「悲しみは食べかけのりんご
ただそこにある食べかけのりんご」
というような詩なんです。
谷川俊太郎さんの詩だと思うのですが、
昔、本屋で立ち読みしたのだけで記憶が定かでありません。
どなたかご存知でしたら、タイトルなどおしえてください。
お願いします。

A 回答 (1件)

谷川俊太郎さんでしたら、詩集『あなたに』の中の



~悲しみは~ではないでしょうか?

参考のURLは下記のとおりです、御確認下さい。

勘違いならゴメンナサイです。

参考URL:http://www.urban.ne.jp/home/yada/day29.html
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうです、これです。とてもすっきりしました。
それにしても、「食べかけ(×)→むきかけ(○)」
記憶がこうもいい加減とは、、
ともかくdayoneさん、早速の回答をありがとうございました。

お礼日時:2001/05/02 07:21

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!


人気Q&Aランキング

おすすめ情報