痔になりやすい生活習慣とは?

中学受験対策の問題で質問されて分からなくて困っています。

秋分の日の太陽の南中高度が55度の土地で、ある夜のある時刻にオリオン座が地上に出てきた時、
ベテルギウス(星A)とリゲル(星B)を結ぶ線は地平線に平行でした。
その後、1時間ほど3つ星の動きを追うと地平線に対して55度の方向に上がっていきました。
(1)この土地でオリオン座が西の空に沈みかけるのが見える時、
ABを結ぶ直線が地平線となす角度は何度ですか?
(2)観測地をオーストラリアのある場所に移し、オリオン座を眺めるとどうなるかを考えました。
その場所の緯度を南緯30度とします。
ここで見たとき、地平線から上がってくるとき、地平線に沈んでいく時
のそれぞれで星A、Bを結ぶ線が地平線となす角度を求めなさい。
また、A,Bのいずれの高度が高いのかも答えなさい。

(1)は180-55-55=70で70度だそうなのですが、
この55度というのは、南中高度が関係しているのでしょうか?
また、(2)は上ってくるとき:65度、Bの方が高い。
沈んでいく時5度、Aの方が高い。
が解答です。誰か僕に教えて下さい><

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

秋分の日の太陽の南中高度が55度の土地ですから、その地点の緯度は北緯35度。


地平線と天の赤道がなす角度は55度。
オリオン座はほぼ天の赤道に近いことから、地上に出てきた時の昇ってきた角度は、
55度です。

ベテルギウス(星A)とリゲル(星B)を結ぶ線は地平線に平行ということから、A-Bと
天の赤道の垂線とがなす角度は35度となります。(図1)

(1 )この土地でオリオン座が西の空に沈みかけるのが見える時、
ABを結ぶ直線が地平線となす角度は図1より、三角形の内角の和が180度であること
から180-55-50=70度となります。

(2)オーストラリア(南緯30度)の場所で、地平線から上がってくるときおよび地平線に
沈んでいく時のそれぞれで星A、Bを結ぶ線が地平線となす角度は図2に示します。

南半球では、北半球で見た星座が「逆立ち」して見えます。
「オリオン座に関する中学受験問題」の回答画像3
    • good
    • 1

(1)回答を求めている中に1時間後なんて無いのにわざわざ言っているからややこしい。


1時間後の角度なんて考慮しても意味が無い。ゼロ度からスタートだ。

(2)問題の中で南中高度55度。90度よりマイナスしているので観測者が居るのは北半球。
緯度は90度マイナス南中高度。

今度は南半球の南緯30度の地点。

当然その角度の分見え方が変わる・・・
出始めも、沈み始めも。
    • good
    • 1

秋分の日(あるいは春分の日)の太陽南中高度からわかることは・・・・・?



その土地の緯度、ひいては、天の赤道が地平線に対してなす角


そこらへんを手がかりに、作図してみては?
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q太陽とオリオン座の南中高度について

1.太陽の南中高度は緯度と季節によって影響を受ける。
⇒冬至なら90度-緯度-23.4度。夏至なら90度-緯度+23.4度。

2.オリオン座の南中高度は緯度のみに依存し、季節の影響はほとんどない。
Stella Theater Liteという天体観測ソフトでみると
⇒冬至の深夜24:00のオリオン座の位置≒夏至の正午00:00のオリオン座の位置

「両者とも非常に遠いところにあって平行光線が地球上に投影されているとみなしてよい。」と、こどもの教科書にはかいてあるのに、その挙動に違いがあるのはなぜ?

「オリオン座のほうが、太陽よりもはるかに遠いからだよ」みたいに子供には説明したんだけど自信はさっぱりありません。


この方面に詳しいかた、よろしくお願い申し上げます。

Aベストアンサー

地球から見る天体の位置は赤緯・赤経で表わします。 (地球の赤道と子午線を延長して描いた天の赤道と天の子午線を基準にして天体の位置を緯度・経度で表したもの。) 

恒星は距離があるために位置は一年を通してほとんど変化しませんが、太陽・月・惑星は近いので地球からの見かけの位置(赤経、赤緯)の変化が大きいわけです。

天体の南中高度は 90-(l ± d)で計算できます。 (天体南中時の子午線面図を見れば明白)
lは観測緯度、 dは赤緯、 ±は観測位置と太陽の位置によります。 観測位置、天体の位置共北緯(又は南緯)にあれば-、異なれば+となります。

したがって北緯45度の地点における
冬至は太陽が南回帰線上にあり、赤緯が南緯23.5度となりますので、
太陽高度は 90-(45+23.5)となり21.5度となり、夏至の太陽高度は 90-(45-23.5)となり68.5度
となります。

星はこのlの値が変化しないために南中高度はほとんど変わりません。

太陽の南中時間は地球の公転軌道が真円でないためにずれます。星も公転によって毎日星との相対位置が変わってしまうので南中時間は毎日僅かずれて行きます。 そのため季節によって見える星が変わって行くことになります。

したがって子供さんへの説明はそれでいいのではないでしょうか。 

地球から見る天体の位置は赤緯・赤経で表わします。 (地球の赤道と子午線を延長して描いた天の赤道と天の子午線を基準にして天体の位置を緯度・経度で表したもの。) 

恒星は距離があるために位置は一年を通してほとんど変化しませんが、太陽・月・惑星は近いので地球からの見かけの位置(赤経、赤緯)の変化が大きいわけです。

天体の南中高度は 90-(l ± d)で計算できます。 (天体南中時の子午線面図を見れば明白)
lは観測緯度、 dは赤緯、 ±は観測位置と太陽の位置によります。 観測位置、天...続きを読む

Qオリオン座の動きについて

南の空の星の動きを図示するときは、回転の中心となる点の位置は地平線より下にすべきですよね。
ところで、オリオン座は、真東から出て真西に沈む(春分秋分の日の太陽と同じコースを通る?)のですから、出てから沈むまでは12時間弱ということになると思います。しかし、紙の上では地平線より下に中心をとってる訳ですから、沈んでる時間の方が長くなってしまいます。
それとも出る位置が東に近づくにつれコンパスの針の位置は地平線に近づけて書くことになるのでしょうか。しかし、もし地平線の真南がコンパスの針の位置なら三ツ星は出るときも沈むときもほぼ同じ様に縦に並ぶ事になるでしょうし、冬の大三角はシリウスよりだいぶ早くベテルギウスが沈む事になると思います。やはり、中心は地平線より下にとるのが正しいように思います。

もともと3次元の物を2次元であらわすことに、無理があるのはわかるのですが、このことに関しては私が何か間違ってるように思います。
教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

地平線を直線と考えるとおかしな結論になります。

オリオン座のコースを紙の上にコンパスで描いたとき、地平線は直線にはなりません。
わかりやすい例が星座早見盤です。
例えば下の参考URLで見られる星座早見盤ではオリオン座のコースは赤い線で
描かれています(オリオン座は天の赤道上にあるから)。
星座の見える窓の縁が地平線です。

この図から赤道の赤い線は円周の半分だけ地平線の上に出ていることが分かると
思います。

天の極を中心にコンパスで描いたような(正距方位図法といいます)、このような星図
(せいず)の場合は地平線の形は緯度によって複雑な計算をしないと描けません。

参考URL:http://homepage.mac.com/kmouri/iblog/C1514625429/E1914907934/Media/hayami.jpg

Qオリオン座はどこに沈む?

何となく星座のサイトを周っていてふと疑問に思ったので質問します。
オリオン座は冬の始めに真東から上るということがわかったのですが、
春になるとどこに沈むのですか?
やはり西に沈むのでしょうか。
ものすごーく常識的なことの質問で恥ずかしいのですが、
星の動きがよくわからないので、考えれば考えるほど「?」となってしまいます。
星は出た位置と真逆に沈むという認識であっているのでしょうか。
もしかして日本で見ると、星座は全部東から上って西に沈むのですか?

星に詳しい方、どうぞよろしくお願いします。

Aベストアンサー

オリオン座は、天の赤道(天球上で真東と真西を結ぶ線)の真上にあり、年中いつでも真東から昇って真西に沈みます。ただ、昇る時刻が昼間になる季節だと昇る様子は見られませんが。

「出た位置と真逆」ですが、北東から昇った星は北西に沈む、南東から昇れば南西へ沈む(南北を結ぶ線を挟んで対称の位置)という意味でしたら正解です。

「全部東から昇って西に沈む」については、南北を結ぶ線を境に半分を東、半分を西と思えば正解です。

Q音読みと訓読みの見分け方

学校の漢字のテキストの中に、音読みか訓読みか判別せよ。のような問題があるのですが、音読みと訓読みの判別方法がわかりません。
歯がたたないので分かる方がいらっしゃいましたら回答お願いいたします。

Aベストアンサー

音読みは一拍「歩(ほ)」「社(しゃ)」か二拍「説(せつ)」「塾(じゅく)」しかありませんので、
「形(かたち)」、「椿(つばき)」などは訓読みです。

(A) 読みが二拍の場合
まず
1. 「ん」で終わるものは全て音読み。「運(うん)」「番(ばん)」「縁(えん)」
2.「きゃ」「しゅ」「ちょ」などの拗音を含むものは音読み。「客(きゃく)」、「蝶(ちょう)」
3.濁音やラ行で始まるものも訓読みはまずありません。「毒(どく)」、「台(だい)」、「陸(りく)」、「列(れつ)」、「蝋(ろう)」

次に
4.音読みの末尾に来る字は「ツ、チ、ク、キ、イ、ウ、ン」の七種類しかありません。
(「ツチクキイーウン〔土茎いい運〕」などの語呂合わせで覚えてください。)
したがって、「夢(ゆめ)」、「里(さと)」、「春(はる)」などは音読みではあり得ません。
紛らわしいのはその条件に当てはまっているものです (「ん」はA-1により音読み)。
下記の例の場合、括弧内の読みから錯覚しやすいと思います。
 「蜜(みつ)」は音読み、「辰(たつ)」は訓読み (「蜜豆」「蜂蜜」)
 「鉢(はち)」は音読み、「蜂(はち)」は訓読み (「鉢巻」「すり鉢」)
 「幕(まく)」は音読み、「枠(わく)」は訓読み (「黒幕」/「枠外」)
 「席(せき)」は音読み、「関(せき)」は訓読み (「関所」)
 「塀(へい)」は音読み、「灰(はい)」は訓読み (「板塀」/「灰褐色」)
 「塔(とう)」は音読み、「夕(ゆう)」は訓読み (「夕刊」「夕食」)

(B) 読みが一拍の場合
これが難しいのです。
A-2、A-3により「社(しゃ)」、「碁(ご)」、「櫓(ろ)」などは音読みと判定できますが、それ以外はどちらもあり得るからです。
* 特に間違えやすいのは「場(ば)」で、例外的に濁音でも訓読みです。
 「場所(ばしょ)」、「職場(しょくば)」などにより、音読みと錯覚しやすいのです。
 「絵(え)」は音読み、「江(え)」は訓読み
 「夜」の「や」は音読み、「よ」は訓読み
 「戸」の「こ」は音読み、「と」は訓読み

◇最終的には漢和辞典で確認するしかありませんが、
 ・同じパーツを含んだ同音、類似音があるものは音読み
 「職(しょく・しき)」と「織(しょく・しき)」、「馬(ば・ま)」と「罵(ば)」
 「塀(へい)」と「併(へい)」、「蜜(みつ)」と「密(みつ)」
 ・もう一つの読みと比べてみる
 「関」は「せき」のほかに「かん」の読みがあり、「関係(かんけい)」などの熟語から、「かん」が音、「せき」は訓と判定。
 「場」は「ば」のほかに「じょう」の読みがあり、「戦場(せんじょう)」などの熟語から、「じょう」が音、「ば」は訓と判定。

「絵」は、「絵画(かいが)」の「かい」が音で、「絵巻(えまき)」「墨絵(すみえ)」などの「え」は訓だと考えがちですが、
これは漢音「クワイ」、呉音「ヱ」に由来し、どちらも音なのです。
「会社(かいしゃ)」と「法会(ほうえ)」「一期一会(いちごいちえ)」
「回転(かいてん)」と「回向(えこう)」
とくに「絵」のほうは適当な訓がないため、音に訓のはたらきをもたせて使います。
「菊の絵」の「きく」も「え」も音ですが、訓のはたらきをしています。

これは余談ですが、「当用漢字音訓表」では「奥」の読み「オク」を誤って音としていました。
「ツチクキイウン」に該当し、「奥義(おうぎ)」を「おくぎ」と読むこともあるので、「憶」「屋」などの連想から錯覚したのでしょう。
「常用漢字表」では訂正されています。

音読みは一拍「歩(ほ)」「社(しゃ)」か二拍「説(せつ)」「塾(じゅく)」しかありませんので、
「形(かたち)」、「椿(つばき)」などは訓読みです。

(A) 読みが二拍の場合
まず
1. 「ん」で終わるものは全て音読み。「運(うん)」「番(ばん)」「縁(えん)」
2.「きゃ」「しゅ」「ちょ」などの拗音を含むものは音読み。「客(きゃく)」、「蝶(ちょう)」
3.濁音やラ行で始まるものも訓読みはまずありません。「毒(どく)」、「台(だい)」、「陸(りく)」、「列(れつ)」、「蝋(ろう)」

次に
4.音...続きを読む


人気Q&Aランキング