【初月無料キャンペーン中】gooドクター

百済が滅亡したとき、百済の人は日本に逃亡した人以外は殺され、百済人と現在の韓国人は無関係という説があるようですが、本当ですか。

A 回答 (2件)

http://www26.atwiki.jp/crescent_castle/pages/58. …

上記資料のどの程度正しいかわからないが、
百済系
王族系:百済扶餘氏→扶餘徐氏(希少)
官僚系:旌善全氏、天安全氏、幸州奇氏

というように、積極的に百済系と名乗っているようですから、指導層全体が族滅されたわけではないものかと。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

旧唐書東夷伝の「百濟之種遂絶」だけをもって、百済の血は現在の韓国人にはないとするのは、馬鹿げていると思います。
常識で考えてそんなことはあり得ないでしょうね。
史料のたった一句を100%その字句通りに考えてしまうのは、いかにも幼稚ですね。
恐らく韓国においては百済系は、DNA的には韓国人を形成している数本の柱のうちの1本でしょう。
ご提供いただいた史料は大変いいものです。
ありがとうございました。

お礼日時:2011/07/20 07:43

「説」というか、文献上はその通りですよね。


確か、旧唐書東夷伝に「百済滅亡時に、百済の種が絶滅した」という記述があるじゃないですか。
日本書紀等の記述から百済王族など多数が日本に亡命したのは史実ですから、合わせて考えればあなたの書かれている通り「百済の人は日本に逃亡した人以外は殺され」となりますよね。

もちろん、「本当に百済人は貧民に至るまで、一人残らず新羅人に殺された」か、という疑問は残ります。
つまり、普通に考えて、新羅人が百済人を全滅させるメリットが無い。
おそらく若い女性は性奴隷のような形で、男性のうちごく一部は奴隷のような形で残した可能性は否定出来ない。

しかしだからと言って、「百済の種が絶滅した」ことを否定する証拠にはならないでしょう。
百済滅亡後、新羅支配下の過酷な迫害の中で、多くの百済人が衰退・減少していき、一部は新羅人に同化され、“民族としての”血縁や文化や言語は消滅して行った。そう考えるのが一般的な訳です。

実際にその後の朝鮮半島には、百済人の文化も言語が残ったという明確な証拠が何一つ残っていない。
つまり「百済人が残った」という証拠が一つもない。
一方、文献資料の方には「百済人の種が絶滅した」という証拠だけが存在する。
それならば「百済人は(一部は同化しつつ)“民族としては”絶滅した」と解釈するのが当然でしょ。

もしあなたが、「いや、百済人の系統はちゃんと残って、現代韓国人に受け継がれている」と言いたいのなら、その「残っていた、受け継がれた」証拠を示さなくてはいけない。
言語学でも文化人類学でも遺伝学でもどんな証拠でも良いのです。
でも、客観的な信頼性に足る証拠がないものですから、「百済人という民族は絶滅した」というのが定説になっている訳です。


>百済人と現在の韓国人は無関係という説があるようですが、

その説というのが具体的にどういう内容だか分かりませんが、少なくとも百済人の文化や言語は、現代韓国人に何一つ受け継がれていないのですよね?

そして血縁的にも(まったく「ゼロ」とは言いませんが)、ほとんど残っていないと考えるのが自然ですよね?
(上記の通り、百済滅亡時に百済人がほとんど滅びてしまった可能性が極めて高く、そして1300年間以上という長い歴史の間に、北方等から断続的な異民族の侵入を受け続けた為)

文化も言語も断絶していて、血統的にもごく僅かしか受け継がれていない。そんな状態ならば、「現代韓国人と百済人は(ほぼ)無関係」という表現も、間違えではないと思いますよ。

この回答への補足

ご回答ありがとうございます。
回答者様は日本人ですか。
韓国歴史にお詳しく、また
チョッと日本語が変だと思いましたので。

>「現代韓国人と百済人は(ほぼ)無関係」という表現も、★間違え★ではないと思いますよ。

補足日時:2011/07/19 20:34
    • good
    • 9

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング