人に聞けない痔の悩み、これでスッキリ >>

参考書や辞書にはアメリカ英語とイギリス英語の場合とが区別されているのですがどちらを学習したらよいのでしょうか
日本の学校で教えている英語はアメリカ英語とイギリス英語どちらなのでしょうか

本人次第…なのでしょうか…

大学受験などで採用されているのはどちらなのでしょうか
宜しくお願い致します。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (7件)

英語を勉強しようか、中国語を勉強しようか、と言うほどの悩みではないので、留学先などが決まっていないのであれば、アメリカ英語を中心にイギリス英語も学ばれるとよいと思います。



日本の学校英語は、戦後はアメリカ英語を中心に教えていると思います。大学入試の英文は、出典によって、アメリカ英語の時もあれば、イギリス英語の時もあると思います。リスニングテストなどは、アメリカ英語のことが多いのではないでしょうか?

以下は、学習者向けのサイトです。

☆VOA Special English
http://learningenglish.voanews.com/
HPの最新記事5つの中から、興味のある物を選んで下さい。スクリプトのページに変わります。ページ左の「MULTIMEDIA」から「Listen」をクリックすると音声が流れます。

☆BBC LEARNING ENGLISH
http://www.bbc.co.uk/worldservice/learningenglish/
Words in the News 等はお勧めです。

共に和訳はありませんから、

☆英辞郎
http://www.alc.co.jp/

☆YAHOO!翻訳
http://honyaku.yahoo.co.jp/

等の助けを借りながら読むとよいと思います。

ちなみに、

☆NHK語学番組
http://www.nhk.or.jp/gogaku/index.html
のページ左の

☆ニュースで英会話
http://cgi2.nhk.or.jp/e-news/index.cgi

も英語の勉強にはよいと思います。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうございます。

とても参考になりました。英語の勉強に役立てたいと思います。

お礼日時:2012/05/30 09:09

英米語の違いは、以下の5つの領域についてよく言及されます。

(すでにご存知かもしれませんが。)

1)同じことを違う語彙で表す 例)(ガソリンを)英=petro;米=gas

2)同じ語彙でも綴りが違う 例)(文明を)英=civilisation;米=civilization

3)文法・語法が違う 例)(Give her this toy in case she cries.)英=泣かないように、このおもちゃを与えて;米=泣いたら、このおもちゃを与えて

4)同じことを言うのにも言い回し(表現が)違う(イギリス英語では、特に知識人階級において、婉曲的な、それゆえにコクのある文がよく見られるが、悪く言うと凝った感じがする;アメリカ英語は、大体において、シンプルな文を好むが、それでもそれなりの深い味わいのあるものも見られる。)
 例えば、任意に引きずり出したあるイギリス人の書いた本から引いた英文——

 The backgrounds, temperaments and schemes of Charles II and Anthony Ashley Cooper so contrasted with, while occasionally complementing each other, as to provide one of the strangest and dramatic relationships in English history.

 は、巧みに2人の人物の関係を描いていて間断がなく、文自体に妙味があります。世界的に有名な English humour も eccentricities もその文体に多くを負っています。

 しかしアメリカ人の、たとえば、ヘミングウェイの英語などは、外面的にはシンプルに出来ていますが、味わいということではひけを取らず、いかにもアメリカならではのものを感じさせてくれます。それをイギリス人に求めることはできないでしょう。

5)発音とイントネーションが違う 例)can't 英=カーント;米=キャント

 **********************************************************************

 このうち、1)と2)と3)は限られているので、大した問題ではありません。無視し得ると思います。問題は4)と5)で、おそらくほとんどの人は、5)を重く考えられるのでしょうが、日本人の発音はしょせんは日本式発音ですので、両方から、美しいと思われるものを取り入れていって、自分なりの英語発音に仕立てればいいのだと個人的には思っています。
 私個人の印象では、アメリカ人にもイギリス人にも、日本人に適用できそうな美しい発音をされる人が多くいます。それをモデルにして、自分の納得のいく(気恥ずかしくない)発音を創り上げていくというのがいいのではないでしょうか。イギリス英語は階級をしょっていますので、ある階級の英語を模倣すると、自分の階級と合っていない場合、滑稽な感じを与える怖れがあります。かといって、あるアメリカ人たちに見られる、くだけたような鼻にかけたようなアメリカ英語も、日本人にマッチしていない場合もあるでしょう。イギリス英語、アメリカ英語の中でも選別が必要になります。

 しかし私が強調したいのは4)で、これは文化に関わってきます。イギリス人の著作をメインに学ぶのか、アメリカ人の書いた英語をモデルにするかは、どちらの文化により親しみを感じるかに関わってきます。(時事英語程度でしたら大した違いにはなりませんが。)

 私個人は、優柔不断ですので、どちらも面白いと思うがゆえに、どちらも読むようにしてきました。しかし結果としてみると、それはそれでよかったのではないかと感じています。最初はどっちつかずで身に付いた感じがしませんでしたが、やがて混ざり合って、(下手なりにですが)自分らしい英語になってきたような気がします。

 この問題には、客観的な定式というようなものはなく、ご自分の意思決定の問題ですので、そこをはっきり認識されて、ご自身で体験を重ねられながら決めていかれればよいことであり、最初から強引に決めてしまわないほうが賢明かもしれません。

 ****************************************************************

 受験レベルでしたらご心配無用です。大学はどちらにも配慮するでしょうから、civilisation と書いたから×ということはありません。イギリス的に凝った英文を英作文で書いて減点するような人はいないでしょう。
 リスニングは、アメリカ人を起用することが多いでしょうから、理屈から言うとアメリカ英語が有利に思えますが、現実にはイギリス式発音で学んで、問題なく解けると思います。

 とはいえ、最初の "imprinting"(刷り込み)は重要ですから、意識して、こういうのがアメリカ式、こういうのがイギリス式と弁別できるようになれば、それ自体がとてもよい英語の勉強のスタートになるのではないでしょうか。国際理解ということで、大きな1歩です。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

アメリカ英語、イギリス英語。どちらにもそれぞれのよさがあるのですね。
限定してしまうのもよくないなということがよくわかりました。

それぞれのよいところを取りいれていけたらよいなとおもいます。

とても参考になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2012/05/30 10:17

私個人では、いわゆるアメリカ英語?はすきではありません。

と言って、イギリス英語というものはエリートが喋っているのを聞いていると”格好”付けているなんて感じてしまいます。自分ではどちらにも偏らない発音をしているつもりです。要するに
英語を喋っている人たちに理解してもらえる発音をしているのです。一つだけ発音で言うと、いわゆるアメリカ式と言われる
”~er"は避けていますし””t””d”も明確に発音します。letter"は”letter"とttであり絶対Lみたいにはなりません。Have動詞の疑問形は”have you~? 否定形は”have not”しか使いません。これは60年前に習った教科書の影響でしょう。

学校で教えている英語は、必ずしも”アメリカ英語”と言われるものでもないと思います。要するに英語として通用する(容認される)言葉を教えているのではないでしょうか? 大体、これがアメリカの統一的英語だとか、イギリスの統一的英語だと言うものは存在しないと思っています。 複数のアメリカ人に英語を習ったことがありますが、
カリフォルニア出身者とシカゴ出身者では発音とかイントネーションなど、結構違っているなと感じています。

これは、私だけの感じ方なのかもしれませんが、シャーロック ホームズ物をNY弁でやられたら、我慢ならないでしょう。 

あなたの質問への答えにはなっていませんが、自分なりに感じていることを書いてみました。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

英語も一つの言語。でした。
お互いに理解しあうことができることが重要なのですね。
そこに重きをおいて学習していけたらなと思います。

同じ英語でも聞き手にとっては受け方がちがうということも心にとめておかなければなと感じることができました。

ありがとうございます。

お礼日時:2012/05/30 10:07

この70年ぐらいは、アメリカが世界の経済・軍事・科学技術・先進文化のNo.1であり、


日本はアメリカの顔色をうかがってどうするか決めてきたのです。
日本の英語教育も基本はアメリカ英語です。
受験のことだけ考えるなら、迷わずアメリカ英語です。

でも、もっと昔は、イギリスが世界の3分の2を支配していたのです。
現在でも、ヨーロッパの公式の場で使われる英語は、イギリス英語です。
将来、ヨーロッパで仕事をすることになったら、イギリス英語を勉強することになるでしょう。
    • good
    • 1
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

アメリカ英語もイギリス英語も一つに絞って勉強するというよりも
アメリカ英語を中心にしてその違いを理解してイギリス英語も
というようにしていくのがベストなのかなと感じました。

そうしていけたらなとおもいます。
ありがとうございます。

お礼日時:2012/05/30 09:51

おはようございます



よくアメリカvsイギリスというのを聞きます
それはどの点を指して言っているのかいまだにわかりません

結論としては、どっちも基本的に「英語」であることにはかわりはないので、どちらでもいいのではないかと思います
表面的に明らかにに違うのは「発音」でしょうし、使う「単語」も違うでしょう

経験上ですが、海外旅行を含め日本国内で英語で会話した中で、英語ネイティブの人と話したのは私の場合50%に満たないんです
つまり、会話の相手はほとんどが第二言語とか外国語として英語を話す人でした (アフリカ、中国、タイ、ベトナム、インド、ポーランド、スペイン、フランス等々)
といっても、fluencyが高いのでネイティブと見分けはつきません

各々自分の言語の発音で英語を話しますし、pragmaticsも自分の文化を持ち込んで話すので、ところどころにやや違和感を感じる、ただしそれはそれで「正しい」英語を操っています

オーストラリア英語も発音が似ている(Cockneyなど)ことから、どちらかというとBritishに分類されがちですが、他の点を見るとやはりオーストラリア英語なのであって、アメリカ・イギリスとは違います

でも結局、表面上の違いはあれ、「英語」という根本は逸脱していないので理解可能です

辞書や参考書でAmerican/Britishの分けをしているのは、ほとんどが発音(/r/など)と使用語彙とspellingの部分であり、文法上違うと言及しているのは見たことがありません

あまり気にしなくてもいいのではないでしょうか
私としては、どちらかにしなくてはいけない状況がある、というのは理解できません
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。


英語の全体像が見えてきました。
イギリス英語でなければいけないやアメリカ英語でなければいけないとかそういうことではないのですね。

第二言語として話している人が多いということでもそのことがよくわかりました。

文法をしっかりおさえることが大切ということもよくわかりました。

ありがとうございます。

お礼日時:2012/05/30 09:41

 大学受験に限らず、日本国内で英語の「試験」と名の付くものは、すべてアメリカ式だと考えてください。

本場であるはずのイギリス英語は今では方言扱いにされています。これは戦後、米軍が進駐していたからです。それ以前の英語教育は英国式でした。

 単語のつづりや一部の文法事項で違いがありますが、混乱を招くほどの差ではありません。アメリカ式を覚えて、それでイギリスの人と会話をしても、十分に伝わります。

 ただ、現地の言葉を覚えて、それで会話をする方が、相手との心の距離を縮めることができるのは当然ありうることです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

本場はイギリスなのに方言扱いをされていることに残念さを感じます。
多く話されているほうが中心となることは自然なことなのかもしれませんね。

英語を使うときにはその土地に応じて使い分けることができるのが一番よいことなのかもしれませんね。
勉強になりました。
ありがとうございます。

お礼日時:2012/05/30 08:50

通常日本で中学高校で習う英語は、米語です。



クイーンズをやりたいのなら、別途勉強しないといけません。


そういうことですので、大学受験は、米語だけでダイジョウブです。

σ(・・*)は苦労しました。

ビートルズが胎教だったから・・・。

いまは、クイーンズの方がはるかに楽。

人によります。

(=^. .^=) m(_ _)m (=^. .^=)

イギリスで Can を 「きゃん」を発音していると、

「なんだあいつ、きゃんきゃん吠えてるな、子犬じゃあるまいし?」

なんて皮肉を言われます。くわばらくわばら ><
    • good
    • 0
この回答へのお礼

回答ありがとうございます。

そうなのですね。

たしかにcan:キャンという語の発音にはカジュアルなイメージがあります。
キャンキャンという表記をみただけでも
そうような印象を受けました。
私もどちらかというとアメリカ英語というよりもイギリス英語のほうが理解しやすいような気がします。

アメリカ英語なのですね。
アメリカらしさをもう少し理解していかなければならないですね。
ありがとうございます。

お礼日時:2012/05/30 08:21

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q大学の入試でイギリス英語のつづりで書いたらばつですか?

大学の入試でイギリス英語のつづりで書いたらばつですか?
私はイギリス留学のコースで中高一貫で学校に通っていて今高2です。
中1のときから基本はアメリカ英語で習ってきましたがイギリスとつづりが違うときは先生がそっちも教えるのでどうせイギリスに行くんだしと思ってイギリスのつづりで覚えてきました。colour,favourite,aeroplane,relise,hew... 来年は入試なので直そうと頑張ってますがなかなか直らないです。ばつにされると思いますか?

Aベストアンサー

無理して直す必要はないと思います。

大学入試の英語問題を採点するひとがイギリス英語を知らないわけはないですし、ましてやイギリス英語だからといって減点するなどということはまずないでしょう。
もし採点者の専門が英文学だったりしたら逆に喜ばれたりして。

むしろイギリス英語で減点するような大学はこちらから願い下げだというぐらいの気概で臨めばいいのではないでしょうか。

Qイギリス英語とアメリカ英語、習うならどちら?

英会話を習いたいと思い、英会話教室に通おうと思っています。
英会話を習おうと思ったのは、単純に「英語が話せるようになりたい」と思っただけであり、ビジネス関係の理由はありません。強いて言うならばよく海外の人に道を聞かれる事が多く、いつもそれに返せないので「英語を話せるようになって、ちゃんと道案内出来るようになりたい」と思った、というのがありますが、勿論それだけが理由というわけではなく、そういった事も含め、純粋に「英語が話せるようになりたい」と思った次第です。

そして今、通う教室を選んでいる最中なのですが、イギリス英語の教室に行くか、アメリカ英語の教室に行くかで迷っています。

私は元々、紅茶やイギリスの文化、イギリス出身の俳優さんなどに興味があった為「習うならイギリス英語を習いたい」と考えていました。しかし(何となくですが)アメリカ英語の方が使用される事が多い、という印象もあります。
英語が話せるようになったら海外の人とお話ししたい、と思っているのですが、イギリス英語とアメリカ英語で日常会話をした時に、話が通じない、といった事はあるのでしょうか?
そういった「話が通じない」という事があれば、やはりより多くの人に通じる方を習おうと思っています。
私の場合はビジネスは関係していないので(アメリカ英語とイギリス英語で話しても)日常会話レベルの話が成り立つのであれば構わないかな、と思っているのですが、実際はどうなのでしょうか。

また、イギリス英語を習い上達した場合、多少の違いはあれど、大体の英語(アメリカ英語含む)の意味はわかるようになるのでしょうか?それともやはり、まったく違うものなのでしょうか?

初歩的な質問かもしれませんが、どうかご回答お願い致します。

英会話を習いたいと思い、英会話教室に通おうと思っています。
英会話を習おうと思ったのは、単純に「英語が話せるようになりたい」と思っただけであり、ビジネス関係の理由はありません。強いて言うならばよく海外の人に道を聞かれる事が多く、いつもそれに返せないので「英語を話せるようになって、ちゃんと道案内出来るようになりたい」と思った、というのがありますが、勿論それだけが理由というわけではなく、そういった事も含め、純粋に「英語が話せるようになりたい」と思った次第です。

そして今、通...続きを読む

Aベストアンサー

一言で日本におけるイギリス英語とアメリカ英語の違いを書くと
・イギリス英語は格式があり、華道や茶道を習って身につけるのに似ている。
・アメリカ英語は実用的で、ビジネスで多用されている。

日本のまわりをみると、海の向こうがアメリカで、アメリカは太平洋全般でビジネスをしています。ですので、母国語と英語しかできない日本人や中国人や韓国人などは、英語でビジネス会話を行ないますし、その際の英語はアメリカ英語が基本です。ですから、どちらかというとビジネスに役に立てたいなら、アメリカ英語のほうがいいかもしれません。

ただ、アジアでもマレーシアあたりの東南アジアからインドあたりになると、元々イギリスの植民地だった関係でイギリス英語のほうが流通しています。オーストラリアやニュージーランドもイギリス英語の派生系だといえます。

ただ、この地域にもアメリカ英語は押し寄せてきていて、たとえばインドでは、時差の関係でアメリカのコールセンター業務をしやすいため、コールセンターで働く人はアメリカ英語を徹底的に勉強しますし、シンガポールやマレーシアの空港などの案内板は、昔はイギリス英語だったのに、今はアメリカ英語になっています。
たとえば
エレベーター:LIFT→ELEVATOR
手荷物:LUGGAGE→BAGGEGE
のような違いです(日本語:イギリス→アメリカ)

逆に、たとえば皇后様など皇室の人々はきれいなイギリス英語を話しますし、イギリス大使の夫人などは、どこの国に行っても「英語を教えてほしい」と各国の大使婦人などに要望されてサロンのようになるそうです。国際政治の世界ではクイーンズイングリッシュが一番教養がある、ということになっているからです。
 質問者様が大使夫人を狙っているなら、イギリス英語をお勧めします。

また、イギリス英語とアメリカ英語の違いですが、言葉だけならそれほど感じないかもしれませんが、文化的な違いを含めれば私は大きな違いが在ると思います。

以下は、イギリス人を父に持つ杉山ハリーとアメリカ人の父をもつシェリーの「英米の言葉の違い」についての動画です。
https://www.youtube.com/watch?v=nMOngyqSj0A
単に言葉だけでなく、言葉に対する意識とかの違いが分かると思います。イギリス人は日本人同様、丁寧なときは丁寧に話す、のに対してアメリカ人はいつでも誰に対しても基本的には率直であるといえるでしょう(ただし、アメリカ英語にも敬語的表現はあります)

次は単語の違いについての動画
https://www.youtube.com/watch?v=jpPpQsbU87U

最後は、アメリカ人とイギリス人の女の子が英米の英語の違いについて話している動画ですが、アメリカ人の女の子はかなり中西部訛りがあります。イギリス人とされる女の子の発音もイギリス式というには「怪しい」とコメントがついていますが、まあ、楽しそうなので見てみてください。ほかにも英米の違いをネタにしているものは現地(日本人向けではないもの)でもたくさん作られています。
https://www.youtube.com/watch?v=QvFR6cNDxag(字幕はありません)

イギリス英語でもアメリカ英語でも、日常的に話す分にはどちらで上達してもコミュニケーションに不足は無いでしょう。逆にどれだけ上達しても、インド訛りやピジン英語などは理解できないでしょう。

日本で習うならアメリカ英語のほうが使いやすいのは確かでしょう。日本で得られる英語の情報のかなりの部分がアメリカから来るものだからです。でも、イギリス英語が好きならイギリス英語でいいと思いますよ。

一言で日本におけるイギリス英語とアメリカ英語の違いを書くと
・イギリス英語は格式があり、華道や茶道を習って身につけるのに似ている。
・アメリカ英語は実用的で、ビジネスで多用されている。

日本のまわりをみると、海の向こうがアメリカで、アメリカは太平洋全般でビジネスをしています。ですので、母国語と英語しかできない日本人や中国人や韓国人などは、英語でビジネス会話を行ないますし、その際の英語はアメリカ英語が基本です。ですから、どちらかというとビジネスに役に立てたいなら、アメリカ英語...続きを読む

Q英単語って一日に何個くらい覚えるのがベストなのでしょうか?

もちろん個人差はあると思いますが、1日に300個くらいがベストでしょうか?
一週間以内に単語帳を一通り終えて、何度も繰り返す方法が良さそうですね。

Aベストアンサー

完璧にしたつもりでも数週間もすれば忘れますよ。だから反復練習です。章と品詞別に分かれているものであれば、1週間ずつ1章の動詞、名詞、形容詞、2章の動詞、名詞、形容詞……というようにやってみて、しばらくしたらもとに戻る。これを繰り返してみればいかがでしょうか?覚えたつもりでも本当に時間が経つと忘れてしまうので注意してください。後、単語が見た瞬間に意味が出てくるくらいの領域まで持って行きましょう。試験本番では一つの単語に1秒も掛けないですからね。

Q違いを教えて!keep on ~ing と keep ~ing

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういうニュアンスに変化するのかが、どうもしっくり理解できません。

また、「on」を使っても特に意味自体に変化はなさそうな例文も↑のサイトからいくつも見られました。(例えば、「keep on listening/聞き続ける」や「keep on going/行き続ける」などたくさん。)

どういう時に「on」を使うのか、教えていただけないでしょうか。

「~し続ける」という意味合いで「keep ~ing」というのがありますが、あるテキストに

He keeps on telling me that...
(彼はいつも私に言ってる)

というのがありました。この例文ではなぜ「on」が含まれているのかなと思って調べてみたら、「keep on」には「ガミガミ言う・小言を言う」という意味があることがわかりました。
http://www2.alc.co.jp/ejr/index.php?word_in=Keep+on&word_in2=%82%A9%82%AB%82%AD%82%AF%82%B1&word_in3=PVawEWi72JXCKoa0Je

しかし、なぜ「on」を入れることでそういう...続きを読む

Aベストアンサー

沢山ご回答がありますね。

keep (on) ~ing は on があってもなくても同じ意味で 単純に「し続ける」という意味です。
on は 副詞で「(ある動作を)続けて」という意味をもち これを入れるとより継続的に繰り返している感じになります。
まあそれゆえ日本語で捕らえると「しつこい」という意味を含むことになるかもしれませんね。

御参考になれば幸いです。

Qwould like to と  want to の違い

初歩的な質問なのかもしれませんが、
I would like to go .
I wanna go .
両者の違いはどういった点でしょうか。

Aベストアンサー

話し相手に"I want to go.”というと、かなりきつい言い方になります。「俺は行きたいんだから、行かせろ」みたいな。
だから、"I'd like to go."と言えば、「私は行きたいのですが」と、相手の好意を引き出すような言い方になります。

僕は昔、アメリカを旅行中に、ある日本人旅行者に、聞いたことがあるのですが、「飲食店でコーヒーを飲む時、砂糖がほしいので、I want sugar.と言ったら、砂糖をくれなかった。あとで誰かに聞くと、言い方が横柄なのでくれなかったのではないか、こういう時は"Sugar please."が良かったらしい」みたいな話を聞きました。

英語は、敬語はないのですが、相手にお願いをする時には、かなり言葉づかいには気をつけるべきものがあります。お願いする前にはplease,
してもらった後にはthank youは必ず言わなくてはいけません。それと同じで、I want...というのは、他人にお願いする時は避けるべきでしょう。
但し、相手にお願いするのではなく、「私は将来~になりたい」というのであれば、" I wanna be a ~."というのであればいいです。また、相手の言葉を言い換える場合は、wantを使ってもいいです。たとえば、
"I would like to go there."と相手が言った場合、
"Oh, you want to go there. I see."みたいに。

話し相手に"I want to go.”というと、かなりきつい言い方になります。「俺は行きたいんだから、行かせろ」みたいな。
だから、"I'd like to go."と言えば、「私は行きたいのですが」と、相手の好意を引き出すような言い方になります。

僕は昔、アメリカを旅行中に、ある日本人旅行者に、聞いたことがあるのですが、「飲食店でコーヒーを飲む時、砂糖がほしいので、I want sugar.と言ったら、砂糖をくれなかった。あとで誰かに聞くと、言い方が横柄なのでくれなかったのではないか、こういう時は"Sugar please....続きを読む

Qイギリス英語を聞き続けたらアメリカ英語を少し聞き取りやすくなる?(かな)

日常英会話であれば普通くらいに会話出来るものです。でももっともっとリスニングの力をアップさせたいと思っています。以前フランス語を勉強(紙面での勉強の他にフランス語の映画をたくさん見たりもしました。)をしたら、自分では思いもしなかったのですが、英語がとても聞き取りやすくなっていました。私はアメリカンイングリッシュを話していますが、ブリティッシュイングリッシュを聞くとより周波数の幅広さを実感し、また今の時点ではとても聞き取りにくいです。でもこんな風にCDのイギリス英語の教材(本についていました)を聞き続けることで周波数が広がって、アメリカンイングリッシュが聞き易くなるかなぁとちょっと期待しながら聞いています。このような方法を試された方はいらっしゃいますか?理論的に効果はある・・・でしょうか?よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

理論的ではありませんけど、私の経験から・・・

私は逆にイギリス英語から入りましたので、初めてアメリカ英語を聞いた時ちんぷんかんぷんでした。でも、いろんなアクセントや訛りを持つ人と話すうちに、その特徴をつかむのが少しずつ速くなって来たように思います。一度その人の特徴を掴むと、耳が勝手に私の標準英語に変換してくれているようです。
そういった意味で、もうアメリカ英語には慣れていらっしゃるshooting-fishさんの方法はとても有効的だと思います。アメリカにも地方によっていろんな訛りがあるそうですものね。
日本ではやはりアメリカ英語を耳にすることが一番多いように感じますが、実際世界では、いろんな国の人たちがそれぞれのお国なまりで英語をしゃべっているわけですから、この英語しか聞き取れない、というのではちょっといやですよね。
私が勉強したテキストでは、イギリス国内のアクセントだけでなく、時に、インド語訛り、中国語訛り、パキスタン語訛りなどの英語も聞かせられました。(日本語訛りもありましたが、これは中国語訛りと一緒にされていて苦笑!でしたけど)
この英語は聞きやすい、聞きにくいというのはいつまでもあるとは思います。また、私は自分の日本語訛り結構だけれど、愛着のあるイギリス英語の響きを大切にしたいので、常に聴くようにしているのはイギリス英語です。

理論的ではありませんけど、私の経験から・・・

私は逆にイギリス英語から入りましたので、初めてアメリカ英語を聞いた時ちんぷんかんぷんでした。でも、いろんなアクセントや訛りを持つ人と話すうちに、その特徴をつかむのが少しずつ速くなって来たように思います。一度その人の特徴を掴むと、耳が勝手に私の標準英語に変換してくれているようです。
そういった意味で、もうアメリカ英語には慣れていらっしゃるshooting-fishさんの方法はとても有効的だと思います。アメリカにも地方によっていろんな訛りがあ...続きを読む

Q日本史Aと日本史Bの違いについて教えてください。

こんにちは、疑問なのですがセンター試験の日本史Aと日本史Bとはどのような違いがあるのでしょうか?
ちょっと気になって調べてみたのですが、ほとんど日本史Bの事しか載っていませんでした。

二つの教科の違いや、選択時の有利不利などを教えてください。
よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

 日本史Aと日本史Bの違いは、高校での単位数の違いと、教科書で学習する内容の対象が若干違うことです。

 日本史Aは、単位数が2単位など。単位の少ない時間で取り扱う科目です。教科書の内容も近現代史~の内容をメインとした教科書の構成となっています。日本史Bの場合は、大体4単位で、教科書の構成が古代史~スタートし歴史全体の内容を取り扱うものです。

 日本史Aでは、大体どの時代も勉強すると思いますが、教科書の構成上「近現代史」に特化した取扱になっています。また、日本史Bでは、古代史からスタートするので日本史Aの教科書より内容的に若干難しい内容も取り扱います。

 したがって、単位数の違いにより、日本史Aと日本史Bの教科書を使い分けていることです。主に、日本史Aは、職業科の学校で使われています。

 農業高校・商業高校・工業高校など普通科以外の学校で日本史Aの教科書を採択しているケースが多いです。普通科の高校でも日本史Aで近現代をやって、日本史Bで古代から江戸まで勉強して、受験するときは日本史Bで受験するというケースも見られます。

 つまり、日本史Aでは、教科書の構成上、近現代史がメインになりますが、日本史Bでは、古代史からスタートして現代史まで扱うという幅広内容になるということになります。そういうことから、日本史Aで勉強したいようで、勉強していないところ古代史~江戸時代の内容に関しては自力で勉強することが求められます。

 【大学受験での日本史選択】
(1)センター+私大(日本史で受験)する場合
 →「日本史B」を選択
(2)センターのみの場合(日本史A・B両方選択可で2次試験で日本史を必要としない学部学科を受験の場合)
 →「日本史A」を選択(学習時間が少なくてすむ)

 ※私大受験を考えていて、日本史で受験を考えているのであれば「日本史B」を選択するのが無難です。リクルートの進学サイトのURLを載せておくので受験科目の選択に参考にして見てください。

 何らかの参考にならば幸いです♪

参考URL:http://www.shingakunet.com/cgi-bin/shingakunet.cgi

 日本史Aと日本史Bの違いは、高校での単位数の違いと、教科書で学習する内容の対象が若干違うことです。

 日本史Aは、単位数が2単位など。単位の少ない時間で取り扱う科目です。教科書の内容も近現代史~の内容をメインとした教科書の構成となっています。日本史Bの場合は、大体4単位で、教科書の構成が古代史~スタートし歴史全体の内容を取り扱うものです。

 日本史Aでは、大体どの時代も勉強すると思いますが、教科書の構成上「近現代史」に特化した取扱になっています。また、日本史Bでは、古...続きを読む

Q30代から勉強して、英語を習得された方いらっしゃいますか?

物心ついた時から海外の色々な事に興味を持ち始め、今では大の映画・海外ドラマ好きです。

ここ1年ほど自力で英語、特に文法より英会話重視で勉強しています。
映画や海外ドラマを字幕なしで理解出来たり、接客業のなかでふいの外国人のお客様と会話が出来たら…そんな想いが発端でした。

とりあえず、ユーキャンの教材から始めました。
自然な流れでリスニングが上達する良い教材なのですが、自分の発音・リスニングが実際ネイティブに通用するかどうか、試す場所がないのです。

その壁にぶつかって以来、有り余る向上心とは裏腹に自分にどのような勉強方法があっているのかわからず、現在色々な英語の勉強方法を模索中です。
英会話スクールに通おうとした時もありましたが、正直あまり経済的に余裕がないため、尻込みしてしまった感じです。

英語を習得されている方々はよく、現地に行ってネイティブな英語に慣れるのが一番と言われますよね。
私も確かにそうだろうと思うのですが、期を逸したというか…いますぐにすぐ実現する事は厳しいのです。

パスポートも持っておらず、海外旅行や留学とは無縁な生活を送ってきた私ですが、どういう形であってもとりあえず海を渡ろうと今少しずつ貯金はしています。

英語を話せるようになりたいという夢は、どんなにおばあちゃんになろうが諦めない自信だけは人一倍あります。
30代から英語の勉強を始めた方で、オススメの勉強方やためになる助言をしてくださる方がいらっしゃったら、宜しくお願い致します。

物心ついた時から海外の色々な事に興味を持ち始め、今では大の映画・海外ドラマ好きです。

ここ1年ほど自力で英語、特に文法より英会話重視で勉強しています。
映画や海外ドラマを字幕なしで理解出来たり、接客業のなかでふいの外国人のお客様と会話が出来たら…そんな想いが発端でした。

とりあえず、ユーキャンの教材から始めました。
自然な流れでリスニングが上達する良い教材なのですが、自分の発音・リスニングが実際ネイティブに通用するかどうか、試す場所がないのです。

その壁にぶつかって以...続きを読む

Aベストアンサー

なんとしても字幕なしで洋画を見たいと思い立って、30歳の誕生日に、独学で英語をゼロからスタートしました。
(学生時代は英語が苦手で、わざわざ2次試験に英語がない大学を探して受験したくらいでした。)

勉強を始めて15年以上になります。これまでに英検1級、TOEIC975点、通訳ガイド1級、通訳技能士2級などに合格しています。

私のつたない経験からアドバイスをすると・・・・、

リスニング・・・スクリプト付きのCDを繰り返し聴いて、音声と文字が完全に一致するようにします。
私はアルクの English Journal を使いました。スクリプトは、丁寧に辞書を引いて、CDの内容の意味を理解してから、あとは、ひたすら聞くことです。
なかなか成果はでてきませんが、ある日突然に、「耳からウロコがとれるように」(←変な日本語だが)英語が聞き取れるようになります。その瞬間には、体がふるえるくらいに自分で自分に感動します。
それからは、洋画、2ヶ国語のドラマ、インターネットラジオなどで、英語のリスニングの時間をできるだけとるようにしましょう。(もちろん、CDとスクリプトを使ったリスニングは平行して続けていきます)


単語とリーディング・・・週刊STを定期購読して、そこに出てくる単語は全部覚えるようにしました。
最初は、単語帳を作って、40個ぐらい知らない単語を抜き出します。それを1週間かけて覚えます。朝、昼、晩の食前食後、通勤途中、トイレの中などで、単語帳に目をとおす習慣をつけることが大事です。
1週間たったら新しいSTが届きますから、また、新たに単語帳を作って覚えます。
3年ぐらい続けると、STレベルでは知らない単語がなくなります。私はこのあたりで英検をはじめて受験したのですが(準1級)、問題文中に知らない単語はありませんでした。
この頃から、ペーパーバックや英字新聞をどんどん読むようにしていきました。

スピーキング・・・独学では話し相手がいないのが難点ですが、まずは、CDを使って、リピーティング、オーバーラッピングをひたすら繰り返します。
英語の学習を続けていけば自然と外国人との交流の機会も増えていきますから、そういう機会があれば、そこで日頃のトレーニングの効果を試すようにしましょう。

英語を学習する上で一番大事なことは、毎日続けることです。
英語に接する時間を最低でも2~3時間は取りましょう。
通勤時間、トイレの中、買い物の時間、家事の時間なども決して無駄に使ってはいけません。

海外に行かなくても、30歳から勉強をはじめても、独学でも、田舎暮らしでも、仕事を抱えていても、英語を身につけた人はいくらでもいます。
(なんといっても、私が『生き証人』ですから)

どんなにつらくても、あきらめなければ、かならず、できるようになります。

英語は、「できるか、できないか」ではなく、「できるようになるまで続けられるかどうか」です。
変な言い方ですが、「できるようになるまでやれば、できるんです」

がんばってください。

なんとしても字幕なしで洋画を見たいと思い立って、30歳の誕生日に、独学で英語をゼロからスタートしました。
(学生時代は英語が苦手で、わざわざ2次試験に英語がない大学を探して受験したくらいでした。)

勉強を始めて15年以上になります。これまでに英検1級、TOEIC975点、通訳ガイド1級、通訳技能士2級などに合格しています。

私のつたない経験からアドバイスをすると・・・・、

リスニング・・・スクリプト付きのCDを繰り返し聴いて、音声と文字が完全に一致するようにします。
...続きを読む

Q安上がりに幼児英語教育に成功なさった方はいらっしゃいませんか

2歳の幼児がいるのですが、小学校で英語が必須になるらしいので、
そろそろ英語教育を考えています。ところが、ディズニーのシステムだと100万円、ベネッセのでも20万円かかるようです。ちょっと、高いです・・・。

安上がりに幼児の英語教育をして、成功なさった方はいらっしゃいませんか

その方法を教えていただけるとありがたいです。

Aベストアンサー

小学校から始まる英語教育などに備えて、英語に慣らしたいという感じでしょうか?

うちの子供は今4才なので、長期的な成果ではないのですが、ベネッセの「こどもちゃれんじイングリッシュ」でも、英語には慣れたようです。

先日、用事があってインターナショナルスクールに行きました。その際、娘は英語で話しかけられていましたが、答えていました(先方は娘が既に英会話クラスを受講していたと思い込んで話しかけてきたので、親の私がびっくりしたのですが、娘は大丈夫でした)。自分の名前や歳、色、形、数字ぐらいでしたが・・・。簡単なことしか話せませんが、発音はとても良いですよ。

もともと英語の勉強をさせたかったわけではないのですが、サンプルDVDを子供が気に入ったので「こどもちゃれんじイングリッシュ」を受講していました。二ヶ月に一回届くので、飽きたときには新しいものが届き、継続して観ているのがいいように感じます。

でも、三歳からだったかも・・。

あと「アルクのabc DVDボックス」というのも最近手に入れたのですが、こちらは一歳半の下の子がとても喜んで観ています。2歳でしたら、楽しんで見れるものを一緒に見てあげるのがいいかなぁと思います。

どちらもディズニーなどに比べたら安価ですよ。

小学校から始まる英語教育などに備えて、英語に慣らしたいという感じでしょうか?

うちの子供は今4才なので、長期的な成果ではないのですが、ベネッセの「こどもちゃれんじイングリッシュ」でも、英語には慣れたようです。

先日、用事があってインターナショナルスクールに行きました。その際、娘は英語で話しかけられていましたが、答えていました(先方は娘が既に英会話クラスを受講していたと思い込んで話しかけてきたので、親の私がびっくりしたのですが、娘は大丈夫でした)。自分の名前や歳、色、形、...続きを読む

Q英語なのに、どうしてアメリカ英語が主流?

日本の英語教育はアメリカ英語が主流になっていると思うのですが(NHKの講座や各種テキストのCDはほとんどアメリカ人の発音になっていると思います)、

(1)そもそも英国の言葉「英語」なのにどうしてアメリカ英語が主流になっているのでしょうか?

(2)また、英語を母語としない海外の英語教育もアメリカが主流なのでしょうか?

Aベストアンサー

(1)そもそも英国の言葉「英語」なのにどうしてアメリカ英語が主流になっているのでしょうか?
第2次世界大戦後の覇権国家がアメリカ(と旧ソ連)だからです。
大戦後、それまで公用語に地位にあったフランス語が急速に廃れるともに、英語(米語)が経済や政治の共通語になっていきました。

特に軍事力においては、世界中どこでも米軍の指揮下において多国籍軍が編成されますし、金融市場はニューヨークを中心に回り、コンピューターの世界はシリコンバレーをはじめとしたアメリカ西海岸、飛行機は英語で通信されるという具合です。
ようするに、戦後発展したグローバル経済を支えるかなりのものがアメリカ合衆国を中心としてるために、米語の発展を手助けしているのです。

そして、日本は地理的にアメリカに近く(というより英国が遠い)アメリカと同盟していますし、長い間アメリカへの輸出が日本の経済を支えていましたから(輸出先1位ということは、人もアメリカに行くということ)日本での英会話取得は米語中心ということになります。
この点については、韓国も中国も同様に米語を中心として英語の勉強をしています。


(2)また、英語を母語としない海外の英語教育もアメリカが主流なのでしょうか?
世界を見てみると必ずしもそうではありません。特にインドやタイ・マレーシアのように旧英国植民地だった地域では、イギリス英語のほうが通用しています。
インドでも最近は米語の発音を習うようになっているようですが、それは直接的にアメリカのアウトソーシングを請け負っているからです。
たとえば、電気製品の夜間対応窓口は国際電話(インターネット利用でほぼ無料)でインドで受けていたりします。アメリカは夜でもインドでは昼なので仕事がしやすいからです(もちろん人件費も安いです)

しかし、最近は米語が結構幅を利かせているのも事実です。
たとえばシンガポールのチャンギ空港を利用した時ですが、古いターミナル(第一ターミナル)にはエレベーターを「リフト:Lift」と英国式に表記してあったのですが、最新の第三ターミナルでは、米国式にエレベーター:Elevatorと書いてあるような具合です。

オーストラリアなどは元々英語国ですが、訛りが強すぎて米国人とも英国人とも会話できないという笑い話もあります。

(1)そもそも英国の言葉「英語」なのにどうしてアメリカ英語が主流になっているのでしょうか?
第2次世界大戦後の覇権国家がアメリカ(と旧ソ連)だからです。
大戦後、それまで公用語に地位にあったフランス語が急速に廃れるともに、英語(米語)が経済や政治の共通語になっていきました。

特に軍事力においては、世界中どこでも米軍の指揮下において多国籍軍が編成されますし、金融市場はニューヨークを中心に回り、コンピューターの世界はシリコンバレーをはじめとしたアメリカ西海岸、飛行機は英語で通信され...続きを読む


人気Q&Aランキング