色彩を教える人になるための講座「色彩講師養成講座」の魅力とは>>

過去の質問を見ていると

オイルパンのドレンボルトの締めが甘いと、ドレンドルとが脱落しかねない

との書き込みがあったように思います。

本当にドレンボルトの脱落はあり得る、または脱落したという例をご存じの方はおられますか?

オイル交換後、オイル漏れをチェックしますが、その時に漏れていなければその後の脱落は心配しなくても大丈夫ですよね?(つまり、きちんと締めてあれば心配ない)

脱落の「可能性」があるのは、オイルを抜いて、手で絞めた後、工具で増し締めを忘れたという場合、脱落があり得るのでしょうか?


ご存じのかた教えてください。

A 回答 (9件)

整備畑にほぼ40年居ましたが、事例はありましたね。


新人さん、お客さん待ちでオイル交換作業時、ドレンボルト手締めの段階で呼び出しが掛かりいったん中断、戻ったときには工具での増し締め作業を締めたつもりですっかり忘れてリフトを下げオイル給油、ちょっと覗いて漏れが見られないので即引渡し、お客さんが乗って帰って約30分後にエンストの電話があり、行った時はドレンボルトは無くV6ツインカムエンジンがパー。
なんてことを記憶しております。(エンジンは新品アッセンブリーと交換、新人さんは始末書提出)
また、ガソリンスタンドでオイルを入れ終わったときに呼び出しが掛かりいったん中断、オイルフィラーキャップをつけ忘れて(エンジンルームに置き忘れて)フードを閉めて引き渡し、乗り出した途中でフードより白煙が噴出し、行ってみたらエンジンルームがオイルだらけでフィラーキャップが付いていなかった。
なんてことも覚えています。(保険会社の依頼で修理見積もり作成、所有者は怒り沸騰でエンジン交換を要求)
いろんなことがあるものですよ、お気をつけください。(特に作業途中での中断が危ないです)
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ありがとうございます

中断は失敗の元ですね  十分注意したいと思います

肝に銘じます

お礼日時:2011/10/09 14:26

某有名自動車用品店は、上抜きなのでドレンボルト脱落はありません



昔はドレンボルトを外して下抜きでしたが、稀に脱落していたそうです
でも、非を認めずにいたのですが、あるとき運悪く某自動車雑誌編集者の車で起きて、大揉め

非を認めざるを得なくなって、その後起きないように上抜きの変更されました
    • good
    • 4
この回答へのお礼

GSなども 上抜きですものね

業者としては安全な方法で交換したいのでしょうが、きちんと抜けるのかがきになりますね

ありがとうございます

お礼日時:2011/10/09 14:33

>脱落があり得るのでしょうか?ご存じのかた教えてください。



 1回だけ見ました。

 数十年前、集合住宅に住んでいた時、未舗装の駐車場から道路に出て数十メートル(古い記憶なので)位黒いオイルのスジがありました。後で聞きましたら近所の旦那の車でドレンボルト脱落だったそうです。

 運転していた旦那は車関係の仕事をしていたので、直ぐ異常に気がつき車を止めたのでエンジンは壊れなかったそうです。旦那の話ではエンジンオイル交換後ボルトの締め付け不足で、エンジンをかけた振動で最後のネジ山が外れたらしいです。
    • good
    • 4
この回答へのお礼

気づけて何よりでした

やはり 脱落の事例はあるのですね

お礼日時:2011/10/09 14:32

締め忘れが主な原因で、偶にぶつけてもげると言うことがあります。



エンジンオイルのドレンは、ストレートですから、振動で緩みます。締め忘れていれば。
ちゃんと工具で締めていれば緩むことはありません。

>脱落は心配しなくても大丈夫ですよね?
手で締めただけでも、その時は漏れていないし、漏れていても少量だから気がつかない。
走っているうちに緩んで脱落すればダダ漏れになるからオイルが無くなって、エンジンが焼き付いてout

>(つまり、きちんと締めてあれば心配ない)
そういうこと。ちゃんと工具を使って締めていればOK

山道などで、いらない物をまたいで通ってぶつけることがあります。
この時運が悪いとドレンボルトに緩み側への打撃が加わることで緩んだり、打撃が強烈でもぎ取られてしまうことがあります。
相当な速度で走らないと(ラリー並みに)ならないとは思いますが・・・べたべたに落とした車なら街中でも有るかも。
アホは身にしみなきゃ治らないから構わないけれどね。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

>>(つまり、きちんと締めてあれば心配ない)
そういうこと。ちゃんと工具を使って締めていればOK

了解しました 注意します

ありがとうございます

お礼日時:2011/10/09 14:31

自動車整備士を20年以上もやってると、ドレンボルトおっこちた、なんてのは、何度も見ています。


で、オイル切れてエンジン焼きついた車もありました。
これらドレン脱落の原因は、基本的に「締め忘れ」です。
オイル交換後、ドレンボルトを手で取り付け、レンチで締めるのを忘れた結果です。
私も昔、一度やったことあります。
エンジン焼きついて交換しました。

ドレンボルトは、手で取り付けただけだと落ちますが、別にバカみたいにギュウギュウに締める必要もありません。
締めすぎてネジ山をナメたとかいう話もありますが、なんでそんなに締める必要があるのか理解不能です。
これまで何千台とオイル交換してますが、ドレンボルトなんて、ドレンワッシャーがマトモであれば、軽くキュッと締める程度で全く問題ありません。
漏れもしなければ脱落もしません。
(数値にすれば、そうですねぇ・・・4~5kg-m程度でしょうか?)
そのくらい締まっていれば、次回のオイル交換まで1年1万kmとか走った後でも、全く脱落するような気配はありません。
新車から初めてのオイル交換のドレンを外したことがある人はわかるんですが、(メーカーにもよるんですが)ビックリするくらい軽いトルクで締まっています。
三菱だかどっかは、やたら固く締まってた覚えがありますが、トヨタやニッサンなどはあっさりパキンと緩みます。
逆に言えば、その程度のトルクで充分、ということです。

ちなみに、ドレンワッシャーを何度も再使用したような場合は、ちゃんと締まっていてもオイルが漏れることはあります。
(漏れるというほどではなく、にじむ、程度の場合も多いですが)
ワッシャーが潰れてシーリング能力が低下したせいですね。
ただ、毎回必ず交換しなくても、けっこう大丈夫だったりしますけどね・・・
時々、ドレンワッシャーがもう潰れ切ってグニャグニャになっていたり、へたするとワッシャー入ってない車がいたりしますが、そんな状態でもその分締め付けを強くしてやれば、けっこう漏れないもんです。
当然、締め付けトルクが強くなる分、ネジ山を傷める危険性は増えますけどね。
まあ、現実問題として、2~3回程度の再使用は全く支障ないですね。
締め付けトルクもそんなに変わらない状態で、きっちり締まるし漏れません。

ドレンをナナメに入れてしまって・・・なんていうレベルは問題外ですね。
そもそも、手で入れる時点でおかしいと気づくべきです。
それに、ナナメに入っていると、オイルはダダ漏れです。
きっちり密着してないので、止めておくと下にオイルだまりができるくらい漏れます。
また、ナナメに入っている場合、緩んで落ちるどころか、逆に緩めたくても緩まないこともあります。
まあ、基本的にはナナメに入れてしまってネジ山ダメにした場合、オイルパン交換ですね・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

落っこちることあるんですね


やはり 作業はしっかり最後まで 確実に ということでしょうか
途中で作業を中断しないようにします

また 締め付けすぎも了解しました

ありがとうございます

お礼日時:2011/10/09 14:30

回答番号1です。



ドレンボルトが脱落する、というのはドレンボルト周りに異常が発生したか、作業に問題があったかという話です。

前回の回答は『脱落の前段階に当たるオイル漏れでしたらワリとちょくちょく見かける⇒いつ落ちても不思議ではない』ということになります。

大抵はココどまりでしょう、あまり頻繁に発生するのでしたらさすがに対策が採られるはずです。


とはいえ実際に脱落までいったケースもあるようです。
http://www.delsol.sakura.ne.jp/trouble/troudl55. …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど よくわかりました

オイル漏れはちょくちょくあるのですね

再度書き込みありがとうございます

お礼日時:2011/10/09 14:23

サーキットの走行会でドレンボルトを落下させオイルをコース上にぶち撒けた例なら知っています。


そのお陰で、走行時間が短縮された・・・。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

実際にあったのですね 怖いですね

お礼日時:2011/10/09 14:20

そりゃ締めなきゃ落ちる事もあるでしょうけど、むしろ締めすぎでネジを舐めたり、オイルパンにヒビ入れたりの方が多いような気がします。


ドレインボルトがくっついてるオイルパンの底の部分だけ交換出来る設計の車を初めて見た時、「あーそうだよねえ」と、思いました。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ありがとうございます

では 脱落の事例は無いという事でよろしいでしょうか?

確かにオイルパンが脱着できるのは、傷む事があるからでしょうか?
オイルパンにヒビが入るとはしりませんでした
参考になります

ありがとうございます

お礼日時:2011/10/08 23:41

ネジですからそりゃいい加減に締めれば緩む可能性があります。



とくにドレンボルトの場合はパッキンを挟むので締め付けトルクが緩くてもきつすぎてもダメですから・・・
(トルクが強すぎだとパッキンが破損してしまうため)

ボルトの脱落、というよりはオイルが漏れてきた、というのは結構あります。

大抵はドレンボルトを斜めに突っ込んでしまってねじ山を傷めてしまった場合です。
この場合、ネジはきちんと締まりません。
ねじ山の変形した部分で引っかかっているだけですからちょっとした弾みで緩む可能性が大です。

症状としてははじめから以外に時間差というのもありえます。
はじめのうちはパッキンががんばっているのですがだんだんパッキンも傷んできて・・・・というケースもあるので・・・
    • good
    • 0
この回答へのお礼

とすると 脱落の事例はなく、漏れの事例は多々あるということでしょうか?

ねじがきちんとしまっていないばあい・・・・いくら締めても クルクル回ってしまう・ねじ山がつぶれているときには、漏れがあったということですね

しっかり締めるように注意します

ありがとうございます

お礼日時:2011/10/08 23:39

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています


人気Q&Aランキング