今だけ人気マンガ100円レンタル特集♪

初めまして。

NY州内のボーディングスクールに在学している10年生です。

今はまだとっていませんが、11年生になった時に第三カ国語を
とらなければいけません。

そこで学校である科目はフランス語、ラテン語、スペイン語です。

僕はパリが好きで何度も行っているためか、フランス語を習得したいと思います。

しかし親はスペイン語の方が役に立つ、と言って僕の要望を聞いてくれません。

僕はあまり役に立つ、とかよりただフランスに行った時に使いたいだけなのです。

また現在、僕の英語のレベルはNATIVEには及ばないものの、日常一般会話なら全く問題なく、この間暇だったので受けてみた19年度のセンター試験の英語筆記リスニング問題も225/250点でしたので悪いレベルではないと思います。

ネットなどで情報を集めていると、英語が出来るとフランス語と比較しやすい(?)ためか習得が早いそうです。

それは確かですか?

フランス語とスペイン語ならどちらが難しいですか?

また日本語・英語の他に喋れるならフランス語とスペイン語、どちらが
有利ですか?(日本社会において、とアメリカ社会において、両方の観点で答えをもらえたら嬉しく思います)

どうかよろしくお願いします。

早急ではないのですが、独学でフランス語は参考書を読んだり学校のフランス人の友達の部屋に毎晩通ったりして覚え始めているのでどうしてもフランス語は断念したくありません。

ただスペイン語の方が社会で有益なのならば考え直さらず得ません。

どうかアドバイス下さい。

よろしくお願いいたします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (8件)

はじめまして。



日本の大学でフランス語を専攻し、フランスに留学経験があるので回答させていただきます。
私も専攻を選ぶときフランス語とスペイン語で迷った末、フランス語を選びました。
よろしければ参考になさってください。

まず、フランス語とスペイン語の難易度についてです。
文法的にはどちらもラテン語系なので、同じくらいなのではないでしょうか。
語彙的にはフランス語の方が英語学習者には派生した単語が多いので簡単だと思います。
発音はスペイン語の方が簡単です。母音がAEIOUの5つで、日本語とほぼ同じなので
ローマ字読みでも通じることが多いです。
フランス語は学習されているのでご存知だとは思いますが、発音は少し難しめです。
規則的ではありますが、ローマ字読みとは違った読み方をしますし、
母音数の多さ(鼻母音もあり)やRの発音など、日本人には馴染みにくいです。
難易度の観点から見たらフランス語の方が難しいので、先にフランス語をやっておくと
あとでスペイン語を学ぶときにとても楽だと思います。

あと、有利というのは置かれた環境にもよりますので一概に言えませんが
フランス語は国連で使用されている言語ですし、あとはファッション関係、調理・製菓関係の
仕事に就く方にとってもフランス語会話ができたり、文献が読めると便利です。
年代によってはフランス語学習を「上流階級の教養」とみなす方もいらっしゃいます。
留学する場合も「フランス語圏の方が治安がいいから」と言われることもあります。
(もちろん地域差があり、イメージの問題が大きいです)
それからフランス語は「女性的」なイメージを持たれることが多いです。

語学学習においては興味が重要なので、回答者さまが今フランスに興味を持っておられるなら
フランス語を選択されてはいかがでしょうか?
教科書だけでの勉強より、映画や音楽などで同時に学ぶ方がずっと習得が速いです。
ご両親がスペイン語の学習をお勧めされるなら、単語帳をつくるときに一緒にスペイン語も覚えるなど工夫されたら良いと思います。

ちなみに、こんな本もありますので参考にどうぞ。

『フランス語・イタリア語・スペイン語が同時に学べる本』
http://www.amazon.co.jp/%E3%83%95%E3%83%A9%E3%83 …
『同時に学ぶフランス語・スペイン語会話』
http://www.amazon.co.jp/%E5%90%8C%E6%99%82%E3%81 …

まだお若いので、語学の習得は早いですし、モチベーションをしっかり保って勉強すれば
どちらも習得できると思います。がんばってください。

この回答への補足

確かにスペイン語はカタカナ発音しやすいですよね。

だけどおっしゃるとおり、スペイン語はフランス語をやった後にやったらもっと楽に出来ると思うのでとりあえずフランス語をやってみます!

その本は参考に購入してみます!

ありがとうございました。

補足日時:2008/01/17 00:09
    • good
    • 0

ラテン語はどうですか。

あまり役にたたないと考えるかもしれませんが、教養が身に付きますし、英語やフランス語やスペイン語を勉強するにも役に立ちます。私が大学に行っていたころは、ラテン語はなかったので今苦労して勉強しています。また、ラテン語は医学や生物学にも役に立ちます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

ラテン語も学校の授業で選択できるので迷いましたが、やはりあまりラテン語というのはスペイン語フランス語に比べて聞きませんし、学校でもアメリカ人でスペイン語かフランス語を喋れる人はいてもラテン語をとっている生徒はあまりいないのでやはりフランス語にしました。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/01/17 00:12

自分の人生です。

何が有益なのか なぞ時代によって変わります。
確かにアメリカにはヒスパニック系の人が増え スペイン語が喋れると得することもあるかもしれませんが 別の観点で考えると スペイン語を学習する人が多く喋れる人が沢山いるということは 別に有利でもありません。寧ろ アメリカ人が苦手とするフランス語のほうが有利にはたらくこともあります。
それに ヨーロッパでは断然フランス語ですよ。
日本でも 英語/フランス語の組み合わせはとても有利です。

それに興味が持てない言語の習得には時間がかかります。興味を持っている 自分が喋りたい言語を学ぶのが一番です。
喋るのは あなた なのです。
親ではありません。

スペイン語は どうしても必要になったら習われても遅くないかと思います。必要に迫られれば出来るようになります。

若いときは吸収が早く 一度習得すればたとえ間があいても昔とった杵柄ですぐ思い出します。

>英語が出来るとフランス語と比較しやすい(?)ためか習得が早いそうです。

これは 本当です。

いずれにしても 自分のことは自分で決めましょう。
誰かに言われてしてしまうと 後で後悔することになりますよ。
    • good
    • 1

フランス語の方が難しいですが、フランス語もスペイン語ももとは、ラテン語です。

    • good
    • 0
この回答へのお礼

ですよね。
文法は比較的似ていると習いました。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/01/17 00:09

両親(とご自分)を説得するための材料をお探しですね。

私は英語を使う仕事をしていますが、高校生のときにフランス語を学習し始めました(今も続いています)。またスペイン語は大学卒業後に二年間ほど学習しました。

フランス語とスペイン語はロマンス語派という大きな宮殿の別々の入り口です。入り方が違うだけで、後々共有する部分は大きいと思います。

しかし、一説によれば語学はカタコトでも100時間、プロになるには1000時間を超える学習時間が必要ですから、どちらでも興味のあるほうから始めた方が、効率が良いと思います。興味のもてない外国語は、習得に余計な時間と手間がかかります。

今フランス語に興味があるなら、そちらから入り、何年か後にスペイン語を学習すればよいのではないでしょうか。

ちなみにフランス語はフランスだけで話されているわけではありません。フランス語圏は世界に広がっています。

フランス語圏
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%83%A9% …
(カナダはともかく、ルイジアナ州の公用語とは知りませんでした。)

また、米国式の考え方とは違う考え方をすることが多いので、フランス語のサイトを読んでいると、参考になるでしょう。

(こんなんで理由付けになったでしょうか?本当はやりたければ、やれというだけなんですが。)
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

おかげでフランス語にするという決意が出来ました。

親にはやはり考えは曲げないと言うつもりです。

ありがとうございました。

お礼日時:2008/01/17 00:08

フランス語は教養語、スペイン語は実用語(ご両親の意見?)というご意見は間違いではありませんが、実用語(ビジネス語)としては英語に勝てませんからこのような基準からの選択は無理です。



妥協案としてご両親のお勧めのスペイン語を選択し、フランス語は現在のペースで趣味として続ける、或いは語学は一生勉強可能ですから、第二外語で終わりと考えずフランス語、スペイン語、イタリア語など同じラテン系の言葉を順次学ぶ方法もありです。

スペイン語の利点、面白みは米国にいて簡単に使えると言うことです。
ヒスパニック4千万人と言われる時代で大統領候補でさえスペイン語が出来ることをPRせざるを得ない状況です。メキシコ以南の18カ国は米国からは裏庭のように簡単に訪問できます。(スペイン、赤道ギネアを加えてスペイン語を国語とする国は20カ国+プエルト・リコ、キュラサオ、アンドーラなどが公用語としている)

フランスに隣接したスペイン訪問は米国内移動より近くて簡単です。パリではスペイン語だけでも生活できると言った人もいます。フランス人にとってスペイン語は関西弁のようなものです。パリ在住スペイン語話者とフランス人のスペイン語話者が多く困らないそうです。
    • good
    • 1

どうも。



あなたがお書きになった文章を他人が書いた文章のごとく客観的に読んでみてください。

フランス語を取ったほうがいいと思いませんか?

あなたの年齢ならいずれ必要性があればまたスペイン語を勉強すればいいと思うのですが…。

語学は「勉強したい」と思う「旬」を逃したら習得は難しいと思います。

アメリカの事はわかりませんが、日本では何語であっても本当に外国語に堪能な人は有利だと思います。スペイン語のエキスパートもフランス語のエキスパートもどちらも同じように評価されると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

そうですよね、今15歳でもうすぐ16歳ですが親がどうしてもスペイン語というなら後で勉強すればいいだけですよね。

とりあえずフランス語を始めてみます!

ありがとうございます。

お礼日時:2008/01/17 00:06

フランス語に一票入れます。



確かに、スペイン語を公用語とする国は多いので、役に立つかも
知れませんが、フランスでフランス語をしゃべると人間扱いして
くれますので、フランスが好きなら外せませんね。

また、国際的に上流階級の教養としてフランス語がありますので
その意味でもフランス語は貴重だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

お礼が遅れて申し訳ありません。

今の所8件回答をいただいていますが、フランス語の方が票数的には多いです。

ですよね、フランスでは昔なんかは特に英語で話しかけたら無視されたりした人もいるそうです。今はある程度異国民文化が入り英語でもいけるようになったとは聞きますが、やはりフランス語で話したいですよね。

ありがとうございます。フランス語にやっぱりします。

お礼日時:2008/01/17 00:05

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q第2外国語はフランス語かスペイン語か?

宜しくお願いいたまし巣。
第2外国語として何語を学べば得なのか考えています。
人口的には中国語が確かに多いと思います。
使用されている国数としてフランス語かスペイン語のどちらかに絞られると思います。
どちらの語が使用されている国数が多いのでしょうか?

Aベストアンサー

こんばんわ。

大学3年生ですが、過去スペイン語1から3、フランス語1のみをとりました。

スペイン語はローマ字読みでフランス語と比較すれば簡単です。

簡単って言ってもそれなりに難しいですよ。最初は。。

文法は英語と違って活用が大変だけど、それはフランス語もスペイン語もかわらないと思います。

中南米がほとんどスペ語だし、スペイン語のが役にたつかなぁって思います。

ただ。。なぜか本屋さんでは、スペイン語の本って少ないんですよねぇ。。

Qスペイン語かフランス語かイタリア語か迷っています。

イタリアでスペイン語が通じるなら、スペイン語だけ勉強しようと思っています。
前にイタリアでスペイン語はなんとなく通じると聞いたので。

フランスにも行きたいのですが、フランス人はフランス語に誇りを持っているので英語、その他言語で話しかけてもフランス語で返してくる、無視するらしいので(あ、英語で返してくれる人もいます)フランス語も勉強しようと思いました。

スペイン語、フランス語、イタリア語か

皆さんの意見を聞かせてください。

Aベストアンサー

私はフランス語が話せて、フランスとイタリアに行った経験があります。
まずこれらの国は隣国であり、とても有名な観光地なので大体英語、フランス語、イタリア語、スペイン語は話せます。また、中等教育の過程で、たとえばフランスでは(地域によって)イタリア語、スペイン語、またはドイツ語のどれかを選択しなければいけないので、大体どの国でも通じます。
フランスでも同じことです。確かにフランス語に誇りを持っていますが、だからと言ってほかの言語で無視するということはないと思います。。。(というか私の場合そうでした)
あと各言語のむずかしさですが、スペイン語やイタリア語は比較的学びやすいですが、フランス語は難しいです。まず日本人は発音の問題がありますし、動詞の活用(conjugaison)がとても多いです。

それらを踏まえて、質問者さんが自分に合っているなと思うお好きな言語を選んでくだされば良いと思います。
勉強、がんばってくださいね(^^)

Q英語の次はフランス語、スペイン語、中国語?

英語の次に学習する言語としてフランス語,スペイン語,中国語のどれかにしようと思います。

「英語が通じない国でも使用される」、「多くの国で通用する」、「今後発展あるいは長く重要視される」

で選ぶとどのようになりますか?

宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

文句なしにスペイン語でしょう。日本人にとって、スペイン語は日本人にとって聞き取りやすい言葉ですから、すぐにマネができます。マネができるから、会話が苦労せずに短期でできるようになる。そして、ある程度は話せるようになる(半年くらい)と読み方とか、書き方、文法とかに。絶対にわけの分からん文法などから入らないことです。わたしは、日本語の文法はまるっきしダメでも、ちゃんと話せるし、書くこともできます。言葉なんて、話していて、口がもつれるように感じれば、文法的に間違っている思っています。

それに、スペイン語が話せるようになると、フランス語も、イタリア語も、ポルトガル語も自然に分かるようになります。それに、より高度な理解力英語も。

中国語は、話す人間が多いと思われていますが、同じ中国語でも、地域が異なるとまったく通じない言葉なので。今、香港とシンガポールの中国人がいますが、ほんとうに簡単なことでも、通じていないようです。北京、上海、広東、ベトナム、シンガポールしか知らないですが、まったく違った言葉を使っており、彼ら同士で中国を話しても、まったく理解し合っていないです。

スペイン語でも、使われている範囲が広大なために、地域毎に方言化されていますが、おたがいに言葉の理解はあります。それに、中南米といえば経済的に破綻したデタラメな国とのイメージが日本人にありますが、借金王国のメキシコは、すでに世界銀行に前倒しで借金を返済、無借金国に、ブラジルももう一息ってとこまで。今後の発展国に間違いましです。アルゼンチンは、人種主義が激しく、日本人などクソ食らえで相手にもしてもらえませんが。

文句なしにスペイン語でしょう。日本人にとって、スペイン語は日本人にとって聞き取りやすい言葉ですから、すぐにマネができます。マネができるから、会話が苦労せずに短期でできるようになる。そして、ある程度は話せるようになる(半年くらい)と読み方とか、書き方、文法とかに。絶対にわけの分からん文法などから入らないことです。わたしは、日本語の文法はまるっきしダメでも、ちゃんと話せるし、書くこともできます。言葉なんて、話していて、口がもつれるように感じれば、文法的に間違っている思っていま...続きを読む

Qスペイン語かフランス語

スペイン語かフランス語を学びたいと思っています。両方はムリなので、どちらかを学びたいと思っているのですが、どちらにしようか迷っています。世界各国ではどちらの方が使えますか?スペイン語は南アメリカ・フランス語はカナダ・南アフリカ・スイスと聞いたことがあります。その他に話せる国はありますか?

Aベストアンサー

スペイン語について。

1.公用語としている国 20カ国
スペイン、メキシコ、グアテマラ、エル・サルバドール、ホンジュラス、ニカラグア、コスタリカ、パナマ、
ドミニカ(共和国)、キューバ、ベネズエラ、コロンビア、エクアドール、ペルー、パラグアイ、ボリビア、チリ、アルゼンチン、ウルグアイ、赤道ギネア(アフリカ)

2.公用語、準公用語として通用する国、地域
アンドーラ(ピレネー山中)、キュラソー・アルーバ(カリブ海、オランダ領)、 プエルト・リコ(米)

スペイン語はフランス語、ポルトガル語、イタリア語、ルー^マニア語と姉妹語(ロマンス語)なのでどの言葉を先に習っても、他の4ヶ国語を学習するのが有利になります。従って当面自分が必要とする言語を先にやれば
目的がはっきりして学習しやすくなるでしょう。

参考URL:http://homewww.osaka-gaidai.ac.jp/~itotaigo/romance.html

Q世界で最も重要な3言語を選ぶとすれば

世界でもっとも重要な言語を3つ選ぶとすれば、英語、中国語、日本語になるかと思うのですが、いかがでしょうか?日本語はマイナーでしょうか?

それぞれの理由
○英語:国際交渉や国際ビジネスの場で最も用いられる言語であり、アメリカ、イギリス、カナダといった主要国やその他多くの国で用いられています。
○中国語(北京語):世界で最も話者が多い言語であり、現在の中国の成長と将来性を考えれば、中国を好きかどうかにかかわらず身につけておくべき言語になると思います。
○日本語:日本の地位は低下していると言われますが、まだ世界2位の経済大国であり、話者人口も約1億3000万と多いです。またネットの世界における日本語は英語、中国語にも劣らないプレゼンスを示しています。

次点
○フランス語:かつての国際語ですが、フランスの経済力はそれほど大きいものではなく、フランス以外の国でも話されているといってもアフリカの貧困国くらいです。
○ドイツ語:ドイツの経済力は中国に抜かれ、世界4位に低下しました。また、ドイツ人の多くは英語に堪能なため、英語でコミュニケーションが取れてしまいます。
○スペイン語:スペインおよび南米の多くの国で用いられていますが、スペインは決して主要国と言えない存在であり、南米の国々はアメリカの半植民地状態になっているので、特に重要だとはいいにくい言語です。
○アラビア語:イスラム社会で多く用いられる「聖なる言葉」ですが、イスラム教徒の多くは保守的・閉鎖的である一方で開明的なイスラム教徒は英語ができる場合が多いため、部外者が使用する機会は少ないと思われます。

世界でもっとも重要な言語を3つ選ぶとすれば、英語、中国語、日本語になるかと思うのですが、いかがでしょうか?日本語はマイナーでしょうか?

それぞれの理由
○英語:国際交渉や国際ビジネスの場で最も用いられる言語であり、アメリカ、イギリス、カナダといった主要国やその他多くの国で用いられています。
○中国語(北京語):世界で最も話者が多い言語であり、現在の中国の成長と将来性を考えれば、中国を好きかどうかにかかわらず身につけておくべき言語になると思います。
○日本語:日本の地位は低下...続きを読む

Aベストアンサー

英語以外はどれも難しいです。

ドイツ語はヨーロッパでは強いですが、それ以外では通じません。
ただし、ウェブページの数では英語に次ぐ2位という点から、
話者人口以上の存在感があるのも確かです。

フランス語はフランス以外の国はそれ程強くないです。
もちろん、国際言語である事は評価できます。

中国語はもう中国経済次第ですね。中国が先進国の仲間入りを
すればかなり強大な言語でしょう。

スペイン語は国数こそ多いですが、スペイン自体ヨーロッパでも
あまり強くなく、南米諸国の今後次第でしょう。

アラビア語も同じく国数や人口は多いですが、まだまだ
先進国といえる国はありません。

最後に日本語。経済大国かつ1億以上の人口は強いですね。
しかし国際語とは到底言えません。島国の一言語という地位から
脱却するには、観光に力を入れたり、ローマ字表記にする等の
施策が必要と思われます。

というわけで、英語に次ぐ言語をピシャリと決めるのは
難しいと思われます。

Qフランス語とドイツ語どっちがいいですか?

今年から大学で第二外国語勉強するのですが、
わけあって、後に英語とともに、フランス語かドイツ語の試験(卒業など学業には関係ない)を受ける必要があります。
試験に受かる事だけを考えて勉強しやすい(簡単)なのはどちらでしょうか?

それぞれについて長所・短所など些細な事でも構いませんので、なんでも教えてください。
失敗談や苦労する点なども教えていただけると非常にありがたいです。

Aベストアンサー

フランス語と比べるなら、ドイツ語は暗記して駆使しなければいけない情報量が「格段」に多いです。

例:新しい単語が出るたび単数形と複数形を両方個別に覚えなくてはいけない。(片方からもうひとつを誘導できない)

例2:格変化を理解するのは難しくないが、使い分けるのは大変。a, the, my, big, this などに相当する名詞を導く語をすべて16通りの可能性から選ばなければいけない。形容詞は加えて他の冠詞と合わさるかどうかでチョイスが3倍に増えます。

例3:フランス語で文法を間違えれば、それはほとんどの場合文法の間違いと認識されるだけで、意味は通ることが多い。ドイツ語でやっかいなのは文法が意味の伝達で非常に重要だということ。たとえば「私に猫がおもちゃの好きです。」と言われたら、真意を探るのにかなりの推理力がいります。ドイツ語では名詞の性や格を間違えるだけでこのような間違いが頻発します。

口頭や論文試験ならどちらでもいいと思います。文法の些細な間違いがその答えをまるごとばつにされる設問が多いような試験なら、↑のようなことを緻密にこつこつ覚えれる性格の人じゃないと苦労すると思います。私はそういう性格じゃなかったので、新聞くらいなら読めますが、この間センター試験を遊びでやってみたら、読解以外は全滅でした。フランス語に接した時間も同じくらいかと思いますが、そちらの試験はまあ大体できました。

フランス語と比べるなら、ドイツ語は暗記して駆使しなければいけない情報量が「格段」に多いです。

例:新しい単語が出るたび単数形と複数形を両方個別に覚えなくてはいけない。(片方からもうひとつを誘導できない)

例2:格変化を理解するのは難しくないが、使い分けるのは大変。a, the, my, big, this などに相当する名詞を導く語をすべて16通りの可能性から選ばなければいけない。形容詞は加えて他の冠詞と合わさるかどうかでチョイスが3倍に増えます。

例3:フランス語で文法を間違えれば、そ...続きを読む

Qフランス語、ドイツ語、イタリア語だったら、どれがお勧めですか

会話を習うなら、
フランス語、ドイツ語、イタリア語のなかで、
どれが一番お勧めですか。

習得したときに、どんな世界が広がるかとか
こんな場面で役に立つ
(イタリア料理のメニューが読めるとか、クラシック用語が分かる?とか)
と言うのを教えてください。

それと、難易度はどうでしょうか。

Aベストアンサー

僕は3つともやりましたけどどれが特別いいってこともないですよ。また、フランスとドイツにいたことはありますが、「こんな裏があったのか!?」みたいなことはあんまりなくてだいたい日本で聞く内容がそのまま反映されている感じです。まぁ日本であまり聞かれないこととしてはイタリア語は方言が多くて結構通じにくいみたいです。また、ドイツ語は方言方言ってバカみたいにみんな焦ってますがいいとこ日本語でいうと大阪弁と名古屋弁ぐらいにしか違いません。日本人からしたらどうでもいいぐらいの違いです。あとフランス語は以外とヨーロッパの共通言語的な要素があってスイス以南に行くとフランス語は出来るけど英語は出来ないっていう人にも会うことがあります。ロマンス語イタリア語スペイン語あたりの人には英語かフランス語が必ず伝わるので結構便利です。その他に重要になってくるのは文学とかの分野だと思いますが、文学に関しては詩とか出なければ別にどの言語でも同じっすね。本だったら重要なのは表現じゃなくて内容だと思うんで翻訳したヤツがそれなりに賢ければやっぱり著者が何言いたかったのかは分かるし原文じゃないと雰囲気がつかめないなんて言ってるのはエリートぶってる連中だけだと思いますよ。イタリア料理のメニューは意外とイタリア語が出来ても読めないもんで料理には料理用語があるんでこれは結局そのためだけに単語を覚えることになること必至です。クラシック用語は結構日常のイタリア語が使われていますが使われているのは単語のみで意味が結構違うんでやっぱりここでも単語の意味を新たに覚える羽目になると思われます。

難易度だったらイタリア語が簡単でフランス語ドイツ語は同じぐらいのレベルなんじゃないですかね。僕は英語の方がイタリア語よりも簡単だと思いますが↓の方が言ってるようにこれは結構際どいところで、イタリア語の方が英語よりもだいぶ変化が多いんですが、変化自体は規則的だし、変化さえ全て覚えてしまえば逆に変化してくれるのでそれぞれの単語の意味がかえって英語よりも分かりやすい、という特長もあります。ぶっちゃけ僕も今となっては英語よりもイタリア語の文章の方が読みやすいです。

僕は3つともやりましたけどどれが特別いいってこともないですよ。また、フランスとドイツにいたことはありますが、「こんな裏があったのか!?」みたいなことはあんまりなくてだいたい日本で聞く内容がそのまま反映されている感じです。まぁ日本であまり聞かれないこととしてはイタリア語は方言が多くて結構通じにくいみたいです。また、ドイツ語は方言方言ってバカみたいにみんな焦ってますがいいとこ日本語でいうと大阪弁と名古屋弁ぐらいにしか違いません。日本人からしたらどうでもいいぐらいの違いです。あとフ...続きを読む

Q第二、第三言語は何を学ぶべき??

第二、第三言語は何を学ぶべき??
こんにちは、僕は語学がとてもとても大好きな中学3年生男子です。自分は語学がとても大好きです。僕は英語だけでは語学の勉強に満足できません。そこで、独学で(可能な限り)ほかの言語もかじる程度で結構ですので学びたいと考えています。そこで質問なのですが、今後世界で重要視されてくるであろう英語以外の言語ってありますか?僕は中国語が結構重要とかフランス語が良いとか、スペインは絶対だめとかいろいろなことを聞いて、頭がぐじゃぐじゃになって整理ができません。
もしその言語の検定などがあれば合わせて教えていただければ幸いです。
どうか皆さんのお力をお貸しください。宜しくお願いします。

Aベストアンサー

需要が増えるのは、おそらく中国語でしょうけれど、いずれにせよ、英語系の言語と中国語系の言語とスペイン語系の言語を理解できるようにしておくと何かと便利です。

英語はそれ自体が世界各地で通用するし、ドイツ語やオーストリア語なども似ているので、この系統の言葉のいずれかをマスターしておくと同じ系統の言葉を読んだり聞いたりする必要が生じた時に理解しやすいです。例えば、英語で「リンゴ」は「アップル」ですが、ドイツ語では「アッぺル」です。似ていますよね。その他、文法も似ています。

一方で、英語が世界中どこへ行っても通用すると思ったら大間違い。共産圏や社会主義国では通じにくいです。その点、中華人民共和国の言葉である中国語が理解できれば、中国と関係が深い社会主義系の国々に行った時に便利ですし、世界中に散らばっている華僑と会話ができるチャンスも深まります。

同様に欧米だったら英語が通じるだろうと思ったら、これも間違い。いわゆる「ラテン系」の国々では通じにくいです。具体的にはスペインやフランスなど。こうした国々ではフランス語が通じやすいのでスペイン語ではなくフランス語を学んでもいいのですが、いずれにせよ、フランス語、スペイン語、イタリア語、ポルトガル語はお互いによく似ているので、このいずれかを習得しておくと何かと便利です。特にイタリア語とスペイン語で(片言ながら)会話をすることも可能ですし、スペイン語圏出身者が多いアメリカでは、片言のスペイン語を日常的に使うことが少なくないので、スペイン語を多少なりとも知っていると、アメリカの文学や映画や音楽に触れるうえで便利です。

これに加えてアラビア語など中東系の言葉が理解できれば、ほぼ無敵です。ただ、日本人が今後、中東の言葉をどれだけ必要とするかどうかは、他の言語に比べるとやや微妙なところなので、優先順位は下げていいような気がします。とはいえ、滅多に理解できる人がいないような言語を習得しておくと、あなた自身が稀な存在として重宝がられるでしょう。

余談ですが、「スペインは絶対だめ」という意見は初耳です。なぜなんでしょうねえ、あんなに便利で比較的シンプルなのに。

需要が増えるのは、おそらく中国語でしょうけれど、いずれにせよ、英語系の言語と中国語系の言語とスペイン語系の言語を理解できるようにしておくと何かと便利です。

英語はそれ自体が世界各地で通用するし、ドイツ語やオーストリア語なども似ているので、この系統の言葉のいずれかをマスターしておくと同じ系統の言葉を読んだり聞いたりする必要が生じた時に理解しやすいです。例えば、英語で「リンゴ」は「アップル」ですが、ドイツ語では「アッぺル」です。似ていますよね。その他、文法も似ています。

一方...続きを読む

Qフランス語やドイツ語は役に立たない?

こんにちは。昔は第2外国語の定番と言えば、フランス語かドイツ語が主流でしたが、
今では中国語と韓国語にその座を奪われていますね。
しかし、中にはフランス語やドイツ語はカッコいいだけで役に立たないと、くさす人もおります。でも、これっていささか視野が狭いのではないでしょうか? 少しでも外国に関心があるのなら どの道に進むにせよ英語は避けて通れませんが、それ以外の外国語は各人の関心や進路によって大きく変わって来るので、個人一人の意見で
全体論は出せないと思います。私も中国語の重要性は認めますが、私自身は中国語は必要ありません。 例えば、私は Marie ClaireとかElleみたいなファッション雑誌を愛読していますが、中国のファッション雑誌を読んでも意味がないからです。 同様にファッションにもグルメ関係にも無縁の人はフランス語を学んでも仕方ないかもしれません。ドイツ語は私の専門ではありませんが、同じようにオペラを学びたい人が
中国語を勉強しても役にたちませんし、それよりだたったら ドイツ語とかイタリア語の方がずっと有益です。
みなさんは、フランス語やドイツ語の学習意義について いかがお考えですか?

こんにちは。昔は第2外国語の定番と言えば、フランス語かドイツ語が主流でしたが、
今では中国語と韓国語にその座を奪われていますね。
しかし、中にはフランス語やドイツ語はカッコいいだけで役に立たないと、くさす人もおります。でも、これっていささか視野が狭いのではないでしょうか? 少しでも外国に関心があるのなら どの道に進むにせよ英語は避けて通れませんが、それ以外の外国語は各人の関心や進路によって大きく変わって来るので、個人一人の意見で
全体論は出せないと思います。私も中国語の重要性は...続きを読む

Aベストアンサー

フランス語を習得したがために、それを役立てる職に就くことになるかもしれません。
場合によってはフランス駐留とかね。
テレビ各局や新聞各社は海外に特派員を派遣していますが、その国の言語に長けている人を派遣するのが自然でしょう。

逆に考えてみますと、「役に立たない」発言をされる方の理論でいくと、日本語は英語ほど役に立たないわけです。
現代では中国語を学ぶ方が役に立つと、海外では思われているかも。

英語は別格として考えて、ではなぜ中国語韓国語の方が役に立つと思われるのか(そう言う人たちに)。
中国や韓国の文化の方が触れる機会が多いから?
ビジネスに有効だから?
誰もが中国語韓国語が必要なビジネスに就くわけではないのに。
しかも中国語、といっても、要は北京語ですよね。中国には北京語が通じない地域も多いと聞きますが。


英語以外で、その言語を学ぶ動機は、はっきり言って「興味」でいいと思います。
フランスが好きだからフランス語を学ぶ、イタリアサッカーが好きだからイタリア語を学ぶ、等々。
何事も極めると、それが大いに役に立つでしょう。
関係した仕事を得られるかも知れません。

そもそも役に立つ立たないだけで学習内容を選択するのは、自ら将来の選択肢を狭め、人生をつまらないものにしてしまうと思います。

ちなみにフランス語を勉強すると英語に対しても新発見がいっぱいあって面白いです。
フランス語は英語の兄さんですからね。

フランス語を習得したがために、それを役立てる職に就くことになるかもしれません。
場合によってはフランス駐留とかね。
テレビ各局や新聞各社は海外に特派員を派遣していますが、その国の言語に長けている人を派遣するのが自然でしょう。

逆に考えてみますと、「役に立たない」発言をされる方の理論でいくと、日本語は英語ほど役に立たないわけです。
現代では中国語を学ぶ方が役に立つと、海外では思われているかも。

英語は別格として考えて、ではなぜ中国語韓国語の方が役に立つと思われるのか(そう言う人...続きを読む

Q年齢確認が甘い居酒屋チェーン店

20歳をとっくに超えているのですが同い年の友人と居酒屋に行ったりするとたまに年齢確認をされます。
まだ未成年だった時はなんにもなかったのに…。
最近は厳しいのでしょうか。
しかし私は証明する物を持っていません。
免許もなければフリーターなので社員書もなし。
パスポートもありません。
なので口頭で生年月日を言えば通してくれる居酒屋ってどこですか?
甘い店を教えて下さい!

Aベストアンサー

最近確認が厳しいですよね…
私も、よく聞かれるんですが同じく運転免許持ってないし、
パスポートや保険証持ち歩くのも怖いので病院の診察券持ち歩いてます。

生年月日書いてるので、居酒屋チェーンとかならこれでOKですよ♪

直接の回答でなくてごめんなさい。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング