最新閲覧日:

バーナード、サイモン両者の生い立ち、経歴、近代経営学への影響について教えてください。

A 回答 (2件)

チェスター.I.バーナードは、偉大なアメリカの経営学者で、近代組織論の祖と言われていますが、1938年出版の彼の名著、『経営者の役割』(ダイヤモンド社)を今読んでみても、新鮮で示唆に富んでいることにおどかされます。

組織論を勉強する人のバイブルとなるわけです。

といっても彼の生涯の殆どは、経営者業でした。(40年間、アメリカ電話電信会社に勤務)ハーバード大学で学びましたが、学士もとらずに中退しています。経歴等の詳細はここに書き切れませんが、前述著書(いまでも本屋においてあります)の「三十周年記念版への序言」にくわしく載ってます。

かれの業績はサイモンに流れていきました。(下のURLご参照)

参考URL:http://redpine.b.kobe-u.ac.jp/home/yam/manage6.h …
    • good
    • 1
この回答へのお礼

URLまで教えていただき、ありがとうございます。
さっそく本を探してみたいと思います。

お礼日時:2001/05/08 20:45

ハーバート・A・サイモン(ノーベル経済学賞受賞の米経済学者)2001/2/9、84歳

http://scosv.sankei.co.jp/databox/paper/0102/11/ …

ハーバート・A・サイモン氏(ノーベル経済学賞受賞の米経済学者)米紙ニューヨーク・タイムズによると、9日、ピッツバーグの病院で死去、84歳。

米ウィスコンシン州出身。1943年にシカゴ大で博士号を取得した後、イリノイ工科大教授などを経て49年にカーネギーメロン大経営学部教授。

人工知能研究、心理学、政治学など幅広い分野で研究活動を繰り広げ、経済組織内部の意思決定過程に関する研究で78年、ノーベル経済学賞を受賞した。(共同)

参考URL:http://scosv.sankei.co.jp/databox/paper/0102/11/ …
    • good
    • 0
この回答へのお礼

URLまで教えていただき、ありがとうございます。
さっそく参考にさせていただきます。

お礼日時:2001/05/08 20:47

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード


人気Q&Aランキング

おすすめ情報