バリスタ(サージアブソーバ)の破壊原因について、お知恵を拝借したくお願いします。

電源はAC100V 電源コネクタはアース付3P LとNの両方にヒューズ(125V 5A) その後にL-GND間、N-GND間、L-N間にバリスタ その後にスイッチングDC電源 負荷はモータ・制御回路

1、L-GND間のバリスタが破壊し、L側のヒューズが溶断した。
  (どちらが先かは不明)
2、機器の電源が入らなくなった当日の天候は晴れ
3、「故障当日以前に何らかの外的要因(サージ)によりバリスタが劣化・半破壊状態になった。
   その後、機器通常作動中もバリスタに電流が流れ続けて劣化が進み、ついには完全破壊となり
   ヒューズ容量を超える電流が流れ、ヒューズ溶断に至ったと考えられる。」・・・が機器メーカの見解。

そこで疑問。
メーカが言っていることは、本当に考えられるのか? 内的要因は考えられないのか?
以上、よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

>仮に保護回路が入っていたとして、その回路劣化やスイッチングDC電源の経時劣化等でAC入力側(のバリスタ)に影響が出るようになるという事は考えられないでしょうか。



モータの停止時の逆起電圧をモータ側から順番に測定して見てはいかがですか。
スイッチングDC電源の入力に逆起電圧の高圧が発生していないのなら保護回路劣化やスイッチングDC電源の経時劣化は考えにくいと思います。

そのときは、やはりバリスタの外部ノイズ劣化か内部要因だと思います。


どんなシステムか分かりませんので、この程度しか言えません。悪しからず・・・。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど。

ご回答ありがとうございました。

お礼日時:2011/06/21 17:59

内的要因もあると思います。


ところで、スイッチングDC電源につながっているモータと制御回路でモータ停止時の逆起電圧防止の保護回路は入っていますか?
高圧の逆起電圧が発生するとスイッチングDC電源を高圧が逆流してバリスタ耐圧破壊を起こす可能性があるのではないでしょうか。

誘導負荷時には、いろいろと問題を起こしますので配慮が必要です。

もしこの可能性がないのなら、AC100Vへの外部ノイズか、バリスタの内部要因です。何万個も使用していたら内部要因不良もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。

>ところで、スイッチングDC電源につながっているモータと制御回路でモータ停止時
>の逆起電圧防止の保護回路は入っていますか?

これは機器メーカに聞いてみないとわかりませんが、少なくとも回路図は開示しないと思われます。
ご回答からは内的要因の可能性もあるとして上記保護回路がない、或いはバリスタ自体の固体不良が考えられるということで理解しました。

当該機器は運用開始して約5年は経っていて同様な障害は今までは起きていません。
今回の障害は確かに雷害の可能性が高いですが、(特にメーカはそういう事にしたい)
なにせ晴れの日に起きているので、エンドユーザに説明しずらいというのがあります。

仮に保護回路が入っていたとして、その回路劣化やスイッチングDC電源の経時劣化等でAC入力側(のバリスタ)に影響が出るようになるという事は考えられないでしょうか。
(すいません、また質問になってしまいました)

お礼日時:2011/06/21 10:02

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q破壊された物質の被破壊面の原子の結合状態

小学生の娘に、金属を引きちぎったり、木材を割ったりしたら、破断面の物質は微小なレベルでどうなっているのか聞かれました。私の稚拙な知識で(高校化学レベル(^^;;)、物質はイオン結合、共有結合、金属結合などがあって。。。。と、しどろもどろな説明はしたものの、実際頭でイメージできません。電子の状態??もしくは結合状態はどうなっているのでしょうか?また、どんな風に説明すれば良いでしょうか?また、レーザーで焼き切った時はどうでしょうか?最近科学に興味があるようで、うまく説明してあげたいのですが。。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

人間の細胞が原子、体自体を分子と例えてみましょう

手をつないだ状態で、力が加わればまず手を離しますよね?
体や細胞はちぎれませんよね?

引きちぎる・割るはつないだ手を離した状態ですね
モノの性質などは変わらないです。

分子を物理的な力で引きはがすには膨大な力が必要ですし、原子なら尚更です。小学生レベルで有ればこれらはまず「力」で壊すのは不可能だと説明してあげた方が良いかも(不可能では無いのですがw)

結合する力のスケールが大きく違う為分子がちぎれる・原子がちぎれると言う事は無いと思っておいた方が良いでしょう

Q固体の絶縁破壊電圧と破壊した点までの距離について

高密度ポリエチレンに、空気中で大きな電圧をかけた、絶縁破壊について質問なんですけど。ポリエチレンの厚さを大きくしたら、絶縁破壊電圧は大きくなるわけですが。ポリエチレンを破壊した点の最も遠い点を取ると、ポリエチレンを厚くすれば(破壊電圧が大きくする)するほど、数回同じ実験を繰り返した時、ポリエチレンの厚さが大きくなると(絶縁破壊電圧が大きくなる)破壊点の最小値と最大値の差が大きくなって行くという特性が得られました。これは何故そうなるか教えてください!よろしくお願いします。こうではないか?っていう、意見でも大歓迎です☆

Aベストアンサー

参考程度に
絶縁破壊というのは局所的な電界破壊が主なものですね。印加電圧Vに対して厚みをtとすると
電界Eは、E=V/t ですから破壊電界値が同じであれば
厚みを増やせば印加電圧を大きくしなければいけませんね。ただこれは厚み方向に対して材質が一様に出来ている場合です。厚みを増やせば増やすほど均一性は崩れますので同じ厚みで破壊が起こりにくくなりますね。電界破壊は局所的な不連続部分や局所的なひずみの部分で起きやすいのです。
そういうことを考察すればよいのでは。

Q基準点がGND

電子回路の勉強をしています。
電子回路ではどうして基準点がGNDなのですか?
GND=アースですか?
ご教授のほどよろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

GNDの語源が知りたいのだと判断いたしました。

これはリターン側は地面を共通使用していたという伝送路の歴史からきています。
http://www.geocities.jp/signalintegrityjp/signal-history.htm

ですので、GND=地面(グラウンド)=大地(アース)です。

# 現実には他の方も仰るように、単に「基準点」としての扱いですが。

QGNDのノイズの抽出方法

回路設計初心者です。GNDにのった微少レベルのある特定の周波数のノイズをひろいたいのですが、『フィルタで特定の周波数を抽出』→『抽出した信号をオペアンプで増幅』でよろしいでしょうか?よろしくお願いします。

Aベストアンサー

> GNDにのった微少レベルのある特定の周波数のノイズをひろいたい

拾うための回路はどうする積りですか?測定系を被測定系に影響を与えないように接続しないと微少な雑音レベルを正確に測定できませんよ。
まず、測定系と被測定系の共通の基準電位(共通のGND=真のGND)をどうするかを決めてから、被測定系のノイズ出力信号とその測定系の真のGND(雑音の乗っていないGND)を被測定系の入力端子と共通のGNDに接続します。その際、測定系の回路の接続でノイズ出力信号に影響を最小限にしないといけません。

>『フィルタで特定の周波数を抽出』→『抽出した信号をオペアンプで増幅』
フィルタの入力端子(信号端子とフィルタのGND端子)を測定する回路にどういう方法で接続しますか。測定系を接続することで被測定系のノイズに影響を与えないようにする方法を考えていますか?

測定系のGNDと被測定系のGNDラインのノイズ電圧を測る基準電位(真のGND)をどこから取りますか?フィルタは直接接続すると何を接続しているか分からなくなりますよ。

真のGNDの方と測定系に接続する為の回路がポイントです。

まず、オシロスコープや差動入力オシロスコープで雑音波形をどのように観測したら良いかを掴んで、オシロのアースをどこに取ったら最適かを把握してください。そのアース点(真のGND)が被測定系と測定系に共通の真のGNDになります。共通アースが一点アース点とするのが常識です。アースラインを引き回すとそのアースラインに雑音が乗って真のアースでなくなります。

> GNDにのった微少レベルのある特定の周波数のノイズをひろいたい

拾うための回路はどうする積りですか?測定系を被測定系に影響を与えないように接続しないと微少な雑音レベルを正確に測定できませんよ。
まず、測定系と被測定系の共通の基準電位(共通のGND=真のGND)をどうするかを決めてから、被測定系のノイズ出力信号とその測定系の真のGND(雑音の乗っていないGND)を被測定系の入力端子と共通のGNDに接続します。その際、測定系の回路の接続でノイズ出力信号に影響を最小限にしないといけません。...続きを読む

Q電子部品の溶断試験回路製作について(ド素人)

電子部品のDC溶断試験機を製作しております。
ここで、溶断回路内に溶断時間を確認するカウンターを設置しようとし
ておりますが、試料溶断(OPEN)時にカウンターがとまりません。
原因は試料がOPENになっても電源側にカウンター回路の電流が流れるた
め、カウンターがとまらないことは解っているのですが、良い対策が思
いつきません。

電源回路側をA、カウンター回路側をBとした場合、両側にダイオードを
入れればA側にBの電流が流れないため、カウンターはとまりますが、最
高で60A通電するため、ダイオードの発熱が大きく、ヒートシンク&ファ
ンをつけて運用するしか…と考えております。

可能であれば、ダイオード以外の発熱(電力ロス)の少ない方法で、試験
機を使用致したく、何か良いアイディアがございましたら、宜しくご教
授の程、お願い申し上げます。

説明がわかりにくく、誠に申し訳ございません。
補足は随時やらせて頂きますので、宜しくお願い致します。

簡易回路図(▲:ダイオード)

l-|電源|----|スイッチ1|----l
|                 ▼ :A側回路
ト----|試料|------T------」
|             |
▲            |    :B側回路
L--|カウンター|---」

試験条件:DC 0.5~(約)10V MAX60A

電子部品のDC溶断試験機を製作しております。
ここで、溶断回路内に溶断時間を確認するカウンターを設置しようとし
ておりますが、試料溶断(OPEN)時にカウンターがとまりません。
原因は試料がOPENになっても電源側にカウンター回路の電流が流れるた
め、カウンターがとまらないことは解っているのですが、良い対策が思
いつきません。

電源回路側をA、カウンター回路側をBとした場合、両側にダイオードを
入れればA側にBの電流が流れないため、カウンターはとまりますが、最
高で60A通電するため、ダイ...続きを読む

Aベストアンサー

大電流とのことですから、まっとうな方法としては、カウンタへの供給電源(試料への電源とは別に用意)の途中にリレーを挿入し、

A.試料間の電圧をモニターして、それが電源電圧付近になったときにリレーをOFFする。

B.試料に直列に低抵抗のシャント抵抗を挿入して、その抵抗間の電圧をモニターして、電流を計測し、電流0でリレーOFFにする

という仕組みを作ることです。
これは特に難しい回路が必要なわけではないのですが(LM311などのコンパレータひとつで実現できる)、それもいやだというのであれば、少し試験条件から可能な方法を考えて見ましょうか。

電源側:0.5V~10V、電流max60A
試料:2mΩ~2Ω

まともにこの範囲をカバーしようと思うと結構厄介です。
考えられるのは、まず試料へ供給する電源とカウンタへの電源は別にしなければなりません。

で、やり方としては電源のグラウンド同士は接続してグラウンドを共通にします。

そして、試料が最大でも2Ωということなので、カウンタ電源側からDC-DCリレーのソレノイド->ダイオード(順方向)->試料->グラウンド

という接続ラインを作ります。
こうすると、試料が接続されていて、断線していない限りはリレーのソレノイドが作動しますので、あとはリレーの接点側経由でカウンタに電源を供給すればよいわけです。
これが可能なのは、試料の抵抗が最大でも2Ωと比較的抵抗値が低いためです。
DC-DCリレーのソレノイド側に流れる電流は大きくても0.1A以下ですから、試料による電圧降下は0.2V以下、ダイオードで1Vで、合計でも1.2V程度しか落ちないのでソレノイドの駆動には問題が生じないでしょう。(カウンタ側の電源は12Vですから12V用のソレノイドであればこの程度の電圧降下は問題ない)

で、問題は試料に通電するときのスイッチですが、試料とグラウンドの接続の中間に入れます。
こうすることで、試料を通電した瞬間にリレーのソレノイドも駆動されてという仕組みになります。

カウンタの消費電流は少ないようなので、もしカウンタへの供給電圧範囲が10V以上であれば対応できるということならば、リレーを介さずに直接という手もあります。


ひとつ気になるのは定電流動作により試料に電流を流すのであれば、電源自体にスイッチ機構がないと、スイッチの入っていないときにはいつも電源の最高電圧に張り付いていますので、スイッチを入れて試料に電流を流した瞬間は電源の定電流動作が開始されるまでの帰還は最高電圧にて大電流が流れるように思います。なので評価の正確性に疑問があると思います。

大電流とのことですから、まっとうな方法としては、カウンタへの供給電源(試料への電源とは別に用意)の途中にリレーを挿入し、

A.試料間の電圧をモニターして、それが電源電圧付近になったときにリレーをOFFする。

B.試料に直列に低抵抗のシャント抵抗を挿入して、その抵抗間の電圧をモニターして、電流を計測し、電流0でリレーOFFにする

という仕組みを作ることです。
これは特に難しい回路が必要なわけではないのですが(LM311などのコンパレータひとつで実現できる)、それもいや...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報