個人事業主の方必見!確定申告のお悩み解決

宜しくお願いします。
三菱パジェロミニ初期ですが、冬場になると、始動時からアクセルを踏んでも進みません。
暖機したり、暫く走ると直ります…
何が原因なんでしょうか?
因みに、エアクリーナーを剥き出しに変えてから発生しました。関係性はあるのですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

エアクリーナーとは直接関係はないと思いますが、個人レベルで点検や対応ができるのはATFの量ぐらいでしょう。

エンジンルームにエンジンオイルとは別にオイルレベルゲージがあるはずですので、引き抜いてレベルの点検を行ってみてはいかがですか。

まず、エンジンが冷えた状態でATFレベルゲージを引き抜き必ずきれいなウエスかペーパータオルでゲージに付いたATFをふき取ります。次にレベルゲージを元の位置まで差込み、レベルを確認しますが、通常レベル確認用の刻印がHOTとCOLDの二種類付けられていますので、COLD側の範囲内にあるかどうかを確かめます。ATFは結構膨張率が大きく、温度によって体積が変化するため、このように温度によって点検する際のメモリが違います。AT内部には非常に微細で複雑な油路が多数ありますので、ゴミなどの混入には十分気をつける必要があるので、レベル点検の際は必ず、きれいなペーパータオルなどを用意しゲージを吹いた際にゴミなどが入らないように注意しましょう。

先にも述べましたがATFは膨張率が大きいので、ATFの量が冷えた状態で少な目の量のときはAT内部での油面が大きく下がり正常に動作できなくなる場合があります。しばらく使用して温まるとATFが膨張し油面が上がり正常動作となるという現象が起こるわけです。このような場合はATFを量を点検することで確認できますが、ATFの量が減っているということは、必ずどこかから漏れているという事なので、漏れの点検と修理も必要になります。ATFの補充だけでは不完全ですので間違いなきように、一時的にATFを補充して使う場合、ATFの種類に注意が必要です。ATFには大きく分けて2種類のグループがあり、この2種類は混ぜて使ってはいけません。

ATF以外のことが原因であるとすると、素人が個人レベルで手に負えるトラブルではありませんので専門家の手にゆだねることをお勧めします。先の方々のお答えにあるAT自体のトラブル以外にも制御系統(電子制御式です)の異常で、ご指摘のような症状が現れる場合もあります。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

細かなアドバイス有り難うございます。
やはりディーラーに点検してもらうのがいいですね…
勉強になりました!

お礼日時:2011/12/19 14:12

文面から推定すると、2速又は3速ホールドではないかと思われます。

フルードレベルも関連はあります。(フルード漏れがなければまず大丈夫)
エアクリは関係ないと思いますが、症状がそのときからなら、元に戻して試してから次のステップへと言うのがトラブルシューティングの基本です。一番多いのがコンピューターの不良次にAT内部のソレノイドバルブ不良。いずれも症状の出ているときに(一晩あずけるとか)ディーラーでチェックして貰えばわかると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

有り難うございます。確かに少しオイル漏れがありますね…
貴重なご意見感謝します。

お礼日時:2011/12/19 14:08

走り出せばマイルドに走り出しますか?


ガクンと走り出しますか?

シフトレバーガチャガチャやってると走り出したりしませんか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

マイルドです。
ただ、この症状時にLに入れると走らなくなります…

お礼日時:2011/12/19 14:10

関係有るかもしれませんし


無いかもしれません。

ただ、カルマン式のLをむき出しにするのは
相当、、、不味いです。
    • good
    • 2
この回答へのお礼

有り難うございました。

お礼日時:2011/12/17 19:46

ATオイルのポンプの可能性大


http://www.atshopm.com/oilpump/index.html
    • good
    • 1

ATのトランスミッションの内部は、非常にたくさんの部品から構成されているので、


質問の内容だけでは故障した部分の特定は難しいのですが、一般的な故障として、
1.AT内部のゴム/プラスティック系のシールが劣化して油圧を保持できない。
 (ATは各部に規定の油圧が掛からないと作動しない⇒温まることでシールが膨張し
  機能がある程度回復する)
2.ATFの劣化(ATFは内部の潤滑だけでなく動力の伝達に必要)
3.トルクコンバータ内部の滑り(暖機して油圧が上がると何とかつながる)
4.各部のクラッチの滑り(ATの内部には多数のクラッチがあります)
などが考えられます。一般的に言って2以外はATのオーバーホールかAT本体の交換になります。

車についての情報をもう少し補足してくれるともうちょっと原因を絞れるんだけれど。
1.車両形式
2.エンジンはターボ付きかなしか
3.年式と走行距離
4.もう少し詳しい故障の内容
このあたりを補足して下さい。

この回答への補足

親切な回答を感謝します。
パジェロミニ
7年式
ターボ
130000キロ
です。他の故障はありません。塗装が剥がれてくる程度です。

補足日時:2011/12/17 19:53
    • good
    • 1

えっと。


それはエンジンのトルクが無くなった性で
ATに力が十分に伝わらないだけでしょう?

もし、始動後に一生懸命アクセル踏んで、
「エンジン回転数がぎゅおーんとあがっているのに前に進まない」のであれば
AT制御やトルコン異常も考えられますが、

たぶん。
エンジン回転数は上がらないでしょう?
=エアクリつけた性で、始動困難になっており、
CPUがめいっぱい燃料を濃くしており、
エンジンドライバビリティが低下しているのです。

三菱のエアフロは渦流数検知の電子レーダーエアフロですので、
エアクリーナー剥き出し=湿式オイルのエアフロを
つけると、非常にエンジンの調子が悪くなります
HKSパワーフローなどは相性最悪です。

もし湿式を謝ってつけてしまったのであれば
エアフロに付いたオイルを洗浄しなければ
渦流を多く検知しすぎて燃料が多く吹かれすぎます。
純正に戻しても直りません。
=そのまま冷間時のドライバビリティ低下したまま。

まあ、ほとんど無意味な車ぶっ壊しアフターパーツです。
=エンジンを弄って必要がある車がつけるパーツです。
=エアフロレスにしているとかね。
    • good
    • 2

ATFの方は良く判らないけど、アクセル踏んでエンジン回転数が上がるのに進まないってことなら、エアクリーナーとは関係ないと思いますよ。

    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qパジェロミニが走行不安定です。

平成12年のパジェロミニに乗っています。
調子がいいときは60キロ走行で4速になるのですが、悪いときはいつまでも3速のような感じで
回転数があがっています。どうしてでしょうか?
また、高速で上り坂の時調子よければスピードも10キロ落ちて90キロくらいで走行できるのですが、
悪いときは30キロくらい落ちて70キロ切ります。
理由がわかりません。
あと、高速の下り坂も時々スピードが80キロ以下に下がるときがあります。
アクセルペダルは同じように踏んでいます。
私も旦那さんもまったくわからないため、どなたか詳しい方教えてください。
もしかしたら修理が必要なのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

8番の方の解答のATコンピューターのトラブルは私も経験中で有る程度室内温度が上がってくれば正常動作になります、しかし、真冬などは30分くらいしないと室内温度も正常に作動するまで上がらないことが多く新品交換を考えたがあまりに高価(8万前後すると聞いています)元々車が安いぼろなので今中古の物を(壊れていても良いので)探していますがそれさえも見つからない。

最後はヤフーなどのオークションしか手はないかも知れませんが今年の秋くらいまでには自分で修理するつもり(中古を探しているのは失敗すると考えてのことです)私の場合温度が低いと3速固定で非常に発進など苦労しますがセレクターを1速の部分に合わせたら2速固定に成ります(これだと燃費は悪いが普通に発進できる)もちろん多少の登り以外では使用しませんが・・・

と、言うことでもし朝などの寒い(室内の温度が10度以下など)時現象が出るのでしたらほぼATコンピューターで決まりだと思う、中古の場合ターボモデルとNAでコンピューターの変速タイミングなど違うのでオークション当たりだと注意してください(ラベルの色で解ります)又取り付けている場所は助手席の左の発煙筒を取り付けている場所の中にありますから物が有れば簡単に交換できます。

8番の方の解答のATコンピューターのトラブルは私も経験中で有る程度室内温度が上がってくれば正常動作になります、しかし、真冬などは30分くらいしないと室内温度も正常に作動するまで上がらないことが多く新品交換を考えたがあまりに高価(8万前後すると聞いています)元々車が安いぼろなので今中古の物を(壊れていても良いので)探していますがそれさえも見つからない。

最後はヤフーなどのオークションしか手はないかも知れませんが今年の秋くらいまでには自分で修理するつもり(中古を探しているのは...続きを読む

QATFの量の入れすぎについて メカニックや車に詳しい方

15年式の110系マークII 2.5ターボに乗るものです。先日こんな事
がありました。車を2月下旬に購入し、距離も4万キロ走っていたので、ATFを交換しました。(自分でカー用品店勤務)最初エンジンをかけた状態で量をチェックしたところ本来の位置より10センチくらい多めにはいっていました。その後10リットル交換をし再度量を確認したところ最初と同じくらいの量だったので、もともと多いいかな?と思ってはいたのですが、とりあえずその量で先日まで走っていました。つい先日車をショップに預ける為、静岡から東京まで高速で行きました。出発前に洗車をしていったのですが、高速クルージングを楽しむ為に140~170キロくらいで飛ばして走行していました。少し休憩と思い、サービスエリアでオーバーヒートを少しでも防ぐ為、ボンネットをあけ冷やそうと思って開けたら少し変な匂いがしました。気にせず後ろを見ると、トランクやら後ろほぼ全面が油が飛んでいたんです。最初はガソリンかと思ったのですが、どうやらATFの匂いがしました。下回りを覗いてみると(車高が低いので真ん中まではよく見えなかったのですが、俗に言う油まみれっぽくマフラーをつたいにじんでる感じがしました。車を買い何度か下回りはみているんですが、いままではそんな事はありませんでした。そこで知識のある方に質問です。ATFの量を入れすぎた場合、ゲージ棒以外に抜ける場所はあるんですか?個人的には普段そんな速度では当然走らないですから、高速走行することで、ATFオイルが膨張し、元々量が多かったからどっかからあふれ出て、マフラーをつたって後ろにでてきたのではないかと?そんなことは考えにくいですか?それともやはりどこか漏っていますかね?教えてください。

15年式の110系マークII 2.5ターボに乗るものです。先日こんな事
がありました。車を2月下旬に購入し、距離も4万キロ走っていたので、ATFを交換しました。(自分でカー用品店勤務)最初エンジンをかけた状態で量をチェックしたところ本来の位置より10センチくらい多めにはいっていました。その後10リットル交換をし再度量を確認したところ最初と同じくらいの量だったので、もともと多いいかな?と思ってはいたのですが、とりあえずその量で先日まで走っていました。つい先日車をショップに預ける為、静岡から...続きを読む

Aベストアンサー

仰る通り、入れすぎたATFがブリーザーから吹いてしまったのです。

ATは密閉されていると思われているようですが、実際は内圧が高くなった時の為に安全弁のようなもの(ブリーザー)が存在します。
今回は、アバウトな交換でATFが多い所に高速を長時間走って内圧が上がりブリーザーから吹いた...と言うことです。
街乗りではそこまで内圧は上がらなかったので吹かなかったのでしょう。

スティックに目盛りが刻んであると思いますが、あれを超えていると今回のような事になります。
ATFの温度により、どのあたりまで入れるかは整備要領書にキチンと書かれていますから厳守しなくてはいけませんよ。
交換した翌日等、車が冷えている状態でもう一度確認するべきでしたね。
マトモに作業している所では、出来るだけ冷えた状態で最終確認をしています。

今回は下周りを洗浄して様子を見てください。
もしかすると、弱っていたシールが破損して漏れが発生している可能性もありますから。

QオプティのATFが少なかったので補充しら動きません。

オートマオイルが不足していたので、お店でオプティ用のATFを購入して補充したらギアが入らなくなりました。まるでクラッチが滑っているような感じです。 車体をギアをNにして車を押してもまるでパーキングに入れているような感じでロックします。オートマが壊れたのでしょうか?ささいなことでもいいのでよろしくお願いします。

Aベストアンサー

文面からすると、不足していたATFを補充する前は正常に走行していて、補充した後に走行不能になったと言う事でしょうか?

ATFを補充したらギアが入らないと言う事ですが、これはセレクトレバーをドライブにしてもガクッとギアが入らず、エンジンの回転ばかり上がると言う事でしょうか?これだけなら、単にATFの不足の様にも思えますが、既に補充した後でしょうし、その状態で車を押しても動かないと言う事から、源因はATFの不足では無いと思うのですが。
複数の要因が重なっている事も考えられますが、確率からしてそう多くは無い筈ですから、まずはどなたかに手伝ってもらって、一人がセレクトレバーを操作し、一人がエンジンルームを見てミッション側のレバーが動いているかの点検をして下さい。問題無く動いているとなると、ミッション本体の故障が高いと言う事です。走行云々の前に、パーキングロックが外れない事から、コントロールワイヤーの折損が怪しいかもしれません。
※コントロールワイヤーの点検
※点検時は、パーキングブレーキをがっちり掛け、ブレーキを踏んだ状態で行ってください。
※ATFの量も再点検して下さい。

失礼かと思いますが、ATFはしっかり補充されましたか?ATFが入っていないくても、同様の症状が考えられるんですが・・・
ATFはミッションの潤滑は勿論、作動油でもあるので、不足するとギアの切り替えも不能になります。例えば、間違ってパワステのリザーブタンクに補充しているとか、意外と良く有る間違いだと思います。
※オプティの年式だと、まだ油圧ポンプでパワステの動力を得ていると思うのですが・・・

ATFの点検
オートバックス http://www.autobacs.com/static_html/techinfo_01/5_98.html

文面からすると、不足していたATFを補充する前は正常に走行していて、補充した後に走行不能になったと言う事でしょうか?

ATFを補充したらギアが入らないと言う事ですが、これはセレクトレバーをドライブにしてもガクッとギアが入らず、エンジンの回転ばかり上がると言う事でしょうか?これだけなら、単にATFの不足の様にも思えますが、既に補充した後でしょうし、その状態で車を押しても動かないと言う事から、源因はATFの不足では無いと思うのですが。
複数の要因が重なっている事も考えられま...続きを読む

QAT車のクラッチ滑りのような現象

レガシイのBH5のE-TUNEIIに乗っています。
中古で買いましたが、初年度登録が平成14年なので10年目です。
走行処理は88000kmです。
ATですが最近運転していて下記現象が起きます。
クラッチ滑りのような感覚です。

(1)4速で40kmくらいで若干坂道になって1300rpm前後に回転が落ちると、突然ブルブル(ガタガタ)という変な振動で、その他と回転が1700くらいまであがります。
回転が低すぎて回転を上げる現象かと思いましたが、今まではブルブルという振動が来る前に変わっていましたが最近はブルブル来るまで変わりません。

(2)高速や一般道で走行中、アクセルを少し踏むと今までは回転数が1000rpmくらい上がって加速していましたが、ここ最近はアクセルを踏んでもターボブースト計はグッと上がりますが、回転は上がりません。加速をしようとしている感覚はありますが回転数が上がらないのでガソリンの無駄使いにかんじます。(マニュアルでいうと、1速上のギアで回転数が下がりアクセルを踏んで少しづつ速度が上がる感じ)
さらにアクセルを踏むとキックダウンみたいにドカンと加速します。

ATですが6月に車検ですがまだ長く乗りたいので、上記の現象で何か情報あれば教えて下さい。
よろしくお願いいたします。

レガシイのBH5のE-TUNEIIに乗っています。
中古で買いましたが、初年度登録が平成14年なので10年目です。
走行処理は88000kmです。
ATですが最近運転していて下記現象が起きます。
クラッチ滑りのような感覚です。

(1)4速で40kmくらいで若干坂道になって1300rpm前後に回転が落ちると、突然ブルブル(ガタガタ)という変な振動で、その他と回転が1700くらいまであがります。
回転が低すぎて回転を上げる現象かと思いましたが、今まではブルブルという振動が来る前に変わっていましたが最近はブルブル来...続きを読む

Aベストアンサー

ATにも、クラッチは、有ります。
ただ、滑るまでは、そうとうに使わないと普通は、起こりません。
ただ、先般書かれてました。
ATFの交換により、改善の見込みは、有ります。
レガシーでしたら、1万円位で、交換可能かと思います。
先に書かれていたように、対外は、これで、OKかと思いますが、
運が悪いと、ATの交換に成ります。
新品は、かなりの値段が掛かります。
もちろん、オーバーホールにしても、結構な覚悟をして置いて下さい。
これまでに、対外は、ATF交換で、可能かと思ってますが、
万が一の話です。
そこで、ダメなら、上記の修理、及び、中古品との交換
どちらかですが、中古品には、当たりはずれが有り、
最悪は、オーバーホールか、リビルトのAT載せ替えと思って下さい。
ポンコツの、マーチ一台買える値段は、します。

ATFで、直ること多いので、直る事祈ってます。

QATの滑り、修理代はどの位でしょうか

H12年登録のステップワゴンです。
走行距離が185,000kmと多走行のため仕方ない面も有るのですが、ここ最近発進時や上り坂でATが滑って回転ばかり上がって上手く動力が伝わらなくなりました。

10万km時にATFを交換した経緯が有ったので、まずはATFを交換しましたが症状は改善しませんでした。
となるとリビルト修理か交換しかなさそうですが、一般的にどの位金額が掛かるのでしょうか。
20万円以上掛かるようでしたら、新車に乗り換えも検討したいと思っています。

Aベストアンサー

経験上でわかる範囲でしか金額しか言えませんが
ステップワゴンって、たしかFFですよね?
そしたら、最低限でも足回りをはずしてエンジンを下ろさないと
作業出来ない可能性が高いので、絶対に10万は超えると思います。
また、リビルドとなると必要な部品や組立工賃を考えても
20万円近くなる可能性は大きいです。

もちろん、車種によりエンジンを下ろさなくても作業できるように
してあるものもありますが、HONDAの車はその辺の評判はあまりよくないので
一度、業者に見積もりを出してもらうことをお勧めします。

Q三菱純正ATFの違い

三菱の純正ATFのダイヤクイーンATF SPIIMとSPIIIは何が違うのでしょうか?

ミニカH42VのATFを交換するのですがSPIIMが見つからずSPIIIで間に合わせてしまおうと思いますが
問題あるのでしょうか?

サービスデーターではSPIIMを使用してくださいと書かれています

Aベストアンサー

No3です。「補足」拝見いたしました。
ATのフィルター交換ですか、記憶の限りですが交換だけですと必要な部品は、
・フィルター本体
・フィルターガスケット(バルブボディーとの間の小さな紙ガスケット)
・オイルパンのガスケット(私の居た時代は少し厚めの紙ガスケット、今はもしかしたらチューブ入りシール剤(液状ガスケット)かもしれませんが)
・できればドレンコックガスケット
以上ではなかったでしょうか。
オイルパンのパッキンはかなり固く張り付いているはずですので、オイルパンをはがすのが大変かもしれません。無理をするとミッションケースのオイルパン取り付け面を傷つけたり、オイルパンを変形させてしまいかねません。
現場に居た当時は、メーカー設定の特殊工具(幅が広いくさび状のものを叩き込んではがしていきます)を使用しておりましたが・・・お気をつけください。
はがしたあとのミッション側とオイルパン側のガスケットの清掃・オイルパンのガスケット取り付け面の平滑度の点検(ゆがんでいるとオイル漏れの原因になります)も必要です。
またAT(特にバルブボディー部)は細かなゴミにも敏感ですので気を付けましょう。(軍手の繊維1本でも不調を起こす恐れがありますよ)
ATFは殆どドレンから抜けるだけしか入れ替えは出来ないでしょう(1~1.5L(2缶)程度)。総量は4L程度だったと思いますが、あとの大半がトルクコンバーターの中ですので抜けません。またラジエーターの下にもATF用オイルクーラーが付いておりその中にもオイルが入っていますがこれも面倒です。
綺麗に総量を入れ替えするにはATFチェンジャーで抜き替えるしかありません。(加圧しながら抜き替えるかエンジンを掛けながら抜き替えるかのふた通りがあったと思います)
ATFを入れる方法・オイルパン取り付けボルトの締め付け手順(順番があります)・締め付けトルクなどなど・・また、ATFを入れるのはオイルゲージの小さな穴からになりますし、オイル量の点検方法もミッションの暖気後(基本的にはある程度走行が必要でしょう)、アイドリング状態のままシフトを一順してからNレンジで、などなど結構な手順や要領がありますよ。
長々と書きましたが、要点だけとなってしまいますので、こまごまとした点は、せっかくディーラーへ行ったのですから、事前にもう一度手順などをメカニックによく聞いてみて確認・メモしてみてはいかがでしょうか、ディーラーのフロントやメカニックと仲良くしておいて損はないはずです。(出来れば整備解説書のこのへんの手順のところのコピーをもらいましょう。いちどお願いしてみてください。仲良くなれば出してくれるかもしれません。整備解説書はマル秘ではなく誰でも買える代物です)
十分に事前レクチャーを受け・準備してから作業されるようお願いいたします。

No3です。「補足」拝見いたしました。
ATのフィルター交換ですか、記憶の限りですが交換だけですと必要な部品は、
・フィルター本体
・フィルターガスケット(バルブボディーとの間の小さな紙ガスケット)
・オイルパンのガスケット(私の居た時代は少し厚めの紙ガスケット、今はもしかしたらチューブ入りシール剤(液状ガスケット)かもしれませんが)
・できればドレンコックガスケット
以上ではなかったでしょうか。
オイルパンのパッキンはかなり固く張り付いているはずですので、オイルパンをはがすのが大変...続きを読む

QATFが壊れて、困っています。

こんばんは

以前、故障の事では、皆さんに、ご親切にお答えいただきまして、ありがとうございました。

またまた、故障しました。

トヨタのデュエット、5年6カ月、65000キロで、初めてATFオイルを,交換してもらいました。

が、その後、スタート時、エンジン音ばかり高くて、スピードが上がらず、40キロ位になると、エンジン音が、やや静かになり、普通にスピードが、でるように、なってしまいました。

おかしいので、交換してもらったスタンドで、音を聞いてもらったところ、ATFエレメントを交換(25000円)すれば直るといわれました。

納得できないので、無料で直してもらいたい、と言ったら、詳しく調べるので、車を預けてもらいたい、というので、預けました。

返事は、Oリングの不具合・ブレキバンド(2つ共、ATFのなかの部品)の緩みが原因で、ATFエレメントでは無く、オイルの交換でも無いと言います。(ATFオイルの交換機を製造している人が、音を聞いたでけで、わかったそうです)

対策としては、ATFをそっくり替えるしかないといいます。
ビビルト品(中古で、整備された物)だと、10万円で、交換します、と言っています。

ATFって、こんなに早く壊れるものなんでしょうか?

ビビルト品で、だいじょうぶなんでしょうか?

またこの車は、3年目から、オイルエレメントの不具合・ライトのスイッチの故障・エンジンマウントの割れと、毎年故障が発生しています。

これって、普通のことなんでしょうか?
異常なんでしょうか?
欠陥車なんでしょうか?

車の機械について、さっぱりわからないので、教えて下さい。

こんばんは

以前、故障の事では、皆さんに、ご親切にお答えいただきまして、ありがとうございました。

またまた、故障しました。

トヨタのデュエット、5年6カ月、65000キロで、初めてATFオイルを,交換してもらいました。

が、その後、スタート時、エンジン音ばかり高くて、スピードが上がらず、40キロ位になると、エンジン音が、やや静かになり、普通にスピードが、でるように、なってしまいました。

おかしいので、交換してもらったスタンドで、音を聞いてもらったところ、ATFエ...続きを読む

Aベストアンサー

元整備士です。
無茶をされましたね、4万km以上ATFの交換経験がない場合はもう交換しない方がいい場合があります。新しいATFの洗浄作用でスラッジ等が剥離、遊離して油圧回路にはいるとATが壊れる危険性が有るからです。
私は、65,000kmだと説明して基本的には断っていました。壊れても責任もてませんので
もしそれでも交換したい場合は、フィルターの同時交換とオイルパンの下の磁石に付着した金属の除去も同時に行います。※かなりの予算が必要ですが・・・

どちらが悪いかというと難しいですが、ここまで放置したユーザー責任だと思いたいです。

#3の解説です。
ATF(Automatic Transmission Fluid)
Fluidがオイルの意味ですのでATFオイルという表現は
オートマチックトランスミッションオイルオイルになります。

QRレンジ(もしくはDレンジ)に入れても動かないって普通おかしくない?

H17年式AZワゴンFX 2WD 4AT 走行距離は8000km弱です。
エンジン始動した後、暖機もそこそこにブレーキを踏み、駐車場の都合上まずバックする必要があるのでRにシフトし、サイドブレーキを解除した後にブレーキを解除しても、車が動かない事があります。インジケータもRが点灯している状態なのに、です。買ってから1年弱で、Rレンジで4回ほど、Dレンジで1回(この時はまずRに入れてバックはできたのに、Dに入れたら進まなかった)の計5回ほど、こういうことがありました。
シフトを入れなおせば動くようになるのですが、つい先日、この現象が発生した時はそのまま放置してみました。7分ほど経った後、やっと動きだしました。その間、アクセルを煽ったりもしたのですが、Nレンジに入っているかのようでした。実は、この時の前に、別件でミッションを新品に載せ変えており、それでも発生したわけです。
ディーラーにこの症状を訴えた所、ATの始動後にはこのような現象が起こる機種もあり、改善する方法はあるかもしれないが解消することは無理と言われました。この現象が起きてもそれは想定内の事であり、機器は正常である、と言うこと? 本当にディーラーの言うとおりなのでしょうか?
私の周りの友人にも尋ねてみましたが、この現象を経験した人はおらず、それはおかしいのでは?という人ばかりでした。ネットで検索しても、同様の例は発見できませんでした。

どなたかこの現象についての説明が出来る方はいらっしゃいませんか? 一応、私も機械系の設計をやっていますので、ある程度の知識は持ち合わせているつもりですが、ATの構造については知識が無く想像もつかないもので…。参考となる文献の紹介でも構いません。
また、同様の現象を体験された方、いらっしゃいませんか? そしてその車に対して、どのように処置してもらったのかを是非教えてください。
よろしくお願いします。

H17年式AZワゴンFX 2WD 4AT 走行距離は8000km弱です。
エンジン始動した後、暖機もそこそこにブレーキを踏み、駐車場の都合上まずバックする必要があるのでRにシフトし、サイドブレーキを解除した後にブレーキを解除しても、車が動かない事があります。インジケータもRが点灯している状態なのに、です。買ってから1年弱で、Rレンジで4回ほど、Dレンジで1回(この時はまずRに入れてバックはできたのに、Dに入れたら進まなかった)の計5回ほど、こういうことがありました。
シフトを入れなおせば動くようになるので...続きを読む

Aベストアンサー

思い当たることは、2つ

1.ロストドライブ
 トルクコンバ-タ内に空気が入っている(動力伝達するオイルが少なく、動力が伝わらない)
 (駐車中、エンジンが停止している間にコンバ-タ内のオイルが、オイルパンへ出てしまう)
 油路の機密性に限界が有り、ある程度しかたない=ディーラーの話はこのことでは

2.オイル量が足りない(オイルポンプでオイルを汲まないため油圧が必要量無い)
(下手な整備に出すと、エンジンオイルのようにエンジンを切って診るところもあるようです)
 ATFの量は N(P)レンジで、アイドリング、レベルゲ-ジの適正の範囲にあるか(冷間と温感があります)
ロストドライブもオイル多目に入れることで、出なくなることがありますが、高速走行で温度が上がるとオイルが噴出すので、多い状態での走行はお勧めしません。

Qオートマオイルの交換について

ここ半年ほど毎日30分ほど高速を通勤で走っていました。
仕事を辞めて最近、停止後の発進にモタつきがあり、安定するまで若干の変速ショックがあります。
ここで調べたらATFの交換というのがひとつにあったのですが、
これも、ずっと交換していない場合は逆にしないほうが良いのですよね。
(浮き出た汚れが詰まって不具合がでるなど。)

車はH8年のパジェロミニ ターボで、買ったときは10万4千キロでした。
3年目で現在は12万キロなのですが、このくらいでも変えない方が良いでしょうか?
あるスタンドでは「今は循環させて交換するので大丈夫ですよ」
と言ってました。

このあいだも、高速で90キロ以上速度が出ない現象が起きて、踏み込んだら
排気温警告灯が点いてしまい、冷ましてから走行。
今は普通に運転する分には問題ないのですが、やはりモタつきとショックは若干感じてます。
来週は引っ越しで長距離を走るため心配で質問させて頂きました。
ATF交換できそうならしてしまいたいでアドバイス頂けたら助かります。

Aベストアンサー

ATF以外の不具合も気になります。
ガソリンスタンドでは 絶対に触らせず ディーラーでトータル点検を受けて下さい。

>ずっと交換していない場合は逆にしないほうが良いのですよね。
(浮き出た汚れが詰まって不具合がでるなど。)
10万kmの中古購入時 ATFは何時交換したのか? なので
今回交換したほうが良いでしょう
万が一ATF交換で 詰まりなど生じたら O/Hの時期と諦めるか
寿命と考え乗り換えるかでしょう
まあ ディーラーへ点検出しして確認のうえ交換作業なので 任せておけば 判断してくれる 大丈夫ではと考えます。

ATFの交換は 専用の機械で はじめ オイルパンの量を抜き
抜いた分を補充し エンジン始動し 抜きと充填を繰り返し隅々まで行き渡ったATFを 極力入れ替える濯ぎ洗い作業を行ったのち 適正量を充填します。

Qパジェロミニ アイドリング不調 H58A

同じような症状で改善された方、対処方法をご存知でしたらよろしくお願いします。

パジェロミニ H58A 4WD ターボ 5MT

タイトルの通り暖機運転完了後のアイドリング不調で困っています

普通は信号等の停止後は多少回転が高く直ぐに900回転に落ちるのですが今現在で1800回転で暫く回った後1200回転ほどまでしか落ちません

また、偶にですが加速中に軽い息付もあります

交換した部品はプラグのみでこの時インタークーラー回りの配管、細いホースなど確認しましたが亀裂等は見られませんでした

一番怪しい?と思っているのはスロットルボディー下の冷却水が回ってくるアイドリング調整部品(名称不明)かな?と思いますがどうでしょうか?

ディーラーに持って行きたいのですが本社、営業所全て撤退してしまった為困っております

Aベストアンサー

いなかのくるまやです。

直感的にはアイドリングを制御する「ISCV」ユニット不良ですかね。
まずは、そこにターゲットを絞って交換してみたら・・・。
とはいえ、三菱ディーラー撤退ですか~。
私んとこの田舎でもずいぶんと長年営業してきていた三菱ディーラーが
あっさり「スズキ・アリーナ」に変身してましたけど、看板は変われど
相変わらず三菱車のアフターサービスは継続してやってますよ。

表の看板がスズキ・アリーナなのでそのことを大々的にアピール
してはいませんが、ちゃんとアフターサービス継続してます。

おそらく、お住まいの地区でも「三菱死して死なずなお店」がどこかに
あると思いますけど、不明な場合は三菱お客様相談室にTELってのも。

また、ISCVの交換程度なら町工場でも対応してくれるはずです。

そんなに高いパーツでもないので、ここはひとつトライしてみては・・。


人気Q&Aランキング