文献で、メカニズムについて、
1.pH低下による珪酸の重合、ゲル化
2.多価陽イオンとの反応による重合、ゲル化
という反応があるからと記されていました。
「重合」というものがよくわからないのと、
ゲル化状況がイメージできません。
視覚的にも簡単にわかるような資料、HPなども
ありましたら、追加でお願いします。
よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (2件)

ケイ酸エステルを使った重合なのでしょうか。


まず「重合」についてですが、これは「縮合」ともいいます。
高分子(ポリマー・プラスチック類です)の合成をイメージして
いただければ良いかなとおもいますが、分子同士が新たな共有結
合を作って、結びつく事を示す言葉です。
エステルにしたりエーテルにしたりすることで結合させます。
酸とアルコールからエステルを、アルコール同士でエーテルを
作るような反応後水1分子が出るものは、脱水縮合と呼ばれます。

例)エステル結合
R-CO-OH + R'-OH -> R-CO-O-R' + H2O

このケイ酸のゲルも同じ様な反応です。
たぶん原料のケイ酸はエステルになっているとおもいますが、
これを酸性条件下に置くと、原料のアルコールの酸素に水素イオンが
ついて、アルコールとして脱離しやすくなります。
その部分と他のケイ酸の酸素とが反応していきます。
この反応が周りのケイ酸と次々とすすんでいくことで、
大きな分子となりケイ酸のゲルとなります。

多価陽イオンを使うと、その陽イオンの周りにケイ酸が配位して、
ゲル化しやすくなっているんじゃないかと思います。

以前、文献を読んでいたときにケイ酸のゲルに化合物を混ぜるという
操作があって、調べただけなのですが。
たぶん、ゾル-ゲルについての教科書に載っていますよ。
実験化学講座にも載っていたような気がします。
シリカを使った研究は多いでしょうから。


面白いサイトがありましたので、参考に載せておきます。

参考URL:http://www.sfc.keio.ac.jp/~t98252tk/wcc/15/peli1 …
    • good
    • 0

直接的な回答ではありませんが、以下の成書は参考になりますでしょうか?


==================================
無機化学全書  X2 2
出版地 :東京
出版者 :丸善
出版年月:1986.7
資料形態:551p  27cm  28000円
各巻書名: ケイ素   岩崎岩次∥編
注記  : 監修:柴田雄次,木村健二郎
件名  : 無機化学
内容  : 各章末:文献
ISBN:4621030906
==================================
以前調べたことがありますが、そのとき詳細な記載があったことを記憶してます(引用文献等は少し古いかもしれませんんが?)。

ご参考まで。
    • good
    • 0

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qフレアパンツ、ワイドパンツ

最近はスキニーだったり、スリムパンツだったりと細身の物が主流のようですが、フレアパンツ、ワイドパンツは 流行としては無しなのでしょうか?

もし有りなら、流行風に着こなすにはどんなものがいいでしょうか?

Aベストアンサー

ファッション業界側に言わせると
流行としては去年からワイドを仕掛けているが
なかなか売れない、というのが実情のようです。

長い間スキニーが流行ってきましたから
ボトムをワイドにしてもどう履きこなせばイイか分からないとか
ワイドボトムにあわせるトップスを持っていないといった
反応が多いようです。
景気が悪く、消費者が服に掛けられるお金が減ってきているので
大きなトレンド変化がなかなか受け入れらないのでしょう。

> もし有りなら、流行風に着こなすには
発信されているトレンドは80年代です。
肩を強調して、腰から下を太く真っ直ぐ落す、Yラインです。
(後からみてシルエットがY字を描くライン。)
以下は只今開催中のミラノコレクションから。
http://www.style.com/fashionshows/complete/slideshow/F2009RTW-MAXMARA?event=show1922&designer=design_house242&trend=&iphoto=14
http://www.style.com/fashionshows/complete/slideshow/F2009RTW-MAXMARA?event=show1922&designer=design_house242&trend=&iphoto=39
ただし、80年代は体躯ががっしりしてないと似合わないので
一般的に日本人には難しいとされます。
日本人にはロング&リーン(長く垂れ下がった)とか
Iライン(後からみてI字を描くライン)と呼ばれる
肩を小さくまとめて頭の天辺から足元まで真っ直ぐストンとしたシルエットの方が
まとめやすいかも知れません。
以下はロンドンコレクション。
http://image.blog.livedoor.jp/tokiolondon/imgs/8/a/8a6f817d.jpg
http://image.blog.livedoor.jp/tokiolondon/imgs/4/5/45a69ec9.jpg
http://image.blog.livedoor.jp/tokiolondon/imgs/d/1/d18565c6.jpg
ショーなので派手ですし
あわてて拾ったので丁度イイ写真だとは言いにくいのですが
ワイドなボトムに対して、頭→首→肩をどういうラインでまとめるか?
のバランスに注目していただければと思います。

ファッション業界側に言わせると
流行としては去年からワイドを仕掛けているが
なかなか売れない、というのが実情のようです。

長い間スキニーが流行ってきましたから
ボトムをワイドにしてもどう履きこなせばイイか分からないとか
ワイドボトムにあわせるトップスを持っていないといった
反応が多いようです。
景気が悪く、消費者が服に掛けられるお金が減ってきているので
大きなトレンド変化がなかなか受け入れらないのでしょう。

> もし有りなら、流行風に着こなすには
発信されているトレンド...続きを読む

Qグラフト化=ゲル化=架橋反応??

こんにちは。大学生です。
高分子化学の中でもヒドロゲルについて初歩的な質問なんですが…

質問タイトルの3つの言葉なんですが、私はいつも同じ意味と捉えていましたが、何か違うのかなーという気もしてきました。少し意味が違ったりするのでしょうか??

分かる方、よろしくお願いします!

Aベストアンサー

グラフト化は直鎖状のポリマー分子に枝分かれを作ること。

架橋反応は二本の高分子鎖を結ぶ反応

ゲル化はドロドロ、プルプル状態になることで化学反応に限らない

って感じでしょうか。アガロースゲルなんて分子が絡まって
ゲル状になってるだけですよね。

Qゲル電気泳動について

ゲル電気泳動についてある本に
「以下の問いの正誤について答えよ。
ゲル電気泳動は、分離後ゲルからタンパク質を回収する事はできない。
この回答として、誤りで、以下の理由はこうかいてありました。
ゲルからの回収率は、決して良くはないが回収でき、一次構造決定、抗体の
作成等に用いる事ができる。」とありました。
これを読んで私はこう思いました。
ゲル電気泳動は、分子サイズ(分子量)の小さいものが先に溶出するので、
タンパク質が分子量が大きいことより後から溶出するので、ゲルからの回収率が良くない
ってことでしょうか?
ご存知の方がいらっしゃいましたら、ご返答よろしくお願いします。

Aベストアンサー

こんにちは。

ゲルは網目構造になっているため、小さい分子は溶出しやすいですが、大きい分子は
溶出しにくいのです。
ただ、全く溶出しない訳ではありません。しかし、大きい分子では網目に引っかかり
やすいのです。立体構造が複雑だったりすることも要因のひとつですが・・・。

ゲル濃度にも大きく依存しますので、高分子であってもゲル濃度が薄ければ溶出効率
は上がります。私もアミノ酸配列分析のための蛋白質回収効率をゲル濃度と泳動時間
の工夫で上げて、成功したことがあります。

ちなみに、溶出方法にも色々あるので方法によってはかなり回収できるものもあります。
例えば、泳動後のゲルを小さくカットし、専用の機械にかけ、さらに電気をかけることで
ゲルから溶液中に蛋白を電気的に溶出することで高収率を期待できる商品もあります。
『ゲルからの電気抽出』などで検索されてはどうでしょうか?

Qこの重合はラジカル重合、カチオン重合のどちらなのでしょうか。

光重合に関する質問です。イオン交換水とポリビニールアルコールの10[%]濃度の混合液に、開始剤としてメチレンブルー、促進剤としてトリエタノールアミン、モノマーとしてアクリルアミドを溶解させています。今まで、この場合の重合はラジカル重合だと思っていましたが、勉強を進めていくうちにカチオン重合ではないかと思い始めました。どなたか詳しい方教えて下さい。メチレンブルーとトリエタノールアミンの酸化還元反応で発生したトリエタノールアミンのラジカルカチオンがアクリルアミドと反応し重合が起こるのだと自分では理解しています。高専の情報系学科出身で化学をほとんど勉強してないので苦労しています。

Aベストアンサー

難しい質問ですね。doc sundayさんも仰ってますが、アニオン重合は知られていますね。ご質問の重合が二重結合のパイ結合の開裂であるとするとアミド基の電気陰性が大きいので、二重結合の電荷密度は低いと考えられるので、その部分にカチオンがアタックする可能性は高くはないと考えられます。即ち、カチオン重合は起こりにくいと考えられます。一方ラジカル重合だとするとジフェニルピクリルヒドラジルを添加して重合が止まれば、まず間違いなくラジカル重合で、CrCl2を添加して重合が止まれば、単純にラジカル重合とは言えないということになるように思います。もし、ラジカルとはいいけれない場合は、次の段階としてESRを用いて活性末端のG値を調べれば、ラジカルかラジカルカチオンかの違いは見れるのではないでしょうか。

QSDS-PAGEで、ゲルを作製するときに重層する蒸留水について

SDS-PAGEでゲルを作製するとき、分離ゲルに蒸留水を重層します。しかし、かなりそっと重層しても分離ゲルと蒸留水が混ざってしまい、ゲルが硬化した後に界面が凹凸のある状態に乱れています。蒸留水を重層するとき、何かよい方法はないでしょうか?また、蒸留水は必ず重層しないといけないのでしょうか?蒸留水を重層しなくても大丈夫なら、重層せずに、分離ゲルが固まった後に濃縮ゲルを重ねようと考えているのですが…?

Aベストアンサー

アクリルアミドは酸素があると重合が阻害されますし、結局泡なんかで表面が乱れるので重層した方がいいと思います。

改善の余地としては、例えば分離ゲル溶液に~10%程度になるようにグリセロールを入れると比重の違いにより混ざり合いにくくなります。

もしくは、水より比重の軽い溶媒を重層する方法があります。例えば、水で飽和させた1-ブタノールなど。
具体的には50mlのチューブなどに、水とブタノールを半分ずつ位加えてシェイクし静置、ブタノールは上層、水は下層に分離するので上層を使用してください。

どちらか一方でかなり改善されると思いますので、楽そうな方をお試しください。

Q3価鉄が2価鉄になる反応について

食物中の Fe3+ が胃酸によって Fe2+ になって、腸管から吸収されるとのことですが、これはどういった化学反応によるものなのでしょうか?
具体的な化学反応式をご教授いただけたら幸いです。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

胃酸はかなり強力な酸ですが (本体は塩酸),酸化力はありません.というか,酸と酸化は無関係です.
「胃酸によって Fe2+ になる」というのは,その部分だけ見ればまったく意味不明です.上述のように胃酸の酸としての本体は塩酸ですが,塩酸によって Fe3+ が Fe2+ に還元されることも,逆に Fe2+ が Fe3+ に酸化されることもありません.
胃酸の関与が考えられるとすれば,こんな形でしょうか?
Fe3+ は中性環境下ではイオンとして溶存できません.不溶性の水酸化物等になってしまいます.強酸性下でまず Fe3+ の状態で胃液中に溶け出し,それが他の食物中のアスコルビン酸 (ビタミンC) 等によって Fe2+ に還元される,と.Fe2+ になってしまえば強酸性でなくても溶存できるので,この状態で鉄タンパクに取り込まれるというのはありそうです.

Qゲル化について

お粥をゲル化剤を使って固めたところ、ゲル化剤の量とは別に重さが500g増加してしまいました。
ゲル化すると重さは増加するのでしょうか?

Aベストアンサー

「化学変化などの前後で質量は変化しない」という質量保存の法則により ゲル化剤の質量以外に500g増えることはありません。
厳密には相対性理論まで考えれば、化学反応の分だけ減ってはいますが これは普通の秤では測定できません。

「おかゆが 外部の湿気を吸湿した、あるいは放湿した質量」
「あなたの実験室が汚いので 測定時にハエがたかったままだった分の質量」
なども考えられますがいずれも微々たるものです。

Q??効果:重合反応の後期で反応速度が急激に増大する理由

ラジカル重合―メタクリル酸メチルのバルク重合―

重合反応の後期で反応速度が急激に増大する理由はなんですか??
??効果ってのが関係している思うんですけど・・・
何ですか??いったいよく分かりません。
教えてください。
お願いします。

Aベストアンサー

一般にラジカル反応は以下の過程を経て進行するようです:
1:連鎖開始→吸熱反応
2:連鎖成長→吸熱+発熱反応
3:連鎖停止→発熱反応
この事から、発熱反応の工程での熱量が吸熱反応に利用されるようになるので、急に反応速度が増すと考えられる。

QSDS-PAGE ゲルの作製について

running gel を固めている最中に、ゲル板とゲルの間に気泡が入ってしまいます。以前はこのような症状がなかったのですが、8月に入ってから何度作製しても、気泡が入ってしまうようになりました。

作製しているゲルは15%の均一ゲルです。

気泡が入らないようにするにはどうしたらいいのでしょうか?
何かアドバイスなどあれば教えてください。
宜しくお願いします。

Aベストアンサー

気泡のできる原因としては・・・

・温度管理が適当
ゲルを重合させる前後で温度が違ったりしていませんか?温度が冷→温になると気泡ができやすいです。
例えば、冷たい調製液のまま室温等でゲル化させているとか、重合させるときだけ室温より高い恒温室に入れているとか。


・脱気をしていない、または不十分である
重合前に脱気をしないと気泡ができるときがあります。
真空乾燥で5~15分、溶液中の空気を抜いてください。


・ゲル板が汚い、または傷がある
あまりないのですが、汚かったり傷があると気泡が入ることがあります。
使用前に良く洗うこと、そして目立つような傷があったら使わないことをお勧めします。


参考になれば幸いです。

Q発熱反応と吸熱反応のメカニズムがよくわかりません。

発熱反応と吸熱反応のメカニズムがよくわかりません。

発熱反応では、生成物の運動エネルギーが反応物の総エネルギーよりも減少し、その減少分が周囲の分子に伝わることで発熱となるのでしょうか?
だとしたら、どのようなメカニズムでエネルギーは周囲に伝わるのでしょうか?
生成物のエネルギーは減少するのに、周囲分子のエネルギーを増加させることが出来るのはなぜでしょうか?
また、吸熱反応の場合、周囲の分子のエネルギーを奪うことで生成物のエネルギーが増加するのですよね?
だとしたら、生成物のエネルギーはなぜ周囲の分子に再び伝わっていかないのでしょうか?
よろしくお願いします。

Aベストアンサー

>発熱反応では、生成物の運動エネルギーが反応物の総エネルギーよりも減少し、その減少分が周囲の分子に伝わることで発熱となるのでしょうか?

いいえ、ちがいます。
この反応熱出てくる、「生成物の持つエネルギー」「反応物の持つエネルギー」というのはいわば潜在的に持っている状態で、ポテンシャルと言うことがあります。あくまで「秘めたエネルギー」であるため、そのままでよそに伝わると言うことはありません。

一般に、発熱反応で温度が上昇する場合、反応物の持つ運動エネルギーよりも生成物の熱運動エネルギーのほうが増大します(だからこそ温度が上がる)。
これは反応物のポテンシャルより生成物のポテンシャルのほうが小さく、その減少分が外の世界に、たとえば熱運動エネルギーなどの形として現れるのが発熱反応です。

吸熱はこれの逆なので割愛


人気Q&Aランキング