遠距離の場所にすんでいる妻の父親が今年亡くなったのですが、夫である私は、年賀状を出してもいいのでしょうか?それとも喪中のはがきを出すべきでしょうか?同居していれば喪中の葉書は当然ですが、別居の場合はいかがでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

私は皆さんの意見とはちょっと違うのですが、


家って考え方で出すものだと思ってました。
古い考えかただとは思うのですが奥さんは実家を出て
あなたの家の者になったわけですよね。
○○家が喪中です。ってことだと思っていたのでたとえ奥さんのお父様であってもよその家の喪中だと考えていました。
ただ苗字が違っても同居だと生活をともにしていたっと言う事で別だとは思うのですが。

実は以前友達に同じようなことがありまして、彼女は自分のお父様がなくなったので、喪中はがきを出しました。もらったほうはご主人のお父様と勘違いし大騒ぎになってご主人のお父様憤慨したそうです。

こういうのは地域性もあるのかなと思いますが私の辺りでは、「家」って考え方が強く嫁の実家は関係ないって考え方が残ってますね。

別のケースなのですが友達から「義父○○」っという表現で喪中はがきが来た事があります。喪中はがきは個人でと言うより家族単位で作られていますよね、誰から見て「義父」なのかよく分からなくってどなたが無くなったのかわからなかったことがあります。
実は彼女にはお父様がいらっしゃらないのでご主人のお父様なんだろうな・・・とは思えるのですが喪中はがきはご主人を筆頭に彼女、子供の名前が乗ってる家族単位のはがきで・・・・おそらく彼女が自分の個人の付き合い分だけは別に刷ったんだと思うんですが紛らわしかったです。

私自信としては喪中の範疇と言うのはその家庭での考え方によって変ってくるのでどれが正解っとは一言にはいえないと思うのですが、喪中はがきにどの方がなくなったのか紛らわしい書き方をして欲しきないですね。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

御返事遅くなりごめんなさい。参考にさせていただきます!!

お礼日時:2003/12/15 08:15

余計なお節介を先にさせていただきます。

出されるなら、「義父○○」ではなく、奥ゆかしい日本語があります。「岳父○○」です。「妻の父」という意味です。

さて、本題の喪中の範囲ですが、一般論としていえば、やはり喪中と考えられるでしょう。しかし、この「喪に服す」という考え方は、もともと神道から出たもので、宗教行事なのです。信教の自由が保障されている現代日本において、束縛される理由はありません。とはいえ、社会的に広く認知されているのも事実ですから、反旗を翻すのも考え物です。

要は、お義父様が亡くなられたことを知っているところには年賀欠礼、関係ないところには知らぬ顔して年賀状を出せばよいと思います。親類をはじめとする奥さんと共通の知人や、葬儀に会社を休んだのであれば会社関係者などは喪中、お義父様と何の面識もないあなたの旧友などは年賀状と使い分けるのです。

喪中はがきも、パソコンが普及する以前は、多くのご家庭が、印刷屋さんに頼んでいました。差出人名を変えて少しずつ印刷すると割高になるので、当主名のまま家族全員が使用したものです。しかし、今の時代は簡単にパソコンで、少量ずつ何種類も作ることができます。ご主人名では「岳父○○」、奥様の分は「実父○○」と作り分けることも容易かと思います。
    • good
    • 13
この回答へのお礼

御返事遅くなりごめんなさい。参考にさせていただきます!!

お礼日時:2003/12/15 08:15

お答えがほぼ出揃っていますが、経験談をひとつ。



去年、奥様のお母様が亡くなったという男性が、
「俺は妻の母が大嫌いだった、死んでくれてせいせいしている」
と公言した上で、年賀状を出していました。
これは、ものすごく特殊な例だと思いますが、逆にこうした意思表示になるほど、「配偶者の両親」の場合は、喪中になるのが普通なのではないかと思います。

仕事上のおつきあいのある方には、寒中お見舞いを出すという手もあります。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

御返事遅くなりごめんなさい。参考にさせていただきます!!

お礼日時:2003/12/15 08:16

喪中です。


お葬式の時にどちらに並ばれましたか?一般の参列者とは別の前方ですよね。
これはひとつの目安になります。
どちらのでも構いませんが、おじいさん、おばあさんの時は前方ではないはずですよ。
    • good
    • 7
この回答へのお礼

御返事遅くなりごめんなさい。参考にさせていただきます!!

お礼日時:2003/12/15 08:16

使い分けすれば


奥さんの親戚とか関係のある方には喪中につきを
あなたの個人的な方にも喪中を
あなたの社会的なお付合いの方には年賀状を

基本的には喪中につきだと思います。(同居別居にかかわらず)義父が亡くなったことを知らせても差し支えない(知らせるべき)方には喪中でしょうね
    • good
    • 9
この回答へのお礼

御返事遅くなりごめんなさい。参考にさせていただきます!!

お礼日時:2003/12/15 08:16

全く個人的な意見ですが、私は全くそういう事には無関心というか無頓着なものですから、失礼をしたかも知れませんが、逆に「無礼な!」と感じた事も有りません。


年賀状はもう誰にも出さなくなって20年くらいになります。たかだか葉書くらいで失礼も無礼も無いでしょうにって私は思います。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

御返事遅くなりごめんなさい。参考にさせていただきます!!

お礼日時:2003/12/15 08:17

喪中のハガキは出すべきだと思います。


奥様のお父さんが亡くなられた時、あなたはどうされましたか?
会社を何日か休まれたのではないですか?
お香典をくださった方もおられたのでは、ありませんか?
気にしない方もおられるでしょうが、私など年賀状のリストを作る時「あ、この方のおうちは○○さんが亡くなられたなあ・・・。」などと思うときもあります、ほどなく喪中ハガキが・・という事になります。

奥さんの事も考えてあげては・・?
    • good
    • 8
この回答へのお礼

御返事遅くなりごめんなさい。参考にさせていただきます!!

お礼日時:2003/12/15 08:17

義理の父でも関係は一親等ですので、本来は喪中ということになります。


でも、最近は仕事関係には、喪中欠礼しない場合も増えていると思いますよ。

http://allabout.co.jp/family/ceremony/closeup/CU …

http://www.osoushiki-plaza.com/mosimo/faq-nenga. …

参考URL:http://allabout.co.jp/family/ceremony/closeup/CU …
    • good
    • 3
この回答へのお礼

御返事遅くなりごめんなさい。参考にさせていただきます!!

お礼日時:2003/12/15 08:17

私も判断できず、印刷屋さんに相談しました。


喪中欠礼状は、1年以内に近親者に不幸があった時、
一般的には一親等(父母・配偶者・子)と、
同居している二親等(祖父母・兄弟姉妹・孫)に
あたる人が亡くなったとき出すものだと教えてくれました。
参考までに。
    • good
    • 10
この回答へのお礼

御返事遅くなりごめんなさい。参考にさせていただきます!!

お礼日時:2003/12/15 08:18

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q親の葬式に際して、実家を出た子どもの立場は?

私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの兄弟が継いだ形で両親と同居しています。

親が健在のうちからこんなことを考えるのはどうかとも思う反面、両方の親ともかなり高齢になってきて、健康上の問題も出てきて入院することも度々となっており、いずれは来る日の事を考えておかなければとも思い、質問いたします。

親が亡くなり葬儀となった場合、喪主は同居していた兄弟がするのが自然だと思うのですが、実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか、それとも葬儀に出席する側の人間として喪主にお香典を出すのか、どちらなのでしょうか。

それによって、お金のことも含めて、心づもりしておかなければならないことが全く違ってくると思うのです。

ネットで「親の葬儀」などのキーワードで検索すると、「お香典は10万円が相場」とか出てきますが、実の子供として、また、喪主の実の兄弟として、それでいいのだろうか、という疑問もあります。

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの…

兄弟は、子供のうちは確かに「家族」ですが、お互いが結婚して独立したら「近い親戚」に成り下がります。

>実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか…

葬儀や法事は、一族郎党の共催行事ではありません。
あくまでも喪主・喪家の単独行事です。

集まった香典は喪主のものであり、葬儀社やお寺などの支払いを済ませて残ったお金は喪主のポケットに入ります。
逆に、香典だけで支払分に足りなければ、補填するのは喪主の責であり、親戚が赤字を肩代わりする必用はありません。

要するに、葬儀や法事を営むことは、いずれ故人と同じ墓に入る者の責務なのです。
故人と同じ墓に入ることはできない分家した者や他家へ嫁いだ者は、あくまでもお参り客に過ぎないのです。

>それとも葬儀に出席する側の人間として喪主にお香典を出すのか…

喪主・喪家にもっとも近い親戚として、香典とともに供花や供物などが必用です。

>「お香典は10万円が相場」とか出てきますが、実の子供として、また、喪主の実の兄弟として、それでいいのだろうか…

10万円では足りないとお考えなのですか。
まあ、あなたの懐にお金が有り余っているならいくらでも出せば良いですけど、親戚間での冠婚葬祭は、ギブアンドテークが建前です。
慶事にしろ弔事にしろ、一度金品をもらったら、近い将来に相手方で同じようなことがあったとき、同じようにお返しをするのです。
多ければ多いほどよいというわけでは決してなく、多すぎてももらったほうで迷惑することがあるのです。

冠婚葬祭をド派手にやる地域でなければ、香典 5万円に供物や供花なども含めて 10万円弱も用意しておけばじゅうぶんでしょう。

>私たち夫婦は、二人とも実家を出て家庭を持って暮らしており、実家はそれぞれの…

兄弟は、子供のうちは確かに「家族」ですが、お互いが結婚して独立したら「近い親戚」に成り下がります。

>実家を出た子どもの立場としては、葬儀を営む側の人間として葬儀費用をある程度負担し喪主をサポートするのか…

葬儀や法事は、一族郎党の共催行事ではありません。
あくまでも喪主・喪家の単独行事です。

集まった香典は喪主のものであり、葬儀社やお寺などの支払いを済ませて残ったお金は喪主のポケットに入ります。...続きを読む

Q喪中はがき 「父 ○○が永眠し・・・」か「義父 ○○が永眠し・・・」どちらか

妻の父親が本年に亡くなり、喪中はがきを作成しようとして困っています。
差出人は、私と妻の連名です。この場合、私から見ると「義父」ですが、妻から見ると「父」なのです。
「父 ○○が永眠し・・・」か「義父 ○○が永眠し・・・」どちらで記載すべきなのでしょう?

Aベストアンサー

 こんにちは。

 「○○(←奥さんのお名前です)の父が永眠し……」で良いかと思います。

Q妻の父の通夜・告別式について

今朝、入院していた妻の実父がお亡くなりになりました。
私から見て、義理の父親となりますが、
お香典はどれくらいの金額が一般的でしょうか?
(私も妻も30代前半です)
また、お通夜と告別式に参列しますが、マナー全般として、
どういったことに気を付け、注意することはありますか?
何もわからないので知りたいです。ちなみに、仏式です。
義父には色々良くして頂いたので、きちんとお見送りしたいと
考えております。
何卒宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

こんばんは。

私の経験談として・・・

お香典は“十万円”と生花・果物かご・花輪・しきみのいずれかを(施主)におたずねになり先方の申し出に応じて下さい。
なお、地域・宗派によっては“ご寺院様”を独立している兄弟でおよびする事があります。
奥様のご兄弟と足並みをあわされるほうが混乱を招かなくてすみます。

お通夜・葬式ともに服装もあわせましょう。

ご不明な点は下記サイトに詳しく掲載されています。

参考URL:http://allabout.co.jp/family/ceremony/subject/msubsub_cho1.htm

Q義父が亡くなりました。私の両親はどこまで参列?

昨夜、主人のお父さんが亡くなりました。
明日がお通夜、あさってが告別式の予定で慌しく準備をしています。
葬儀場での通夜、告別式になりますが、お通夜の後は親族に残ってもらって食事をふるまう予定だそうです。

そこで質問なのですが、私の実両親はどこまで参列するのが常識なのでしょうか?
通夜、告別式のみの参加が普通なのか、それとも親族と一緒に通夜後の食事にも参加すべきなのか?
そして告別式後の火葬場まで付いて行くものなのか?
お互いの実家は今は年賀状程度のやり取りしかありませんが、隣県同士ですので私の実家から葬儀場までは電車で1時間くらいかと思います。

地域差もあるのでしょうが、主人のお母さんもあまりご存知ないようで、普通はどの程度まで関わるものなのかがわからず困っています。
もし経験がおありの方がいらっしゃいましたら教えて頂けないでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

通夜や葬儀にお参りするのは、故人にではなく喪主・施主に対する儀礼です。
ご主人が喪主なのか、喪主は他の方なのかで違ってくる場合があります。

>それとも親族と一緒に通夜後の食事にも参加すべきなのか…

何事もおじゃま虫はいけません。
通夜が始まる前か途中に、喪主または喪主に近い人から、
「あとまで残ってね」
と耳打ちされたら、残って食事をいただきます。
何も言われなかったら、読経が済み次第帰ります。

>そして告別式後の火葬場まで付いて行くものなのか…

通夜時の食事は軽食で、多めの人数分が用意されます。
葬儀後の精進あげは、人数を正確に把握した上で料理屋さんに予約します。
そのため、通夜のうちに、
「明日もきてもらえますか」
と聞かれますから、「はい」と答えれば、斎場にも行き、会食も呼ばれることになります。
お参りだけで帰りたければ、その旨を返答します。
最初から何も聞かれなければ、葬儀にお参りしなくとも良いし、お参りするとしても終わり次第速やかに帰宅します。

>主人のお母さんもあまりご存知ないようで…

喪家側から見れば、通夜が一段落したら香典帳に目を通し、多額の香典を包んできてくれた人には、
「明日もよろしくお願いします」
と声をかけるし、少額だった人には特に声をかけることはしないと言うことです。

要は、斎場にも行き、精進あげも呼ばれるかどうかで、香典の額が違って来るわけです。
ご実家が婚家と近い親戚であると考えているなら多めの香典を用意し、あまりおつきあいする気がないなら少なめの香典にしておけば、あとは喪家側が判断すると言うことです。

通夜や葬儀にお参りするのは、故人にではなく喪主・施主に対する儀礼です。
ご主人が喪主なのか、喪主は他の方なのかで違ってくる場合があります。

>それとも親族と一緒に通夜後の食事にも参加すべきなのか…

何事もおじゃま虫はいけません。
通夜が始まる前か途中に、喪主または喪主に近い人から、
「あとまで残ってね」
と耳打ちされたら、残って食事をいただきます。
何も言われなかったら、読経が済み次第帰ります。

>そして告別式後の火葬場まで付いて行くものなのか…

通夜時の食事は軽食...続きを読む

Q妻の父が亡くなりました。母は年賀状を出してよいか迷っています。

妻の父が亡くなりました。一方私たちは私の母と同居し、妻が母の世話をしてくれています。
私たちは喪中、もう一方の母が年賀状では、親類で両方から届いた場合、一つ屋根の者から2種類届くことになり、おかしく感じられると妻が言います。一方年賀状のやり取りを楽しみにしている母の希望なので出したらよいのではと、私は思います。
このように、母は年賀状を出してよいか迷っています。類似の処理例等があれば教えて下さい。

Aベストアンサー

慣習的にいえば、お嫁さんのご両親が亡くなってお母様が喪にふす必要はありませんが、
気持ち的な問題として、「自分の世話をしてくれている、同居のお嫁さんの親が亡くなった」のに年賀状を出すのは、お嫁さんの悲しい気持ちへの思いやりに欠けるような気がします。
奥様の気持ちに、なんとなくしこりが残るんじゃないでしょうか?

お母様や質問主さんははそういうつもりはないかもしれませんが、気にせず年賀状を出すというのは、悪いほうに見れば
「私は貴女の親が死のうが、悲しくもないし、意に介しません。」という意思表示にも見えますし・・・。

奥様は、なんとなく「自分の親が亡くなったのに、家族が気にせず年賀状を出すのは、悲しいな・・・。」というのを直接言い表すことができずに、
「一つ屋根の者から2種類届くことになり、おかしく感じられる」という言い方をしているんじゃないでしょうか?

折衷案として、質問主さんご夫婦は喪中ハガキをお出しする。
お母様は、喪中ハガキは出さずにくる年賀状はありがたく頂いて、ご自分が年賀状を出すのは控え、後ほど「寒中お見舞い」としてご挨拶ハガキを出してはいかがでしょうか?

慣習的にいえば、お嫁さんのご両親が亡くなってお母様が喪にふす必要はありませんが、
気持ち的な問題として、「自分の世話をしてくれている、同居のお嫁さんの親が亡くなった」のに年賀状を出すのは、お嫁さんの悲しい気持ちへの思いやりに欠けるような気がします。
奥様の気持ちに、なんとなくしこりが残るんじゃないでしょうか?

お母様や質問主さんははそういうつもりはないかもしれませんが、気にせず年賀状を出すというのは、悪いほうに見れば
「私は貴女の親が死のうが、悲しくもないし、意に介しま...続きを読む

Q末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 

末期癌~死ぬまでの状況を教えてください。 
末期癌の母は現在ホスピスケアを受けています。
これから母の面倒を見るのは私の役目なのでこれからどうなるのか不安です。

母がすいぞう癌だと宣告されたのはおよそ1年前です。
肝臓にも転移しており既に手遅れでした。
今年の3月頃までは癌だと思えないほど元気な母でしたが
4月頃から急に階段を転げ落ちる様に容態が悪くなってしまいました。
あらゆる箇所の骨に転移し、強い痛みも出てきました。
肺へも転移し、咳がひどいです。
今ではほんの少し動いただけでも息切れがひどく、時々咳き込んで嘔吐してしまいます。
急に食欲もなくなりました。
一日、一日ごとにどんどん体力がなくなり弱くなっていきます。
母はこれからどうなっていくのでしょうか。
苦しみが増しますか? 
意識は最後まであるものですか?
自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?
この状態で、あとどのくらいと考えていればいいでしょうか。。。

文章がうまくまとまっていなくてすみません。
少しでも心の準備ができればと思います。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化学作用
が止ることになり、肝性昏睡などの様々な症状を起こします。
大きな血管にがんができて、血管が破れるということも起きます。
腎臓の機能が低下すれば……
脳の機能が低下すれば……

つまり、がんがどこにあり、その臓器は、どんな仕事をしているのか、
ということです。
何が起きても不思議ではない、ということです。

「苦しみが増しますか?」
軽くなるということはないでしょう。
出てきた苦しみを押さえるということになります。

「意識は最後まであるものですか?」
わかりません。
先に昏睡状態になる場合もありますし、最後まで、意識がはっきりしている
場合もあります。

「自分でトイレにも行けなくなったらどうすればいいのですか?」
状況によりますが、オムツということも考えてください。
尿はカテーテルを留置することになります。

残酷な言い方ですが、何らかの理由で昏睡状態になった場合、
「それを治療して、昏睡から醒めさせて、延命をする」ということを
しないという選択肢もあります。

末期症状は、医師や看護師がよく知っています。
まずは、医師や看護師と相談してください。

「人はがんでは死なない」という言葉があります。
がんが特別な毒素を出すわけではありません。
では、なぜ、人はがんで死ぬのか?
それは、がんが増殖することで、臓器に様々な障害が起き、
その障害が引き起こす様々な症状によって、死にいたるのです。

様々な症状の一つには、疼痛もあります。
これは、モルヒネなどによりかなりコントロールできるようになってきました。

気管支のがん細胞が増殖して気管支を塞げば、窒息の危険があります。
肝臓のがんが増殖して、肝臓の機能が低下すれば、体内の様々な化...続きを読む

Q喪中なのにお祭り参加

今年は我が家は神社の役員です。
昨日と今日が町内のお祭りでした。無事に終わり明日の片付けの変更の連絡を1件1件したのですが・・・
「私の家は今年、喪中なので片付けは出来ません」と言われました。もちろん喪中でしたら仕方がありません。そこで私も「そうですか。知らなかったので申し訳ございません」と言ったらそこのお宅のお子様がハッピ姿で「ただいま!」と帰って来るではありませんか!私はビックリして思わず「ハッピ」と言ってしまいました。奥さんは「鳥居をくぐらなければいいので」と言っていましたが私達の組の片付け場所は神社ではなくてただの広場です。(もちろん奥さんもその事は知っていました)私はただめんどくさい事だけ出たくない言い訳としか考えられませんでしたが
やはり喪中でもお祭りは参加するものなんでしょうか?

Aベストアンサー

神社の祭事のお世話役、お疲れ様です。私の住む地域の秋祭りは来週で、近々境内清掃と神輿の点検があります(余談ですが)。
地域性に大きく左右される問題ですよね。。

平成の世の現代では「喪中」の解釈にはいろいろあり、はっきりしているところでは、忌と服の区分があるようです。

忌/忌(き)の間は、喪に服し、神祀りや神社参拝は遠慮する。。例:故人が父母だと命日から50日間、祖父母だと30日間等。
服/服(ぶく)の間は、謹慎中、という気持ちで暮らし、忌明け(きあけ、いみあけ)後は、神祀りや神社参拝は善しとされ、故人が父母だと命日から13か月間、祖父母だと150日間等。

だから喪中といっても、忌明け後は神社に行くことができますし、お祭りにも参加できます。親御さんが亡くなると50日くらいでは参拝する気分にはなれないでしょうが、上記のような服忌日程は、残された遺族が社会生活を送りながら立ち直れるようにと配慮されたものだそうです。

ご近所のその奥さんが、故人からみてどういうお立場かはわかりませんが、今回の返答は「?」かも知れませんね。私の近所の方も、義理のご兄弟が半年以上も前に亡くなられたことを理由にご家族一同どなたもお手伝いには来ないようです。なら謹慎中かと思えば、娘さんは今月結婚されます。。悪口ではありませんが、やはり少し勝手かなあとも感じてしまいましたよ。

補足ですが、万一忌中だったり忌明けしていても気になるようでしたら、祭りの前に神社で除服の祓い(じょぶくのはらい)をして頂いたらよいと、神主さんが仰っていました。

神社の祭事のお世話役、お疲れ様です。私の住む地域の秋祭りは来週で、近々境内清掃と神輿の点検があります(余談ですが)。
地域性に大きく左右される問題ですよね。。

平成の世の現代では「喪中」の解釈にはいろいろあり、はっきりしているところでは、忌と服の区分があるようです。

忌/忌(き)の間は、喪に服し、神祀りや神社参拝は遠慮する。。例:故人が父母だと命日から50日間、祖父母だと30日間等。
服/服(ぶく)の間は、謹慎中、という気持ちで暮らし、忌明け(きあけ、いみあけ)後は、...続きを読む

Q喪中にしてはいけないこと

こんにちは。
喪中にしてはいけない事といえば
1.年賀状のやりとり、年賀の挨拶、初詣
2.神前結婚式への参加(場合によって披露宴の参加)
3.その他、婚約、結婚などおおめでたい事?
などくらいしか思いつかなかったのですが…。

最近、神社へのお参り、神社系のお祭参加もダメだと知りました。
実は、知らずに観光地の神社に行ってしまいました。(冷汗)
それで、他にも何かありましたら教えてください。
また、
しめ縄や正月かざりしないほうが良いですか?
喪中は、一年間ですか?
神社系は年が明ければよいという人もいますが、本当でしょうか?

Aベストアンサー

 「喪」というのは,先祖崇拝や先祖供養を説いた儒教に基づくもので,実の親が亡くなった時の服喪期間は,元々3年でした。儒教が色濃く残っている朝鮮半島では今もそうですね。金正日氏が朝鮮労働党総書記に就いたのは,実父の金日成主席の死から3年後でした。
 日本では,「3年も喪に服されちゃ困っちゃうよ」ってことで,江戸時代に13ヶ月に縮められています。亡くなられた月を1ヶ月目と数えますから,No.3の方の回答にあるとおり,今年の1月に実の親が亡くなったのであれば,来年の1月末までが服喪期間となります。
 服喪期間は,慶事を控えるというのが習わしですので,注連飾りなどはしないものです。
 
 さて,申し上げましたとおり,「喪」は儒教に基づくものでして、神社神道では期間が異なります。
 神社神道では,実の親が亡くなってから50日を忌服期間としています(仏教ですと49日です)。
 神社神道では,死を穢れと捉えれていますから,忌服期間は神社へのお参り,神社の祭りへの参加はダメです。神社に祀られている神様が「あんた,忌中で穢れてるから来ちゃダメ。」と言っているわけですが,物理的に忌中の方が神社に来るのを排除できませんから,お参りする側が遠慮する習わしになっているのです。
 よく「鳥居をくぐっちゃダメ」と言いますが,これは,鳥居をくぐらなければ良いという意味ではありません。
 神社は,柵や植栽や構造物によって囲まれています。結界と呼ばれるもので,結界の内側は,神様の領域です。その神様の領域に出入りすることが許される所に鳥居があるわけで,「鳥居をくぐる」とは「神様の領域に入る」ということを意味します。ですので,鳥居をくぐらず脇から入るというのは,他人の家を訪問するのに,玄関から入らず,垣根の隙間から入るのと同じことです。
 実の親が亡くなってから50日以上経過していれば,神社に詣でて良いので,お間違いなく。

 また,浄土真宗・真宗には「忌」という概念がありませんから,浄土真宗・真宗の門徒さんであれば,喪に服することも忌服することもありませんので,喪中葉書も出されません。

 「喪」というのは,先祖崇拝や先祖供養を説いた儒教に基づくもので,実の親が亡くなった時の服喪期間は,元々3年でした。儒教が色濃く残っている朝鮮半島では今もそうですね。金正日氏が朝鮮労働党総書記に就いたのは,実父の金日成主席の死から3年後でした。
 日本では,「3年も喪に服されちゃ困っちゃうよ」ってことで,江戸時代に13ヶ月に縮められています。亡くなられた月を1ヶ月目と数えますから,No.3の方の回答にあるとおり,今年の1月に実の親が亡くなったのであれば,来年の1月末までが服喪...続きを読む

Q七日ごとの法要でお布施は?

はじめまして。
先日祖母が亡くなり、葬儀(葬儀の時に初七日も一緒に)が終わりました。
我が家は、父(60歳)と兄と私の三人になりました。
父はあまり冠婚葬祭など詳しくなくて、現在困ることがたくさんあります。
葬儀は家族葬ということで、ごくごく身内でしました。
その時は、葬儀社の方がいろいろ教えて下さり、なんとか終えることが出来ました。
お布施は葬儀10万円 初七日1万円 (葬儀社の方が参考ですが・・・と金額を言われました)
お寺さんは、葬儀の日は朝10時から結婚式があるとのことで、
9時前に葬儀を始め、初七日までのお経?をすべて1時間くらいで終わらせてすぐ帰られました。
枕経と通夜はちゃんときていただいてます。

数日後に、七日ごとの法要があります。
お寺さんから連絡をいただき、平日午後七時に来られるとのことでした。
(お寺との連絡等は父がしています)
これから毎週来られると思います。
おそらく、父と私の二人だけしかいません。
父が仕事で遅くなれば私だけの時があるかもしれません。

わからないことだらけなので、教えて下さい。

1、七日ごとに来られる際に、毎回お布施をお渡しするのでしょうか?
する場合、いくらすればいいのでしょうか?
もしくは、49日にまとめてすればいいのでしょうか?その際の金額は?

2、お茶をお出しする気でいるのですが、午後七時って、夕飯時ですよね。。。
お食事の用意もするものなのでしょうか?

3、お経が終わったら、お茶とお菓子を出しますが、
来られたときにもすぐに一回目を出すものですか?
お菓子は、一個300円位する和菓子?
それとも一個100円くらいのスーパーで売っているもの?
お出しするのは、一つですか?二つですか?

4、お寺さんのお着替えの部屋とか必要なのでしょうか?
我が家には、生活感溢れる部屋しかないのですが・・・

その他、気をつけなければならないこと、しなければならないことなど、
細かいことでも教えていただければうれしいです。
読みにくい文章ですがどうぞ宜しくお願い致します。

はじめまして。
先日祖母が亡くなり、葬儀(葬儀の時に初七日も一緒に)が終わりました。
我が家は、父(60歳)と兄と私の三人になりました。
父はあまり冠婚葬祭など詳しくなくて、現在困ることがたくさんあります。
葬儀は家族葬ということで、ごくごく身内でしました。
その時は、葬儀社の方がいろいろ教えて下さり、なんとか終えることが出来ました。
お布施は葬儀10万円 初七日1万円 (葬儀社の方が参考ですが・・・と金額を言われました)
お寺さんは、葬儀の日は朝10時から結婚式があるとのことで...続きを読む

Aベストアンサー

前の回答者様の方が明らかに詳しそうなので私の回答は不要そうですが(笑)、
同じく今年家族が亡くなり、浄土真宗で七日ごとの法要がありましたので、ご参考に…

1.お布施はその都度でなくとも纏めてでも構わないのでは…とは思います。
 が、わざわざ足をお運びいただくので、1回ずつの方が丁寧ではあるかなと思います。
 金額は、自分が準備していない(義父母がやっている)のでいくら包んだかは分からず…(^^;
 まとめて渡すにしても、後ではなく先で、
 まとめてということがしっかり分かるように言葉を添えてお渡しするのがいいと思います。

2.わが家も7時でしたが、お食事はありませんでした。
 食事時とは言え、世の中で食事の時間が正確に決まっているわけではないので、
 毎週のことですしそこまで必要ない気もしますが…
 七日ごとのお経は日にちがずらせないので、スケジュールの都合上、
 あちらもこちらも夜が空けやすい…という理由でこの時間なのだと認識してます。
 気になられるのであれば、お寺の方に思い切ってお尋ねになるのも手かと思います。
 夕食時なので食事を準備させて頂こうかと思いますが、ご迷惑でしょうか?などといった感じで… 
 その家とご縁さんとの付き合い方にもよりますが、
 うちはかなり親しくフランクなので、聞ける感じの関係です。

3.お茶は、わが家はいつでも、来られた時とお経が終わった時の2回出します。
 お菓子は義母はいつも2つ出しています。
 が、これは多分決まりではないので1つでも大丈夫と思います。
 (実家は浄土宗ですが、1つです。これは多分宗派は関係ないかなと…)
 最初のお茶の時はまずお菓子は召し上がらないので、
 お経が始める時にお茶のみお下げし、お経の後にお茶だけ出す…という風にやってます。
 わざわざ高いお菓子を買ってきて出したりはしてませんが、
 頂き物などちょうど良いものがなければ、やはりわざわざ買ってきていました。
 スーパーで買ってきたようなのではなく、和菓子屋さんで買ってます。
 高価なもの(上生菓子とか)は不要だと思います。
 和菓子屋さんでも、150円も出せば美味しい和菓子が色々ありますよ(^^)
 お菓子は持ち帰られることが多いので、包んであるお菓子にするといいかもしれません。
 本来は個別包装でも取ってお出しするのが正式ですが、そのままの方が持ち帰りやすいので。

4.お着替えの部屋は不要だと思います。
 普段のお坊さんのお着物から、袈裟などの部分的なものを着替えられるだけなので、
 いつもその場で座ったまま着替えられています。


同じ宗派でもそのお寺によって違う部分もありますので、
「こうするのが正解です」というのは難しいとは思いますが…
少しでも参考になれば幸いです。
毎週来て頂けるなら、これを機に分からないことを全部お尋ねしておくのもいいと思います。
わが家のご縁さんはお話をたくさんしてくださる方で、
義母もその都度疑問に思ったことはお尋ねしていました。
こういう機会でないと、疑問に思うこと自体発生しないというのもありますし。
毎週は大変かとお察ししますが、まずは49日まで、無事に終えられますように…(^^)

前の回答者様の方が明らかに詳しそうなので私の回答は不要そうですが(笑)、
同じく今年家族が亡くなり、浄土真宗で七日ごとの法要がありましたので、ご参考に…

1.お布施はその都度でなくとも纏めてでも構わないのでは…とは思います。
 が、わざわざ足をお運びいただくので、1回ずつの方が丁寧ではあるかなと思います。
 金額は、自分が準備していない(義父母がやっている)のでいくら包んだかは分からず…(^^;
 まとめて渡すにしても、後ではなく先で、
 まとめてということがしっかり分かるように言葉を添え...続きを読む

Q肉親が死去した際の神棚の扱いかた

父親が死去しました。
神棚はどのように扱えばいいでしょうか。

今までは、神棚に毎朝水を取り替えたり、毎週に塩、毎月1日と15日にお米を交換していました。

聞いたところによると、死去してから100日は、神棚に白い布を被せて何もしない。
そして、100日経過したら、白い布を取って元通りにすると聞いたことがあります。
ちなみに、家に仏壇はありません。

Aベストアンサー

神道式で葬儀をされたか、仏式で葬儀をされたかわかりかねますが、故人の方が大切にお祀りされてきたものですので、「神棚封じ」を行うことが必要かと思います。

基本的には亡くなられた日より五十日間、神棚の上部にあるしめ縄にセロハンテープなどで「半紙」を貼り付け吊り下げます。これを「神棚封じ」といいます。
この五十日間は一切のお供え物はできません。五十日を過ぎた後、半紙をはずしてから通常に戻します。五十日を過ぎて「忌明け」となるからです。

地域性もあることですので、ご依頼になった葬儀社に確認されてみてもよろしいかと思います。
神道式で葬儀を行ったのであれば、その神社さんに問い合わせてもいいかと思います。ただ仏教のお寺さんでは神棚のことはわかりかねます。

なお仏壇についても扉を閉めてしまったりすることがあるようですが、基本的に仏教ではこのようなことは教えられておらず、神道におけるこの「神棚封じ」の影響により、混同されて同じように閉めるように伝えられている地域もございます。期間もまちまちです。初七日法要がおわるまでとか、四十九日がおわるまでとかもともとの根拠がないものですから、どうしようもないものです。本来なら仏壇については閉める必要はないことです。

ただ地域性やご親族からの指摘もある場合がございます。ある程度の意見も聞きながら神棚封じを行ったほうがよろしいかと思います。

神道式で葬儀をされたか、仏式で葬儀をされたかわかりかねますが、故人の方が大切にお祀りされてきたものですので、「神棚封じ」を行うことが必要かと思います。

基本的には亡くなられた日より五十日間、神棚の上部にあるしめ縄にセロハンテープなどで「半紙」を貼り付け吊り下げます。これを「神棚封じ」といいます。
この五十日間は一切のお供え物はできません。五十日を過ぎた後、半紙をはずしてから通常に戻します。五十日を過ぎて「忌明け」となるからです。

地域性もあることですので、ご依頼になった葬儀...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング