『ボヘミアン・ラプソディ』はなぜこれほど人々を魅了するのか

たまに「オフ・ザ・ボールでもよい動きをしていた」という評価がされている記事を見ます。
具体的に、どんな動きがよい動きなのか、
そこに注目して試合観戦しても面白そうだなと思ったので、
オフ・ザ・ボールの動きに定評がある選手を教えて下さい。
日本人選手のほうが観られるチャンスが多いので、
できれば日本人が良いのですが、
世界トップレベルの動きも知りたいので、日本人以外でも構いません。

FW,MF,DFのそれぞれで求められる事は違うと思うので、個別にお願いします。
この選手のこういう動きにしびれる!なんていうのも、是非お伺いしたいです。

また、チーム全体のレベルが高いというか、
そういう視点で観たときに面白そうなチームもあったら教えて下さい。
こちらもJリーグでもそれ以外でもOKです。

よろしくお願いします。

このQ&Aに関連する最新のQ&A

A 回答 (4件)

こんにちは。

 #3の再入場です。

松木安太郎さんが編集された『オフザボールの動き』の説明とその中に引用されているサンフレッチェ広島佐藤寿人選手の動きを添付します。



佐藤選手は身長170cmと小柄なFWで、特別に足の速い選手でもありません。 それなのに、今シーズンJリーグの得点王を独走中で、チームも首位に君臨しています。 彼は相手DFとの駆け引きに優れ、味方がパスを出しやすいところにタイミング良く顔を出す動きに優れています。 

松木さんの説明も具体的でわかりやすいと思います。 何かの参考になれば幸いです。
    • good
    • 5
この回答へのお礼

またまたありがとうございます。
佐藤選手は、noburico1974さんも褒めていらした選手なので、
動画を教えてもらえてすごく嬉しいです。
この動画、FWがなに考えて動いてるのか、本当にわかりやすかったです!
MF,DFのもあればよいのに。

それにしても松木さん、ちゃんとサッカーの解説できるんだw

お礼日時:2012/08/20 11:31

こんにちは。

 

#1の方が『オフザボールの動き』の定義をわかりやすく説明されています。 これを或る選手の得点シーンから説明します。

ロンドン五輪で銀メダルに輝いたなでしこジャパン。 大儀見優希選手はドイツでストライカーとして実績を残しています。 アメリカのワンバック選手は長身を活かした鋭い動き、モーガン選手はスピードで相手を振り切って得点を重ねるストライカーです。 しかし、大儀見選手はそのどちらでもなく、典型的な『オフザボール』の動きで得点を重ねる選手です。 

今年の五月、スウェーデンの国際大会で日本はアメリカと対戦し、4-1と敗れました。 この試合で大儀見選手は前半、宮間選手の左からのクロスに飛び込んでヘッディングシュートで一点取りました。 

ロングパスが宮間選手に渡った時、宮間選手と大儀見選手の間には大柄な米国のDFがいました。 そのままクロスが上がっても相手DFにブロックされてクリアされてしまいます。  ロングパスが宮間選手に送られている間に大儀見選手は身を隠し、相手DFの視界から消えています。 そして宮間選手に渡った瞬間に回りこんでDFの左後ろに入り、クロスに合わせて素早く相手DFと宮間選手の間に走り込みます。 相手DFがこれに気づいた時にはクロスボールに大儀見選手が飛び込んでヘッディングシュート。 素晴しい得点でした。 

相手DFはどうしても宮間選手がどこへパスを出すのかに注意をはらっています。 ボールにDFの目が向いている瞬間にさっと動き、視界から外れる。 これが『オフザボールの動き』の真髄です。 大儀見選手はゴール前で相手DFの視野から消えたり、出て来たりの動きに優れたストライカーです。 
    • good
    • 2
この回答へのお礼

すごくわかりやい解説ありがとうございます!
なるほど!そうやって点が取れるボールのもらい方をするのが、
オフザボールの動きなんですね。
具体的で目に浮かぶようでした!
ありがとうございます!

お礼日時:2012/08/20 11:09

個人的な考えです。



オフザボールの動きとは、文字通り、ボールがないところで
どうやって動くかということで、非常にわかりにくいです。
基本的には、サッカーはボールと連動して人が動くものなので、
どこからがオフでどこからがオンという線引きは難しい
気がしますが思いつくことを書きます。

(1)FW

Jリーグで得点王になっていたころのゴン中山は、オフザボールの
動き方で成長した、とよく言われていました。
それはラストパスに対するボールの受け方です。
DFと駆け引きしながら、自分が一歩前に出る、またシュートを
狙える体勢でボールを受ける動き方を研究し、実践したらしいです。
でも、体ごと投げ出してゴール前に飛び込む姿の印象が強すぎて、
あまり脚光を浴びる視点ではありませんでした。

今で言えば、広島の佐藤寿人が当てはまるかも知れません。
彼も、ワンタッチゴーラーと言われていて、ラストパスに対する
動き方のうまい選手と評判です。でも、動きは一瞬なんで、
試合会場では、見逃してしまう方が多いのだろうと思います。
こういうのを見るためには、ボールの動きを無視して、その
選手だけをずっと見てないといけないでしょう。

FWでよくみかける「ボールを受ける前の動作」としては、
オフサイドトラップをかわす動きがあります。
相手が自陣からボールをクリアした後、DFラインを一気に
上げてきたところで、前残りの選手がオフサイドラインに沿って
横方向に走りながら加速し、ラインの裏にボールを引き出す動き
です。そういうのが、オフザボールになるかわかりませんが。

(2)MF

ゲームメーカータイプの選手は、ボールを触ってなんぼなので、
オフザボールの動きが注目されることは少ないです。
日本代表の中では遠藤選手が、この点で評価されているように
思います。彼は、目立たないように見えて、実は試合中の走行
距離がチームで一番らしいですし、つまり攻守を影で支える
重要な役割を持っています。パスまわしを効果的にするために、
彼はいろいろな場面で顔を出していることは確かであり、
彼のポジショニングに注目してみるといいかも知れません。

(3)DF

オフザボールの動きのオンパレードですが、それは選手個人の
判断ではなく、ほとんどがチーム戦術です。守備は基本的には
チーム単位の決め事に沿って行いますので、1対1ではなく
グループ対グループでやっています。相手FWに強力な選手がいる
ことも多いですし。私が注目するのは、守る時の逆サイドのDFの
動きです。その動き方は、個人のセンスが表れます。
ただ単純に相手選手についているのか、自分が危険だと思う
スペースを埋めに行くのか、判断が分かれる場面があります。
でも目立ちません。

いずれにしても、オフザボールの動きに注目する=ボールのない
ところに注目するというのは、監督・コーチ目線であり、しかも
一喜一憂できない内容になってしまうので、あまりお勧めしませんね。
監督気分(つまりチーム作りの観点で選手評価する立場)を味わう
にはいいでしょうけどね。

この回答への補足

ちなみにチーム単位で注目してみた時に、
DF全体の動きが良い、注目に値すると思われるチームってありますか?
考えてみれば、今まではどうしても攻撃主体で観ていて、
DFが「組織として」どう動いてるかってあんまり観てこなかったので、
これを機に、じっくり観てみたい気がします。

補足日時:2012/08/20 11:17
    • good
    • 0
この回答へのお礼

ご回答ありがとうございます。
最初はずーっとボールを追って観て一喜一憂するだけで楽しかったのですが、
だんだん物足りなくなってきて。

FWに関しては、ゴンは、なんであんなに巧くない感じ(失礼)なのに点が入るんだろうってずっと思ってました。
なるほど、ちゃんと理由はあったんですね。
佐藤選手も、注目してみます。

MFの遠藤選手の若い頃はパスは巧いけど、とにかく動かないってイメージでした。
が、いつの間にか、長友選手みたいなダッシュはしないけど、たえず動いてる選手になってますよね。
彼は無駄な動きはしなさそうなタイプなので、彼に注目してみるって確かに良さそう!
さっそくやってみます!

DFに関して言えば、チーム戦術というのも納得です。
そもそも「オフザボールが良い」という事に興味をもったのがDFに対する評価だったから。
ボールがないところでも、選手は絶えず動いているけど、
単にボールを追っている、ゾーンにいる選手をチェックしているという以上に、
何らかの意図があるんだろうなあとは漠然と思っていた所に
「オフザボールがよい」という褒め方を知って、
どんな事なのかなあと興味を持ち始めたのですが、
何がどうよい動きなのかが分からなかったんですよね。
素人だからチーム戦術をよく分かってなかったんでしょうね。
今回の日本代表戦は見逃したのですが、
最近の日本代表でいうと、右が上がってるときは左も上がっているけど、
左が上がっているときは、右は結構下がっていて、かつわりと中央をカバーしているというのが
おおざっぱなイメージなのですが、これは単に左が攻撃の中心で右が消極的というのではなく、
左が攻撃する事が多い分、右が守備をカバーするというチーム戦術だったのかな。
逆サイドのDFの動き、もっと注目しながら観てみたいと思います。

沢山ありがとうございました!

お礼日時:2012/08/20 11:07

うーん、難しいですね。



基本的にオフザボールでいい動きというと、ボールの引き出しがうまい選手の事を言うことが多いように思います。
ボールの引き出しとは、簡単に言うと厳しいマークを掻い潜ってパスを受けられる状態を作ることです。
その動きに定評があるのは元日本代表、現ベガルタ仙台のFW柳沢選手ですね。

ただし、そういった働きに定評がある選手というのは出場機会のわりに得点の少ない選手であることが多いんですね。
派手なプレイヤーを好む非サッカーファンからの評価はとても低い傾向があります。
玄人好みの選手とでもいいましょうか。
自身の得点よりチーム全体のチャンスメイクに重きを置いた選手というと聞こえはいいのですが、得点力の低い選手を皮肉っていうような評価である側面も感じますね。

すいません、すべての質問には答えることができなかったのですが、私のわかるところではこんなところです。
    • good
    • 0
この回答へのお礼

さっそくありがとうございます。
ボールの引き出しがうまい選手。なるほどです。
素人なんで、ボールを持った後の動きばかりを観てしまうのですが、
ボールを持つ前に、ボールが持てるかどうかが決まるってことですね。

よく言う「良いタイミングで飛び出した」とか「良い位置につけてましたね」
というのが、オフザボールの動きがよい、って事なのかな。

そういえば、「オフザボールの動きがよい」という褒め方が気になるきっかけは、
確か、長友選手か内田選手(日本人SB)についての記事かニュースだったような記憶があります。
二人がよく評価されている、運動量が多くて献身的、
というのとはまたちょっとニュアンスが違う感じだったので、
どのあたりが「よいオフザボールの動きなんだろう?」と。
確かに二人ともチーム全体のチャンスメイクに重きを置いた選手ですね。

柳沢選手はFWなので、またちょっと違うんでしょうね。さっそく観てみます。

お礼日時:2012/08/20 10:44

このQ&Aに関連する人気のQ&A

お探しのQ&Aが見つからない時は、教えて!gooで質問しましょう!

このQ&Aを見た人はこんなQ&Aも見ています

専門家回答数ランキング

専門家

※過去一週間分の回答数ランキングです。

Q質問する(無料)

このQ&Aを見た人が検索しているワード

このQ&Aと関連する良く見られている質問

Qサッカーの右サイドハーフの攻撃、守備について

こんにちは

中2で右サイドハーフやってます

身長は小さいです、足も遅めです
テクニックには自信がありますがドリブルは体が小さいのであまりしません
でも抜けないことはないです


そこで質問です



まず攻撃から


(1)開いてもらう、これが基本だと思いますが
 縦パスでハメられていたらボランチがサイドバック、センターバックからもらいますそこでどこに走れ ばいいでしょう

(2)ボランチが入ってこなかったら自分はどう動けばいいでしょうか
 縦の動きはだいたいわかりますが、横の動きがわかりませんどうすればいいでしょうか

(3)ボールをもらってから周りを見てしまいます
 どうすればいいでしょうか

次は守備

(4)1対1で負けてしまいます
 中を限定して守ってるのですがその時点で取れればいいと思ってるんです
 どうすればいいでしょうか

(5)逆サイド(左)に行ったとき下がって4バックが5バック状態になっても間違ってませんか?

(6)コーナーの時身長の小さい僕はどうすれば守りきれますか




以上です




多くてごめんなさい



本当に困ってます


攻撃は自分が行けば入ったシーンもあると監督に言われました
守備は自分のミスで入ったシーンもあります



本当に困ってます、よろしくお願いします

こんにちは

中2で右サイドハーフやってます

身長は小さいです、足も遅めです
テクニックには自信がありますがドリブルは体が小さいのであまりしません
でも抜けないことはないです


そこで質問です



まず攻撃から


(1)開いてもらう、これが基本だと思いますが
 縦パスでハメられていたらボランチがサイドバック、センターバックからもらいますそこでどこに走れ ばいいでしょう

(2)ボランチが入ってこなかったら自分はどう動けばいいでしょうか
 縦の動きはだいたいわかりますが、横の動きがわかりませ...続きを読む

Aベストアンサー

指導者をしています。
やり方には人それぞれの考え方や戦術があるのでこれってものはないですよ。
監督が考えている戦術もあるでしょうから、それを確認するのが一番だと思います。
なので、あくまでご参考程度です。

(1)ボランチからボールをもらうときは、開いた位置から中に入り込んでディフェンスの隙間でもらうのが良いでしょう。
ただ、その位置でボランチからもらってもアクセントにはなりますがチャンスにはなりません。あくまで相手のディフェンスの位置をずらす目的ぐらいにしかなりません。
どちらかというと、ボランチに入ったボールはトップ下かFWがもらうのがベストです。サイドハーフは、トップ下かFWにポストプレーをしてもらって、それをダイレクトで落としてもらい前を向いた状態でボールをもらうようにするのが良いと思います。

(2)開いたまま落ちれば良いと思います。
あくまでボランチから攻撃スタートするのがベストですから、センターバックやサイドバックがボランチにボールを入れられない場合は、なるべく近くまでサイドを落ちて、フリーの状態でパスを受けてあげると良いと思います。

(3)まずトラップする方向、トラップした後のボールを置く位置を意識しましょう。
右サイドですから、基本的にトラップは右足で必ず体を前を向いた状態でトラップです。またトラップ後は、すぐに右足アウトに持ち返るようにしましょう。トラップするときは若干左に体重移動させボールを止め、そのままボールの左側に体をもっていき、ボールを右足アウトに収める感じです。
足の内側にボールを置くと、ボールを取られやすいです。ボールを右足のアウトに置けば、すぐにアウトタッチで詰めてきたディフェンスから逃げることができます。まず、これで慌てない状況を作れるようになることです。
これである程度余裕が持てるようになれば、トラップミスを怖がってボールをガン見することもなくなります。
あとは、練習でトラップ前に常にルックアップして首を振る練習をすることですね。

(4)1対1が弱い人の典型は、アタックの角度が悪い場合が大半だと思います。
つまりアタックする角度が悪いから、簡単にかわされてしまっていると言うことです。
右サイドでサイドカットで守っている場合、基本左足が相手側に向いた状態で中を切りますよね。
その状態で左足から体を入れる感じでアタックすると思いますが、アタックの角度を相手に対して斜め前にしてしまっていませんか?
これだと、どうしても自分が先に動いてしまうことになるのでかわされやすいです。
ディフェンスのコツは、いかに「後出しじゃんけん」をするかです。つまり相手が動いてから、それを読んで体を入れることが重要です。
この「後出しじゃんけん」が身につけられれば、体を入れるとき常に斜め前ではなく、斜め後ろになります。つまり、左足が右足より下がった状態で体を入れるということです。
この「斜め後ろに体を入れる」という意識をちゃんともてれば、1対1のディフェンスは格段に強くなれます。


(5)は監督の考え次第なので何とも言えませんね。
わたしは下がる必要はないと考えます。
ディフェンスラインは基本的に3人いればOKです。
片方のどちらかが攻撃参加する形が4バックですから、逆サイドにボールがあるからと言って、人数あわせにサイドハーフが最終ラインに入る必要はないです。

(6)は難しいですね・・・
ちゃんと体をぶつけてることくらいでしょうか・・・


4バック制でやっているのであれば、サイドハーフで一番重要なのは「いかにサイドバックを攻撃参加させるか」です。まずはその意識を高く持ちましょう。ひとりで打開するのではなく、うまくサイドバックを上がるスペースを作ることを考えることが重要です。
それには縦突破のドリブルではなく、「溜めるドリブル」が必須になります。
たとえば、サイドで開いてもらったとしたら、基本はボールをキープしながら中に切り込むと良いと思います。
そうすることでサイドのスペースが空くので、そこをサイドバックに上がってもらいます。
そのままサイドバックに出してあげても良いですし、上がったサイドバックをおとりにして、ドリブルスピードを上げて中央の人間とワンツーパスをしながらペナルティエリアに切り込むのもOKです。
どちらにせよ、サイドハーフの本当の職場はペナルティエリア内と考えた方が良いです。
センタリングをあげたとき人数が多い方が有利なのですから、サイドハーフはペナルティエリア内に入り込み、サイドに流れてのセンタリングはサイドバックがやった方が効果的です。
監督が「自分が行けば入ったシーンもある」と言った理由は、そこにあると思います。

ご参考まで。

指導者をしています。
やり方には人それぞれの考え方や戦術があるのでこれってものはないですよ。
監督が考えている戦術もあるでしょうから、それを確認するのが一番だと思います。
なので、あくまでご参考程度です。

(1)ボランチからボールをもらうときは、開いた位置から中に入り込んでディフェンスの隙間でもらうのが良いでしょう。
ただ、その位置でボランチからもらってもアクセントにはなりますがチャンスにはなりません。あくまで相手のディフェンスの位置をずらす目的ぐらいにしかなりません。
どちら...続きを読む

Qオフザボール時の動きを覚えるには!

現在小学校4年生の息子は、個人技は所属するチームの中でも1番上手で、コーチからもトレセンを勧められ受けてはみるのですが、トレセン選考会中のゲーム形式になると全然ボールに触ることができずアピールすることができません。理由は、ボールをもらう位置が悪いからだというのは分かっているのですが、指導方法がよく分かりません。ボールを持っている選手のサポートに入るポジショニングを教えるよい方法はありますでしょうか?
宜しくお願い致します。

Aベストアンサー

ボールをもらう受ける際に必要なのは2点。

1つは、おっしゃっているように、ボールホルダーとの位置とタイミング。
パスコースがなければ出しようがありません。
また、ボールホルダーがルックアップした際、視界に入っていなければ、なかなかボールはもらえません。

もう1つはマークを外せているか。チームの核の選手であれば、多少タイトなマークが付いていても、味方はボールを預けます。が、そうでなければ、マークが付いている相手に、ボールを預けません。よりフリーの人を探すでしょう。

この2点をクリアするためには、周りの状況を把握しておく必要があります。

練習でどの練習においても、首を振り、周りを見る・状況を博する癖をつけるといいと思います。

この程度のことは、コーチ等からも言われているとは思いますが、本人に、なぜもっと周りを見ておく必要があるのかを理解させてあげることが必要かもしれません。

Qサッカーのポジションについて(小学生)

みなさんこんにちは

小学2年生の息子が学校のサッカークラブに所属して、サッカーに熱中しています。ここ2回ほど対外試合に出場しているのですが、コーチからDF(右サイドと中央)を任されました。本人はMFをやりたいらしく、DFはやりがいがないと言っております。

私からは、「ポジションは固定されたわけでなく、いろいろなポジションをこなすことで経験が積める。またDF(特に中央)を任されているのはコーチから信頼されている証拠だよ」と言っているのですが、私自身はサッカーの経験は無く、それでよいのか今ひとつ自信がありません。
こういった場合にどのようなアドバイスをしたら良いいのでしょうか。またそもそもFW,MF,DFの適性ってどのような要素があるのでしょうか。
お教えいただけると幸いです。

ちなみに息子は、体格は大柄でガッチリ型、足は学年で3番目くらいに速いです。

よろしくお願いいたします。

Aベストアンサー

体格は大柄でガッチリ型、足は学年で3番目くらい。
サッカーに(限らないかもしれないですが)向いた体型じゃないですか。私も体は大きいですが足はそれほど速くなかったので羨ましい限りですね。
現代のサッカーは守りがまず基本です。昔は攻めが基本でしたが。
私も同じように小学生の頃はDFをやらされていました。理由は単に体が大きいからだったんだと思います。
私もMF(ハーフ)やFWをやりたいなぁと毎日思っていました。多分お子さんも同じ気持ちなのだと思います。

FW、MF、DFの特性は、少年サッカーの場合は(よほど強豪チームでない場合)、結構単純だったりします。
体の大きい子はDFに回されやすいです。1:1も強ければ尚更ですかね…。MFはボールのキープ力、視野、走力パス精度等受け持つ場所ごとの仕事の分担やその量も多いのでオールマイティor何か特化した能力(走力や視野の広さ等)を求められます。
FWもMFと同じように何かに特化していると置かれやすいですね。それ+得点能力も必要ですが…。

私からお子さんへアドバイスするならば、監督は何も適当にポジションを選んでいる訳ではありません。チームを限られたメンバーで構成した際にDFに適任していたわけです。
レギュラーなのかは分からないですが、もしそうであるなら任されていることを誇りに思うべきだと思います。現代のサッカーで大事なのは全員攻撃全員守備の意識の高さです。
DFだからといって守りだけすればいいってわけではないし、得点するチャンス、得点を演出するチャンスはいっぱいあると思います。ボールを奪った後のロングフィードやセットプレーで点数を狙ってみたりとか。
チームが変わればポジションが動く可能性も大きいです。その時に今DFをやっている経験は必ず生きてきます。だから放りなげるのではなく頑張るべきだと思います。
まとめきれず長くなってすいません(;´Д`A ```

体格は大柄でガッチリ型、足は学年で3番目くらい。
サッカーに(限らないかもしれないですが)向いた体型じゃないですか。私も体は大きいですが足はそれほど速くなかったので羨ましい限りですね。
現代のサッカーは守りがまず基本です。昔は攻めが基本でしたが。
私も同じように小学生の頃はDFをやらされていました。理由は単に体が大きいからだったんだと思います。
私もMF(ハーフ)やFWをやりたいなぁと毎日思っていました。多分お子さんも同じ気持ちなのだと思います。

FW、MF、DFの特性は、少年サッカー...続きを読む

Qうまいポジショニングのとり方

 こんにちは、僕は中二のフォワードです。
 自分でもポジショニングが悪いということは分かるんですけど、どうしてもいいポジショニングが出来ません。このままでは得点に絡むことが出来ません。
 そこで質問です。どうやったら、良いポジショニングを取れるようになりますか?
 ちなみに僕はツートップの右です。(裏を盗るようなプレーが得意です)

Aベストアンサー

おはようございます。

サッカー経験者です。
わたしはMFの方の経験が多いというか全ポジションの経験があります。
(GK含む。下手なわけではないですよ)

ポジショニングとありますが、やっぱりどうやってフリーの
状態を作るかですかね。

FWだと、点を取ることが求められるので、ゴール近辺に
張り付こうとしますが、それを意識すると意外と点が取れません。
中学生ということなので点を決めたくてウズウズしてると思います。

たとえば、右MFがサイドを突破してきた。このとき右FWは
どうするか?

(1)相手DFと右MFの間に、体を入れてセンタリングを待つ。
 このとき、自分の手を少し開いて、DFが自分の前に入りにくくする。

(2)ゴール前に行かず、右MFの背後にポジションを取って、
 右MFが、敵DFに囲まれても、パスがだせる状況を作る。

(3)ペナルティーエリア少し外ぐらいにポジションを取って
 ゴール前での混戦からのこぼれ玉を待つ。

私だったら、上の三つの事を多分考えるかなぁと思います。
どれを選ぶかですが、ゴール前の状態で、数的有利と判断すれば(1)、
数的不利と判断すれば(2)をとって、自分たちのチームがボール支配
できる時間を稼ぐ。
どちらともいえない場合は(3)という感じですかね。

ポジショニングが悪いというのは、パスの出すほうから見て
パスが出しにくい位置にいる場合がほとんどです。

極端ですが、ゴール前にポジションを取っている。しかし自分の前に
DFがいれば、ポジショニングが悪いということになります。

具体的に、どういうポジショニングをとればいいかは、無限にある
ので説明できません。
私が意識しているのは、ボールをキープしている味方と、自分の位置を
直線で結んだ線上に、相手の選手がいない状況をつくることですかね。

そうすると、味方からすれば、ボールを出したいときにだしやすい
環境になるので、ポジショニングが悪いとは言われません。
そして自分がボールをもらえる確率が高いので、点を取れる
可能性もあがってきます。

FWだと、点を取ろうと前へ前へ行こうとして、中盤との距離が
開いたりしますが、よほど足が速いか、身長が高いかしないと
リスクがあるので、中盤からボールがくる可能性が低くなります。

polloteさんの場合、裏を取る動きが得意とあるので、足は速い方で
切り返しもうまい人だと思います。

点をとることだけを考えずに、味方の選手がボールをだしやすい
位置取りを意識するようにすればいいかと思います。

抽象的になって今いましたが、こんな所でしょうか。

おはようございます。

サッカー経験者です。
わたしはMFの方の経験が多いというか全ポジションの経験があります。
(GK含む。下手なわけではないですよ)

ポジショニングとありますが、やっぱりどうやってフリーの
状態を作るかですかね。

FWだと、点を取ることが求められるので、ゴール近辺に
張り付こうとしますが、それを意識すると意外と点が取れません。
中学生ということなので点を決めたくてウズウズしてると思います。

たとえば、右MFがサイドを突破してきた。このとき右FWは
どうする...続きを読む

Q少年サッカー(コーチの考え)で悲しいです。

息子のサッカーチームのコーチの考えに泣き寝入りしています。

息子は小学生入学と同時に現在のクラブチームに入団しました。
現在、5年です。

息子の性格は内弁慶で、お世辞にも親の目からも上手いとは言い難いですが、ほとんど休むことなく通い続けています。
地区外のチームで、他校の友達が出来て嬉しい、サッカーも大好きだと…辞めると言うことも無くここまで来ました。

そのクラブチームは、この辺では一目置かれるような強豪で、だからと言ってセレクションがあるとか、紹介や引き抜きばかりとかではありません。会費を払えば誰でも入れます。

さて、前置きが長くなり申し訳ありません。

試合に出して貰えない悲しさが募ってまいりました。

フェスティバルのような全道がかかっていない試合すら出してもらえません。
例え出れても3分がいいほどです。

先日も息子の学年13名と下の学年7名登録された、第三ピリオド(第一と第二は同じ選手が出てはいけないルール)制、12分ハーフ?の試合が先日行われました。
下の学年の男の子は5年大会などに登録される3,4名以外は、初お目見え…
いつもいつも、点差が開かない限り1日四試合しても、5試合しても出して貰えない息子。
今回ばかりは…と、少しの期待をしていたところ。
第一は5年レギュラーと誰だろう?的な下の学年の男の子。第二も同じ。
レギュラーの残りのメンバーを全て四年で補ったのです。

我が家の息子と残りの三人(全て5年)の計四人は、毎回毎回ベンチで、今回も交代すらさせてもらえませんでした。
親同士では毎回固定だね…と、悲しさで溢れます。
正直、嫌われてるね…とさえ出てくる始末です。

新しい子どもが入団しても、4年が入ってもその子どもたちだけスルーされ、あげく「今日の試合では、随分とレベルアップしたように感じます。」と、出た子どもだけ上手い子どもだけを誉めて、出てない子どもに対しては何も無し。

練習の時点で試合に出る出ないの選手を分けていて、試合に行く前から凹みます。

そもそもが、息子と同じ補欠の補欠だったコーチ(現トレセン代表コーチ
)のお子さんがトレセンメンバーに入ってから、チームと言うかコーチの選手の使い方がおかしくなって来た気がします。

突然のスタメン、フル出場…もちろん試合中、どれだけ自分の息子の名前を呼ぶんだ?くらい、指導や怒鳴り声。
だからと言ってここ一番の試合はスタメンですらない。

そして、チームの取締役から「実績」問題を追及され。
多のお母さんたちからは、そのコーチが見てから弱くなったまで言われ。

子どもたちへの愛情は見えず(ボランティアコーチですが、小学校教諭です)、勝利至上主義、自分の勝ったと言う実績を残したい!
そればかりが見えてしまいます。

すみません…
愚痴になって、そして止めどなく出てきそうですので、この辺で質問させてください。


息子は、辞めたくないと楽しいと泣きますが、同時に試合に出して貰えないとも泣きます。
親も朝から夕方まで手伝い、我が子の為と協力を惜しまないで来たつもりですが、虚しさで昨日の息子の出ない試合は見てて初めて泣けてきました。

サッカーのお陰で弱かった体も今では風邪も引かないくらいに丈夫になり感謝しています。

それを差し引いても、虚しさで悲しさでいっぱいなのです。

やりたいと言う以上、やらせていこうと思いますが、この虚しさの方向転換(気持ちの持ち方)
がありましたら、教えていただきたくご質問させていただきます。

長々と大変失礼いたしました。

読んでいただきありがとうございました。

息子のサッカーチームのコーチの考えに泣き寝入りしています。

息子は小学生入学と同時に現在のクラブチームに入団しました。
現在、5年です。

息子の性格は内弁慶で、お世辞にも親の目からも上手いとは言い難いですが、ほとんど休むことなく通い続けています。
地区外のチームで、他校の友達が出来て嬉しい、サッカーも大好きだと…辞めると言うことも無くここまで来ました。

そのクラブチームは、この辺では一目置かれるような強豪で、だからと言ってセレクションがあるとか、紹介や引き抜きばかりとかではあ...続きを読む

Aベストアンサー

家の息子は、大人数のチームに居ました。
A、Bチームがあり、レベルに応じて試合に出ることは出来ました。

ただ、そんなレベルに左右されたくない子は、少ないチームに移籍しました。
少ないので、レベルいろいろで、とにかく勝てないけど、それなりに一生懸命にやるチームです。
それはそれなりに、良かったのでしょう。

息子は、ちょうど中間レベルなので、人数によってはBに行ったりしていました。
Aのベンチに入って応援と言う事もありました。

でも、レベルの高い子達に混じって練習をすると、やはり楽しいと言う事もあったので、そのまま卒業まで通い、中学は部活でサッカーをしました。

今は、22歳ですが、今だにサッカー部の先輩と、フットサルを趣味としてやっています。
好きなら、まだこれから先に、出番はやって来ます。

中村俊輔も高校時代は、使ってもらえなかったとか。

親は実際問題とても悲しいですが、本人がもっと試合に出たいのか、出られなくても今の友達とここでやりたいのか。

他を探してみてから決めるのも良いかもしれないですね。

サッカーが好きなのか、サッカーをやっている友達と遊ぶのが好きなのか。
子供の性格にもよりますね。

家の息子は、大人数のチームに居ました。
A、Bチームがあり、レベルに応じて試合に出ることは出来ました。

ただ、そんなレベルに左右されたくない子は、少ないチームに移籍しました。
少ないので、レベルいろいろで、とにかく勝てないけど、それなりに一生懸命にやるチームです。
それはそれなりに、良かったのでしょう。

息子は、ちょうど中間レベルなので、人数によってはBに行ったりしていました。
Aのベンチに入って応援と言う事もありました。

でも、レベルの高い子達に混じって練習をすると、やはり...続きを読む

Q小4年生のトレセンなどの選考のポイントって?

来週、小学校4年生の息子がトレセンの選考会に参加させていただくのですが、選考員の方々の見るポイントとはどのようなところにあるのでしょうか?またサッカー素人のオヤジとしては「知らない子ばかりだろうし、これから試合とかで顔を合わすのだから、友達を作れば^^」程度しかアドバイスが浮かびません。当日、何と声をかけてやればよいのでしょうか?宜しくお願いします。

Aベストアンサー

見るポイントはいろいろ有りますが、いずれにしても来週の話なので今からやれることもほとんどないでしょう。また、見る側も限られた時間の中で見極めることに限界があることも承知しています。
トレセンとなると、慣れない環境の中で知らない選手と一緒にプレーする訳です。他の選手も同じことです。大事なのは、その中で萎縮して埋もれることなく、のびのびといつもどおりのプレーをすること。
またトレセン制度はこの先もずっと続くセレクションの連続であり、今回はその第一歩なわけですから、上の環境へ行っても大丈夫な選手かどうかというのも大事な要素です。
そういう意味では、大きな声を出してリーダーシップを取り、周りの選手を引っ張っていくようなプレーが出来る選手はとても好印象に残ります。

でも実際に私(一応JFA公認C級コーチ資格保有です)がひと声かけるとしたら。。。
「思いっきり楽しんでこい!」ですかね ^^;

Q軽く蹴って、遠くに飛ばす方法、一瞬でできるコツがあったら

軽く蹴って、遠くに飛ばす方法、一瞬でできるコツがあったら
教えてください。

30代男です。まったくキック力がありません。
本当に半端なく、ボールがちょろちょろになります。
小学生時代からずっとそうです。
かなり重症です。

PKでも遠藤以下のちょろちょろシュートです。
女子よりもキック力がありません。

自分なりに検証したところ、
シュートを打つときに足首を90°に曲げてボールをあげようとしていると
わかりました。すると当然ゆるい球しか蹴れません。

それを直し足首を伸ばしてインフロントにクリーンヒットしても、
強い球が飛びません。
インサイドのほうが比較的強い球を打てます。

周りを見てると軽く蹴っても、遠くに球を蹴れています。
ちょこんと当てて、20mくらいは飛ばせますよね?
軽く蹴って、遠くに飛ばす方法、一瞬でできるコツがあったら
教えてください。

Aベストアンサー

手っ取り早く遠くへ飛ばしたいのならトーキックです。
一瞬でマスターできる蹴り方はこれしかありません。
トーキックであれば、膝から下の足の振りだけである程度遠くへ飛ばせます。
ただし、コントロールは犠牲になります。

強い球が蹴れないのは、先に回答されてる方が言われているように蹴り足が速く振れてないからだと思います。
蹴り足を速く振る為には軸足に体重をのせ切ることが大切です。
軸足一本で体重をささえられるように。
コツとしては、ボールに対して軸足をボールの正面から真っ直ぐに踏み込むのではなく、ボールに対して少し斜めから踏み込みます。
しかもこの時、軸足は棒立ちではいけません。
軸足の膝は軽く曲がってる必要があります。

また、蹴るという動作は足が主体なのですが、上半身の使い方も大切です。
サッカー教本などで蹴る時の連続写真が良く載ってると思いますが、お手本となるフォームを見ると蹴る直前に上半身を反らしていることが分かります。
上半身を軽く後ろに反らすことで、蹴り足が前に速く振れるようになります。
ジャンプする前にしゃがむのと同じ要領です。

時間をかけて蹴るフォームを改善していけばボールが飛ぶようになるはずです。

手っ取り早く遠くへ飛ばしたいのならトーキックです。
一瞬でマスターできる蹴り方はこれしかありません。
トーキックであれば、膝から下の足の振りだけである程度遠くへ飛ばせます。
ただし、コントロールは犠牲になります。

強い球が蹴れないのは、先に回答されてる方が言われているように蹴り足が速く振れてないからだと思います。
蹴り足を速く振る為には軸足に体重をのせ切ることが大切です。
軸足一本で体重をささえられるように。
コツとしては、ボールに対して軸足をボールの正面から真っ直ぐに踏み込む...続きを読む

Q小学3年生 サッカーの色々な動きについて

小学3年の息子のサッカーにアドバイスをしたいです。当方、未経験者です。
幼稚園からサッカーを始めて今まで楽しんで続けていますが、始めたころよりの悩みや成長と共に出てくる悩みのいくつかに対して、どのようにアドバイスをしたら良いか、また、個人練習でどのような事に取り組んだら良いかなどをご指導いただけたらと思います。

指導者の方、同じような悩みを抱える父兄の方、幼少期に同じような経験をされた方のコメント大歓迎です。

少年団練習量:火曜 夜(ランニング)/水・木 夜(スキルアップ)/土・日(試合もしくは練習)
個人練習:毎晩のストレッチ/腹筋・背筋・スクワット/リフティング(最高31回)/ハイボールのコントロールから10mくらいのドリブルをして、壁シュート(右足5~10本/左足5~10本)
※個人練習はその日の遊びの約束等によってやらない日も多いです。

(1)ディフェンスの時に簡単に足を出してしまって、抜かれる事が多く、足が遅い為、追い付けません。また、諦めが早く、しつこく、ディフェンスにいけません(いきません)。

(2)団子サッカーになった際にいつも足裏でボールを取ろうとして、いつも失敗しています。ボールが取れた時にもスピードに乗ったドリブルにならず、また、囲まれ、突破できません。

(3)相手スローインやゴールキックの際に裏を取っていても、動きを迷っているのか、ボール奪取が出来ません。キョロキョロしてはいるのですが、出てきたボールへの反応がとても遅かったり、落下地点が分からなかったりしているようです。

(4)自チームのスローイン、ゴールキックの際に止まっています。

(5)試合中、キョロキョロして、周囲を見て動いてはいるのですが、足が遅い為、ボールの周囲に寄るのが遅く、サポートできません。ボールの群れをちんたら追いかけているように見える時も多いです。

(6)集中していない上に俊敏性もない為か、ボールの出方、出所などに即座に反応できません。出てきたボールに反応しようとすると足を上げた不格好な状態になる事が多いです。

(7)暑いときなど明らかに試合に参加しようとしない、集中していない時があります。ボールが来そうなトコロには行かない、攻め上がりも一番、遅く、守備の時も一番、遅いような形です。

(8)最初の試合などは別人のような動きをすることが多いのですが、試合を重ねるにつれ、楽な方へ楽な方へと試合から消えていくことが多いです。

(9)相手が強い事が分かると委縮するのか、更にスピードが落ち、諦めが早くなってしまいます。


それでも親としては今年の夏で大きく成長したと感じています。春くらいはもっと、スピードがなく、むしろ、歩いているように見えました。最近では走ってるのだろうなぁというのは感じますし、驚くようなボールの受け方やターンをしたり、スルーパスを出したりする事も多くなってきました。一方、現在のチームは闘争心、守る気持ち、負けない気持ちを重視しているのですが、その部分においては改善しているようには見えません。
また、トップチームでやりたい気持ちもあるようで、個人練習も含め、努力もしているのですが、強豪チームに所属しているので、スピードが全然、違っていて、付いていけるような状態ではないというのも気になります。

質問が幅広く、多岐に渡りますが、ご覧いただいた方がどのようにアドバイスを送るかなど、ご指導いただけたらと思います。個別の事項に対してでも構いませんし、育成全般についてでも構いません。

よろしくお願い申し上げます。

小学3年の息子のサッカーにアドバイスをしたいです。当方、未経験者です。
幼稚園からサッカーを始めて今まで楽しんで続けていますが、始めたころよりの悩みや成長と共に出てくる悩みのいくつかに対して、どのようにアドバイスをしたら良いか、また、個人練習でどのような事に取り組んだら良いかなどをご指導いただけたらと思います。

指導者の方、同じような悩みを抱える父兄の方、幼少期に同じような経験をされた方のコメント大歓迎です。

少年団練習量:火曜 夜(ランニング)/水・木 夜(スキルアップ)...続きを読む

Aベストアンサー

こんにちは♪

指導暦のないサッカー歴のあるオールドサッカーファンです。

微笑ましいですね。

個人的な考えですが・・・。サッカーで一番大切なのは「自由」と「ひらめき」と「楽しさ」だと思っています。

少年期では、ボールコントロールやボディー・バランスやブレインのいわゆる「サッカーの3B」を養って行く時期でもありますね。

これは大昔、中学生ぐらいの時にペレが書いた「ペレのサッカー」という教則本で学びました。その冒頭は、「ボールと友達になろう」だったように記憶しています。

練習内容を読ませていただくと、少し練習量が多いような気もします。他の方もおっしゃっておられましたが、少年期の筋トレとか走力・体力トレーニングなどは個人的にはほとんどしなくてもいいと思います。もっと、数人でもいいから「遊びのサッカー」をする時間を増やしてほしい気もします。そしてサッカー以外の自由な時間も作ってあげてほしいです。

「キョロキョロ」している!。素晴らしいですね。視野の広いプレーヤーに育つかもしれません。

子どもさんにアドバイスというより、練習後帰ってきたら、「楽しかった?」とか「何か発見したことあった?」とか声をかけてあげるといいかもしれません。とにかく、褒めてあげることが大きな糧になる時期です。

伸び盛り。毎日が色々な発見だと思います。それはすごい宝物です。そして、「答え」を与えず、「自ら考えていく力」を育んでいってほしいです。

練習はコーチの方々を信頼して、こころの余裕や、疲労していないかなど、見守ってあげるのも大切かとおもいます。

「楽しければ」ずっとサッカーを続けていくだろうし、自然と色々なこと(サッカーの技術だけではなくて人間的な部分でも)を学んでいかれると思います。闘争心とかも団結力とかも教えるものではなく、自然と身についていくものです。

「遠回り」をして世界的なプレーヤーになった選手をいっぱい見てきました。「ハンディ」がある故に「持ち味」を高め急成長されたプレーヤーも多いですね。

長い目で見て、いつも微笑みながら彼の「一番のサポーター」になってあげると素敵ですね。

こんにちは♪

指導暦のないサッカー歴のあるオールドサッカーファンです。

微笑ましいですね。

個人的な考えですが・・・。サッカーで一番大切なのは「自由」と「ひらめき」と「楽しさ」だと思っています。

少年期では、ボールコントロールやボディー・バランスやブレインのいわゆる「サッカーの3B」を養って行く時期でもありますね。

これは大昔、中学生ぐらいの時にペレが書いた「ペレのサッカー」という教則本で学びました。その冒頭は、「ボールと友達になろう」だったように記憶しています。

練習内容...続きを読む

Q小学生のサッカーって何が大事なんですか?

みなさん、こんにちは。
小5の息子のサッカーで相談です。
小1から学校のサッカークラブに入部し、これまで来ています。
小1、2年生の頃は楽しくやっていたようですが、小3から
ポジションがDFになり、その頃からだんだん楽しいと思えなく
なってきたようです。
それでも常にレギュラーに選ばれ、市の大会でも優勝するなど
チームとしての戦績は良いほうだと思います。
ただ最近は「学校のサッカーはつまらない」「もうやめたい」と
言い出しました。
理由は、
 ・DFばかりでつまらない。たまには前のポジションをやりたい。
 ・コーチが上手い子ばかりFWやMFにする。あまり上手くない子、
  おとなしい子は守備的ポジションばかりやらされる。
 ・コーチは上手い子の父親で、ひいきしている。信用できない。
です。
私から「それとなくコーチに言って上げようか」と言うと、
「それだけは絶対にやめてくれ」
「ではコーチに自分の意思を伝えたら?」と言っても
「それもいやだ。」と頑なです。
サッカー自体はすきなのですが、今のサッカーの環境が我慢できないようです。
息子は練習も今までまじめにやってきたし、自分のポジションを一生懸命やっている姿を見ると、なんとかサッカーに楽しむようにしてあげ
たいと思っています。

コーチに相談することは何回も考えましたが、息子を裏切るようでしておりません。コーチは練習試合を数多く組むなど熱心に教えてくれると思うのですが、確かにポジションは固定的(キーパーの子も小3からずっとキーパーです)だし、勝ち負けを優先しているようです。
私は小学生の頃は勝ち負けよりサッカーの楽しさ、すばらしさを教えること。いろんなポジションを経験し、一通りやってみることが大切と思っております。

息子によると、「守備的なポジションをやっているあまり上手くない子は、みんなやめたいと言っている」だそうです。
みなさま、このような経験はございませんか?
どのような対策を取ったら良いと思いますか?

みなさん、こんにちは。
小5の息子のサッカーで相談です。
小1から学校のサッカークラブに入部し、これまで来ています。
小1、2年生の頃は楽しくやっていたようですが、小3から
ポジションがDFになり、その頃からだんだん楽しいと思えなく
なってきたようです。
それでも常にレギュラーに選ばれ、市の大会でも優勝するなど
チームとしての戦績は良いほうだと思います。
ただ最近は「学校のサッカーはつまらない」「もうやめたい」と
言い出しました。
理由は、
 ・DFばかりでつまらない。たまに...続きを読む

Aベストアンサー

単にポジションの好き嫌いや上手いか下手かが問題という訳ではなく、(文中でお子さんが言っている様に)環境や指導者に満足できてないのでサッカー自体がつまらなくなってしまっているのでしょう。あまり簡単な問題ではないと思います。

私も小学生の時に一部の親グループと指導者が指導方針について対立し、チーム内が分裂するという事態に陥った時期があります。当事者のコーチを慕っていたという事もあり私自身サッカーが全く楽しくなかったですし、後々成長してから友人とこの話になると、1人はその1件でショックを受けサッカーをやめようと考えていたらしいです。
また対立した一部の親グループのさらに一部とは、子供の我々まで冷めた関係になり、もし今会ったとしてもニュートラルな対話は出来ないと思います(大人気ないですが、それほど大きな問題だったという事です)。

と話はそれましたが、上記の一件があったからかは解りませんが、僕は環境という面はとても重要だと思っています。大人であれば自分から環境を変えられますが、子供の場合は自分からは行動できないでしょう?
さらにコーチを信頼出来ていないという事で、私の時よりも心の支えが少ない訳ですから、とてもかわいそうな境遇です。

私の結論としては環境を変えるべきだと思います。親に自分から不満を言ってくる位であれば、サッカーが本当に好きなんでしょうし、(大会での優勝経験もあると言う事で)チームが勝つ喜びも知っていますからサッカー自体を辞めさせるのは時期尚早でしょう。冒頭でも書いたとおり、根本的な問題は環境面ですから。

具体的にどうするかと言えば、まずは近隣校のサッカークラブが出てきますね。現在とそれほど練習時間も変わらないでしょうし、基本的には移動面でも問題は少ないと思います。
ただ、そこでもコーチの方針などの問題が出る事は有り得るでしょうし、今の学校の子と関係が悪くなってしまう可能性も無い事は無いでしょうね。

または所謂サッカースクールに通うという選択肢もあります。有名なクーバーコーチングや、Jリーグクラブのスクールなどです。ここならば、より専門的なコーチがいますし「まずは楽しむ」という方針が根底にあるので、現在お子さんが悩んでいる問題はほとんど解決されるでしょう。
こちらの問題点は場所が家の近所ではない場合も有るので、移動面で親御さんの協力がより必要になるという事です。また練習時間が少なくなる事も考えられますね。
それよりも一番の問題点は真剣な舞台でのサッカー大会(小学生で言えば招待試合や全国大会など)や試合があるのか?という事です。あくまでも私が行っていた所がという話ですが、基本的に"スクール"なので真剣勝負の試合は有りませんでした。大半の子はスクールとは別に地元のサッカークラブやユースチームに所属しているので問題ないでしょうが、スクール一本となるとお子さんとしてみれば物足りないでしょうね。

いずれにせよリサーチが必要ですね。とりあえず何箇所か目星をつけて、お子さんを一緒に連れて行き見学してみてはいかがでしょう?

最後に。私は環境を変える事をオススメしましたが、このまま残るという選択肢もあることは忘れないでください。言っても5年生ですから精神的にもまだ脆いです。環境を変えるという事はそれなりにリスクも伴います。また、よく考えればあと1年と半年くらい経って中学生になり環境も変わりますから、それまで心のケアをしつつ頑張らせるという事も良い手です。
とにかく、親がどうしたいかと言う事よりお子さんの事を一番に考えて、色々な可能性を示してあげてください。pparkさんなら心配は要らないと思いますけどね。

長文になってしまい、申し訳無いです。サッカー好きとして、お子さんが楽しくサッカーが出来る事を願います。

単にポジションの好き嫌いや上手いか下手かが問題という訳ではなく、(文中でお子さんが言っている様に)環境や指導者に満足できてないのでサッカー自体がつまらなくなってしまっているのでしょう。あまり簡単な問題ではないと思います。

私も小学生の時に一部の親グループと指導者が指導方針について対立し、チーム内が分裂するという事態に陥った時期があります。当事者のコーチを慕っていたという事もあり私自身サッカーが全く楽しくなかったですし、後々成長してから友人とこの話になると、1人はその1件で...続きを読む

Q少4 少年サッカーをやってる息子について

初めて質問させていただきます、こちらのカテゴリーではなかったらすみません
(>_<)

現在地域の少年サッカーをやっている小学4年の息子がいるのですが、
前回の練習に行った時コーチに、
「技術は学年で一番なんですが、これにスピードがついてくれば文句なし

と言われました(>_<)


ポジションはFW やMFの位置をやることが多いです。


息子本人は上の学年の試合に行く友達をみて羨ましく
思うそうで、
足がもっと早くなりたいと泣いて悔しがります(*ToT)



息子は私から見ても足は早いほうではなく、でもたまにリレーの候補に選ばれたり
するので普通ぐらいなのかな??と思います。!


なにか足が早くなれるトレーニングなどありますか??
小学生時代では筋トレなどは体の成長の妨げになるから
あまりさせない方がいいかもよ?と他のお母さん方から
聞いたこともありますが、無理にさせない方がいいので
しょうか!?

それかもっとサッカーの技術を磨かせた方がいいのでしょうか。。

親が無知なもので、あまりいいアドバイスしてあげられなく困ってます(*ToT)


ちなみに身長135センチ、体重31キロの少しぽちゃっとした
感じです(>_<)太ってはいないです。

ご回答おまちしてます!!

初めて質問させていただきます、こちらのカテゴリーではなかったらすみません
(>_<)

現在地域の少年サッカーをやっている小学4年の息子がいるのですが、
前回の練習に行った時コーチに、
「技術は学年で一番なんですが、これにスピードがついてくれば文句なし

と言われました(>_<)


ポジションはFW やMFの位置をやることが多いです。


息子本人は上の学年の試合に行く友達をみて羨ましく
思うそうで、
足がもっと早くなりたいと泣いて悔しがります(*ToT)



息子は私から見ても足は早いほうではなく、でも...続きを読む

Aベストアンサー

少年サッカーの指導をしている者です。

足が速くなるトレーニングですが、サッカーではトップスピードが速いより、初速が速い子の方が強いです。
足の速さは元々の子供の成長具合によるところもあるので、今は瞬発力を付ける練習(左右ステップ、反転ダッシュや、バックステップなど)をすれば良いと思います。
今は筋力を付けることより、筋肉のバネを使った体の使い方を覚える練習をした方が効果的だと思います。

ちなみに子供のスピード系の筋肉が発達し始めるのは、主に中学生になってからです。
たぶん現状でも人並みのスピードがあるのは、サッカーで基礎的な力がついているからだと思います。ちゃんとした基礎ができていれば、中学になってからぐんと伸びる可能性もあるので、今は焦る必要はないと思いますよ。

特に小学4~5年の間は、子供によって体の成長が著しく異なります。
スピードや運動能力は体の成長の度合いに大きく左右されてしまいますから、どうしても差が生じてしまうのはある意味仕方のないことだと思ってください。
お子さんの技術は必ず未来に生きてきますので、目先のことにあまりとらわれず、今は子供が自信を失わないようにケアしてあげてください。

ちなみに子供は4~6年生でゴールデンエイジを迎え、この時期に運動に必要なほとんどの技術を習得することになります。
そして6年生中盤頃から体の急激な成長期を迎え、この時期は一時的に体が不安定な時期に入ります。この間は、成長の度合いに神経がついていけず体を動かすときのバランスが崩れてしまうことがあります。なので一時的に下手になったと錯覚することもあります。
この成長期を終えると、体が本格的にできあがってきます。
基本的には筋力を付けたりするのはそれからです。

今は体力的にも運動能力的に劣っている相手にも、ここで大逆転が起きることがあります。
基本的に体が早熟の子は、むしろスピードや運動能力に頼ってしまいがちで、本来ゴールデンエイジでやるべき技術の習得や体の使い方が疎かになり、この成長期に一気に追い抜かれてしまうことが良くあります。

つまり、ご質問者様のお子さんは、むしろ丁度良い成長を遂げていると前向きに捉えても良いと思います。
今の時点でスピードや運動能力に頼らず技術に磨きをかけられると言うことは、それだけ未来に大きな可能性をもたせてくれると、そう思ってください。

確かに現状は8人制サッカーが主流ですから、正直サッカーセンスのある子より、とにかく運動能力の高い子、特に足の速い子が有利であるのは確かです。
8人制サッカーでは、足の速かったり運動能力が高い子が勝ち負けを左右してしまう状態です。
なので、小学生の間はご質問者様のお子さんにとっては少し辛い状況が続くかも知れません。

ですが、11人制サッカーになると、たぶんご質問者様のお子さんのような技術やセンスのある子が生きてきます。
このゴールデンエイジの時期に、スピードや運動能力に頼りすぎて、ちゃんとした技術を身につけられなかった子は、むしろ置いていかれます。

わたしは、ご質問者様のお子さんのような選手が好きですよ。
将来が楽しみですね。

ご参考まで。

少年サッカーの指導をしている者です。

足が速くなるトレーニングですが、サッカーではトップスピードが速いより、初速が速い子の方が強いです。
足の速さは元々の子供の成長具合によるところもあるので、今は瞬発力を付ける練習(左右ステップ、反転ダッシュや、バックステップなど)をすれば良いと思います。
今は筋力を付けることより、筋肉のバネを使った体の使い方を覚える練習をした方が効果的だと思います。

ちなみに子供のスピード系の筋肉が発達し始めるのは、主に中学生になってからです。
たぶん現状...続きを読む


人気Q&Aランキング