この度、娘の学習机を作ろうと思っています。

今まで、ウッドデッキ、ブランコ、PC机などの製作経験はあるのですが、表面を固くする塗装経験がありません。
そこで相談させていただきました。

出来合いの学習机は、表面が固い塗装ですので、下敷きは不要ですよね。あのように固い塗装にするには何をすれば良いのでしょうか。
ホームセンターのウレタン塗料でも、爪を立てればキズがつきますので、机に紙を直接置いてポールペンで書くとへこむように思います。
ビニールシート等を置かせるのは好きではないので、どうしたモノかと悩んでいます。
サンダーは持っていますので、磨くことは厭いません。

ご経験のある方、ご存じの方、よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

表面硬度の高い塗装はUV塗装やポリエステル塗装などですが、DIYでは手が出せる領域ではありません。



「学習机だから表面が硬くなければならない」といった考え方を転換しませんか?
机に紙を直接置いて書いてもへこまないことが学習机に求められる条件とはちょっと思えません。
お子さんの学習机はノートが基本ですから、一枚物の紙を使うときにはお気に入りの下敷きを使えば良いのでは。

それよりもお子さんの健康に配慮した塗料を使用するほうが良いと思います。
化学合成塗料は見た目のために安全性がかなり犠牲にされています。

ご自身でお子さんのために作られるならば、自然塗料(リボス社やアウロ社のオイルなど)を塗装にお使いになることをお勧めします。
天板の材料も柔らかい針葉樹ではなく、国産材ならばクヌギやカバなどの広葉樹がお勧めです。
ネットを通じて購入が可能ですのでご検討ください。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
プロ仕様の塗装は無理ですか?・・・

根本的に考え直してみます。
重さを厭わず、材木探しから考え直してみます。

お礼日時:2003/11/05 21:41

UV塗装でも、硬いのは表面だけなので、カットは可能です。



但し、MDFやダップ、無垢の天板等はカットできますが、コタツ用等は中がハニカム構造になっていたりするのでカットできるか販売店で相談して下さい。

もちろんオーダーできればベストです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

再々有難うございます。
カットした後に面取りして塗装すると、カットしていない面と同じようにきれいにできるかしら?

自身がないので、天板をオーダーするか、他の方法にするか、よく考えてみます。

お礼日時:2003/11/06 19:35

#1さんの仰るとおり、DIYではできません。


よって、天板だけ、購入して机を作成するというのは如何でしょう?

画用紙などノート以外を使用することを考えると、学習机の天板は、凸凹にならないほうが良いと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

長方形ではなく、特殊な形状を考えているので加工は発生してしまいます。
加工込みでの天板も探してみることにします。

ありがとうございました。

お礼日時:2003/11/05 21:54

たとえばメラミン化粧版を貼った机ですと硬すぎてボールペンは直に使えません。


ウレタン塗装くらいが一番適しています。
4,5回くらい塗れば表面は硬くなります。
下塗り、サンデイングシーラー(これが硬いですから2回塗るといいです)、
エナメル(着色エナメルです)、クリヤーで表面を保護します。
木は表面だけでも硬いものがいいです、
コンパネの表面をパテを刷り込んで使えばいいでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

小さな板で色々試してみることにします。
なんだか楽しくなってきました。

お礼日時:2003/11/05 21:52

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qテーブルみたく膜を張ったようになる塗料

先日テーブルを作りました。
リサイクルショップでテーブルの足だけと、
ホームセンターで天板(四角い木材)を購入し組み立てました。

木材の方は何という木か見てこなかったのですが
無垢のもので柔らかいものです。
水で薄くした水性のペンキを塗りましたがよく吸い込み
素適に出来上がり満足しています。

ここから問題なのですが、天板の表面が木独特のザラザラ面の
ままなのでどうにか触れた時にテーブルっぽくなるような
位にしたいと思っています。
これは塗装をするのでしょうか?
既製品のものをみるとピカピカと輝いていますが
あそこまではいかなくてもざらざらが抑えられるくらいに
なればと思っていますが具体的にどうしたらいいのでしょう。

もし塗料のようなものを塗るのでしたら材料名を、
違うやり方があるのならば教えてください、お待ちしております!

Aベストアンサー

ざらざらを抑えるのは塗料ではなく、サンドペーパーによる表面仕上げです。

柔らかい木(針葉樹)ならペーパー掛けが比較的簡単です。
80番から初めて、120番、180番の順に細かいペーパーで丹念に研磨してください。
コツは木目に沿ってサンドペーパーを動かすことです。
木目を横断するように動かすと、ペーパーの傷が目立って仕上がった後まで残ります。

ウレタン仕上げをするならば240番まで必要ですが、素人がウレタン塗装で、きれいに仕上げることは困難です。
(きれいにできる技術があるならここに質問しないはず・・・)

失敗が少なく、比較的きれいに仕上げるためにはオイルフィニッシュが良いでしょう。
自然系のオイルなら、塗った後のシックハウス被害も防止できます。

参考URLの太田油脂の「健康オイル」は使いやすく、ホームセンターでも取り扱っています。
これ以外でも自然オイル仕上げ用のオイル塗料が販売されていますので、店員にお問合せください。

仕上がりを決めるポイントは「サンディング」に尽きます!

参考URL:http://www.sun-inet.or.jp/~ohtaoil/otprodct.htm#tkm

ざらざらを抑えるのは塗料ではなく、サンドペーパーによる表面仕上げです。

柔らかい木(針葉樹)ならペーパー掛けが比較的簡単です。
80番から初めて、120番、180番の順に細かいペーパーで丹念に研磨してください。
コツは木目に沿ってサンドペーパーを動かすことです。
木目を横断するように動かすと、ペーパーの傷が目立って仕上がった後まで残ります。

ウレタン仕上げをするならば240番まで必要ですが、素人がウレタン塗装で、きれいに仕上げることは困難です。
(きれいにできる技術が...続きを読む

Q机天板に塗るニスはどれがいいでしょうか?

机を作ろうと思うのですが、天板の塗装をどうすればいいのか質問させて頂きます。
天板の材料はパイン集成材で厚さは2.5cmです。
面積は50cm×450cmです。
表面をニス仕上げにしたいのですが、様々な種類があるうちで机の天板に最も適しているのはどのタイプなのでしょうか?

塗装はスプレーガンで吹こうと思います。

Aベストアンサー

今のところ素人が塗れる物で最も硬いのは2液ウレタンだと思います。
他にはメラミン板を貼り付ける方法もあります。
http://www.hirokata.co.jp/hpgen/HPB/entries/1.html
家具製品の多くは工場で熱硬化型の塗料を塗っていますが。素人で熱硬化型は難しいし少量での入手はできません。

2液型は溶剤型と違って乾燥後の肉痩せが少ないので刷毛目が出にくいです。
作業場があって、慣れた人だったら刷毛の後始末もガンの後始末も似たような物かもしれないですね。

2液型は指触乾燥後も硬化は続くので、スチールウールで表面を粗面にするのでしたら頃合いを見ないと完全に硬化してからでは傷つけにくくなるかもしれないです。

いくら熱に強い塗膜でもヤカンのじか置きは避けた方が良いと思います。(メラミン板でも推奨外)
そのような使い方をするのなら金属板を巻いたりした方が良いように思います。

仮に塗装面を傷めてしまったとしても、自分が習熟している技術であれば元通りに直すのはそれほど苦ではないので、自分に見合った材料で塗っておくのが合理的だと思います。

今のところ素人が塗れる物で最も硬いのは2液ウレタンだと思います。
他にはメラミン板を貼り付ける方法もあります。
http://www.hirokata.co.jp/hpgen/HPB/entries/1.html
家具製品の多くは工場で熱硬化型の塗料を塗っていますが。素人で熱硬化型は難しいし少量での入手はできません。

2液型は溶剤型と違って乾燥後の肉痩せが少ないので刷毛目が出にくいです。
作業場があって、慣れた人だったら刷毛の後始末もガンの後始末も似たような物かもしれないですね。

2液型は指触乾燥後も硬化は続くので、スチール...続きを読む

QDIY机 下敷き無しで書き物ができる表面仕上げの方法

DIY机 下敷き無しで書き物ができる表面仕上げの方法

DIYで机を作ろうと思います。
天板に直に紙を置いてシャーペンで字が書けるようにしたいです。
試しに板にニスを塗ってみましたが、見た目はバイオリンの様にツルツルになっても表面が柔らかいままで、字を書くと跡が残ってしまいました。

どうすれば目標の物を作れますか?
習作なので安価で出来ると助かります。

Aベストアンサー

ウレタン塗装は天板には不向きです。(少なくとも一液性は)
ウレタンは樹脂自体が長鎖系でゴム弾性を持つのが特徴で、曲げ応力のかかるもの、衝撃の加わるものに使用しても割れない、ひびが入らないという性質があり、その用途に使用されます。
 アクリル系はその意味では極めて表面硬度が高い特徴がありますが、熱に弱い欠点があります。熱いコーヒーカップを乗せると白濁する。(有機ガラスはアクリル)
 実用的にはポリエステル系の樹脂が良いでしょう。(PET樹脂もポリエステル)、エポキシもよいがかぶれるかも。

 いずれも一液性(溶剤)タイプではなく、溶剤を含まない二液性の反応硬化型を使います。

1) 下地調製
2) アンダーコート 塗膜と下地の接着
3) サンディングシーラー 厚塗りとサンディンぐによる不陸調製
4) トップコート 表面強度・耐久性を高める

 の3段階の塗装工程になります。これは一液性でも二液性でも基本的には変わりません。乾燥時間や強度を考えると圧倒的に二液性が良い。
・塗膜内部からの溶剤が完全に揮発するための待ち時間
・塗膜の厚さ
・塗膜の強度

 工業的には紫外線硬化型を使用します。これは設備があれば一瞬で硬化する。

 家具やサーフボードを扱う顧客を抱えている塗料店に相談すると方法は教えてもらえるでしょう。私は簡単なので二液のポリエステルを使います。

 鉛筆やボールペンの筆圧はとても高いので、アクリル・ポリエステル・エポキシの中から選択することになるでしょう。
 しかし、素人さんで経験がなければ、デコラを貼るか、ガラスを置くかが簡単でよいのではないかと思います。また天板だけは購入してもよいかも。

ウレタン塗装は天板には不向きです。(少なくとも一液性は)
ウレタンは樹脂自体が長鎖系でゴム弾性を持つのが特徴で、曲げ応力のかかるもの、衝撃の加わるものに使用しても割れない、ひびが入らないという性質があり、その用途に使用されます。
 アクリル系はその意味では極めて表面硬度が高い特徴がありますが、熱に弱い欠点があります。熱いコーヒーカップを乗せると白濁する。(有機ガラスはアクリル)
 実用的にはポリエステル系の樹脂が良いでしょう。(PET樹脂もポリエステル)、エポキシもよいがかぶれるか...続きを読む

Q机を塗装する方法をおしえてください

机を塗装する方法をおしえてください。
普段使っている机の天板が経年使用により擦れが目立ってきました。
どうせ塗るなら、側面なども一緒に塗ろうと思います。
しかし肝心なのは、やはり天板でしょう。
なぜなら、天板は、マウスを滑らせたり、いろいろな作業もします、コーヒーなど熱い物も置きます、ある程度の耐久性能のある塗料や素材でないと塗面もすぐに傷んでしまうでしょう。
こうした使用用途に適した方法や素材を教えて下さい。
机の使用用途は、書き物をしたり、PCを使ったり、する程度の机です。
机の素材は木製で、側面が合板素材で、天板は合板か圧縮材だと思います。
スプレー缶塗装でも耐久性が見込めれば一番簡単で良いんですけどね。

Aベストアンサー

ウレタンのスプレー缶は如何かな。

あまり種類はないけど。刷毛塗ならばあるかもです

Q学習机をリメイクしたい!

17年前に小学校入学当事に、
学習机を親に買ってもらいました。
本当にいわゆる某メーカーさんが出してる、
「ザ学習机」といった感じです。
当事流行っていたアニメのシートが付いていて。

それを中・高・大とは使ってきましたが、
もう、「勉強」という「勉強」はしなくなるので…
リメイクして普通に使えるようにしたいと、
思っています。

移動させるにも凄い重量で、
素材もしっかりしていて大きく場所を
とるような感じなのですが…何か有効利用する
良い方法はないでしょうか?
リメイクして使い勝手をよくしたいです。
表面は二ス加工がされていて色を塗る事は出来ない
感じがするのですが~

アドバイスや、情報、参考URL等がありあましたら、
教えて下さい。宜しくお願いします!

Aベストアンサー

普通、その手の机は、いわゆる机部分(下半分)と、上の棚部分に分かれると思います。大きいと家に運び込むのが大変なので、分割して搬入し、部屋の中で組み立てる方式が主流です。

まず、その分解からですね。

場合によっては、上半分を捨て、下だけ使う、というのもアリでしょう。

机の書き物をする台の部分(天板=てんばん、といいます)は、一枚の板である可能性は低く、合板に印刷した樹脂を貼ったものであることも多いです。

天板が外れるなら、ホームセンターなどで適当な板を探して交換するのも趣が変わっていいかもしれませんね。

椅子は、座りやすい、いいものと交換してもいいと思います。

Q机の再塗装

20年ほど前に、アクタスで買ったダイニングセット(多分、どこかの外国製です)の表面塗装(ダークブラウン)が所々剥げてきました。思いでのある家具なので、まずテーブルの天板(120cm×120cm)を再塗装しようと思っています。やり方ですが以下の方法で良いのかどうか教えて下さい。
(1)古い塗装を、やすりで落とす。(電動サンダーを使うつもりです)
(2)水性のステインで気に入った色に着色する。
(3)油性の透明ウレタンニスで、2、3度塗装する。

(2)番が油性のほうが良ければそうします。

初めて挑戦するので、やすりは何番ぐらいから使えば良いのかも教えていただければ嬉しいです。

Aベストアンサー

着色工程から行うには、木地を全部出さないといけません。
空研ぎ用のサンドペーパーP150くらいで研磨して、番手を上げて220、320程度で平滑にしてゆきます。
その時に研磨が仕上がりに非常に大きな影響を与えるのでじっくりやってください。傷があると、最後まで目立つので150番の傷は、丁寧に取り除いてください。

ステインは、ポアーステインであれば、油性にはおかされることはありません。原液のまま、ステインをかけてしまうと、色むらが激しく出ます。3倍程度に希釈し、徐々に望みの濃さに仕上げてください。

この期間の乾燥時間は、長めに(1日くらい)はおいた方が良いです。

油性ニスですが、乾燥するときに、油脂の臭いがなかなか取れないため、苦手でなければよいですが、臭いが気になることが予想される場合は、2ウレタンをお勧めします。

2ウレタンは高いのですが、下塗り2~3回、上塗り2回程度掛けますと、非常に丈夫な塗膜が得られます。工業用の塗料とおんなじレベルの性能が出ます。

次は、塗装しますと、毛羽立ちが出てきますので、それを400サンドペーパーでそっと除去します。塗りが薄い場合は、下地のステインをときだしてしまうので、2回目を塗ってからでも、かまいません。
ここの研磨は、下地処理の次に重要なので、十分注意して行ってください。

下塗りが、終わりましたら、また400程度で研磨して、次にトップになります。ほこりがあると、仕上がりに影響が出るので、研磨かすや、綿ぼこりが出ないようにキレイにそうじをしましょう。

塗装は奥が深いので、じっくりやってください。がんばってくださいね。

着色工程から行うには、木地を全部出さないといけません。
空研ぎ用のサンドペーパーP150くらいで研磨して、番手を上げて220、320程度で平滑にしてゆきます。
その時に研磨が仕上がりに非常に大きな影響を与えるのでじっくりやってください。傷があると、最後まで目立つので150番の傷は、丁寧に取り除いてください。

ステインは、ポアーステインであれば、油性にはおかされることはありません。原液のまま、ステインをかけてしまうと、色むらが激しく出ます。3倍程度に希釈し、徐々に望みの濃さに仕上げてく...続きを読む

Q小学校のいす、机。

現在、小学校の普通教室で使用されているいすや机は、JISの規格に基づいているらしいですが、具体的にはどういったないようなんでしょうか。サイズや、材料が決められているのでしょうか。
また、小学校の中でもパソコン教室などの椅子は普通教室の椅子とは違うらしいのですが、その辺はいいんでしょうか。
私事ですが困っています。お願いします。

Aベストアンサー

JISには,「S 1021:1999
学校用家具 ― 教室用机・いす」という規格があります。
内容は基本的に,大きさと性能(安定性・耐久性など),そしてその性能の試験方法です。
この規格は,戦後制定されてから何回か改正されていますが,今回(99年)の改正ではかなりの変更がありました。

まず大きさですが,それ以前は一番小さいのが11号,以下10号・9号…とだんだん大きくなっていき,1号が最大(1991年の改正でその上に特号を設けた)となっていました。(目安として,小学1年生が8号ぐらいでしたね。)
99年の改正では,国際規格に合わせて,一番小さいのが0号,最大が6号と,逆向きに,また大まかになりました。

具体的に数字をあげてみましょう。たとえば,小学1年生の教室に多く見られる2号の場合,
(机)
机面の高さ 520mm
ひざ部分の最小高さ 350mm
ひざ部分の最小幅 470mm
(いす)
座面の高さ 300mm
座面の有効奥行き 290mm
座面の最小幅 270mm
背もたれ上端までの高さ 250~280mm
などとなっています。

回答No.1さん:
>何より決まっていて、材質は木が普通です。
いつの話をしているんですか。
確かに,最初のJIS規格では,学校の机・椅子は全部木製と決まっていましたが,
すでに,1966年の改正で,金属やプラスチックも使えるようになっています。
確かに現在でも,座面や背もたれは木が多いですが,それはあくまでも選ぶ学校側の好みの問題であって,JISがそう決めているからではありません。
現行のJISでは,材料については「人体に有害な物性を持たないものとする。」という一言だけです。あと,有害な例として,ホルムアルデヒドの放出量の上限が決められています。それだけです。

>確かにイスの座面や背もたれ、机の天板は木ですがその他は金属ですよね。>予算や安全性などの関係なんでしょうかね。

まあそれもあるでしょうが,それよりも「同じ耐久性なら,金属にしたほうが軽い」ということがあるのではないでしょうか。
掃除のときなど,昔の木造校舎によく似合うようなオール木製の机と椅子を運ぶのはちょっと大変そうです。
また,椅子については,積み重ねられるということもあるでしょうね。
木の脚だと折れやすくなりそうです。

>パソコン教室の椅子なども一応規格に基づいているんですかね、あれでも。
パソコン教室を意識した規定も,わずかながらあります。
ただ,具体的に「パソコン教室の机(椅子)は,~~とすること。」といった規定があるわけではありません。
「脚にアジャスタ及びキャスターを取り付ける場合には,丈夫でがたや抜けなどがなく,滑らかに作動すること。」
「机に電気機器及び配線材料を組み込む場合には,電気用品取締法に基づく電気用品の技術上の規準を定める省令に適合していること。」
と,これだけです。
一般教室にパソコン接続用の端末を備えた机を置いたっていいわけですし,あまり細かく決めないほうがよいのでしょう。

というわけで,
>小学校の中でもパソコン教室などの椅子は普通教室の椅子とは違うらしいのですが、その辺はいいんでしょうか。
という質問に対しては,「構いません」と答えることになります。
なぜならば,パソコン教室の机や椅子なども含めた,包括的な規定になっているからです。

もっとあれこれ,事細かに規定されていると思っていらっしゃったかもしれませんが,全体として改正のたびに,自由度が増す方向にあるようです。
戦後すぐに制定された時は,粗悪品によって子どもがケガをするといけないという意味合いが強かったようですが,その後の技術・性能の進展,人間工学の発達などの中で,細かいことまで決めるのではなく,むしろ耐久性などクリアすべきラインをきちんと定めておけば,あとはメーカーの創意工夫に任せてよいだろう,という方向に流れが変わってきたものと思われます。
特に,最近は学習のスタイルも内容も多様化し,「総合的な学習の時間」などで,大きな資料を広げたりするような場合もありますし,情報デスクのような,従来の学校では考えられなかった机が必要になってきています。
そういった流れを考慮して,「広く,浅く」規定する方向で99年の改正は行われました。
あとは,実際に学校側がどういう机・椅子を選ぶかという問題になるわけです。

なお,
>私事ですが困っています。お願いします。
とのことですが,いっそのことJIS規格の原文(規格票という)を入手されたらいかがですか?
東京にお住まいでしたら,
○日本規格協会の本部
 (〒107-8440 東京都港区赤坂4-1-24)
○ジュンク堂(池袋の東口にある,専門書が非常に充実している書店)
で,現物を見たうえで購入できます。また,閲覧・コピーだけなら国会図書館でも可能です。
それ以外の地域でしたら,日本規格協会のホームページ
http://www.jsa.or.jp/
で通信販売を行なっています。
また,PDFファイルをダウンロードすることもできます(上記ホームページからJSA Webstoreに入る。クレジット決済)。値段は冊子版と同じです。

参考URL:http://www.jsa.or.jp/

JISには,「S 1021:1999
学校用家具 ― 教室用机・いす」という規格があります。
内容は基本的に,大きさと性能(安定性・耐久性など),そしてその性能の試験方法です。
この規格は,戦後制定されてから何回か改正されていますが,今回(99年)の改正ではかなりの変更がありました。

まず大きさですが,それ以前は一番小さいのが11号,以下10号・9号…とだんだん大きくなっていき,1号が最大(1991年の改正でその上に特号を設けた)となっていました。(目安として,小学1年生が8号ぐらいでしたね。)
99...続きを読む

Qテーブル塗装(オイルステン)後のニスについて

以前テーブル塗装について質問させていただいた者です。


一人の回答者の方に教えていただいましたように、木目が消えない程度にやすりがけし、オイルステン(ウォールナット)を使用しテーブルに2回塗りしていきました。
スゴくいい焦げ茶色になったのですが、その後、オイルステンの説明書を見ると、これで終わるのではなく、必ずその後ニスを塗って下さい、と書いてありました。

見た目的には、これで終了で良い感じもする…という感じなのですが、ニスはオイルステン後は必ず塗らなければならないのでしょうか?
塗らなければ、使用しているうちに塗装が溶けて(暑い部屋に置いていたり)しまう、等になる可能性があるのでしょうか。
また、塗らなければならなくて、下記のような仕上がりにしたいのなら、どのような種類のニス?を使用すれば良いでしょうか?


仕上がりの質感的には、有名な所でtruck furniture(メーカー。使用している木の種類は、自分のとは大きく違うので無理があるかもしれませんがw)のような、あまりテカテカしていない、塗っているか塗っていないか分からないぐらいの木目がしっかり出たような自然な仕上がりにしたいのですが。
自分が使っている木材はカラーボード(芯材=パーティクルボード)です。


お手数ですが、ご返答宜しくお願いします。

以前テーブル塗装について質問させていただいた者です。


一人の回答者の方に教えていただいましたように、木目が消えない程度にやすりがけし、オイルステン(ウォールナット)を使用しテーブルに2回塗りしていきました。
スゴくいい焦げ茶色になったのですが、その後、オイルステンの説明書を見ると、これで終わるのではなく、必ずその後ニスを塗って下さい、と書いてありました。

見た目的には、これで終了で良い感じもする…という感じなのですが、ニスはオイルステン後は必ず塗らなければならないのでしょう...続きを読む

Aベストアンサー

使った塗料にもよるのですが、一般的にはステインだけだと塗料が固定しにくいので、例えば
椅子やテーブルなら着衣に色写りしたりすることがあります。
また水濡れやアルコール(酒とか)で退色、ムラになる可能性もありますね。

一般的には上塗りした方が塗装としては強固です。

かといってニスをそのまま塗ったら塗膜でテカテカになって、木の風合いが消えてしまいますね。
私もあまりそういう仕上げはスキじゃないです^^

私の場合、上塗りでよく使うのは蜜蝋ワックス、ワシンオイルとかですね。
施工も簡単ですし、風合いもよく残るのでオススメです。

蜜蝋ワックスはたまに上塗りして磨くと、深いツヤが蘇りますよ。

Qカラーボックスで机を作ったのですが

こんにちは。

先日A42段のカラーボックス2つの上に板をのせて机を作ったのですが、カラーボックスが弱いようで消しゴムかけたりするとぐらぐら横にゆれます…
天板が大きくて安定が悪いのかもしれないですが(150*60*3cm)できればこれは切りたくありません…

何かよい固定方法は無いでしょうか?
角材を足がわりにつけようかとも思うのですがカラボの高さにあわせないといけないので大変かなと思うのですが…?

よろしくおねがいします。

Aベストアンサー

まず、カラーボックスが撓まないようにしないと。
背面は差し込み式の薄い板ですね。>カラーボックス

カラーボックスの背面全体と同じ大きさの厚めの(最低9mm?)合板を、ホームセンターかどこかで切ってもらって、これを強力接着剤を使って背面に貼付けます(カラーボックスの横板、天板にはクギやビスは効かないので)。

これでボックスの撓みがかなり解消される・・と思うんですけど、実際にやった訳じゃないので参考まで。

QDIY初心者です。ニス塗りに失敗してしまいました

表題の通りですが、箱を作ろうと木材に濃い色のついた油性ニス(ウレタンニス)の塗ったところ失敗し、塗りムラや液ダレが出来てしまいました。薄め液を使わず原液のままだったので伸びが悪かったのが原因だと思います。一回塗った今、かなり見た目は悪いです。。。

色はエボニーという濃い色です。また落ち着いたシックな感じにしたかったのに、艶が思いの外出ていてピカピカです。
キッチンの端に置く隙間収納ようなので、仕上がりをすごく綺麗にする必要は無いのですが、このままだと他の家具と全然合わないので困っています。

この場合、

1. 同じウレタンニスを薄め液で十分に薄めて塗りやすい状態にし、薄く何回か重ねてムラが目立たないようにした上で、最後に表面をちょっと粗めのサンドペーパーでやすりがけし、ツヤを消す。

2. 今の塗装にざっとサンドペーパーをかけ、不透明のこげ茶のペンキなどを重ね塗りし、ウレタンニスの失敗を隠す。

3.他の方法

のどれが良いでしょうか?
過去に2回位棚を作った程度のDIY初心者なので、家に電動のサンダーなどはありません。置く場所も無いので購入予定も無く、人力で塗装を全部はがすというのは難しく思われます。

現状の塗りムラだらけのツヤツヤの塗装を、濃い色である程度均一に塗られたツヤの無い(弱い)状態に近付けたいです。

お知恵をお貸し下さい!

表題の通りですが、箱を作ろうと木材に濃い色のついた油性ニス(ウレタンニス)の塗ったところ失敗し、塗りムラや液ダレが出来てしまいました。薄め液を使わず原液のままだったので伸びが悪かったのが原因だと思います。一回塗った今、かなり見た目は悪いです。。。

色はエボニーという濃い色です。また落ち着いたシックな感じにしたかったのに、艶が思いの外出ていてピカピカです。
キッチンの端に置く隙間収納ようなので、仕上がりをすごく綺麗にする必要は無いのですが、このままだと他の家具と全然合わないので...続きを読む

Aベストアンサー

業務用ではなく家庭用塗料でしょうから一液性ウレタン樹脂塗料ですよね。この種の塗料は塗膜を作りますから鉄部などへの塗装であれば溶剤による剥離も可能でしょうが、木部ですとある程度は浸透しますから剥離剤などでは無理でしょうね。
完全に硬化した後ペーパーがけするのが良いでしょうね。その後塗り直しです。
箱がどれほどの大きさか分かりませんが、サンダーがないのでしたら手作業で頑張ってください、結局それが一番早いです。ムラがあるとは言え、すでに塗膜ができているので、そんなに番手は小さくしなくても済むはずです。多分、180♯くらいまでいけば・・・様子見ながらですけど。完全に削り取れずに多少残ってしまっても問題ないです(平滑になれば)。
今回は目止めしたのだと割り切ってしまえばそんなに悔しくないでしょう(笑)

指定の溶剤で少し薄目に割ればムラは出づらいです。
完全に硬化してから中研ぎして上塗りします(2回塗りですね、色見が重くなりますが)。
つや消しにするには(メーカーによっては半ツヤ消しの塗料を出しているところもあるようですが)さらに中研ぎしてから一液性ウレタンのつや消しスプレーを吹けばいいでしょう。
中研ぎは塗膜の層間剥離を防ぐ意味でも必要です。刷毛塗りですと硬化をちゃんと待ってから中研ぎしてください。

ステインは浸透系の着色剤ですから今回の場合はさらに悪いことになってしまう可能性が高く、向きません。

業務用ではなく家庭用塗料でしょうから一液性ウレタン樹脂塗料ですよね。この種の塗料は塗膜を作りますから鉄部などへの塗装であれば溶剤による剥離も可能でしょうが、木部ですとある程度は浸透しますから剥離剤などでは無理でしょうね。
完全に硬化した後ペーパーがけするのが良いでしょうね。その後塗り直しです。
箱がどれほどの大きさか分かりませんが、サンダーがないのでしたら手作業で頑張ってください、結局それが一番早いです。ムラがあるとは言え、すでに塗膜ができているので、そんなに番手は小さくし...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング

おすすめ情報