“心筋、骨格筋ともに筋繊維束でみた場合、収縮は全か無かの法則に従う。”という文章の正誤について教えて下さい。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

ひとつの運動ニューロンと,その刺激によって収縮する筋繊維を運動単位(motor unit)といいますが,この運動単位は刺激が閾値を超えると,全か無かの法則に従って収縮します。



この運動単位を形成する筋繊維は束を作ることなく,分散して筋束中に存在しているといわれています。つまり,筋束の中に多数の運動単位が存在するのなら,筋束としては全か無かの法則に従わないのではないでしょうか。

収縮は,筋束中の活動する運動単位の割合によって,全体として発揮される力を調節しているのかなと思います。ですから,筋繊維か筋繊維束(筋束)かで,答えは大きく異なるのではないかと思います。

専門家の回答をお待ちください。国家試験頑張ってください。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます。国家試験への激励ありがとうございました!

お礼日時:2003/11/03 21:51

No1のものです。

すいません、答えが間違っているようでした。
単一筋線維においては全か無の法則に従うが、これが筋束の場合にはそれぞれの筋線維によって閾値が異なるため全か無の法則には従わない。よって不正解です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございました!

お礼日時:2003/11/03 21:52

正解です



一本一本の筋線維は、閾値以上の刺激が来れば、筋線維そのものが大小の力を出し分けることは出来ず、100%の収縮をします。ちょこっとだけ収縮するということは出来ません(全か無かの法則)。しかし、骨格筋の場合、ちょっとだけ力を入れたり出来るのは、骨格筋の筋線維がすべて同時に収縮するのではなく、一部の筋線維が収縮すれば全体としては、弱い力が出せます。

参考URL:http://web.kyoto-inet.or.jp/people/nogunao/koku- …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q振動感覚閾値とはなんでしょうか? 建築物の環境衛生を勉強しており振動感覚閾値という単語が出てきたので

振動感覚閾値とはなんでしょうか?
建築物の環境衛生を勉強しており振動感覚閾値という単語が出てきたのですが調べても良く解りません。
詳しく掲載されているサイト等あれば教えて下さい。

Aベストアンサー

建築物の振動が人に与える影響を言ってるものです。
振動感覚閾値は医学の言葉であり、人が振動を感じる為の最小の刺激です。
閾値なのでこの値が小さい人は、ちょっとした振動をも感じてしまい、値の大きい人は、少しの振動くらいでは振動を感じないと言う事になります。

PDFで読みずらいですが以下が参考になります。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/souonseigyo1977/24/6/24_6_375/_pdf

Q骨格筋の収縮

平滑筋の収縮ではミオシン軽鎖のリン酸化が起こりますが、骨格筋でも同じようにミオシン軽鎖のリン酸化が起こるのでしょうか?それとも、アクチンのリン酸化ですか?

Aベストアンサー

No.1のkojirooさんの仰る通りだったと思います(記憶が確かならf^-^;)。

骨格筋の場合は…

(1)アクチンフィラメントにはトロポニンとトロポミオシンが結合しており、
 これらが協同してアクチンとミオシンの収縮に対し抑制をかけている。
(2)筋小胞体から遊離されたCa2+がトロポニンと結合。
 これによりトロポニンとトロポミオシンの抑制が解除され、アクチンフィラメントがむき出しになる。
(3)アクチンフィラメントとミオシンフィラメントが結合。
 ミオシンの頭部のATPase活性が高まり、ATPはATPaseによってADPとリン酸に分解される。
 その際に得たエネルギーがミオシンを活性化し、ミオシンはアクチンと滑り込みを起こし、筋が「収縮」という状態になる。

だったと思います。

一方、平滑筋の場合は、hiro2000さんの仰る通り、

(1)平滑筋細胞膜が脱分極(活動電位発生)→膜電位依存性Ca2+チャネルが開口→Ca2+が細胞内に流入
(2)Ca2+はカルモジュリンと結合→これがミオシン軽鎖キナーゼを活性化
(3)ミオシン軽鎖キナーゼによりミオシン軽鎖がリン酸化される→ミオシンのATPaseが活性化
(4)アクチンと反応。アクチンとミオシンの滑り込みが起きる→平滑筋収縮

平滑筋は横紋筋に比べて筋小胞体が未発達のため、その収縮は細胞外から細胞内へ流入するCa2+に対する依存が大きいのが特徴でしたね。

記憶を手繰りながらアヤフヤな書き込みをしてしまいましたが、
図書館で機能形態学関係の参考書を見て頂けると解りやすいかと思います。
図が載っているものの方がイメージが沸いて理解しやすいですよ。

No.1のkojirooさんの仰る通りだったと思います(記憶が確かならf^-^;)。

骨格筋の場合は…

(1)アクチンフィラメントにはトロポニンとトロポミオシンが結合しており、
 これらが協同してアクチンとミオシンの収縮に対し抑制をかけている。
(2)筋小胞体から遊離されたCa2+がトロポニンと結合。
 これによりトロポニンとトロポミオシンの抑制が解除され、アクチンフィラメントがむき出しになる。
(3)アクチンフィラメントとミオシンフィラメントが結合。
 ミオシンの頭部のATPase活性が高まり、ATPはAT...続きを読む

Q閾値と閾膜電位の違い

生理学の問題で、質問があります。

「興奮性細胞を外向きに電気刺激するときについて、正しい物を選べ」、という問題で、
「膜の脱分極が閾値に達するとき活動電位が発生する。」
という文章がありました。
この文章が正しいかどうかですが、周囲の意見では「閾値」ではなく「閾膜電位」が正しいので、この文章は間違っているとの事でしたが、私はどうも腑に落ちません。
「閾値」とは本来、臨界点に達する値の事だと思うので、「閾膜電位」は「閾値」含まれるのではないでしょうか。
それとも、生理学では「閾値」と「閾膜電位」を厳密に区別するのでしょうか。
 どなたかおわかりでしたら、お願いします。

Aベストアンサー

その問題, 本当にソコが間違いですか?だとしたら、「閾値は意味が大きくなりすぎるので間違い」になるかもしれませんが、私もrindaryuさんと同じで納得できません。テストでこれで×にされたら答案破って捨てます。文句言いましょう。

 他の部分が間違いの場合。
正確には、
「脱分極したことで局所電位が発生し、それが閾膜電位(だか閾値だか)に達すると‥‥云々」
では?「脱分極が閾値(だか閾膜電位だか)に達する」と言う記述, 局所電位に触れていない, 以上の二点で間違い。かな?

参考URL:http://bme.ahs.kitasato-u.ac.jp:8080/docs/qrs/phy/phy00024.html

Q骨格筋収縮メカニズムについて

骨格筋収縮のメカニズムを400字程度でまとめる、という課題をだされました。自分なりにやりましたがこのまま出すのは不安なので、添削をどうかお願いします。


運動神経繊維から活動電位が誘発される。
活動電位が筋小胞体に伝わると、電位センサーがそれを感じ取り、筋小胞体の膜内にあるカルシウム放出チャネルを開き、カルシウムイオンを放出する。
トロポニンはカルシウムイオンとの結合部位があり、結合することでトロポニンとトロポミオシンの抑制作用がとれる。
そうなると、ミオシンの頭部である架け橋がアクチンフィラメントに引っかかるようになる。
すると架け橋に引っ掛けて曲げる、という機能が働いてミオシンの上にアクチンが滑っていくようになる。これを“滑り込み運動“という。
滑り込み運動が起こると、I帯とH帯はともに短くなっていく。その結果筋収縮が起きる
。収縮後はカルシウムイオンが筋小胞体に吸収され、トロポニンに邪魔され筋収縮できなくなり、元の状態に戻る。

Aベストアンサー

>トロポニンはカルシウムイオンとの結合部位があり、
>結合することでトロポニンとトロポミオシンの抑制作用がとれる。

また、トロポミオシンを構成するトロポニンと、Ca2+イオンと結合するトロポニンは種類が違うので、そこも押さえた上で、記載するなら、
「トロポニンとトロポミオシンは、ミオシン頭部における滑り運動を阻害している。
筋小胞体から放出されたカルシウムイオンと結合したトロポニンが、トロポミオシンとトロポニンから成る複合体に作用し、構造変化させる事で、ミオシン頭部における結合を解離させる。」


>そうなると、ミオシンの頭部である架け橋がアクチンフィラメントに引っかかるようになる。

「ミオシン頭部に存在する可動腕が、ATPを消費して、アクチンフィラメントを断続的に引き込む事ができるので、収縮が・・・・」
ここでは、ATPが消費される事と、可動腕が断続的に引き込む事により、収縮が怒る事を書いた方がいいと思います。


>収縮後はカルシウムイオンが筋小胞体に吸収され、
「収縮後、筋小胞体から放出されたカルシウムイオンは、そのほとんどが能動輸送により、筋小胞体へ輸送される。」
ここでは、能動輸送によりほとんどのカルシウムイオンが輸送される。賭した方がいいかもですね。
また、ごく少量ですが、細胞外にも排出されてしまうので、ほとんどと記載した方がいいかもしれませんね。


最近よく見る、丸投げではなく、よく勉強されているのがわかります。
なかなか面白い分野ですから、楽しんで勉強してください。

あと、参考までにしてくださいねー。

>トロポニンはカルシウムイオンとの結合部位があり、
>結合することでトロポニンとトロポミオシンの抑制作用がとれる。

また、トロポミオシンを構成するトロポニンと、Ca2+イオンと結合するトロポニンは種類が違うので、そこも押さえた上で、記載するなら、
「トロポニンとトロポミオシンは、ミオシン頭部における滑り運動を阻害している。
筋小胞体から放出されたカルシウムイオンと結合したトロポニンが、トロポミオシンとトロポニンから成る複合体に作用し、構造変化させる事で、ミオシン頭部における結合を解...続きを読む

Qニューラルネットワークの閾値について

ほとんどの文献でシグモイド関数を用いたニューラルネットワークに閾値が含まれています。
しかし、あまりその理由について触れられていません。(あまりと言うか、見つけられなかったわけで・・・

閾値の必要性について知りたいです。
誰か教えてください( ̄人 ̄)頼んます強い人

Aベストアンサー

shunenさんの考えている必要性は逆なのでは?

「シグモイド関数を用いたニューラルネットワークに閾値が含まれている」のではなく、「ニューラルネットワークには、閾値が不可欠であり、その閾値を処理するためには、微分可能である関数が必要であり、その関数に偶然近似できそうなシグモイド関数という関数があったから、使っている」のでは?

 ニューラルネットワークには、閾値が不可欠です。というよりも、それがニューラルネットワークの本質と言っても、過言ではないのです。

 一つの箱に仕切りがあり、仕切りの一方には赤い球が入っており、もう一方には青い玉が入っているとします。そこに、更に、どこかから1つの玉を持ってきたとします。その玉が赤色であれば、赤い玉の入っている仕切りに入れ、青玉ならば青玉の仕切りに入れます。

 その仕切りが数学(ニューラルネットワーク)で言うところの閾値です。

 数学的には、3種類以上の玉があり、その種類に応じた数の仕切りがあります。
 更に一般的に言えば、その玉はあいまいな色(紫色とか?)で、どちらに分類していいか分からないときには、赤と青の中間的な場所に置かなくてはなりませんが、これを、赤とみなすか青とみなすかして、そこまで仕切りの判定基準を変えます(即ち、紫は赤の仕切りに入れておこうとかいう判断)。これによって、判定基準が変わることが、学習です。

 時には、どちらに入れて良いか分からない場合で、紫は赤に入れておくと良いということを経験的に知っている人が経験者として教えてあげることがあります。この知らなかった判断基準を教えてあげる人(正確には、信号)を教師信号と言います。

 ニューラルネットワーク(というより、情報学一般)は、数式に惑わされないことが大事です。情報学は、数学によって成り立っていますが、あくまでも数学は道具であって、機能が先に考えられ、「それに都合の良い関数がないかな?」と探して偶然見つけられた数式を変換式として当てはめているに過ぎません。
 数式よりも機能を理解してください。

shunenさんの考えている必要性は逆なのでは?

「シグモイド関数を用いたニューラルネットワークに閾値が含まれている」のではなく、「ニューラルネットワークには、閾値が不可欠であり、その閾値を処理するためには、微分可能である関数が必要であり、その関数に偶然近似できそうなシグモイド関数という関数があったから、使っている」のでは?

 ニューラルネットワークには、閾値が不可欠です。というよりも、それがニューラルネットワークの本質と言っても、過言ではないのです。

 一つの箱に仕切り...続きを読む

Q骨格筋の収縮機構について

生理学、医学について詳しい方、教えて下さい。

骨格筋の筋収縮についてですが、骨格筋の細胞膜はT管を形成し、活動電位をVDCCが電位センサーとなって、筋小胞体膜上のリアノジン受容体に伝
えカルシウム放出を起こすことが知られてますが、このVDCCはどのようにして、リアノジン受容体に活動電位を伝えているのでしょうか?

教えて下さい。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

筋小胞体のリアノジン受容体は、L型VDCCに直接接続しているからです。そんなに明快なものはないと思いますよ。電位依存性にL型VDCCの立体構造が変化したら、それに結合しているリアノジン受容体もその構造変化の変化の影響範囲にあるでしょ。変換も何もありませんよ。たとえば磁石Aの形を変えたらその近くの磁石Bも歪められるでしょ。雑魚寝している親子の寝姿の連動と同じで、近いとはそういう事でしょ。むしろ離れているのに連動したら(テレパシーを否定する科学としては)面倒な事になって適当なシグナル物質を見つけてこない事には納得させれませんよね。
タンパク変性しかり、タンパク質の高次構造は、静電的な環境にしたがって立体構造が決まるのでしょ。近くに分子があったらそいつの存在や状態に思いっきり立体構造を決定されるじゃないですか。

深く知りたいというのが間違いの始まりで、本質的な観点で浅く延びるように把握するべきです。深く知りたがる前に機械論になっていないのです。このパターンだと一対一の知識が無限地獄のように必要になってきます。科学とは一般的にどう考えるかを修養するものですよね。

カルシウムイオンに誘発されて開くというのは、カルシウムイオンであれば開くマシーンではないのですよ。機械論というのはそういうことではありませんよ。カルシウムイオンの持っているサイズや電子など状態が、同様にサイズや電子を持っているタンパク質分子の立体構造と作用し合うんですよ。
カルシウムイオンだけが立体構造に影響するなら、カルシウムイオン誘発性のチャンネル(タンパク)がカルシウムイオンではない酸(水素イオン)に反応して変性したらおかしいって事になりませんか。何だろうが、変えられる事をされたら変わるんですよ。その高分子のおかれた環境が変わればその高分子の立体構造が変わるというだけです。
生物学の学習は常に固定観念との戦いですよね。学習する度に新しい知識によって固定化されないように全知識のストレッチ体操しないと石頭の馬鹿科学者になります。
カルシウムイオンは細胞質中に少ない状態にされているのでしょ。その環境での立体構造が標準になっているだけなのですよ。だから単なる!カルシウムイオンの増加でも、分子の形が増加した時の形に変わるのですよ。電位で変化する物質と結合していればカルシウムイオンの濃度変化なんか要らないのです。それだけのことですよ。●●ポンプというのは●●イオンの濃度変化でもタンパク質が変化を生じられるようにお膳立てをしているわけでしょ。
カルシウムイオンの持っている性質との関係なのです。タンパク質がカルシウムという文字列を処理して変形プログラムを作動させるんですか?そんな擬人的なものではないでしょ。カルシウムという文字列も立体構造を変えるプログラムもイオンをやりとりするシステムも法則も自然界にはないんですよ。それが機械論なのです。自然に出来上がった、たまたま獅子脅しです。

筋小胞体のリアノジン受容体は、L型VDCCに直接接続しているからです。そんなに明快なものはないと思いますよ。電位依存性にL型VDCCの立体構造が変化したら、それに結合しているリアノジン受容体もその構造変化の変化の影響範囲にあるでしょ。変換も何もありませんよ。たとえば磁石Aの形を変えたらその近くの磁石Bも歪められるでしょ。雑魚寝している親子の寝姿の連動と同じで、近いとはそういう事でしょ。むしろ離れているのに連動したら(テレパシーを否定する科学としては)面倒な事になって適当なシグナル物...続きを読む

QCPU、メモリ、ディスク容量などの閾値

こんにちは。

サーバーの運用管理で、サーバー資源の監視を行うにあたり、閾値をどのくらいに設定すればよいか悩んでおります。

サーバーに乗せているアプリケーションにもよるとは思いますが、監視ツールでどのくらいの閾値を設定しているか教えていただけないでしょうか。

また、CPU、メモリ、ディスク容量以外で、監視を行うべき項目がありましたら、参考になるURLなど教えていただけると幸いです。

Aベストアンサー

閾値は用途によって様々ですので、MRTGなどでモニタリングを行なってから適切な値を試行されたほうが良いかと思います。
ちなみにイントラWebサーバー(IIS)で私が行なっている設定ですが
・CPUは1時間の平均値で30%を超えたら
・メモリはすべて使い切ったら(スワップが発生する事態になったら)
・ディスク容量は空き領域が5%未満になったら
にしています。
それ以外に監視を行なうものですが、サーバーということでしたら
UPS(無停電電源装置)が必要かと思われます。
それ以外にもサーバーに添付されているソフトウェアでCPU温度や
ファンの回転数を監視できるものもあります。
電源と同様に空調が停止して、サーバーがダウンする場合が懸念されますので、CPU温度は可能なら監視されたほうが良いかと思います。

参考URL:http://www.apc.co.jp/products/accessory/ap9617.html

Q赤色筋繊維と白色筋繊維の見分け方

肉牛を飼っているのですが、お客さんから、肉のおいしさをデータで見たいとの要望があり、困ってます。本を読むと赤色筋繊維と白色筋繊維の割合が、ジューシーさとか硬さとか旨みとか色に影響していると載っていました。どーやってその違いを見分けたらよいのでしょうか。教えて下さーい。

Aベストアンサー

いいかげんで申し訳ありませんが,私は畜産も食品加工も素人です。ですから農学分野がよいのではといったのです。

一般論としまして,筋肉はアクチンとミオシンといった2種のタンパク質から出来ていますが,赤色筋ミオシンと白色筋ミオシンでは,熱を加えたりしますと赤色筋ミオシンの方が硬度が増します。

具体的な例で説明しますと,赤肉のステーキで良く焼いたり,牛の赤肉を揚げ物のような強熱を加えますと赤色筋はどんどん硬くなり美味しくなくなります。塩分濃度や加熱の程度でも大きく変わるはずですが,専門ではありませんから詳しくは知りません。

牛肉の場合に赤い方が美味しいのか,白い方が美味しいのかは料理法と思います。料理によって赤色筋と白色筋のどちらが優れているか決まるのではないでしょうか。

私が言いたかったことは,赤色筋と白色筋の比率は遺伝です。同じような飼育方法をとる限りでは品種で決まるはずです。この問題は,農学カテと思いますが…

Q糖類の閾値(数値)について

現在、糖の成分について勉強しているのですが、糖の閾値について教えていただきたく質問させていただきました。特に、グルコースとマルトースの閾値(数値)が知りたいので、参考になるURL、本など教えていただければ幸いです(他の糖(フルクトース、スクロース)についてもも分かれば教えてください)。以上、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは

閾値(いきち、しきいち)、英語ではthreshold、玄関や入り口の敷居のことです。
代謝や化学反応などでは濃度の境界を指すことが多いと思います。
この濃度を超えれば反応が爆発的に進む場合や、この濃度を超えると毒性が一気に強まるような場合の「この濃度」を閾値と呼びます。
融点などのような物性値ではなくて、現象が起きるスタート地点のことです。

糖質と閾値で思い起こすのは糖尿のことですので、
もし糖尿に関することでしたらこちらのサイトはいかがでしょうか。
糖尿に関する多くの論文のサマリーが掲載されています。
http://www.geocities.co.jp/AnimalPark-Lucky/4641/tounyou.htm

全然違う話でしたらご容赦ください。

Q平滑筋と骨格筋の制御機構

タイトルにあるように平滑筋と骨格筋の制御機構について調べているのですが参考になる本、またはURLなどありましたら教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

標準生理学は医学書院の出版で、青と黄色の装丁です。
人体の正常構造と機能は日本医事新報社の出版で、大きくて薄めの本です。
X運動器を見ていただければ載っていると思います。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報