会員登録で5000円分が当たります

こんにちは
スペイン語の勉強を初めて2ヶ月になります。
いきなり、初っ端からつまずいてしまいました。

実は、主語が「君」と「あなた」で動詞の活用が違う事に戸惑ってます。
日本語では、「君」と「あなた」はなんとなく使い分けて使っているように思いますが、同じような意味のようにも思います。正直、はっきりとした違いがよく解りません。

しかし、「君」と言うと日本語(僕には)では目上から目下へ使うイメージがあり、(例えば、上司が部下を呼ぶ時)普段使うと、相手に失礼な印象を与えてしまうのではないかと思い、ほとんど使いません。

「君」と「あなた」の違いってなんですか?
スペイン語での「君」と「あなた」はどのように使い分けているのですか?
スペインでも「君」を使うと失礼に当たる場合があるんでしょうか?

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

スペイン語と日本語は言語として全く関係がない(英語とフランス語、スペイン語とイタリア語などの関係とは違う)ので比較しても混乱が起こります。

むしろスペイン語としてどのように使い分けるかを覚えるべきでしょう。

Usted(あなた)
これはVuestra Mercedという呼びかけの言葉(名詞)が変化したものです。したがって二人称ではなく三人称として動詞が変化します。初対面、改まった席、外国人相手、あまり親しくない年長者など、つまりちょっと距離をおいた対人関係で使われます。母親が子供を叱るときにもよく使います。日本語なら「小泉一郎君 いうことを聞きなさい」と自分の子供のフルネームを呼んで注意するのに似ています。
スペイン語を学ぶ日本人はいかなる場合でもUstedを使えば無難です。

Tu(国によってVos)
nativoにとっては普通の呼びかけです。子供は小学校にあがるまでUstedで話すことはありません。若い人はかたぐるしい会話を嫌うので初対面でもすぐTuを使います。日本人も自然に使えれば使った方が外人らしくなくてよいでしょう。あまりtuに慣れると肝心の時にUstedが使えなくなるので注意が必要です。街を歩いていて友人にはUstedを使い(現地人では珍しいが)靴磨きの少年にtuを使った場合、これは下に見ているからではなく、少年にとってtuが慣れているからです。Ustedで話し掛けられると違和感を感じるでしょう。

日本語の君とあなたは、どちらも親しみも表すので混乱するのでしょう。スペイン語ではUstedは三人称、Tuは二人称なので基本的に違う表現です。

スペイン語は上下の関係ではなく相手との関係(親しさ)で使い分けるのが基本です。基本は文法や法律で決まっているわけではなく、あくまで個人が決める事です。したがって例外を探せばいくらでも見つかります。イタリア語、スペイン語、フランス語なども同じです。ただし、翻訳すれば日本語的に翻訳せざるを得ないので上下関係の用法となり混乱が生じます。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

日本語の「君」「あなた」は上下関係の
ニュアンスが少し入って使い分けているのに対し、
スペイン語では相手との親しさで使い分けるのですね。

解りやすい回答ありがとう御座いました。
モヤモヤしたものが晴れました。

お礼日時:2003/02/01 00:46

君:親しい友達などへ、tu


あなた:年上か、親しくない人へ,usted
「スペイン語 学習帳(主語)」で検索してね、検索エンジンで。
第2外国語で3年勉強したけど(学部は法学部)、あんまり意識しなかった。
まず、機械的に覚えることですね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

そうですね^^
まずはとにかく覚えて行こうと思います。
ありがとう御座いました。

お礼日時:2003/02/01 00:37

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qスペイン語 "tu"と "usted" の違いは何ですか?まったく分かりません

スペイン語の初学者です。

tu(君)、usted(あなた) という使い分けのようですが
君とあなたと、一体どう使い分ければいいんでしょうか?
さっぱり分かりません。

どうかよろしくアドバイスお願いします。

Aベストアンサー

国によって使い分けが若干違うようなのですが、
基本的にはtuは親しい間柄、ustedはよく知らない人や一般的な言い方、と考えておけば、大きな間違いはないと思います。
若者同士だとtuが多いかもしれません。

スペイン語以外にも、「あなた・私」言葉と「僕・君」言葉を持つ言語はありますが、やはり親しさ度合いで違います。
(フランス小説やロシア小説の邦訳を読んでいたらこういうのが出てきました。でもフランス映画の和訳字幕でこれを無視して訳してあったのもあった。距離感違うんじゃないのかなあ)
英語だと全部youなんですけどね。

こちらのトピックが参考になるのではないでしょうか。って今たまたま見つけただけなんですけど(^^;
ustedで覚えておけば無難とのこと。
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa459366.html
http://oshiete1.goo.ne.jp/qa3347265.html

国や人によって違うという話。
http://www.h6.dion.ne.jp/~kiuchi/lec206.htm
http://d.hatena.ne.jp/latinokashiwajp/searchdiary?word=*%5B%A5%B9%A5%DA%A5%A4%A5%F3%B8%EC%5D
ドイツ人のように「これからあなたを君扱いする」と言うことはない、と書いてありますが、絶対に言わないわけではなくて、言う場合もあるのではないかと思います。
テレビスペイン語会話でインタビュアーが日本に住む中南米人(国は失念)にインタビューしに行って"usted"で話しかけたら"tu"で話しましょうよ、と言われていたし、昔カセットテープ教材(スペイン語コーヒーブレイク)を聞いたときも「tuで話しましょう」という会話例がありました。まあ、会話学習番組や教材の中の話なので実際の使用率は分かりませんけれど、ありえないほどではないんでしょう。
(学習途中の者から言うのは難しいと思うので言われたらでいいと思いますが)

ちなみにtuの二人称単数vosotrosは、スペインでは使いますが、中南米では使いません。「君たち」も「あなた方」もustedesです。
(違う国があるのかわかりませんが、傾向としてはそうです)
使う活用形が少ないといえば少ないです。

在住や仕事で使ってないのでごく少ない経験ですが。
20歳前後の頃、スペイン語教室で南米出身の大学生の先生達に教わっていたときはtuで喋っていました。
誰も注意しなかったからあれはあれで良かったのかな(笑)
警官が一般人に話しかけるときはustedだと言われたことはあります。

後年、年輩者も混じってメキシコ人の年輩の先生に習ったときはustedでした。
スペイン旅行中は、若者~若い世代の大人からはtuで話かけられましたが、年輩の人からはustedで話しかけられました。

国によって使い分けが若干違うようなのですが、
基本的にはtuは親しい間柄、ustedはよく知らない人や一般的な言い方、と考えておけば、大きな間違いはないと思います。
若者同士だとtuが多いかもしれません。

スペイン語以外にも、「あなた・私」言葉と「僕・君」言葉を持つ言語はありますが、やはり親しさ度合いで違います。
(フランス小説やロシア小説の邦訳を読んでいたらこういうのが出てきました。でもフランス映画の和訳字幕でこれを無視して訳してあったのもあった。距離感違うんじゃないのかなあ)...続きを読む

Qスペイン語 実践的なtuとustedの使い分けについて

私は独学で約1年間スペイン語を学び、今月からスペイン語会話を
某語学スクールで習い始めています。初歩的な文法はわかりますが、
実践的な会話は始めたばかりです。
スペイン語では、親しさによってtu(アクセント記号省略)と
ustedが使い分けられていますという説明は、文法的にわかるのですが、
実際にどのように使い分けられているのかお尋ねしたいと思います。

スクールに何人かいるスペイン語の講師のひとり(恐らく南米出身)に、
その先生に対してtuとustedのどちらを使ったらよいか尋ねたところ、
「自分が感じる通りに自分で決めれば良いが、僕と君だったらtuの方が
近い感じがしていいね」と回答をいただきました。
その先生は見た目は私より年上に見えますが、本当のところはわかりません。
またその先生とはレッスンを2回ほどしただけで日本人の感覚では親しいとは
言えません。
私はスペイン語を外国語として学んでいるので、誰に対してもustedを使うのが
無難だと思ってきましたが、先生とのやり取りでは、スペイン語(スペイン語圏)では
上下関係や立場よりも「仲良くなろうよ、親しくなろうよ」という意思の方が好まれ、
ustedを使い続けることで逆に相手に居心地の悪さを与えてしまうのではないかと
感じました。

そこで次のような場面を踏まえて、スペイン語圏ではどのようにtuとustedが
使い分けられているのか教えてください。

・何度か面識があって(もしくはこれから何度かお世話になる予定があって)、
お互いに年齢がわからない場合、どのように使い分けるか
・先生と生徒という関係(あるいは上司と部下など日本では上下関係があると思われるもの)でも
ustedを使い続けるのは他人行儀で居心地が悪いと思われるか
・同じく先生と生徒のような立場で、初対面で生徒が先生に対してtuを使うのは
どう思われるのか
・tuとustedをどう切り替えるか(例えば初対面ならusted、次からはtuのように)
・ustedを使っていたのに急にtuを使うと相手はどう感じるのか

地域差もあると思いますが、いろいろな場面を想像していただいて
より実践的な使い分けを教えていただければ助かります。
よろしくお願いいたします。

私は独学で約1年間スペイン語を学び、今月からスペイン語会話を
某語学スクールで習い始めています。初歩的な文法はわかりますが、
実践的な会話は始めたばかりです。
スペイン語では、親しさによってtu(アクセント記号省略)と
ustedが使い分けられていますという説明は、文法的にわかるのですが、
実際にどのように使い分けられているのかお尋ねしたいと思います。

スクールに何人かいるスペイン語の講師のひとり(恐らく南米出身)に、
その先生に対してtuとustedのどちらを使ったらよいか尋ねたとこ...続きを読む

Aベストアンサー

No.1です。

>明らかに尊敬に値する立場の人というと、例えば社会的地位の高い人とかその道を極めた人などでしょうか。

判断の基準は相手ではなくあなた自身です。tutearしたくて仕方がなく、仮にtuで話しかけた場合、相手もtuで応えるでしょう。しかし、例えば大統領にtutearする理由がありません。外人である我々はustedで対応するのが普通です。

>相手が語学の先生でまだ尊敬するというほどのお付き合いがない場合初対面でtuを使っても大丈夫でしょうか。

尊敬に値するかどうかは関係なく、初対面の師弟関係では生徒はustedで対応するのが無難です。

>スペイン語圏で子供達は先生に対してどのような言葉遣いをするのでしょうか。

スペイン語圏は広範囲に及ぶので一定の基準はないでしょうが、一般的には生徒は先生に対してustedで話すことを学びます。

中南米ではスペインのようにtu, vosotrosではなく、 tu, ustedesです。
母親は二人以上のわが子に話しかける場合、ustedesを使います。スペイン人から見れば奇異に感じると思います。

ustedからtuに変わる(変える)チャンスは相手に合わせればよいと思います。
*相手が最初からtutearしてくれという場合
*あなたの友人(A)の仲間(B)が友人とtuで話し(B)が、あなたに対しても当然のごとくtutearして来たとき、Aもあなたに対しtutearを始めるでしょう。

このようにtuは誰に使えるかは分かっていても何時切り替えるかは簡単ではありません。深く考えず子供のように誰にでもtutearしても特に問題はありませんが相手によってはあなたの教養、育ちを疑うかも知れません。
スペイン語を学ぶ中で(教科書、先生、友人、映画など)自然に身についてくるので無理にtutearすることはありません。、

No.1です。

>明らかに尊敬に値する立場の人というと、例えば社会的地位の高い人とかその道を極めた人などでしょうか。

判断の基準は相手ではなくあなた自身です。tutearしたくて仕方がなく、仮にtuで話しかけた場合、相手もtuで応えるでしょう。しかし、例えば大統領にtutearする理由がありません。外人である我々はustedで対応するのが普通です。

>相手が語学の先生でまだ尊敬するというほどのお付き合いがない場合初対面でtuを使っても大丈夫でしょうか。

尊敬に値するかどうかは関係なく、初対面...続きを読む

Qスペイン語で「彼(彼女)と一緒に」

スペイン語で「彼と一緒に」とか「彼女と一緒に」と言いたい場合はcon su とかで良いのでしょうか?

ちなみに、この場合の彼、彼女は恋人のことではなく、英語で言う「He」「She」です。

スペイン語で「私と一緒に」ならconmigo、「君と一緒に」ならcontigoなのはわかります。
この流れで3人称単数の「彼(彼女)と一緒に」は何て言えばいいでしょうか?

con su で合ってるのかなあ。

スペイン語に詳しい方、教えて下さい。スペイン語勉強中です。

Aベストアンサー

あなたの質問の核心は、多分次のようなことなのだと思います。

「スペイン語で「私と一緒に」ならconmigo、「君と一緒に」ならcontigoなのはわかります。」
「では、彼女、彼、あなた(VD)ならどうか?」

「consigo」なら腑に落ちますか?

 しかし、この「consigo」は、三人称の「主語」が
彼女、彼、あなたであった場合。すなわち、
ELLA no llevaba dinero consigo.と言うときなどで使います。

しかし、ただ単に、彼女と、彼と、あなたとなら、con ella、con el、con Vd
です。

Qスペイン語でなんといいますか?

「今日はお天気がいいですね。
一緒にランチに行きませんか?
楽しみにしています」

ってスペイン語でなんといいますか?
カタカナでも教えてください。

お願いします。

Aベストアンサー

スペイン語圏の方とデートでしょうか?
(うらやまちぃ...)
「通じるのが一番」という事に重点をおいて発音しやすいものを考えてみました。
以下の様なのではいかがでしょうか?



今日はお天気がいいですね
(!)Hoy hace bien tienpo!
(オイ アセ ビエン ティエンポ)

ちょい元気めに言って下さいね
「なんていい天気なんでしょう!」の気分で。



一緒にランチにいきませんか?
(?)Vamos juntos comemos a almuerzo?
(バモス フントス コメモス ア アルムエルソ?)

バモス=英語のレッツゴーにあたります。バモスを連発するとVamos!Vamos!=行こう!行こう!になります。
Almuerzo=昼食です。juntos=一緒に。comemos=(私達)食べる。です。
ここで強調すべきはバモスとアルムエルソです。
「レッゴーランチ」ですね。
「行きませんか?」と誘うので疑問文になるので必ず文末を上にあげて(アルムエルソ)発音してください。


一緒に楽しい時間を過ごせるのを期待しています
Espero gozo de tiempo paso juntos
(エスペロ ゴソ デ ティエンポ パソ フントス)
Espero=(私が)期待する。gozo=楽しみ。tienmo=時間
paso=(私が)過ごす。juntos=一緒に
です。
(!)と(?)は記号がさかさまになのですが。
PCで出し方がわからなかったのでこの様にしておきます。

楽しいランチが実現できるといいですね^^

スペイン語圏の方とデートでしょうか?
(うらやまちぃ...)
「通じるのが一番」という事に重点をおいて発音しやすいものを考えてみました。
以下の様なのではいかがでしょうか?



今日はお天気がいいですね
(!)Hoy hace bien tienpo!
(オイ アセ ビエン ティエンポ)

ちょい元気めに言って下さいね
「なんていい天気なんでしょう!」の気分で。



一緒にランチにいきませんか?
(?)Vamos juntos comemos a almuerzo?
(バモス フントス コメモス ア アルムエルソ?)

バモ...続きを読む

Qスペイン語 「lo」教えてください。

スペイン語 「lo」 がよく理解できません。
教えてください。

Tu padre es muy simpa'tico.Y su padre lo es tambie'n.

君の父上はとても親しみやすい(優しい)よ。彼の父上もそうだよね。

こんな意味と思いますが、su padre lo の
* lo は 中性代名詞という事ですが、
英語の「it」と同じという事で良いですか?

*madre なら

Tu padre es muy simpa'tico.Y su madre la es tambie'n.
になりますか?

だとするとなぜ中性代名詞と呼ぶのでしょうか。

*madre は sua madre ですか?

Aベストアンサー

やさしい例文を通じてLoの使い方を覚えるのがいいでしょう。

1)Loは形は同じですが中性定冠詞でもあります。
Lo+形容詞で名詞を作ります。

Lo bueno=good things
Lo dulce=sweet things
Lo dificil=difficult things

Me gusta lo dulce 私は甘いもの(はなんでも)が好きです。

2)中性人称代名詞
*主語として働く ello,eso
Eso no vale それは役にたたない
*間接補語としての le (あまり使われない)
Que le vamos a hacer? そのことについてはどうしようか?
*直接補語としての  lo
これがご質問の件です。
よく使われます。

ーSabia esto? このこと知ってた?
ーNo,no lo sabia いや、知らなかった
ーNo, no lo creo いや、僕はそう思わない
ーElla es japonesa? 彼女は日本人?
ーNo, no lo es. いいえ、そうでは(日本人では)
ありません。
ーElla esta muy triste, pero lo oculta.
彼女はとても悲しんでいます。でもそれを隠しています。

Loはこのように前に述べたことを受けて、抽象的(人称、性別に関係なく)に繰り返すときに使われます。従って中性人称代名詞と呼ばれます。会話ではLoて受けず具体的に述べる(返事をする)場合があります。

Ella es japonesa? 彼女は日本人?
No, es francesa. イヤ、フランス人だよ

この基準でいけば
Es usted japonesa?に対する正しい返事は
Si, lo soy となりますが、Si, soy japonesと答えてもでもなんら問題ありません。

やさしい例文を通じてLoの使い方を覚えるのがいいでしょう。

1)Loは形は同じですが中性定冠詞でもあります。
Lo+形容詞で名詞を作ります。

Lo bueno=good things
Lo dulce=sweet things
Lo dificil=difficult things

Me gusta lo dulce 私は甘いもの(はなんでも)が好きです。

2)中性人称代名詞
*主語として働く ello,eso
Eso no vale それは役にたたない
*間接補語としての le (あまり使われない)
Que le vamos a hacer? そのことについてはどうしようか?
*直接補語としての ...続きを読む

Qスペイン語 Te quiero と Te amo の使い分け

Te quiero と Te amo は、同じスペイン語圏でも国によって使われ方がさまざまだと知りました。

が、今ひとつはっきりしません。

Te quiero だと、恋人同士の関係でもそれほど強い愛情表現ではないのでしょうか。
Te amo と言える関係が、深い恋人同士で普通なのでしょうか。

違い、簡単に教えてください。

Aベストアンサー

簡単には説明できません。あえて簡単に説明すれば、それは広義の一部を説明していると理解すべきです。

日本語の「好きです」を外国人に説明するのと似ています。好きな対象は家族、友人、恋人、ペット、食べ物など非常に幅広い意味があります。

スペイン語では初対面の相手が気に入ったときは、me cayes bienとかme gustasといいます。 Me gusta, pero no lo quiero(彼は好きだけど、愛しているわけではありません)

amarはquererに較べて少し古い言葉(表現)です。 従ってスペインより中南米で好まれるかもしれません。今日では誰でも簡単にquererを全ての対象(神、国家、家族、友人、恋人、ペット、趣味など)に使うので、te amoと言われることを好む恋人がいるかも知れません。

te amo, te quieroといわれた人はその差を考えたりはしないでしょうが日本語の「好き」や「愛している」に較べればte quieroは強烈な表現と言えるでしょう。なぜなら「君が欲しい」とも解釈できるからです。しかし、原義は「君に愛情を抱いている」という意味です。

amarとquererの使い方は地域差、個人差であり、quererの方が一般的としかいえません。英語ではどちらもto loveです。 quererには期待する、何かが(を)したいという別の意味もあります。 Quiero visitar un dia Japon(いつか日本を訪れたい)

簡単には説明できません。あえて簡単に説明すれば、それは広義の一部を説明していると理解すべきです。

日本語の「好きです」を外国人に説明するのと似ています。好きな対象は家族、友人、恋人、ペット、食べ物など非常に幅広い意味があります。

スペイン語では初対面の相手が気に入ったときは、me cayes bienとかme gustasといいます。 Me gusta, pero no lo quiero(彼は好きだけど、愛しているわけではありません)

amarはquererに較べて少し古い言葉(表現)です。 従ってスペインより中南米で好ま...続きを読む

Q「美しいですね」とスペイン語で何て言いますか?

「You are beautiful !」をスペイン語で何と言いますか??

よろしくお願いします!

Aベストアンサー

> 「美しいですね」とスペイン語で何て言いますか?
> 「You are beautiful !」をスペイン語で何と言いますか??

⇒留学中の学生さんのようですので、同年輩の女性
(つまり、girl friend またはその候補)に対して言う表現
と考えてお答えします。

Tú eres (muy) bonita.「君は(とても)きれいだ。」
Tú eres (muy) hermosa.「君は(とても)美しい。」
Tú eres (muy) linda.「君は(とても)可愛い。」
Tú eres (muy) puapa.「君は(とても)美人だ。」

なお、主語のTú「君は」を省略することができます。
Eres (muy) bonita.「(とても)きれいだね。」
などです。

以上、ご回答まで。

Qスペイン語で nos vemos ってどういう意味?

タイトルそのままです。vemosって一体なんですか? vamosの間違いでしょうか? それにしても意味不明です。教えてくださーい。

Aベストアンサー

「見る・会う」: “ver”の再帰動詞“verse”だと思いますが?

Qネイティブがよく言う ”I mean”, ”Yon know”の意味を教えて下さい。

ネイティブの方が話しをする時に頻繁に、
"I mean・・・"
"You know・・・"
という上記の言葉をよく話しているのを聞きますが、
日本語でいうと、どのような意味合いになるのでしょうか?
いくつか例文を交えて説明していただけると有難いです。
どうぞ宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

I mean・・・
今風に言えば「っていうかぁ~」みたいに使いますし、一度言ったことにもうちょっと説明を加えたいときに使います。

I like this book. この本好きなの
It's interesting for me. おもしろいんだよね
I mean, the story was good, and characters, too.
ってかさ、話はいいし、キャラクター達もいいんだよね

You know・・・
意味はないです。単に間をつなぐ「えっと」「あのね」「でしょ?」っていう軽い表現です。

You know , I was so busy today, you know, I worked so hard, too much talked to my client.
あのね 今日すっごい忙しかったよ、あのね、一生懸命仕事してさ、お客さんといっぱい話したしさぁ。

一度覚えると使いやすい言葉ではありますが、多用すると聞き苦しい感じがします。
また両方ともカジュアルな会話で使いますので、使うときは周りの人が使っているかどうかよく確認してからのほうがいいかもしれません。

I mean・・・
今風に言えば「っていうかぁ~」みたいに使いますし、一度言ったことにもうちょっと説明を加えたいときに使います。

I like this book. この本好きなの
It's interesting for me. おもしろいんだよね
I mean, the story was good, and characters, too.
ってかさ、話はいいし、キャラクター達もいいんだよね

You know・・・
意味はないです。単に間をつなぐ「えっと」「あのね」「でしょ?」っていう軽い表現です。

You know , I was so busy today, you know, I worked so hard, t...続きを読む

Qスペイン語のdeとdel

スペイン語で英語のofにあたる語にdeですが、
文章によっては、delと書いてあります。
deとdelの使い分けを教えてください。
スペイン語文法の知識がないものです(>_<)

Aベストアンサー

本当はどんな表現の中での使い分けなのか、教えていただけると詳しく分かるのですが…

一般的に言えば、deの後に定冠詞elが来る場合、一つのdelという単語になるという現象です。del は英語で言えば、of the が一つになった単語です。


このQ&Aを見た人がよく見るQ&A

人気Q&Aランキング