小説、漫画、映画、ゲーム、どれでも構いません。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

星野亮「ザ・サード」本編7巻,短編9巻,外伝1巻 アニメ化


http://www.kadokawa.co.jp/thethird/index.php

田中ロミオ「人類は衰退しました」既刊6巻 アニメ化企画中
http://www.mmv.co.jp/special/jintai/

森岡浩之「星界の紋章」全3巻「星界の戦旗」全4巻 アニメ化
http://www.sunrise-inc.co.jp/seikai/

竹宮恵子「地球(テラ)へ…」単行本全5巻,文庫版全3巻,愛蔵版全1巻 映画化、アニメ化
http://www.terra-e.com/

萩尾望都「スター・レッド」単行本全3巻,文庫版全1巻
水樹和佳子「樹魔・伝説」単行本全2巻,文庫版全1巻

「バイオハザード」ゲーム、映画、ノベライズ
http://www.capcom.co.jp/bio_series/
「ラストハルマゲドン」ゲーム
http://www.moemoe.gr.jp/~yourtoy/last/index.html
    • good
    • 0

竜の卵

    • good
    • 0

新井素子さんの『ネプチューン』


http://d.hatena.ne.jp/fulate/20061109/p1

彼女が大学生の頃の作品で、たしか授業のレポート提出と小説の締め切りが重なり
ネプチューンをレポートバージョンに書き直して提出した・・・という逸話があります。
    • good
    • 0

進化モノをあげるなら落とせないところとして。


75年前の古典的作品ですが、SFならではの常識破りのアイディアに脱帽です。

「反対進化」エドモンド・ハミルトン(『反対進化』創元SF文庫,2005、『フェッセンデンの宇宙』1972,早川SFシリーズ に所収の短編)
http://www.tsogen.co.jp/wadai/0502_06.html
    • good
    • 0

小説:


ジェイムズ・P・ホーガン
「造物主(ライフメーカー)の掟」
・・・機械生命が誕生し進化してできあがった世界と人類の接触のお話。(続編もあったと思うけど。)

漫画:
星野之宣
「ベムハンター・ソード」のFILE4:進化の鏡
・・・惑星ピテコウサの猿の進化の方法は・・・。
同FILE6:狂戦士
・・・とある胞子が進化して・・・。
他にも進化というキーワードからみの話があります。

## 異星で別の進化を遂げた生物についての話(いわゆるBEMが出てくる話)なら
## 他にいくらでもありますけど、お目当てと違うかもしれませんのでとりあえずは
## 挙げないでおきます。
    • good
    • 0

「導きの星」全四巻(小川一水・ハルキ文庫ヌーヴェルSFシリーズ)外文明観察官として辺境の惑星、オセアノに送り込まれた辻本司。

彼は、補佐する三人の目的人格とともに、オセアノのETI(現住知的生物)であるスワリスとヒキュリジの行く末を「見守る」ことを任務としている。「シムアース」のような感じで「文明を育てる」という長期的な視点――つまり、神の視点を演じることができる外文明観察官という設定が非常に魅力的でした。
    • good
    • 0

ボードゲームなら、クヮークスという有名なゲームがありますよ。


http://www.geocities.jp/t_nakuto/bgeme09/bgeme43 …

進化っレベルですまなくてよければ、SF小説では、宇宙の果てのレストラン は、面白いですよ。
進化も宇宙創生もごちゃ混ぜにした内容です。
国内だと、ハイウェイ惑星などの惑星シリーズが単純で面白いかと。
    • good
    • 0

 小松左京さん「アダムの裔」

    • good
    • 0

機動戦士ガンダム

    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q痛快なストーリーの小説・漫画・映画

最近どうも気分が落ち込み気味なので、
面白い話で自分を景気づけたいなぁと思っております。
わくわくする、興奮する、痛快なストーリーを味わいたいです!
おすすめの小説、あるいは漫画、映画などありましたら
ぜひぜひ教えてください。お願いいたします!

Aベストアンサー

小説・・・マルドゥック スクランブル/ウブカタトウ
     1~3巻あって、1・2巻はグロ描写があってものすごく読むのがつらいですが、3巻は本当に胸がすく思いでワクワクしますね。

マンガ・・・これは漫画カテゴリで以下の条件で聞いた方がいいです。
      かなり濃い内容の回答がもらえると思いますよ。
      ・求める巻数。これを指定しない場合、はじめの一歩(80巻)とかも薦められる恐れあり。気にしないのであればいいですが。
      ・自分がダメな要素(濃い絵等)を指定した方が良い。
      ・面白いと感じた漫画、面白くないと感じた漫画を挙げる。
    ひとまず自分からは、
     ・華の慶二
     ・幽遊白書
     ・鋼の錬金術師
    を挙げておきます。

映画も然り。映画カテゴリで聞いた方が良かろうです。
自分のお勧めは、
  ・ハドソン・ホーク
  ・バックトゥザフューチャー1~3
  ・宮崎アニメ全般
ですね。

Qこのセリフがでてくる漫画、小説を知っている人はいますか?

ある戦場で死に行く人を看取る一人の修道女がいた。
多くの戦士から天使と称される彼女はいつものように戦の終わった戦場に行き、死に行く人の手を取り、祈りをささげて看取ってあげていた。
すると、草むらの影で年老いた老兵が今にも死に絶えんとするのを目に留め、いつものようにそばに近づいていって手を握ろうとする。
すると男はその手をやさしく振り払うとこういった。
「ここでこうして私が死ぬということは、私が誰の助力をも借りずに生きてきたことの証なのです。どうかその証をあなたの優しさで汚さないでください。」

細かい部分は違いますが、たぶん最後は「あなたの優しさで汚さないでください。」だったと思います。
知っている方がいたらよろしくお願いします。

Aベストアンサー

漫画ベルセルク(作:三浦建太郎,掲載:ヤングアニマル,出版:白泉社)の台詞ですね.

信仰の是非に迷うファルネーゼに対し,モズクズが,それは人によって違うのだ,ということのたとえとして話した事だったかと.

最後の台詞は「この崇高なる最期の時を貴方の温もりで汚さないで下さい」かもしれません.

Qお薦めな、これから映画化する小説

映画も小説も好きなのですが、出来るならば両方楽しもうと、
小説を読んでから映画館へ行き観るようにしています。

そこで、これから先映画化する予定の本で、
尚かつ「この映画は期待できそう!」と思うお薦めのものを教えて下さい。
(ちょっとしたあらすじも書いて頂けると嬉しいです。又はレビューリンク等)
今回は邦画・・・日本作家の本でお願いします。

ちなみに下記のものは読了済みで、後日映画も観たいと思っている作品です。
------------------------------------------------
■「サウスバウンド」奥田英朗著
■「クローズド・ノート」雫井修介著
■「クワイエットルームにようこそ」松尾スズキ著
■「オリヲン座からの招待状」浅田次郎著
■「死神の精度」伊坂幸太郎著
------------------------------------------------
・「包帯クラブ」天童荒太著
・「アヒルと鴨のコインロッカー」伊坂幸太郎著
は先日観てまいりました。なかなか良かったと思います。

映画も小説も好きなのですが、出来るならば両方楽しもうと、
小説を読んでから映画館へ行き観るようにしています。

そこで、これから先映画化する予定の本で、
尚かつ「この映画は期待できそう!」と思うお薦めのものを教えて下さい。
(ちょっとしたあらすじも書いて頂けると嬉しいです。又はレビューリンク等)
今回は邦画・・・日本作家の本でお願いします。

ちなみに下記のものは読了済みで、後日映画も観たいと思っている作品です。
------------------------------------------------
■「サウス...続きを読む

Aベストアンサー

サスペンスですが、京極夏彦の「魍魎の匣」などはどうでしょう。
ちょっとグロいですが、本は面白いですよ。(分厚いですが・・)
連続ばらばら殺人事件を解決する京極堂シリーズ第2作です。

Q面白い野球漫画・小説・自伝等は有りませんか?

タイトルの通りです。
野球関連であれば何でも構いません。
ただし、殺人事件が起こる…等の内容は勘弁して下さい;
どんな内容かまでお答えして頂けると大変助かります。

ちなみに今まで読んだ野球関連の本は次の通りです。

Mr.FULLSWING  MAJOR  おおきく振りかぶって  ドカベン  H2
タッチ  バッテリー  復活のマウンド  スカウト  ナックルボールを風に
全力投球・我が選んだ道に悔いはなし  もう一度、投げたかった~炎のストッパー津田恒美・最後の闘い
1985年の奇跡  プロ野球・オレの必殺技  投球論
三度のメシより高校野球  野球上達BOOK・ピッチング  野球上達BOOK・守備&フィールディング
スローカーブをもう一球  野球術(上・下)
野球上達BOOK・バッティング  朝日新聞が伝えたプロ野球  野球は頭でするもんだ!  天才投手

以上です。
かなり節操無く読んでます。ルールブックなんかでもOKです。

ちなみに黄金期の広島に関する本、ホークスに関する本、巨人軍の所業に関する本が有れば、これらは是非教えて欲しいです!
宜しくお願いします。 

タイトルの通りです。
野球関連であれば何でも構いません。
ただし、殺人事件が起こる…等の内容は勘弁して下さい;
どんな内容かまでお答えして頂けると大変助かります。

ちなみに今まで読んだ野球関連の本は次の通りです。

Mr.FULLSWING  MAJOR  おおきく振りかぶって  ドカベン  H2
タッチ  バッテリー  復活のマウンド  スカウト  ナックルボールを風に
全力投球・我が選んだ道に悔いはなし  もう一度、投げたかった~炎のストッパー津田恒美・最後の闘い
1985年の奇跡  プロ...続きを読む

Aベストアンサー

近藤唯之氏の書かれている本はどれも面白かったです。
特に、「プロ野球・男の美学」

エッセイですが
古いところでは、江本氏の10倍シリーズ。
さらに古いところでは、青島幸男氏「だから巨人ファンはバカなのだ」

Q小説や漫画のシリアスなシーンで

私はたまに色々な方の個人サイトでドリーム小説やら
BL小説やらBL漫画を読んでいるのですが、
シリアスなシーンのモノローグ等で言葉をカタカナにしている所を良く見かけます。
「ドウシテ?」とか…。
何故シリアスなシーンでは言葉をカタカナにしようとする方が多いのでしょうか?
そして、一般書店に売られている小説や漫画等ではあまり見かけないように思えるので、
このようにシリアスなシーンで言葉をカタカナにするのは間違った書き方なのでしょうか?

Aベストアンサー

小説は結構なんでも好きです。

シリアスなシーンなどでのカタカナですけど、ライトノベルでは結構見かけますね。
今は、ライトノベルの市場って、ホントすごいらしいんですよ。
新しいレーベルもどんどん出てきていますしね。
そういうところで影響を受けた方だと、カタカナでの表現は一般的なのかも知れません。

それと、最近とても気になっているのが、サイトで公開されている二次創作作品の小説と、一般に販売されている小説とでは、形式がかなり違うんですよ。
それは、サイトで小説を公開する際に、読みやすさや伝えたいという気持ちから自然とそうなったとしか思えません。
たとえば、数行に渡る空白が多い、こういう――が多い、…が多い、開業が多い、気が付いたのはこのくらいです。

プロの作家さんではないので、書き手の思いを伝えようとする、一つの手段かも知れませんね。


このカテゴリの人気Q&Aランキング

おすすめ情報