江戸時代の交通手段についてしらべています。
どんなものでもいいので、教えて下さい。
できたら、何故馬車が明治時代まで日本になかったのかも教えて下さい。
お願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

牛車があるのに,なぜ馬に曳かせなかったのでしょうか.まず牛のようにゆっくりでないと,車の輪が持たなかったのかもしれませんね.馬のよ

うに走るのは乗り心地が悪かったことも一因でしょうか.大八車があったと思いますが,それを応用することもなかったデすね.それと人力車の発明は日本ですが、馬に曳かせなかったことも不思議です.日本は山や川の凹凸の多い国で、山では上がりはいいけれど,下がりの調節とか、戦略で橋をつけさせることをしなかったこと.また道が曲折したり、狭いことで、馬車が発達しなかったことではないでしょう.むしろ北前船や,菱垣船,千石船などが、利用が多かったのではないでしょうか.か..それと農家の民には,旅行できる余裕--農地に縛り付けられて-ができなかった.生かす殺さずという武士の考えで,江戸の末期には,それが緩んで.伊勢校参りとか盛んになったが,金がかかること,追いはぎに遭うとか,合ったそうです.
    • good
    • 1
この回答へのお礼

大変参考になりました!
ありがとうございました!

お礼日時:2001/05/09 13:16

こんばんは



陸上でしたら、まず籠があります。
街道筋のほぼ宿場毎に籠屋があり、宿場と宿場の間をつなぎます。
利用するのは、主に町人や商人、旅人です。主に太い竹を組み合わせ、すだれやござのようなもので囲うという簡単な構造のものは、旅人や町人が使用します。又、木を組み合わせて箱状にしっかりと作り、扉などをつけたものは、主に商人が利用します。御殿医や特に裕福な商家のだんな衆ともなると、漆で塗った立派な専用の籠を持っていることがあります。さらにお殿様ともなると、蒔絵や彫金細工を施し、内側には高級な輸入織物を貼った非常に豪華なものを所持しています。竹組みの粗末なものは、普通二人で担ぎますが、大名用では、六名くらいで担ぐのが普通です。江戸時代の籠も、現代の車のように、裕福な方ほど、立派なのを所持していますね。
川や湖では、小さな和船が主な交通手段となります。船頭が櫓をこいで進みます。
何故馬車が明治時代まで無かったのかは、解りませんが、恐らく、馬車という乗り物自身の発想が無かったのが、一因ではないでしょうか?。どなたか詳しい方、フォローしていただければありがたいのですが。お願いします。
    • good
    • 4

 基本的に旅行というものは庶民には日本では一般的ではなく、伊勢参りなども村の代表者が行って村全員分をお祈りしてその費用(お祈り・お守り)の為にお餞別というのが生まれたと何かで読みました。


また、基本的には足で急ぐ武士などのごく一部の人間のみ馬を利用していました。かごは急な峠等ではタクシーなどのように距離がしであったようですが、これも一般的ではありません。とにかく足でした。
 馬車は、日本は世界的に雨が多く道がぬかるんでいる時期が多いことや、石などでの舗装が進んでいなかったため普及しなかったそうです。
    • good
    • 1

全くのシロートですから信用しないでください。



・吉原へは、「猪牙舟」という快速船、「四つ手篭」で行ったようです。四つ手は恐らく4人で担ぐのでしょう。恐らく両方とも速いが料金は高い。江戸時代の黄表紙には「猪牙四つ手」という表現がよく出てきます。

・有名な「高瀬舟」は底が平らな荷物運搬船のようです。京都では盛ん用いられました。

http://ww1.tiki.ne.jp/~t-ikeda/takasebune.htm

・北前船などの大型帆船は衆知のとおり。

・江戸、大阪とも水の都で、縦横に川+運河が張り巡らされていた。今も東京には「○○橋」の地名が多く残る。明治通りも元は川(=古川)。

・馬の役割:荷物運搬などに盛んに用いられた。今高輪の「物流博物館」で展示あり。

・牛の役割:荷物運搬用に盛んに用いられたが、牛車として使われた。錦絵などに描かれている。

・何故馬車が明治時代まで日本になかったのか?
想像でしかないが、当時の日本の馬は非常に小さく、速いだけが取り得で、舟や、牛の大量運搬には太刀打ちできなかった。しかも当時は道が舗装されておらず、馬に車を引かせても滑らかに動いたかどうか疑問。

幕末には既に外国人が馬車を持ち込んでいたのでは?
    • good
    • 2

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q江戸時代幕末~明治時代の漫画・サイト

幕末から明治時代にかけての動きがわかりやすい漫画かホームページはないでしょうか?
漫画では「お~い竜馬」くらいしか読んだ事がないです。
あれはだいぶ脚色されてるとの事らしいのですが、それすらもわかりませんでした。
新撰組や白虎隊、西南戦争なども知りたいです。

Aベストアンサー

私もオススメは「風雲児たち」です。
私も幕末通を自認していますが、風雲児たちを読んで、
いろいろと勉強になることが多くありました。

「るろうに剣心」はね~。
創作物と割り切って読む分には面白いですが、あれが
史実だと思っては絶対にいけません。(;^^)

あと日本史全般になりますが、
『そうだったのね!日本史』
 http://www.geocities.jp/sou_nihonshi/
もオススメします。
(漫画じゃないですが、普通に読んでも面白いサイトです。^^)

Q江戸時代と明治時代の百姓の生活の違い

明治時代都会などには西洋の文化が入ってきて江戸時代と比べて生活が急変したと思いますが田舎などでは江戸時代と比べてどれぐらい生活状況が変化したのですか?

Aベストアンサー

 明治時代は変化の激しい時代なので、大まかにひとくくりすることは難しいと思います。

 しかし、農村生活に関する限り、基本的には江戸時代の延長だといえそうです。たとえば、明治初期と末期における全就業人口に占める農業の割合は72%から65%に、GDPの割合は44%から37%へと低下しましたが、急激な変化というほどのことでもなさそうです。

 なによりも、農家戸数が550万戸のままほとんど動いていないことが、安定した農村生活の何よりの証拠だと思われます。変わらなかった第一の理由は、日本固有の「家」制度にあると考えられます。近代的な均等相続制度では、農地の細分化、流動化は避けられず、小農経営の持続性は失われがちです。

 日本の場合、経営耕地面積は小規模ですが、長男が農地を相続する制度のため、土地だけでなく、親世代まで蓄積された資本や技術、あるいは経営知識までそっくりそのまま次世代に継承されることになります。その代り、二三男はそれなりの教育を受け、都市に産業労働者として流出する仕組みです。

 これに対し東アジア、さらにヨーロッパでは一般に分割相続が普通で、世代交代ごとに土地財産は分割され、経営ノウハウも分散、断絶することになります。

 第2に、名望家や在地地主を頂点とするムラ共同体の役割があります。農家の間に強い信頼と互助の関係が結ばれ、生産や生活の基盤を形成していました。この関係は、良好な地主小作関係の維持発展にも役立ったようです。小作人というと、強欲な地主のもとで搾取されるというイメージがありますが、実は自作農と小作農のあいだに平均耕地面積や収穫量の違いはなく、小作だから貧しい、収奪されているというイメージは統計的には裏付けがありません。

 しかし、明治後期(日露戦争以後)になると、事態は大きく変わります。まず』産業革命が進行して、都市農村格差が拡大します。さらに巨額の軍事費を賄うために大増税が行われました。このため、農村の窮乏化が顕著になり、小作争議も頻発するおうになります。

 明治45年に刊行された長塚節の長編小説『土』の序文で、夏目漱石は「土の上に生み付けられて、土と共に生長した蛆同様に憐れな百姓の生活」の「最も獣類に接近した部分を精細に直叙したもの」を一度は胸の底の抱きしめるよう勧めています。しかし、これが明治時代の農民生活のすべてだと受け取ることは間違いではないでしょうか。

 明治時代は変化の激しい時代なので、大まかにひとくくりすることは難しいと思います。

 しかし、農村生活に関する限り、基本的には江戸時代の延長だといえそうです。たとえば、明治初期と末期における全就業人口に占める農業の割合は72%から65%に、GDPの割合は44%から37%へと低下しましたが、急激な変化というほどのことでもなさそうです。

 なによりも、農家戸数が550万戸のままほとんど動いていないことが、安定した農村生活の何よりの証拠だと思われます。変わらなかった第一の理由は、日本...続きを読む

Q日本の戦国時代~江戸時代初期・明治維新までの砲弾

戦国時代の大砲(大筒)の弾って、今で言う所の徹甲弾(攻城用弾)だと思うのですが、時代劇や大河ドラマでは、砲弾の対地着弾付近の侍・武士・兵士が吹き飛ばされて死傷する描写が多数見られます。
また、幕末の外国船の砲弾も、鉄球弾であり、榴弾ではなかったと思います。
しかし、炸薬が内蔵されていない鉄球である砲弾が近くに落ちても、大したことないと思います。
実際は、榴弾やそれに近い炸薬の内装された砲弾だったのでしょうか?

Aベストアンサー

視聴者にわかりやすくするための一種の演出効果なのでしょう。
それに、時代劇に限りませんが、日本のドラマ制作では軍事関係の考証は
軽視される傾向にあるので、そういう考証すらせずに単純に爆発させている
可能性もあります。

Q江戸時代と明治時代の書籍

日曜劇場JIN仁を見て、安易ですが、改めて江戸文化、風俗、そして明治時代の憲法による変化などが知りたくなりました。難しくなく、かといってマンガではない読みやすい書籍がありましたらご紹介ください。

Aベストアンサー

#2

上記サイト内の『この商品を見た後に買っているのは?』のリンクにある以下の書籍も同じ著者の作品になります(これは「なか見!検索」ができませんが、レビューが掲載されています)。
私はこれは読んでいませんが同じ著者・出版社となっていますので、こちらも興味深い内容になっているのではないかと想像いたします。

●本当に江戸の浪人は傘張りの内職をしていたのか?―時代考証でみる江戸の仕事事情
>
> 内容紹介
> 職業から江戸の世の中が見える!
>
> ~前略~
> 時代考証家である著者が御庭番や呉服屋、長屋の大家といった時代劇の定番の職業から、町道場主や花魁といった江戸ならではの職業まで、やさしく解説。「髪型でわかる医師の種類」や「地図大国であった江戸の町」「月謝をとらなかった剣術道場」「宅配便から為替システムまで完備していた飛脚のネットワーク」などの面白雑学も紹介。

次の本には、明治時代の暮らしぶりが書かれているようです。
「なか見!検索」とレビューから面白そうだと判断しました。

●明治・大正人の朝から晩まで (KAWADE夢文庫)
http://www.amazon.co.jp/%E6%98%8E%E6%B2%BB%E3%83%BB%E5%A4%A7%E6%AD%A3%E4%BA%BA%E3%81%AE%E6%9C%9D%E3%81%8B%E3%82%89%E6%99%A9%E3%81%BE%E3%81%A7-KAWADE%E5%A4%A2%E6%96%87%E5%BA%AB-%E7%B4%A0%E6%9C%B4%E3%81%AA%E7%96%91%E5%95%8F%E6%8E%A2%E6%B1%82%E4%BC%9A/dp/4309496989/ref=pd_sim_b_1
>
> 内容紹介
> 当時の衣食住から、社会や街なかの様子、仕事やしきたり、娯楽や恋愛事情、学校生活、はたまた仰天事件や(珍)ブームまで、明治・大正期を生きた先人たちの暮らしぶりが浮かび上がるオモシロ博学本!
>
> 内容(「BOOK」データベースより)
> 電灯の目もくらむ眩しさに卒倒し、洋傘をステッキの代わりに持ち歩き、テーブルマナーに苦戦して“流血騒ぎ”…。モダンでレトロな「明治・大正時代」にタイムスリップ。
>
>
> カスタマーレビュー
> 明治・大正時代の人々について、「暮らし」、「ファッション」、「食生活」、「娯楽」、「食生活」、「仕事」、「学校生活」、「しきたり・法律」、「交通・通信」に分かれて書かれています。
> ~後略~

質問者様のご希望に添う本がありましたら、古本屋さんをのぞいてみてください^^

#2

上記サイト内の『この商品を見た後に買っているのは?』のリンクにある以下の書籍も同じ著者の作品になります(これは「なか見!検索」ができませんが、レビューが掲載されています)。
私はこれは読んでいませんが同じ著者・出版社となっていますので、こちらも興味深い内容になっているのではないかと想像いたします。

●本当に江戸の浪人は傘張りの内職をしていたのか?―時代考証でみる江戸の仕事事情
>
> 内容紹介
> 職業から江戸の世の中が見える!
>
> ~前略~
> 時代考証家である著者が...続きを読む

Q江戸時代~明治時代の苗字に関して

江戸時代に公家や武家以外の一般の人々は苗字を公称できなかったと言っても多くの人が実際は苗字を持っていたそうで、明治時代になるとその苗字を使用したという話を聞きますが明治時代になってから苗字を付ける際に制約というのは特になかったのでしょうか?与謝野晶子の与謝野家はもともとの苗字は与謝野ではなかったそうですが、特に制約らしい制約は存在しなかったのでしょうか?

Aベストアンサー

江戸時代に苗字御免の人や武家以外の人は名字を公称できませんでした。持っていなかったのではなく公的な場(あるいは文書)で使ってはいけなかったのです。私的な範囲ではどこまで使われていたか正確にはわかりませんが小生のまわりで言えばまず墓があります。「俗名 竹蔵」の脇にやや小さめの字で「田中姓」のように書いてある墓がいくつもあります。「田中竹蔵」と一行に書くと苗字を唱えたことになり御法度だつたのでしょうね。
日記帳などの私的な帳面でも使われています。持ち主を示すためと思いますが裏表紙に「田中氏」のように書いてあることが多いです。
江戸時代は何かあると証文を書きました。それにはハンコを押しますが基本的に苗字が彫ってあります。古文書の研究者の話ではどう考えても田中姓のはずなのに山本というハンコが押してあることもあるそうです。
領主が特別に苗字を許可する場合その旨を伝えるだけでどんな苗字にするかは指定しません(特別に文字や苗字そのものを与える場合は別)。
一般人が公称できるようになるのは明治3年9月からですが、苗字は公的にはなかったわけですから変えるのも勝手。どんな苗字にしようと制限はなかったようです。中には永く使わなかったためにわからなくなった人もいたでしょう。こんな人は新たに作ったでしょうね。
商人は「伊勢屋」「越後屋」などの屋号を使いました。苗字が使えないためのささやかな抵抗だったかもしれません。屋号は農村などでも使っています。本家を「元屋」、東の方へ分家すると「東屋」とか。まわりに同姓の人が多いと苗字では区別できず名前か屋号で呼び合わないとややこしかったのです。

#1の方、失礼ながら、
國定忠治の本名は長岡忠次郎。笹川の繁蔵は岩瀬繁蔵。清水次郎長は山本長五郎。日本左衛門(日本駄右衛門)は濱島庄兵衛。というわけでヤクザでも苗字があります。
なお石川五右衛門の本名は古過ぎてわかりません(豊臣秀吉の頃の人)。

江戸時代に苗字御免の人や武家以外の人は名字を公称できませんでした。持っていなかったのではなく公的な場(あるいは文書)で使ってはいけなかったのです。私的な範囲ではどこまで使われていたか正確にはわかりませんが小生のまわりで言えばまず墓があります。「俗名 竹蔵」の脇にやや小さめの字で「田中姓」のように書いてある墓がいくつもあります。「田中竹蔵」と一行に書くと苗字を唱えたことになり御法度だつたのでしょうね。
日記帳などの私的な帳面でも使われています。持ち主を示すためと思いますが裏表紙...続きを読む


人気Q&Aランキング

おすすめ情報