アメリカ市民と結婚しないでその子供を産んだ場合、子供は当然アメリカ市民権
は得られると思いますが、母親はどのような待遇になるのでしょうか?
教えてください。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (1件)

アメリカ国内でで生まれた子どもはアメリカ人です。


親が日本国籍を持っていて、日本に出生届をだせば、日本国籍も取れます。22歳になるまでにどちらかの国籍を選択しないといけませんが。

親は親のビザです。
不法滞在なら、そのまま不法滞在です。
子どもが21歳になったら、親の永住権のサポートができます。
    • good
    • 0

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qアメリカ市民が、日本滞在中にアメリカ圏内に旅行にでる場合

私は、アメリカ市民(CA州居住)なのですが、1週間後に日本に1ヶ月ほど休暇で日本の家族のところに行く予定になっています。その休暇中に私の家族と一緒に4日間、グアムに旅行に行くことになり、チケットを予約したのですが、、。今日、旅行会社から問い合わせがあり、私がアメリカのパスポートでグアム(アメリカ圏)に入国するのは、問題がある。ReentryPermitのようなビザの取得の必要があると言われました。日本に90日以上滞在するのは、いけないと思いますが、その1ヶ月の日本での休暇中に、アメリカ圏内に入るのにビザがいるとは、聞いたことがありません。ビザを今からとるには時間がないと思いますし、旅行をキャンセルするしかないと思っています。このようなことに詳しい専門の方、ご回答いただければ感謝です。

Aベストアンサー

ReentryPermitのようなビザというのは、日本へのビザじゃないですか。
グアムはアメリカですから、日本を出て帰国しすぐに日本に戻ってくるという形になります。
tulip124様はアメリカ国籍ですから、アメリカに帰国するのは問題が無い(ビザなどいらない)ですが、すぐに日本に再度入国する、それも自分の住居のあるCA州ではなくて、準州であるグアムから直接再入国するというのが問題になるはずです。

近くの日本大使館に確認してみてはどうでしょうか。
もしそうなら、グアムで家族と合流して、グアムから日本に入国するように変更すれば、ビザの問題は無いはずです。

Q国際的著作権法における最恵国待遇に関して

国際的な著作権法にベルヌ条約や万国著作権条約がありますが、それらは最恵国待遇の原則があるということをがWikipediaに書かれていました。
貿易や、経済に関する最恵国待遇の意味は分かるつもりなのですが、著作権に関して最恵国待遇というのはどういうことなのでしょうか?

たとえば、条約を締結していない国に対して、締結している国と同じルールで扱うということでしょうか?
つまりは、条約を締結しているか否かは問題ではなく、締結していなくても、条約の主要部分はすべての国家(世界貿易機関に加盟している)が遵守せねばならないということでしょうか?

どうぞお答えください;0;

Aベストアンサー

それは「内国民待遇」の原則ではないでしょうか?
まあ、意味的には相通ずる部分はあるのですが。

ベルヌ条約やパリ条約にあるこの原則は、文字通り加盟国に於いては自国民と同等の保護を与える事を約束するものです。
WTOには確かに加盟国に於ける無差別(最恵国待遇/内国民待遇)の原則を持ちますが、著作権保護関連の条約を直接管理しているのはWIPOの方ですね。

Q民法上の留置権(民事留置権)と旧?商法上の留置権(商事留置権)の具体例

ビジネス実務法務検定というものを明日(というか今日)受験するのですが、その中に出てくる用語である
「民事留置権」と「商事留置権」のイメージが思い浮かびにくくて困っています。

民事留置権には別除権が認められない(商事留置権については認められる)
と習ったのですが、イメージが沸かないために、しっかりと理解できていないような気がします。

ネットで検索してみても、分かりにくい説明が多いため、こちらで質問させていただきました。
お分かりになる方がいらっしゃれば、教えて下さいませんか?

Aベストアンサー

商法の商行為法の部分は現代語表記になっただけで、変更は無いので、商事留置権は、現商法の規定です。

民事留置権でも、商事留置権でも、債権を弁済してもらうまで、目的物を留置できるという点、そして、相手が弁済しない場合は、目的物を競売にかけた上で、その売却代金から弁済を受けることができるという点は同様です。

しかし、相手方が破産をした場合の取り扱いが変わってきます。

商事留置権の場合、特別の先取特権となり、別除権が認められます。つまり、破産した後でも、破産前と同様、留置物を競売にかけ、代金から、優先弁済を受けることができるということです。

しかし、民事留置権については、このような優先弁済の取り扱いはなく、相手が破産すれば、留置権は消滅して、優先弁済を受けることができなくなります。

具体的な規定は、破産法66条です。

(留置権の取扱い)
第六十六条 破産手続開始の時において破産財団に属する財産につき存する商法又は会社法の規定による留置権は、破産財団に対しては特別の先取特権とみなす。
2 前項の特別の先取特権は、民法その他の法律の規定による他の特別の先取特権に後れる。
3 第一項に規定するものを除き、破産手続開始の時において破産財団に属する財産につき存する留置権は、破産財団に対してはその効力を失う。

商法の商行為法の部分は現代語表記になっただけで、変更は無いので、商事留置権は、現商法の規定です。

民事留置権でも、商事留置権でも、債権を弁済してもらうまで、目的物を留置できるという点、そして、相手が弁済しない場合は、目的物を競売にかけた上で、その売却代金から弁済を受けることができるという点は同様です。

しかし、相手方が破産をした場合の取り扱いが変わってきます。

商事留置権の場合、特別の先取特権となり、別除権が認められます。つまり、破産した後でも、破産前と同様、留置物...続きを読む

Qアメリカの市民権

出生地がアメリカの人はアメリカ市民権が与えられると聞いたことがあるのですが、日本在住のアメリカ人の両親から生まれた人には市民権はあるのでしょうか?

Aベストアンサー

http://okwave.jp/qa/q5499003.html

この過去ログをご覧ください。
アメリカ国籍を持つ方のお子さんなら問題ありません。

Q「人格権」の侵害というのはどのようなものなのでしょうか?

このカテゴリーでよろしいんでしょうか。

よく「肖像権の侵害」という言葉は耳にするし

意味もわかるんですが。

「人格権」の侵害というのはどのようなものなのでしょうか。

私の勤めている小さな会社のお客さんで

「御自分と社員との相談」を無許可で

「icレコーダー」録音して

テープにおこして持ってきたかたがいます。

これは「人格権」の侵害になるとのことなのですが。

要領の悪いご質問ですみません。

Aベストアンサー

人格権とは、権利者と切り離すことができない様々な利益のうち、生命・身体・名誉など法的保護に値するものを指します。人格権の侵害には、殺人・傷害など人の身体を物理的に害する行為のほか、名誉毀損・侮辱・プライバシーの侵害などその感情を害する行為が含まれます。

また、人格権という概念は民事上の概念なので、その行為が犯罪に該当しない場合でも人格権の侵害と認められる場合があります。

なお、外見上は人格権侵害に当たると思われる行為でも、その意図・目的によっては違法性が阻却される場合もあるので、無断録音などが必ず人格権侵害にあたるとは限りません。


人気Q&Aランキング

おすすめ情報