マンガでよめる痔のこと・薬のこと

近年核家族が増加傾向にあります。
そんな中で質問があります。
核家族の良い面悪い面をそれぞれ教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

#2です。



 念のため、最新のデータを追加します。

 核家族の典型である「夫婦と未婚の子ども」世帯は減少し、単独世帯が増加していることが読み取れます。

 もちろん、これは世帯単位の調査で、たとえばスープの冷めない距離に近居、隣居する場合は含まれていないと思われます。


 http://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k …

 
    • good
    • 2

核家族が増えると、今まで家庭内で


やられていたことが、公の機関で
やられることになります。

例えば、保育はおばあさんがやっていましたが
今では保育所です。
その保育所が少ない、と政治問題になっています。
公が保育所を造るようになる訳です。

その保育所を造る為には資金が必要です。
だから増税します。
増税したお金で保育所を建てます。

保育所で働く人が必要ですが、多くは女性です。
その女性は、孫や我が子の面倒を見ません。
お金が欲しいからです。

この関係はお年寄りの場合でも同じです。

つまり、税金を沢山払って、他人の面倒を見る。
その代わり、自分の家族は他人に面倒を見て
もらう、という図式になります。

結果は、家族の崩壊です。

(以上、武田龍夫『福祉国家の闘い』から)

つまり。
良い面・・・現金収入が増える
悪い面・・・家庭崩壊
    • good
    • 3

 核家族が、近年、増加しているというのは事実でしょうか。



 国民生活基礎調査によると、核家族の割合は30年前に60%に達しましたが、それ以後は不変というか、最近ではやや下がってきています。もちろん、3世代世帯など拡大家族は減少していますが、その代り、単身世帯や母子世帯が増えてきました。

 核家族も、30年前、すなわち1世代前にくらべてパラサイトシングルやニートを含む多様な構成に変わっているのではないかと思われます。こうした変化を取り込んだ比較でなければ意味がないという気がしますが、いかがでしょうか。
    • good
    • 4

両方経験して育ちました。



悪い面:
○逃げ場がない:同居している世代が多ければ、例えば親に叱られても爺婆に癒されるとか、子供にムカついても、爺婆がなだめてくれるとか。甘やかすだけでもダメだし、叱るだけでもダメなので。
○作業を分担しにくい:大人が多ければ、親は密室育児をせずに済むし、爺婆は孫から若さと活力をもらえるし、老人介護も分担できる。
○世代間で価値観を継承し合いにくい
○住宅数が増えて密集する

良い面:
●親子単位での結束を固めるチャンスが増える
●嫁姑問題みたいなものが少ない

ポイントとしては、こうした良い面や悪い面を意識することで、それを補えばいいのだと思います。例えば、核家族なら、ご近所などと連携をとるとか、核家族でないなら親子だけの時間を作ってやるとか、違う世代の価値観を皆で認め合うとか。
    • good
    • 1

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q核家族と大家族の具体的な違いとは

 核家族をネットで調べると、ひと組の夫婦とその未婚の子供からなる家族。「大家族」と対になる言葉。とでてきましたが、これだと大家族と核家族の具体的な違いはどのようにみわければよろしいのでしょうか?例えば夫婦に4人の未婚の子供がいればこれは大家族でしょうか?核家族でしょうか?
 ひと組の夫婦とその未婚の子供からなる家族。が核家族ということであれば、夫婦に未婚のこども10人も核家族になりませんか?

 わかるかたお手数ですがよろしくお願い致します。

Aベストアンサー

>夫婦に未婚のこども10人も核家族になりませんか?

その通り。
子だくさんの核家族です。

一般に「核家族(nuclear family)」と対になる概念は「拡大家族(extended family)」です。
これらはマードックという社会人類学者が家族形態の分類のために提唱した学術用語です。
核家族の別名として「小家族」,拡大家族の別名として「大家族」の語を用いることもありますが,
日常語の「大家族」と意味上のズレがあるため注意が必要です。

家族の定義や分類については下記URLを参考になさってください。

参考URL:http://www.mt.tama.hosei.ac.jp/~atokuyas/sociology060419.pdf

Q「周囲と同じことをする」日本文化論の具体的な例

「周囲と同じことをする」日本文化論の具体的な例

「本音」は違うかもしれませんが、協調性を大事にする日本人は「周囲と同じことをする」という事に安心感を得ると本から読んだ日本文化論に大変興味を持っておりますが、実例がないので、理解がただ概念的で実感がありません。そういう行動意識をよく理解するため、具体的な例を挙げていただけませんか。よろしければ、できるだけ多くの例をいただければ、ありがたいです。


補足:海外の新人日本語教師です。日本文化が大好きで、上記の事に興味を持っておりますので、ここにいる日本人の皆さんの知恵をお借りして、日本文化への理解を深めたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。
また勝手ですが、上記の私の質問文におかしい日本語の使い方がございましたら、訂正していただけないでしょうか。

Aベストアンサー

日本には隣百姓という言葉があります。

日本は古くから農業国でした。主要な農産物は米です。
稲作は春に田を耕し、水を張り、種をまき、雑草を取り除き、肥料をやって、秋に収穫する。
その工程、時間管理は経験がものを言います。

隣百姓というのは、熟練農家の工程を見て自分も同じ作業をする農家です。
隣と同じことをしている限り、自分だけが失敗するということはない。
1000年以上そうやって隣と合わせようとしてきた結果が今の日本人を形作っています。

北野武という日本人映画監督をご存知でしょうか。
彼は元々はコメディアンです。
彼の若い頃のジョークに「赤信号、みんなで渡れば怖くない」というものがあります。
このジョークの背景は、日本では車が全く走っていない状況でも信号が赤ければ歩行者全員止まって待っているという日本人の常識というかメンタリティーです。
ルールに疑問を持たずに黙って従うのって変じゃないか?という皮肉です。
逆に言えば、日本ではルールやマナー(日本独特のものですが)に従わない人は犯罪者とまでは言わないものの、知的水準が低いとみなされ、軽蔑されるのです。

たとえば日本では公共の場所では静かにしていることが求められます。
電車や飛行機の中で大声で喋っていると知的水準が低いと思われ軽蔑されます。
だから、電車の中で赤ちゃんが泣いたりすると、お母さんはあわてて「泣くのをやめなさい」と言います。
たとえ言葉が通じなくても「静かにしなさい」と言うのです。
この場合、赤ちゃんに通じるか通じないかは問題ではないのです。
お母さんが回りの乗客に向かって「私はルールを理解しています」と釈明しているのです。
「私は正常です」と言う為に、赤ちゃんを叱るのです。

重要なことは、日本人は赤ん坊の頃から恥をかくことは個人だけでなく、家族や一族の問題だと教育されるのです。
だから、周りの人と違うことをすることに対しては慎重になる。
周りと違うことをやって失敗すれば、あいつは馬鹿だ、親の教育が悪かったのだと軽蔑されるのです。

日本には隣百姓という言葉があります。

日本は古くから農業国でした。主要な農産物は米です。
稲作は春に田を耕し、水を張り、種をまき、雑草を取り除き、肥料をやって、秋に収穫する。
その工程、時間管理は経験がものを言います。

隣百姓というのは、熟練農家の工程を見て自分も同じ作業をする農家です。
隣と同じことをしている限り、自分だけが失敗するということはない。
1000年以上そうやって隣と合わせようとしてきた結果が今の日本人を形作っています。

北野武という日本人映画監督をご存知でしょうか...続きを読む

Qネット社会になってからのメリットデメリット

皆さん日本や諸外国がネット社会になって、メリットデメリットがでた部分ってどこらへんだとおもいますか?


メリットの部分は確かに多いですが、デメリットもその分デカいと思いませんか?ない方が日本は幸せに回ってたような感じがします。

Aベストアンサー

ネット社会になってからのメリットデメリット
皆さん日本や諸外国がネット社会になって、メリットデメリットがでた部分ってどこらへんだとおもいますか?


データーや系統だった分析ではありませんが、思い付く点をランダムに挙げると・・・
◇メリット
・瞬時に大量に多くの人と交信したり、多量のデーターや情報から検索できる。
・作成時に、容易に素早く書き換え、置き換え、コピーしたり添付したり、参照し引用が可能であり、保存や整理も容易に。
・匿名、非対面、同時に多くの人との受発信が可能な為に主導的に発信したりPRや連絡伝達が可能に成った。
・多くの場合は交信が無料であり、主目的以外の挨拶とか儀礼的な受け応えとか相づちが不要でズバリ本題が可能。
・文章や情報や画像等の記録・保存が大量に少スペース簡便に行え、取り出しや再利用も迅速に容易。

◇デメリット
・不特定多数、匿名、非対面と言うメリットは同時に無責任、虚偽、ナリスマシや憑依や荒らしや釣りのリスクを含んでいる。
・大量情報の中には虚偽、だまし、誇大、偏見な物も多く混在、利用者に取捨選択や読解力と言う見識とレベルも必要。
・犯罪&宣伝と同じで、一旦、謝りや被害が出ると広範囲に多くの人に影響し、対策とか救済が難しい。
・ウイルスや悪用する意図には、同時に瞬時に多くの人へ、人から人へ&メールからメールへ感染蔓延する。
・バーチャルなだけに無責任、過激、残酷にも、相手の気持ちやダメージを感じず、良心の呵責や倫理観を軽視放擲する。
・パクリ、無断転載が容易に行えるので、意図的or無意識にプライバシーや秘密情報を盗用したり流出の危険性がある。


>メリットの部分は確かに多いですが、デメリットもその分デカいと思いませんか?ない方が日本は幸せに回ってたような感じがします。

確かに、文明や技術の発展はメリットが大きく付加価値が高まり発展と普及をするのであろうし、多くの場合は便利に快適に効率アップに資するものが評価され発展していくのだと思う。
同時に、利害や感慨として、実社会やハード面ではデジタルが万能でアナログが捨てるべき、自然よりも高度機械化が優れているとは限らないし、視野視点と価値観で観方や受け止め方も異なる。
そのプライオリティや好悪や評価はシチュエーション&人それぞれ、物事の内容と程度で、変化し分かれると思います。
つまり、森羅万象すべてに於いて万人が一致した感性や価値観や歴史観を持っている訳でもないし、他から制約束縛を受けてコントロールされたくはないと思うので、幸せは人それぞれであり、最終的にはその人の心が決めるのだと思います。

ネット社会になってからのメリットデメリット
皆さん日本や諸外国がネット社会になって、メリットデメリットがでた部分ってどこらへんだとおもいますか?


データーや系統だった分析ではありませんが、思い付く点をランダムに挙げると・・・
◇メリット
・瞬時に大量に多くの人と交信したり、多量のデーターや情報から検索できる。
・作成時に、容易に素早く書き換え、置き換え、コピーしたり添付したり、参照し引用が可能であり、保存や整理も容易に。
・匿名、非対面、同時に多くの人との受発信が可能な為に主...続きを読む


人気Q&Aランキング