中3です。

北極星は、地球から見るとほぼ動かすに、常に北にあると授業で習いました。

それが不思議で調べたところ、
北極星は地球の自転軸の延長線上にあるために常に北にあるように見える、
ということが書いてありました。

しかし私は、自転軸の延長線というのは地球が公転しているので常に同じではなく、季節によって変わるのではないのか、と思います。

北極星は地球の自転軸の延長線上にある、ということはどういうことでしょうか。
地球は公転しているのに、なぜ北極星は常に北にあるのでしょうか。

数日後テストなのであわてています。
ご回答よろしくお願いします。

A 回答 (8件)

北極星は400光年離れていますが、地球の公転直径は0.00003光年しかありません。


そのため公転しても、ほとんど北極星の向きは変わらないように見えます。
また、北極星は、正確に自転軸方法にあるわけでなく、1度ぐらいずれています。これによる向きの動きの方が大きいので、公転による向きのずれは問題視されません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
とてもわかりやすかったです。

お礼日時:2013/01/14 10:36

まず、根本的な間違いから


「北極星は地球の自転軸の延長線上にあるために常に北にあるように見える」
ではありません。
 天(天球)の北に存在している星がたまたまあったのでそれを北極星と名づけました。

 これは問題は、「天球の回転軸が変化しないのはなぜか?」ということに帰結するはずですね。

 天球が回転しているように見えるのは、地球の自転によるもので公転ではありませんね。天球と言う背景の中に太陽系の太陽と地球の楕円軌道と地球の自転をイメージすると理解できると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
>天球が回転しているように見えるのは、地球の自転によるもので公転ではありませんね。
すっかりそのことを考えていませんでした・・・。
おかげ様で、すべての疑問が解消されたと思います。
もうもやもやがないです。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/01/14 10:59

>なぜ北極星は常に北にあるのでしょうか。



宇宙空間において、地球から北極星のある方向を(人間が)北と定めているからです。

地球の自転軸は際差運動といって、独楽(こま)の回転が遅くなったときに軸がブレるような運動をしておりますが、北の方向は地球の自転軸のブレとは関係なく一定です。

極論を言えば数億年後に地球の自転軸が不安定になった時代を想定しても、北の方向は一定です。
北の方向があって、たまたま現在は地球の自転軸がそちらを方面を指していると考えた方がより一般的に宇宙空間を理解できるようになります。(歴史的な経緯はべつですけど、、、)

本来、宇宙空間には(絶対的な)方向はないのです(一様等方の宇宙原理)が、人間が便宜的に北極星の方向を「北」に決めたのです。



>自転軸の延長線というのは地球が公転しているので常に同じではなく、

「地球から見るとほぼ動かすに、常に北にある」と習ったのですから、「ほぼ」という言葉も尊重しないとイケません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
宇宙原理というものがあることは知りませんでした。
参考になりました。

お礼日時:2013/01/14 10:12

私の高校では、地球から星までは遠すぎるので、地球の公転にさして影響を受けないと習いました。



高二の文系(一応地学選択)のあやふやな授業記憶ですので、合っているかどうか学校の先生に聞いたらいいと思います(汗)


でも、中学のテストでそこまでは出ないと思いますよ^^(通う学校が私立なら別かもしれませんが・・・)
高校受験でもそんなひねくれた問題出ないでしょう。


どちらかといえば、北極星の高度=その場所の緯度 というのを覚えたほうがいいと思います。(習ってないなら出ないでしょうが・・・。卒業した中学校ではテストでこの問題がでました。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

北極星の高度=その場所の緯度
ということははじめて知りました・・・。
絶対に覚えておきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/01/14 10:15

現在の(ここ数千年の)地球の自転軸の延長線上の近くにたまたま存在していた星が北極星なのです



>自転軸の延長線というのは地球が公転しているので常に同じではなく、季節によって変わるのではないのか、と思います。

もっともらしく、すばらしい着想だと自分をほめていることでしょうが
公転の径と北極星までの距離について見落してます

10m先なら 1mの違いは簡単にわかりますが 1000m先ならどうでしょう 10km先なら 千km先なら・・・
天文学的数字って聞いたことはありませんか

身近な細かいことだけにとらわれていないで、たまには 朝日や夕日や月星を眺めることも必要です
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
まさしく、宇宙のスケールのことは視野に入れていませんでしたし、太陽も月も星もほとんどみていませんでした・・・。
もっと考えを広げるべきですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/01/14 10:27

北極星は非常に遠い位置にあるので、地球が公転して移動したとしても、同じ方向にしか見えないのです。



北極星までの距離は、地球の公転直径の1300万倍くらいあります。

実際には歳差運動で長い時間をかけて地球の自転軸がぶれるため、北極星が北極星でなかった時代もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
>北極星までの距離は、地球の公転直径の1300万倍くらいあります。
それほどなんですか・・・。想像ができません。
それほどあったら地球の公転なんてとても小さいものですね。
納得しました。

お礼日時:2013/01/14 10:33

地球は公転によって位置が変わりますが


北極星までが遠いので、その距離に比べると
地球の移動距離など無に等しいのです。

富士山を東京から見るのと静岡から見るのでは
形も大きさも違うけど、月はどちらから見ても
同じでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
地球の公転が無だなんて、そんなこと思ってもいませんでした。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/01/14 10:39

厳密には季節によって(地球の位置によって)見える角度が極僅かに異なります



しかし、その差は肉眼ではほとんど全く感じられないので、常にほぼ北にあるということです
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
納得です。
参考になりました。

お礼日時:2013/01/14 10:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q【天文学の天体の形の時代に詳しい人教えてください】北極星がフラフラしている理由は地球の自転が傾いてい

【天文学の天体の形の時代に詳しい人教えてください】北極星がフラフラしている理由は地球の自転が傾いているからというより、その時代、時代で北極星と呼んでいる星自体が違っていたからということが分かった。

昔、絶対位置に君臨していた北極星のことを古代中国では皇帝と重ね合わせて北極星を皇帝のシンボルとした。

その流れが日本の天皇家にも伝わり、北極星を天皇家のシンボルとした。

----------

ここまでは分かる。

で、ここからが天皇家と天文学の謎が始まる。


天皇家は正月に北極星の刺繍が施された着物を着る儀式をされる。

しかし、誰も国民市民はその着物を一般公開されていないので見たことがない。

ただ、宮内庁関係者が漏らした情報なのか「天皇家の北斗七星の柄杓の椀は下向きだった」と漏らした。

で、

で、、

北斗七星の形から柄杓のお椀が下向きだった時代はいつなのか教えて欲しいです。


今の時代の北斗七星は柄杓のお椀は上向きで水が溢れない形をしています。

が、

天皇家に北斗七星の概念が伝わったのは北斗七星が下向きだった時代ということに自然となります。

それがいつの時代だったのか知りたいのです。

よろしくお願いします

【天文学の天体の形の時代に詳しい人教えてください】北極星がフラフラしている理由は地球の自転が傾いているからというより、その時代、時代で北極星と呼んでいる星自体が違っていたからということが分かった。

昔、絶対位置に君臨していた北極星のことを古代中国では皇帝と重ね合わせて北極星を皇帝のシンボルとした。

その流れが日本の天皇家にも伝わり、北極星を天皇家のシンボルとした。

----------

ここまでは分かる。

で、ここからが天皇家と天文学の謎が始まる。


天皇家は正月に北極星の刺繍が施さ...続きを読む

Aベストアンサー

天文学としての観点から、言えることは、太陽系誕生、つまり、地球誕生以来の長年の時間経過の後に、地球の自転軸が公転の軌道に対して、垂直だったものが、在るときから、23.5度傾きが起きました。
この現象により、地球上には、季節と言うものが出来ました。
これにより、生物の進化も影響したのです。例えば、恐竜の進化とか?

天体の方では、北極星が今までの天体とは違う星になりました。

人類が地球上に現れる以前の話です。


天皇家がどうのとかは、別分野の話です。

Q地球その他の惑星はなぜ自転・公転しているのですか?

地球、その他の惑星はそもそもなぜ自転・公転しているのですか?きっかけはなんでしょうか?どなたか詳しい方みえましたら教えてください。よろしくお願いします。

Aベストアンサー

きっかけは「渦」ですよ。
お風呂の栓を抜くと穴から流れ出る水が渦を巻くのと一緒です。

中心部に質量の集中が起きると重力に引かれて周りの物体は中心へと落ちてゆきます。
この際に物体は回転を始めます。
お風呂なら最後は全ての水が抜けてオシマイですが。
宇宙ではたまたま、回転速度と中心へ引かれる力のバランスが取れて、中心へと向かって常に落ち続ける状態になる物質があります。
つまりは中心にある物の周りを回り続ける訳です。
これが公転ですね。
それ以外の物質は中心(恒星)へと落ちてしまいますから、結果として太陽系のような構造が残ります。

自転も基本は一緒でしょう。
惑星などが形成される場合、周りから渦をなして物質が集まって来るわけですから、その運動を今でも続けている訳です。
バランスが取れて残った物が衛星ですね。

ブラックホールに落ち込む物質が形成する降着円盤だとか、銀河の渦も基本は一緒だと思います。

Q地球の自転と公転

素朴な疑問なんですが、
1.地球およびその他の惑星はなぜ自転するんでしょう。自転しない天体はあるんでしょうか。自転の方向はみな同じ方向なんでしょうか。同一ならそれはなぜでしょうか。
2.また、同様に地球およびその他の天体はなぜ公転するのでしょうか。公転の方向はみな同じなんでしょうか。同一ならそれはなぜでしょうか。
お分かりの方、いらっしゃれば回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

慣性の法則で、惑星同士の重力や衝突により加えられたエネルギーがそのまま動いているのでは。
自転方向は変化したのではないかという説もあるようです。
はくちょう座X-1(ブラックホール)は自転していないとか。

参考URL:http://373news.com/nie/040508.htm

Q地球の自転 、公転について

地球の自転 、公転について
地球についての図鑑をもっているんですが、地球の自転周期をみてみたら0.9973日(23時間56分)とかいてありました。公転周期をみてみたら1.00004年(365.26)とかいてありました。
一日は4分短くなっているし、一年は365日より多くなっています。なぜでしょう?

Aベストアンサー

他の方がすでに回答しているので蛇足でしかないかもしれませんが回答いたします。

自転が0.9973日であれば、365回転すると何日になるでしょう。

365日に少し足りませんね。


では、365×4=1460回転すると何日になるでしょう。
365日の時に比べ差が開きましたね。

ではもう1回転加えましょう。
その結果を4で割りましょう。


分かりましたね。

私たちが使っている暦では1日が365日です。
そして4年に一度の閏年には2月29日が入って366日です。
これが1回転加えた理由です。

つまり答えとしては、
地球の自転を基に1日を定めている。
しかし、1日には少し足りないので閏年として1日増やして調節している。
その結果年平均をとると1年が365年より多くなっているということです。


閏年では1日増やしますが、
他にも1秒増やすこともあるんですよ。

私たち人間は日の出日の入りや、日の高さなどをもとに
1日や1年などを定めました。

しかし、太陽はそんなことに関わらずに活動しますし、
地球の活動もわずかですが日々変化しています。


時間の単位について、
例えば1秒はどんなふうに定義されたか、
何を基に1秒としているか、
など調べてみると面白いと思いますよ。


他にも長さの単位であるメートル等もお薦めです。

他の方がすでに回答しているので蛇足でしかないかもしれませんが回答いたします。

自転が0.9973日であれば、365回転すると何日になるでしょう。

365日に少し足りませんね。


では、365×4=1460回転すると何日になるでしょう。
365日の時に比べ差が開きましたね。

ではもう1回転加えましょう。
その結果を4で割りましょう。


分かりましたね。

私たちが使っている暦では1日が365日です。
そして4年に一度の閏年には2月29日が入って366日です。
これが1回転加えた理由です。

つまり答えとしては、
地...続きを読む

Q地球の自転や公転エネルギーの源は?

地球が時速1000キロ以上のものすごいスピードで自転していると聞きました。
それと同時に、これまたすごいスピードで公転もしています。

同じスピードで動き続けるのは大変だと思いますが、
地球は何を原動力にして動いているのですか?

Aベストアンサー

地球が自転し続けているのは単なる惰性だと思います。

地球や太陽系ができるころに渦を巻いていたと思いますが、
そのころの回転がそのまま続いているのでしょう。
抵抗のない宇宙空間でコマを回したら永遠に回り続けます。

地球の公転は人工衛星が地球の周りを回り続けているのと同じで、永遠に(またはそれに近いくらい長い時間?)周りながら落ちていっている状態です。
こっちは運動のエネルギーは中心に引っ張られる力(人工衛星は地球に、地球は太陽に)がエネルギーです。重力とも言いますね。
人工衛星は最初に打ち上げなければですが、地球の公転は太陽系ができる最初の時の回転がそれにあたります。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報