自然界にわずかに存在する炭素14についての質問です。
 あるビデオを見ていたら炭素14は,窒素14に中性子がぶつかると炭素14になると言っていました。
また,その炭素14は電子を出しながら,窒素14になると言っていました。
 そこで質問なのですが,

1.窒素14に中性子がぶつかると炭素14になるという反応はどういったプロセスで起こるのでしょうか?
2.炭素14が窒素14になるのはベータ崩壊(-)と考えて良いですか?それからベータ崩壊の後にγ線はでますか?
3.この反応は,n-γ反応と関係あるのでしょうか?

A 回答 (1件)

1)普通に考えると、14N(n,p)14C ということではないでしょうか。

複合核の15Nを経るのか、直接中性子が陽子をたたき出す過程なのかまでは判りませんが。

2)14Cはβ崩壊して14Nになります。手元にアイソトープ便覧がないので確認できませんが、γ線の放出は無いか、ごく少ない確率だったと思います。

3)あまり関係なさそうです。ただ、高エネルギーの中性子が原子核に吸収される反応の場合は、γ線が放出される可能性は高いと思います。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報