「自己教育力」「自己学習能力」といったニュアンスの英訳を知りたいので皆さんよろしくお願いします!

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

★alamoana★と申します。



「自己教育力」や「自己学習能力」に正確に対応する英訳があるかどうかは,
わかりませんが,
その「能力」が,その人の学力よりも,
むしろ,「自分自身を律する力」に重きを置くとするならば,

self-discipline「自己訓練力」

というのがあります。
辞書でこれを調べると,「自己訓練」と載っているでしょうが,
これは,その「能力」まで含むので「自己訓練力」とすべきです。

この単語は,学習ばかりでなく,1人で黙々とトレーニングする
スポーツ選手などにもあてはまります。

その他の候補としては,若干説明的になりますが,

the ability to teach yourself

というのはどうでしょうか?
    • good
    • 0
この回答へのお礼

大変勉強になりました。ありがとうございました。自分だけの悩みとして抱え込まず、知識のある方に相談し、回答をいただいたことに嬉しさを隠しきれません!本当にありがとうございました。

お礼日時:2001/05/09 14:14

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q教職大学院・教育学部の教育学研究科

現職の小学校教員です。
今は育休中なのですが、将来的に大学院で学び直したいという希望をもっており、
現在いろいろとリサーチしているところです。

ご存知の方や、実際に教職大学院・教育学部の教育学研究科で学ばれた方がいらしたら
ぜひ教えていただきたいことがあります。


1.目的とそれに応じた大学院の選び方

大学院で学んでそれを現場で生かしたいという気持ちと、
教員から研究者に転身したいという気持ち、両方があります。
教職大学院ー現職向き
教育学研究科ー研究者への道
という認識でいたのですが、大学院の情報誌など読むと、教職大学院でも研究者育成とうたっているところもあります。
情報が錯綜してどちらがどちらに向いているのかわからなくなりました。


2.第1種免許・専修免許について

現在、小学校は第2種免許しか持っていません。
(中・高・養護学校は1種保持)
どうせ大学院に行くなら専修免許をとったほうがいいのか、とすると1種保持が前提条件なので
今のうちに1種をとっておくべきか、と考えている一方で、
果たして免許をグレードアップすることにどれだけの意義があるのかとも考えてしまいます。
今後教員・研究者としてやっていくにあたり、1種免許・専修免許を持っていることは有利(または必要)でしょうか。


どちらかの質問だけのお答えでもかまいませんし、
また、他にも何か関係することを教えていただけたらとても嬉しいです。

どうぞよろしくお願いします。

現職の小学校教員です。
今は育休中なのですが、将来的に大学院で学び直したいという希望をもっており、
現在いろいろとリサーチしているところです。

ご存知の方や、実際に教職大学院・教育学部の教育学研究科で学ばれた方がいらしたら
ぜひ教えていただきたいことがあります。


1.目的とそれに応じた大学院の選び方

大学院で学んでそれを現場で生かしたいという気持ちと、
教員から研究者に転身したいという気持ち、両方があります。
教職大学院ー現職向き
教育学研究科ー研究者への道
という認識でいたの...続きを読む

Aベストアンサー

教育学部にいたことはありませんが。


>大学院で学んでそれを現場で生かしたいという気持ちと、
>教員から研究者に転身したいという気持ち、両方があります。

研究者はあまりお勧めしません。
就職が大変だから。
北は北海道から南は沖縄まで、公募があれば履歴書を送り、断られてはへこむ、ということを何十回も経験する必要があります。

おっとその前に、業績が必要ですね。
毎年少なくとも一本は論文を書かなければなりません。
今時、博士号は必須です。最低5年はかかります。

教育学の論文を書くのであれば、小学校の授業に基づいて書くのが一番でしょう。
英語の授業の工夫、
ノートの取り方と成績の相関関係、
少人数授業のあり方、などなど。

ちょっと間違えると、子供を実験材料にしている気がしてくるかもしれません。


>教職大学院ー現職向き
>教育学研究科ー研究者への道
>という認識でいた

だいたいそれで結構です。


>教職大学院でも研究者育成とうたっているところもあります。

ぶっちゃけていえば、現職の人だけ受け入れていたのでは、定員が埋まらないんです。
だから研究者志望の人も、入学させようとする。


>第1種免許・専修免許について

研究者にはあまり関係のないものです。
履歴書には書けますけど。

専修免許はご存じのように、現場で生かすため、というよりは管理職になるために必要なものですよね。
ただ、第1種と専修を同時にとり、単位も取得し、なおかつ論文も書くというのは、至難の業です。
2年では無理です。
第1種はあってもいいと思います。
専修免許はもし大学院入学前に第1種がとれるのであれば、入学してから考えればいいでしょう。

教育学部にいたことはありませんが。


>大学院で学んでそれを現場で生かしたいという気持ちと、
>教員から研究者に転身したいという気持ち、両方があります。

研究者はあまりお勧めしません。
就職が大変だから。
北は北海道から南は沖縄まで、公募があれば履歴書を送り、断られてはへこむ、ということを何十回も経験する必要があります。

おっとその前に、業績が必要ですね。
毎年少なくとも一本は論文を書かなければなりません。
今時、博士号は必須です。最低5年はかかります。

教育学の論文を書くので...続きを読む

Q道徳教育の研究

道徳教育を行う際の留意点ってなんでしょうか?

具体的に教えていただけませんのか?

Aベストアンサー

まずは先生自身が道徳教育の目的や背景を理解したうえで、易しい言葉に直して生徒に伝えることが必要と思います。

指導要領には表面的なことしか書いてありませんから、これだけで目的や方法を理解するのは困難です。
道徳は倫理学からスタートしています。講談社学術文庫「現代倫理学入門」加藤尚武などを一度ご覧になることをお薦めします。
この本は「人を助けるために嘘をつくのは許されるか」「特効薬が1人分しかない場合、10人にどう配分するか」「幸福はどうやって計算するのか」などの哲学者が議論を闘わせてきたテーマが解説されています。(元々は放送大学のテキスト)

さらに、学校を出た後に社会人になったことを想定して、職業倫理も勉強されるのがよいと思います。
学校をでて先生になった人は教師としての倫理があるはずです。
同様に技術者は技術者倫理を在学中から学び、社会に出た後も継続的に学習をします。たとえばスペースシャトルはなぜ爆発したのか、それを防ぐにはどう行動すればよいのかなどの事例研究をします。また「専門家として、一般人からの負託に応える」ことの意味を学びます。

医師や法律家など「専門職業人」も同様です。
商人には商道徳があります。
これらを身に着ける最初の基礎を「道徳」で教えることになります。
公立校では宗教教育は出来ませんが、教師自身が宗教的な背景を持つことは自身の判断の基準になります。

低学年では集団内での協調、約束を守るとかになるでしょうし、高学年では身近な話題を自分の言葉で言わせるようなことになるのでしょうか?

実例を使って考えるのが飽きさせない工夫になります。「テレビの時間」に成り下がってしまうと教育効果が薄いと感じます。

まずは先生自身が道徳教育の目的や背景を理解したうえで、易しい言葉に直して生徒に伝えることが必要と思います。

指導要領には表面的なことしか書いてありませんから、これだけで目的や方法を理解するのは困難です。
道徳は倫理学からスタートしています。講談社学術文庫「現代倫理学入門」加藤尚武などを一度ご覧になることをお薦めします。
この本は「人を助けるために嘘をつくのは許されるか」「特効薬が1人分しかない場合、10人にどう配分するか」「幸福はどうやって計算するのか」などの哲学者が議...続きを読む

Q教育費、研究費などについて

上司から相談を受けています。
飲食などのサービスをしている会社ですが、調理師さん達がサービスや料理の参考として色んな料亭、ホテルへお忍びで行っています。個人のポケットマネーでは申し訳ないので会社で経費扱いにしたいのですが、会計事務所側では交際費としてしか取り合ってくれず困っています。
接待ではないので交際費ではありません。会議ではないので会議費でもありません。社員皆が参加していないし社会通念上の金額を超えていますので福利厚生費ではないと思います。
何か良い知恵をお願いします。

Aベストアンサー

追記:あなたのお店の調理師さんが、他のお店の偵察や新しい料理のヒントにするための費用ということですが、その費用が、食材の購入や相手のお店で使用した材料の実費で、記録があれば研修費で処理できるでしょう。お忍びとも書いてありますが、相手のお店への謝礼だとすれば、契約といわずとも、相手のお店へのお願いや謝礼金の根拠(相手のお店の人件費相当など)がないと交際費となる可能性があります。お忍びということが気になります。結論は、勉強するためにそのお店以外の第3者から材料などを購入する費用なら特に問題なく、相手のお店との間で金品の受け渡しがあるならば、証拠が必要となります。

Q東北大学教育学研究科について

過去の入試問題について、どのような問題がでるのかなどなんでもいいので教えてください。大学まで行けば閲覧できるようなのですが、遠いので行くことができません。よろしくお願いします!

Aベストアンサー

こんばんは。
現在東北大学大学院教育学研究科修士課程に在籍している者です。

入試ですが、筆記は英語(120分)と専門(120分)で、
口述試験が約30分です。

本研究科には全6コースあり英語の試験は全コース共通ですが、
専門の試験はコースによって内容も違っているため、
事前に過去問を解くか、
もしくはそのコースに在籍する教員の専門内容を著書などで理解しておく必要があります。

sakura0515さんの場合は過去問を解くことが難しいようですので、
少なくとも教員の著書などを当たっておいたほうが良いでしょう。

なお参考URLには各コースの教員や、入試情報もありますので、ぜひご覧になってみてください。

参考URL:http://www.sed.tohoku.ac.jp/index-j.html

Q教育学と教員免許

 ある大学の教員が、「教員免許を持たない者は教育学を志す資格がない」と言っていました。この場合、教育学で扱う範囲をどこまで含めるかによって違いもあるとは思いますが、一般的に言って教員免許を持たない人は、教育学の研究者とは認められないのでしょうか?
 明治大学の齋藤孝氏や東大の苅谷剛彦氏らも教育学の研究者として著名ですが、彼らのような第一線で活躍している教育学研究者も教員免許を保持しているのでしょうか?逆に、教員免許を保持していない教育学研究者は存在するのでしょうか?
 また、仮に教員免許を持っていなくても教育学が研究できるとしたら、どういった分野になるのでしょうか?
 よろしくお願いいたします。
 

Aベストアンサー

「教員免許を持たない者は教育学を志す資格がない」と言われた先生がそういう哲学を持っているというだけで、世間に通ずる意見ではないと思います。教育学と教育現場とは、理論と実践ですから必ずしも目指すところが一致するわけでありません。

実例は知りませんが、教員免許を持たない教育学者は沢山いると思います。ただ、「○○教育法」などの授業は担当できないかも知れません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報