純粋のトリグリセリドのエステル価は198であった。このトリグリセリドの分子量はいくらか?また、脂肪酸の平均鎖長はいくらか?
全然わかりません。おねがいします。

A 回答 (3件)

まだおわかりにならないのは、お気の毒


ですので補足いたしますね。
トリグリセリドの一般式は
RCOOCH(CH2OCOR)2で
分子量は、約850(計算は前回のとおり)

[850-(92-3)/3]+17
=約270
ここで、92;グリセリンのMW、
3;HのAW×3、次の3はRが3こあるので、
17;OHのFW
細かな計算は御自身でやり直して下さい。
MW=270はヘプタデカン酸に近いですね。
直鎖とすればR=CH3(CH2)15に
でしょう。
前回パルミチン酸やステアリン酸などの名前
をあげて混乱させてごめんなさい。
ヘプタデカン酸より一般的な酸なので。
    • good
    • 1

久しぶりに算数をやってみました。



56.1×3×1000/198=約850

Tristearinの FW;891
Tripalmitinの FW;807

脂肪酸は、ステアリン酸、パルミチン酸などの混合物
でしょうか。不飽和脂肪酸も入っているかもしれませんね。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ありがとうごさいました。
鎖長はいまだにわかりません。
勉強します。

お礼日時:2001/05/15 22:17

学校の宿題かレポ-トのようですのでご自分で考えるべきだと思いますが。

何がわからないのでしょうか。

1)トリグリセリドの構造?
2)エステル価の意味?
3)トリグリセリドの加水分解の式?
4)質量数,モル数,分子量などの関係?
5)「平均鎖長」の意味?




参考 URL のペ-ジ「楽しい高校化学(第5章-第11講 油脂とセッケン」に詳しい説明があります。「3.けん化価」(エステル価とはけん化価の事です)の辺りを御覧下さい。

その上で必要でしたら,問題点をもう少し絞って補足して下さい。

参考URL:http://www.yamamura.ac.jp/chemistry/chapter5/lec …
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Q分子量の単位のダルトン(D)について

分子量の単位のダルトン(D)についての質問なんですが例えば250キロダルトンという表記がされていればそれは分子量が250000ということであっているでしょうか?

Aベストアンサー

こちらの過去質問を御覧下さい。

 ・http://oshiete.eibi.co.jp/kotaeru.php3?q=41610
  QNo.41610 Da(ダルトン)って何だ?

 ・http://oshiete.eibi.co.jp/kotaeru.php3?q=294535
  QNo.294535 Da(ダルトン)とは?

 『例えば250キロダルトンという表記がされていればそれは分子量が250000ということであっているでしょうか?』については「合っています」。上記過去質問で分かる通り,「ダルトン (D)」と「分子量」は【数値は同じ】です。

 違うのは,「分子量」が「【分子】に対して用いられる」のに対し,「ダルトン (D)」は『生物学や生化学において,分子量(相対分子質量)を用いるのが適当でない染色体,リボソーム,ウイルス,ミトコンドリアなどの【大きなタンパク質複合体など】の質量を表わすのに用いられる』点のようです。

参考URL:http://oshiete.eibi.co.jp/kotaeru.php3?q=41610, http://oshiete.eibi.co.jp/kotaeru.php3?q=294535

こちらの過去質問を御覧下さい。

 ・http://oshiete.eibi.co.jp/kotaeru.php3?q=41610
  QNo.41610 Da(ダルトン)って何だ?

 ・http://oshiete.eibi.co.jp/kotaeru.php3?q=294535
  QNo.294535 Da(ダルトン)とは?

 『例えば250キロダルトンという表記がされていればそれは分子量が250000ということであっているでしょうか?』については「合っています」。上記過去質問で分かる通り,「ダルトン (D)」と「分子量」は【数値は同じ】です。

 違うのは,「分子量」が「【分...続きを読む

Q油のけん化価(率),不けん化価と脂肪酸エステルへのなりやすさは,相関性

油のけん化価(率),不けん化価と脂肪酸エステルへのなりやすさは,相関性がありますか?
けん化価が高いと,変換率も高く,不けん化価が高いと,変換率がさがるというようなことは考えられますでしょうか。また,劣化した油は,けん化しにくくなるように思いますが,この場合,けん化価が下がって,不けん化価は上がったりするのでしょうか。それとも,これらの値は,元の油に特有なもので,変化しないのでしょうか?

Aベストアンサー

けんかの反応は
R-COO-r + Na+ → RCOONa + rOH
rはグリセリンの一部(反応式の簡略化)です。
わからないのが「脂肪酸エステルへのなりやすさ」の部分。「油」は、高価脂肪酸のグリセリンエステルなので、元々脂肪酸なのです。エステル交換反応と解釈すると、平衡反応なので、対象によって大きく変りますから、立体障害などの事も考えられますから、一概に言えません。

「劣化した油」ですが、Rの中に二重結合部分があり、
この部分が、オキソ環に変った場合、R1-C=C-R2 → R1-C-O-C-R2 (キャラで描けないので、CとCとの間を線でつないでください。C-O-C の三角形の環嬢化合物です)、が最初の反応です。
オキソ環が壊裂して、R1-CO-R1 のケトンになるか、R1-COOH, R2-COOH の様に切断される場合
オキソ環が壊裂し隣接するオキソ環と重合反応をする場合
があります。どちらの反応が主体になるのかは、温度・濃度・時間の影響が強く出る(主にラジカル反応で進むため)ので、わかりません。
末端がカルボン酸になれば、けんかしやすくなりますが、重合すると立体障害が出たり、カルボン酸とオキソ環が結合したりするなどわけのわからない反応の場合にはカルボキシル基が減りますのでけんかしにくくなります。
ですから、劣化によるけんかの変かはわからないです。油の種類のみならず、温度・酸素濃度・不純物(VetE等)によってかなり変化しますから。
不純物の例としては、エステル化反応の平衡ぶしつの水が上げられます。水があるとカジカル反応が終了しますが、酸が発生することで、今度は、きゅうかく反応がおこります。より、わけがわからなくなります。

けんかの反応は
R-COO-r + Na+ → RCOONa + rOH
rはグリセリンの一部(反応式の簡略化)です。
わからないのが「脂肪酸エステルへのなりやすさ」の部分。「油」は、高価脂肪酸のグリセリンエステルなので、元々脂肪酸なのです。エステル交換反応と解釈すると、平衡反応なので、対象によって大きく変りますから、立体障害などの事も考えられますから、一概に言えません。

「劣化した油」ですが、Rの中に二重結合部分があり、
この部分が、オキソ環に変った場合、R1-C=C-R2 → R1-C-O-C-R2 (キャラで描けないので、Cと...続きを読む

Qモル質量って原子量とか分子量にこの単位をつければいいだけであって理屈もなにもないですよね?????

モル質量って原子量とか分子量にこの単位をつければいいだけであって理屈もなにもないですよね?????

Aベストアンサー

いいえ、ちゃんとした理由があります。全く同じ数字でも単位によって意味が変わる。
時速40kmの車が一時間走れば、40km進みますが、速度の単位は40(km/h)で、距離の単位は40(km)。
原子量や分子量は、¹²C炭素一個の質量を12としたときの比であって単位はありません。
一方、モル質量は一モルの質量です。

Qアルファスルホ脂肪酸エステルナトリウム

洗濯洗剤の成分であるアルファスルホ脂肪酸エステルナトリウムの化学構造を教えていただけませんか?

Aベストアンサー

ここに似た構造式が示されています。
 

http://www.jpccn.org/studyroom/lib/spds/detergent/alpha-SFE.html


脂肪酸の (CH2)9 の9の数が脂肪酸の種類によって違ってくるので、この9をnに変えて、 さらに右にあるアルコールの種類がメチル、エチル、・・・・と変わってくるんでは・・

Q分子量の単位

分子量の単位は、g/mol だと思っていましたが、
kg/kmol という表記も見受けられます。
 
分母分子に キロがあるので、どちらでもいいのでしょうか。
 
それともこれにより、気体定数R(8314.5)の値も
変わってくるのでしょうか。

Aベストアンサー

原子量は比較質量ですから単位がありません。
分子量は原子量を分子式に従って加え合わせて得られる数字ですからやはり単位はありません。

g/molは1モル当たりの質量(モル質量)を表しています。
数値が同じになるからと言って単位が同じであると考えるのは誤りです。

物理系の人の書いた本ではかなり有名な人の書いたものでもこの誤りが見うけられます。

Q脂肪酸がメチルエステル化されたかどうかの確認

脂肪酸がメチルエステル化しているかどうか確認方法を知りたいです。ある動物の肝臓の脂肪酸組成をGC/MSで分析する予定です。脂肪酸組成の分析は初めで、いろいろ調べていたら、某社からメチルエステル化キットが発売されいることを知りました。それで上司に相談したら「キットを買って、そのへんにあるリノール酸とかを適当に使ってメチルエステル化してみれば。メチルエステル化されることが確認できたら、スタンダードの脂肪酸メチルエステルを購入すれば良い。」ということでした。メチルエステル化によって、沸点が低くなる、流動性が増すということですが、何をもって「メチルエステル化された」と確認できるかが、よくわかりません。キットで処理したあと、とりあえずGC/MSにかけて、うまくピークが出れば良いのかなという気もします。アドバイスよろしくお願いします。

Aベストアンサー

No.1です。
参考URLの追加です。
産業技術総合研究所「有機化合物のスペクトルデータベース SDBS」
IRやMS、NMRなどのスペクトルのデータがあります。

例えば「リノール酸」「リノール酸メチル」「メタン」などのスペクトルを探して印刷して、実際作ったものと比較すれば良いと思います。
これを例にIRでの同定を説明すると、リノール酸の1710cm-1の鋭いピークとリノール酸メチルの1742cm-1の鋭いピークは、全体としてはピークが近い場所にありますが、この差は決定的で、確実に違う物質だと言えます。
また、-COOH(-OH)のピークは特徴的で、リノール酸の-COOHは2500~3500cm-1にブロードのピークがあり、メチル化されると目に見えてそれが無くなり違いがわかります。
これは脂肪酸の分子量に関わらず、同じ傾向です。
ブタン酸であろうがノナデカン酸であろうが、不飽和脂肪酸であろうが同じです。
有機や反応を扱うのであれば、IRは知っていて損は無いと思いますよ。

1つの測定で決定づける必要は無いと思います。特に初めてなのであればなおさらです。
複数の測定法で確認するのが良いと私は思います。

参考URL:http://riodb01.ibase.aist.go.jp/sdbs/cgi-bin/cre_index.cgi?lang=jp

No.1です。
参考URLの追加です。
産業技術総合研究所「有機化合物のスペクトルデータベース SDBS」
IRやMS、NMRなどのスペクトルのデータがあります。

例えば「リノール酸」「リノール酸メチル」「メタン」などのスペクトルを探して印刷して、実際作ったものと比較すれば良いと思います。
これを例にIRでの同定を説明すると、リノール酸の1710cm-1の鋭いピークとリノール酸メチルの1742cm-1の鋭いピークは、全体としてはピークが近い場所にありますが、この差は決定的で、確実に違う物質だと言えます。
ま...続きを読む

Q分子量について

イオン導入という美顔機を使用するにあたって、分子量が6万以下でないと肌に浸透しないということを最近知りました。 ヒアルロン酸にも高分子、低分子、とあって、高分子だと分子量が100万だとか・・・。 そこでいろいろな化粧品や成分の分子量を調べたくなったのですが、ウィキペディアで分子量という意味を調べてみても、この、何万という分子量の単位がどこからきてるのかよくわかりません。 たとえば、 グリセリンの分子量はいくつなのでしょうか?   http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B0%E3%83%AA%E3%82%BB%E3%83%AA%E3%83%B3  ←グリセリンについて書かれてありますが、どの数字なのか分からないのです・・ 言い訳ですが化学を学生の時に習った覚えがありません・・・本当に覚えてないだけかもしれませんが・・・どなたか教えて下さい。

Aベストアンサー

こんにちは。

右にある表に「モル質量」92.09 g/mol とありますよね。
それが分子量です。
万どころか、百より小さいですね。

>>>分子量が6万以下でないと肌に浸透しないということを最近知りました。

へー。おもしろいですね。
お肌が網になっていて、大きいものは通さないということなんでしょうかね。

Q長鎖脂肪酸塩の遊離方法

長鎖脂肪酸カルシウムをアルカリ性条件下で遊離させたいです。何か案はありますでしょうか。加熱でしょうか。

Aベストアンサー

かなりの濃度の硫酸とn-ヘキサンを加え、激しく震盪した後静置して硫酸カルシウムを沈降させ、ゆっくり濾過します、その後分液ロートでn-ヘキサン層を回収すれば良いと思います。昔はヘキサンにベンゼンを加えましたが毒性が問題になりベンゼンは使われません。

Q高分子の平均分子量について

重縮合で反応度がpのときに生成された高分子の中で、
重合度がxの高分子の数をNx、
その分子量をMx(=xm:mは繰り返し単位の分子量)としたとき、
生成された高分子の数平均分子量と重量平均分子量を
(1)NxとMxを用いた時
(2)pとmを用いた時
でそれぞれ表せという問題です。
(1)の段階で、定義式?に代入して求めようとしましたが、どちらもMxだけになり、手が出せません。
どなたか、よろしくお願いします。

Aベストアンサー

問題1は問題2のイントロです。定義式の書換えが要求されています。

問題1
数平均分子量Mnと重量平均分子量Mwの定義を書いてみます。
Mn=Σ(Mx*Nx)/ΣNx          (1)
Mw=Σ(Mx^2*Nx)/Σ(Mx*Nx)      (2)
和はk=1~∞
Mx=mxを(1),(2)式に代入すると
Mn=mΣ(x*Nx)/ ΣNx           (3)
Mw=mΣ(x^2*Nx)/Σ(x*Nx)         (4)
これが答えです。

問題2
同数の官能基Aと官能基Bを反応させた時、
AB-AB-AB-・・・-AB(x-1個)-AB(x番目未反応)
官能基Aをx-1個含む高分子鎖を見出す確率Pは、反応度pと
すると(重合度x)
P=p^(x-1)*(1-p)
したがって
重合度xの高分子の数Nxは
Nx=(ΣNx)*P=N* p^(x-1)*(1-p)^x   ここに、全高分子数N=ΣNx。

これを代入して(3)式を解くと
Mn=(m/N)*(1-p)*N*Σx*p^(x-1)=m/(1-p)       (5)
同様に(4)式を解くと
Mw=(m/N)*(1-p)^2*Σx^2*p^(x-1)=m(1+p)/(1-p)   (6)
級数の和はk=1~∞
(級数の計算は公式集を見てください。)

分子量分散の目安となるMwとMnの比は
Mw/Mn=1+p


官能基Aと官能基Bが等モルで無い場合の重合度に付いて以前回答したことが
有ります。参考にしてください。r=1とすると、上の場合になります。
http://oshiete.goo.ne.jp/qa/7180332.html

問題1は問題2のイントロです。定義式の書換えが要求されています。

問題1
数平均分子量Mnと重量平均分子量Mwの定義を書いてみます。
Mn=Σ(Mx*Nx)/ΣNx          (1)
Mw=Σ(Mx^2*Nx)/Σ(Mx*Nx)      (2)
和はk=1~∞
Mx=mxを(1),(2)式に代入すると
Mn=mΣ(x*Nx)/ ΣNx           (3)
Mw=mΣ(x^2*Nx)/Σ(x*Nx)         (4)
これが答えです。

問題2
同数の官能基Aと官能基Bを反応させた時、
AB-AB-AB-・・・-AB(x-1個)-AB(x番目未反応)
官能基Aをx-1個含む高分子鎖を見出す確率P...続きを読む

Q脂肪の酸価

脂肪の酸化の計算方法を詳しく教えて下さい。

Aベストアンサー

こちらのサイトなどはいかがでしょう。↓

参考URL:http://www2s.biglobe.ne.jp/~tcfk/oil.htm


人気Q&Aランキング

おすすめ情報