【無料配信♪】Renta !全タテコミ作品第1話

スペイン語とポルトガル語はとても良く似てると聞きますが、
お互いの国の人が言ってることは理解できるんですか?
似た言葉が無い日本人からは想像つかないんですけど。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

知り合いでスペイン語が話せる方がいます(日本人です)その方はポルトガル語を母語とするブラジル人と話せていましたよ。


違うところ(単語や表現など)もあるみたいですが、だいたい通じるようですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

お礼日時:2005/06/03 19:22

お互い理解できるのは80%くらいだと思いますが、ポルトガル語の方が聞き取りにくいようです。

ブラジル人とアルゼンチン人との友達から聞きました。
スペイン語を話す人はポルトガル語、イタリア語とも理解できますがイタリア語とポルトガル語そこまで近く有りません。あとフランス語、ルーマニア語を含めたこれらの言語はロマンス語といわれ全てラテン語から派生した言語です。英語にもフランス語を通じて一万語くらいのラテン語それからギリシャ語も入っています。またノルウェー語、デンマーク語、スウェーデン語もお互いの言葉で通じるようです。それとアルゼンチンに行った時、ノルウェーの青年に遭遇、彼がスペイン語を勉強しているのを見てスペイン語難しいでしょうというと彼が答えて自分はそうは思わない何故なら自分はヨーロッパから来たからの返事、改めて感心させられました。この例からも分かるようにもともとヨーロッパの言語は共通点が多いのです。但しフィンランド、ハンガリーの両言語は他の言語とはかなりかけ離れているようです。最後にブラジルの留学生から聞いた面白い話、彼が空港でスチュワーデスが話しているのを聞いて何語か分からなかったが後で分かったけどポルトガル本国のポルトガル語だったので驚いたという話をしていました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

お礼日時:2005/06/04 11:05

スペイン語を母国とする私の場合は、ポルトガル語はなんとなく理解はするものの、話すことはできません。

語学センスの個人差もあると思いますが、同じ言葉でも意味が違うことが多いのと、アクセントやなまりがかなり違います。
スペイン語を話す人がポルトガル語を学ぶと、すぐになまりを発音できるようになると聞きましたが、逆のパターンの場合、ポルトガル語なまりが邪魔をしてスペイン語に聞こえないことが多かったです。
地域にもよりますが、私の国のスペイン語はわりとゆっくり、はっきりなので、ポルトガル語の方は大体理解していたようですが。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

お礼日時:2005/06/04 11:04

ブラジル料理店でスペイン語で話し掛けたら100%通じました。

  
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。私の知っているブラジル人はスペイン語は聞いて理解できるが話せないと言っていました。

お礼日時:2005/06/03 19:32

以前メキシコ(スペイン語系)で少し暮らしたのですが、ブラジル(ポルトガル語系)から来た日系人によると新聞などは八割方理解できたそうですが、話し言葉は当事者の癖などもあり戸惑いを感じなくなるまでには一週間ほどだったそうです。

しかし奥様は切り替えまで半年ほどだったと聞きました。
東京と大阪ほどの違いだと言ってました。言語は個人差はあるようですが、習わなくても慣れればすむ位の違いだと聞きました。
蛇足ですが、私の知り合いに山形出身の兄弟がいますが、二人の会話は、特に口論の時など全く理解できませんでした。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

スペイン人にはポルトガル語は半分しか分からなくても、ポルトガル人にはスペイン語は7,8割がた理解できるみたいですね。

お礼日時:2005/06/03 19:29

以前、スペイン人の入管手続きに、ポルトガル人に通訳を頼んだことがあります。


私はどちらの言葉もまったくわからないのですが、
横で聞いていた限りでは、7~8割くらいは意思疎通ができているようでした。
スペイン語にもいくつか方言があるので、
ポルトガルに近い地区の方言ほど通じるんじゃないでしょうか。
同じような例ですが、オランダ語とドイツ語の北西部の方言は、
まったく普通に会話ができるそうです。
逆に、同じ日本語でも、テレビもないような昔に、
青森の人と鹿児島の人が自分の言葉で会話したら、意思疎通が困難だったでしょうね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます

お礼日時:2005/06/03 19:25

日常会話程度であれば、ほとんど問題無く理解できるようです。


スペイン人とイタリア人もそうですね。
さすがにフランス語になると、なんとなく言っている事が分かる程度だそうです。
(旅行中知り合ったフランス人による)

多少スペイン語をかじった私が、イタリア語を聞くと、スペイン語と勘違いしてしまいます。

スペイン語とポルトガル語は、標準語と東北弁程度の違いではないでしょうか。

以前スペインの田舎に行ったとき、現地のお婆さんの話す事が理解できず、マドリードから観光に来ていた学生さんに、通訳してもらったことが有ります。
そこは、ポルトガルに近い場所だったのてで、ポルトガル方言が混じっていたのかもしれません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

スペイン語でもガリシアの方言はカタルーニャ語よりもポルトガル語に近いと聞きます。

お礼日時:2005/06/03 19:24

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスペイン語とポルトガル語どちらが世界で広く使われていますか?(使えたら便利)

題目の2ヶ国語は似ていると聞いた事があるのですが、どちらかが話せると、何となく通じたりするものなのでしょうか?

ブラジルはポルトガル語、スペインがスペイン語くらいしかわかりませんが、旅をするのに語学が少しでも話せるように勉強したいと思います。

どちらがお薦めでしょうか?

語学にお詳しい方、どちらが易しい、便利など教えていただけたらお願いしたいです。
ヨロシクお願いします。

Aベストアンサー

より通用度が広いのはその2つなら圧倒的にスペイン語です。
中南米のほとんどの国で話されていて、現在ではアメリカでもスペイン語人口が増えています。

ポルトガル語とスペイン語は似てはいますが発音の仕方が異なるため、われわれ外国人にとってはスペイン語がわかってもポルトガル語はほとんど聞き取れないです。
スペイン語がわかる人ならむしろイタリア語のほうがなんとなく何のことを言ってるかわかることが多いです。

また、スペイン語は日本語と母音が似ているので、われわれ日本人にはもっとも発音が習得しやすい言語です。
スペイン国内では地方によって癖があり、聞き取りにくいこともありますが、中南米のスペイン語はその癖をなくしたような感じで、かなり聞き取りやすいです。

英語のヒアリングで苦労している人でも、スペイン語をネイティブスピーカーから教われば、かなりのスピードで理解ができるようになるでしょう。
また、日本人が英語(やほかのヨーロッパ言語)を話しても「カタカナ英語」の癖が抜けないですが、スペイン語をちょっとでも話すと、スペイン語圏の人にはとても理解がしやすく、日本人はなんでこんなにスペイン語がうまいんだといわれたりします。

より通用度が広いのはその2つなら圧倒的にスペイン語です。
中南米のほとんどの国で話されていて、現在ではアメリカでもスペイン語人口が増えています。

ポルトガル語とスペイン語は似てはいますが発音の仕方が異なるため、われわれ外国人にとってはスペイン語がわかってもポルトガル語はほとんど聞き取れないです。
スペイン語がわかる人ならむしろイタリア語のほうがなんとなく何のことを言ってるかわかることが多いです。

また、スペイン語は日本語と母音が似ているので、われわれ日本人にはもっとも...続きを読む

Qスペインとポルトガルの関係???

日本史専門なので、世界史は少ししか知識しかありません(^_^;)

「スペイン」と「ポルトガル」について質問です。

1、スペインとポルトガルは日本と韓国のように仲が悪いのでしょうか?それとも中国と朝鮮のように属国関係なのでしょうか?

2、スペインとポルトガルは昔、1つの国だった時期があったのでしょうか?

3、スペインとポルトガルの建国経緯を教えて下さい。

4、スペインとポルトガルの違いに関するトリビアがあれば教えて下さい。


誰か世界史の理解が深い方がいれば、ぜひご教授下さい。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

スペインとポルトガルとの関係ですが、兄弟のような関係にあります。
仲良くしたり、戦争をしたりしますが、相互に相手を追い詰めるような事はしません。
戦争でも、自分の主張が通れば、すぐに和解となります。
しばしば戦争を行うため、相互の王家は、相手国の王家から、妻を求める事が多々ありました。

ポルトガルは、現在のスペインの前身であるレオン・カスティジャ王国の一部、ポルトガル伯領として建国されています。
その後王号を認められ、ポルトガル王国となります。
その後1580年ポルトガルの王家の直系が絶えたため、スペイン王フェリペ2世が、母がポルトガル王家出身を理由に、ポルトガル王位を兼ねます。
フェリペ4世の時代に、ポルトガルで、反スペインの反乱が起こり、1640年外交的手回しにより、スペインからの独立に成功します。

スペインの元となるのは、西ゴート王国がイスラム軍に滅ぼされた時に、西ゴートの貴族ペラージョの亡命政権が、718年アストリアス王国を建国したのが始まりです。
子の他にも、バスク地方には、バスク人のナバラ王国、カタルーニャには、スペイン辺境伯領があり、イスラム軍と対峙していました。
アストリアス王国は、現在のレオン周辺を手に入れ、914年レオン・アストリアス王国となります。
その後ナバラ王国が強大化し、レオン王国との国境地帯を奪い、そこに1035年カスティジャ王国を設立します。
この当時、スペイン辺境伯は、カタルーニャ伯となっています。
1037年カスティジャとレオンは、同君連合の形で統一されます。(実質的にカスティジャによるレオン王国の併合)
1469年カスティジャ王女イサベルとナバラから分離し、カタルーニャを併合したアラゴン王国王子フェルナンドとの結婚により、1479年ヒスパニア王国(スペイン王国)が成立します。
1492年イスセム最後の拠点グラナダを併合し、1512年ナバラを併合し、現在に至っています。

ポルトガルは、ナバラ王国のサンチョ大王が、997年ポルトをイスラム軍から奪回した事に端を発します。
1139年ポルトガル伯アルフォンソが王位を認められて、ポルトガル王国が設立されます。
その後ポルトガルは、1147年リスボンを占領しそこに首都を移して現在に至っています。

スペインで有名なワインは、辛口のヘレス(シェリー酒)ですが、ポルトガルでの有名ワインは、ポルト(ポート)ワインです。
スペイン人とポルトガル人は、通訳不要で、自由に意志交換ができるくらい似ていることばです。

スペインとポルトガルとの関係ですが、兄弟のような関係にあります。
仲良くしたり、戦争をしたりしますが、相互に相手を追い詰めるような事はしません。
戦争でも、自分の主張が通れば、すぐに和解となります。
しばしば戦争を行うため、相互の王家は、相手国の王家から、妻を求める事が多々ありました。

ポルトガルは、現在のスペインの前身であるレオン・カスティジャ王国の一部、ポルトガル伯領として建国されています。
その後王号を認められ、ポルトガル王国となります。
その後1580年ポルトガ...続きを読む

Qブラジルポルトガル語とポルトガルのポルトガル語?

ブラジルのポルトガル語とポルトガルのポルトガル語って、日本で例えると、関西弁と関東弁くらいの差(違い)だと解釈していいでしょうか?
今、ポルトガル語を覚えたいと思ってますが、うちの近くの本屋さんに行くと、ポルトガル語=ブラジル みたいな本ばかり。。
正直、ブラジルにはまったく全然興味はなく… でも、ポルトガル語という言語には惹きつけられていて… おかしな感じですが(^_^;)
実際、どのくらい違うものなのか?
ついでに、ブラジルポルトガル語がいいよとか、ポルトガルポルトガル語の方がお勧めだねとか、ポルトガル語について何かアドバイスもあれば、嬉しいです。。

Aベストアンサー

#1の方が仰るように、ブラジルポルトガル語とポルトガルのポルトガル語の違いはアメリカ英語とイギリス英語の違いよりも大きいように思います。綴り字はほぼ統一されていますが、発音に大きな違いがあります。例を挙げます。

R:ブラジル・・・フランス語のRに少し似ていて、むしろ「ハ行」のような音です。
ポルトガル・・・日本語の「ラ行」の音に近く、Lとの違いも小さいように感じます。

O:ブラジル・・・広狭の差が生じるにせよ、スペイン語と同じように常に「オ」で発音されます。
ポルトガル・・・アクセントのないoはuと同じ音になります。

es....: ブラジル・・・語頭のeは「エ」と発音します。
ポルトガル・・・語頭のeは発音しません。

....s: ブラジル・・・語尾のsは通常sの音のままです。
ポルトガル・・・英語のshのような音になりますが、母音や有声子音で始まる単語が続くと 濁り、フランス語のjのような音になります。

全体的にはブラジルのポルトガル語の方が昔の発音を保っているようです。

>正直、ブラジルにはまったく全然興味はなく… でも、ポルトガル語という言語には惹きつけられていて… おかしな感じですが(^_^;)
そんなことはないでしょう。アメリカに興味がなくても英語という言語に引きつけられている人も少なくないでしょうから。でも、フランスに関心がないのに フランス語に引きつけられている人はあまり聞きませんけど。

私もブラジルよりもポルトガルに行ってみたいです。ブラジルも興味を引くものもなくはないんですが、治安が非常に悪いので行きたくありません。

#1の方が仰るように、ブラジルポルトガル語とポルトガルのポルトガル語の違いはアメリカ英語とイギリス英語の違いよりも大きいように思います。綴り字はほぼ統一されていますが、発音に大きな違いがあります。例を挙げます。

R:ブラジル・・・フランス語のRに少し似ていて、むしろ「ハ行」のような音です。
ポルトガル・・・日本語の「ラ行」の音に近く、Lとの違いも小さいように感じます。

O:ブラジル・・・広狭の差が生じるにせよ、スペイン語と同じように常に「オ」で発音されます。
ポルトガル・・...続きを読む

Qスペイン語とポルトガル語の違い、本国と中、南米との差

【Q1】スペイン語とポルトガル語は、隣国だけによく似ているように思います。両者の違いはどの程度なんでしょうか。相手国語を知らない両国の普通人同士が会話すると、そこそこ通じるんでしょうか。

【Q2】スペイン、ポルトガルの本国の言葉と中、南米のとでは、少し違うように思います。同じスペイン語(またはポルトガル語)でも本国と中、南米の差はどの程度なんでしょうか。東京弁と関西弁くらいの違いでしょうか?

Aベストアンサー

No.2です。

回答の中に不適切な表現がありました。下記のように訂正します。

「スペイン語とポルトガル語に長けた日本人でも・・・」→「スペイン語又はポルトガル語に長けた日本人でも」

>それから喋り方で、スペインの方が中、南米よりも上品な感じに聞こえましたが、そういうことってあるでしょうか。

非常に難しい問題ですね。 まず印象には個人差があります。又どの地域の話し方を基準にするかで変わってきます。 中南米と言っても18カ国もあり都会、地方、高地、低地、教育程度によって変わってきます。 したがって個人的な好き嫌いの部類になるでしょう。マドリッドを中心にすればアンダルシアを始めとするスペインの地方や中南米は下品な話し方となるでしょうし、メキシコを始めとする中南米を基準に見ればスペイン人の話し方は冷たく感じるかも知れません。

Qなぜ南米のブラジルだけがポルトガル語なのでしょうか。

なぜ南米のブラジルだけがポルトガル語なのでしょうか。

コロンブスが新大陸を発見したのと関係があるのでしょうか?教えて下さい。

Aベストアンサー

1494年頃はスペインとポルトガルが進んだ航海技術を持っており、その二国が新大陸やアフリカ、アジアに進出していました。二国ともカトリック教国ですから当時のローマ法王が喧嘩をしないよう音頭をとってトルデシリャス条約を結ばせました。現在のブラジルの右半分あたりの線で世界を二つに分けて右側をポルトガル領、左側をスペイン領としました。
従ってスペインはラテンアメリカのほとんどをスペイン領としました。その代わりポルトガルは東側に進出しアフリカにはアンゴラ、モザンビークなどいくつもの植民地を作りました。更にインドにはゴア、インドネシアには東ティモール、中国のマカオなどを植民地とし、日本にも宣教師を通じてポルトガルの文化が伝わりました。
なお現在のブラジルの領土はトルデシリャス条約よりも大きく広がっていますが、これはバンデイランテスという名前の探検隊がサンパウロから出発してブラジルの奥地を歩き回ったために領土が広がって現在の大きなブラジルができました。

Q勉強するならポルトガル語?スペイン語?

今ポルトガル語かスペイン語を独学で学ぼうかと考えています。
2つとも勉強する余裕はないので、どちらか一方だけと考えているのですがどちらにするべきか決められずにいます。

ポルトガル語は以前少しだけ(挨拶とか物の名前とか本当に基本的なこと)習ったことがあってそれから興味を持ちはじめました。
なのでポルトガル語を勉強しようかなと思っていたのですが、まわりの人にそのことを話すと「スペイン語のほうが広く使われているからスペイン語のほうがいいんじゃない?」といわれることが多いです。
またそこで気持ちが揺らいでしまいました(笑)確かにスペイン語のほうが話されている地域も多いし、勉強しがいがありそう・・・と。

そこで質問です。興味があるポルトガル語か勉強しがいのあるスペイン語かどちらを勉強すべきだと思いますか。

最終的に決めるのは自分しかないのですが、みなさんの意見をお聞かせください。

つたない文章ですみません。

Aベストアンサー

普通なら、よりメジャーであるスペイン語となりますが、以下の理由によりポルトガル語も悪くありません。迷うところですね。

1.2000年以来、ブラジルの発展が目覚ましい。2014年にワールドカップ、2016年にオリンピック。ハイテク農業の大躍進。アルコール産業で世界をリード。海底油田の発見によりエネルギーが安泰になったこと。

2.ブラジルには日本人移住者が数多くいて友好国であること。日本にはブラジル人出稼ぎ者がいて国内でもポルトガル語のニーズがある。

3.それに較べてアルゼンチンは低迷しています。スペインも。スペイン語圏はいまいち元気がありません。

Q目処(めど)と目途(もくと)

目処と目途の使い分けについて教えてください。
送り仮名に違いがありますか。
PC辞書で「めど」の変換を探すと目途が入っているのもありますね。
これは明らかに誤用ですよね。

Aベストアンサー

めどはやまと言葉ではないでしょうか。もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。

広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく
不親切です。朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。

解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、
ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です)

Qスペイン語とポルトガル語 最も大きな違いや難しいと感じたことは何ですか

スペイン語とポルトガル語についての質問です。

最近ポルトガル語(ブラジル)を始めました。
教材は日本語で書かれたものを使用していますが、もともとスペイン語を習っているので、
比較しながら学んでます。

こちらのカテでも両者の違いについての質問がありますが、
回答に書かれている内容は実際にやってみて理解できました。
文法も動詞の活用の仕方も今の段階ではかなり似ているように感じますので
とてもすんなり入っていけました。
まだ入門レベルですので、両者は方言の違い程度にしか感じません。

そこで、スペイン語・ポルトガル語の学習を中級以上(一通りの文法と、多少の会話が出来る方)と思われる方、
実際にスペイン語・ポルトガル語を使っている方に質問ですが、
具体的に両者の最も大きな違いや最も難しいと感じたことは何か、
回答者さまが感じたこと・思ったことを教えていただけませんか。

Aベストアンサー

スペイン語学習者です。 ポルトガル語は現在も勉強中ですが、両者の違いは学習レベルに応じて変わるので今は質問者が感じている程度でよいのでは・・・と思います。 

私が違いを意識するのは次の4点です。
1)発音:ポルトガル本国とブラジルの発音に差があるのでスペイン語とは勿論差があります。ひとつあげるとすればスペイン語には鼻母音がないことです。
2)ser、estarの使用範囲は基本的に同じですが、ポルトガル語ではserに動かないものの位置を表す使い方があります。
?Do'nde esta' la estacio'n?→Onde e' a estac,a~o?
3) 前置詞+定冠詞
スペイン語はalとdelの二種類のみ。
ポル語は定冠詞、不定詞ともに単数、複数、男性形、女性形と変化するので複雑です。 例:na, no,nas, nos, do, da, dos, das,etc.
4)人称不定法
もっともポル語らしい用法です。これは口語、文語、人称、個人の好みなどに影響を受けるので徐々に覚えるしかない使用法です。
スペイン語では不定法は変化ぜずal salir, favor de mandarのようになりますが、ポル語ではao sairem de casa, viram o pau(antes de que
salieran de casa, vieron al padre)と不思議なしかし便利な表現が出来ます。

言語学習では複雑(古い)な言語から簡易な言語を学ぶ方が易しいと思います。 日本語は韓国人にとって比較的易しく、韓国語は日本人にとって難しいように、スペイン語からポル語に入るとむづかしく感じます。

スペイン語学習者です。 ポルトガル語は現在も勉強中ですが、両者の違いは学習レベルに応じて変わるので今は質問者が感じている程度でよいのでは・・・と思います。 

私が違いを意識するのは次の4点です。
1)発音:ポルトガル本国とブラジルの発音に差があるのでスペイン語とは勿論差があります。ひとつあげるとすればスペイン語には鼻母音がないことです。
2)ser、estarの使用範囲は基本的に同じですが、ポルトガル語ではserに動かないものの位置を表す使い方があります。
?Do'nde esta' la estaci...続きを読む

Q白人どうしは国籍の違いを分かるの?

愚問で恐縮です。

私たちから見て街を歩いている韓国人や中国人は、服装・髪型、それとか歩き方とか立居振舞で、ある程度は 「多分、あの人は○○人だろう」 と、想像がつきますよね。

勿論、ハッキリと分かる人ばかりじゃなくて、どう見ても中国人だと思ったのに、れっきとした日本人だというケースもありますが、「ある程度」 は想像がつくように思います。

これって、同じ東洋人だから想像がつくわけなんですが、白人となるとまるでお手上げです。

例えばスウェーデン人とデンマーク人、とオランダ人とドイツ人、白人と言えるかどうか分かりませんが、イタリア人とスペイン人とかポルトガル人 ・・ この辺の違いは彼らどうしの間では、顔形や外見などで 「ある程度」 は分かるのでしょうか?

私から見れば、どれも同じに見えます。 

白人以外でも、例えばサウジアラビア人とクエート人、インド人とパキスタン人、もっと難しいのが黒人系です。

モロッコ人とチュニジア人、ガーナ人とギニア人、ケニア人とタンザニア人 ・・・ 「顔形で判断せよ」 と言われたら絶望的になります。

彼ら自身は彼らどうしの間では、「アッ、この人は多分、○○人に違いない」 と分かるものなんでしょうか?

あと、アメリカにいる黒人とアフリカの黒人を、パッと見て区別出来ているのでしょうか?

まさか私たちのように 「何だか、みんな同じ黒人に見えるよ」 とは、なっていないように思います。

愚問で恐縮です。

私たちから見て街を歩いている韓国人や中国人は、服装・髪型、それとか歩き方とか立居振舞で、ある程度は 「多分、あの人は○○人だろう」 と、想像がつきますよね。

勿論、ハッキリと分かる人ばかりじゃなくて、どう見ても中国人だと思ったのに、れっきとした日本人だというケースもありますが、「ある程度」 は想像がつくように思います。

これって、同じ東洋人だから想像がつくわけなんですが、白人となるとまるでお手上げです。

例えばスウェーデン人とデンマーク人、とオランダ人...続きを読む

Aベストアンサー

初めまして。アメリカ人(アイルランド系とイギリス系まじり)の白人と
結婚して18年の主婦です。

アメリカでは白人の場合、外見で国籍というより民族は大体予想出来ます。
北欧系の人の薄い色や長身痩せ型体型、アイルランド系の態度と骨太体型
(爆笑)、イギリス系のほっぺの赤さと低身長、華奢な体型。ドイツ系の
鼻と頬骨、ラテン系の色あい。等等。
肌、髪、目の色と風貌でなんとなく分かります。
勿論、ラストネームで「何処系」ってのは直ぐに分かります。

同じ白人でもアメリカ人か他のヨーロッパ人か?
これは、直ぐに分かります。話さなくても分かります。
立っているだけで分かるんですよ。どうしてか?
う~ん、私達日本人が他のアジア人を見分ける、あの「感覚」と
同じだと思います。

勿論、話しをすればアメリカ人か否かは分かりますし、
同じアメリカ人でも話しをすれば出身地もおおかた分かりますね。
日本人同士でも同じでしょ?

アメリカ人の黒人とアフリカの黒人は、基本的に外見で分かります。
それは「色の濃さ」ではありません。理由はアメリカ人の黒人の
ほぼ100%が白人の血が混じっているのと、同じ黒人同士でも
民族の違う者同士の混血が繰り返された結果だと思います。
純血なアフリカ人とは基本的に外見が違うんです。
何処がどう違うか、、は応えにくいですが。

私はカリフォルニア在住です。土地柄、地元の人はアジア系の人を
見慣れています。で、多くの人が同じアジア系でもちゃんと、
日本、韓国、中国、ベトナム、フィリピン。。等、一目見て
外見で違いが分かりますよ。

私は100%日本人ではなく、少し白人が混じっているので
よく地元のインディアンに間違えられますが。。
まっ、これもご愛嬌です。

少しでも、ご参考になったら幸いです。
失礼致しました。

初めまして。アメリカ人(アイルランド系とイギリス系まじり)の白人と
結婚して18年の主婦です。

アメリカでは白人の場合、外見で国籍というより民族は大体予想出来ます。
北欧系の人の薄い色や長身痩せ型体型、アイルランド系の態度と骨太体型
(爆笑)、イギリス系のほっぺの赤さと低身長、華奢な体型。ドイツ系の
鼻と頬骨、ラテン系の色あい。等等。
肌、髪、目の色と風貌でなんとなく分かります。
勿論、ラストネームで「何処系」ってのは直ぐに分かります。

同じ白人でもアメリカ人か他のヨ...続きを読む

Q白人世界でアジア人を差別しない国はありません、それが現実ですがどう思いますか?

一年以上白人国家を旅行した人なら理解できると思いますが、最低でも1度や2度必ず差別を受けた経験があると思います、その時必ず中国人か日本人か聞かれます、ある店でボッタクリが嫌なので嘘をついて中国人と言ったらその後無視され出て行けと言われました、その後冗談で実は日本人と言うと180度態度が変わりました。白人は正直露骨です。
そして肌の色でもアジア人を美的感覚から見下します。
ロスで仲良くなった白人が言ってました、表面では言わないが
アジア人や黒人は現実に今も差別されている「日本人の君はまだマシな方だ」と。
日本でも差別問題はありますが白人国家は現在でもアジア人を差別しています、中国人とか韓国人と言うととんでもない嫌な思いをさせられます、皆さんこの現実をどう思いますか?

Aベストアンサー

アジア人という定義の仕方に白人目線を感じます。つい近年まで白人は有色人種を人間とは見ていませんでした。「奴隷、当時のヨーロッパでは『黒人が白人と同じ人間である』という考え方はなかったのである。
『法の精神』で知られるモンテスキュー。
社会学の父と讃えられるフランスの哲学者でさえ「黒人が人間だと考えるのは不可能である 彼らを人間と考えるなら 我々がキリスト教徒でないと認めざるをえなくなる」と語っている。」
http://www.fujitv.co.jp/ainori/st/st361.html

有色人種を人間と認めざるをえなくなったのは、後の方の世界的な大戦のあとではないかと考えます。第一次世界大戦ののちある有色人種の国家が提案した人権平等条項の提案は英米によって葬り去られました。
http://www2s.biglobe.ne.jp/~nippon/jogbd_h10_2/jog053.html

「ホテルのフロント係は、女性の方を見向きもせずに、デュボイスへの対応を続けた。勘定がすべて終わると、彼はデュボイスに向かって深々とお辞儀をし、それからやっと、その厚かましいアメリカ女性の方を向いたのだった。フロント係の毅然とした態度は、これまでの白人支配の世界とは違った、新しい世界の幕開けを予感させた。

 「母国アメリカではけっして歓迎されることのない」一個人を、日本人は心から歓び、迎え入れてくれた。日本人は、われわれ1200万人のアメリカ黒人が「同じ有色人種であり、同じ苦しみを味わい、同じ運命を背負っている」ことを、心から理解してくれているのだ。」
http://hanausagi.iza.ne.jp/blog/entry/964059/


人間は好き嫌いのほかに生理的嫌悪ということもあります。戦後は戦争の被害ということも理由に付け加わりました。

オバマ大統領はなぜ黒人なのか。ハーフではないのか。白人男性の主人と黒人女性奴隷の間に生まれた子どもは、生まれながらにして奴隷であり、色が白いほど高く売れたと聞きます。人種差別に法的に最終的な決着がついたのは1964年(昭和39年)かともいわれます。
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%85%AC%E6%B0%91%E6%A8%A9%E9%81%8B%E5%8B%95

>日本人の君はまだマシな方だ
そんなわけで、白人にすれば納得ずくというより、無理やり人種平等を誓わされたわけで、本人からみた多層な差別意識があるのはある面いたし方がないと考えます。

武力ということではないにしても、要は実力で認めさせるほかはないと考えます。

アジア人という定義の仕方に白人目線を感じます。つい近年まで白人は有色人種を人間とは見ていませんでした。「奴隷、当時のヨーロッパでは『黒人が白人と同じ人間である』という考え方はなかったのである。
『法の精神』で知られるモンテスキュー。
社会学の父と讃えられるフランスの哲学者でさえ「黒人が人間だと考えるのは不可能である 彼らを人間と考えるなら 我々がキリスト教徒でないと認めざるをえなくなる」と語っている。」
http://www.fujitv.co.jp/ainori/st/st361.html

有色人種を人間と認めざ...続きを読む


人気Q&Aランキング