プロが教えるわが家の防犯対策術!

私の第一言語はスペイン語です、勉強すればスペイン語に一番似ているポルトガル語が喋れるようになると思って勉強を始めたんですが、思ってたよりも発音が全然違ってて、まだ聞き取れるようになっていません。

書き言葉はとても似てますが発音はかなり違っててスラングなどが入って早口で喋れば何を言っているのかさっぱりです。

スペイン語からポルトガル語を学ぶときの勉強のコツを調べてたら、
日本人はスペイン語とポルトガル語は標準語と関西弁ほどの違いだと言っている人が多いです。あとスペイン語がしゃべれる人はポルトガル語が出来ても自慢するようなことではないなど…

これはなぜですか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (5件)

今ブラジルでブラジルポルトガル語を勉強しています。

私にとっても聞き取りはとても難しいし、喋るときの発音もブラジルポルトガル語よりもスペイン語風ポルトガル語になってしまいます。この理由はポルトガル語の母音の多さによるのかなと思います。ポルトガル語の母音は7つあり、それに鼻母音も加わるので、スペイン語と似ている単語でも違う単語のように聞こえてしまうということが私には頻繁に起こっています。 ですから、まずはポルトガル語特有の単語を覚え、そしてこの母音に慣れることがポルトガル語を上達させる早道ではないでしょうか。

スペイン語(スペインのカスティーリャ地方で使われていた言語なのでカスティーリャ語とも呼びます)とポルトガル語の起源はラテン語でロマンス諸語といわれています。 他にもイタリア語、フランス語、ルーマニア語を代表に、ロマンシュ語、カタルーニャ語、ガリシア語、オック語、アラン語などがラテン語起源のロマンス諸語の仲間です。これらの言語は親が一緒なのでいわば兄弟です。
それぞれ特徴があり、たとえばスペイン語(カスティーリャ語)は700年代アラブ人による支配の下でアラビア語起源の単語が流入、今でも数多くのアラビア語起源の単語が残っています。(単語の2~3割)
ポルトガル語にも影響はあったようですが、それほどでもなく、よりラテン語に近い単語が多い気もします。フランス語の場合はノルマン諸語の影響を受けていて、また独特の鼻母音の発達によりかなりの違いがあります。ルーマニア語もその辺りの言語の影響が強く独特の発達を遂げていると聴いたことがあります。

ポルトガル語の起源ですが、私はスペインの北西にあるガリシア地方で話されるガリシア語が起源だと聴いたことがあります。 
もともとイベリア半島にはイベリア人とケルト人が住んでいましたが、その後ローマ人が進出、約500年の間ローマ人の属州としての日々を送り、その中でラテン語を独自に進化させました。そしてゲルマン人大移動を機に半島は400年頃から西ゴート王国に支配されます。その後アフリカ経由でアラブ人が進出、700年くらいにアラブ人による国家、後ウマイヤ朝が建国されました。そして1494年のカスティーリャ王国支配までその王朝が続きます。ですが、半島のラテン系の人々は西ゴート、後ウマイヤ朝時代においてもスペイン北部で独自に生活していたのです。その中で言語は独自の進化を遂げました。そこでできたのが、ガリシア語、アストゥリアス語、カスティーリャ語、アラゴン語、カタルーニャ語などです。加えてもともとあった言語バスク語も滅びずに残っていました。

そして力を蓄えたラテン系の国々はカスティーリャ王国を中心に南下を始め、ついに1494年、カスティーリャ王国が後ウマイヤ朝を攻略したのです。その過程で、スペイン北部の言語たちも一緒に南下。その中で国が大きかったカスティーリャ王国とアラゴン王国の言語は大きな勢力となります。そしてカスティーリャ王国は世界初のラテン語以外の文法書として「スペイン語文法」という本を完成させ、スペイン語の正文法を完成させました。

上記の過程で、スペインのガリシア語も南下したのですが、途中色々変化し、ポルトガルに入るときに”別の言語”となりました。というのも、現在でもガリシア語とポルトガル語は同一言語で、その差は方言のようなものだと言われています。ですがガリシア人、ポルトガル人はそれぞれ独自の言語だと言い張っているのです。ガリシア語はスペイン北西部で発祥していて、近隣で発祥したカスティーリャ語ととてもよく似ています。またガリシア語とカスティーリャ語もその歴史のなかで互いに影響を与えていました。ですから、カスティーリャ語とポルトガル語も良く似ています。(ガリシア語はカスティーリャ語とポルトガル語の中間みたいな感じです)



日本語は、明治時代に東京方言を標準語と定めました。というのも江戸時代以降、その地方の言葉の威信が高まっていたためです。それ以前は京言葉の威信が高かったのです。日本語ですが、残されている日本語での書物が700年代に作られているので、あまり多くのことはわかっていません。また、方言で記された書物もあまりない可能性もあり、方言研究もたぶん難しいと思います。ですが、方言は独特の発展を遂げており、ラテン系言語間の差より大きな差があったりもします。


とにかくラテン系の言語はすべて似ており、ひとつ勉強すれば他のも理解しやすいです。その点においてスペイン語とポルトガル語の違いは関西弁と東京弁の違いみたいなものです。それは、フランス語、イタリア語なども共通です。ですが日本の方言は、たとえば関西弁を喋れるからといって東北弁が喋れないように、努力なしに習得は難しい。ポルトガル語、スペイン語もまた然り。両方できて自慢できないとはならないと思います。
そう記述している人はきっとどっちも勉強したことない人であるか、あるいはどっちも習得した人の謙遜ではないでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

詳しく説明してくれてありがとうございます。
勉強のコツも教えてくれてありがとうございます。

お礼日時:2012/02/11 14:25

ポルトガル語の由来...スペインのとある地方の方言だった。



中世ヨーロッパ、ムーア人が700年間イベリア半島に居座った後、十字軍のレコンキスタによって追放した(?)んでしたっけ?
かの国(当時の国名はレオン・イ・カスチーヤ(ライオンと城))国の王はレコンキスタに貢献した重鎮(貴族で甥だったか)に褒美として広大な領地を与えた。
ところがその若い甥がメキメキと頭角を現し、王が脅威を感じるようになった。
王は甥を討伐のために軍を派遣したが、逆に甥の軍勢に撃退されて領地を失う羽目に...^^; どっかの国の歴史そのまんまだね。
甥が王から授かった領地と奪い取った領地が現在のポルトガルの始まり(当然現在よっりさらに小さかった)、でその地域で話されていた方言がポルトガル語のルーツだそうな。
どこまで、真実かは定かに非ずなので話半分として捉えられたし。

蛇足だけれど、我々が現在スペイン語として認識している言語は本来カスチーヤ(ジャ?)語でして、バルセローナがあるカタロニア州では現在でも普通にカタロニア語が使用されている。地元民は日常カタロニア語を使い、ビジターとはカスチーヤ語で応対するそうな。

ちなみに拙者個人は南米諸国のスペイン語は聞いていてなんとなく意味は解るが、本家スペインのスペイン語話者の言っていることはほとんど聞き取れなかった。
ましてやカタロニア語のテープを聞いてもポルトガル語と同じ根っこから派生した言語とは思えないほどチンプンカンプンであった。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

私は南米のスペイン語は出来すがあなたと同じように、スペインのスペイン語は少し聞き取りにくいです。
ですが、プエルトリコ人のスペイン語はもっと聞き取りにくいです。

お礼日時:2012/02/11 14:30

ポルトガル(ブラジル)語の通訳です。



>私の第一言語はスペイン語です、

貴方の第一言語ではなくて第一外国語でしょう。第一言語なら、すなわちスペイン語のネイティブならポルトガル語は話せなくても聞き取りはかなりできます。とくに書いた物を読むことはできます。

>日本人はスペイン語とポルトガル語は標準語と関西弁ほどの違いだと言っている人が多いです。あとスペイン語がしゃべれる人はポルトガル語が出来ても自慢するようなことではないなど…これはなぜですか?

そりゃ、やはり似ているからです。書いたものを読めばかなりわかります。スラングについては仰る通り、慣れないとさっぱりわかりません。言語というものは使っている間にどんどん変化しますから日常会話はスラングが出てきたりしてわかりにくいです。その点、学術用語などは変化しませんのでどこの国の言葉でもラテン系であればそっくりなのでよくわかります。

この回答への補足

ネイティブで聞き取れない人と聞き取れる人がいます。
新聞は読めますが発音が違いすぎるので聞き取れません。
ゆっくりしゃべると聞き取れます。

補足日時:2012/02/11 14:22
    • good
    • 0
この回答へのお礼

some daqui の意味を教えてくれた方ですよね。
また回答してくれてありがとうございます。

お礼日時:2012/02/11 14:32

スペイン語圏の人にポルトガル語で話しかけても、なんとなく通じてしまうことが多いと思います。



東京弁と大阪弁は、外国の方からしたら似ているけど別言語と認識されるかもしれません。
津軽弁と博多弁では、なおのこと。

日本語と韓国語も、よく似ています。双方、国語に加え漢語を取りこんだ言語という共通点があるからかもしれませんが、なんとなく通じてしまうこともあります。

言語は、どこから別言語とするかは非常に難しい問題です。
それは、民族がどこから別民族とするか、と似たような問題です。

今のところ、ポルトガル語とスペイン語は別の言語で、ポルトガルとスペインは別の国ということになっていますが、
ヨーロッパのあの地域でポルトガル語の国がポルトガル、あとはスペイン語でスペイン、
南アメリカでポルトガル語の国がブラジル、あとはスペイン語、
というような感じなので、境界は曖昧かもしれません。
琉球弁(沖縄弁)を方言とするか別言語(琉球語)とするかは、諸説あるそうですね。
    • good
    • 0

同じ日本語のはずなのに関西弁はスラング入ったマシンガントークで東京の人には関西人がいったい何を言っているのか全然わからない。


でも同じ日本語なんだからできても全然自慢にはならない。
スラングの癖さえ覚えてしまえば基本は似ているのだからすぐに喋れるようになるはず。

ということなんじゃないでしょうか?
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスペイン語とポルトガル語どちらが世界で広く使われていますか?(使えたら便利)

題目の2ヶ国語は似ていると聞いた事があるのですが、どちらかが話せると、何となく通じたりするものなのでしょうか?

ブラジルはポルトガル語、スペインがスペイン語くらいしかわかりませんが、旅をするのに語学が少しでも話せるように勉強したいと思います。

どちらがお薦めでしょうか?

語学にお詳しい方、どちらが易しい、便利など教えていただけたらお願いしたいです。
ヨロシクお願いします。

Aベストアンサー

より通用度が広いのはその2つなら圧倒的にスペイン語です。
中南米のほとんどの国で話されていて、現在ではアメリカでもスペイン語人口が増えています。

ポルトガル語とスペイン語は似てはいますが発音の仕方が異なるため、われわれ外国人にとってはスペイン語がわかってもポルトガル語はほとんど聞き取れないです。
スペイン語がわかる人ならむしろイタリア語のほうがなんとなく何のことを言ってるかわかることが多いです。

また、スペイン語は日本語と母音が似ているので、われわれ日本人にはもっとも発音が習得しやすい言語です。
スペイン国内では地方によって癖があり、聞き取りにくいこともありますが、中南米のスペイン語はその癖をなくしたような感じで、かなり聞き取りやすいです。

英語のヒアリングで苦労している人でも、スペイン語をネイティブスピーカーから教われば、かなりのスピードで理解ができるようになるでしょう。
また、日本人が英語(やほかのヨーロッパ言語)を話しても「カタカナ英語」の癖が抜けないですが、スペイン語をちょっとでも話すと、スペイン語圏の人にはとても理解がしやすく、日本人はなんでこんなにスペイン語がうまいんだといわれたりします。

より通用度が広いのはその2つなら圧倒的にスペイン語です。
中南米のほとんどの国で話されていて、現在ではアメリカでもスペイン語人口が増えています。

ポルトガル語とスペイン語は似てはいますが発音の仕方が異なるため、われわれ外国人にとってはスペイン語がわかってもポルトガル語はほとんど聞き取れないです。
スペイン語がわかる人ならむしろイタリア語のほうがなんとなく何のことを言ってるかわかることが多いです。

また、スペイン語は日本語と母音が似ているので、われわれ日本人にはもっとも...続きを読む

Q英語の次はフランス語、スペイン語、中国語?

英語の次に学習する言語としてフランス語,スペイン語,中国語のどれかにしようと思います。

「英語が通じない国でも使用される」、「多くの国で通用する」、「今後発展あるいは長く重要視される」

で選ぶとどのようになりますか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

文句なしにスペイン語でしょう。日本人にとって、スペイン語は日本人にとって聞き取りやすい言葉ですから、すぐにマネができます。マネができるから、会話が苦労せずに短期でできるようになる。そして、ある程度は話せるようになる(半年くらい)と読み方とか、書き方、文法とかに。絶対にわけの分からん文法などから入らないことです。わたしは、日本語の文法はまるっきしダメでも、ちゃんと話せるし、書くこともできます。言葉なんて、話していて、口がもつれるように感じれば、文法的に間違っている思っています。

それに、スペイン語が話せるようになると、フランス語も、イタリア語も、ポルトガル語も自然に分かるようになります。それに、より高度な理解力英語も。

中国語は、話す人間が多いと思われていますが、同じ中国語でも、地域が異なるとまったく通じない言葉なので。今、香港とシンガポールの中国人がいますが、ほんとうに簡単なことでも、通じていないようです。北京、上海、広東、ベトナム、シンガポールしか知らないですが、まったく違った言葉を使っており、彼ら同士で中国を話しても、まったく理解し合っていないです。

スペイン語でも、使われている範囲が広大なために、地域毎に方言化されていますが、おたがいに言葉の理解はあります。それに、中南米といえば経済的に破綻したデタラメな国とのイメージが日本人にありますが、借金王国のメキシコは、すでに世界銀行に前倒しで借金を返済、無借金国に、ブラジルももう一息ってとこまで。今後の発展国に間違いましです。アルゼンチンは、人種主義が激しく、日本人などクソ食らえで相手にもしてもらえませんが。

文句なしにスペイン語でしょう。日本人にとって、スペイン語は日本人にとって聞き取りやすい言葉ですから、すぐにマネができます。マネができるから、会話が苦労せずに短期でできるようになる。そして、ある程度は話せるようになる(半年くらい)と読み方とか、書き方、文法とかに。絶対にわけの分からん文法などから入らないことです。わたしは、日本語の文法はまるっきしダメでも、ちゃんと話せるし、書くこともできます。言葉なんて、話していて、口がもつれるように感じれば、文法的に間違っている思っていま...続きを読む

Qスペインとポルトガルの関係???

日本史専門なので、世界史は少ししか知識しかありません(^_^;)

「スペイン」と「ポルトガル」について質問です。

1、スペインとポルトガルは日本と韓国のように仲が悪いのでしょうか?それとも中国と朝鮮のように属国関係なのでしょうか?

2、スペインとポルトガルは昔、1つの国だった時期があったのでしょうか?

3、スペインとポルトガルの建国経緯を教えて下さい。

4、スペインとポルトガルの違いに関するトリビアがあれば教えて下さい。


誰か世界史の理解が深い方がいれば、ぜひご教授下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

スペインとポルトガルとの関係ですが、兄弟のような関係にあります。
仲良くしたり、戦争をしたりしますが、相互に相手を追い詰めるような事はしません。
戦争でも、自分の主張が通れば、すぐに和解となります。
しばしば戦争を行うため、相互の王家は、相手国の王家から、妻を求める事が多々ありました。

ポルトガルは、現在のスペインの前身であるレオン・カスティジャ王国の一部、ポルトガル伯領として建国されています。
その後王号を認められ、ポルトガル王国となります。
その後1580年ポルトガルの王家の直系が絶えたため、スペイン王フェリペ2世が、母がポルトガル王家出身を理由に、ポルトガル王位を兼ねます。
フェリペ4世の時代に、ポルトガルで、反スペインの反乱が起こり、1640年外交的手回しにより、スペインからの独立に成功します。

スペインの元となるのは、西ゴート王国がイスラム軍に滅ぼされた時に、西ゴートの貴族ペラージョの亡命政権が、718年アストリアス王国を建国したのが始まりです。
子の他にも、バスク地方には、バスク人のナバラ王国、カタルーニャには、スペイン辺境伯領があり、イスラム軍と対峙していました。
アストリアス王国は、現在のレオン周辺を手に入れ、914年レオン・アストリアス王国となります。
その後ナバラ王国が強大化し、レオン王国との国境地帯を奪い、そこに1035年カスティジャ王国を設立します。
この当時、スペイン辺境伯は、カタルーニャ伯となっています。
1037年カスティジャとレオンは、同君連合の形で統一されます。(実質的にカスティジャによるレオン王国の併合)
1469年カスティジャ王女イサベルとナバラから分離し、カタルーニャを併合したアラゴン王国王子フェルナンドとの結婚により、1479年ヒスパニア王国(スペイン王国)が成立します。
1492年イスセム最後の拠点グラナダを併合し、1512年ナバラを併合し、現在に至っています。

ポルトガルは、ナバラ王国のサンチョ大王が、997年ポルトをイスラム軍から奪回した事に端を発します。
1139年ポルトガル伯アルフォンソが王位を認められて、ポルトガル王国が設立されます。
その後ポルトガルは、1147年リスボンを占領しそこに首都を移して現在に至っています。

スペインで有名なワインは、辛口のヘレス(シェリー酒)ですが、ポルトガルでの有名ワインは、ポルト(ポート)ワインです。
スペイン人とポルトガル人は、通訳不要で、自由に意志交換ができるくらい似ていることばです。

スペインとポルトガルとの関係ですが、兄弟のような関係にあります。
仲良くしたり、戦争をしたりしますが、相互に相手を追い詰めるような事はしません。
戦争でも、自分の主張が通れば、すぐに和解となります。
しばしば戦争を行うため、相互の王家は、相手国の王家から、妻を求める事が多々ありました。

ポルトガルは、現在のスペインの前身であるレオン・カスティジャ王国の一部、ポルトガル伯領として建国されています。
その後王号を認められ、ポルトガル王国となります。
その後1580年ポルトガ...続きを読む

Q日本人が習得しやすい外国語は??

日本語を母国語とする人が第二外国語として習得しやすい言語は何ですか??
例えば、文法的・発音的・文字的側面などから日本語に似ている言語はあるのでしょうか??
お礼は必ずします。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは^^

日本人が習得しやすい外国語でやはり一番なのは韓国語、次点で中国語になると思います。
韓国語においては、文法がまず日本語とほぼ同じであり、『は』や『が』、『を』等の助詞も同じくあります。例えば

・ナ ヌン イルボンサラム イムニダ
 私 は  日本人     です
・ナ ヌン ハッキョ エソ ハングゴ ルル ゴンブ ハムニダ
 私 は  学校   で  韓国語  を  勉強  します

日本語の文法がそのまんま当てはまりますよね?そして今でこそ韓国はもちろん北朝鮮でも漢字はあまり使用されてませんが、かつては日本と同じく漢字とハングルを混ぜた状態で使ってました。ですので上記の例をとりますと

・ナヌン 日本サラム イムニダ
・ナヌン 学校エソ 韓国語ルル 工夫ハムニダ

のようになります。(ここでハングル使うと文字化けするのでカタカナで許してください…)日本語の漢字語と韓国語の漢字語の大体70%は共通していますので、発音さえクリアすれば単語を覚えるのは簡単です。ただ、固有語に関しては違いがあまりにも大きいので覚えるのは大変ですが…。

そして中国語に関してですが、なんといっても漢字の存在が大きいので他の国の人が中国語を覚えるよりは大分楽です。日常単語も50%は共通しているとのことですし…。ですので、全く勉強したこと無い人でもなんとなく意味はわかります。例えば上記の例をとって

・我是日本人。
・我在学校学習韓語(朝語)。

日本語の訳を入れなくても何となく意味がわかりますよね?ただ、韓国語の時とは違い、中国語は文法が日本語とは全然違い、また同じ発音でも意味が全く違ったりするなど発音が比較的難しい言語であるため、そういう意味においては難しいと思います。

長文駄文失礼しました^^;

こんにちは^^

日本人が習得しやすい外国語でやはり一番なのは韓国語、次点で中国語になると思います。
韓国語においては、文法がまず日本語とほぼ同じであり、『は』や『が』、『を』等の助詞も同じくあります。例えば

・ナ ヌン イルボンサラム イムニダ
 私 は  日本人     です
・ナ ヌン ハッキョ エソ ハングゴ ルル ゴンブ ハムニダ
 私 は  学校   で  韓国語  を  勉強  します

日本語の文法がそのまんま当てはまりますよね?そして今でこそ韓国はもち...続きを読む

Qスペイン語とポルトガル語 最も大きな違いや難しいと感じたことは何ですか

スペイン語とポルトガル語についての質問です。

最近ポルトガル語(ブラジル)を始めました。
教材は日本語で書かれたものを使用していますが、もともとスペイン語を習っているので、
比較しながら学んでます。

こちらのカテでも両者の違いについての質問がありますが、
回答に書かれている内容は実際にやってみて理解できました。
文法も動詞の活用の仕方も今の段階ではかなり似ているように感じますので
とてもすんなり入っていけました。
まだ入門レベルですので、両者は方言の違い程度にしか感じません。

そこで、スペイン語・ポルトガル語の学習を中級以上(一通りの文法と、多少の会話が出来る方)と思われる方、
実際にスペイン語・ポルトガル語を使っている方に質問ですが、
具体的に両者の最も大きな違いや最も難しいと感じたことは何か、
回答者さまが感じたこと・思ったことを教えていただけませんか。

Aベストアンサー

スペイン語学習者です。 ポルトガル語は現在も勉強中ですが、両者の違いは学習レベルに応じて変わるので今は質問者が感じている程度でよいのでは・・・と思います。 

私が違いを意識するのは次の4点です。
1)発音:ポルトガル本国とブラジルの発音に差があるのでスペイン語とは勿論差があります。ひとつあげるとすればスペイン語には鼻母音がないことです。
2)ser、estarの使用範囲は基本的に同じですが、ポルトガル語ではserに動かないものの位置を表す使い方があります。
?Do'nde esta' la estacio'n?→Onde e' a estac,a~o?
3) 前置詞+定冠詞
スペイン語はalとdelの二種類のみ。
ポル語は定冠詞、不定詞ともに単数、複数、男性形、女性形と変化するので複雑です。 例:na, no,nas, nos, do, da, dos, das,etc.
4)人称不定法
もっともポル語らしい用法です。これは口語、文語、人称、個人の好みなどに影響を受けるので徐々に覚えるしかない使用法です。
スペイン語では不定法は変化ぜずal salir, favor de mandarのようになりますが、ポル語ではao sairem de casa, viram o pau(antes de que
salieran de casa, vieron al padre)と不思議なしかし便利な表現が出来ます。

言語学習では複雑(古い)な言語から簡易な言語を学ぶ方が易しいと思います。 日本語は韓国人にとって比較的易しく、韓国語は日本人にとって難しいように、スペイン語からポル語に入るとむづかしく感じます。

スペイン語学習者です。 ポルトガル語は現在も勉強中ですが、両者の違いは学習レベルに応じて変わるので今は質問者が感じている程度でよいのでは・・・と思います。 

私が違いを意識するのは次の4点です。
1)発音:ポルトガル本国とブラジルの発音に差があるのでスペイン語とは勿論差があります。ひとつあげるとすればスペイン語には鼻母音がないことです。
2)ser、estarの使用範囲は基本的に同じですが、ポルトガル語ではserに動かないものの位置を表す使い方があります。
?Do'nde esta' la estaci...続きを読む

Q勉強するならポルトガル語?スペイン語?

今ポルトガル語かスペイン語を独学で学ぼうかと考えています。
2つとも勉強する余裕はないので、どちらか一方だけと考えているのですがどちらにするべきか決められずにいます。

ポルトガル語は以前少しだけ(挨拶とか物の名前とか本当に基本的なこと)習ったことがあってそれから興味を持ちはじめました。
なのでポルトガル語を勉強しようかなと思っていたのですが、まわりの人にそのことを話すと「スペイン語のほうが広く使われているからスペイン語のほうがいいんじゃない?」といわれることが多いです。
またそこで気持ちが揺らいでしまいました(笑)確かにスペイン語のほうが話されている地域も多いし、勉強しがいがありそう・・・と。

そこで質問です。興味があるポルトガル語か勉強しがいのあるスペイン語かどちらを勉強すべきだと思いますか。

最終的に決めるのは自分しかないのですが、みなさんの意見をお聞かせください。

つたない文章ですみません。

Aベストアンサー

普通なら、よりメジャーであるスペイン語となりますが、以下の理由によりポルトガル語も悪くありません。迷うところですね。

1.2000年以来、ブラジルの発展が目覚ましい。2014年にワールドカップ、2016年にオリンピック。ハイテク農業の大躍進。アルコール産業で世界をリード。海底油田の発見によりエネルギーが安泰になったこと。

2.ブラジルには日本人移住者が数多くいて友好国であること。日本にはブラジル人出稼ぎ者がいて国内でもポルトガル語のニーズがある。

3.それに較べてアルゼンチンは低迷しています。スペインも。スペイン語圏はいまいち元気がありません。

Qスペイン語とポルトガル語

スペイン語とポルトガル語はよく似ていますよね。
スペインとポルトガルは似たような歴史を辿ったし、
文化や風俗も似通っていますよね。そして、それらの言語が話されている地域も、イベリア半島と中南米で隣接していますよね。

そこで質問です。

(1)スペイン語とポルトガル語はどういうところが違いますか?

(2)ポルトガル語の需要はどういうところであるでしょうか?

(3)スペイン語をマスターしてからスペイン語でポルトガル語を学習するのはどうでしょうか?

Aベストアンサー

ポルトガル語とスペイン語はイベリア半島のローマ帝国の植民地で話された俗ラテン語をベースとしているので非常に似ています。711年、イベリア半島侵略を始めたイスラム教徒は当時の西ゴート王国を4年という短期間で完全支配下に置きました。しかし、イベリア半島の北西部で始まったレコンキスタ(国土回復戦)によりこの地方のイスラム教徒は早い時点で追放されています。ポルトガルはこうして現在のスペイン統一国家誕生よりも早く12世紀に独立したため、当時北西部で話されていたガリシア語がベースとなっています。ポルトガル語はカスティリャ語と同じようにイベリア半島の地方語だったガリシア語がポルトガルの独立により分離され独特の発達を遂げて出来上がった言葉です。

1.違いがあるようでないのが両語ですから説明は難しくなります。

鼻濁音があること。エニェ(N^)を二語で書き表すこと(nh), 綴りの違い(西/ポ doctor/doutor, profesor/professor、playa/praia)文法的な細かい違いはいろいろあります。定冠詞 a/la, o/el, 前置詞+定冠詞が一体表記されるのはスペイン語ではal(a+el) del(de+el)の二語に対しポル語はイタリア語に負けないくらいたくさんあります。no(en+o)na(en+a)
pelo(por+o) da(de+a),do(de+o)etc.

2.ポルトガル語の需要
話者の数としては西欧語としては英語、スペイン語の次に来るメジャーな言語です。地域的にはアンゴラ、カーボ・ベルデ、ギニアビサウ、モザンビーク、サントメ・プリンシペ、ブラジル、東ティモールと本国の
8カ国の公用語です。しかし、日本人にとっては現地に
行かない限りマイナーな言語であり、需要は通訳、翻訳、一部の貿易会社などに限られるでしょう。

3.学ぶ順序
ポルトガル語の方が文法的に古い形を残しており発音も鼻濁音があり、本国とブラジルの発音が微妙に違うことなどから、ポル語→スペイン語の方が易しいと思います。しかし、学習環境やニーズにも左右されるので一概に言い切れない面があります。日本でより多くのチャンス(言語環境がよい)があるのはスペイン語です。

ポルトガル語とスペイン語はイベリア半島のローマ帝国の植民地で話された俗ラテン語をベースとしているので非常に似ています。711年、イベリア半島侵略を始めたイスラム教徒は当時の西ゴート王国を4年という短期間で完全支配下に置きました。しかし、イベリア半島の北西部で始まったレコンキスタ(国土回復戦)によりこの地方のイスラム教徒は早い時点で追放されています。ポルトガルはこうして現在のスペイン統一国家誕生よりも早く12世紀に独立したため、当時北西部で話されていたガリシア語がベースとなってい...続きを読む

Q日本人訛りの英語はネイティブにとってどのぐらい聞き取り難いか。

私からしてみると、インド人訛りとか、南部の黒人訛りの英語の方がよっぽど聞き取り難いのですが、ネイティブの人たちは、そういう英語のほうが慣れているのか、普通に会話しているように思います。私が日本訛りの英語を話すと、ネイティブの人たちはたいへん聞き取り難そうです。

ネイティブにとって、日本訛りの英語というのはかなり聞き取り難いものなのでしょうか?

世界各国の訛り英語の中で順位をつけるとして、日本訛り英語は、どのぐらいに位置するのでしょう。(ネイティブにとっての通じやすさという点で)

また、日本訛りがネイティブに通用し難いのは、ネイティブが普段めったに日本訛り英語に接する機会がないためなのでしょうかね。例えば、英語圏では日本訛りよりインド訛りの英語の方が全然多く話されているでしょうから、その分ネイティブも耳慣れているのではないか、と推測できるのですが、どうなのでしょう。

Aベストアンサー

最後の方にある「日本人の英語を聞きなれていない」ということは、大いにあります。なんだかんだ言っても、数多くの人がしゃべっていれば、そのうちに耳に馴染む部分はあります。

ではありますが、ここで日本人と、聞きなれた訛りとはまったく別の新しい訛りの英語を話す人との二人がいたとして、その英語を聞き比べてもらったとしても、やはり、日本人の英語の方が聞き取ってもらうには難しいと思いますね。

これはつまり日本語の特性、母音・子音などの発音、アクセントの問題につきるでしょう。日本語の特徴を引きずったままの英語は、聞き取りにくいに違いありません。(日本人にとっては、その方が聞きやすいのは「横文字」という日本語で認識してしまうからでしょうね。笑)

日本語訛りの英語をどこまで英語と捉えるかにもよりますが、「ジスイズアペン」レベルでは、最下位になるんじゃないでしょうか。まあ、シングリッシュ程度に英語として認識される程度にはなりたいですね。^^;)

Qラテン系言語で「H」が発音されないのは何故?

スペイン語やイタリア語等で「H」が発音されないのはどういう理由や経緯によるものでしょうか?
成る可く具体的に教えて下さい。

Aベストアンサー

No.2です。再質問がありましたので。

母音化しやすいというのは、コトバの識別に支障ない範囲で発音がより安易な方向(緊張のない曖昧な母音の方向ですね)に流れた結果、子音が母音の中に呑み込まれて無音化する傾向があるということです。長い歴史的時間の中でそういう傾向が出てくるのは自然なことです。そして、「H音」は母音化しやすい代表といえるでしょう。

また、ロマンス諸語は俗ラテン語と土着語との混交の結果ですが、南欧地域の土着諸語が豊かな母音を有していたため、母音化が進みやすかったのではないかと考えます。

- h - の無音化のほかには、ラテン語の - gli - グリ が イ (イタリア語)になったり、- gnu - グヌ が ニュ (イタリア語、フランス語) になったりしていますが、傾向としては同様かもしれません。

No.1のご回答にもありますが、笑い声の He He He は「H音」を日頃うまく発音できないフランス人でも(エ、エ、エ ではなく) エ、ヘ、ヘ と言ったりします。この場合はむしろ自然に「H音」が出るようです。

Qオランダ語って難しい?

オランダ語って英語とドイツ語の中間のような言語だと聞きますが、いくつか質問があります。

(1)オランダ語は英語とドイツ語の中間と言っても やはりドイツ語に近いんでしょうか?

(2)英語とオランダ語に共通した特徴は何でしょうか?つまり、ドイツ語だけが違う部分です。

(3)英語ともドイツ語とも違うオランダ語独特の特徴はありますか?

(4)全体的にオランダ語は易しいでしょうか?

Aベストアンサー

(1)ゲルマン的特徴を多く残している点では、ドイツ語の方が近いと言えます。枠構造や定形倒置、定形後置などはまだ強く残っています。

(E) I have seen her.
(D) Ich habe sie gesehen.
(N) Ik heb haar gezien.

(E) I can speak English.
(D) Ich kan Englisch sprechen.
(N) Ik kan Engels spreken.

(E) He says that he is ill.
(D) Er sagt, dass er krank sei.
(N) Hij zegt, dat er ziek is.

また、外来語の占める割合はまだ低く(むしろ英語のほうが多すぎる)、外来動詞は -eren の語尾を持ち、英語のように語幹をそのまま動詞化しません。

(2)名詞の格変化の消滅(代名詞の3格と4格の区別もほとんど消滅)、接続法の衰退が代表的です。接続法の用法は現代英語の仮定法の用法にほぼ等しく、2式で非現実な仮定を表すほかは、1式は固定表現に限られます。
子音推移を経ていないこと((E) make, apple (D) machen, Apfel (N) maken, appel)が見た目を英語に近くしています。
語尾の -en では n が発音されないことが多いこと、これは中期英語の特徴と同じで英語ではその結果語尾(特に動詞の不定詞語尾と複数人称)の n の多くが脱落しました。

(3)音声面では/g/音を原則持たないこと(k の後に有声子音が来た場合に表れるのみ ik ben など)が特徴です。
文法面では thou, du に相当する du が衰退し、jij, jullie(親称)、U(尊称。所有格に由来。スペイン語の usted 同様)となったこと、フランス語の y と en の用法を併せ持つ(完全にではありませんが)代名詞的副詞 er などがあります。

Ik koop er drie. = J' en achete trois

(4)英語が分かるなら(英独両方ならなおさら)難しい言語ではありません。しかし、参考書の内容にばらつきがあり、複数の参考書を持った方がいいようです。特に音声面に関することが違っていたり、変に古い例文を平気で載せている本があったりなど、マイナーな言語にありがちな問題があります。

(1)ゲルマン的特徴を多く残している点では、ドイツ語の方が近いと言えます。枠構造や定形倒置、定形後置などはまだ強く残っています。

(E) I have seen her.
(D) Ich habe sie gesehen.
(N) Ik heb haar gezien.

(E) I can speak English.
(D) Ich kan Englisch sprechen.
(N) Ik kan Engels spreken.

(E) He says that he is ill.
(D) Er sagt, dass er krank sei.
(N) Hij zegt, dat er ziek is.

また、外来語の占める割合はまだ低く(むしろ英語のほうが多すぎる)、外来動詞は -eren の...続きを読む


人気Q&Aランキング