忙しい現代人の腰&肩のお悩み対策!

ワンマン運転のローカル線でとかでよく、駅接近中に運転席からジリリーン、キンコンキンコン…とかなり大きな音がしてますが、あれは何の音なのでしょう?

A 回答 (4件)

補足回答です。



駅接近のために警告音が鳴るのではなく、次の信号機が停止現示(赤信号)であることを知らせています。
信号機手前の所定の位置を通過した際、ジリリーンとキンコン……が同時になり始めます。
その直後、運転士はATS確認操作を行い、するとジリリーンのみ鳴り止み、キンコン……だけが継続して鳴り続けます。
そして、もし確認をしなければ非常ブレーキがかかる仕組みです。

この警告音は(JRのタイプの)ATSであればローカル線に限りません。
(ATS確認動作などの差違はある)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます。ローカル線でよく耳にする理由は、単線で列車行き違いのため前方の信号が赤になってるためですね。

お礼日時:2011/06/07 23:08

ジリリーンと言う音はATS(信号機)の警告音です。

次の信号機が赤信号の場合必ず停車しなくてはならないため運転手に注意を促すために鳴ります。
信号機を通過時に速度が超過した場合もジリリーンの警告音が鳴ります。
キンコンキンコンの音はATSの確認ボタンを押した際に鳴る音です。

ATSの確認ボタンを押さずに走行すると非常ブレーキがかかります。
列車の正面衝突事故を防ぐために重要な機能といえます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。よく分かりました。

お礼日時:2011/06/07 23:05

ATSの警告音です。


都会のツーマン列車でも鳴ります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。てっきり列車運行が定刻より遅れている警告音かと思ってました…。

お礼日時:2011/06/07 23:09
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。リンク先を見ましたが、ちょっと理解するのが大変でした…。

お礼日時:2011/06/07 23:11

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q到着直前に運転席から聞こえる謎の音

電車に乗っていると、駅の到着直前にたまに「ジリリリン」というベルの音の後、「ピッコピッコ……」と、メトロノームのように、一定の間隔で刻まれる謎の音が、運転席から聞こえることがあります。

何だか、緊急事態が起こったようで、毎回ちょっと不安な気持ちになるのですが、あの音は一体何なのでしょうか?

Aベストアンサー

「ジリリリン」というベル音は前方の信号が赤であることを運転士に知らせる音、メトロノームのような音は、運転士が赤信号を確認し、制動操作を行なった後もその先が赤信号であることを注意喚起するための音です。

鉄道の路線というのは、見た目は1本であったとしても、信号システム上では運行管理のために細かい区間に分かれています。

ベル音は、走行中の列車の運転士に「その次の区間が進入できない区間(赤信号現示)なので停止せよ」と警告するためのATS(自動列車停止装置)の警報音なのです。
次の区間が進入できない区間である場合、信号は赤なので必ず停止しなければならないのですが、運転士が信号を見落としたり、見誤ったりした場合に備え、ベルを鳴らしてその先の信号が赤信号であることを注意喚起しています。

ベルが鳴った時点で運転士はブレーキ操作を行い、「ATS確認ボタン」を押すとベル音は鳴り止みます(引き続き、チャイム音が鳴り続けます)。

また、もしベル音が鳴っている5秒間にブレーキを操作しない場合は、非常事態ということで自動的に非常ブレーキがかかるシステムになっています。
(この、5秒後に非常ブレーキがかかるシステムは、1962年(昭和37年)5月に常磐線三河島駅で信号見落としにより発生した「三河島事故」の大惨事を契機に整備されたものです。
三河島事故:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E4%B8%89%E6%B2%B3%E5%B3%B6%E4%BA%8B%E6%95%85)

ベル音の後の「ピッコピッコ……」(車両によっては「キンコンキンコン」)というメトロノームのようなチャイム音は、制動・確認操作を行なった後も、その先が赤信号(進入禁止区間)で停止しなければならないことを運転士に引き続き注意喚起するために流れています。

実は、前述の停止信号の注意喚起のベル音と非常制動の組み合わせで安全性は劇的に向上したはずなのですが、ベル鳴動停止後(「ATS確認ボタン」押下後)の制動・停止操作は運転士に全て任されており、(所定の操作を行なった安心からくる)停止信号失念や操作遅れをしてしまってもそのまま赤信号を突破できてしまうという欠点がありました。

このシステムの欠点を突く形で起こったのが、1967年8月に新宿駅で起こったタンク車転覆炎上事故で、死者こそ出なかったものの繁華街のど真ん中で大火災が発生し、中央線は丸一日以上停止、影響を受けた乗客数200万人という被害を重く見た国鉄(現在のJR)が、事故の反省から整備したのがこのチャイム音連続鳴動による停止信号への注意喚起機能なのです。

(米軍燃料輸送列車事故:http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B1%B3%E8%BB%8D%E7%87%83%E6%96%99%E8%BC%B8%E9%80%81%E5%88%97%E8%BB%8A%E4%BA%8B%E6%95%85)

赤信号の手前で停止した後、「警報持続ボタン」を押すとチャイムが止まります。
また、チャイムが鳴っている最中に前方の赤信号が赤でなくなった場合にもチャイムが鳴り止みます。

・余談
上記のベルやチャイムの改良を加えてもATSのシステムには「停止までの最終制動操作は運転士に一任されている」という欠点が残ったため、この欠点を突く形で中央線東中野駅での追突事故や、飯田線北殿駅での正面衝突事故が起こっており、これらを契機に現在では赤信号を突破した場合は直ちに非常ブレーキが動作するように改良されました。

「ジリリリン」というベル音は前方の信号が赤であることを運転士に知らせる音、メトロノームのような音は、運転士が赤信号を確認し、制動操作を行なった後もその先が赤信号であることを注意喚起するための音です。

鉄道の路線というのは、見た目は1本であったとしても、信号システム上では運行管理のために細かい区間に分かれています。

ベル音は、走行中の列車の運転士に「その次の区間が進入できない区間(赤信号現示)なので停止せよ」と警告するためのATS(自動列車停止装置)の警報音なのです。
次...続きを読む

Q走行中にギヤをバックにいれると、、、?

ふと思いついたのですが、怖くて試してみる気になれません!どなたかどうなるか知ってるかたいましたら教えてください!

Aベストアンサー

はは、いますね、こういう馬鹿な事を考えるやつって。

で、友人で本当に首都高でやった奴がいました。最初は恐る恐るやったので、ギアが入らなかったのですが、思い切ってがしっと入れたところ、車両は急停止、エンジンが見事大破しました。

車は、廃車になりました。友人は、二度とあほな事はしないという人生の重大教訓を得ました。

質問者様は、経験せずして、校訓を得られる事を期待します。違うと思うなら、やってみてください。

Q東海道線上り、朝の混雑具合(平日)

状況をご存知の方、教えてください。

平日朝、東海道線の戸塚から東京までを用事で利用します。
本来ならば7時ちょうど位の電車に乗りたいところですが、戸塚からでは座れないでしょうか?

こどもがいるので座らせいのですが、一番遅くて何時何分頃の電車だと座れますか?

グリーン車でもいいです。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

数年前まで戸塚からグリーン車通勤をしていました。普通定期でグリーン車に乗れるようになって激変してしまいました。それまでは、7時台でも横須賀線なら大概座れたのですが、そんないうわけで早期退職しました。最後の頃は、時間掛かるけど大船まで戻って始発の京浜東北で通っていました(もちろん、定期は両経路とも購入して不正乗車にならないようにしていました)。
それから数年経っていますが、特に空いたという情報は聞きません。

東海道線は7時戸塚ではグリーン車でも着席は不可能です。この時間帯だと横浜の入れ替わりもさほど無いので横浜で座れることもかなり厳しいでしょう。グリーンで座れるのは6時からちょっとくらいまでだと思います。

横須賀線も7時では厳しいですね。当時は6時45分くらいが戸塚でグリーン車に着席できる限界でした。

普通車は東海道は満員、横須賀線は向こう側が見えるくらいで到着しますが、東戸塚と保土ヶ谷で満員になります。横浜で偶々目の前の席が空かない限り座れる可能性はないでしょう。

東京9時半着くらいの横須賀線だとガラガラなんですがね(東海道は10時着当たりからそろそろ空席が出る)。

数年前まで戸塚からグリーン車通勤をしていました。普通定期でグリーン車に乗れるようになって激変してしまいました。それまでは、7時台でも横須賀線なら大概座れたのですが、そんないうわけで早期退職しました。最後の頃は、時間掛かるけど大船まで戻って始発の京浜東北で通っていました(もちろん、定期は両経路とも購入して不正乗車にならないようにしていました)。
それから数年経っていますが、特に空いたという情報は聞きません。

東海道線は7時戸塚ではグリーン車でも着席は不可能です。この時間帯だと横浜...続きを読む

Q男性が女性ヴォーカルの曲を歌う際のキーについて

男性が女性ヴォーカルの曲を歌う際に関してですが、僕は2~3程キーを下げて歌います。

しかし他の過去の質問を見るところによると、キーを上げて低く歌う方が大半のようです。

普通は上げて低く歌うものなんでしょうか?

僕が他人とは違うだけなのでしょうか。

意味不明かもしれませんが、よろしければ回答お願いします。

Aベストアンサー

>僕は2~3程キーを下げて歌います。
あなたは一般男性に比べ、相当に高い声の出る人です。
>僕が他人とは違うだけなのでしょうか。
上記のとおり、あなたは一般の人よりも上のほうに声域が広いので、「他人と違う」現象になっています。
>普通は上げて低く歌うものなんでしょうか?
一般的には、そのとおりです。キーコンでプラス3~5にして「下のオクターブ」で歌います。
先生について習っている人なら、ほぼ100%そうしていると思います。
専門家は、見苦しい歌い方・聞き苦しい歌い方にならないことを第一にするので、上のとおりに指導すると思います。その上で個々の声域・力量に合わせて微調整すると思います。

男性と女性の声域の差は、およそ半音7ヶで、もちろん女性のほうが高いです。
キーは、12種類ありますが、それは階段のように上下に長くつながったものではなく、時計の文字盤のように、12進めば元に戻ります。
従って、高い声・低い声というはあっても、高いキー・低いキーというのは本来はありません。
12進めば元にもどりますから、現在12時に居るとして6時間進めば6時ですが、6時間戻っても6時です。同じ6時になるので、どちらに回っても良いのです。
そのためカラオケのキーコンは、プラス6、マイナス6までしかありませんし、それ以上は必要ありません。プラス7が欲しければ、マイナス5でよいし、プラス11が欲しければマイナス1で良いのです。
各々まったく同じキーになります。
男性が女性の歌を歌う場合は、キーを7段下げれば本来の声域と合致しますが、マイナス7というのは、キーコンにないので、プラス5にします。先ほど時計の文字盤で説明したとおり、7時間前と5時間先はどちらも「5時」の位置になるので、まったく同じキーになります。もちろん男性の場合は、プラス5にして「下のオクターブ」で歌います。これでキーが7段階下がったことになります。
しかし、もともと男性の歌でも、プロのキー(原曲キー)では高過ぎて歌えないというケースが多いので、同じ意味合いから、プラス5にせずにプラス3あたりに設定して下のオクターブで歌うのが良いのです。
弾き語りでギターをされるのなら、女性の歌を男性が歌う場合、左手の押さえ方を変えずに、カポを第5フレットに装着すれば良いのです。もちろん伴奏のギターの音は高くなりますが、声は1オクターブ落とします。これで気持ちよく歌えます。カラオケのキーコンとはギターのカポのことです。

>僕は2~3程キーを下げて歌います。
あなたは一般男性に比べ、相当に高い声の出る人です。
>僕が他人とは違うだけなのでしょうか。
上記のとおり、あなたは一般の人よりも上のほうに声域が広いので、「他人と違う」現象になっています。
>普通は上げて低く歌うものなんでしょうか?
一般的には、そのとおりです。キーコンでプラス3~5にして「下のオクターブ」で歌います。
先生について習っている人なら、ほぼ100%そうしていると思います。
専門家は、見苦しい歌い方・聞き苦しい歌い方にならないこと...続きを読む


人気Q&Aランキング