個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

十訓抄の丹後守保昌、任国に下向の時~無為なりけり。いみじき高名なり。の原文教えてください!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

丹後守保昌、任国に下向の時、与謝の山にて、白髪の武士一騎あひたりけり。

木の下に少しうち入りて、笠をかたぶけて立ちたりけるを、国司の郎等いはく、「この老翁、なんぞ馬より下りざるや。奇怪なり。とがめ下ろすべし。」といふ。ここに国司のいはく、「一人当千の馬の立てやうなり。ただものにあらず。あるべからず。」と制止して、うち過ぐるあひだ、三町ばかりさがりて、大矢右衛門尉致経、あまたの従類を具してあひたり。弓取り直して国司に会釈のあひだ、致経いはく、「ここに老翁や一人、あひ奉りて候ひつらむ。あれは愚父平五大夫にて候ふ。堅固の田舎人にて、子細を知らず。さだめて無礼をあらはし候ふらむ。」といひけり。
この党は、頼信、保昌、維衡、致頼とて、世に勝れたる四人の武士なり。両虎たたかふ時は、ともに死せずといふことなし。保昌、かれが振舞を見知りてさらに侮らず。郎等をいさめて、無為なりけり。いみじき高名なり。
弘光には似ざりける心賢さなり。

十訓抄 上 三ノ十一 「藤原保昌の眼力」


お急ぎのようですが、回答が遅くなりましたので、意味を失ったかもしれません。参考程度に。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q十訓抄(じっきんしょう)の10の教訓

十訓抄の10の教訓とはなんですか?
教えてください。

Aベストアンサー

第一、人に恵みを施すべき事(人に恵みをあたえなさい)
第二、驕慢を離るべき事(おごりたかぶるのをやめなさい)
第三、人倫を侮るべからざる事(人を馬鹿にするのをやめなさい)
第四、人上を誡むべき事(人をあげつらうのはやめなさい)
第五、朋友を撰ぶべき事(友達は選びなさい)
第六、忠直を存ずべき事(忠義は正しく行いなさい)
第七、思慮を専らにすべき事(思慮深くありなさい)
第八、忍す諸事を堪ふべき事(我慢することを学びなさい)
第九、懇望を停むべき事(何でも欲しがることをやめなさい)
第十、才能を庶幾すべき事(自分の才能をみがきなさい)

の十訓です。

#muse2000さんのはモーセの十戒(^_^;)(あっ、第四訓違反かも)


人気Q&Aランキング