普段大阪弁で話しているのに、
なぜ文章は標準語なんでしょうか?
(チャットとか見てもそうだし・・・)

また上記のことからして、標準語で会話することができるんでしょうか?

まあこれは大阪の人だけとは限らず、普段方言で
話している人にも言えることですが・・・。

変な質問ですいません。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (9件)

私は普段は大阪弁をしゃべっています。


文章の時は、相手次第で変えます。
近所の友達にメールするときは大阪弁やし、
大阪弁が好きやから使ってーって言われれば大阪弁で書きます。
でも、大阪弁が分からないかもという人を相手に書く時は
できるだけ標準語で書くようにしています。
それにチャットも私は大阪弁でガンガンしゃべってます(^^ゞ
ただ、変換しにくいのが問題。

多分、標準語でチャットをする人達は、
1.変換しにくい
2.相手に大阪弁が通じるか分からない
という状況からじゃないかな?と思います。

あと、文章は標準語で書いていても、
私の頭の中では大阪弁のイントネーションで流れています。
だから、会話をしても、言葉は標準語なのに
イントネーションは大阪弁という
とっても気持ち悪いものになっています(-_-;)
結局、標準語がしゃべれてないんかもしれません(^^ゞ
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。わかりやすいですね。

関西の人のチャット仲間は多いのですけど、みんなして標準語(希に方言が出る程度)だったもんで気になってました。
変換しにくいといえば、標準語の口語(というより東京弁)自体もそうですけど、相手に通じやすいようにって方が大きいんでしょうねえ。

お礼日時:2001/05/11 12:12

 前の方も指摘されていることですが、「話す」という行為と「書く」という行為との間には、思いがけないほどの隔たりがあるのです。


 つまり、発音器官があるだけでは話せないように、文字があるだけでは書けないのです。いづれも、お手本が必要なのです。すなわち、現代でいえば、両親の話し言葉を真似、教科書の書き言葉を真似、「話す」あるいは「書く」ための思考回路を形成するのです。

 ある言語が、書き言葉を獲得するのは一つの文化的な革命です。
 例えば、中世ヨーロッパでは、まともな文章は全てラテン語で書かれました。しかし、ダンテがイタリアの俗語を文学にし、シェイクスピアが英語の名文を示すことによって、それぞれの言語に書き言葉が発生したのです。

 だとすると、誰かが大阪弁で名文を書き、それを多くの人が真似れば、大阪弁文学も成立するはずです。

 なお、標準語内部でも、書き言葉の語彙・文法と、話し言葉の語彙・文法が異なるのはすでに指摘されたとおりです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
中世ヨーロッパでは、文章はラテン語で書かれていたとは知りませんでした。

お礼日時:2001/05/11 13:17

まあ、会話は相手が何者であるかわかっているから地方語で話せるけれども、文章はどんな相手にいつ読まれるやらわからない。

わかっている場合もあるけれども、チャットなどは日本人に限らず外国人も見ているかもしれない。その場合、やはり標準語を使った方が訴える力が大きいというのはありますね。

標準語で会話することができるか、ですが、やはり訛というのは抜けないと思います。ただ、標準語の表記にのっとった文章を訛をつけて読む、ということはありえると思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
TVとかで普段標準語を聞いていても、訛りだけはどうにもならない。逆に言えば、東京の人間が大阪訛りで話すのも無理があるということと同じなんでしょうねえ。

お礼日時:2001/05/11 12:27

大阪ではないですが、地方出身者です。


田舎の友人には手紙もメールも方言で書きますが、自分と同郷でない人には標準語で書きます。
理由は、意味が通じないことがあるのと、メールとかだと変換が面倒くさいから。
同郷の友人でも、メールの変換が面倒くさいから標準語で出す人もいます。電話だと標準語です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やはり下記の回答と同様意味が通じるようにってのがポイントなんですね。

お礼日時:2001/05/11 12:14

◆Naka◆


私は専門家ではないので、素人考えですが…

それは、方言云々という話よりも、口語と文語の違いから来るものではないでしょうか??
標準語を日常的に会話で使っている人も、実際に話している言葉と書いている言葉にはかなりの差が認められますよね?? (確かに方言の方が、その差は大きいですが…)

その原因がどの辺りにあるのか考えてみたんですが、文章の中では普段会話に用いている言葉のイントネーションや強弱、感情が直接的には伝わりにくい、という特性があるからではないでしょうか?
そのため、最大公約数に対してなるべく正確に伝わるようにする必要性から、標準語がポピュラーになっているものと思われます。

また、もう一つの理由として、口から出る言葉は、全て頭の中で文として構成された後に出てくるものではない、ということも挙げられると思います。
そういった意味からも、文語をそのまま会話のセリフにするのは困難ですから、特に通常方言で話している方が、標準語で会話を続けるのは、疲れを伴うかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
逆に文語をそのまま会話にするってのは無理がありますね・・・。

お礼日時:2001/05/11 11:43

だってー


「わからへん」って変換すると「輪から変」とかなるし
「なにいうてんねん」を変換すると「奈に言う天然」とか
なるんやもん~~
いちいち直すのめんどくさいやん?
その点標準語やったら楽やしね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
やっぱ、変換がめんどくせーってわけもあるのか・・・。
確かに関東の人間も普段話している言葉そのまま文にする時の変換もめんどくせーっすけどね(笑)

お礼日時:2001/05/11 10:44

学校教育では標準語で指導する事になってるのではなかったかな・・・


だから授業で使用する教科書は標準語。国語ももちろん標準語。
なので必然的に書き言葉も標準語になるわけです。

まー本当のところは文章を関西弁にすると読みにくい、の一言なのかも知れませんが。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
前に関西弁で書かれたページとか見かけたんですけど、
やっぱ読むのは大変でしたねえ(笑)

お礼日時:2001/05/11 10:31

基本的に、話し言葉と書き言葉は違います。

「言文一致」などと言って日本でも、中国でも文語体が廃れましたが、大阪だけではなくて東京でも実際に話されている言葉と文章の言葉は全く違います。英語でも基本的に同じでしょう。

大阪弁をそのまま書き言葉にした「怪人21面相」は、善悪は別とすれば、画期的な試みでした。助詞の「へ」や「は」も「え」、「わ」となってました。ある意味革命的なことです。あの脅迫状の名文句はいまだに頭にこびりついております。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
確かに文語と口語は違いますけど、
東京のようにその差が大きくないとあまりその点気になりませんねえ。
文章書くときもお堅いものでなければ、普段話しているような言葉で書いてますし・・・。

お礼日時:2001/05/11 10:01

大阪弁に例を取ると、周囲の人も大阪弁なので、無意識のうちに、順応しています。


会話の時は、頭で考えた言葉が、意識しなくても口からでますから、当然、大阪弁になります。

一方、文章に書く場合は、頭で考えたことを整理しながら文字にします。ここで、ワンクッション有りますから、標準語に変換して書くのだと思います。
また、文章の場合、誰が読むかも分かりませんから、意識して標準語にする。

こんなことでは無いでしょうか。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。
誰が読むかも分からないということで、標準語ですか。
確かに方言で書かれた文章は読みにくいですからねえ。

お礼日時:2001/05/11 09:41

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大阪弁で「しばく」・・・

大阪弁について、お聞きします。

・「茶をしばかへん?」と、「しばいたろか」の「しばく」は、同じ意味ですか?
・他に「しばく」の使い方としては、どんな例がありますか?
・普通の言い方ですか、少しくだけた言い方ですか?
・本来、どういうところからできた言葉ですか?

結構大阪弁に接する機会も多く、なじんでいるのですが、この言葉は違和感があるので・・・

Aベストアンサー

奈良県在住(男)ですけど、私はたまに使いますよ。男同士でですけどね。「茶、しばきにいけへん?」
これ、結構新しい言葉だと思いますよ。私が子供のころはこんないいかたしませんでしたもん。
もちろん、女性相手の場合はこんな言い方はしません。「お茶でも飲みにいけへん?」でしょ。「茶、しばきにいけへん?」なんてナンパされたら、いくら大阪の女の子でも引くって。

また、#1の方もおっしゃられているように「牛しばく(吉野家に行く)」「鳥しばく(ケンタッキーに行く)」(「鳥いわす」は初耳・・・)は使いませんね。大阪の一部の人じゃないですかね。こんな言葉使っているの。第一、吉野家やケンタッキーには年寄りは行かないだろうから、若者言葉ですよ。きっと。

ちなみに「しばく」の語源についてたずねられてますけど、これ、標準語ですよ。うそだと思ったら辞書引いてください。「むちや棒で強く打つ。たたく。」とあります。
「しばくで」「しばくど」は「たたきますよ」と言う意味です。標準語です(標準語だと「しばくよ」になると思うので、助詞だけ関西弁)。
「何々する」と言う意味に転用したのは、若者でしょう。最初は「茶、しにいけへん?」といっていたのが、いつの間にか「茶、しばきにいけへん?」になったのでは。こちらのほうがテンポが大阪的でいいからかなぁ?

奈良県在住(男)ですけど、私はたまに使いますよ。男同士でですけどね。「茶、しばきにいけへん?」
これ、結構新しい言葉だと思いますよ。私が子供のころはこんないいかたしませんでしたもん。
もちろん、女性相手の場合はこんな言い方はしません。「お茶でも飲みにいけへん?」でしょ。「茶、しばきにいけへん?」なんてナンパされたら、いくら大阪の女の子でも引くって。

また、#1の方もおっしゃられているように「牛しばく(吉野家に行く)」「鳥しばく(ケンタッキーに行く)」(「鳥いわす」は初耳...続きを読む

Q大阪弁と関西弁

大阪弁と関西弁は違うのですか?違うとしたら、何がどう違うのでしょうか。また、書店に方言のベラベラブックみたいな本は売っていますか?

Aベストアンサー

2年前まで神戸に住んでいましたが、職場が播州だったので
すっかり播州弁が身に付いていました。
★まず関西弁を話す地域は・・・
大阪府・兵庫県(但馬地方・上郡を除く)・京都府(丹後地方
を除く)・滋賀県(湖北地方の一部を除く)・福井県(嶺南
地方)・三重県(桑名郡の一部・紀東地方を除く)・奈良県
(吉野郡の一部を除く)・和歌山県(紀南地方を除く)
詳しくみればもっと複雑です。

★大阪府内でも泉州・河内など独特の方言があるが、その中で
最大公約数的なことばを現在の大阪弁と言っているようです。

★昔の船場ことば こそ大阪弁ですが、現在ではかなり廃れて
しまっている現状です。

『ごりょんはん』『いとはん』など

★方言辞典
 学研刊『最新ひと目でわかる全国方言一覧辞典』
 ISBN4-05-300299-0

なかなか楽しい辞典です。

Q「みなはれ」の使い方?

日本語を勉強している外国人ですが、ときどき「やってみはなれ」、「売ってみはなれ」の文を見ましたが、「みなはれ」の意味、使い方が分かりません。大阪弁ですか。教えて頂きます。

Aベストアンサー

ずいぶん古い大阪弁で、その言葉を使っていた人はもういないのではないかと思います。
言い方によっては相手に反論するきつい言葉になります。
「そんな事がでけへんのか」「偉そうに云いはるのやったらあんたがやってみなはれ!」
そんなことができないのか  威張った云い方するのだったらあなたが遣ってみなさい。

やってみなはれも 売ってみなはれも、ためしてみたらと云う時にもつかいます。

うまいこと行くかどうか分からんけど、いちどやってみなはれ。
もの好きな人もいるから、ためしに売ってみなはれ。

でも今この言葉を使いこなすのはかなり高齢の人かと思います。

Q「大阪弁」と「関西弁」の違い

題名の通りなんですが、両者の違いは何なんでしょうか?変な質問ですみません。

Aベストアンサー

個人的に関西弁は無いと思っています。
関西以外の人が聞き分けできないので十派一絡げにして表現しているのが通称関西弁。

また大阪弁でも非常に小さな地域でイントネーションが違います。
ネイティブでも最近わかり辛くなってきてます。

東京の人が関西弁と思っているのは強調されたテレビ関西弁のような感じがします。

Q大阪弁?

まず初めに、カテゴリーがどこか迷ったので間違っていたらすみません。あと、同じような質問が過去に出ていたら突っ込んでやってください。

私が今回皆さんに教えていただきたいのは、『関西弁と大阪弁の違い』です。

今私は、なんとなく大阪弁と呼ばれるようなイントネーションにはなっているのですが、生まれたときから大阪、というわけではないので中途半端に関西っぽい喋り方になっているんです。
「それ、大阪弁?」と訊かれるとなんと答えていいのか迷います。
生粋の大阪弁ではないけれど、私が話しているのは大阪弁でいいのか、その前に関西弁と大阪弁ってどこか違うのか。

ご存知の方、教えてください。

Aベストアンサー

ひとくちに関西弁・大阪弁といっても、地域や年代や職業や育ちによって、それぞれ違います。
たとえば、「来ない」は地域によって「きーへん」「きやへん」「けーへん」「こーへん」というなどの差があります。
関西人がみな「でんがなまんがな」と言っているわけでもないし、「なにさらしてけつかんねん」の意味は広く通じても使う人や使う状況は限られます。東京生まれの人がみな「てやんでぃべらぼうめぇ」と言っているわけではないのと同じです。

関西の言葉は、他から見れば「関西弁」とひとくくりにされます。
関西の中で京都か大阪か神戸かを問う場合や、大阪の中で北摂方面か泉南方面か等々を問われる場合は別として、関西以外の場所では関西弁と大阪弁の違いはほとんど意味がないといえるでしょう。

Q標準語か方言か

標準語を話さなければいけない仕事をしています。全国の人が集まる会で、あなたのその言い方はおかしいと言われることがあります。これは正しい言い方かまたは方言か、または誤った言い方か相談できるサイトや研究施設がありましたら教えていただきたいです。たちまち今上に「話さなければいけない仕事」と書きましたが、これは「話さなければならない仕事」が標準語と思いますが、私が書いたものも正しいでしょうか。

Aベストアンサー

こればかりは標準語を使う方とたくさんお話しをし、慣れるしかないでしょうね。
話さんといかん仕事
とか
非標準だということは理解できるのだと思います。
がんばってください。
参考に
http://www.geocities.com/SoHo/Lofts/4649/osaka.htm
このようなものがありますが。

Q大阪弁満載の本

大阪弁の話し言葉が頻繁に出てる本ってありませんか??


大阪弁がたくさんあればいいです。

大阪弁辞書読んどきゃいい!!って回答はなしで!笑

Aベストアンサー

「ナニワ金融道」など青木 雄二氏が書いた本。
ただし、関西出身でない自分には本当の関西弁かどうかはわかりませんけど。

Q方言と標準語に対するイメージ

 最近、方言に関して皆さんにいろいろと質問させていただいておりますが、今回皆さんにお聞きしたいことは、東京以外にお住まいの方は標準語あるいは東京の言葉(標準語と東京の方言は本来別のものですが)に関してどのような意見、あるいはイメージをお持ちですか。
 また、東京にお住まいの方、あるいは東京出身の方は東京以外の方言に対してどのような意見やイメージをお持ちですか。
 私は生まれも育ちも東京なので、東京以外にお住まいの方が方言と標準語とをどのようにとらえているのか興味があります。
 何でもよいので思われていることを教えて下さい。よろしくお願いします。
 

Aベストアンサー

代々大阪に住んでおります。
ここでの回答や論文、著書などは当然のことながら、標準語で記しています。けれども、日常生活は勿論大阪弁ですネ。それに標準語は書くことはできても、正しく発音することができませんから、講義や講演の時も自分なりに努力した標準語的大阪弁となっています。イントネーションやアクセントはどうしても標準語式に使うことができませんからネ。
東京の下町に何代も前から住まれている方々の東京弁は立派な地方文化に基づく方言ですから、非常に好感を持っています。
けれども、標準語という文化の裏づけのない言葉は、テレビのアナウンサー達が使う程度の道具に過ぎず、日常的に使うべきものではないように思うのです。
過去に方言について質問を立ち上げたことがありますhttp://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=17580
その中で質問とお礼や補足に方言と標準語に対する思いを語っておりますので、ご参考にしてください。
以上kawakawaでした

参考URL:http://www.okweb.ne.jp/kotaeru.php3?q=17580

代々大阪に住んでおります。
ここでの回答や論文、著書などは当然のことながら、標準語で記しています。けれども、日常生活は勿論大阪弁ですネ。それに標準語は書くことはできても、正しく発音することができませんから、講義や講演の時も自分なりに努力した標準語的大阪弁となっています。イントネーションやアクセントはどうしても標準語式に使うことができませんからネ。
東京の下町に何代も前から住まれている方々の東京弁は立派な地方文化に基づく方言ですから、非常に好感を持っています。
けれども、標...続きを読む

Q大阪弁辞典があるなら教えて欲しいです。

私は大阪(市内)に生まれた時から住んでいて、この土地が、大阪弁が大好きなんです。
でも、自分の使っている大阪弁は、標準語やその他の方言が入り混じって変形しており、正確な大阪弁ではないと思います。
正確で純粋な大阪弁を知っていて、話す(話せる)人も、現代では少なくなっているように思います。
私の身近にもおりません。
でも、自分が大阪人で、大阪弁が好きだというのなら、古来からある今ではすたれて使われなくなった大阪弁でも、可能な限り勉強して、使わないまでも知識として持っていたいと常々思っていました。
大阪弁の全てが分かるような辞書か辞典があるのなら、ご存知な方は教えて頂けませんか。
そうした書籍の販売を取り扱っているサイトがあるようでしたら、そちらの方も教えて頂ければと思います。
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

書名:大阪辯(大阪弁)
編者:大阪ことばの会、牧村史陽(1898-1979)
出版:清文堂書店(大阪)
版年:1948.4-1954.10
判型:7冊、19cm
    第1輯-第6輯/刊:清文堂書店
    + 第7集  /刊:杉本書店

 日本の古本屋
 http://www.kosho.or.jp/index.html
 古書 全7冊揃い 2件ヒット \11,000 ~ \15,000





書名:大阪方言事典
編者:牧村史陽
出版:杉本書店(大阪)
版年:1955
判型:819p、19cm

 日本の古本屋
 http://www.kosho.or.jp/index.html
 古書 8 件(冊)ヒット \3,500 ~ \7,500
 

参考URL:http://www.kosho.or.jp/index.html

Q三重県民はどうして方言関西弁なのか?

三重県民の人はどうして方言関西弁用いるのか理解できない為、具体的に教えて下さい。

Aベストアンサー

伊勢神宮と都(京都)の関係だと思います。大阪弁でなく京都弁に近いと思います。三重県には多くの神宮領がありました。20年に一度の式年遷宮には当たり前のように三重県民にはお宅はいくらと奉加帳が回ってきます。伊勢神宮の影響力は大きかったと思います。

三重県の北部の桑名は名古屋弁が混ざっています。名張、伊賀はほとんど奈良弁です。南部の熊野あたりは紀州弁です。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報