プロが教えるわが家の防犯対策術!

律令、奈良時代の国司、受領、国造の違いがよくわかりません。
どなたか簡単に説明していただけませんか。
よろしくお願いします。

A 回答 (3件)

まず時代が違います。

国造は大化の改新以前の朝廷が支配地域を拡大する過程において、地方豪族を逐次、国造に任命していったといったもので暫定的・過渡期的な統治体制に過ぎません。まだ律令制はないし、統一された政治手法があったわけでもない。既得権益、現状追認なのです。それでも国造に任命されたことで、その地域は自動的に朝廷の支配地域に組み入れられるといったことに意義があるわけです。

それに対して国司は大化の改新以後に朝廷から派遣された地方の行政官です。国造は段階的に、国司に置き換えられることで実権を失い名誉職に棚上げされていくことになります。このように時代が重なっていないのです。国司が全国統一の職務を担うことで律令国家体制が整備されていくことになるのです。

ここまでが国造と国司の関係です。時代が違えば、権限や職務も違うのです。

これに対して受領というのは平安時代に生まれた呼称ですが、それは地方での職務を部下に丸なげして自分は都に住んだままという横着な国司が現れたから、新たな呼称が必要になったということなのです。時代が進むと名目と実態が乖離してしまったということです。名目上の地方行政のトップは都に住んでいるが、実務上の地方行政のトップは別な人で地方に住んでいるといったことが起きてしまいました。それで後者の実務上の地方行政のトップを受領と呼ぶようになったのです。

受領は、地方で区別する必要があったから生まれた呼称であって、本来は国司の一人であったのに過ぎません。そういう新しい職務が任命されたわけでもないのです。

受領に対して、都で遊んでいた国司を遥任と呼びます。国司が平安時代になって遥任と受領に階層分離してしまったわけです。受領は官位は必ずしも高くないのに遥任と呼ばれた上級国司から地方実務を任されて、地方では絶大な職務権限を握ることになった。

ですから、まずそういう時代の流れを捉えていただきたいわけです。
    • good
    • 4

>国司、受領、国造の違いがよくわかりません。



江戸時代で考えると、分かり易いですよ。
国司:藩主(幕府から任命された地域の支配者)
受領:家老・代官(藩主から任命されて、藩主に代わって統治を行う者)
国造:地元実力者(代々地域を支配していた土着豪族)
    • good
    • 2

 あの・・・  簡単に知りたいなら、広辞苑でもひいたほうがわかりやすいと思いますがぁ・・・ 、「違い」に注目してザックリと言いますと、




★ 国司

 京から地方へ派遣された官僚(第四位まで)。守、介など。

 その長官が国守。

 建前では全員が現地へ赴任するのだが、(皇族や?)高級貴族は行かないで、在京のまま給料などを受け取る階級もあった。


★ 受領

 実際にその任地(国)へ行って現地で執務にあたった国守。

 土佐日記の作者紀貫之(国守)なども受領階級。

 但し、高級貴族などが在京のまま国守になる場合は、実際に行って政務を行う"権守や介"なども受領と呼ばれる。


★ 国造

  大化の改新前の、地方(国)の豪族

  改新後は、多くは郡司(事情を知らない国司の部下として実務を取り仕切った、現地の豪族の役職)となった。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q受領国司と遥任国司について

 平安時代も中期になると律令制もかなり崩壊に近い状況であり、京官よりも見入りの豊かな国司に任命されるのを望む下級貴族も少なくなかったとか。 

かつて学生だった頃、日本史の授業で「任国に赴任するのが受領国司。赴任せずに名義だけの者が遥任国司」と習った記憶があります。

たとえば藤原摂関家や天皇にごく近い源氏の上流貴族たちが、京官の兼任として守や介(またはその権官)に任命された場合は遥任が前提とされたことでしょう。

しかしそれ以外の某姓の中下流貴族たちはどうだったのでしょうか?

長官である守が受領として国衙で職務についていれば次官の介は在京していても許されたのか、それとも京で主な役目がなければやはり守のように赴任していたのか(しなければならなかったのか)

また守が遥任で介が受領であれば、後任の守は在京していて後任の介がやはり赴任していたのか?

国司補任を紐解くと何人もの国司が同時に着任していたようですが、結局、誰が受領で誰が遥任だったのか、おおよその想像しかできず実態がつかめません。

国司制度の実態についてご存知の方、上記の疑問についてご回答いただければ幸いです。
よろしくおねがいいたします。

 平安時代も中期になると律令制もかなり崩壊に近い状況であり、京官よりも見入りの豊かな国司に任命されるのを望む下級貴族も少なくなかったとか。 

かつて学生だった頃、日本史の授業で「任国に赴任するのが受領国司。赴任せずに名義だけの者が遥任国司」と習った記憶があります。

たとえば藤原摂関家や天皇にごく近い源氏の上流貴族たちが、京官の兼任として守や介(またはその権官)に任命された場合は遥任が前提とされたことでしょう。

しかしそれ以外の某姓の中下流貴族たちはどうだったのでしょうか?

...続きを読む

Aベストアンサー

中下流貴族なら任国に赴任することもごく普通でしょう. 武家の台頭というのもその流れの一環だったような気もする.

余談ですが, 「国司」にも四等官制がしかれており, 日本ではその最下位である目にも決裁権限があったので, 理論上は目だけが任国にいても「国司としての仕事」は滞りなく進めることができます. とはいえ, 「平安中期」にはこの「理論上」が既に崩れていて守ないし介が最終的に決裁していたみたいです.

Q建武の新政で置かれた「国司」と「守護」の違いは?

はじめまして。

日本史を学習しているものです。
建武の新政で後醍醐天皇が諸国に設置された「国司」と「守護」とはどのような役割の違いがあったのでしょうか?
端的に教えていただけると嬉しいです。

Aベストアンサー

 『国司』は、大宝律令(8世紀初頭に制定)において、地方の貴族が、
 地方の国単位の行政(今で言うと県知事)と
 司法(警察)・軍事(今で言うと県警の本部長)を
 統括する役職として就きました。


 平安時代では、『国司』は、律令制で目的とされていた地方の人民統治から
 租税納入が主要任務になります。
 そして、武士が荘園や国領の警備につきます。

 
 鎌倉幕府の設立により、武士が台頭してきました。
 これにより荘園や国領を管理する武士の役職に『地頭』が定められ、
 今まで、『国司(貴族)』がしていた国単位の行政と司法・軍事を
 『守護(武士)』がするようになりました。
  
 しかし、御成敗式目(1232年)の制定で、
 『守護』の職掌を司法(警察)と軍事に限定され、
 『国司』の職掌(行政)への関与を禁じられました。

 その後、北条氏の執権政治により『国司』の支配力が衰え、
 御成敗式目は有名無実になり、形骸化してしまいました。  
 

 さて、ご質問の【建武の新政】です。
  
 今まで、形骸化していた『国司』の支配力と権限を強化し、
 昔の職掌(律令制の時の役職)へと戻ります。 
 『守護』は、職掌を軍事指揮権のみとしました。
 (今で言うと地方の警察署長くらい)
 
 律令制の官である『国司』と武家の統治機構である『守護』の並立は、
 【建武の新政】における大いなる矛盾といえます。
 
 その後、室町幕府の設立とともに
 『国司』は名前だけの名誉職となり、
 かつての『国司』の役職は『守護』が継承していくこととなります。
  
  

 こんな感じで判りますか?
 
 
 詳しくは『国司』や『守護』などでググって見てください。

 『国司』は、大宝律令(8世紀初頭に制定)において、地方の貴族が、
 地方の国単位の行政(今で言うと県知事)と
 司法(警察)・軍事(今で言うと県警の本部長)を
 統括する役職として就きました。


 平安時代では、『国司』は、律令制で目的とされていた地方の人民統治から
 租税納入が主要任務になります。
 そして、武士が荘園や国領の警備につきます。

 
 鎌倉幕府の設立により、武士が台頭してきました。
 これにより荘園や国領を管理する武士の役職に『地頭』が定められ、
 今まで、『国司...続きを読む

Q田堵と負名について

この二つが区別できません。
田堵=負名なんでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

中小企業を考えてみてください。
中小企業といえども株式会社。
けど、株主は社長だけだったりする。

山田産業株式会社。
社長山田太郎
株主山田太郎


この時、国に対して責任がある(納税する)あるときは、社長としての山田太郎。
会社の持ち主(=株主)としては 株主としての山田太郎。

田堵 というのは 耕作地の持ち主はだれよ?という視点
負名 というんは 耕作地の納税者はだれよ?という視点

だいたいが中小企業の農業生産ですので、田堵=負名となります。

Q国司、荘園領主、守護、地頭が農民に要求するモノについて

 東京書籍の「新編 新しい社会 歴史」(中学校の教科書)、山川出版社の「改訂版 新詳説 日本史」、「日本史B用語集」等で、日本史を勉強している社会人です。
国司、荘園領主、守護、地頭が農民に要求するモノについて、混乱しています。

・国司…奈良時代から。朝廷が、地方の国に貴族を派遣。
・荘園領主…奈良時代の墾田永年私財法から。
・守護…頼朝の時代から。幕府が、国ごとに警察として派遣。御家人に、領地とともに与えられる地位でもある。
・地頭…頼朝の時代から。幕府が、荘園・公領ごとに年貢の取り立て役として派遣。御家人に、領地とともに与えられる地位でもある。

という原則は、理解できました。(間違っていたら、指摘してくだされば幸いです。)

 室町時代になると、守護大名が国司の権力を吸収するようなので、話は少し簡単になると思うのですが、鎌倉時代における、これら4者の役割・権限分担がよくわかりません。(「領主に年貢を納める」、「地頭が兵役を課す」という記載が中学校の教科書にはあり、ますます混乱しています。)
これら4者が農民に要求するモノ、朝廷や幕府への年貢の流れ等、ご教示くだされば幸いです。

 東京書籍の「新編 新しい社会 歴史」(中学校の教科書)、山川出版社の「改訂版 新詳説 日本史」、「日本史B用語集」等で、日本史を勉強している社会人です。
国司、荘園領主、守護、地頭が農民に要求するモノについて、混乱しています。

・国司…奈良時代から。朝廷が、地方の国に貴族を派遣。
・荘園領主…奈良時代の墾田永年私財法から。
・守護…頼朝の時代から。幕府が、国ごとに警察として派遣。御家人に、領地とともに与えられる地位でもある。
・地頭…頼朝の時代から。幕府が、荘園・公領ごとに年...続きを読む

Aベストアンサー

NO3補足の回答です。
「荘園」とは、御存知と思いますが、墾田永年私財法の適用により、公地公民の原則をはなれて、私有を認められることにより始まり(初期荘園)、これはその後衰退しますが、11C中頃に急増する、国司の収奪を免れるために、寄進されて中央の有力者(有力貴族・寺社・皇族)名義の私領となったもの(寄進地系荘園)ですから、事実上の「私領」と考えて差し支えないと思います。言葉の上でも、○○荘と呼ばれ、○○郡・○○郷などの公領と区別されるようになります。 最も、「公領」の方も、院政期以降、引退した元天皇(=上皇・院)という私人により政治の私物化が進み、知行国制などのため、有力者が収益を得るための「私領」に等しくなります。NO1で国司を公領のオーナー(のようなもの)と表現したのはこのためです。
 鎌倉時代の守護の職務なわばりは、主に軍事警察など今で言う刑事に限られており、一般行政を司る国司との棲み分けが建前でしたが、時代が下ると、在地武士クラスである国衙の在庁官人にも命令権を行使するケースが出てきます。元寇期にそれがさらに強まり、南北朝期になると刈田狼藉取締権や使節遵行権など当時は民事と見なされていた分野にも権限が及ぶようになり、半済令に及んで荘園公領の年貢半分の徴発抑留権を持つに至って、土地・ヒトに対する支配権も強め、ほぼ一国全体を掌握する守護(守護大名)も現れます。
これにより、既に形骸化していた国司の権限は、有名無実化して名誉職のようになっていきます。ただ、守護大名クラスの有力武士が国司に任命されるケースもあったりします。
 内容が本来の質問より、領域が広がりすぎてしまったので、この上は新たに質問をたてられた方がよろしいかと存じます。

NO3補足の回答です。
「荘園」とは、御存知と思いますが、墾田永年私財法の適用により、公地公民の原則をはなれて、私有を認められることにより始まり(初期荘園)、これはその後衰退しますが、11C中頃に急増する、国司の収奪を免れるために、寄進されて中央の有力者(有力貴族・寺社・皇族)名義の私領となったもの(寄進地系荘園)ですから、事実上の「私領」と考えて差し支えないと思います。言葉の上でも、○○荘と呼ばれ、○○郡・○○郷などの公領と区別されるようになります。 最も、「公領」の方も、院政期以降、引...続きを読む

Q竪穴式住居はなぜ地面を掘り窪めた?

木と石の道具しかない時代、住居となる部分を掘り窪めた理由は何ですか。
家のまわりを土で囲うために掘りだしたのですか。
それとも、冬の寒さを凌ぐためですか。

また、地表から床面に傾斜(斜面)をつけて掘る方が楽だと思いますが、なぜか、たいていの竪穴住居では地表から床面にほとんど傾斜なし(垂直)に掘っているようです。
そして当然ですが、掘った面が崩れないように固めています。
垂直に近い形にしたのはなぜですか。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

●住居となる部分を掘り窪めた理由は何ですか。
○諸説ありますが、屋根が作りやすかったのではないかと最近言われるようになっています。
 かつては「夏涼しく、冬暖かい」とされていましたが、復元した竪穴住居に住んでみると夏場は涼しいのですが湿気が多く、冬場は底冷えがすごいそうです。

●傾斜(斜面)をつけて掘る方が楽だと思いますが
○斜めに掘ればそれだけ面積が大きくなり土量が増えてしまいますし、壁を作りにくくなります。
 また斜めになった部分は何も使えないので無駄なスペースをわざわざ作る意味はないでしょう。

Q氏姓制度 姓について

氏姓制度が一部、分かりません
連と、伴造、伴、品部についてです。

連が、職能における集団であることはおおよそ理解出来ました。が、伴造、伴、品部の役割を担った人々はそれぞれどのような姓を持っていたのですか?

伴造は伴を率いるリーダー、とありますから、連の姓を持つ氏の氏上が伴造に任命されたのかなと予想しますが、
それに対する、伴とは何なのでしょうか?その連姓の氏の氏人ですか?この場合、伴も連姓を持っていると捉えて良いのでしょうか
また、伴に従う品部とはどのような位置付けですか? 品部の構成員である部民とは氏人の内に入るのですか?(彼らも連姓を持っているのですか?)

非常に細かな質問なのに説明が拙く申し訳ないですが、教えていただけると嬉しいです
山川の詳説日本史図録より図をお借りします

Aベストアンサー

氏の成り立ち、姓の成り立ち、伴造・伴・品部の成り立ちはそれぞれ別のものです。

氏が完全に確立するのは天智天皇のときとされています。
このときに氏上や氏人の明確化がされます。
逆に言えばそればでは不明確であったということです。

姓は天武天皇の八色の姓で種類が固まります。
それ以前から姓はありますが、曖昧です。

この氏と姓の制度が公民全体に行きわたるのは奈良時代です。
戸籍や大宝律令ができても、人によって氏姓があったりなかったりで、制度として整理できるまでには時間がかかっています。

伴造・伴・品部も、一度にできたのではなく徐々に成り立ちました。
伴造と伴の区別も曖昧、伴と品部の区別も曖昧だったりします。
徐々に、伴のリーダーが伴造、伴と品部の上下関係ができたとされます。
さらに伴造のなかの有力者が別の伴造を率いるようになり、そういう有力者には連姓が多いとされています。(有力でない伴造には連姓以外もいます)

このように律令制以前の氏姓制度は曖昧な部分が多く、さらに説が複数あったりもします。
ですので、高校レベルの教科書ではきちんと書けていません。

教科書ではまるで5世紀ごろの話のように読めるかもしれませんが、実際は律令制に至るまでの数百年のことを圧縮して、かなり単純化して書かれています。
(本来、数ページの説明では収まらないですね。大学レベル以上の論文を複数読まないと、横断的な理解はできないと思います。)

氏の成り立ち、姓の成り立ち、伴造・伴・品部の成り立ちはそれぞれ別のものです。

氏が完全に確立するのは天智天皇のときとされています。
このときに氏上や氏人の明確化がされます。
逆に言えばそればでは不明確であったということです。

姓は天武天皇の八色の姓で種類が固まります。
それ以前から姓はありますが、曖昧です。

この氏と姓の制度が公民全体に行きわたるのは奈良時代です。
戸籍や大宝律令ができても、人によって氏姓があったりなかったりで、制度として整理できるまでには時間がかか...続きを読む


人気Q&Aランキング