親知らずは例外なのですが、他の歯を抜いた後には、今までとなるべく同じように噛めるように、他の歯(となりの歯や噛み合せている歯等)が空いたスペースに寄ってきて噛み合せが狂わないようにという意味などでその場所に歯を増やすことがほとんどです。

質問者さんの状態が詳しくは分かりませんのでなんとも言えませんが、歯を増やさなくても良い場合というのはあまり無いように思いますが、無いことはありません。

ただ、この場合は歯を増やさなくても大丈夫というように断定するのは非常に難しいです。

元々、そこに歯がない人などは何もしなくても大丈夫な場合があります。

しかし、抜いた場合は、抜いた歯が両隣の歯やかみ合わせている歯を抑える役目も果たしていたと考えられます。

それが無くなれば動いてしまう可能性は高いでしょう。

つまり、通常の場合は増やした方が良いでしょう。

no,1さんの場合は時間が経ってしまっていて、プラス要素よりもマイナス要素の方が多いと担当の先生が判断したためでしょう。

マイナス要素とは歯が傾きすぎていて削ってブリッジをかける場合、神経を取らなければならない、矯正をしなければならない、かみ合わせている歯が空いているスペースに飛び出してきてしまっているなどです。

また、歯を増やす方法としては、下記のものなどが考えられます。

1、ブリッジ
両隣の歯を削り、つながっているかぶせ物を入れます。
保険外治療なら、白いものを入れることができます。

2、入れ歯
場合によりますが最低でも両隣の歯に金属の留め金をかけることになります。
少し留め金が目立つかもしれません。
保険外なら留め金をかけずに済むシリコンデンチャー(場合にもよりますが2~3本分までが適応)といったものもありますが、取り扱っている医院はかなり少ないです。

3、インプラント
歯を支える骨に穴をあけて、そこに頭が歯の形をしたネジを埋め込みます。
完全な保険外治療です。

4、移植
質問者さんの場合、左上6との事なので、左上の親知らずが残っている場合、それを移植してくることが可能かも知れません。
予後が良くない場合が少なくありません。
保険外です。

以上の様なことが考えられます。
どれが1番のお勧めかといわれると困ってしまいますが、恐らく、保険外の白いブリッジが一番妥当なのではないでしょうか。

質問者さんの状態などが分からないので、当てはまるかどうかは分かりませんが、はじめに保険のブリッジで歯が寄ってきてしまう等の弊害を抑制してから、お金が溜まるのを待って白いものにするというのが私の一番のお勧めです。

もう一度担当の先生と相談してみてはいかがでしょうか。

長くなってしまってすいません。
良い結果が得られるといいですね。

左上6を抜歯したとの事ですが、確かに銀歯が見えてしまうのは嫌なものですね。

しかし、基本的に抜いたところをそのままというのは良くないと思います。

親知らずは例外なのですが、他の歯を抜いた後には、今までとなるべく同じように噛めるように、他の歯(となりの歯や噛み合せている歯等)が空いたスペースに寄ってきて噛み合せが狂わないようにという意味などでその場所に歯を増やすことがほとんどです。

質問者さんの状態が詳しくは分かりませんのでなんとも言えませんが、歯を増やさなくても良い...続きを読む

Q抜歯しました。移植・ブリッジ・部分入れ歯どれが最適ですか?

現在29歳です。1ヶ月前子供を出産しました。
歯周炎で口臭が気になるので、歯科に行きレントゲンをとったところ、歯石の治療などよりも先に、5番目の右下の奥歯を抜歯しました。
この歯は大昔に神経をぬいていて、今までかぶせ物をしていました。
歯茎が黒ずんでいます。4番は健康な歯で6番は小さく丈夫にかぶせ物をしています。
1 お医者さんにはブリッジをすると言われていますがブリッジだと健康な4番の歯を削ることになり抵抗がある。
2 口臭が気になって歯科にいったのに、ブリッジは口臭の原因になりやすいので気になる。
3 右上の親知らずが虫歯になっているので、抜歯を薦められているので、この親知らずを移植したいが、移植の処置は普通の町の歯医者で出来るのか? また、ブラックマージになっているほど弱っている歯茎の部分に移植は可能なのか?
4 ブリッジよりは部分入れ歯のほうが、手入れさえすれば歯を健康に保てるのかどうか?(かぶせ物>ブリッジ>入れ歯という印象)
5 乳幼児がいるので、あまり歯の治療に時間をかけたくない。

正直、抜歯は大変後悔しています。が、悔やんでもどうにもならないので、最善をつくしたいと思っています。
月曜日に歯医者にいくので、時間もなく大変困っています。よければアドバイスください。よろしくお願い致します。

現在29歳です。1ヶ月前子供を出産しました。
歯周炎で口臭が気になるので、歯科に行きレントゲンをとったところ、歯石の治療などよりも先に、5番目の右下の奥歯を抜歯しました。
この歯は大昔に神経をぬいていて、今までかぶせ物をしていました。
歯茎が黒ずんでいます。4番は健康な歯で6番は小さく丈夫にかぶせ物をしています。
1 お医者さんにはブリッジをすると言われていますがブリッジだと健康な4番の歯を削ることになり抵抗がある。
2 口臭が気になって歯科にいったのに、ブリッジは口臭の原...続きを読む

Aベストアンサー

aki~様が何を一番大切に考えられるかによって方法も決まると思います。

○入れ歯
歯に対するリスクは一番少ないです。
健康な歯をたくさん削る必要はほ有りませんし、上手く使えなかった場合、いつでも他の方法に移行できます。
ただし、毎日のメインテナンスや装着感では他の方法に劣るかも知れません。入れ歯と自分の歯の2重の手入れが必要になります。
正しく使用しないと、他の歯をだめにしたり、口臭、更なる歯周病の原因にもなりますし、入れ歯そのものも雑菌が着き易くなります。
また、一本だけの入れ歯は小さな物ですので、誤飲や紛失の危険も無いとは言えません。

○移植
町の歯医者さんレベルでも十分対応が可能ですが、積極的に行う先生とそうでない先生があります。
複数の歯医者さんでの相談が必要かも知れません。
移植の成否は親知らずの根の発達状態や移植部分の歯茎や骨の状態等色々な条件によって左右されます。
歯の大きさや形が上手く合わなかった場合、移植した歯に冠を被せ形を調整する場合も有ります。そうしないと汚れが溜まり易くやはり虫歯や歯周病、口臭の原因になります。
それらがクリア出来ていたとしてもやはり寿命は有る様で、なかなか一生物と言う訳には行かない様です。
試してみて駄目になったら他の方法に移行することももちろん可能です。

○ブリッジ
この場合の最も一般的な方法かと思います。
ほとんど自分の歯と同じように使え、適切な治療、良好なメインテナンスが行われれば、長期にわたっての使用が可能です。
ブリッジを入れた事が直接的に口臭につながることは余りありません。場合によっては、やや汚れが溜まり易く成りますが、丁寧な歯磨きで十分対応できます。
ただし、健康な歯を削らなければいけない場合、その犠牲、リスクは大きな物があります。


治療期間は大差は有りません。速ければ1ヶ月程度で終わる物と思います。
リスクの点で最も良いのは「入れ歯」、長期的安定性、使用感、メインテナンスの容易さでは「ブリッジ」、すべての条件が上手く行った場合は「移植」と言ったところでしょうか。

今回抜歯しなければいけなくなった事は大変残念なことですね。
おそらく歯周病が原因であった事と思います。
出産期に歯周病になってしまうケースは良くありますが、ひょっとしたらそれ以前から有る程度進行していたのかもしれませんね。
歯周病には多くの原因が有りますが、自分自身の適切なメインテナンスでその進行を止められる場合も多い様です。
ぜひその点の指導も十分に受けられて実行して下さい。そうしないとすぐまた他の歯も抜歯、と言う事態に成りかねません。
歯周病は、口の中全体がばい菌の巣窟のようになった状態です。お子さんにも良く有りません。

じっくりお考えになって、また歯医者さんとも良くご相談になって結論を出してください。
(当方は歯科医では有りません、以上一般論としてご理解下さい。)

aki~様が何を一番大切に考えられるかによって方法も決まると思います。

○入れ歯
歯に対するリスクは一番少ないです。
健康な歯をたくさん削る必要はほ有りませんし、上手く使えなかった場合、いつでも他の方法に移行できます。
ただし、毎日のメインテナンスや装着感では他の方法に劣るかも知れません。入れ歯と自分の歯の2重の手入れが必要になります。
正しく使用しないと、他の歯をだめにしたり、口臭、更なる歯周病の原因にもなりますし、入れ歯そのものも雑菌が着き易くなります。
また、一本だけの...続きを読む

Q抜歯後の過ごし方はどうすればいいですか

三日前に、虫歯だった奥歯を抜歯しました。抜歯は初めてです。

一日目は血は出ましたが、なんとか止血し、血餅が出来てきまして、二日目に歯医者に消毒に行ったあと、帰宅したら抜いたところに白いぶよぶよしたものが出来てました。
そして三日目なんですが、白いぶよぶよの面積が広がっていて、歯のあった部分を丸く覆っています。
この白いぶよぶよのはいつまでくっついてるのでしょうか?そのうち取れますか?

あと、抜歯後は何週間ぐらいで歯茎が元に戻るか、骨ができるまで、歯磨きの注意点、何週間ぐらいしたら抜いたほうの歯で食事をしても大丈夫か、などできるだけ詳しい抜歯後の過ごし方経過を知りたいです。

抜歯後~完全に歯茎と骨が出来上がるまでの過ごし方を教えてほしいです。

Aベストアンサー

抜歯した後の歯を抜いた穴というのは、血液で満たされ(血餅)それが元
になり治っていきます。
その過程でフィブリンという物質が出てきて、白く見えることがあります。
このフィブリンというものは、抜歯した穴を治すために必要なものです。

放っておいてください。
というか触らずにそっとしておいて下さい。
抜歯した穴は何もしなくても自然にふさがっていきます。

抜歯窩はすぐに血餅で満たされ、2~4日ほどで傷口は小さくなり、
7~10日前後で閉鎖してきます。
抜歯後の注意はこの血餅をいかに守り、かつ口腔内を清潔にするかとい
うことになります。

抜歯の穴が完全に塞がるまでは、1~6ヶ月程度かかるのが普通です。

歯磨きで注意することは、
1. 抜歯窩(抜歯後の大きな穴)を激しく触らないように。
2. うがいはゆすぐ程度で、抜歯した方はブクブク激しいうがいはしない。
3. 歯磨きは、歯磨き粉をつけて普通に行う。
  ただし、抜歯した歯の付近は刺激しないよう丁寧に磨く。

食事について、
なるべく反対側(抜いてないほう)で咬むようにしてください。固い物、辛
い物など刺激物は最低1週間、人によっては2週間はとらないようにされ
たら良いと思います。
時間経過とともに、血餅は自然に吸収され、穴が綺麗にふさがっていきます。
その期間は患者さんの年齢や体力等によって違ってきます。
概ね2ヵ月から3ヵ月程度を要します。どの程度で「普通」に食べられるように
なるのか、現実の歯科医師に聞いてください。

抜歯した後の歯を抜いた穴というのは、血液で満たされ(血餅)それが元
になり治っていきます。
その過程でフィブリンという物質が出てきて、白く見えることがあります。
このフィブリンというものは、抜歯した穴を治すために必要なものです。

放っておいてください。
というか触らずにそっとしておいて下さい。
抜歯した穴は何もしなくても自然にふさがっていきます。

抜歯窩はすぐに血餅で満たされ、2~4日ほどで傷口は小さくなり、
7~10日前後で閉鎖してきます。
抜歯後の注意はこの血餅をいかに守り、かつ...続きを読む

Qブリッジした部分の歯が痛んでいます。

去年の2月に上の歯の奥から2番目がひどい虫歯になり(すでに神経はとってあるところ)、抜歯して、その前後の歯でブリッジをしました。ちなみに、その前後の歯が神経を残したまた、ブリッジしています。
その半年後に、冷たいものがしみるようになり、固いものを噛むと痛いので、医者に診てもらったところ、虫歯ではないので、「ブリッジした前後の歯をけずったので、その部分がしみたりなど敏感になっている可能性がある、ずっと痛みがあって全く噛めなくなったりしたら、もう一度来てください。」と言われました。その後も何もしなくても、時々歯がうずくような痛みがあったりして、気にはなっていたのですが、全く痛くないときもあったりして、少しがまんしていました。ところが、先週、かなりの痛みがあり、大丈夫な片方の歯でも噛めなくなり、ついにまた歯医者に行きました。そうすると、少し削って、状態を診て、「神経がほとんど死んでいて、少し生き残っている神経が痛みを引き起こしている」ということで、「神経を殺して、ホルマリン漬けにするような薬を入れましょう」と言われてて、処置をしてもらったところ、ほとんど痛みが消えた。その薬が強いため、あまり入れておくことができないため、2日後にまたクリニックに行って、その強い薬をとって、もう少し弱い薬を入れたところ、また激痛。 再度昨日、歯医者に行って、別の薬を入れてもらったが、今、別の側の歯で噛んでも、かなりの痛みがある。先生としては、せっかく作ったブリッジを全部はずして、また作り代えるのが不本意らしく、何とかはずさないまま、直そうとしているようだが、もし神経が死んでいるのなら、そのまま取り除かないで、ふさいでしまってもいいものか、素人ながら心配です。
ぜひ専門家の意見をお聞きしたいです。

去年の2月に上の歯の奥から2番目がひどい虫歯になり(すでに神経はとってあるところ)、抜歯して、その前後の歯でブリッジをしました。ちなみに、その前後の歯が神経を残したまた、ブリッジしています。
その半年後に、冷たいものがしみるようになり、固いものを噛むと痛いので、医者に診てもらったところ、虫歯ではないので、「ブリッジした前後の歯をけずったので、その部分がしみたりなど敏感になっている可能性がある、ずっと痛みがあって全く噛めなくなったりしたら、もう一度来てください。」と言われまし...続きを読む

Aベストアンサー

#2です。

ケースバイケースですが、技術的には被せ物を外さずに神経を抜くことは可能です。

外した方が治療しやすいですが、其の侭でも非常に困難と言う訳ではありません。

高額な自費治療が行われている歯や、つい最近被せたばかりで中が虫歯にはなっていないと確信できる場合などは

外さずに神経を抜いて、根管治療終了後、開けた穴は埋め戻します。

Q接着ブリッジってなぜ一般的じゃないのですか?

接着ブリッジってなぜ一般的じゃないのですか?

接着ブリッジは、歯をあまり削らなくてすむと聞きます。

しかし、歯医者にいくと、ブリッジのことはよく聞きますが、接着ブリッジのことはあまり耳にしません。
やはり適応がかなり限定されるのでしょうか?

Aベストアンサー

1.現状の接着技術では脱離しやすい。
2.歯を削る量が少ないため、金属の厚みが出てしまい
  感覚的に良くない事が多い
3.ブリッジの場合は保険診療では2年間保証しなさいとなって
  いるが2年持たないケースが多々あり、もともと利益がほとんど
  ない保険診療のためやり直せば赤字、つまり接着性ブリッジは
  歯科医院としてみれば利益の出ないボランティアの赤字診療
  (患者個人個人では長持ちする症例もあるだろうが提供者として
   グロスで考えると赤字)
4.症例が限られるためトレーニングが十分にならず技術的に
  自信がない
5.インプラントの予知性が高まり十分な治療ができるように
  なっため接着性ブリッジよりインプラントというより
  他の歯に負担のかからない(隣在歯だけでなく全体に対し)
  治療が存在することになり、接着性ブリッジの存在意義が
  薄れたため

以上五点の複合的要因ではないかと思います。

Q素人が、良い歯医者と悪い歯医者を見分ける簡単な方法ありますでしょうか?些細な事で結構です。

歯周病の治療で、明後日歯医者に行かないといけません。
実は生まれて17年、歯医者に行った事が殆ど無く、明後日も10年振りくらいです。
勿論、かかりつけの歯医者なんて無いので、適当に近所の歯医者に予約を入れました。
そこでお聞きしたいのですが、素人でも分かる、良い歯医者と悪い歯医者の見分け方はあるでしょうか?
些細な事でも良いんです。
こんな説明のしかたをする医者はだめとか、
治療の時のしぐさなど、
簡単に判断できる方法を教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

過去10人以上の歯医者さんに通った私の経験からアドバイスいたします。あなた様と同じ患者としての立場から、歯医者さんを辛口で判断した意見です。私としてはかなり自信がありますので参考になれば幸いです。
1.自宅で開業されている場合、建物はそんなに綺麗ではないこと
元からお金持ちの歯医者さんなら別ですが、患者本位の治療を心がけていれば、立派な家を建てて治療できるほどの収入は絶対にありません(違法なレセプト請求をしていれば別ですが)。

2.賃貸で開業されている場合、ビルの立地条件はそんなに良くないこと。また建物はそんなに綺麗ではないこと
これも1と同じ理由です。私は都心の一等地新築ビルで開業しているだけで、そんな歯医者さんには行きません。何故なら、賃貸料を支払うために本来必要な治療以上に治療されてしまう危険性が「高い」からです。

3.外車や高級車を乗っていないこと。
1と同じ理由です。

4.歯科衛生士さんや受付嬢は居ないこと
1と同じ理由です。患者本位の治療をしていると、人を雇うほどの収入はありません。でも、家族で経営しているような歯医者さんもありますので、この辺は見極めが必要です。

5.必要以上にレントゲンを撮らないこと
知ってますか?日本人の癌患者のうち、2%の人は(つまり100人に2人)、検査時のレントゲンの被爆で発症しているという学会発表があります。必要以上にレントゲンを撮らないことも患者本位の治療を心がけるうえでの条件です。

6.虫歯の原因についてアドバイスしてくれること。
単に虫歯の治療をするだけではなく、その原因についてアドバイスしれくれたり生活スタイルまで踏み込んで話をしれくれる先生は最高ですね。

7.インプラントや矯正などを行っていないこと。
これらは本来ある姿ではありません。歯科矯正なども外観的には治療する意味があるのでしょうが、でも人それぞれ顔かたちが異なるように、歯列にも個人差があると思っています。そんな意味からこういった治療を行っている歯医者さんは私の範疇から除外しています。

8.神経を抜かない、抜歯しない。

9.大規模な広告などを行っていない。
1と同じ理由です。

10.保険が利く歯医者さんが良い歯医者さんとは限らない
患者のための治療を行うため、あえて保険が利かない自由診療を行っている歯医者さんもいますので、この点はご注意ください。

さて、これらの条件に合致する歯医者さんをみつけ、実際にその歯医者さんを訪れて、本当に患者のための治療を心がけている歯医者さんかどうか判断する簡単な方法をお教えいたします。

まず歯石だけを取ってもらう旨、先生にお話します。そこで
・レントゲンを撮影しようとしたらバツ。
・歯石だけを取ってくれて、特にコメントなく終わればマル(よっぽどの虫歯があれば別ですよ)
・(親不知があった場合)親不知を抜こうとすればバツ。
・過去に他の歯医者さんが治療した歯を、意味も無く治療しようとすればバツ。理由をはっきり聞いて納得できればマル。
・歯石除去に超音波を使えばバツ。「超音波は歯を痛めない」と歯医者さんは言いますが、そんなばかなことはありません。物理学をチョットかじった人なら誰でもわかります。
・治療後、ご自身が加入している健康保険組合にレセプトの開示を求め、「歯医者さんが開示しない」となった場合、その歯医者さんはバツ。この場合、相当悪質な歯医者さんに間違いありません。通常、患者の命にかかわるような重篤な病気であれば開示を拒否できますが、歯科領域にはそんな病気はありませんので、歯科医師に開示拒否の権限は存在しません。お忘れなく。

最後に。
我々患者は、良き歯医者さんを選ぶ権利があります。そしてそのためには患者もそれなりの勉強が必要です。日本の医療業界もDRGを初めとする、ある意味競争原理が働きつつあります。これからは患者本位の治療を行うことができない歯医者さん(お医者さん)は市場から淘汰されていくことと思います(でもこれって当たり前ですよね。他の業界ではとっくの昔からはじまっている。三菱自動車や雪印は記憶に新しいでしょ)。隣の医者がベストとは限りません。私は自分にとってベストのお医者さんを決めています。私の家からそのお医者さんまでの通院時間はこんな感じです。
・歯科医:2時間
・皮膚科医:1.5時間
・耳鼻咽喉科医:2時間
・内科医:45分
・漢方医:45分

長文失礼。参考になれば幸いです。

過去10人以上の歯医者さんに通った私の経験からアドバイスいたします。あなた様と同じ患者としての立場から、歯医者さんを辛口で判断した意見です。私としてはかなり自信がありますので参考になれば幸いです。
1.自宅で開業されている場合、建物はそんなに綺麗ではないこと
元からお金持ちの歯医者さんなら別ですが、患者本位の治療を心がけていれば、立派な家を建てて治療できるほどの収入は絶対にありません(違法なレセプト請求をしていれば別ですが)。

2.賃貸で開業されている場合、ビルの立地条...続きを読む

Q前歯8連ブリッジの費用 (保険適用物)

前歯4本左右(2112番)を抜歯して左右(4334番)を削り保険適用の8連ブリッジを医師から進められていますが保険適用だと費用はどれくらいかかくのでしょうか? 左右3番の犬歯のみでブリッジを行うと強度的にもたないので3番4番を使うとの事です。 もちろんプラスチックレジンの物だと思いますがどうぞ詳しい方もしくは経験者の方教えて頂きたく思います。

Aベストアンサー

開業歯科医です。
非常におおざっぱに見えますが、経験上さほど外れない計算式です。

前歯の本数×5,000円+臼歯の本数×3,000円がセット時にかかる費用。この場合は5,000×6+3,000×2=36,000円
型取りの際には、およそその1/3~1/2がかかります。違いは主に削る歯の本数によるもので、この場合は1/3の12,000円程度となるでしょう。
前準備の費用(例えば、お口の掃除や根管治療等の歯の根の治療)は別ですが、これらの費用に比べれば、さほどの金額にはなりません。
以上は、No.1のpandaloveloveさんとほぼ同じ回答となります。

さらに追加の情報です。
保険診療でいう「前歯」とは1番の中切歯から3番の犬歯までをいい、これらは原則としてレジン(プラスチック)を表面に付けた外見上は白い歯になります。
「臼歯」とは、4番から後ろの歯をいい、これらは原則として銀色の被せものとなります。
4番ですと結構よく見えるので気になるからそこも白くしたい場合、原則として型取りの直前の診療から保険が効かなくなると思った方がよいです(4番の削り方によっては、保険が効く場合がある)。
さらに、保険のルールでは以下の条件もあります。
上顎の2112番が欠損の場合、左右どちらかの34番と反対側の3番とを連結した7本以上のブリッジである必要があります。
下顎の2112番が欠損の場合、左右の3番を連結した6本以上のブリッジである必要があります。
両方とも、土台となる歯を増やす分には、保険上の問題はありません。

なお、お口の中を拝見していないのですが、4~4の8本連結ブリッジは妥当と考えます。特に上顎の場合ならば上記のように7本ブリッジも保険で認められてはいますが、7本では心許ない印象はあります。

開業歯科医です。
非常におおざっぱに見えますが、経験上さほど外れない計算式です。

前歯の本数×5,000円+臼歯の本数×3,000円がセット時にかかる費用。この場合は5,000×6+3,000×2=36,000円
型取りの際には、およそその1/3~1/2がかかります。違いは主に削る歯の本数によるもので、この場合は1/3の12,000円程度となるでしょう。
前準備の費用(例えば、お口の掃除や根管治療等の歯の根の治療)は別ですが、これらの費用に比べれば、さほどの金額にはなりません。
以上は、No.1のpandaloveloveさんとほぼ同じ回答...続きを読む

Q前歯のブリッジにかかる費用について経験者の方、専門の方教えて下さい。

前歯を折ってしまい修復不可能ということで抜いてしまいました。
歯を補う手段として「ブリッジ」と「インプラント」を紹介されましたが
どちらにしても費用の関係で迷っています。
「ブリッジ」をする場合、保険の範囲で費用\23,000。陶器?のような素材を
使用しオーダーメイドする場合は40万弱と言われました。歯医者側は「前歯は
顔のようなものだから保険のものよりオーダーメイド(40万弱)で作る方が
絶対良いです」とかなり高い方ばかりを薦めてくるので迷ってます。
「インプラント」の場合は相談料だけでも数万円、手術代や他費用を含め
トータルすると50万円以上の金額をだされてしまい問題外です。
私は永久歯を抜くことが初めてなので費用の事まったく知らないんですけど
知り合いはみなこの費用を「高い」と言います。
世の中の相場はどれほどのものなのでしょうか?
また、保険で「ブリッジ」をする場合、ブリッジの歯はオーダーメイドには
ならないのでしょうか?(保険のものと「40万」のものとでは技術料が全く
異なると言われたもので、、)
どなたか教えていただけないでしょうか?
宜しくお願い致します。

前歯を折ってしまい修復不可能ということで抜いてしまいました。
歯を補う手段として「ブリッジ」と「インプラント」を紹介されましたが
どちらにしても費用の関係で迷っています。
「ブリッジ」をする場合、保険の範囲で費用\23,000。陶器?のような素材を
使用しオーダーメイドする場合は40万弱と言われました。歯医者側は「前歯は
顔のようなものだから保険のものよりオーダーメイド(40万弱)で作る方が
絶対良いです」とかなり高い方ばかりを薦めてくるので迷ってます。
「インプラント」の場合は相談...続きを読む

Aベストアンサー

歯科医療関係者です。#4と大体同じですが・・

保険治療でも型取りをして作成をしますので、決して既製品を被せるわけではないです。ただし技術的な問題・材料学(プラスチック)的な問題で色合いや形態が限られた範囲でしか仕上がりません。経年的に変色等もおこします。もちろん平均的な色を使いますのでそれでも十分満足していただける場合はよくあります。
自費診療の場合、つまり陶器の場合は、その人の元の歯の色や形に合わせやすく、服で言うと生地やデザインまでお好みに仕上げやすいと言う意味で、オーダーメードと表現したのだと思います。仕上がり感や色の持ちも明らかに良いです。

治療費ですが、陶器だと1本8万円ぐらいからから13万円ぐらいと、医院によって違います。もっと高いところで20万以上とかも、少ないですが在ります。あるいは地方と都市部では他の物価同様、都市部のほうが高めです。

保険だと元の値段が安くしかもそれの2~3割負担なので、治療費が10倍以上違ってきます。こちらとしても心苦しいのですが・・
私の場合、独身の女性の場合強く陶器を勧めています。その他の場合は、値段の事もありますので患者さんの判断に任せます。

インプラントですが。
前歯の場合、症例によって適応かどうか違ってきますので、この情報だけでは何ともアドバイスしにくいです。
ブリッジと違い健康な歯を削らなくて良いという大きなメリットがありますが、審美的(見た目的)にはブリッジのほうが良い場合も時にはありますので、値段が問題外と感じているならその判断のままで良いと思います。

本当によく相談して決めてください。
同業者が言うのもなんですが、あまりにもしつこく自費のみを勧めるようだったら、他の医院で話を聞いてもらうのも良いかと思います。

歯科医療関係者です。#4と大体同じですが・・

保険治療でも型取りをして作成をしますので、決して既製品を被せるわけではないです。ただし技術的な問題・材料学(プラスチック)的な問題で色合いや形態が限られた範囲でしか仕上がりません。経年的に変色等もおこします。もちろん平均的な色を使いますのでそれでも十分満足していただける場合はよくあります。
自費診療の場合、つまり陶器の場合は、その人の元の歯の色や形に合わせやすく、服で言うと生地やデザインまでお好みに仕上げやすいと言う意味で、...続きを読む

Q歯の治療で「接着性ブリッジ」ってどこの歯医者でも出来るのですか?前歯がなくて困っております。

前歯が1本なくてブリッジにした方がよいと言われましたが、
良く調べてみるとブリッジも長持ちしなかったり、支えの歯を抜かなければ
ならなくなったりとリスクもあるようです。

かと言ってインプラントもかなり多くの事故を耳にするし、費用もばかになりません。
ネットを見ていたら「接着性ブリッジ」と言う支えの歯を大きく削らなくて良い
ブリッジの方法があると書いてありました。

これって一般的な物なんですか?どこの歯医者でもやっている療法なのでしょうか?

また、他に良い方法や考えがありましたらお教えください。

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

歯科医ではありませんし、お口の中を拝見していませんので、
あくまでも参考意見としてください。



・接着性ブリッジについて

接着性ブリッジは、確かに保険適用です。
1歯欠損症例において支台歯(支えに使う歯)が
生活歯(神経をとっていない歯)を1本以上使用して、
切削をエナメル質にとどめて装着します。

このため、歯を削る量が少なくてよい方法に見えますが、
咬合圧によっては脱離しやすく、金属部分が見える可能性もあり、
補管(2年以内の不具合は医院の責任でやりかえる)の関係で
歯科医院のリスクがものすごく大きくなることから
積極的にされている歯科医は少ないと思います。



・他に良い方法や考えがありましたらお教えください

義歯に対して拒否感がなければ、まずは歯の切削がほとんどない
1本義歯から試みられてはいかがでしょうか。
お勧めするわけではありませんが、無鉤義歯という
歯を削らないで歯の間に差し込む義歯(自費になります)
もあります。

また、適切に作られたブリッジは長期に安定します。
長持ちしないのは歯周病や設計の不備です。
支えの歯を抜くことになるのは、歯を支える骨が不足するのに
固定源となる支台歯を無理やり1本にした場合などです。

ちなみに、ブリッジの場合は保険と自費では上物が違うだけで
基本的な設計は同じ。
むしろ自費のほうが切削量が多いなどの欠点もあります。
「保険は長持ちしないが自費だと長持ちする」という歯科医は、
「保険は儲からないから手抜きします」と告白しているので
ご注意ください。



お大事になさってください。

歯科医ではありませんし、お口の中を拝見していませんので、
あくまでも参考意見としてください。



・接着性ブリッジについて

接着性ブリッジは、確かに保険適用です。
1歯欠損症例において支台歯(支えに使う歯)が
生活歯(神経をとっていない歯)を1本以上使用して、
切削をエナメル質にとどめて装着します。

このため、歯を削る量が少なくてよい方法に見えますが、
咬合圧によっては脱離しやすく、金属部分が見える可能性もあり、
補管(2年以内の不具合は医院の責任でやりかえる)の関係で
歯科医院の...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング