中3です。

北極星は、地球から見るとほぼ動かすに、常に北にあると授業で習いました。

それが不思議で調べたところ、
北極星は地球の自転軸の延長線上にあるために常に北にあるように見える、
ということが書いてありました。

しかし私は、自転軸の延長線というのは地球が公転しているので常に同じではなく、季節によって変わるのではないのか、と思います。

北極星は地球の自転軸の延長線上にある、ということはどういうことでしょうか。
地球は公転しているのに、なぜ北極星は常に北にあるのでしょうか。

数日後テストなのであわてています。
ご回答よろしくお願いします。

A 回答 (8件)

北極星は400光年離れていますが、地球の公転直径は0.00003光年しかありません。


そのため公転しても、ほとんど北極星の向きは変わらないように見えます。
また、北極星は、正確に自転軸方法にあるわけでなく、1度ぐらいずれています。これによる向きの動きの方が大きいので、公転による向きのずれは問題視されません。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
とてもわかりやすかったです。

お礼日時:2013/01/14 10:36

まず、根本的な間違いから


「北極星は地球の自転軸の延長線上にあるために常に北にあるように見える」
ではありません。
 天(天球)の北に存在している星がたまたまあったのでそれを北極星と名づけました。

 これは問題は、「天球の回転軸が変化しないのはなぜか?」ということに帰結するはずですね。

 天球が回転しているように見えるのは、地球の自転によるもので公転ではありませんね。天球と言う背景の中に太陽系の太陽と地球の楕円軌道と地球の自転をイメージすると理解できると思います。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
>天球が回転しているように見えるのは、地球の自転によるもので公転ではありませんね。
すっかりそのことを考えていませんでした・・・。
おかげ様で、すべての疑問が解消されたと思います。
もうもやもやがないです。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/01/14 10:59

>なぜ北極星は常に北にあるのでしょうか。



宇宙空間において、地球から北極星のある方向を(人間が)北と定めているからです。

地球の自転軸は際差運動といって、独楽(こま)の回転が遅くなったときに軸がブレるような運動をしておりますが、北の方向は地球の自転軸のブレとは関係なく一定です。

極論を言えば数億年後に地球の自転軸が不安定になった時代を想定しても、北の方向は一定です。
北の方向があって、たまたま現在は地球の自転軸がそちらを方面を指していると考えた方がより一般的に宇宙空間を理解できるようになります。(歴史的な経緯はべつですけど、、、)

本来、宇宙空間には(絶対的な)方向はないのです(一様等方の宇宙原理)が、人間が便宜的に北極星の方向を「北」に決めたのです。



>自転軸の延長線というのは地球が公転しているので常に同じではなく、

「地球から見るとほぼ動かすに、常に北にある」と習ったのですから、「ほぼ」という言葉も尊重しないとイケません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
宇宙原理というものがあることは知りませんでした。
参考になりました。

お礼日時:2013/01/14 10:12

私の高校では、地球から星までは遠すぎるので、地球の公転にさして影響を受けないと習いました。



高二の文系(一応地学選択)のあやふやな授業記憶ですので、合っているかどうか学校の先生に聞いたらいいと思います(汗)


でも、中学のテストでそこまでは出ないと思いますよ^^(通う学校が私立なら別かもしれませんが・・・)
高校受験でもそんなひねくれた問題出ないでしょう。


どちらかといえば、北極星の高度=その場所の緯度 というのを覚えたほうがいいと思います。(習ってないなら出ないでしょうが・・・。卒業した中学校ではテストでこの問題がでました。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

北極星の高度=その場所の緯度
ということははじめて知りました・・・。
絶対に覚えておきます。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/01/14 10:15

現在の(ここ数千年の)地球の自転軸の延長線上の近くにたまたま存在していた星が北極星なのです



>自転軸の延長線というのは地球が公転しているので常に同じではなく、季節によって変わるのではないのか、と思います。

もっともらしく、すばらしい着想だと自分をほめていることでしょうが
公転の径と北極星までの距離について見落してます

10m先なら 1mの違いは簡単にわかりますが 1000m先ならどうでしょう 10km先なら 千km先なら・・・
天文学的数字って聞いたことはありませんか

身近な細かいことだけにとらわれていないで、たまには 朝日や夕日や月星を眺めることも必要です
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
まさしく、宇宙のスケールのことは視野に入れていませんでしたし、太陽も月も星もほとんどみていませんでした・・・。
もっと考えを広げるべきですね。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/01/14 10:27

北極星は非常に遠い位置にあるので、地球が公転して移動したとしても、同じ方向にしか見えないのです。



北極星までの距離は、地球の公転直径の1300万倍くらいあります。

実際には歳差運動で長い時間をかけて地球の自転軸がぶれるため、北極星が北極星でなかった時代もあります。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
>北極星までの距離は、地球の公転直径の1300万倍くらいあります。
それほどなんですか・・・。想像ができません。
それほどあったら地球の公転なんてとても小さいものですね。
納得しました。

お礼日時:2013/01/14 10:33

地球は公転によって位置が変わりますが


北極星までが遠いので、その距離に比べると
地球の移動距離など無に等しいのです。

富士山を東京から見るのと静岡から見るのでは
形も大きさも違うけど、月はどちらから見ても
同じでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
地球の公転が無だなんて、そんなこと思ってもいませんでした。
ありがとうございました。

お礼日時:2013/01/14 10:39

厳密には季節によって(地球の位置によって)見える角度が極僅かに異なります



しかし、その差は肉眼ではほとんど全く感じられないので、常にほぼ北にあるということです
    • good
    • 1
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございました。
納得です。
参考になりました。

お礼日時:2013/01/14 10:40

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qミヤネ屋 北極星のオムライス

ミヤネ屋という番組で見たと思うのですが、
北極星のお店の方がオムライスを作っていました。
とても美味しそうだったので作りたいのですが、
レシピを見逃してしまいました。
ミヤネ屋のホームページを見たのですが、
どこに書いているのか分かりませんでした。
放送は5月でした。
ご存知の方、レシピを教えて下さい。
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

今晩は
こちらでしょうか?↓

http://www.ytv.co.jp/miyaneya/recipe/recipe_17964.html

Q【今後、地球は世界人口の増加で地球上だけでは全ての人類は生活出来なくなる】よって地球外に人類は進出す

【今後、地球は世界人口の増加で地球上だけでは全ての人類は生活出来なくなる】よって地球外に人類は進出する必要がある。と言いますが、


人類は宇宙に飛び出す前に海底都市を作ると思います。

なぜ海底都市計画より先に人類が宇宙に飛び出さないといけないのか理屈が良く分かりません。

なぜ人類は海に住むより宇宙に飛び出ないといけないという思考の人が多いんですか?

Aベストアンサー

海底より宇宙の方がロマンがありますからね。

宇宙のロマンの方が、お金を集めやすいんですよ。
新規事業にはお金がかかります。
宇宙開発になら金出してやろうか!って言う人の方が多いんでしょうね。

Q【天文学・北極星】「現在の北極星が北極星として機能したのはここ4・5百年のことです」 4、500年前

【天文学・北極星】「現在の北極星が北極星として機能したのはここ4・5百年のことです」

4、500年前は北極星はフラフラしていた?!?!

本当ですか?

4、500年前はフラフラしていたのに古代中国や古代日本ではなぜ北極星を唯一動かない天体という概念が既に存在していたのでしょう?

フラフラしていたら北極星=王=天皇とは結びつけづらいはず。なんで?

Aベストアンサー

今は、北極星(こぐま座α星)が天の北極(地球の自転軸)に近づいていっている時期で、およそ2100年に一番近づきます。
地球の自転軸は歳差運動という、地球の赤道を中心として自転軸が首を振るような円運動をしていて、約25800年周期で円運動をしています。
500年前からフラフラしているのではなく、歳差運動を何億年もずっとしているのです。
回転する地球ゴマが首を振る運動が歳差運動として手近に観ることができます。

歳差運動の経路は↓ですね。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/16/Precession_N.gif

500年ほど前よりも地球の自転軸が北極星に近づいていますが、その頃既に北極星と認識されていったようですね。
後期アッシリア文明で北極星と認識されていたので約3000年前ほどからです。

地球の自転軸が歳差運動で約25800年周期で天球上を円運動しているのは、
比較的大きな月を衛星として持っていることで、地軸の傾きや歳差運動が安定しています。

一方、大きな衛星を持っていない火星は地軸の傾きが非常に不安定で13度から40度と非常に不安定にランダムに変化しています。
フラフラしていると言えるのは火星の方ですね。

今は、北極星(こぐま座α星)が天の北極(地球の自転軸)に近づいていっている時期で、およそ2100年に一番近づきます。
地球の自転軸は歳差運動という、地球の赤道を中心として自転軸が首を振るような円運動をしていて、約25800年周期で円運動をしています。
500年前からフラフラしているのではなく、歳差運動を何億年もずっとしているのです。
回転する地球ゴマが首を振る運動が歳差運動として手近に観ることができます。

歳差運動の経路は↓ですね。
https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/1/16/Precessio...続きを読む

Q【月の運行】 以前()頑張れば沖縄県で北の空に月を見ることが可能だと読みました。本当ですか。理由を教

【月の運行】
 以前()頑張れば沖縄県で北の空に月を見ることが可能だと読みました。本当ですか。理由を教えて下さい。

Aベストアンサー

#2で回答したのですが,考えてみれば最北端で計算する必要はありませんでした。那覇であれば北緯26.2度ですから赤緯0度の高度が63.8度,28.58度を足して92.38度というわけで天頂から北へ2.38度です。もっと南の地点ならさらに真北方向へ「低く」なることがありえます。

また「北の空」という考え方の問題ですが,空全体を東西の線で南北に分けたうちの「北半分の空」という意味では,月はずっと頻繁に通っています。

Q北極星は動かない?

地球の地軸の延長上に北極星があるため、地球が自転しても北極星が動かないというのはわかります。しかし、地球は公転もしてますよね。公転をすると、当然地球の公転軌道上の位置も変わっていきます。だとすると、南にみえる星座が季節によって変わるように北に見える星座、つまり北極星も季節により位置が変わるように思えてなりません。なぜ、北極星は季節が変わっても動かないのでしょうか?

Aベストアンサー

確かにそのとおりですが、実際のところ「公転による位置の移動距離」と「北極星までの距離」では「圧倒的に北極星までの距離が長い」のでほとんど「誤差」といっていいほどの違いでしかありません。

北極星までの距離:430光年
公転直径:約17光分

Q地球から見た景色なのに、なぜ月食は、月が地球の影に入って見えなくなる現象と言えるのか、教えてください

地球から見た景色なのに、なぜ月食は、月が地球の影に入って見えなくなる現象と言えるのか、教えてください。

Aベストアンサー

月が光っているのは、太陽の光が当たっているからです。
太陽から見て、月が地球の影に入って、光が当たらなくなると。
そうすると月は光らずに真っ黒になります。
地球の影に隠れて光に当たらなくなってしまったのです。
この状態を地球から見ると、月が真っ黒で見えない、月食になります。

Q北極星が常に北にある理由を教えてください。

中3です。

北極星は、地球から見るとほぼ動かすに、常に北にあると授業で習いました。

それが不思議で調べたところ、
北極星は地球の自転軸の延長線上にあるために常に北にあるように見える、
ということが書いてありました。

しかし私は、自転軸の延長線というのは地球が公転しているので常に同じではなく、季節によって変わるのではないのか、と思います。

北極星は地球の自転軸の延長線上にある、ということはどういうことでしょうか。
地球は公転しているのに、なぜ北極星は常に北にあるのでしょうか。

数日後テストなのであわてています。
ご回答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

北極星は400光年離れていますが、地球の公転直径は0.00003光年しかありません。
そのため公転しても、ほとんど北極星の向きは変わらないように見えます。
また、北極星は、正確に自転軸方法にあるわけでなく、1度ぐらいずれています。これによる向きの動きの方が大きいので、公転による向きのずれは問題視されません。

Q人工衛星が常に地球の方を向くには

人工衛星が常に地球の方を向くには

なんでもオモリが長い棒の先にあって、コリオリの力で常に下を向くのだという説明を昔見かけて、その時からずーっと悩んでいます。

私はコリオリの力をどうしても理解できず、また人工衛星の問題も、それは単に重力の影響なんだと思います。つまり軌道上であっても微妙に落下している(つまり微少重力下といえる)のであれば、オモリがある方が重心よりも下を向くと思うのです。

もしくはシンプルに衛星の公転時間と衛星の自転時間があっているとか。

私は何か勘違いしていますか?(ちなみに素人です)

Aベストアンサー

支点がないので、重力では、常に下を向くことはないのでは。

コリオリの力で常に下を向くのだという説明も怪しいのでは。

Q天測航行や観測という視点でなく、惑星や恒星にとって、北極星の存在意義と

天測航行や観測という視点でなく、惑星や恒星にとって、北極星の存在意義とはどういうものなのでしょうか?
もし、北極星がなければどうなるのでしょうか?

Aベストアンサー

 北極星はたまたま天の北極(地球の自転軸の無限遠での延長線上の点)の近くにあって、見掛け上ほとんど動かないから指標とされているだけです。
 それ以外には他の天体となんら変わるところは無いので、「惑星や恒星にとって、北極星の存在意義」などというものはとくにありません。

Aベストアンサー

「月 潮汐力」などのキーワードで検索してみてください。

重力の作用により(←これが結構難しいです)、公転と自転の周期が一致するのが普通で、地球以外の惑星の衛星もほとんど同様になっているようです。


http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1017664
http://okweb.jp/kotaeru.php3?q=1020594


人気Q&Aランキング