【最大10000ポイント】当たる!!質問投稿キャンペーン!

建築を勉強中の者です。
住宅の改築の際、建築申請が必要かどうかのラインのことでイマイチ分からないことがあります。

建築基準法の第6条の2に「その増築、改築または移転に係る部分の床面積の合計が10?以内であるときについては適用しない」とありますよね。
これはその通りだと理解できるのですが、「階段をかけかえると申請が必要になる」などもっと細かいラインがあると聞いたことがあるのである。

申請が必要かどうかのラインを、「10?」だけでなく詳しく載せているものは本当にあるのでしょうか。
それとも、地方によって主事の判断で決まっているのでしょうか。
教えて下さい。よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (3件)

うーん、混乱させてしまったみたいですね。


「増築、改築、または移転に係る部分の床面積の合計が10m2」
の場合で申請が不要となるのは「防火地域外・準防火地域外」
のとき。
それ以外の地域では10m2以下の「増築、改築、または移転」でも申請が必要です。
また大規模の修繕および模様替については、除外規定はありません。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なるほど!!きっちり理解できました。
ここまでおつきあいしていただいてありがとうございます。
感謝m(__)mです。

お礼日時:2004/01/13 19:48

<ということは「防火地域・準防火地域」では10m2以内でも申請を出さなくてはいけないんですね。


<この場合「大規模の修繕・模様替」でなくても申請が必要なんでしょうか。

建築基準法第6条をよく読んで下さい。
「防火地域~、その増築、改築、または移転に係る部分の
床面積の合計が10m2以内のものについては、
この限りではない」
なので、10m2以上にかかる改築の場合は、申請が必要です。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

なかなか理解力が足りなくて、自分でも困ってしまいます(^^;
とりあえず、「増築、改築、または移転に係る部分」が10m2以下ならば申請は必要がないってことなんですね。

これから、もっと勉強したいと思います。
ありがとうございました。

お礼日時:2004/01/13 18:40

まず、補足を。


10m2以内で適用されないのは、「防火地域・準防火地域外」の場合です。
後半の「階段をかけかえると申請が必要」
というのは、「大規模の修繕・模様替」とみなされ、申請が必要になります。
それは階段が「主要構造物」に含まれるからです。
(主要構造物については、建築基準法第2条5を参照)

確認申請は新築・増築・改築・移転の他に、
「大規模の修繕、大規模の模様替、特殊建築物への用途変更」
でも必要です。
何をもって「大規模」の修繕・模様替とするかは
建築基準法第2条14及び15を見て下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

早速の回答ありがとうございます。
法令集とにらめっこをしていても、どこに何が書いてあるのかを探すのでいつも一苦労です(^^;
回答をいただいて直ぐに見つけることができました。

>10m2以内で適用されないのは、「防火地域・準防火地域外」の場合です。

確かに、そう書いてありました。
ということは「防火地域・準防火地域」では10?以内でも申請を出さなくてはいけないんですね。
この場合「大規模の修繕・模様替」でなくても申請が必要なんでしょうか。


もしよろしければ、上記の質問にも回答を頂けると嬉しく思います。

お礼日時:2004/01/13 15:38

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q減築する場合の確認申請の要否について

延床面積3000m2の建築物のうち2400m2を解体除却し、減築後の延床面積を600m2とする場合、確認申請は必要なのでしょうか。
一見、新築・増築・改築・移転・大規模修繕模様替のどの行為にも該当しないようなので、不要と判断したいところです。
しかし、改築の定義によると、建築物の一部を除却し、従前の規模と著しく異なる建築物を建てることは、新築か増築に該当するとあります。
本計画は、除却した後引き続き『建築物を建てる』ということはありませんが、除却した結果、残る建築物が従前の規模とは著しく異なり、もしかすると新築に該当すると判断されるのではないかと考える次第です。

いずれは行政に確認する事になると思いますが、皆様のご意見を聞かせて頂きたく思います。

改築の定義は住指発1400によると以下の通り。
『改築とは、建築物の全部若しくは一部を除却し、又はこれらの部分が災害等によって滅失した後引き続きこれと用途、規模、構造の著しく異ならない建築物を建てることをいう。従前のものと著しく異なるときは、新築又は増築となる。なお、材料の新旧を問わない。』

Aベストアンサー

質問の場合は、
2400m2部分の除却届を提出
600m2部分は、既存部の改修となり増築申請となります。

改築は、条件が厳しく窓位置を変えるだけで改築とは認めてくれない場所もあります。
間取りを少しでも変えれば、改築では無く、増築申請となります。

ご参考まで

Q10m2以下の建物は確認申請が不要と言うことで

DIYでの倉庫を住宅に変更しる改装がほぼ終わり、皆様に色々教えていただき腕も結構身についてきました、
そこで来年は建物作りに挑戦しようかと考えています、
建物=確認申請と言うのは認識しています、しかし10m2以下は申請不要ということで10m2(6畳間)の四角い空間を一棟づつ作り、積み木のように横・縦に組み合わせて置いて大空間、または連結しては駄目な場合90cmほど間を空けて置いていく場合は申請を出さずに作っても大丈夫でしょうか、

Aベストアンサー

10m2以下の建物は確認申請が不要・・・×
10m2未満の建物は確認申請が不要・・・○
です。

敷地内に別棟で作る場合や、既存の建物に増築する場合
10m2未満なら確認申請の提出は不要ということです。

但し、防火地域や準防火地域の場合は10m2未満でも確認申請が必要です。

また別棟で作る場合、ひとつの敷地に可分の建物を建てる場合には
敷地の分割(机上でOK)が必要です。


10m2未満の増築を確認申請無しで作ることについては、某市役所の
建築指導課では「OK」としていますが、役所への確認は必要かと思います。

確認申請不要ということについて勘違いしている人がいるので注意してください。
確認申請不要とは役所への届けが不要なだけであって、
建物を作る際には法に合った建物を作らなければならないということですので
お間違えのないように。


人気Q&Aランキング