出産前後の痔にはご注意!

道場の先生の奥さんが亡くなったんですが、お通夜,告別式ともに仕事の事情で参加できません。
そのため、前日に香典を持って行こうと思うんですが、それはいいのでしょうか?

また、服装は喪服がいいのでしょうか?
香典を持って行った後に用事があって、出来れば普通の服装で行きたいんですが…。
普通の服装だと、やはり失礼なんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

補足に対しての回答。



>ちなみに、友達がお通夜に行くみたいなんで香典を友達に託すのはありですか?

A.有りです。(香典を郵送するのとなんら変わりません)

>また、後日あらためて焼香と一緒に香典を持って行くのはありですか?

A.そのほうが気持ちがこもっていると考えます。
    • good
    • 1

地区にもよりますので良いとは言えません。



それなら、終わってから、持ってく事はどの地区でもOK

知らなかったで持ってくるから。

その時も服装は普段着。

線香立てて香典置いて帰るダケです。

引け目を感じるなら弔電の一番安価なので良いです。

私もスポーツ教えてますが、殆ど香典来ません。

仲間もそうでした。

手伝い(香典の勘定や礼状書き)しますので、一目瞭然です。

後で来る分も有るから、追加記入はココと後も考えてますので。

結論:後で香典持って焼香に行きましょう。(普段着OK)
    • good
    • 2

通夜の前日に香典は失礼に当たります。

いかにも準備していたように(そうでなくても)取られることがあるので。服装も必ずしも礼服の必要はありません。

案として、焼香のみ前日に済ませ(平服で可)お通夜か葬儀当日に葬儀場に訃電と共に郵送してもいいと思います。

焼香の際に事情で参列できないことを喪主に伝えておいてください。

この回答への補足

ありがとうございます。

ちなみに、友達がお通夜に行くみたいなんで香典を友達に託すのはありですか?
また、後日あらためて焼香と一緒に香典を持って行くのはありですか?

補足日時:2011/12/09 00:06
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q通夜に参列しない場合の香典の渡し方について

ご近所で親しくしている友人のお父様が亡くなられました。
通夜・告別式は明日ですが参列はしません。
ただとても親しくしているのでお香典だけは渡すつもりです。

この場合どのタイミングでどう渡せばいいのでしょうか。
友人の自宅には仏壇はありませんし、ご実家までお供えに行くこともできません。
後日、御仏前を手渡しすれば問題ありませんか?
それとも、自宅に仏壇がなくてもお花代として渡すのがいいのですか?
通夜の前に手渡しで御霊前を渡すのは失礼ですよね?

何卒無知なもので、回答よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

日本の風習では、期限より先に催す事を善しとします。例えば法事は命日より前に行ないます。
しかし、葬儀を前に喪服を用意する事などは死を待っていたかのように捉えるのでしません。香典の札を新札にしないというのもこの考えによります。

行事は地方文化であり、様々な説によって成り立っており、地方によっても異なりますから、“これが正解”というものは無いんです。
近年はいい加減なマナーや常識が横行して何でも共通ルールにしようとしていますが、地域も考えないそれこそが嘘八百だという証拠です。要するに現代は声が大きいものが常識なのです。
なのでここでは理由を述べて解説しますが、地域や個人で違う説を唱えている場合もあります。

私の答えを先に言えば、
通夜告別式の先でも後でも構いませんが、先ではバタバタしている可能性もあり、受け入れる準備も出来ていないかもしれませんから、後の方がいいでしょう。
もし、共通の友人や知人で参列する人が居れば、お願いして預けるのも一つの方法です。
遠い場合は郵送する人もいますが、これは受け取る方によって受け入れる人も居れば嫌悪を顕わにする人もいるので、あまりお勧めできません。
葬儀などが終わった後でも、気持ちを届けるのに支障はありませんが、できれば四十九日前にしましょう。
四十九日(神道は50日)は全ての縁故者にとっても一応の喪明けとなります。喪明けは故人が仏の世界に入って、遺族も悲しみから立ち直る時期ですから、それからお悔やみを言うのは良くないです。
家に仏壇が無くても、ご霊前は仏壇に捧げるのではなく、故人の魂に送るものですから、ご自宅で渡しても本来問題はありません。


通夜は亡くなった日に行なうのが当たり前でした。でも、今では様々な条件で日を改めます。
そのため、仮の通夜を亡くなった日に行なう人もいます。

従って本来通夜の前は生きている訳ですから、通夜以前にご霊前という事は有り得ませんが、仮通夜後であれば支障は無いです。
では葬儀の後ではダメなのかといえばそうでもありません。人の死ばかりは予想もつきませんから、当然全てが亡くなってからになります。従って亡くなった知らせを聞いて急いで行っても葬儀に間にあうかどうかは判りませんから、理屈では後でも構わないという事になります。

ご霊前・ご仏前の使い分けについては様々な説があります。
普通は四十九日によって故人が再生か仏の世界に入るかが決まります。従って四十九日以降がご仏前になります。
でも、浄土宗などでは人が死ねば仏になるのですから、そう考えると死ねばご仏前という事にもなります。
判らない場合は「御香料」「御花料」とします。
中には葬儀の日に初七日、びっくりしたのは四十九日法要まで済ませてしまう人もいました。今の世の中は本当に人ぞれぞれです。
中にはご仏前はお坊さんが引導を渡した、つまり告別式以降だという人もいます。(お坊さんでも)
判らなければ、故人の住んでいた土地の葬儀屋さんや仏具屋さんで聞くのが一番確かです。
でもご仏前を使うのは法要のときと考えた方がいいでしょうね。(理由は上の方に書いてある通りです)

日本の風習では、期限より先に催す事を善しとします。例えば法事は命日より前に行ないます。
しかし、葬儀を前に喪服を用意する事などは死を待っていたかのように捉えるのでしません。香典の札を新札にしないというのもこの考えによります。

行事は地方文化であり、様々な説によって成り立っており、地方によっても異なりますから、“これが正解”というものは無いんです。
近年はいい加減なマナーや常識が横行して何でも共通ルールにしようとしていますが、地域も考えないそれこそが嘘八百だという証拠です。要す...続きを読む

Q通夜開始前に伺うのは失礼?

実家に帰省したところ、中学の同級生の急な訃報が入りました。
明日通夜、二日葬儀とのことですが、実家にも喪服が無く、小さな子もいるため、通夜葬儀に通して参加ができません。

通夜開始前にご焼香だけさせてもらっても良いと、以前聞いた事がある気がするんですが、
通夜葬儀に関してのマナーを調べたところ、
「そもそも通夜は、親族、親しい友人の為のもの」とありました。
よくよく考えると、確かに通夜前に伺うのはご遺族にもご迷惑かと思うのですが、
会場までの距離的にも日程的にも、お通夜前にしか時間がとれません。

でもどうしてもご焼香だけでもさせていただきたい…
やはり、お通夜の開始時間前にご焼香だけ、というのは失礼で、止めた方がいいでしょうか?

Aベストアンサー

お通夜そのものに間に合わないのであれば、その前にご焼香しても良いと思います。
失礼ではありません。以前祖母の時に訪ねてきた人もいました。
ただ家の方に電話して許可終えてから言った方が良いと思います。

後日火葬後に訪ねるより、やはり同級生に一目でも会ってご焼香したいと思います。

Q葬儀の前に、お線香はあげに行くものなのでしょうか。

主人方の、叔父や叔母が亡くなった時、私は葬儀に参列しますが、葬儀の前に、家族そろってなくなったお宅に行き、お線香はあげるものなのでしょうか・・
お付き合いの度合いにもよるとは思いますが、慌しくしている中、家族でお線香をあげにいくというのもどうかと考えるのですが。

葬儀や、お通夜に参列できない場合は前もってお線香をあげに行くとは思いますが・・・
いかがでしょうか・・・

また、主人方の叔父・叔母の葬儀の場合、私は告別式のみで失礼していますが(子どもが帰ってくるというのもありますが)、最後までいるのが普通でしょうか・・・

Aベストアンサー

こればかりは、地域や家ごとの風習にもよるものなので、正解を差し上げることは難しいのですが、この5年間に3人を送った私の経験からお話しをさせていただきます。

あなたにとっては義理ですが、ご主人さまにとっては実の伯叔父母、ご主人のお父さまやお母さまの兄弟姉妹です。
伯叔父母と甥姪は、結構「近い」親族になります。
「喪」は個人を単位としますが、「葬」は家を単位に考えた方がしっくりきますし、式次第などもそれに則ることが多いです(葬儀における席次・焼香順など)。
ですから、できればご主人と同じ、いえ、ご主人が(お仕事など)何らの理由で「できない」という時には「代理」と考えて行動を取られた方がよろしいと思います。

> 葬儀や、お通夜に参列できない場合は前もってお線香をあげに行くとは思いますが・・・
まず、これは親族ではない一般弔問客の場合です。
甥・姪のような近い親族ならば、よほど遠方であったり、入院中であったり、故人と人間関係が悪化してこじれてしまっているような場合でない限り、通夜と葬儀の両方に参列するのが一般的です(私の母が亡くなった際は、フランス在住の私の従妹も来てくれました)。
別の用事とかち合ってしまった場合でも、通夜と葬儀を優先します。
甥・姪ですと、割と早いうちに(故人の兄弟姉妹である親から)訃報の連絡が入ることが多いです。
訃報を伺ったらすぐに(#3さんの仰っている)当座見舞いに伺います。

> お付き合いの度合いにもよるとは思いますが、慌しくしている中、家族でお線香をあげにいくというのもどうかと考えるのですが。
甥は「客」ではありません。親族です。
ご主人がお仕事などの都合ですぐに当座見舞いに伺えないような場合には、(ご主人のお帰りを待って一緒にではなく)ご質問者さまだけでも伺ってお手伝いを申し出る-くらいの配慮が必要な立場だと思います。
ご質問を拝見すると、どうしても「客」としての立場で見ていらっしゃるようなので、その点が気になります。

> 私は告別式のみで失礼していますが(子どもが帰ってくるというのもありますが
私の母の葬儀の際は、たまたま母の甥(にあたる私の従兄弟)たちには幼稚園・保育所に通っているお子さんしかいなかったので、幼稚園や保育所を休ませて参列してくれました。
お子さんからみれば、亡くなったのが(お父さんの伯叔父母ですから)大伯叔父母ということになりますので、学校ですと休ませづらいかもしれませんね。
私の母の場合は、近い親族が火葬場に行っている間、私の従兄弟の奥さんとお子さんたちがお留守番をしていてくれて助かりましたけれど。
事前に葬家にお断りをすれば、告別式のみで失礼してもよろしいかと思います。
最後-となると、最近では葬儀当日に火葬場から帰ってきて、初七日も同日中に行うことが多いので、そうなりますと、精進落としの席まで一括りになってしまいますから。
我が家も、同日中に初七日法要、精進落としを行いましたが、私の家が利用させていただいた葬儀会館の場合は、葬儀の日の朝8時までに精進落としの食事を注文しなければなりませんでした。
ですから、通夜の前後に、親族には葬儀当日の役割をお願いするとともに、精進落としまで参加してもらえるか(家族の場合は何人参加してもらえるか)をうかがいました。

こればかりは、地域や家ごとの風習にもよるものなので、正解を差し上げることは難しいのですが、この5年間に3人を送った私の経験からお話しをさせていただきます。

あなたにとっては義理ですが、ご主人さまにとっては実の伯叔父母、ご主人のお父さまやお母さまの兄弟姉妹です。
伯叔父母と甥姪は、結構「近い」親族になります。
「喪」は個人を単位としますが、「葬」は家を単位に考えた方がしっくりきますし、式次第などもそれに則ることが多いです(葬儀における席次・焼香順など)。
ですから、できれ...続きを読む

Q通夜前日の故人とのお別れ

先日退職したばかりの会社の社長が亡くなりました。
非常にお世話になった方ですし、通夜・告別式とも参列するつもりですが、仏様が自宅に帰ってこられていると聞いたので、お顔を見てお別れしたいと訪問を考えています。
その際、どのような服装がいいのでしょうか?またお花等のお供えものは持っていくべきでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんわ
突然の事で驚かれたでしょうね。
お気持ちはよく分かりますが、お顔を見てお別れをするのはお通夜でも出来ます。通常葬祭場での通夜の後、お顔を見てお別れを…と言う場を設けられる場合もありますから
ご自宅にお戻りになっているとはいえ、身内で通夜を営まれた後葬祭場への移動などご遺族様は、結構お悲しみの中にもバタバタとされている事だと思います。
ましてや、「社長」さまであられた訳ですから・・。
ただ・・お手伝いさせて頂きたいとの申し出は場合によっては喜ばれるかもしれません。
「生前の社長様の恩義に対する最後のおつとめを・・・」とおっしゃれば現実には辞退されるかもしれませんが、質問者様のお気持ちは遺族の方に通じると思いますし、お通夜の後で「お別れさせて下さい」と仰っても「ありがとうございます」とお気持ちを受けて頂ける様に思います。

もし、お手伝いされる場合は、裏方ですので黒いエプロン黒い服装が妥当だと思います。
手土産とは言わず「お目覚まし」と書いてお菓子などを持参します。
仰々しくお悔やみを述べるよりも、黒子として静かに手を合わせて「お目覚まし」をお供えして下さいね。
恐らく沢山のお取引の方などお見えでしょうから・・・。
お茶出しなど手があるのは嬉しいものだと思います。
また、本当のお悲しみはお葬式を済ませてから・・と言います。
暫くしてからお悔やみにご自宅に出向かれるのも一考かもしれません。
合掌申し上げます。

こんばんわ
突然の事で驚かれたでしょうね。
お気持ちはよく分かりますが、お顔を見てお別れをするのはお通夜でも出来ます。通常葬祭場での通夜の後、お顔を見てお別れを…と言う場を設けられる場合もありますから
ご自宅にお戻りになっているとはいえ、身内で通夜を営まれた後葬祭場への移動などご遺族様は、結構お悲しみの中にもバタバタとされている事だと思います。
ましてや、「社長」さまであられた訳ですから・・。
ただ・・お手伝いさせて頂きたいとの申し出は場合によっては喜ばれるかもしれません。...続きを読む

Q印鑑証明の仕訳

印鑑証明を取った時の仕訳は何が正しいでしょうか?
ネットで検索したところ、
租税公課という話も見つかりましたし、
教えてgooでは手数料という話も見つかりました。
租税公課だと、税金なのかという疑問があり、
手数料だと、弥生会計の標準の仕訳にないところから
(支払手数料ならありますが)、
一般的ではない気がします。
何が一番適当なのでしょうか。

Aベストアンサー

消費税非違課税の支払手数料か、公租公課ですが、どちらでもよいと思います。
あえて決めるなら、役所関連の費用というところから
公租公課(租税公課)というところでしょうか。
消費税計算の上からもやりやすいです。科目丸ごと仮払消費税の計算対象外とできますから。

Q親が亡くなった人にかける言葉

先日、私の職場の同僚のお父さんが亡くなりました。
私は、こういう経験がなく、今度彼女に会ったら何て言ったらいいのかわかりません。
もう3日も休んでいるので、何も言わないのもおかしい気がするし。
それとも、触れるべきではないのでしょうか?
今度会ったときに何て言おうかと悩んでいます。
相手を気遣い、かつ不快にさせないことばがあるでしょうか?

Aベストアンサー

こんにちは。 30代オンナです。

私は5年前に実母を癌で亡くしました。
そのときに会社の皆さん、友人たちにいろいろな言葉をかけてもらいました。
「大変だったね」「何かできることあったら言ってね」等々なぐさめやねぎらい(お通夜・お葬式は大変だった!)の言葉はどれもありがたいものでした。

ただ、うちの母親の場合56歳という若さで亡くなったのでそれは私自身とても残念で悲しいことでした。
唯一「まだ、若かったのに残念ね・・」という言葉には正直辛く感じました。

わたくしごとをゴタゴタ並べてしまいましたが、やはり何か言葉をかけてあげたほうが良いと思います。
腫れ物を触るように気をつかっていただいたことがあり逆にこっちが気をつかっちゃったりしたことがありました。

ただ、なくなった直後は葬式やら事務手続き等でとても忙しくて亡くなったんだ実感というものが感じられません。
できたら、落ち着いた頃に(49日が終わり、2か月くらいたったころ)食事にでも誘ってお話を聞いてあげてみてください。

Q通常、亡くなってから通夜まで何日間空くのですか?普通は、亡くなった翌日

通常、亡くなってから通夜まで何日間空くのですか?普通は、亡くなった翌日か当日ですよね?教えて下さい!

Aベストアンサー

> 通常、亡くなってから通夜まで何日間空くのですか?
「通常」はないです。決まっていません。

> 普通は、亡くなった翌日か当日ですよね?
普通は、「葬儀の日の前夜」が「通夜式」です。
普通は、「通夜式」の日について、亡くなった日を基準に考えることはしません。

亡くなった日を基準に「通夜式」の日から決めてしまうと、「通夜式」の日と「葬儀」の日の間に、日にちが開いてしまうことが起こり得るからです。

私の勤務先の方のお母さまが亡くなられた時は、亡くなった日から7日後に「通夜式」があり、その翌日が「葬儀」でした。
火葬場の都合ではなく、お寺さまの都合だったので、「通夜式」の際には、既に荼毘に付されていました。

Qご自宅へお参りに伺うときのお供え物

ご自宅へお参りに伺うときのお供え物


今年1月に亡くなった友人(30代独身)のお参りをしに、ご実家に伺おうと思います。
私の実家と、彼女のご実家が同じ町で、私が今住んでいる所からは飛行機で数時間かかるのですが、私の里帰りに合わせてそちらにも行こうと思います。

2月に一度お参りに伺っており、今回は命日でもなんでもないのですが、行けるときに行きたいと思う次第です。
親御さんも、若くして亡くなった我が子の為に「いつでも来てくれたら嬉しい」と仰っていただいていたので、大丈夫だと思います。


特に決まりはないのだろうと思いますが、何をお供えにもって行こうか、悩んでいます。
・お花 ・お線香 ・日持ちのするお菓子

これくらいしか思い浮かびません。それなら、その中でどれが良いかとか、もっとこういうのはどうだ、とか、何かアドバイスをいただけたらと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

線香はあるだろうから要らないと思われる。
花も場合によっては微妙。

日持ちする&相手家族が食べる事を考えたお菓子が無難じゃないかな。

Qお線香をあげに行く時のマナー

久しぶりに友達に連絡をしたところ友達のお父さんが先月亡くなった事を知らされました。友達は5つ上で、家にも何時かお邪魔した事があります。
家族とも顔見知りで、お父さん以外とは会った事があります。
久しぶりに連絡をした時に知らずに『久しぶり!暇?』と連絡をしたので 友達からは お父さんが亡くなった事と、お昼なら一人なので都合がいい時においで。 との事です。 友達に会いに行く時に是非お線香もあげにいきたいと伝えたところ、来週行く事になりました。

お線香をあげる以外にも何か持っていった方がいいのでしょうか?

その時の服装はどうすればいいのでしょうか?

私は20代前半で 今までお通夜、葬儀等に参列する事もなかったので マナーが分からず困っています。色々調べましたが、私の今の状況ではどうすればいいのか…

よろしくお願いします。

Aベストアンサー

葬儀に行くのではないですよね?
葬儀は終わってますよね?
ならば式服はおかしいですよ。普通の訪問着です。
少なくともジーパンやTシャツはいけませんけどね・・・

気持ちがあるなら「御仏前」としていくらか包んでいくと良いのではないでしょうか?
金額は親しさの度合いにもよりますが、職場の同僚程度なら3~5千円くらい、幼馴染など非常に親しいなら5千~1万円くらいが良いと思います。

訪問したら、ご挨拶をし、「お線香をあげさせてください」と言って、仏壇前に座り、「御仏前」をそっと置いてお参りすれば良いですよ。
「御仏前」には自分の名前を書いておいてね。
お供えとして饅頭とか菓子折を持っていっても良いですよ。

仏壇前に座ったら、遺影か位牌をジッと見て無言でご挨拶をし、ろうそくに火がついていればそれで線香1本に火をつけます。
りうそくに火がついていなければ自分でつけます。
線香に火がついたら、口で吹いたり振ったりしてはいけません。
もう片方の手でサッと風を起こして消します。
線香を立てて、数珠を持った手を合わせてお祈りします。
お祈りが終わったら一礼して、座ったまま向きを変え、ご遺族の方を向いて軽く一礼します。

お祈りは、宗派によって、「なむあみだぶつ」、「なんまいだー」、「なむみょうほうれんげきょう」など色々ありますが、声を出すわけではないので自分の家の宗派流で良いですよ。
ただし、キリスト教の場合は違いますけどね。

葬儀に行くのではないですよね?
葬儀は終わってますよね?
ならば式服はおかしいですよ。普通の訪問着です。
少なくともジーパンやTシャツはいけませんけどね・・・

気持ちがあるなら「御仏前」としていくらか包んでいくと良いのではないでしょうか?
金額は親しさの度合いにもよりますが、職場の同僚程度なら3~5千円くらい、幼馴染など非常に親しいなら5千~1万円くらいが良いと思います。

訪問したら、ご挨拶をし、「お線香をあげさせてください」と言って、仏壇前に座り、「御仏前」をそっと置いてお参...続きを読む


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング