外出自粛中でも楽しく過ごす!QAまとめ>>

先日、交通事故に合ってしまいました。

見通しが悪く、勾配のキツい1,5車線センターライン無しの舗装林道の左カーブ、相手(60後半から70歳くらい)が上り坂を軽トラックで、下り坂を私がバイクでの事故です。

私の主観ではありますが、事故当時、左側を時速40kmほどで走行中、カーブに進入した時点で相手の軽トラックが道路の真ん中を走って来たので、避け切れないと判断し、急ブレーキの後バイクから脱出、左側に避けて右足大腿骨を骨折しました(右足だけ避け切れなかったようです)

相手の車は私のバイクを引きずり停車しました。まだ事故現場をしっかりとは見ていませんが、手元の写真(意識はハッキリとしていたので救急車を待つ間写真を取っていました)では1m前後引きずっているようです。また、警察の現場検証と私の写真には車側のブレーキ痕はまったくありませんでした。
相手は完全に混乱してしまい。救急車などは相手の携帯電話を借りて僕が呼びました。
その後、ドクターヘリで運ばれて現在入院中です。

保険会社との正式な話し合いはまだですが、この話は『センターラインが無い』『下りがバイクだからスピードが出ていたのでは?』ということから私にとってややこしい話となるだろうと保険会社からチラッと聞き、不安になってきました。
正面衝突なので50:50から始まるとは思いますが。ブレーキ痕が無かったりしたことが心に引っかかります。

私のほうでは以下の主張をするつもりです。
『車を発見し、避け切れないと判断、バイクから飛び降りるという決断、行動ができるくらいの速度で走っていたこと』
『バイクは転倒し、滑走して車に衝突した。バイクは左側を走っていた』
『現場にブレーキ痕が無く、勾配のキツい上り坂にも関わらずバイクを1m近く引きずっている。相手は余所見ではないか、そうでなくても1,5車線の真ん中を走っていながら、バイクを確認した段階でブレーキを踏んでいないのではないか』

もちろん、私のほうにも非があるのも理解しています。
『40kmでなく、最徐行していれば起こらなかった事故であること、ホーンを鳴らせば相手へ自分の存在を知らせれたこと(これは相手にも言えることだが)』
『上り坂と下り坂では上り坂が優先』
これくらいは理解しているつもりです。

まとまりが無くて申し訳ありませんが、以上のことから過失割合はどれくらいになりそうか、という予想を聞きたくて質問させていただきました。
質問にはなるべく答えて行きます。宜しくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

道交法の42条では徐行すべき場所ということで、


あなた様が記述した勾配のキツイっていうその場所が
もし勾配の急な『下り坂』ですと「徐行場所」のようです。

何%なのでしょうね?
一応6%以上は勾配の急な坂と定義されているようです。

それに該当するとあなた様が徐行をしていなければその
義務がされていないと判断されるのではないでしょうか?

お解りだとは思いますがいくら急でも登りの場合は
頂上付近などでなければ徐行義務が無いようです。

しかしながらそこは見通しが悪いという事と、急な坂との
ことですので相手側にも注意義務類に抵触すると思います。

でも結果的に
これら総合的に鑑みてあなた側が多少の不利を被る気がします。

あくまでも私は専門化ではありませんので私の憶測
で回答しておりますので多少の知識ということでご了承下さい。
お聞き下さい。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

レス有難う御座います。
なるほど、まだ現場検証には行っていませんので、どれくらいの坂なのかは記憶だけが頼りではっきりと何%とは言えません。勾配次第で少し変わってくるかもしれませんね。

ありがとうございました。

お礼日時:2012/06/09 13:09

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q自動車事故過失割合 すれ違い 停止

道幅の狭い私から見て右カーブ(上り)の曲がりきったちょうどカーブの所で対向車と衝突しました。センターラインはありません。
私の方からは見通しはあまりよくなくカーブ先の左側にあるミラーでスピードを出してそうな対向車を見て止まっていました。
相手側からは見通しもよく私の車にも比較的早く気がついたようでブレーキをかけましたが、下り坂だった事もあり、タイヤがロック状態のようになり滑ってきて止まれず双方の右前方に衝突してしまいました。

道幅の狭い道路でセンターラインがなかった為、私にも過失がある事は承知していますが、保険会社に連絡した所、私の車の停止は停止にならないという事でした。
あくまでもセンターラインを超えたか超えていないか?だけで過失割合が決まるとの事です。
スピード超過も検証されなければ何の意味もないとの事でした。目測だけではダメと。

どうせ車両保険でまかなえるから、割合はどうでもいいでしょうみたいな事も言われました。
自動車事故の保険って、こんなものなのでしょうか?
初めての事故でよくわからないので、わかる方、ぜひ教えてください。お願いします。

道幅の狭い私から見て右カーブ(上り)の曲がりきったちょうどカーブの所で対向車と衝突しました。センターラインはありません。
私の方からは見通しはあまりよくなくカーブ先の左側にあるミラーでスピードを出してそうな対向車を見て止まっていました。
相手側からは見通しもよく私の車にも比較的早く気がついたようでブレーキをかけましたが、下り坂だった事もあり、タイヤがロック状態のようになり滑ってきて止まれず双方の右前方に衝突してしまいました。

道幅の狭い道路でセンターラインがなかった為、...続きを読む

Aベストアンサー

僕は自賠責の代理店をしていたこともありますが自動車保険の専門家ではなく、保険一般のことをやっているので適切かどうかは分かりませんので、割り引いて聞いて下さい。

過失割合というと白黒の決着をきちんとつける感覚がありますが、裁判でもならない限りは、担当者の経験則みたいなもので判断をします。

また、警察の実況見分も自動車事故を確認しておきます程度です。
お互いの言い分を調整はしません。
民事不介入ですから、過失割合も言いません。

もちろん、保険の担当者はそれまでの似たような事例・判例・交通事故判例関係の雑誌記事などを参考にしますが、相手の会社と交渉が長引かなければお互い<まあまあ>のレベルで幕引きをします。

実際、それが一番解決が早いでしょう。
また、あなた自身の金銭負担が増える訳でないので、過失割合が多少変化しても事故登録をして処理したら次回の更新時には等級が下がりますから、結果として同じことなのです。

あなたのプライドからしたら、自分が過失割合的にも悪くないようだし、自分の加入している保険会社だから多少でも自分の言い分を聞いて、相手に強く出てもらいたいみたいな気持がおありでしょう。

でも、実際は事故処理優先で、お客の話は話半分みたいに聞くのが普通です。むしろ、担当者には相手の出方が一番気になるのです。

担当者の説明の仕方もよくないですね。
態度があまり悪いなら、「こちらの言い分をキチンと聞けない事故対応なら、他の保険に今度は入る」って、その担当者の上司に言うのも手ですがね。

僕は自賠責の代理店をしていたこともありますが自動車保険の専門家ではなく、保険一般のことをやっているので適切かどうかは分かりませんので、割り引いて聞いて下さい。

過失割合というと白黒の決着をきちんとつける感覚がありますが、裁判でもならない限りは、担当者の経験則みたいなもので判断をします。

また、警察の実況見分も自動車事故を確認しておきます程度です。
お互いの言い分を調整はしません。
民事不介入ですから、過失割合も言いません。

もちろん、保険の担当者はそれまでの似たよう...続きを読む

Q交通法規 坂道での優先方向の根拠

坂道で、車両同士がすれ違う時、確か「登りが優先」だと思うのですが、その法令上での根拠となる条文を探しています。ご存知の方よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

確か法的な根拠ではなく車を運転する上でのルール程度だったと思います。

登り坂の場合、滑りやすい路面では登り方向の車が停止すると再発進が困難になるため登りが優先になります。
もちろん状況によっては下り優先にした方がスムーズに行くこともありますので、運転者の判断に任せているところがあると思います。

参考URL:http://www.h5.dion.ne.jp/~g-guild/kanreitimain1.htm

Q坂道発進の時、後ろに下がってぶつかったら・・。

お世話になります。

久しぶりにミッションの車に乗ることになりましたが、
1点不安なことがあります。

最近、車間距離をとらず、
ピッタリとくっついて停車している後方車多いですよね?
恐くて、前に進んでコチラから距離をとっても、
また、ピッタリとくっつけてくる・・。
オ-トマなので、そうなのだろうと思いますが、

もし坂道発進のミッション車の操作で
やむおえず後ろに下がってしまい、後方車にぶつかったら、
やはり停まっている車にぶつかったということで、
全面的にこちらが悪くなるのでしょうか。

それとも、車間距離を取らなかった後方車が悪くなるのでしょうか。

友人に聞くと、
「後ろが100%悪い」説と、
「停車しているのにぶつかるのはどんな状況でも悪い」説があります。

本当のところはどうなのでしょうか!?

Aベストアンサー

動いた方に過失があります。

停止時にはサイドブレーキをしっかり引いておいて、発進時に半クラッチでつなぎながら、前進を始めたところでサイドブレーキをゆっくり解除すれば、MT車は1cmも下がりませんよ^^。急坂などでは、AT車でも下がってしまうケースがありますが、習得すればAT車よりもずっと有利です。
決して難しい技術ではないので、少しの練習で習得できます。コツは、「決してあわてず、落ち着いて操作する」ことです。エンストしたって大丈夫です。追突されたら後続車の過失なんですから。

意図的にピッタリ詰めてくる車がいますが、私の場合は直前にバックギヤに入れて、後進灯を点灯させています。言うまでもありませんが、後続車が止まったらギヤは1速に。

素敵なカーライフを^^

Q車両保険未加入で事故・・・

新車購入してまだ日が浅いのに事故してしまいました。バンパー・フェンダー・ライト交換になりそうなのですが、修理費用に困っています。
貯金はたいて買ったのに修理費用まで・・・
新車購入時に車両保険を掛けるべきでしたが、掛けなかった自分が悪いのは十分承知です。
車両保険未加入でも保険会社から保険はおりる事はあるんですか??

免許とって7年目の初めての事故なので右も左もわかりません。どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

事故状況がかかれてませんが、それによって対応が変わってきます。

まず今回の案件が「自損事故」であれば、車の補償されるものは何も無いと思われます。
相手のある事故という場合は、過失割合に応じて相手側からの損害賠償を受けることができます。自分の過失分についてはやはり自己負担でしょう。

車両保険をつけないという選択は、自車の損害については最終的に全責任を持つということです。仮に相手に過失のある事故であって、支払いをしてくれなければ今回と同様のことになります。その場合でも保険会社は「取立て」のようなことは一切できません。唯一の方法は自分側の保険会社に車両保険を払ってもらい、相手に他する損害賠償請求権を保険会社に譲ることです。これでしたら相手の支払能力に関する心配は要りません。

それと「後の祭り」ですが、車を購入する際は車両本体や装備に全予算をつぎ込むのではなく、諸費用も考慮しましょう。諸費用は「各種税金+手数料+自賠責保険+任意保険料」です。

Q事故状況で証言に食い違いがある場合の対応について

事故状況について証言に食い違いがある場合、双方の保険会社または相手の保険会社に立ち会ってもらって相手の方と直接お話することはできるのでしょうか?

Aベストアンサー

相手方も同意すれば、四者面談(双方当時者、双方保険担当者)も可能ですが、通常は調査会社を入れます。
調査会社は当事者双方から個別に事故状況を確認し、現場状況等から、どちらの話が信憑性の高い話なのか確認して、保険会社に報告し、その調査結果でもって保険会社が判断するということになります。

相手と直接話し合ったって、お互い感情的になり、まとまる話もまとまらない可能性が高いですし、何よりその場で結論を求められるので、保険会社の担当者は嫌がるでしょうね。

Q加害者が被害者主張してきて困っています。

大したことのない接触事故が大事になりこまっています。
いくつかわからない点がありますので、質問させて頂きました。お知恵をおかしください。
まず、事故の状況ですが、当方は直進専用レーンで前から四番目に信号停止しており、相手方は右折専用レーンの同じく3番目か4番目にいました。そして、青に変わり発進した所、右折専用レーンの相手方がいきなり直進レーンに入ってきた為、びっくりしてとっさに私は左にハンドルをきり、相手の左後側面と、当方の右前側面が接触しました。
そこは、交差点から30m以内で、黄色の実線の為、すでに車線変更が禁止になっていました。
それなのに、最初から、相手方は私が前を見ていなかった、追突されたといってきてそれは今でもそういっているようで、傷もわからないような事故なのに人身事故にきりかえられました。当然、当方も納得がいかないので、保険会社に人身事故に切り替えるようにアドバイスをうけ切り替えました。
現状ですが、事故証明がでて、黄色の実線だったことも住所から実証され、相手方の保険会社の損害課の方も双方の傷をみにこられ話をきいた上で、相手が加害者であることを認める発言をされました。それでも、いまでも相手当人は追突された被害者だと主張しているどころか、今度は車線変更して5秒くらいはしって前が詰まってとまった所に私が追突したといっているようで…次は私は弁護士費用特約をつけているので、法的な手段をとったほうがいいと保険会社から再度アドバイスをうけました。
相手方の保険会社の損害課の方にその話をした所、かなり苦い顔をされましたが、あまりに追突を主張されるそうなので昨日弁護士さんに委任しました。
傷が右前側面と左後側面、車線変更禁止レーンからいきなり入ってきたにもかかわらず追突を主張してくるなんて…考えてもみませんでした。
その道路は直進レーンがかなりこむので、右折専用レーンで先頭近くまでいき、直進専用レーンに割り込んでくる車が多いので、私もきをつけておかなきゃいけなかったのでしょうけど、最初から車を傾けていたわけでもなくいきなりだと間に合わないこともあります。
ただ、相手方の主張がとても強いので、裁判も覚悟しなければならないといわれました。
現場検証が再度明後日あるのですが、あまり正直相手に会いたくありません。顔を合わすのはしかたないとして、状況を一緒に話をするとごちゃごちゃになってしまいそうで不安です。
人身事故は初めての経験で、物損事故はありますが、こんなに相手が悪かったのははじめてです。
今後、裁判までいくとしたらどのような流れになるのでしょうか?
追突にはあり得ない傷がついているのにこんなに強く主張できるのですね…

最後に、私は、こんな大したことのない事故を人身事故にするつもりもなく、さっさと示談でおわらせたかったのにという思いと、あまりのひどい主張にはらだたしい思いとありますが、相手方の主張の強さがやけに怖いです。
弁護士さんは、とことんやると仰ってくださっているので、お任せしていますがとりあえず明後日が不安です(T_T)現場検証できをつけておかなければならないことがありましたらご教授ください。
わかりにくい長文を最後までみていたきありがとうございました。
どうぞ宜しくお願いします。

大したことのない接触事故が大事になりこまっています。
いくつかわからない点がありますので、質問させて頂きました。お知恵をおかしください。
まず、事故の状況ですが、当方は直進専用レーンで前から四番目に信号停止しており、相手方は右折専用レーンの同じく3番目か4番目にいました。そして、青に変わり発進した所、右折専用レーンの相手方がいきなり直進レーンに入ってきた為、びっくりしてとっさに私は左にハンドルをきり、相手の左後側面と、当方の右前側面が接触しました。
そこは、交差点から30m以内で...続きを読む

Aベストアンサー

今回の件、本当にお気の毒と思い、解答します。

私は自分の過失ゼロのいわゆる100対0の事故をかれこれもう5回ほど受けています。

この中で感じたことは、相手はほとんど謝らない、ということです。素直に自分の非を認めるような人はもともと事故を起こさないようです。事故を起こして尚且つ自分の責任を認めず、子どものように相手の落ち度を見つけようとしますので、だからこそ事故を起こすような性格の方々です。そのことについてはあきらめましょう。

ですが、事故の処理については、質問者さんは一切あきらめてはいけません。

警察は単なる事故の記録係です。警察は民事不介入ですから、実損に対する賠償は、相互の話し合いになりますが、こじれた場合は、第三者機関である事故調査会社というものがありますので、保険屋さんに依頼しましょう。

幸い、弁護士特約も付けていらっしゃるとのこと、一事故について300万円までの弁護士費用を等級ダウンなしで保険会社が支払ってくれます。ご自分の代弁、援護は弁護士さんだけが請け負ってくれるので、大いに活用してください。

現場検証は、なるべく正確に、あなたが運転して事故が起きるまでをありのままに伝えましょう。嘘をつくと必ずどこかに矛盾が生じますので、ありのままで何も困りません。よく、動いている車同士では100対0にならないなどという人もいますが、私は現に動いている車同士で、斜め後ろからぶつけられ、調査会社まで入れられて反論されましたが、調査結果100対0になり、相手の保険会社が平謝りする結果になったこともあります。

事実を正々堂々と話してください。車体の傷、現場検証、双方の話を総合して本当のことは一つしかありません。相手はあなたの弱気なところに付け入ろうとしているだけですから、恐れずにきちんと説明しましょう。もし、ご心配でしたら弁護士さん同席で調査も可能と思います。担当弁護士さんにも相談してみてください。

また、いきなり裁判とはならないと思います。それ以前にきちんと現場検証し、調査されれば、相手方の保険会社がすぐに折れると思います。ただ、100対0の事故になると、自分側の保険会社は交渉に参加できない取り決めですので、質問者さんと、相手方保険会社との交渉になります。もちろんここを弁護士さんに代わってもらい、最大限ご自分に有利な方向へもっていってもらいましょう。

ご心労はかなりのものと思います。ぶつけられた上に濡れ衣を着せられ、本当に大変だとは思いますが、必ず解決の方法はありますので、今少しくじけずに頑張ってください。同じような立場にされて1か月ほど悶々とした私としては、一日も早い解決をお祈りしています。

今回の件、本当にお気の毒と思い、解答します。

私は自分の過失ゼロのいわゆる100対0の事故をかれこれもう5回ほど受けています。

この中で感じたことは、相手はほとんど謝らない、ということです。素直に自分の非を認めるような人はもともと事故を起こさないようです。事故を起こして尚且つ自分の責任を認めず、子どものように相手の落ち度を見つけようとしますので、だからこそ事故を起こすような性格の方々です。そのことについてはあきらめましょう。

ですが、事故の処理については、質問者さんは一切...続きを読む


人気Q&Aランキング