最新閲覧日:

家を新築するにあたり、エアコンを壁内配管にしたいと考えています。しかし、現在使用しているエアコンは壁内配管が出来ないということで新たにエアコンを購入しなければいけないと住宅メーカーの方に言われました。しかも、メーカーの見積もりによるとエアコン代(4台分)が値引きありで百万円以上、工事費が30万円以上かかるとのことでした。家の購入代金だけでもいっぱいいっぱいなのにプラス百何十万は大変きついものがあります。また、照明やカーテンなどのインテリも当然のようにに勧められ自分で用意するとは言い出しにくい気がしています。実際家を購入された方、もしくは住宅にお詳しい方、安く上手に購入する方法などご助言お願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

最近、私たちもエアコンの隠ぺい配管について住宅メーカーと打合せしました。

現在使用しているエアコンを壁内配管したかったので(外観の見映えのため)、いろいろと設計担当者と相談すると、以下の方法が可能でした。
(1)エアコンの取付けは自分たちで電気屋に依頼する。
(2)エアコンの管を通せるように壁内の配管工事をメーカーに依頼する。
メーカーに依頼する配管工事費は、外と接する部屋で1・2階関係なく、一個所5万円でした(鉄骨プレハブ系です)。
エアコンの寿命、後々のメンテなども考慮されたほうがいいのではと思います。
照明器具は施工主仕入れでも、メーカーが取付けを請負うので(取付費:ダウンライト2500円、その他1800円)、これも設計者と一個所ずつ相談してメーカーと自分が仕入れた場合とで安いほうを選びました。自分達で購入する器具は青山照明(参考USL)に発注する予定です。
カーテンは近所の店のオーダーカーテンのセールを利用する予定です。メーカーの見積も必要個所だけとりました。気に入り度/コストによってはメーカーの提案を選ぶつもりです。着工しましたがカーテンをメーカーに依頼するかどうかを決めるまでもう少し猶予があるので。
自分が建てる家ですから、譲れない要望(たとえ無理であっても)があればはっきり意志を伝えたほうが後々の後悔は少ないと思いますよ。

参考URL:http://www.murokoshi.net/
    • good
    • 0

 後付けが容易にできるもの(例えばエアコン、照明、カーテン)はご自分で取付けるとか、家電量販店で購入が安いです。

住宅メーカーに依頼すると、住宅メーカーの利益+管理費が専門業者の価格に上乗せされます。例えば25%+5%=30%の上乗せだったりします。このように上乗せするのですから断ることに何の遠慮も入りません。両者の見積りを取って安い方に発注すると言って断れば良いのです。
 但しエアコンは壁内配管したいのであれば住宅メーカーに依頼するしかないでしょう。壁内配管は故障や寿命時に壁を剥がすことになると思いますが。
    • good
    • 0

隠ぺい配管の良い所は、外から配管が見えない事ですね。

おそらく新築なので外観を気にするのでしょう。最初につける時は問題なく(家の建築状況による。)着くと思います。だけど、一番の問題はメンテナンスや何年かした時のエアコン買い替えに起きる工事の問題です。基本的に家が建った後では、配管を交換する事はできません。つまり、配管は使いまわしで内外機のみの交換となります。このような工事は大手家電メーカーのいくつかではクレームなどのリスクを考え、工事をことわる場合があります。(エアコン購入+工事の場合。基本的に工事屋さんはできます。)また、交換時
に配管と本体の配管の太さが合わない場合、当然の事ながら普通に配管を外壁にまわすしかありません。このような事を考えると、配管を壁の中に埋めるのではなく、配管を化粧カバーでおおった方が無難で安くすむと思います。ただ外部に接していないような部屋では隠ぺいしか方法がないかもしれません。ちなみに化粧カバーの色は、サッシや水きりの色に合わせればパッと見では見分けがつかないですよ。御参考に。
    • good
    • 0

壁ない配管は外付け配管よりも手間と打ち合わせ(施工日程調整)がかかるため割高になります。

在来工法だと、梁や筋交いの位置によって取り付ける位置と出口がきまります。また、後々のメンテナンスで、壁を壊さない為にも結露防止や劣化防止などの処置を致します。エアコン本体は出力や年式によっては向いていない物もありますのでそれが買い替えなのでしょう。簡単に言うと、配管のための配管をし、その中に筒を通す施工をしますので、上下水道や、セントラルクリーニングの工事に似ています。また、インテリアは色々見られて品質と価格を見比べてください。照明は、価格よりランニングコストを考えて省エネタイプとか、カーテンもレースは化繊なら家で洗えますし、表生地も遮光なら部屋の劣化防止や暖冷房に効果的です。そして、スタイル・カラーのコーディネートをする事によって価格よりもすごしやすさや、快適さがますでしょう。家は長く使うという事を前提に投資すれば、倍以上の快適さをえられますよ!!
    • good
    • 1

私の場合は木造ですが、壁内配管は全く外部と接していない一部屋を壁内配管のみとしました。


あとの部屋は外部と全て接するので、エアコンの設置位置を考慮し、電源コンセント設置工事に留めました。
見積もり段階でエアコンの単価が値引き後25万円以上で、工事費(取付費+壁内配管費用?)単価75千円以上でしょうか。
これからエアコンの時期に向かいますが、エアコン単価は14畳(15~18万円)、8畳なら10万円ぐらいだと思います。(+取付費用1万円?)
従って、のちほどご自分で家電量販店に出かけ購入されたほうが費用は安くなります。
照明やカーテンは、住宅メーカーは大量仕入を行い、かなり安く買っています(また、大量仕入のため、やや流行おくれ気味)ので定価から50%値引きされてもまだ住宅メーカーに利益が残りますので要注意です。
親戚に照明やカーテンの販売に従事する者がいて、義理を果たさなければならないなどの理由でやんわり断っては如何でしょうか。
    • good
    • 0

 家を新築されるんですよね?今、どの段階まですすんでおられるのでしょうか?まだ建設が始まる前であれば“壁内配管ができない”ということはないように思います。

あんまり詳しくはないのではっきりとは言えないのですが・・・。
 我が家は2年前に新築したのですが、その時もともとあったエアコン4台分の壁内配管などの工事費とそのうち2台は新しく購入したので2台のエアコン代で60万位だったと思います。
 照明などはいろいろ検討した結果、知り合いのかたにお願いするのが一番安かったので住宅メーカーの方はお断りしましたよ。断るときははっきり言ったほうがいいですよ!インテリアってけっこうお金かかりますからね・・・。そして最後はコネってことなのでしょう。
 大変だと思いますががんばってください。
    • good
    • 0

基本的に隠蔽配管できないエアコンなんて無いと思いますが、どんなタイプのものなんでしょう?


能力が大きくて配管サイズが太いから壁の下地の隙間に通らないという可能性はありますが、どうなんでしょう?
大きいと言っても家庭用であるかぎりそんなに大きいものはありませんので、それこそ20年くらい前のものだと家庭用のエアコンでも近年のものと比べて配管サイズは太いですがそれでもそんなに極端な違いではありません。
また、タイプで考えてみても通常ハウジングエアコンとしてある、壁掛けタイプ、床置きタイプ、天井埋め込みカセットタイプなどがありますが、どれを取ってもエアコンの形状や機能、施工法の影響で隠蔽配管ができないと言う事はありません。
むしろエアコンの方の都合ではなく建物の構造上できないというのであればわかるのですが、そうだとしたら新しく買いかえるとかいう問題ではないですよね。
念のため確認いたしますが、家を新築されるということは建売を購入されたのではなく、これから建てるかもしくは今建てている最中ということですよね?
建売住宅に隠蔽配管するとなると、壁や天井を一度必要最小限で要所要所剥がさなければならない場合もありますので・・・
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報

カテゴリ