プロが教えるわが家の防犯対策術!

アメリカでは6人に1人がスペイン語を話し、
母語人口は世界で3位、公用語人口は4位と
かなり使っている人が多いにもかかわらず、
センター試験では科目になっていないなど、
フランス語・ドイツ語・中国語などにくらべて
ややマイナーな気がしているのですが、
なにか理由があるのでしょうか?
何か経済的な理由が絡んでいるなら、
その部分を特に教えて頂きたいです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

スペイン語の話者の多いのはメキシコが第1位、第2位をコロンビアと米国が競っていると思いますが、人口増加率の高い米国のヒスパニックが2位を確定するのは時間の問題でしょう。



わが国におけるスペイン語の地位が高くなったのは戦後です。明治維新から戦前までは欧州列強に追いつくために英国、ドイツ、フランスを手本にしていたため
スペイン語は重要視されなかったのでしょう。又、中南米が徐々に力をつけてきたのは戦後です。戦前は
一次産品の輸出国としてはそれなりの地位にありましたが、日本から見れば消費市場としての魅力は少なく
移民対象国としてブラジル、ペルー、アルゼンチンに関心があった程度でしょう。

米国のヒスパニックの歴史は1800年央にテキサスからカリフォルニアまでがアメリカ領として編入されてからでかなりの歴史はありますが、急激にヒスパニック人口が増え始めたのは1970年代からです。
話者としての人口は多いものの対日関係においては英語になるので、日本がこれらのヒスパニックにどう対応するのかは今後の課題でしょう。

スペイン語は国連の公用語でありわが国でも通訳試験や技能検定試験、スペイン政府の公認試験などがあるのでセンター試験の対象となる日がくるかも知れません。経済的な理由があるのかどうか分りません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!

お礼日時:2010/07/04 16:26

日本における伝統が無いからだと思います。


フランス語、ドイツ語あたりのほうが昔から有名。

スペイン語の市販教材が増えたのは最近のことです。
No.1の方がおっしゃるように、最近&これからの言葉だと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!

お礼日時:2010/07/04 16:26

マイナーな理由はその話者の多くが中南米に住んでいることに起因していると思います。


日本では殆どといっていいくらい中南米への関心は薄いですから。
ただ他の方もおしゃっておられるようにアメリカは
ヒスパニック人口が激増しており私が思うに今世紀中
にはスペイン語もアメリカの公用語になると思います。例えそうならなくても話者は激増します。
現にロサンゼルスの商店街ではスペイン語を知らないと商売にならないそうです。
そういった観点からするとスペイン語の需要は伸びることはあっても衰退することはないでしょう。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!

お礼日時:2010/07/04 16:26

私はスペイン語は専門ではないのですが、先ずセンター試験ですが、昔は共通一次試験と呼ばれ、英語、ドイツ語、フランス語の3言語からしか選択できませんでした。

しかし、後から中国語、次に韓国語が加えられました。
ドイツ語とフランス語は伝統的なもので昔から教養の外国語として英語の次に広く学ばれていました。中国語や韓国語は在日の中国人、韓国人が多いので要望が多かったのも導入の切っ掛けになったようです。この視点から行くと、在日でスペイン語を話す人はポルトガル語を話す人よりも少ないですね。

さて、別の視点から言いますと、日本ではスペイン語圏諸国に対して 今一関心が低いことが挙げられます。本国のスペインも日本では闘牛やフラメンコで有名ですが、イギリスやフランス、ドイツに比べると影が薄いですからね。中南米諸国もどうしてもアメリカの影に隠れがちです。

確かに今まではスペイン語を話す国々は政治的にも経済的にも影響力が小さかったですが、これからは 大いに伸びる可能性はあります。

一言で言えば 需要に対して人気が低いのではないでしょうか?フランス語が丁度逆ですけどね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございました!

お礼日時:2010/07/04 16:27

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q英語の次に需要の多い言語とは?使えて得をした言語について。

非常に単純な疑問なのですが、
英語の次に世界で求められている言語とは何になりますでしょうか。

ポルトガル語、スペイン語、フランス語、中国語などなど、第三外国語に非常に興味を持っています。

ああ、この言語が使えて得をした(よかった)という美談があれば教えてください。

Aベストアンサー

自分は中国語使いですが、最近中国と中国語が何かと脚光を浴びてるんでお得をしています。もちろん仕事も中国語関係です(英語も使いますが、メインは中国語です)。
 自分が中国に留学に行ったのが12年前で、その時は「中国?ああ広島の大学に行ったのか」というウソのような会話もあったくらい、中国留学ってマイナーなものでした。香港芸能界マニアが広東語を勉強したりもしてましたが、中国語ってビジネスとかより三国志とかから入ったマニアが習う言語ってイメージがありましたね。
で、今は猫も杓子も中国語って感じになってしまって中国語学習人口が増えた今、中国留学・中国語学習者の「先輩」として、今から中国語を勉強する、またはしている後輩にいろいろアドバイスできる立場になりました。また、中国の経済発展や生活レベルの向上、果ては香港・マカオ返還までを、現地でずっと見てたんで言語だけでなく様々な面で中国を見れるようになりました。また台湾にも住んでた経験があるんで、中国の中国語・台湾の中国語の比較論なんかも語れて自分の人生を左右する存在になってしまいました、中国語は。
あと、2年ほど世界中を放浪していた経験もあるんですが、中国語がしゃべれるが故に世界中の華僑から「同胞」の扱いを受けて、華僑ネットワークを使って旅先でいろいろお世話になった経験もいっぱいあります。あと得したことは、中国人パブでおねーちゃんを独占できることかな(苦笑

求められてるというより、やったらかなり得だな、と思う言語はスペイン語かな。スペイン語をベースにイタリア語とかを勉強したことがありますが、単語や語形変化がやっぱり似ているんでかなり楽でした。フランス語を勉強しておけば英語の勉強が楽になるってフランス語スピーカーが言ってました。英語の単語の半分くらいはフランス語由来なんで、フランス語の単語を覚える=英単語を覚えるのとあまり変わらない、とのことで。
そういう意味では、中国語をベースに韓国語やベトナム語を勉強もできますね。事実韓国語の勉強は中国語のおかげでかなり楽チンでした。韓国語の単語の半分以上は漢語由来なんで、中国語の一部の単語を韓国語読みしたら通じたりします。

長文失礼しました。

自分は中国語使いですが、最近中国と中国語が何かと脚光を浴びてるんでお得をしています。もちろん仕事も中国語関係です(英語も使いますが、メインは中国語です)。
 自分が中国に留学に行ったのが12年前で、その時は「中国?ああ広島の大学に行ったのか」というウソのような会話もあったくらい、中国留学ってマイナーなものでした。香港芸能界マニアが広東語を勉強したりもしてましたが、中国語ってビジネスとかより三国志とかから入ったマニアが習う言語ってイメージがありましたね。
で、今は猫も杓子も...続きを読む

Qスペイン語を学ぶ利点は?

スペイン語を学ぶ利点は?
大学に入ってスペイン語を学ぶとします。
英語はある程度で着ます。大学卒業時点で英語、スペイン語がぺらぺらだとします。
スペイン語を話す人の人口は多いと思うのですがスペイン語が話せるとどのような利点がありますか?
(将来の就職などにおいて)
なるべくモチベーションがあがるものをお願いします。

Aベストアンサー

外国語を学びそれを生かすためには先ず人に頼らないことです。英語やスペイン語を生かして仕事をする人はそういう人ばかりですから生存競争に負けます。(前置き)

英語やスペイン語が堪能なら:
1.商社やメーカの海外部門で活躍できるでしょう。現在は中南米18カ国に商社が進出しメーカも10カ国以上に生産基地を持っているので現地で活躍するチャンスがあります。勿論スペイン本国でもチャンスがあるでしょう。
2.スペイン語は国連の公用語なので日本語、英語、スペイン語が堪能なら大いにチャンスがあります。
3.語学的には、英語を基盤としてスペイン語を18才で学ぶので、15才で初めて接した外国語(英語)とは理解度や学ぶスピードがまったく異なります。英語の単語の6割ぐらいはスペイン語と同じ語源(英語はフランス語経由のラテン語起源の単語が多い)なので、スペイン語を学ぶことにより改めて英語を見直すことが出来ます。
4.日本人は英語を通じてアングロサクソンの世界を知るわけですが、スペイン語を通じてラテン社会を知ることになり、ひいてはアフリカや中近東などの世界も従来と違った視点で見ることが出来るようになるでしょう。
5.スペイン語という第二言語を学ぶことは姉妹語のイタリア語、ポルトガル語、フランス語などへの興味が湧き、多言語社会への理解が深まるでしょう。
6.趣味の世界も広がるでしょう。(旅行、映画、音楽、スポーツ、絵画、彫刻など)
7.スペイン語はアフリカの赤道ギニア共和国(公用語)プエルトリコ(カリブ海)キュラサオ(カリブ海の蘭領)アンドラ公国(スペインとフランスの間)、フィリッピンの一部階層、イスラエルの一部階層及び北米のhispanic(4千万人以上)の多いニューヨーク、マイアミ、カリフォルニアなどの州でも通じます。

外国語を学びそれを生かすためには先ず人に頼らないことです。英語やスペイン語を生かして仕事をする人はそういう人ばかりですから生存競争に負けます。(前置き)

英語やスペイン語が堪能なら:
1.商社やメーカの海外部門で活躍できるでしょう。現在は中南米18カ国に商社が進出しメーカも10カ国以上に生産基地を持っているので現地で活躍するチャンスがあります。勿論スペイン本国でもチャンスがあるでしょう。
2.スペイン語は国連の公用語なので日本語、英語、スペイン語が堪能なら大いにチャンスがあ...続きを読む


人気Q&Aランキング